2010年10月

2010年10月31日

<展覧会場の様子>奈良 10/31

奈良市の名勝大乗院庭園文化館で開催されている「飛鳥から奈良へ−
国際彫刻展2010」
に出かけました。その様子をお伝えします。

RIMG20743RIMG20772
(左)午後1時30分頃、JR奈良駅に到着。大降りの雨でした。台風が
去ったというのに、どういうこと?  (右)駅から徒歩約20分で名勝
大乗院庭園文化館に到着。ここは平安時代に創建された興福寺の
門跡寺院で、室町時代に庭園が完成しました。当時から南都随一の
庭園として有名だったそうです。現在は国の名勝に指定されています。
展覧会は、庭園と建物内部で行われています。

RIMG20761RIMG20770

RIMG20768RIMG20777
庭園での展示の様子です。(上左)角谷真人さんの《カバ》、(上右)信ヶ原
良和さんの《不自然な情景−門・橋・月・池》、(下左)堀健さんの《壁空の
下で、ぼくは見つけた》、(下右)岡普司さんの《organo genesis/器官
発生−舟形にふれる》。

RIMG20785RIMG20747

RIMG20757RIMG20754
建物内での展示の様子です。(上左)下谷千尋さんの《あとん》、(上右)
宮永甲太郎さんの《希望の光》と《カウンター》、(下左)井上廣子さんの
《Inside-Out》、(下右)井川健さんの《黒い華1》と《黒い華2》。

庭園、建物とも他にも作品が沢山見られます。また、他に2つの会場
でも展示が行われています。庭園に入るには入場料100円が必要
ですが、他は入場無料です。11月7日までに奈良観光の予定がある方
は、この展覧会もご検討ください。

「飛鳥から奈良へ−国際彫刻展2010」公式サイト
http://narasculpture.web.fc2.com/

おまけ
RIMG20793RIMG20794
展覧会の帰りにギャラリー勇斎に立ち寄り、「土橋晃展」も見ました。
残念ながら本展は今日が最終日なので、明日以降に出かけても
見られません。この画像でお楽しみください。

「ギャラリー勇斎」のサイト
http://www.g-yusai.jp/exhibition/

==============================
<PR>
当ブログはターナー色彩株式会社のサポートで運営されています。
http://www.turner.co.jp/



artkobujime at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展覧会場の様子 

<展覧会スケジュール>滋賀・奈良・和歌山・三重 11/1〜7

来週スタートする展覧会のうち、私のおすすめは以下です。

アート&クリティーク2010−エクステンション− 
成安造形大学ギャラリーアートサイト(滋賀・大津市)

本展は、成安造形大の油画コースで昨年度まで行われてきた、
美術館学芸員や研究者を交えての講評会を拡大したイベントです。
成安造形大だけではなく、京都市立芸大、京都嵯峨芸大、京都精華大、
京都造形芸大の学生たち20名の絵画作品を展示します。そして、
講評会は11月8日(月)に行われます。好評担当者は、奥村一郎さん
(和歌山近美)、小林公さん(兵庫県美)、佐藤一進さん(京都精華大
教員)、伊庭靖子さん(成安造形大教員)、長尾浩幸さん(成安造形大
教員、司会進行)です。


※注意
情報が誤っていたり、変更されている場合があります。
お出かけになる前に改めて各自でご確認をお願いします。


滋賀県

<大津市>
常設展示 赤と黒−色彩の実験
  8月31日(火)〜12月19日(日) 月休 
常設展示 琵琶湖逍遥
  10月2日(火)〜12月19日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般450円 大高250円
白州正子 「神と仏、そして自然への祈り」
  10月19日(火)〜11月21日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般950円 大高650円 中小450円
  滋賀賀県立近代美術館(南大萱町1740)
  http://www.shiga-kinbi.jp/


大津百町大写真展−マチを記録すること−
  10月30日(土)〜11月23日(火) 月・11/4(木)休
  無料
  大津百町一帯(旧大津公会堂、大津百町館、他)
  http://otsu100c.shiga-saku.net/


ミニ企画展 館蔵名品展
  9月14日(火)〜11月28日(日) 月休 
  ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般210円 大高150円 中小100円
開館20周年記念企画展 大津 国宝への旅
  10月9日(金)〜11月23日(火) 月休 
  ※10/11(月)開館、10/12(火)・11/4(木)休館。
  一般1000円 大高500円
  大津市歴史博物館(御陵町2)
  http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/index.html


