2010年06月

2010年06月25日

<日々>おめでとう日本代表

ただ今午前5時45分です。
結局最後までワールドカップの中継を見てしまいました。
日本がデンマークに勝ちましたね。
それもギリギリではなく、堂々たる勝ちっぷりでした。
いやー、凄い。本当によくやった。そして、嬉しい!
決勝トーナメントでも大暴れして、
日本の強さを見せつけてほしいものです。
私も彼らを見習って仕事に励みます。
(でも、今は眠いのでこれから朝寝しますけど)

==============================
<PR>
LUKAS <専門家用固形水彩> 48 COLOURS
http://www.turner.co.jp/art/lukas/info.html



artkobujime at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々 

2010年06月24日

<展覧会場の様子>神戸 6/24

朝起きると快晴だったので、急いで洗濯を済ませ、午後から神戸に
行きました。今週の神戸は土曜日スタートの展覧会が多いので、本当は
週末に行くべきなのですが、明日あさってとイベントの予定が入っている
ので今日になりました。数は少ないですが、会場の様子をどうぞ。

RIMG15874RIMG15870

RIMG15871RIMG15877
have a place−向こうの方−/神戸アートビレッジセンター
川口淳子さん、河村るみさん、柴田さやかさん、縞なぎささん、菅本祐子
さんによる展覧会です。作品と場の関わりを重視した展覧会を目指した
そうです。作品も展示も女性らしい雰囲気に満ち満ちていました。

RIMG15893RIMG15895
宮崎shihiro×高久美保展/MARUNI
写真の2人展です。白黒は宮崎さん、カラーは高久さんです。
高久さんと少しお話をしました。彼女は自動車で1年に6万キロも走破
するほど各地を走り回り、お気に入りの風景を見つけては撮影している
そうです。今回の作品は廃墟が多かったです。宮崎さんの作品は廃墟
ではありませんが、高久さんと同じ匂いがしました。

RIMG15902RIMG15898

RIMG15899
小林鷹 マルコ・マイアンティ 赤松章展/ギャラリーPAXREX
以前画廊で個展をした3人の作品を再編集して一つの展覧会にして
います。ベスト盤的な企画です。作品には、ヴェニスのカーニバル、
イタリアやトルコの古い教会、イタリア、フランスの景色などが収め
られており、ちょっとした旅情が味わえます。

RIMG15910RIMG15911
ダニエル・マチャド展/TANTO TEMPO
南米のウルグアイ出身で今は日本在住の写真家による個展です。
同国で今は朽ち果てた刑務所を70年ほど前に撮った写真が見つかり、
その修復作業を担当したマチャドさんが、改めて廃墟となった今の姿を
撮影。昔の姿と自分が撮った現在の様子を対比的に見せています。
ウルグアイは「南米のスイス」と呼ばれるほど経済・治安の面で繁栄
していましたが、2002年の経済危機以来、国の雰囲気が変わって
しまったそうです。新旧二つの写真には祖国に対する複雑な思いが
込められています。

※上記展覧会のスケジュールは6/20の当ブログでご確認を。
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/1435646.html

==============================
<PR>
LUKAS <専門家用固形水彩> 48 COLOURS
http://www.turner.co.jp/art/lukas/info.html



artkobujime at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)展覧会場の様子 

2010年06月23日

<アート>維新派の新作野外公演@犬島

演劇のアートワークで有名な黒田武志さんからお知らせが届きました。
以下に転載します。

==============================

僕が美術で参加している、維新派の新作野外公演
「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」

7月20日(火)〜8月1日(日)に瀬戸内海に浮かぶ犬島で行われます。

今回は「瀬戸内国際芸術祭2010」への参加作品で、犬島精錬所跡に
丸太3000本・足場板1000枚以上を使って野外特設劇場を建てての
公演。かなり凄いことになってます。

