幼い頃に見たあの情景。

青い大きな傘が、見渡す限り一面に広がっている。

あれが、人生で初めて芸術に触れたときの記憶だ。








The Umbrellas
Japan - U.S.A. 1984-91














Fabric sample for Ibaraki, Japan

Fabric sample for California, USA

Christo
The Umbrellas, Joint Project for Japan and USA

Christo
The Umbrellas, Joint Project for Japan and USA


Christo
The Umbrellas, Joint Project for Japan and USA

Christo
The Umbrellas, Joint Project for Japan and USA


Christo
The Umbrellas, Joint Project for Japan and USA

Christo
The Umbrellas, Joint Project for Japan and USA



クリスト・アンド・ジャンヌ=クロード講演会

クリスト&ジャンヌ=クロード、彼らは夫婦で1960年代初頭から世界各地で屋外での大プロジェクトを手がけてきました。

例えば、建物や橋を梱包したり、自然の中に巨大な傘を立てるなど壮大な作品で知られています。

クリストは現在も2つのプロジェクトを進めています。アラブ首長国連邦のアブダビでは77年から交渉を開始した「マスタバ、アラブ首長国連邦のプロジェクト」が進行中です。砂漠の中にステンレス製のドラム缶41万本を台形状に積み上げたもので、高さは150メートル、幅300メートル、奥行き225メートル。完成すればこの世では見たことのない壮大なアートが実現することになります。

もう1つはアメリカで進めている「オーバー・ザ・リバー、コロラド州アーカンザス川のプロジェクト」。ロッキー山脈を流れる川の川面を特殊な銀色の布をかけて覆ってしまうもので、9・4キロに及ぶといいます。92年に開始されましたが、プロジェクトの進行が政権によって左右されてきたようです。しかし、「オバマ大統領になり状況が変わり、進展している」とクリストは実現への自信をみせています。

彼らのプロジェクトは時間と巨費を必要としてきました。所有者がいるため、必ず交渉が必要になるからです。構想から数年でかなうものもあれば、何十年も経っても実現できないものもあります。土地や建物の所有者との交渉が難しいことが理由として挙げられます。

美術には昔からパトロンがつきものでしたが、彼らの場合、誰からの資金援助も求めず、プロジェクトのために描いたドローイングなどを販売して資金を集めていたようです。

クリストはブルガリア生まれ。ソフィアの美術アカデミーで学んだ後、1958年にパリに亡命しました。その年に妻で共同制作者となるジャンヌ・クロードと出会い、約半世紀にわたりパートナーを組んでプロジェクトを実現してきました。パリにある由緒ある橋、ポン・ヌフなどを布で覆って話題となりました。日本でもプロジェクトが実現しています。91年に米・カリフォルニアと茨城で計3100本の巨大な傘を立てたアンブレラ・プロジェクトがそうです。そうした活動が高く評価され、95年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞しました。

クリストは2009年11月に74歳で亡くなったジャンヌ=クロードのために、2つのプロジェクトは実現させたいと意欲をみせています。


Wikipedia

クリスト


クリストChristo, 1935年6月13日 - )は、ブルガリア、ガブロヴォ生まれの美術家。本名はフリスト・ヴラディミロフ・ヤヴァシェフХристо Явашев, Christo Vladimirov Javašev (Javacheff) )。

妻のフランス人美術家、ジャンヌ=クロードJeanne-Claude Denat de Guillebon、1935年6月13日モロッコ生まれ - 2009年11月18日)とともに「クリスト&ジャンヌ=クロード」(Christo and Jeanne-Claude)の名で活動している。

20世紀の美術は芸術概念の拡張からさまざまな流派や傾向を生み、「アースワーク」「ハプニング」のような、従来の「美術」の枠組みからはずれたものも多い。ランド・アートの作家とされることもあるが、クリスト自身は自らの作品をランド・アートとみなしていない。こうした活動の美術史的評価はまだ定まっているとは言い難いが、クリストの活動はそれを肯定的に評価するかどうかは別問題として、「芸術とは何か」という問いをあらためて投げかけた点で、後世に記憶されるであろう。

その「作品」は一言で言えば「梱包」である。彼の「梱包」は1958年、日用品の梱包から始まったが、もともとそのころから巨大な建物(後述のライヒスタークなど)や自然や公園の風景全体を梱包するアイデアはあった。1960年代以降、梱包は次第にその規模を巨大化させていく。美術館の建物を丸ごと梱包することにはじまり、オーストラリアの高さ約15メートル、長さ2キロメートルにおよぶ海岸を丸ごと梱包した「海岸の梱包」(1969)など、途方もない作品もある。「梱包」ではない作品には、コロラド州にあるロッキー山脈の幅400メートルもある谷に巨大なカーテンを吊るした「ヴァレー・カーテン」(1970-72)がある。