アート・アンド・クリティーク2010−エクステンション−
  11月5日(金)〜23日(火) 
  日・11/16(火)・11/17(水)休
  成安造形大学ギャラリーアートサイト(仰木の里東4)
  http://www.seian.ac.jp/


タンゲキョウコ 冬服展
  11月6日(土)〜14日(日) 無休
  カフェ&ギャラリー月の山(和迩春日3)
  http://tukinoyama.exblog.jp/


<守山市>
佐藤忠良 ブロンズの詩 めばえ
  7月13日(火)〜11月21日(日) 月休
平山郁夫 東アジア−緑の大地
  8月3日(火)〜11月14日(日) 月休
吉左衞門展10 LOUBIGNACの空の下で
  9月4日(土)〜3月21日(月) 月休
脇田和展−鳥と遊ぶ−
  10月5日(火)〜12月19日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般1000円 高校生600円 中小300円
  佐川美術館(水保町北川2891)
  http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/


<近江八幡市>
ミクロとマクロ
  〜ミクロはマクロに向かい、マクロはミクロに向かう〜
  9月10日(金)〜11月28日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般500円 大高350円
  ボーダレスアートミュージアムNO-MA(永原町上16)
  http://www.no-ma.jp/


あったか器展
  10月20日(水)〜11月1日(月) 火休
わこちゃんのお手紙屋さん
  10月27日(水)〜11月10日(水) 火休
はと個展 with 五十音物販
  11月3日(水)〜7日(日) 無休
乙女箱 古裂ちくちく展
  11月3日(水)〜20日(土) 木金休
マルマントークライブ in 近江八幡
  11月6日(土)・7日(火) 18:00~
  500円(おみやげつき) 
  尾賀商店(永原町中12)
  www.oga-showten.com


呼吸する視点 伊庭靖子とその研究生たちによるグループ展
  10月16日(土)〜11月29日(月) 無休
  大人300円 中小200円
  近江八幡市立かわらミュージアム(多賀町738-2)
  http://www.omi8.com/annai/kawara.htm


BIWAKOビエンナーレ2010“玉手箱−Magical World”
  9月18日(土)〜11月7日(日) 火休
  一般1000円 市民500円 大高中800円 市民400円
  リピート料金 一般700円 大高中500円
  ※コンサート等別途料金あり。
  ※「市民」は近江八幡市在住または市内各学校通学者。
  購入時に身分証明・学生証提示が必要。
  ※リピート料金を希望する際は、前回来場時のチケットを
  提示すること。
  近江八幡市旧市街地
  http://www.energyfield.org/project/index.php


<安土町>
室町最後の将軍−足利義昭と織田信長−
  10月16日(土)〜11月14日(日) 月休 
  ※11/1(月)開館。
  大人860円 大高610円 中小400円
  滋賀県立安土城考古博物館(安土町下豊浦6678)
  http://www.azuchi-museum.or.jp/


<彦根市>
シリーズ戦国 巻の3 よみがえる関ヶ原合戦
  −関ヶ原合戦図を読む−
  10月29日(金)〜11月30日(火)
  彦根城博物館(金亀町1-1)
  http://longlife.city.hikone.shiga.jp/museum/index.html


<高島市>
今を問う 表現
  10月31日(日)〜11月29日(月) 火休
  ※火が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般・大学生800円 高中600円 小学生400円  
  比良美術館(鹿ヶ瀬75-1)
  http://www.asahi-net.or.jp/~RK2T-TNK/bijyutukan.html

 
<甲賀市>
信楽まちなか芸術祭
  10月1日(金)〜11月23日(火)
  信楽町一帯、滋賀県立陶芸の森、MIHO MUSEUM、
  信楽伝統産業会館、ほか
  http://tri.shigaraki-sp.com/


しがらきやき 直方の茶陶 春斎の壺
  9月18日(土)〜12月2日(日) 月休
  ※9/20(月)開館、9/21(火)休館。
  ※10/1(金)〜11/23(火)「信楽まちなか芸術祭」開催中は無休。
  一般600円 大高450円
  滋賀県立陶芸の森 陶芸館(信楽勅旨2188)
  http://www.sccp.jp/


