ζ 関数によるリーマン予想の証明 別解
ガロア理論と菅数論の関係からリーマン予想を証明する。
この証明は、菅数論で素数誕生のメカニズムが表されていると言う事実の数学的な根拠にもなると考えています。
 ζ 関数の円分体ガロア群を半円、つまり1/2円で考えると、全ての自然数の振る舞いが見える化して素数誕生のメカニズムが証明出来ます。

    ガロア理論 円分体ガロア群       ζn=e^(2π/n)i
→正多角形作図公式   ζnt=e^(2π/n)ti      n=1→∞、t=0→n
→リーマン予想(実部1/2予想)を掛ける。 (2π/n)t×(1/2) =(π/n)t
→= 円分体ガロア群拡張   半円分体ガロア群  ζ2nt
→=素数誕生のメカニズム
       ビッグバン宇宙の菅数論  ζ2nt=e^(π/n)ti      n=1→∞、t=0→∞
       全ての自然数の振る舞いが見える化
→=エラトステネスの篩の数学的証明

   ∴リーマン予想は正しい


ビッグバン宇宙の菅数論 - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズムhttp://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/18927757.html 
リーマン予想 証明完了! - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム 
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/42033644.html