2009年09月

2009年09月30日

<その他>神戸観光の日・神戸観光ウィーク

神戸市では、10月3日(土)を「神戸観光の日」、
10月3日(土)〜12日(月)を「神戸観光ウィーク」とし、
市内の美術館、博物館、異人館、庭園、観光船、動物園、
植物園、公園など約70ヵ所で、入場無料や入場料割引などの
サービスが実施されます。

先の新型インフルエンザ騒動で神戸市は大きな打撃を受けました。
「神戸ビエンナーレ2009」の開催に合わせてこの観光ウィークを
設定することで、「観光客よ、神戸に戻ってこい!」ってことでしょうか。

その真意はさておき、せっかくの機会ですから、
神戸にお出かけするアートファンにも有効活用してもらいたいものです。

最初は毎週掲載している「展覧会スケジュールでフォローしようと
思っていたのですが、あまりに数が多いので断念しました。
以下にリンクを張っておきますので、各自で検索していただければ
幸いです。

神戸観光の日・神戸観光ウィーク
http://www.feel-kobe.jp/
http://www.feel-kobe.jp/pdf/kanko-week2.pdf



artkobujime at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

<新着情報>私が以前取材した方々の展覧会

私が以前取材したことがある方々の展覧会情報を
お知らせします。お近くにお住まいの方は是非ご覧下さい。

==========================

藤井俊治さんが出品します。

エモーションリリース
10月10日(土)〜28日(水)
12:00〜18:00 日休 ※10/11(日)は開廊。
[出品者] 藤井俊治/遠藤友花梨/大村大悟/土井智美/
明界要介
成安造形大学ギャラリーアートサイト
滋賀県大津市仰木の里東4-3-1
http://www.seian.ac.jp

藤井俊治さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20080311fujii.html

==========================

森雅美さんが個展を開催します。

森雅美写真展 「雅花」
10月10日(土)〜11月3日(火) 
11:00〜19:00 水休
ギャラリーPAXREX
神戸市中央区海岸通2-4-8 第2日新ビル地階
http://www.paxrex.jp/

森雅美さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20080602mori.html

==========================

名和晃平さんが出品します。

ULTRA WORKS in PROGRESS 2009
10月19日(月)〜25日(日) 無休
[出品者] 名和晃平(サンドイッチ・プロジェクト、制作
プロジェクト)/ヤノベケンジ(水都大阪2009《ラッキー・
ドラゴン》制作プロジェクト)/石橋義正(映画セット
制作プロジェクト)/水野大二郎・待場崇生・白石晃一・
児玉真人(スタッフ・アト・ワーク)/他
ウルトラファクトリー
京都市左京区北白川瓜生山2-116 京都造形芸術大学
至誠館地下1階
www.ultrafactory.jp

名和晃平さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20060301nawa.html

名和晃平さんのウェブサイト
http://www.kohei-nawa.net/



artkobujime at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新着情報 

2009年09月29日

<展覧会場の様子>京都 9/29

曇天で湿度の高い一日でした。
私は汗かきなので、こういう日は苦手です。
やたらと汗をぬぐっている姿が格好悪いからです。
でも、早くもマフラー姿やブーツ姿をしている人を見ると、
「それはさすがに、無理しすぎでしょ」と思ってしまいます。
Tシャツ&半ズボンの人とブーツ姿の人が隣り同士の風景。
季節の変わり目を実感しますね。
枕はこの辺にして、今日出かけた画廊の様子です。

RIMG8137RIMG8140
石井春展 neutron-kyoto
石井さんは陶芸の作家です。ポルトガルの「アズレージョ」という
装飾タイルを手掛けていて、日本とポルトガルを往復する生活を
送っているそうです。今回は立方体の陶器に鮮やかな色彩を施した
作品を展示しています。

RIMG8143RIMG8146
堀健展 ギャラリーすずき
2週間前にギャラリーはねうさぎで個展を開催した堀さんが、
間髪いれずに新作を発表しています。分光フィルム(だと思うのですが)
をラミネートしたアクリルボードの上を、鉄粉が円形に回っています。
種を明かすと、磁石を使っているのですが、実物を見ると蟻の行列
みたいで、背中がゾワゾワッとしました。

RIMG8150RIMG8151
出口朝子展 アートスペース虹
0.03ミリの極細ペンなどで描かれた絵画作品。下書きせずに
いきなり描き始めるそうです。描かれた部分はもちろんですが、
余白の扱い方が重要な作品です。

RIMG8156RIMG8157
渡邊菜穂子展 ギャラリーはねうさぎ
グレーや薄黄色のベースの上に、いろいろな色彩の点々が描かれて
います。最初は具体的な何かを見ながら描くのですが、省略を重ねて
行くうちにこのようになるそうです。

RIMG8168RIMG8167
岡本光博展 ギャラリーはねうさぎ
中国製のバッタもんのルイヴィトンから作ったバッタのオブジェと、
水玉模様の布地をスクリーントーンに見立てたオバマ大統領の
ポートレイト、虎縄で作った虎の像、ミニチュアの樹木を巨大化した
立体作品を展示しています。

RIMG8164RIMG8166
西村綾乃展 ギャラリーはねうさぎ
小さな展示室を子宮に見立て、赤い毛糸の胎盤(?)と、同じく赤い毛糸
のへその緒でつながった胎児たちが設置されています。何故胎児が
沢山いるのかと聞いたら、「誰もが覚えてないけど、確実にメモリーされて
いるはずの経験を象徴化したかった」とのこと。