信楽焼の技と美−継承される伝統技術−
  9月18日(土)〜12月12日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  ※10/1(金)〜11/23(火)「信楽まちなか芸術祭」期間中は無休。
  滋賀県立陶芸の森 陶芸館ギャラリー(信楽勅旨2188)
  http://www.sccp.jp/


古陶の譜 中世のやきもの−六古窯とその周辺−
  9月4日(土)〜12月12日(日) 月休
  ※9/20(月)・10/11(月)開館、9/21(火)・10/12(火)休館。 
  大人1000円 大高800円 中小300円
  MIHOミュージアム(信楽町桃谷300)
  http://miho.jp


城進展 [coffee color]
  11月3日(水)〜14日(日) 月火休
  ギャラリー・マンマミーア(甲南町野川835)
  www.geocities.jp/patimammamia/


奈良県

<奈良市>
第62回正倉院展
  10月23日(土)〜11月11日(木) 無休
  一般1000円 大高700円 中小400円
  オータムレイト(閉館1時間半前より発売)
  一般700円 大高500円 中小200円
  奈良国立博物館(登大路町50)
  http://www.narahaku.go.jp/


奈良の若き工芸家展
  10月28日(木)〜11月8日(月)
  五風舎(水門町45)
  http://gofusya.com


興福寺創建一三〇〇年 国宝特別公開二〇一〇 
  五重塔初層・東金堂後堂
  10月9日(土)〜11月23日(火) 無休
  ※大雨などの場合は公開を中止することがあります。
  一般1000円 高中700円 小学生300円
  ※国宝館の入場には別途料金が必要。特別公開の拝観券を提示
  すれば国宝館は団体料金で入場できます。
  法相宗大本山 興福寺(登大路町48)
  http://www.kohfukuji.com/


平城遷都1300年祭特別展 花鳥画−中国・韓国と日本−
  9月28日(火)〜11月14日(日) 
  10/4(月)・10/12(火)・10/18(月)・10/25(月)休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般1300円 大高900円 中小500円
  奈良県立美術館(登大路町10)
  http://www.mahoroba.ne.jp/~museum/index.html


入江泰吉傑作選−大和路−後期
  9月4日(土)〜11月14日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般500円 大高200円 中小100円
  入江泰吉記念奈良市写真美術館(高畑町600)
  http://www1.kcn.ne.jp/~naracmp/


飛鳥から奈良へ〜国際彫刻展2010〜
  10月26日(火)〜11月7日(日) 
  11/1(月)・11/4(木)休
  大人100円 子供50円(庭園の入園料)
  大乗院庭園文化館(高畑町1083)
  ※ならまち工房2、サードギャラリーでも同時開催。
  http://narasculpture.web.fc2.com/


「うと。うと展〜伝言〜」野村修司
  11月5日(金)〜15日(月) 火水休
  よつばカフェ(紀寺町954)
  http://www.h7.dion.ne.jp/~yotsuba/yotuba.html


山本田鶴子展
  11月2日(火)〜7日(日) 無休
  ギャラリー勇斎(西寺林町22)
  http://www.g-yusai.jp/exhibition/


平城遷都1300年記念 吉祥天女のすべて 大宝蔵殿特別公開
  10月5日(火)〜12月12日(日) 無休
  拝観料500円(別途、薬師寺拝観料が必要)
  薬師寺(西ノ京町457)
  http://www.nara-yakushiji.com/


鳥羽美花展 型染めで紡ぐ悠久の都−奈良・ハノイ
  10月5日(火)〜11月10日(水) 無休
  大人800円 高中700円 小学生300円(拝観料)
  薬師寺 大講堂・東院堂・聚寶館(西ノ京町457)
  http://toba-mika.net/topics.html
  http://www.nara-yakushiji.com/


n100 秋冬展
  10月29日(金)〜11月5日(金) 火休
  秋篠の森 ギャラリー月草(中山町1534)
  http://www.kuruminoki.co.jp/


開館50周年記念名品展1 大和文華館の日本絵画
  前期:10月2日(土)〜11月14日(日) 月休
  後期11月16日(火)〜12月26日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般600円 大高400円
  大和文華館(学園南1)
  http://www.kintetsu.jp/yamato/index.html


