http://www.autonews.com/article/20141226/OEM05/141229957/tesla-offers-roadster-upgrade-package-to-reach-a-400-mile-range

roadster
改良されたバッテリーセルは、以前のセルにくらべて31%容量がアップしてる。さらにエアロダイナミック・キット、新型のタイヤ、ホイールベアリング、ブレーキなどによってロードスターの走行可能距離は50%アップする。

このロードスター3.0と呼ばれるアップグレードの費用はまだ発表されていないが、640km走行可能なデモンストレーションを来年早々にロサンジェルス-サンフランシスコ間でテスラは実証する。

$109,000(¥12,500,000)のロードスターは、2008年から2500台販売されてすでに生産も販売も完了してる。現行生産品のモデルSについても、バッテリーパックのグレードアップがまもなく行われる。

日産もすこしはテスラをみならって、初期型リーフのアップグレードサービスを行うべきだ。