RIMG8173RIMG8174
新野耕司展 ギャラリー16
無数の線が錯綜するドライポイント版画の作品。力強い線が印象的。
版画は平面的に仕上がるのが普通ですが、彼の作品は奥行が強く
出ていて、そこに独自性を感じました。

RIMG8181RIMG8183
川上大介展 ギャラリー揺
山中を歩き、けもの道を見つけたら陶器用の土を仕込んで、1週間ほど
経ってから取りに行きます。それを乾かすと、いろんな獣の足跡(時には
人間のも)が刻印された作品が出来上がります。カテゴライズが難しい
作品ですが、オリジナルな表現なのは間違いありません。

RIMG8190RIMG8193
UNOH家具工房展 アートライフみつはし
アメリカのキリスト教の一派、シェーカー教徒が作っていた
シェーカー家具の展覧会です。工房は京都にあります。シンプルで
美しく、軽量で持ち運びやすいのが特徴です。特にロッキングチェアーの座り心地は最高! 私もいつか手に入れたいと思っています。

RIMG8203RIMG8204
綿引恒平展 立体ギャラリー射手座
戦車と、爆弾をくわえた龍のようなおまると、バズーカ砲みたいなのを
構えた戦隊ヒーローの陶オブジェです。それぞれの武器にはコンドーム
が被されているように表現されています。戦車の表面もパッケージされた
コンドームを模しています。綿引さんなりの戦争に対するメッセージです。
コンドームが一目でそれとは了解できなかったのが残念。そこだけゴムで
表現しても良かったんじゃないかと思いました。

RIMG8200RIMG8195
吉原英里展 ギャラリーなかむら
版画作品と絵画作品を展示。絵画は大作もありました。どの作品にも
椅子が描かれています。絵画は、キャンバスに描いた後、黒い寒冷紗を
全体に貼って、さらに一部を描いています。薄いレイヤーを作るような
感じですが、版画出身の方らしい発想だと思いました。

※上記展覧会のスケジュールは9/26付の当ブログでご確認を。
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/1028056.html
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/1028065.html



artkobujime at 23:45|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 展覧会場の様子 

2009年09月28日

<展覧会場の様子>大阪 9/28

午前、午後と私用があったため、画廊に出かけるのが
夕方になってしまいました。急いで回りましたが、
幾つか見逃してしまったのが残念です。それでも
主だった展覧会はチェックできました。その様子をどうぞ。

RIMG8054RIMG8053
角南正人展 ギャラリーH.O.T
書籍や新聞紙の上に泥を塗り、陶土で核爆発のキノコ雲を表現
しています。壁面にはスプレーで描いた絵画もあります。角南さんは
「核爆弾の惨禍に思いを馳せる一方、キノコ雲の圧倒的パワーに魅了
されるもう一人の自分がいるのもまた事実」と率直に語ってくれました。

RIMG8062RIMG8061
赤土浩介展 ギャラリーwks.
複数のイメージが複雑に交錯している抽象絵画です。
マスキングテープの効果的な使用により、イメージが
乱反射するような画面を作り出しています。

RIMG8066RIMG8067
南野馨展 ギャラリー白
機械のようなフォルムと、白と黒の色彩が特徴の南野作品。一貫して
発表している穴の開いたチューブのような造形は、今年も健在でした。

RIMG8072RIMG8074
山田孝仁展 ギャラリー白3
緑や紫の色彩が溶け出した瞬間を定着させたかのような絵画作品。
私は大作より小品の方が好みでした。

RIMG8080RIMG8083
城野愛子展 天野画廊
近年ずっと、身近で日常的な作品を描いていた城野さんですが、
本展では作風を一変。マチスのように鮮やかな色面の大作と、
新潟旅行で取材した風景を豊かな色彩とタッチで表現した小品を
発表しました。今まで貯めていた力を一気に放出したのでしょうか。

RIMG8085RIMG8084
小川直樹展 Oギャラリーeyes
具象と抽象の狭間にあるような絵画作品。ものを見た瞬間の、
意味が発生する寸前のビジュアルにも見えます。2点ほど筆致を
前面に出した抽象度の高い作品もありました。

RIMG8093RIMG8097
竹中香哉子展 番画廊
日本画と洋画の素材、手法をミックスして描いています。
複数のピースを組み合わせた作品は、自由に組み合わせを
変えられるよう計算して作ったそうです。

RIMG8100RIMG8102
東才子展 乙画廊
2008年度の「ザ・チョイス大賞」を受賞した方なので、イラストファンは
ご存知かもしれません。今年の「ART OSAKA」にも乙画廊から出品
していました。描写の緻密な部分と抜けた部分のバランスが良く、
個性的な色遣いも特徴的です。

RIMG8114RIMG8117
片岡宏行・高原和子展 ギャラリーDen 58
片岡宏行さんは絵画を、高原さんは形容の難しいタイプの作品
(紙を何枚も吊り重ねた隙間にドローイングを挟み込んでいる)
を出品しています。

RIMG8107RIMG8111
落合佐衣子展 ポートギャラリーT
惑星と撮影した天体写真に見えますが、実は身近な物をピンポイント
照明で撮影しているそうです。身近な小さな物体と大宇宙が相似形を
しているなんて。夢のある作品でした。