華岳名品展−列仙傳を中心に−
近代の洋画
  前期:9月10日(金)〜10月11日(月) 月休
  後期:10月15日(金)〜11月14日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般600円 大高・シニア500円 中小250円
  中野美術館(あやめ池南9)
  http://www.nakano-museum.ecweb.jp/


万葉に遊ぶ〜上村松篁の描いた万葉世界を中心に〜
  10月5日(火)〜12月12日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  大人1000円 中小500円
  松伯美術館(登美ケ丘2)
  http://www.kintetsu.jp/shohaku/index.html


<生駒市>
池田千恵子展
  10月31日(日)〜11月13日(土) 月休
  ギャラリー&カフェERI+Y(西松ケ丘10)
  http://www5.kcn.ne.jp/~e-r-i/


<大和郡山市>
あたりまえのこと 額田部2 「目方」 
  10月15日(金)〜11月14日(日) 月火休
  喜多ギャラリー(額田部南町413)


<斑鳩町>
伊藤祐之−空(うつ)−展
  11月2日(火)〜14日(日) 月休
  法隆寺画廊(法隆寺1-9-33)
  http://horyujigaro.blog10.fc2.com/


<天理市>
よみがえるヤマトの王墓−東大寺山古墳と謎の鉄刀−
  9月22日(水)〜11月23日(火) 火休
  大人400円 中小200円
  ※11/20(土)〜11/23(火)は無料観覧日。
  天理大学附属天理参考館(守目堂町250)
  http://www.sankokan.jp/


<橿原市>
平城遷都1300年記念秋季特別展 奈良時代の匠たち 
  大寺建立の考古学
  10月2日(土)〜11月21日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  大人800円 大高450円 中小300円
  奈良県立橿原考古学研究所附属博物館(畝傍町50)
  http://www.kashikoken.jp/museum/


<桜井市>
ピカソと駒井哲郎 版画展
  11月5日(金)〜12月15日(水) 月木休
  ※月木が祝日の場合開館。
  大人1000円 中小400円
  喜多美術館(金屋730)
  http://www13.plala.or.jp/kita-museum/


<明日香村>
中路融人展
  10月30日(土)〜12月24日(金) 水休
  ※水が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般600円 大高500円 中小300円
  奈良県立万葉文化館(飛鳥10)
  http://www.manyo.jp


和歌山県

<和歌山市>
コレクション展 2010−秋冬
保田春彦展 近作デッサンを中心に
  10月23日(土)〜1月30日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  ※12/29(水)〜1/3(月)休館。
  一般340円 大学生230円
第64回 和歌山県美術展覧会
  11月2日(火)〜14日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  ※本展の後、以下の会場でも開催。上富田文化会館
  (11/17〜21)、和歌山県立橋本体育館(12/1〜5)、
  新宮地域職業訓練センター(12/8〜12)。
  和歌山県立近代美術館(吹上1)
  http://www.bijyutu.wakayama-c.ed.jp/


京都・安楽寿院と紀州・あらかわ
  9月18日(土)〜11月7日(日) 月休 
  ※9/20(月)・10/11(月)開館、9/21(火)・10/12(火)休館。
  一般800円 大学生500円
  和歌山県立博物館(吹上1)
  http://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp


紀州徳川家のお姫さま
  10月23日(土)〜11月23日(火) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般500円 大高300円 中小100円
  和歌山市立博物館(湊本町3)
  http://www.wakayama-city-museum.com/framepage15.html
  

<田辺市>
潮隆雄タピスリー近作展
  9月25日(土)〜11月7日(日) 月休 
  ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般210円 大高150円 中小100円
  田辺市立美術館(たきない町24)
  http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/index.html


渡瀬凌雲展−南画家の展覧会
  前期:10月9日(土)〜11月28日(日) 月休
  後期:12月11日(土)〜1月23日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般210円 大高150円 中小100円
  熊野古道なかへち美術館(中辺路町近露892)
  http://www.city.tanabe.lg.jp/nakahechibijutsukan/index.html


三重県

<伊賀市>
赤木明登 [漆棒]展
  11月6日(土)〜28日(日) 火休
  ※11/23(火)開廊、11/24(水)閉廊
  ギャラリーやまほん(丸柱1650)
  http://web.mac.com/yamahon1