これらの「作品」はその性格上(布の性質、天候による破損のおそれ、自然に対する影響、担当役所による設置許可期間など)永続することは不可能で、もとよりクリストには恒久展示して永続させる意図はまったくなく(作品は夢のように現れ、夢のように消えて観客の中にしか残らない)、今は記録写真によってしか見ることはできない。見た者は、人工的な色の布で自然の風景が変わることや、見慣れた都会の風景が梱包で一変することに新鮮なショックをうける。もっとも巨大化する一方の梱包や、産業化したクリスト夫妻の作品制作に対する疑問もある。

1973年よりアメリカ国籍を持つ。それぞれのプロジェクトにかかる巨額の費用は、美術館や政府や企業などから一切の援助を受けることなく、プロジェクトの完成を予想したドローイングやコラージュ作品など、クリストの手によるオリジナル・アート作品の販売でまかなっている。また、プロジェクトは毎回、その梱包や作品設置の舞台となる場所の住民・政府官僚などとの許可が必要であり、しばしば反対運動や「これは芸術か否か」といった論争に巻き込まれており、1960年代の構想からそれぞれの実現まで数年から数十年がかかっている。

略歴:
クリスト、1935年ブルガリアに生まれる。ジャンヌ=クロード、モロッコのカサブランカでフランス人の両親のもと生まれる。
主な作品:
1958年 クリスト、パリに出る。“パッケージ”、“包まれたオブジェ”を始める。
1961年 “プロジェクト”の共同作業を始める。「埠頭のパッケージ、ドイツ、ケルン埠頭」(最初のプロジェクト)、「包まれた公共建物のプロジェクト」を提案。 
1962年 「ドラム缶の壁、鉄のカーテン、パリ、1962」
1964年 ニューヨークへ移る。以来、ニューヨーク在住。
1968年 「包まれた美術館、スイス、ベルン市、1967-68」、「5600立方㍍のパッケージ、ドイツ、カッセル市、第4回ドクメンタ、1967-68」
1972年 「ヴァレー・カーテン、コロラド州ライフル、1970-72」
1976年 「ランニング・フェンス、カリフォルニア州ソノマ郡とマリン郡、1972-76」
1978年 「覆われた遊歩道、ミズーリ州カンザス市、ルーズパーク、1977-78」
1979年 「ザ・マスタバ、アラブ首長国連邦のプロジェクト」開始。
1983年 「囲まれた島々、フロリダ州マイアミ、ビスケーン湾、1980-83」
1985年 「包まれたポン・ヌフ、パリ、1975-85」
1991年 「アンブレラ、日本—アメリカ合衆国、1984-91」
1992年 「オーバー・ザ・リバー、コロラド州、アーカンサス川のプロジェクト」開始。
1995年 「包まれたライヒスターク、ベルリン、1971-95」
2005年 「ゲート、ニューヨーク市、セントラルパーク、1979-2005」 


Christo and Jeanne-Claude


Christo
 (born Christo Vladimirov Javacheff, Bulgarian: Христо Явашев, June 13, 1935) and Jeanne-Claude (born Jeanne-Claude Denat de Guillebon, June 13, 1935 – November 18, 2009) were a married couple who created environmental works of art. Their works include the wrapping of the Reichstag in Berlinand the Pont-Neuf bridge in Paris, the 24-mile-long artwork called Running Fence inSonoma and Marin counties in California, and The Gates in New York City's Central Park.

 

Coincidentally Christo and Jeanne-Claude were born on the same date. They first met in Paris in October 1958. To avoid confusing the public and art dealers they used only the name "Christo" until 1994 when most of the works were retroactively by “Christo and Jeanne-Claude” and some were by "Christo" alone. They flew in separate planes: in case one crashed, the other could continue their work.

Jeanne-Claude died, aged 74, on November 18, 2009, from complications of a brain aneurysm.

Although their work is visually impressive and often controversial as a result of its scale, the artists have repeatedly denied that their projects contain any deeper meaning than their immediate aesthetic. The purpose of their art, they contend, is simply to create works of art or joy and beauty and to create new ways of seeing familiar landscapes. Art critic David Bourdon has described Christo's wrappings as a "revelation through concealment."To his critics Christo replies, "I am an artist, and I have to have courage ... Do you know that I don't have any artworks that exist? They all go away when they're finished. Only the preparatory drawings, and collages are left, giving my works an almost legendary character. I think it takes much greater courage to create things to be gone than to create things that will remain."