RIMG8119RIMG8120

RIMG8129RIMG8122

RIMG8130RIMG8127
New Location/Generation ギャラリーほそかわ
難波に移転したぎゃらりーほそかわのお披露目展。画廊ゆかりの
居城純子さん、藤井俊治さん、森末由美子さんが出品しています。
展示スペースは以前より広くなり、天井高も十分なので、
今後の活動に期待が持てます。引きの画像も撮るつもりでしたが、
パーティでお客さんが多かったため断念しました。

RIMG8136RIMG8132
鈴木やえ展 画廊 編
動物の角か木の枝を思わせるフォルムや、角笛のようなフォルムの
陶立体。夏みかんのような丸いオブジェもありました。白が鮮やかです。
陽が落ちて周囲が暗くなってから見る方が映えると思いました。

※上記展覧会のスケジュールは9/25付の当ブログでご確認を。
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/1026303.html
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/1026310.html



artkobujime at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展覧会場の様子 

2009年09月27日

<アート>水木塁展@Antenna AAS

京都・桂のAntenna AASで開催中の「水木塁展」を見に行きました。

Antenna AASは、アーティスト・グループのAntennaが運営する
展示スペースで、彼らの事務所も同じ場所にあります。
今、一部の若手アーティストたちの間で、事務所もしくはアトリエと
展示スペースを自主運営する形態が増えつつありますが、
このAntenna AASもその一例です。

行ったことがない人には見つけにくい場所なので、
駅からの道のりを解説しつつ、展覧会の模様もお伝えします。

RIMG8006RIMG8007
(左)スタート地点。阪急桂駅の東口です。今日は東口を選択しましたが、
西口からでも行けます。
(右)駅を出て、大阪方面に向かって線路沿いを歩きます。

RIMG8013RIMG8015
(左)200メートルほど歩くと踏切があります。
(右)踏切を渡ってそのまま進みます。

RIMG8049RIMG8017

RIMG8019RIMG8020
道路は狭くてクネクネしています。きっと歴史のある道なのでしょう。
道沿いには神社や古い家なども点在しています。軒先で自家取りの
野菜を売っている家もあります。

RIMG8023
踏切から300メートルほど歩くと、「ポップ」というスーパーがあり、店の前
に「川島粟田町」というバス停があります。ここまで来るともうすぐです。

RIMG8026RIMG8028
(左)バス停からしばらく歩くと廃業した写真屋さんがあり、
(右)その角を左折するとAntenna AASがあります。

RIMG8029RIMG8031
(左)Antennaの事務所です。(右)隣の元工場の2階がAntenna AAS
です。桂駅からの所要時間は徒歩約15分でした。

RIMG8045RIMG8033

RIMG8044RIMG8034
「水木塁展」の展示風景です。

水木さんの作品は、大判のモノクロ写真とカラー写真でした。
ある池を舞台に、水面に見入られている人物(水木さん自身)
や波紋、老夫婦の姿などが撮られています。

作品は水木さん自身の幼少期の体験をモチーフにしていますが、
その体験を図示したものではなく、本来は視覚化できない得体の
知れない感覚をどうやってビジュアライズするかという点に
重きが置かれています。

1点、水仙の花畑を撮った、イメージが崩壊しそうな写真がありますが、
これは先日京都芸術センターで行われた「now here, no where」展に
出品されたものです。この作品を見た時はかなり感動したので、
もう一度見られて嬉しかったです。

RIMG8036RIMG8035

RIMG8037RIMG8038

Antenna AASは土日祝日のみオープンしているので、
お出かけの際はホームページで情報をよく確認してお出かけください。

水木塁個展 ACCA 着地点のない眼差し
9月26日(土)〜10月12日(月)の土日祝
11:00〜20:00
Antenna AAS
京都市西京区川島粟田町18-23 豊田アパート1F
http://antennakyoto.com



artkobujime at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アート 

<展覧会スケジュール>9/28〜10/4 兵庫・滋賀・奈良・和歌山編 その2

情報量が多かったのでスケジュールを2分割しました。
「その2」では、滋賀、奈良、和歌山の情報を掲載します。
兵庫県の情報と私からのおすすめは、ひとつ前の記事
「その1」をご覧ください。


※注意
情報が誤っていたり、変更されている場合があります。
お出かけになる前に改めて各自でご確認をお願いします。


滋賀県

<大津市>
大正期、再興院展の動き〜大観・観山・靭彦・古径・御舟〜
  9月12日(土)〜10月25日(日) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)開館、9/24(木)・10/13(火)休館。 
  一般950円 大高650円 中小450円
  滋賀賀県立近代美術館(南大萱町1740)
  http://www.shiga-kinbi.jp/


小板橋慶子展 固陋/追慕/彷徨
  10月3日(土)〜11日(日) 無休
  カフェ&ギャラリー月の山(和迩春日3)
  http://tukinoyama.exblog.jp/


<近江八幡市>
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展 in 近江八幡
  10月3日(土)〜11月3日(火) 無休
  一般1000円 大学生800円
  近江八幡旧市街地一帯のヴォーリズ建築など約20ヵ所
  http://vories.jp


第6回 滋賀県施設合同企画展 ing…
  9月5日(土)〜10月12日(月) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)開館、9/24(木)休館。
  一般200円 大高150円
  ボーダレスアートミュージアムNO-MA(永原町上16)
  http://www.no-ma.jp/


<安土町>
滋賀県5館共同企画 
  中川泉三没後70年記念展「史学は死学にあらず」
  9月8日(火)〜12月4日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般400円 大高250円 
  ※長浜市長浜城歴史博物館、栗東歴史民俗博物館、
  愛荘町立歴史文化博物館、米原市立はにわ館との
  共同企画。各館で展覧会を同時開催。  
戦国の城−安土城への道−
  9月19日(土)〜11月8日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  大人660円 大高500円 中小350円
  滋賀県立安土城考古博物館(安土町下豊浦6678)
  http://www.azuchi-museum.or.jp/