==============================
<PR>
当ブログはターナー色彩株式会社のサポートで運営されています。
http://www.turner.co.jp/



artkobujime at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展覧会スケジュール 

<展覧会スケジュール>兵庫 11/1〜7

来週スタートする展覧会のうち、私のおすすめは以下です。

オットー・ディックス展 伊丹市立美術館(伊丹市)
マツモトヨーコ展 大丸神戸店7Fアートギャラリー(神戸市・中央区)
林勇気展 ギャラリーヤマキファインアート(神戸市・中央区)
須田一政展 TANTO TEMPO(神戸市・中央区)
モルテザ・アリアナ、本田かな展 ギャラリーPAXREX(神戸市・中央区)

「オットー・ディックス展」は日本では20年ぶりの大規模な個展です。
第一次大戦の従軍体験や、戦後の退廃的な都市の風俗を描いた
グロテスクな作品は、一度見たらトラウマのように記憶に焼き付けられます。

マツモトヨーコさんは絵画、林勇気さんは映像、須田一政さん、モルテザ・
アリアナさん、本田かなさんは写真です。林さんはこれまで京都で発表してきましたが、神戸に初登場します。兵庫のアートファンはこの機会を
お見逃しなく。

上記のうち、林勇気さん、須田一政さん、本田かなさんは過去記事が
あります。
林さん
http://www.recommend.ecnet.jp/20081126hayashi.html
http://www.recommend.ecnet.jp/20081019hayashi.html
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/search?q=%C5%B8%CD%F7%B2%F1%BE%EC%A4%CE%CD%CD%BB%D2%A1%A1%CE%D3%CD%A6%B5%A4
須田さん
http://www.recommend.ecnet.jp/20070227suda.html
本田さん
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/search?q=%C5%B8%CD%F7%B2%F1%BE%EC%A4%CE%CD%CD%BB%D2%A1%A1%CB%DC%C5%C4%A4%AB%A4%CA
http://www.recommend.ecnet.jp/20080423honda.html


※注意
情報が誤っていたり、変更されている場合があります。
お出かけになる前に改めて各自でご確認をお願いします。


<尼崎市>
北摂の作家展
尼崎市教育委員会 歴史資料展
  10月9日(土)〜11月14日(日) 月祝休
  尼信博物館(東桜木町3番地)
  http://www.amashin.co.jp/kaikan/index.html


<伊丹市>
オットー・ディックスの版画 戦争と狂乱−1920年代のドイツ
  11月3日(水)〜12月19日(日) 月休 
  ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般500円 大高250円 中小100円
  ※11/3(水)無料観覧日。
  伊丹市立美術館(宮ノ前2)
  http://www.artmuseum-itami.jp


鬼貫のすべて展
  11月3日(水)〜12月19日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般700円 大高450円 中小350円
  柿衞文庫(宮ノ前2)
  http://www.kakimori.jp


近藤高弘 セルフ・ポートレート 工芸のゆくえ
  10月15日(金)〜11月7日(日) 月休
  ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  伊丹市立工芸センター(宮ノ前2)
  http://mac-itami.com


<川西市>
横山嘉祥 書展
  11月1日(月)〜6日(土)
  画廊シャノワール(小花1)
  http://www.geocities.jp/ntenugui/


<西宮市>
知其 写真展
  10月24日(日)〜11月6日(土) 金・第3木休
写真展『KA*KE*RA〜愛しいものたち〜』
  11月7日(日)〜21日(日) 金・第3木休
  FRAME*(上大市1)
  http://frame.lomo.jp/


関西学院の絵画1 誰もやらないことをやれ!
  −現代に受け継がれる吉原治良の精神−
  10月5日(火)〜12月18日(土) 日祝休
  ※10/10(日)・10/11(月)・11/3(水)開館。
  無料
  関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス 時計台2階展示室
  (上ヶ原一番町1)
  http://www.kwansei.ac.jp/pr/event/2010/event_20101005_002083.html


伊東家のオヤバカ展・オヤバカ写真館
  10月24日(日)〜11月3日(水) 水・第1〜第3木休
  ウーバレゴーデン(洋海町4)
  http://www.ugi.jp/


