第10回・市民芸術祭

「狭山市民芸術祭」のいま・・・

プログラム全公開

IMG
IMG_0001
IMG_0003
IMG_0004
IMG_0005
IMG_0006
IMG_0002
IMG_0007
IMG_0008
IMG_0009
IMG_0010
IMG_0011
IMG_0012
IMG_0013
IMG_0014
IMG_0015
IMG_0016
IMG_0017
IMG_0018
IMG_0019
IMG_0020
IMG_0021
IMG_0022
IMG_0023

さやま民話風土記  写真公開 (6景〜エピローグ)

7狭山春景色

狭山の観光スポット稲荷山公園の、桜の芽吹きから花吹雪まで、そして、
      茶処狭山の、ういういしい茶娘の頃から、昔乙女のおしゃべりお母さんを経て、

        やがて新米娘に茶摘みを教えるようになるまで、を表現した民謡2曲。

 



踊り 稲荷山さくら音頭
7春景色さくら音頭DSC00393

7春景色さくら音頭DSC00396


狭山茶娘ばやし

7春景色茶娘ばやしDSC00407

7春景色茶娘ばやしDSC00410

8 入間馬車鉄絵巻

現在の狭山市駅から、旧299を通り、飯能まで走っていた入間馬車鉄道。

馬車鉄唱歌に載せて、池原昭治作の背景画の中、影絵の馬車が走る。


8入間馬車鉄絵巻DSC00412
8入間馬車鉄絵巻DSC00414
8入間馬車鉄絵巻DSC00420
8入間馬車鉄絵巻DSC00422
8入間馬車鉄絵巻DSC00426
8入間馬車鉄絵巻DSC00435

ふたつの太陽とダイダラボッチ

狭山に伝わる天道山の「二つの太陽伝説」と全国に伝わる「ダイダラボッチ伝説」を合わせて、
狭山にでっかい創作民話が誕生した。 富士山と筑波山に住むと言うダイダラ坊…。
    
しかし狭山を救った3人目のダイダラ坊は、大きな足跡を残して、秩父のお山に帰って行った。

事の発端は、笹井の観音堂に祭られている観音様だった……。 


9だいだらぼっち

9だいだらぼっちDSC00441

0だいだらぼっちDSC00439



10 天国手まり唄
ゴンスケ爺さん崖のぼり、小手をかざして眺むれば、こりゃまた絶景おらが村。そこで爺さん考えた。天国までも登ったら、唐・天竺まで丸見えじゃあ。物知り婆さんに、漸く天国へ行く道を教わったゴンスケ爺さんは……。


天国手まり唄CSC_0346

天国手まり唄DSC_0261

天国手まり唄CSC_0347

天国手まり唄DSC_0262

天国手まり唄DSC_0265


11 狭山七夕縁起

狭山の七夕は、雨乞いのお祭。

 広瀬の里の牛飼い弥吉に助けられ、夫婦になった奈々児が織った織物は、ビックリするほど高い値で売れ、
「奈々児織り」と名がついて村中の評判になった。

 日照り続きのある日、奈々児は、娘のキクに「おっ父に言うんじゃないよ」と言いおいたまま姿を消した。

夜の内に降った雨で、朝もやの煙る岸辺に出て、キクは必死におっ母を探す。ふと見ると、葦の葉陰に揺れる
小笹1本。そこには、まぎれもない母の文字で書かれた、別れの句の短冊がくくられていた。


11七夕DSC00478

11七夕DSC00483

11七夕DSC00486

11七夕DSC00497

エピローグ 春の神話

ああ  わたしのふるさと

天の神  地の神  水の神が    生んだ街

田の神  道の神  井戸の神が  見守る街 

ああ  美しい狭山よ

いま  新しい時代の  神話がはじまる

12春の神話DSC00507

12春の神話DSC00509

さやま民話風土記 2010.2.28  大ホール(プロローグ〜6景)


  監修:仲川幸成 広沢一岐 池原昭治 今坂柳二
 
狭山市史検証協力:?橋光昭

作・脚色・構成・演出:さねとうあきら         
一部 原作・作詞:
今坂柳二

基本舞台原画・スライド原画・印刷物原画:池原昭治   面制作・スライド原画:伊藤亘

作曲・編曲:苫米地英一 いしだまゆみ 砂田弘行    民謡作曲・編曲:大友竹邦




プロローグ  昔ばなし讃歌

ここ狭山は 200万年前 メタセコイアのジャングルだった 
「何年前には何があって、何年にはこう言う状態で……」人はこれを歴史という
     なにやら淋しい 歴史の中では蝉の声がしない ゴサクさん達が話し掛ける事をしない

     人が優しい言葉で話し合うのは 昔ばなしの中でだけ

 

0プロローグDSC00299

0プロローグDSC00301


1景 狐獅子舞
秋の夕暮れ、南入曽の甚兵衛さんが野中の一本道を歩いてたら、

  草むらの奥からにぎやかな笛や太鼓の音が流れてきた。その正体は……     

1狐獅子舞DSC00307

1狐獅子舞DSC00312


2景 ごしん山の化け汽車
入曽のごしん山はたぬきの名所。そのごしん山に鉄道が敷かれる事になり、木々が次々に切り倒されていく。 

 さあ、大変!!たぬき達は長老だぬきに懇願した。長老様よ、あんとかしてくれ!

   

2ごしん山の化け汽車DSC00319

2ごしん山の化け汽車DSC00328


3景 とおかんやの月

1110日の夜は亥の子様という畑の神様がお山に戻られる日。

おみやげにボタ餅をたくさんお供えするが、子ども達はおこぼれのボタ餅を

たらふく詰め込んだ上に、わらでっぽうで近所の家の庭をたたいて回る。

するとどっさりお菓子がもらえるという、柏原や入曽にも伝わる行事。


3とおかんやの月DSC00334


3とうかんやの月DSC_0121

3とおかんやの月DSC00331

3とおかんやの月DSC00344

3とかんやの月DSC00335



4景 かまどの神さん縁結び 
 狭山には古くから、かまどに神様をお祭りする慣わしがあった。神無月のころ、ある名主屋敷に身分の高いお武家さんから、何と、いつもかまどの番をして顔が真っ黒になっている、

女中のトクを嫁にもらいたいとの不思議なお召しがあった……。
4かまどの神さん縁結びDSC00347

4かまどの神さん縁結びDSC00348

4かまどの神さん縁結びDSC00355


DSC00360

4かまどの神さん縁結びDSC00367

5景 なぜなぜ子守唄

ふるさと狭山の風景を…、死者も出た笹井の空襲を…、狭山にたくさんおわす地藏さんを…

    そんな狭山の原風景や記憶を子守唄に編み上げた。


歌なぜなぜ子守唄
5なぜなぜ子守唄DSC00373

戦争子守唄
5なぜなぜ戦争子守唄DSC00375
 
地蔵さんの唄


5なぜなぜ地蔵の唄DSC_0171

6地蔵の年越しDSC00376

6景 地蔵の年越し

北入曽水押し地区の井戸山には、小豆ばあさんが住んでいるから近寄らないように…という言い伝えがある。
  大晦日の晩、父親から酒を買って来いと寒空に放り出されたミノは、この井戸山に足を踏み入れてしまった!!

  そこで見たものは……。やがて、あちらこちらで除夜の鐘が鳴り響き、狭山にお正月がやってきた。


DSC00379

DSC00386

6地蔵の年越しDSC00388

プロフィール

artfest10

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