<愛荘町>
布施安代展
  9月14日(月)〜10月6日(火) 無休
  愛知川駅ギャラリー るーぶる愛知川(市895-3 近江鉄道愛知川駅)
  http://www.biwa.ne.jp/~e-machi/


<彦根>
井伊家伝来の馬具
  9月4日(金)〜28日(月) 無休
  一般500円 中小250円
シリーズ「直弼発見!」巻の9
  「井伊直弼の茶の湯」−好みの道具−
  10月1日(木)〜26日(月) 無休
  一般500円 中小250円
  彦根城博物館(金亀町1-1)
  http://longlife.city.hikone.shiga.jp/museum/index.html


<高島市>
多様な明日に向かって
  9月16日(水)〜10月17日(土) 火休
  一般・大学生800円 高中600円 小学生400円  
  比良美術館(鹿ヶ瀬75-1)
  http://www.asahi-net.or.jp/~RK2T-TNK/bijyutukan.html

 
<甲賀市>
没後50年 北大路魯山人展 美と食の巨人が挑んだ世界
  9月19日(土)〜12月13日(日) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)・11/23(月)開館、
  10/13(火)・11/24(火)休館。
  一般850円 大高650円
  滋賀県立陶芸の森陶芸館(信楽勅旨2188)
  http://www.sccp.jp/


若冲ワンダーランド
  9月1日(火)〜12月13日(日) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)・11/23(月)開館、
  9/24(木)・10/13(火)・11/24(火)休館。
  大人1000円 大高800円 中小300円
オクサスのほとりより−東西文明の架け橋・古代中央アジア
  9月1日(火)〜12月13日(日) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)・11/23(月)開館、
  9/24(木)・10/13(火)・11/24(火)休館。
  大人1000円 大高800円 中小300円
  MIHOミュージアム(信楽町桃谷300)
  http://miho.jp


奈良県

<奈良市>
平常展示
  9月15日(火)〜10月4日(日) 月休 
  一般500円 大学生250円
  奈良国立博物館(登大路町50)
  http://www.narahaku.go.jp/


浮世絵風景版画展
  9月12日(土)〜10月12日(月) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)開館、9/24(木)休館。
  一般400円 大高250円 中小100円
  奈良県立美術館(登大路町10)
  http://www.mahoroba.ne.jp/~museum/index.html


入江泰吉 万葉恋文(ラブレター)
  10月3日(土)〜12月23日(水) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般500円 大高200円 中小100円  
  奈良市写真美術館(高畑町600)
  http://www1.kcn.ne.jp/~naracmp/


奈良スケッチ会 スペイン・スケッチの旅展
  9月29日(火)〜10月4日(日) 無休
  アートスペース上三条(上三条4)


クリストファー・テイラー展 Red Square
  9月19日(土)〜10月18日(日) 月〜水休 
  ※9/21(月)〜9/23(水)開廊。
  ギャラリーOUT of PLACE(今辻子町32)
  http://www.outofplace.jp/


第10回記念フォトアイ朱雀写真展
  「心のふるさと・大和の原風景」塚原紘とその仲間たち
  9月29日(火)〜10月4日(日) 無休
  奈良市美術館(二条大路1 イトーヨーカドー奈良店5F)
  http://www.museum.city.nara.nara.jp/index.html


今を生きる同時代の表現展 Vol.3 柳田烈伸
  10月1日(木)〜31日(土) 日月祝休 ※10/4(日)開廊。
  たんぽぽの家アートセンターHANAギャラリー(六条西3)
  www.popo.or.jp


多様なリアリズム
  −浅井忠、須田国太郎、長谷川清を中心に−前期
  9月11日(金)〜10月12日(月) 月休
  ※9/21(月)・10/12(月)開館、9/24(木)休館。
  一般600円 大高・シニア500円 中小250円
  中野美術館(あやめ池南9)
  http://www.nakano-museum.ecweb.jp/


京都画壇シリーズ3 山口華楊展
  8月4日(火)〜9月30日(水) 月休 
  ※9/21(月)開館、9/24(木)休館。
  大人800円 中小400円
  松伯美術館(登美ケ丘2)
  http://www.kintetsu.jp/shohaku/index.html


<生駒市>
版画コレクション展 前期
  9月22日(火)〜10月4日(日) 月休
  ギャラリーCLASS(北新町1)
  http://web1.kcn.jp/gallery-class/


<天理市>
世界の民族楽器 技が伝える時代のハーモニー
  7月1日(水)〜11月30日(月) 火休 
  ※9/22(火)・10/27(火)開館。
  大人400円 中小200円 
  天理大学附属天理参考館(守目堂町250)
  http://www.sankokan.jp/


<橿原市>
銅鐸−弥生時代の青銅器鋳造−
  10月3日(土)〜11月23日(月) 月休 
  ※10/12(月)・11/23(月)開館、10/13(火)休館。
  大人800円 大高450円 中小200円
  奈良県立橿原考古学研究所附属博物館(畝傍町50)
  http://www.kashikoken.jp/museum/


<明日香村>
夏の万葉日本画展 その2
万葉コレクション 新しき仲間たち2

  8月8日(土)〜9月28日(月) 水休 
  ※9/23(水)開館、9/24(木)休館。
  一般600円 大高500円 中小300円
秋の万葉日本画展
浅野均 日本画展−アーカイックへの遡上−

