misteriodvd.jpg今年の「ブラジル映画祭2009」(10月3日〜9日 @渋谷シアターTSUTAYA)で目玉作品として上映される『オ・ミステリオ・ド・サンバ(O Misterio do Samba)』。

マリーザ・モンチがプロデューサーをつとめ、老舗の名門エスコーラ・ヂ・サンバ「ポルテーラ」の長老達、Velha Guarda da Portela(ヴェーリャ・グアルダ・ダ・ポルテーラ)の人々をクローズアップしたドキュメンタリー映画、そのDVDが発売された。

素晴らしい! ドラマチックな演出を排し、淡々と "人物" そして "サンバが生まれる背景" を描写しながら、歌のシーンもたっぷり。10年前から制作を始めたので、映画の完成前に故人となってしまった長老たちも何人かいて、生前の貴重な姿を拝むことが出来る。

ゲストはパウリーニョ・ダ・ヴィオラとゼカ・パゴヂーニョ。パウリーニョはマリーザとの対話シーンで登場し、ヴェーリャ・グアルダとの直接のカラミはないが、ゼカは大先輩たちに最大の敬意を払いながら共演している。もちろん、マリーザとヴェーリャ・グアルダとの共演も!

『ローズ・アンド・チャコール』でヴェーリャ・グアルダ・ダ・ポルテーラを迎えて「Esta Melodia」を録音し、DVD『Barulhinho Bom』でポルテーラのお婆さまたちと共演し、『私のまわりの宇宙(Universo ao Meu Redor)』で今まで埋もれていたポルテーラのサンバを取りあげた、マリーザ自身の歩みも追うことが出来る。

何よりも、登場人物の飾らない素顔を通して浮かびあがる人間くささ。これがたまらない。

まだ映画祭まで月日があるのでコメントはこのぐらいにしておくが、映画祭まで待てない!という方は、ラティーナに僅かながらDVDが入荷したので、お早めにゲットを! 嬉しいことにオール・リージョンです!

misterio.jpg