で、僕のHPで舞台模型のスライドショウが見れます。
http://homepage.mac.com/sandscape/op-gallery.html

公演の詳細は→ http://www.ishinha.com/

チョット遠いですが、代表の松本雄吉氏自ら「維新派史上最大規模」
というくらいの舞台になります。是非お見逃し無く。

黒田武志さんのサイト
http://homepage.mac.com/sandscape/

==============================
<PR>
LUKAS <専門家用固形水彩> 48 COLOURS
http://www.turner.co.jp/art/lukas/info.html



artkobujime at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

<募集>佐藤時啓さんのワークショップ@和歌山近美

和歌山県立近代美術館より、小学校高学年から高校生までを対象とする
ワークショップのニュースが届きました。以下に転載します。

==============================

カメラを使って作品を楽しむワークショップ
⇒世界的に活躍している佐藤時啓さんを招いて

和歌山県立近代美術館では、特定非営利活動法人和歌山芸術文化
支援協会(wacss)との協働により、写真作品で世界的に活躍している
東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授の佐藤時啓さんを
ナビゲーター(指導者)に招き、カメラを使って作品を楽しむワークショップ
を開催します。

ワークショップ名:もっと光を ドキドキ少年撮影隊ミュージアム編
日時:2010年7月24日(土)13:00〜16:30/2010年7月25日(日)
10:00〜15:00
場所:和歌山県立近代美術館
定員:20名(小学校高学年から高校生まで。保護者見学可)
参加費:500円(資料、材料費ほか。24日に徴収いたします)
持ち物:飲み物、昼食(25日のみ) ※デジタルカメラ、制作材料は準備
いたします。
応募方法:ファックスまたは官製はがきにて参加者名、年齢、学校名、
住所、電話番号、ファックス番号明記のうえ申し込みください。2日間
参加出来る方に限ります。
応募締切:2010年7月15日(木)必着
結果通知:参加決定者にはファックスまたは電話にてお知らせします。
選外の方には官製はがきにて通知します。
応募先:〒640-8462 和歌山市粟427-1地産マンション紀ノ川602
NPO和歌山芸術文化支援協会 tel/fax073-454-5858

当ワークショップは「花王・コミュニティミュージアム・プログラム2009」
助成事業です。

和歌山県立近代美術館
和歌山市吹上1-4-14
http://www.bijyutu.wakayama-c.ed.jp/

⇒交通機関ご利用の場合
JR「和歌山駅」、南海「和歌山市駅」からバスで約10分→「県庁前」下車、
徒歩2分
⇒自家用車でお越しの場合
阪和高速道路 和歌山インターチェンジより和歌山城方面へ約15分
※関西空港からお越しの場合、リムジンバスでJR和歌山駅まで約40分

==============================
<PR>
LUKAS <専門家用固形水彩> 48 COLOURS
http://www.turner.co.jp/art/lukas/info.html



artkobujime at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)募集 

<新着情報>私が以前取材した方々の展覧会

私が以前取材したことがある方々の展覧会情報をお知らせします。
お近くにお住まいの方は是非ご覧下さい。

==============================

衣川泰典さんが出品します。個展を開催します。

視点のコレクション
6月29日(火)〜7月11日(日)
11:00〜19:00(日は11:00〜17:00) 月休
ギャラリー名芳洞
愛知県名古屋市中区錦1丁目20番地12号 伏見ビルB1F

衣川泰典・林勇気展「ふれて/みる」
6月29日(火)〜7月24日(土)
9:00〜17:00 日祝休
中京大学 C・スクエア
愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2 中京大学名古屋キャンパス
4号館1F
http://www.chukyo-u.ac.jp/c-square/2010/97/97top.html

衣川泰典展 みえないものにふれてみる
7月6日(火)〜18日(日) 
11:00〜23:00(最終日は11:00〜21:00) 月休
neutron-kyoto
京都市中京区三条通烏丸西入ル御倉町79 文椿ビルヂング2F
http://www.neutron-kyoto.com

衣川泰典さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20080412kinukawa.html

ターナー色彩株式会社のサイトに掲載された衣川さんの記事
http://www.turner.co.jp/magazine/bt/0807/index.html

==============================

林勇気さんが出品します。

衣川泰典・林勇気展「ふれて/みる」
6月29日(火)〜7月24日(土)
9:00〜17:00 日祝休
中京大学 C・スクエア
愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2 中京大学名古屋キャンパス
4号館1F
http://www.chukyo-u.ac.jp/c-square/2010/97/97top.html