  10月2日(金)〜12月23日(水) 水休 
  ※12/23(水)開館。
  一般600円 大高500円 中小300円
  奈良県立万葉文化館(飛鳥10)
  http://www.manyo.jp


和歌山県

<和歌山市>
自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展
  9月8日(火)〜11月8日(日) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)開館、9/24(木)・10/13(火)休館。
  一般500円 大学生300円
コレクション名品展
  9月15日(火)〜12月6日(日) 月休 
  ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般340円 大学生230円
  和歌山県立近代美術館(吹上1)
  http://www.bijyutu.wakayama-c.ed.jp/


熊野三山の至宝−熊野信仰の祈りのかたち−
  9月8日(火)〜10月18日(日) 月休 
  ※9/21(月)・19/12(月)開館、9/24(木)・10/13(火)休館。
  一般800円 大学生500円
  和歌山県立博物館(吹上1)
  http://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp


<田辺市>
生誕100年記念 浜口陽三展
  第1期:9月19日(土)〜10月12日(月)
  第2期:10月17日(土)〜11月15日(日)
  第3期:11月21日(土)〜12月13日(日)
  月休 ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般600円 大高400円 中小200円
  田辺市立美術館(たきない町24)
  http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/index.html



artkobujime at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展覧会スケジュール 

<展覧会スケジュール>9/28〜10/4 兵庫・滋賀・奈良・和歌山編 その1

来週スタートする展覧会のうち、私のおすすめは以下です。

神戸ビエンナーレ2009 メリケンパーク、兵庫県立美術館、他
中尾博一と彼がつないだ作家 ギャラリー開
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展 in 近江八幡 近江八幡市旧市街地

「神戸ビエンナーレ」がいよいよ始まります。
これが2回目ということで、前回からどれだけレベルアップ
できるかに注目です。今回から兵庫県立美術館も会場に加わり、
招待作家展「LINK−しなやかな逸脱」が開催されます。
また、神戸港の海上では、植松奎二さん、榎忠さん、塚脇淳さんの
作品展示も行われます。
ちょうど大阪では「水都大阪2009」が開催中なので、
どっちが良かったか見比べるのもいいんじゃないでしょうか。

「中尾博一と〜」は、神戸ゆかりのベテラン作家たち、
奥田善己さん、豊原康雄さん、堀尾貞治さん他がずらりと揃います。
当時を知る方々や研究者の方々には見逃せない機会です。

近江八幡市の旧市街地で開催される「ヴォーリズ展」は、
彼が建てた建築の実物を見て回れるのが魅力です。
個人宅や教会など、中に入れない建物もありますが、
旧市街地自体が魅力ある街並みですから、
秋の観光も兼ねて出かけるのが良いと思います。

神戸ビエンナーレには、私が過去に取材したことのある方々が
多数参加されます。彼らの過去記事をリンクしておきますので、
興味のある方はご覧ください。

植松奎二さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20070326uematsu.html
http://www.recommend.ecnet.jp/20060612uematsu.html

榎忠さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20060222enoki.html

國府理さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20070714kokufu.html
http://www.recommend.ecnet.jp/20060703kokufu.html

澤田知子さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20060719sawada.html

藤本由紀夫さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20080812hibikiauotoirokatachi.html
http://www.recommend.ecnet.jp/20060617fujimoto.html
http://www.recommend.ecnet.jp/20051223bijtsukannoensoku.html

山村幸則さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20080718yamamura.html


※注意
情報が誤っていたり、変更されている場合があります。
お出かけになる前に改めて各自でご確認をお願いします。


兵庫県

<尼崎市>
中村光幸作品展
面打 中筋喜春 能・狂言面展「面で辿る能狂言の中の兵庫」
  9月5日(土)〜10月4日(日) 月祝休
  尼信博物館(東桜木町3番地)
  http://www.amashin.co.jp/kaikan/index.html


<伊丹市>
所蔵品展2 答えのない質問
  10月3日(土)〜11月23日(月) 月休 
  ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  ※10/14(火)〜17(金)は展示替えのため休館。
  一般200円 大高150円 中小100円
  伊丹市立美術館(宮ノ前2)
  http://www.artmuseum-itami.jp


柿衞文庫開館25周年記念特別展 芭蕉
  10月3日(土)〜11月23日(月) 月休
  ※10/12(月)・11/23(月)開館、10/13(火)休館。
  一般700円 中小350円
  柿衞文庫(宮ノ前2)
  http://www.kakimori.jp


TRACES 第2回 伊丹・ベルギー・中国
  コンテンポラリージュエリー選抜作品巡回展
  9月30日(水)〜10月25日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  伊丹市立工芸センター(宮ノ前2)
  http://mac-itami.com


<川西市>
松田亜希+川端友美 PLUSPICE展
  9月29日(火)〜10月11日(日) 月休
  HANARE(火打2)
  http://www.hanare.info


雨宮睦子・中村典子 きもので洋服展
  9月28日(月)〜30日(水)
村田景子作品展
  10月1日(木)〜6日(火)
  画廊シャノワール(小花1)
  http://www.geocities.jp/ntenugui/


<西宮市>
栗原葉子個展「1978」
  10月1日(木)〜31日(土)の木金土
  ※10/3(土)・10/22(木)臨時休業。
  soramimibunco(堀切町7)
  http://soramimibunco.ciao.jp/