Christo

Christo was born in Gabrovo, Bulgaria. His father, Vladimir Yavachev, was a scientist, and his mother, Tsveta Dimitrova, born in Macedonia, was the secretary at the Academy of Fine Arts in Sofia. Artists from the Academy who visited his family observed Christo's artistic talent while he was still of a very young age.

Christo studied art at the Sofia Academy from 1953 to 1956, and went to Prague, Czechoslovakia (now Czech Republic) until 1957, when he escaped the Communist State by bribing a railway official and stowing away with several other individuals onboard a train transporting medicine and medical supplies to Austria.

Christo quickly settled in Vienna, and enrolled at the Vienna Academy of Fine Arts. After only one semester there, he traveled to Geneva and moved to Paris in 1958. As a result of his flight, he lost his citizenship and became a stateless person. His life in Paris was characterized by financial hardship and social isolation, which was worsened by his difficulty learning the French language. He earned money by painting portraits, which he likened to prostitution and signed with his family name "Javachef" while his early works were signed "Christo". 

 

Jeanne-Claude

Jeanne-Claude was born in Casablanca, Morocco where her French military father was stationed. Her mother, Précilda, was 17 when she married Jeanne-Claude's father, Major Léon Denat. Précilda and Léon Denat divorced shortly after Jeanne-Claude was born, and Précilda remarried three times. Jeanne-Claude earned a baccalaureate in Latin and philosophy in 1952 from the University of Tunis.

During World War II, Jeanne-Claude lived with her father's family while her mother fought in the French Resistance. In 1946, Précilda married the influential General Jacques de Guillebon. The family lived in Berne from 1948 to 1951 then in Tunisia from 1952 to 1957, when they returned to Paris.

She was described as "extroverted" and with natural organizational abilities. Her hair was dyed red and she smoked cigarettes, and tried to quit many times until her weight would balloon. She did not enjoy cooking. She took responsibility for overseeing work crews and for raising funds. She said she became an artist out of love for Christo (if he'd been a dentist, she said she'd have become a dentist).

Jeanne-Claude died in New York City on November 18, 2009, from complications due to a brain aneurysm. Her body was to be donated to science, one of her wishes.

Mayor of New York Michael Bloomberg described The Gates as “one of the most exciting public art projects ever put on anywhere in the world — and it would never have happened without Jeanne-Claude.” Jeanne-Claude said, "Our art has absolutely no purpose, except to be a work of art. We do not give messages." She also said, "Artists don't retire. They die. That's all. When they stop being able to create art, they die."

When she died, she and Christo were at work on Over the River, fabric panels over the Arkansas River in Colorado and begun in 1992, and The Mastaba, a stack of 410,000 oil barrels configured as a mastaba, a truncated rectangular pyramid, in the United Arab Emirates.

The couple

Christo and Jeanne-Claude met in October 1958, when he was commissioned to paint a portrait of her mother, Précilda de Guillebon. Initially, Christo was attracted to Jeanne-Claude's half-sister, Joyce. Jeanne-Claude was engaged to Philippe Planchon. Shortly before her wedding, Jeanne-Claude became pregnant by Christo. Although she married Planchon, Jeanne-Claude left him immediately after their honeymoon. Christo and Jeanne-Claude's son, Cyril, was born 11 May 1960. Jeanne-Claude's parents were displeased with the relationship, particularly because of Christo's refugee status, and temporarily estranged themselves from their daughter.

In 1961, Christo and Jeanne-Claude covered barrels at the port of Cologne, their first collaboration. In 1962, the couple tackled their first monumental project, Rideau de Fer (Iron Curtain). Without consent of authorities and as a statement against the Berlin Wall, they blocked off Rue Visconti, a small street near the River Seine, with oil barrels. Jeanne-Claude stalled approaching police, convincing them to allow the piece to stand for a few hours. Although he was simultaneously holding his first exhibition at a gallery, it was the Visconti project that made Christo and Jeanne-Claude known in Paris.

In February 1964, Christo and Jeanne-Claude arrived in New York City. After a brief return to Europe, they settled in the United States in September of that year. Although poor and lacking fluency in the English language, Christo displayed his work in several galleries, including the well-known Castelli Gallery in New York and Gallery Schmela in Düsseldorf, Germany. Christo began to create Store Fronts which he built to scale. Sale of the Store Fronts helped finance larger projects.


さいごに

あの壮大な作品を生で見せてくれた父に、ありがとう。