美術館学芸員による解説を聞きながら美術展を鑑賞するというプレミアムな鑑賞会を企画しました!
通常は行われない特別展の解説と、美術館の珠玉のコレクションを展示する常設展の両方を堪能するという特別感満載の企画です。

記念すべき第1回は松岡美術館で開催中の「古伊万里 華やぎのうつわ展」です。
江戸時代初期に備前有田で誕生した磁器は、17世紀半ばから約100年に渡って伊万里港から海外に輸出されました。

乳白色の磁肌に清澄な色彩で絵付けされた柿右衛門様式、濃紺の染付に赤と金の装飾が煌びやかな古伊万里襴手は、ヨーロッパの王侯貴族の城館を美しく飾りました。

また、松岡美術館のコレクションをつくった松岡清次郎翁が蒐集したガンダーラの仏像は、日本では他で目にすることができない質の高いものばかり。

今回、松岡清次郎翁のお孫様にあたる松岡美術館館長からコレクションの成り立ちなどのお話も伺える貴重な鑑賞会となっております。

ぜひお見逃しなく!

お申し込みはこちらから
https://arthistory-arteducation.jimdo.com/



room4-top