ブログネタ
医療情報 に参加中!
角膜の厚さが足りず、レーシックは出来ないといわれ手術後の痛みが強いラセックを勧められたりすることもあります。この場合でも薄いフラップが作成できるケラトームを使用しているクリニックでは痛みの少ないレーシックで治療できることがあります。
当院で使用しているモリア社のマイクロケラトームですとかなり薄くフラップを作成できます。他のメーカーのケラトームですと当院に比べおよそフラップが1.5倍の厚さになってしまうためレーシックは無理と言われることが多くなるのです。
他院でレーシックは無理といわれた方でもレーシックが可能な場合があります。特に宮城県内で最高に薄くフラップが作成できるモリア社のマイクロケラトームを使用しているのは桂仁会クリニックだけですので痛みの強いラセックでなく高品質のレーシックを御希望の方は御来院下さい。

2008年度のレーシック年間症例数においても当院が宮城県内でNo1となりました。

仙台駅東口:桂仁会クリニック