2006年03月26日

メルボルンにて

 王立博覧会ビルとお花のじゅうたん 
 今日の写真はオーストラリアのメルボルンからです。

王立博覧会ビルをバックにお花畑の写真を

アップしました。

 鮮やかな赤と黄色のお花はよく見ると

ケイトウを主につかってあります。

木の下の芝生では本を読んでる人や赤ちゃん連れのお母さんが涼んでいたり

公園がしっかり都市になじんでいます。


羊の耳 

 お花のじゅうたんの脇にはハーブなどが

植えられています。羊の耳という名前がついた

この植物はビロードのようなはだ触りで

とても美しいですね。


 応援ぽちっとね!ランキング


artfloral at 14:20│Comments(2)お花のある景色 

この記事へのコメント

1. Posted by ユ。   2006年03月28日 00:20
わあー、bluenoteさん、いったいどんなお暮らしを〜。
HPも拝見しましたけど(今、HPの入口はどこだろう?)、ロンドンでしょ、ロサンゼルス(たしか…)、シンガポール、パリにお花のお勉強――ステキですね!
羊の耳という名のハーブ、はだ触りとか色とかラムズイヤーに似てますがこんな華やかに大きくまとまらないから(うちのだけかな)違う種類のハーブでしょうね。ああいう感触は独特でやさしくて気もちいいですね。
2. Posted by Bluenote   2006年03月28日 09:13
ユさん

 おはようございます。

仕事であちこち行く機会がありまして、、、。

羊の耳、まさにラムズイヤーなのですがもしかしてこのハーブはラムズイヤーではないのでしょうか。似ているようで似てないところもありますしね(上に伸びていないのでチラッとそうおもったんですが)ラムズイヤー以外に考えられなかったのですが別のハーブなのかもしれません。勉強不足です。

HPはあまりに見苦しいので今はちょっと削除してあります。
余裕があれば手直ししたいところです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