アフリカの仮面と美術:生命と創造の大地
  10月9日(土)〜11月28日(日) 水休 
  ※11/3(水)開館、11/4(木)休館。
  一般800円 大高600円 中小400円
  ※11/3(水)無料観覧日。 
  西宮市大谷記念美術館(中浜町4)
  http://www9.ocn.ne.jp/~otanimus/


深田ちひろ個展「秋の色 森のなか」
  10月14日(木)〜11月6日(土)の木金土
  soramimibunco(堀切町7)
  http://soramimibunco.ciao.jp/


中村光幸個展
  10月28日(木)〜11月7日(日) 水休
  R&Pギャラリー(羽衣町7)
  http://www.mrmorrow.info


第三回 東西交流現代版画展
  11月2日(火)〜7日(日) 無休
  ギャラリーSHIMA(大井手町7)
  http://www.k2gshima.com


もりわきりえ個展「ひとりですもうをとるように」
  10月26日(火)〜11月7日(日) 月休
  ギャラリー6C(南超木岩町9)
  http://www.galerie6c.net/


西宮船坂ビエンナーレ2010 つながる−RELATIONSHIP−
  10月10日(日)〜11月14日(日) 水休
  ※11/3(水)開場。
  無料
  西宮市山口町船坂 集落内各所
  http://funasaka-art.com/


<芦屋市>
芦屋郷土史展2 会下山遺跡特集展示
  7月3日(土)〜12月5日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般300円 大高200円 
没後20年 芦屋の風土に生きた画家 天王寺谷卓三郎
芦屋市制70周年記念 芦屋モダニズムとライフスタイル
  9月18日(土)〜12月5日(日) 月休
  ※9/20(月)・10/11(月)開館、9/21(火)・10/12(火)休館。
  一般300円 大高200円
  芦屋市立美術博物館(伊勢町12)
  http://www.ashiya-web.or.jp/museum/


<神戸市・東灘区>
浅野仁美展/花の形式
  10月25日(月)〜11月20日(土) 11/13(土)閉館
  甲南大学 ギャルリー・パンセ(岡本8)
  http://www.konan-cdc.jp/pensee/index.html


岩崎ナギ展
  10月22日(金)〜11月6日(土) 水日祝休
  川田画廊(田中町1)
  http://kawata-gallery.com/


横田尚子 こだわりのニット展
  10月28日(木)〜11月2日(火) 無休
羊からの贈りもの展
  11月6日(土)〜12日(金) 水休
着・楽・服 衣展
  11月6日(土)〜28日(日) 水休
  住吉倶楽部(住吉本町1)
  www.sumiyoshiclub.com


友井隆之展「銅胞増殖」
  10月11日(月)〜11月7日(日) 無休
  STREET GALLERY(住吉本町1)
  ※通りに面したウインドーギャラリーです。
  http://www.street-gallery.net/


そらのあお 絵画展
  11月1日(月)〜30日(火)
  カフェNEUTRAL(住吉本町2)
  http://caffeneutral.web.fc2.com/home.html


古家新とゆかりの画家たち
小磯良平作品選3
  9月18日(土)〜11月23日(火) 月休
  ※9/20(月)・10/11(月)開館、9/21(火)・10/12(火)休館。
  大人800円 大高600円 中小400円
  神戸市立小磯記念美術館(向洋町中5)
  http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/koisogallery/index.html

  
ファション写真展 女神(ミューズ)たちの肖像 
  モードと女性美の軌跡
  10月21日(木)〜1月10日(月) 水休 
  ※水が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般500円 高中小・65歳以上250円
  神戸ファッション美術館(向洋町中2)
  http://www.fashionmuseum.or.jp


小出卓司展
  10月2日(土)〜1月30日(日) 水休
  ※水が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般200円 高中小・65歳以上100円
  神戸ゆかりの美術館(向洋町中2)
  http://www.city.kobe.jp/cityoffice/17/040/yukarimuseum/index.html


真名・かなの美−床飾りとともに
  9月18日(土)〜12月19日(日) 11/1(月)休
  ※前半と後半で展示替えあり。
  大人800円 大高500円
  香雪美術館(御影郡家2)
  http://www.kosetsu-museum.or.jp


シルクロードの華−唐代美術とオリエント絨毯
  9月4日(土)〜11月28日(日) 月休
  ※9/20(月)・10/11(月)開館、9/21(火)・10/12(火)休館。
  一般800円 大高500円 中小250円 
  白鶴美術館(住吉山手6)
  http://www.hakutsuru-museum.org/index.shtml