モンキー・パンチ展
  9月12日(土)〜10月3日(土)
  無料
  大手前アートセンター(御茶家町6-42)
  http://www.otemae.ac.jp/news/details.php?uid=news14bcd99a16796e552740ec2bffba4cf2


りくのこういち展
  10月1日(木)〜11日(日) 水休
  R&Pギャラリー(羽衣町7)
  http://www.mrmorrow.info


ID展
  9月26日(土)〜10月1日(木) 月休
  ギャラリーSHIMA(大井手町7)
  http://www.k2gshima.com


Etsu Oyamada写真展 
  白と黒のやさしい世界5“マカロンとパリ”

  9月29日(火)〜10月11日(日) 月休 ※祝日は営業。
  galerie 6℃(南超木岩町9)
  http://www.galerie6c.net/


ひさまつまさこイラストレーション展
  9月11日(金)〜11月10日(火) 水木休
  ※10/15(木)・10/28(水)営業。
  VENE CAFE(樋ノ池町2)
  www.venecafe.com


<芦屋市>
文豪がほほえむ〜秘蔵写真が語る新たな肖像〜
  10月2日(金)〜12月23日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般300円 大高200円
石飛昌子 ちぎり絵
  10月2日(金)〜11月1日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般300円 大高200円
  芦屋市谷崎潤一郎記念館(伊勢町12)
  http://www.tanizakikan.com


<神戸市・東灘区>
李朋彦写真展 「在日一世の軌跡」
  9月18日(金)〜10月3日(土)
  甲南大学 ギャルリー・パンセ(岡本8)
  http://www.konan-cdc.jp/pensee/index.html


築野友衣子展〜あなたの海〜
  10月2日(金)〜17日(土) 水日祝休
  川田画廊(田中町1)
  http://kawata-gallery.com/


アトリエからの提案
  10月1日(木)〜6日(火) 水休
  住吉倶楽部(住吉本町1)
  www.sumiyoshiclub.com


花岡伸宏展 「木でできた男の左肩はメダカと共存し
  台の部分は鈴虫と共存する」
  9月28日(月)〜10月11日(日) 無休
  STREET GALLERY(住吉本町1)
  ※通りに面したウインドーギャラリーです。
  http://www.street-gallery.net/


大西美沙希イラスト展
  10月1日(木)〜31日(土)
  カフェNEUTRAL(住吉本町2)
  http://caffeneutral.web.fc2.com/home.html


神戸の美術家 亀高文子とその周辺
小磯良平作品選3
  8月8日(土)〜10月18日(日) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)開館、9/24(木)・10/13(火)休館。
  一般800円 大高600円 中小400円
  ※10/3(金)はKOBE観光の日で無料。
  神戸市立小磯記念美術館(向洋町中5)
  http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/koisogallery/index.html
  

超絶刺繍−ヨーロッパ・インド・日本のわざ−
  7月16日(木)〜10月12日(月) 水休 
  ※9/23(水)開館、9/24(木)休館。
  ※12/29(火)〜1/3(日)休館。
  一般500円 高中小・65歳以上250円
  神戸ファッション美術館(向洋町中2)
  http://www.fashionmuseum.or.jp


こうべ芸文美術展
  10月3日(土)〜20日(火) 水休
  一般200円 高中小・65歳以上100円
  神戸ゆかりの美術館(向洋町中2)
  http://www.city.kobe.jp/cityoffice/17/040/yukarimuseum/index.html


茶の湯の名碗展
  10月3日(土)〜12月23日(水) 無休
  大人700円 大高450円
  香雪美術館(御影郡家2)
  http://www.h3.dion.ne.jp/~kousetu/


明日への贈りもの−珠玉の中国・日本美術−秋季の部
オリエント絨毯−華麗なるイスラム美術−
  9月5日(土)〜11月29日(日) 月休
  ※9/21(月)・10/12(月)・11/23(月)開館、
  9/24(木)・10/13(火)・11/24(火)休館。
  一般800円 大高500円 中小250円 
  白鶴美術館(住吉山手6)
  http://www.hakutsuru-museum.org/index.shtml


<神戸市・灘区>
宝塚造形芸術大学 美術学科 リアル展 6th EXHIBITION
第8回 水彩くじゃくの会展
  9月29日(火)〜10月4日(日) 無休
  兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー(原田通3)
  http://hyogo-arts.or.jp/harada/


BBプラザ美術館コレクション 開館記念展
  7月7日(火)〜11月8日(日)
  月休 ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般300円 大高200円 中小100円
  BBプラザ美術館(岩屋中町4-2-7)


<神戸市・中央区>
2009年度コレクション展2 新収蔵品紹介−美術と時代
美術の中のかたち−手で見る造形
  藤本由紀夫 SHADOW−exhibition obscura−
  7月25日(土)〜11月29日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  ※9/29(火)以降は無休。
  一般250円 大高200円 中小120円(9/30まで)
  一般500円 大高400円 中小250円  
だまし絵 アルチンボルドからマグリット、ダリ、エッシャーへ
  8月26日(水)〜11月3日(火) 月休 
  ※9/21(月)開館、9/24(木)休館。
  ※9/29(火)以降は無休。
  一般1300円 大高900円 中小500円
  兵庫県立美術館(脇浜海岸通1)
  http://www.artm.pref.hyogo.jp/