Films,Videos & Art_Plus-jp Performance Art Project
2010 in Azumino
7月4日(日) 13:00〜20:00
[出品者(映像)] 林勇気/Sittidech Rohitasuku/Tintin Wulia
/Nopawan Sirivejkul/Sharmila Samant/Moe Satt
/Karin Pisarikova/Gregory Stennatte/林愛枝/岡沢じゅん
/Abnormal System/豊永丈尋/守田法子/大木裕之/
前田真二郎/宮下ちとせ
[出品者(パフォーマンス)] Waldemar Tatarczuk
/Nauyen,Phuong Linh/渡辺忠/おまゆみ/幅佳織/門倉緑
/田中照幸
碌山美術館 研成ホール
長野県安曇野市穂高3095-1
http://www.rokuzan.jp/rokuzankouen.html

林勇気さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20081126hayashi.html
http://www.recommend.ecnet.jp/20081019hayashi.html
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/search?q=%C5%B8%CD%F7%B2%F1%BE%EC%A4%CE%CD%CD%BB%D2%A1%A1%CE%D3%CD%A6%B5%A4

林勇気さんのサイト
http://yaplog.jp/kanyukuyuki/
http://www1.odn.ne.jp/tropfen/kanyukuyuki/

==============================

中岡真珠美さんが個展を開催します。

中岡真珠美展
7月5日(月)〜17日(土) 
11:00〜19:00(土は11:00〜17:00) 日休
Oギャラリーeyes
大阪市北区西天満4-10-18 石之ビル3F
http://www2.osk.3web.ne.jp/~oeyes/

中岡真珠美さんの過去記事
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/search?q=%C5%B8%CD%F7%B2%F1%BE%EC%A4%CE%CD%CD%BB%D2%A1%A1%C3%E6%B2%AC%BF%BF%BC%EE%C8%FE
http://www.recommend.ecnet.jp/20080904nakaoka.html
http://www.recommend.ecnet.jp/20060607nakaoka.html

==============================

児玉靖枝さんが個展を開催します。

児玉靖枝展「深韻2010年」
7月6日(火)〜18日(日) 
11:00〜19:00(最終日は11:00〜18:00) 月休
アートスペース虹
京都市東山区三条神宮道東入ル東町247
http://www.art-space-niji.com/

児玉靖枝さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20070618dialogues.html
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/search?q=%C5%B8%CD%F7%B2%F1%A5%EC%A5%D3%A5%E5%A1%BC%A1%A1%BF%C0%B8%CD%A5%D3%A5%A8%A5%F3%A5%CA%A1%BC%A5%EC2009

==============================

北城貴子さんが個展を開催します

北城貴子展−Circlation of the light
7月10日(土)〜8月7日(土)
13:00〜19:00 日祝休
ギャラリーノマル
大阪市城東区永田3-5-22
http://www2.nomart.co.jp/

北城貴子さんの過去記事
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/search?q=%C5%B8%CD%F7%B2%F1%BE%EC%A4%CE%CD%CD%BB%D2%A1%A1%CB%CC%BE%EB%B5%AE%BB%D2
http://www.recommend.ecnet.jp/20070620houjou.html

==============================
<PR>
LUKAS <専門家用固形水彩> 48 COLOURS
〜アーティストレポート〜
http://www.turner.co.jp/art/lukas/report2.html



artkobujime at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2010年06月22日

<展覧会場の様子>京都 6/22

京都に出かけました。天気予報が外れて、今日の京都は午後から快晴
でした。日差しがきつくて日向にいるとたまりませんでしたが、涼風が
吹いていたので日陰なら比較的快適でした。今週の京都は先週から
続いている展覧会が多く、あまり数は紹介できませんがご覧ください。

RIMG15819RIMG15823
小西加奈子展/neutron-kyoto
薄暗い空間で半身を水に浸しながら彷徨う女性と、彼女が濡れたまま
立ちあがってドアを開けようとする姿が描かれています。比較的厚塗りで
重さを感じさせる仕上がりが絵のテーマと合っています。作者自身の内面
が表れた作品ではないかと思います。