<六甲山>
六甲ミーツ・アート「芸術散歩 2010」
  9月18日(土)〜11月23日(火)
  周遊チケット:大人1800円 小人900円 
  六甲カンツリーハウス、六甲山高山植物園、
  オルゴールミュージアム ホール・オブ・ホールズ六甲、
  六甲ガーデンテラス、自然体感展望台 六甲枝垂れ、
  六甲ケーブル六甲山上駅付近
  http://www.rokkosan.com
 

<神戸市・中央区>
コレクション展2
新収蔵品から見た現代
ブラジル日系画家の系譜
美術の中のかたち−手でみる造形 
  金氏徹平展 Ghost in the Museum
  7月17日(土)〜11月7日(日) 月休
  ※9/20(月)開館、9/21(火)休館。
  一般500円 大学生400円 高校生・65歳以上250円 
ザ・コレクション・ヴィンタートゥール
  スイス発−知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂
  10月21日(木)〜12月26日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般1300円 大学生900円 高校生・65歳以上650円 
  兵庫県立美術館(脇浜海岸通1)
  http://www.artm.pref.hyogo.jp/


第9回障がい者公募作品展 ハートでアートこうべ2010
  11月4日(木)〜7日(日) 無休
  兵庫県立美術館 ギャラリー棟3Fギャラリー(脇浜海岸通1)
  http://www.hyogo-u.ac.jp/office/pro/koho/doc/bten/bten_11.html


新人展 関西大学写真部
  10月29日(金)〜11月3日(水)
  ギャラリー葉月(小野柄通7)
  http://www.mmjp.or.jp/maki-building/


川西祐三郎展〜版の軌跡〜
  10月9日(土)〜11月23日(火) 月休
  ※10/11(月)開館、10/12(火)休館。
  一般800円 大高550円 中小300円
  神戸市立博物館(京町24)
  http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html


マツモトヨーコ絵画展
  11月3日(水)〜9日(火) 無休
  大丸神戸店7Fアートギャラリー(明石町40)
  www.daimaru.co.jp


福井カオリ作品展 森からチラリ。
  11月1日(月)〜30日(火) 無休
  カフェPocket(中央区・三宮町1)
  ※カフェにつきオーダーが必要。
  http://aribon.nomaki.jp/


北原進 木漆芸展
  10月27日(水)〜11月1日(月) 無休
  Fine Art THE GALLERY 田中美術(北野1)
  http://kobetanag.sakura.ne.jp/


DOLL STUDIO ゆーむ展・大山冨美子人形教室
  11月2日(火)〜7日(日) 無休
  ギャラリー北野坂(山本通1)
  http://www7.ocn.ne.jp/~kitano/index.html


池内悦子展 ココロおくり
  10月30日(土)〜11月4日(木) 無休
三浦以佐子展
  10月30日(土)〜11月10日(水) 無休
前田隆一個展
  11月6日(土)〜11日(木) 無休
  ギャラリー島田(山本通2)
  http://www.gallery-shimada.com


Saga常設展・三人展 藤波晃・東川和正・ハヤシジュンジロウ
  10月8日(金)〜11月4日(木)
  アート〇美空間Saga(中央区・下山手通2)
  http://www.saga-beauty.com


田中喜典 陶展 神戸の土を焼きました
  10月30日(土)〜11月4日(木) 無休
田中哲朗・たなかきゅー親子展9
  11月6日(土)〜11日(木) 無休
  トアギャラリー(北長狭通3)
  http://tor-gallery.com


山本雅也展「現代社会の子供たち」
CAP EXHIBITION「リビングルーム」
  11月6日(土)〜28日(日) 月休
  CAP STUDIO Y3(山本通3)
  http://www.cap-kobe.com/studio_y3/


奥村誠・堀尾昭子・水垣尚展
  11月6日(土)〜15日(月)の土日月
  アートスペースかおる(山本通4)
  http://www.kcc.zaq.ne.jp/dffts904/


MOTOOKA U.個展
  10月31日(日)〜11月7日(日) 木休
  ギャラリーAO(山本通5 相楽園北門前)


藤本衣「木版画展」
  11月2日(火)〜14日(日) 月・第3火休
  ギャラリーコロール(北長狭通5)
  http://gallery-color.com/