神戸ビエンナーレ2009招待作家展
  LINK−しなやかな逸脱

  10月3日(土)〜11月23日(月) 無休
  ※本展は「神戸ビエンナーレ2009」の一部です。
  ◎Aチケット(メリケンパーク+兵庫県立美術館ギャラリー):
   大人1200円 大学生・シルバー(65歳以上)500円
  ◎Bチケット(神戸港会場):
   大人600円 大学生・シルバー(65歳以上)500円 
   高校生以下及び障害者(介護者1名まで)300円
  ◎Cチケット(メリケンパーク会場+兵庫県立美術館ギャラリー+
   神戸港会場):大人1500円 大学生・シルバー(65歳以上)800円 
  高校生以下及び障害者(介護者1名まで)300円
  兵庫県立美術館3Fギャラリー(脇浜海岸通1)
  http://www.artm.pref.hyogo.jp/
  http://www.kobe-biennale.jp/


ナカジマカツ展
  8月26日(水)〜9月30日(水) 無休
  神戸芸術センター(熊内橋通7)
  http://www.art-center.jp/kobe/


Q2プラモ部番外編「プラモナイト!」
  10月3日(土) 18:00〜
  参加費未定
  ※集合場所はジョーシン三宮1ばん館。
  CAP CLUB Q2(新港町4)
  http://www.cap-kobe.com/club_q2/


第9回 華陽会油絵展
  9月25日(金)〜30日(水) 無休
第12回 パステルアートG1展
  10月2日(金)〜7日(水) 無休 
  サンパル市民ギャラリー(雲井通5)
  http://www.sanparu.com/event/5f_schedule.htm


美しきアジアの玉手箱 
  シアトル美術館所蔵 日本・東洋美術名品展
  9月19日(土)〜12月6日(日) 月休
  ※9/21(月)・10/12(月)・11/23(月)開館、
  9/24(木)・10/13(火)・11/24(火)休館。
  一般1300円 大高900円 中小500円 
  神戸市立博物館(京町24)
  http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html


天宅照美展
  9月24日(木)〜30日(水)
  ギャラリー葉月(小野柄通7)
  http://www.mmjp.or.jp/maki-building/


秋の西洋アンティークフェア
  9月30日(水)〜10月6日(月)
  Fine Art THE GALLERY 田中美術(北野1)
  http://kobetanag.sakura.ne.jp/


後藤美予・小林弥生2人展
チクタク展 vol.3 チカコとタカコ ミノリノアキのモノコトガラス 

    9月29日(火)〜10月4日(日) 無休
  ギャラリー北野坂(山本通1)
  http://www7.ocn.ne.jp/~kitano/index.html


高木さとこ展 ロマンチック・パーク
  9月19日(土)〜30日(木) 無休
マサル・マツハラ ミニアチュール展
  9月26日(土)〜10月1日(木) 無休
田中美和展
菅田幸子展“FIGURES”

  10月3日(土)〜14日(水) 無休
  ギャラリー島田(山本通2)
  http://www.gallery-shimada.com


岸本亜希子銅版画展「その男、登場人物」
  9月16日(水)〜30日(水) 無休
moppemaco collection
  10月1日(木)〜15日(木) 
  トンカ書店(下山手通3)
  http://www.tonkabooks.com/


河西真子展 Luxury waste.
  9月27日(日)〜10月7日(水) 金休
  アトリエ苺小屋(下山手通2)
  http://ichigoya.daa.jp


Studio Motoo パッチワークキルト作品展7
  9月26日(土)〜10月1日(木) 無休
田中喜典 陶展 神戸の土を焼きました
グラハム・クラーク新作発表展
  10月3日(土)〜8日(木) 無休
  トアギャラリー(北長狭通3)
  http://tor-gallery.com


中村由紀子展 「YIN AND YANG」
  9月18日(金)〜10月18日(日) 月休 
  ※9/21(月)開館、9/24(木)休館。
「究無万象」 竹内紘三+築山有城
  9月21日(月)〜10月18日(日) 月休 
  ※9/21(月)開館、9/24(木)休館。
  CAP STUDIO Y3(山本通3)
  http://www.cap-kobe.com/studio_y3/


鴨谷真知子彫刻展
  9月18日(金)〜30日(水) 木休
中井浩史展−FACE−DRAWINGS and PAINTINGS
  10月2日(金)〜14日(水) 木休
  ギャラリーAO(山本通5 相楽園北門前)


滝沢利志子 作品展
  9月20日(日)〜29日(火) 無休
つよしゆうこEXHIBITION
  10月1日(木)〜15日(木) 水休
  ギャラリー サーカス・サーカス(花隈町9)
  http://home.9highway.ne.jp/circusx2/


板原摩紀 器展
  9月30日(水)〜10月11日(日) 月休
  DELLA-PACE(北長狭通4)
  http://della-pace.seesaa.net/


足立きみ子 日本画展
  9月24日(木)〜29日(火) 無休
佐野文二郎の発泡スチロール人形博覧会 
  これだぁーれ神戸奮闘編

  10月1日(木)〜13日(火) 無休
  アートホール神戸(北長狭通4)
  http://www.kouseikai.or.jp/kaikan/contents/arthall.html


クロード・ヴィアラ展
  9月6日(日)〜10月3日(土) 月休
  ギャラリーヤマキファインアート(元町通3)
  http://www.gyfa.co.jp/index.htm


福田浩・佳子 夫婦展
  9月24日(木)〜29日(火) 無休
増田豊子 縮緬、絹小物展
  10月1日(木)〜6日(火) 無休
  南京町ギャラリー蝶屋(栄町通2-8-10)


PECHU作品展「金魚∞宇宙」
  9月5日(土)〜10月4日(日) 水休
  ギャラリーPAXREX(海岸通2)
  http://www.paxrex.jp/


