2009年09月13日

<アート>田中真吾展@studio90

京都市南区久世大藪町にあるstudio90に出かけました。
RIMG7452
ここは泉洋平さんと田中真吾さんと森川穣さんの共同アトリエ
ですが、ギャラリー機能も持っていて、今は田中真吾さんの
個展が行われています


京都市南区といえば京都駅の南側や東寺などを連想する方が
多いと思いますが、ここは向日市と境界を接する一番南端で、
以前出かけた時はJR京都駅から1時間に1本しかないバスに乗って
45分ぐらいかかった記憶があります。つまりとても不便なのです。
(阪急桂駅や東向日駅からもバスがありますが、これも本数が
少ないはずです。また、四条烏丸バス停やJR西大路駅からも
バスがあるそうです)

そんな訳で今回はどうやって行こうかと思案していたのですが、
以前出かけた時に「阪急東向日駅から徒歩30分ぐらいで着きますよ」
と聞いた記憶があったので、思い切って歩くことにしました。

そうしたら、思いのほか近かったんですねえ。
確かに20分以上かかりましたが、30分はかかりませんでした。
途中で田んぼの中の農道を突っ切って行くのも楽しかったです。
これからはこのルートで出かけようと思いました。

肝心の展覧会ですが、田中さんは火を使って絵を描く作家で、
今回も3メートル×3.5メートルの大作1点を出品していました。

  田中さんについてはこちらを参照。
  http://www.recommend.ecnet.jp/20090211tanaka.html

ただ、今回は展示方法が普通ではありません。
真っ暗な部屋の中に作品が展示されており、
1本のロウソクの灯りのみを頼りに観賞するのです。

作品は、最初、灯りの周辺しか見えませ。
しかし、目が慣れてくるに従いぼんやりと全体像が浮かんできます。
ロウソクは燭台に乗っているので、手にとって細部を確認することも
できます。ロウソク1本で作品を見ると、何だか自分が禅寺で修行
しているような気持ちになってきます。ヒーリング効果があるので、
アートにそういう精神作用をお求めの方にも良いかもしれません。

室内が暗いので、展示の様子を撮影するのは断念しました。
興味がある方は直接出かけてご鑑賞ください。

展覧会は9月27日までの土日に行われています。
ただし9/21〜23は要予約です。詳しくは彼らのサイトでご確認ください。
http://www.studio90.info/



artkobujime at 22:33│Comments(0)TrackBack(0) アート 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