トップページ【水彩関連】 > ストラスモア 300 ブリストルボード

2016年05月22日

ストラスモア 300 ブリストルボード

StrathmoreBristol300_01すみません。また久しぶりの更新になってしまいました。

今回ご紹介するのは、ストラスモアの300 ブリストルボードです。

これも、かなり前にお客様からお問い合わせいただいた画材で、昨年末にネットショップで販売を開始しました。

私自身は「ブリストルボードって聞いたことはあるのですが...」という程度だったので、お問い合わせをいただいた後すぐに取り寄せサンプルを確かめました。第一印象は「見た目はケント紙。描いてみたら違うのかな?」といったところ。インターネットで調べてみても、「ケント紙は、海外ではブリストルボードと言われている。」というような記述もあり、「ほぼ同じものなのだ」と思っておりました。

このストラスモア 300 ブリストルボード、日本国内では取り扱いがほとんどありません。
まぁ、日本にはケント紙があり、色々なメーカーから、色々なサイズ・形状で販売されていますので、特にこの紙を扱う理由はないのかもしれません。

逆に海外ではケント紙ではなくブリストルボードという名前で、色々なメーカーから色々なサイズ・形状で販売されており、特にアメリカではこのストラスモアのブリストルボードは超定番の紙だそうで、習作用としても作品用としても使われるポピュラーなスケッチブックだそうです。

よくよく調べると、

このストラスモア 300 ブリストルボードは、同じ2枚の紙を貼り合わせて作られており、貼り合わせることによって紙の厚みと強度を得ています。同じ紙を貼り合わせているため、紙の表裏がなく両面に描くことができます。

ということでした。となると、ケント紙とは少し違うようですね。

その紙厚は270 g/m2で、日本で発売されているケント紙よりほんの少し厚いようです。紙肌は、極細目(非常に滑らかな)のSmoothと、細目(ほんの少し凹凸がある)のVellumがあります。

水彩用にも使われるようですが、どちらかというと色鉛筆、鉛筆、ペンやマーカー、エアブラシなどに最適な紙なようです。Vellumはパステルなどにも対応しています。

例えば「Strathmore Bristol 300」で画像を検索していただければ、たくさんの素敵な作品を目にすることができます。




artarts at 17:39コメント(0)トラックバック(0)【水彩関連】 | -> 画用紙・ボード 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール

アートアーツ

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