西山武志写真展 REHABILITATION
  −いつか元気になるその日のために−
  9月26日(土)〜11月1日(日) 水祝休
  TANTO TEMPO(栄町通2)
  http://tantotempo.jp/


中尾博一と彼がつないだ作家 
  井上喜由・奥田善己・豊原康雄・中田誠・堀尾貞治・向井孟展

  10月3日(土)〜16日(金) 無休
  ギャラリー開(栄町通3-1-7 栄町ビル3F)


グループ展 5人のアートな世界
  10月4日(日)〜10日(土) 無休
  ギャラリーVie(海岸通3)
  http://www.beeflight.com


神戸ビエンナーレ2009
  10月3日(土)〜11月23日(月) 無休
  ◎Aチケット(メリケンパーク+兵庫県立美術館ギャラリー):
   大人1200円 大学生・シルバー(65歳以上)500円
  ◎Bチケット(神戸港会場):
   大人600円 大学生・シルバー(65歳以上)500円 
   高校生以下及び障害者(介護者1名まで)300円
  ◎Cチケット(メリケンパーク会場+兵庫県立美術館ギャラリー+
   神戸港会場):大人1500円 大学生・シルバー(65歳以上)800円 
   高校生以下及び障害者(介護者1名まで)300円
  メリケンパーク、兵庫県立美術館、神戸港会場、
  三宮・元町商店街、ほか
  http://www.kobe-biennale.jp/


清原健彦展
  10月3(土)〜12日(月)
  トアロード画廊(元町通6)
  http://homepage.mac.com/doi.m/torroad-gallery/index.html


Rikew(リキュー) a HundredHearts
  9月28日(月)〜10月24日(土) 日休 
  ※祝日は営業。10/3(土)臨時休業。
  フルーツカフェ Saita! Saita!(相生町1)
  http://www.saitasaita.com


<神戸市・兵庫区>
神戸美術学林「学林展2009」
  10月4日(日)〜11日(日) 火休
  神戸アートビレッジセンター(新開地5)
  http://kavc.or.jp


<明石市>
美のプロムナード 20世紀フランス絵画の精髄 
  10月3日(土)〜11月8日(日) 無休
  一般800円 大高500円 中小300円
  明石市立文化博物館(上ノ丸2)
  http://www.akashibunpaku.com/


第26回 水雲会 水墨画展
  10月2日(金)〜4日(日)
  アートホール明石(相生町2)
  http://www.kouseikai.or.jp/sanpia/contents/arthall.html


<加古川市>
布手作り 和服リメーク
  9月28日(月)・29日(火)
花房篤史 第1回作品展「油絵」
  9月30日(水)〜10月6日(日)
  加古川市民ギャラリー(JR加古川駅内)
  http://www.city.kakogawa.hyogo.jp/index.cfm/8,0,108,html


<播磨町>
古代祭祀の世界
  10月3日(土)〜11月29日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般500円 大高400円 中小250円 
  兵庫県立考古博物館(大中500)
  http://www.hyogo-koukohaku.jp/


<姫路市>
和田三造展
  9月12日(土)〜10月25日(日) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)開館、9/24(木)・10/13(火)休館。
  一般800円 大高500円 中小200円
  姫路市立美術館(本町68)
  http://www.city.himeji.hyogo.jp/art/


大井川葛布展
  10月3日(土)〜10日(土) 無休
  ギャラリーとーく(平野町58)
  http://g-talk.jp/


<西脇市>
開館25周年特別展 The 51th Exhibition 
  横尾忠則・確想重積の光景展
  10月4日(土)〜2010年3月28日(日) 月・祝日の翌日休 
  ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。 
  ※12/29(火)〜1/3(日)休館。
  大人310円 大高210円 中小110円
  西脇市岡之山美術館(上比延町345)
  http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/


<篠山市>
ハンス・コパー展 20世紀陶芸の革新
  9月12日(土)〜11月29日(日) 月休 
  ※9/21(月)・10/12(月)・11/23(月)合開館、
  9/24(木)・10/13(火)・11/24(火)休館。
  一般900円 大高700円 中小400円(9月中)
  一般1000円 大高800円 中小500円
丹波の茶陶
  9月26日(土)〜11月29日(日)
  月休 ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般200円 大高150円 中小100円
  ※特別展開催中は特別展料金に含まれる。
  兵庫陶芸美術館(今田町上立杭4)
  http://www.mcart.jp


<丹波市>
安田虚心 水墨画展
  9月12日(土)〜10月4日(日) 月休 
  ※9/21(月)開館、9/24(木)休館。
  大人300円 大高200円 中小100円
  丹波市立植野記念美術館(氷上町西中615)
  http://edu.city.tamba.hyogo.jp/ueno/


<朝来市>
あさご芸術の森大賞展展 優秀作品展
  9月12日(土)〜10月18日(日) 水・祝日の翌日休
  大人500円 大高300円 中小200円
  あさご芸術の森美術館(多々良木739番地)
  http://www.city.asago.hyogo.jp


<豊岡市>
芸術 in やぶ−地域の美術力 CREATOR'S WORKS−
  7月25日(土)〜10月18日(日) 5〜10月は無休
  大人170円 中学生以下70円 ※9月末まで
  大人350円 中学以下150円 ※10月以降
  兵庫県立円山川公苑美術館(小島1163)
  http://maruyamagawa.com/museum.html


※「その2」へ続く。



artkobujime at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展覧会スケジュール