RIMG15826RIMG15828
並木文音展/ギャラリーアーティスロング
石膏製の台や兄弟、本棚の上には、衣服や靴、アクセサリー、書籍
などが焼かれた痕跡があり、ブロンズ製の花や花飾りも見られます。
喪失感が強く感じられる作品です。

RIMG15832RIMG15835
舟越桂展/ギャラリー白川
1990年から2009年までの版画作品が並んでいます。大半は近年の
スフィンクスを題材にした銅版画ですが、珍しい木版画も1点あります。
あと、美術家の森村泰昌さんを描いたリトグラフ(1990年制作、画像
右)も珍しい作品です。

RIMG15839RIMG15836
渡邉太一郎展/祇をん小西
ぼてっとした円形の陶器は、表面に細かい凹凸があり、表面には釉薬が
かかっていません。稲藁にくるんで田んぼの真ん中で野焼きして作った
作品だそうです(一部、磁土を塗った作品と黒陶の作品もあり)。見れば
見るほど味わい深い作品ですが、作者はまだ20代だそうです。ビックリ。

RIMG15845RIMG15840

RIMG15847
みえるままに/ギャラリーはねうさぎ
池田さや香さん(画像上左)、藤木イサクさん(下)、山内雅裕さん(上右)
の絵画展。3人は京都嵯峨芸術大学で絵画を学んだ同期です。池田さん
と山内さんの作品を見るのは多分初めてですが、対象を凝視する姿勢が
感じられる先品でした。藤木さんの作品は以前見た時と印象が違い、
創世記のの世界を連想しました。軽く跳ねる白線が印象的です。

RIMG15854RIMG15853
茨木佐知子展/ギャラリーはねうさぎ
DMを見た時は何だか分りませんでしたが、会場で実物を見るとサメの
口元あたりを描いているのだと分かりました。他にクラゲや貝、ウニの
ようなものがありますが、必ずしも再現的な描写ではありません。海の
生物を起点に心地よいフォルムと色彩の世界を描いた、という感じです。

RIMG15858RIMG15857
笹山忠保展/ギャラリーなかむら
笹山さんは前衛陶芸の先駆けとなった「走泥社」に所属していた
大ベテラン作家です。普段は実用の陶器と個展用のオブジェを分けて
制作しているそうですが、今回の個展では初めてオブジェと口の開いた
器を一緒に並べています。とはいえ、どれも抽象的なフォルムをしている
のですが。私が気に入ったのは、金属製の足が付いた作品です。

RIMG15863RIMG15866
テキ建群展/同時代ギャラリー
テキさんは中国人の画家です。中国の大学で洋画を学んだ後、
京都市立芸術大学で日本画を学び、帰国後は水墨画を制作しています。
今回の作品も全て水墨画です。西安の北方に広がる黄土高原を少し
ロマンチックに解釈して描いた作品です。

※上記展覧会のスケジュールは6/19の当ブログでご確認を。
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/1434466.html

==============================
<PR>
LUKAS <専門家用固形水彩> 48 COLOURS
http://www.turner.co.jp/art/lukas/info.html



artkobujime at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)展覧会場の様子 

<書籍・雑誌・ウェブ>『ぴあ関西版』7/1号

現在発売中の『ぴあ関西版』に、私が担当した記事が載っています。
P51の「パラモデルの 世界はプラモデル」展を紹介する記事です。
書店やコンビニで見かけた方は是非ご一読ください。

なお、今号の特集は「夏の映画50本!」。ロングインタビューは
小栗旬さんと大野智さんです。あと、通巻700号記念の読者ご招待
企画もあります。

RIMG15815
『ぴあ関西版』のサイト
http://www.pia.co.jp/wpia/kansai.php

==============================
<PR>
LUKAS <専門家用固形水彩> 48 COLOURS
http://www.turner.co.jp/art/lukas/info.html



artkobujime at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍・雑誌・ウェブ