由城順造展
  10月31日(日)〜11月14日(日) 水休
  ギャラリーサーカス・サーカス(花隈町9)
  http://home.9highway.ne.jp/circusx2/


窪田順−キンシ クウカン−
  11月4日(木)〜14日(日) 月休
  DELLA-PACE(北長狭通4)
  http://della-pace.seesaa.net/


アカサカヒロコ展
  11月3日(水)〜9日(火) 無休
  SHIRASA(元町通2-7-5)


林勇気展 the world and fragments of the world
  11月6日(土)〜12月4日(土) 日月休
  ギャラリーヤマキファインアート(元町通3)
  http://www.gyfa.co.jp/index.htm


第8回 姉妹展 ミチコ アーレン&白坂フミ子
  10月28日(木)〜11月2日(火) 無休
鎌章弘 ガラス展
  11月3日(水)〜9日(火) 無休
  南京町ギャラリー蝶屋(栄町通2-8-10)
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/chouya/


須田一政写真展 血と肉
  11月6日(土)〜12月5日(日) 水祝休
  TANTO TEMPO(栄町通2)
  http://tantotempo.jp/


モルテザ・アリアナ、本田かな FICTION…虚構の写真展
  10月23日(土)〜11月14日(日) 水休
  ギャラリーPAXREX(海岸通2)
  http://www.paxrex.jp/


東根康仁展 更生−終のすがたに…−
  11月6日(土)〜20日(土)の火木土 
  MARUNI(栄町通3)
  http://w01.tp1.jp/~a680071061/index.html


5人のアートな世界
  10月31日(日)〜11月6日(土) 無休
  ギャラリーVie(海岸通3)
  http://www.beeflight.com


中村小貴展−from A to A−
  10月27日(水)〜11月1日(月) 無休
花村理っ子展 第3回cosmos2010展
  11月3日(水)〜8日(月) 無休
  ギャラリー&ストア黄金舎(中央区・海岸通4)
  http://www.ohgonsha.com/


田波克己展
  11月2日(水)〜8日(月)
  トアロード画廊(元町通6)
  http://homepage.mac.com/doi.m/torroad-gallery/index.html


LOVE 2コマキング
  11月1日(月)〜27日(土) 日休
  フルーツカフェ Saita! Saita!(相生町1)
  http://www.saitasaita.com


<神戸市・兵庫区>
ヒトリズム「扉〜5knock〜]
  11月1日(月)〜7日(日) 火休 
  神戸アートビレッジセンター(新開地5)
  http://kavc.or.jp


<明石市>
パレットと絵画の展覧会
  10月9日(土)〜11月7日(日) 無休
  大人1000円 大高700円 中小500円  
  明石市立文化博物館(上ノ丸2)
  http://www.akashibunpaku.com/


<播磨町>
茶すり山古墳−巨大円墳に眠る但馬の王−
  10月2日(土)〜11月28日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  一般500円 大学生400円 高校生250円
  兵庫県立考古博物館(大中500)
  http://www.hyogo-koukohaku.jp/


<姫路市>
フィギュアの系譜−土偶から海洋堂まで−
  10月9日(土)〜12月5日(日) 月休 
  ※10/11(月)開館、10/12(火)休館。
  一般1000円 大学生700円 高校生500円
  兵庫県立歴史博物館(本町68)
  http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/


アジアの布を纏う「アジアの国々の美しい布と衣装展」
  10月26日(火)〜11月1日(月)
  イーグレひめじB1 姫路市民ギャラリー(本町68)
  http://www1.winknet.ne.jp/~egret-himeji/


四宮龍個展
  11月6日(土)〜21日(日) 水休
  ルネッサンス・スクエア(三左衛門堀西の町205)
  http://www.ph-hyogo.com/gallery/index.html


中務成子の世界
  11月5日(金)〜10日(水)
  ぎゃらりーとーく(平野町58)
  http://g-talk.jp/


<西脇市>
第8回 全国公募西脇市サムホール大賞展
  10月10日(日)〜11月7日(日) 月・祝日の翌日休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。 
  無料
  西脇市岡之山美術館(上比延町345)
  http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/


<篠山市>
パリに咲いた古伊万里の華
  10月16日(土)〜1月10日(月) 月休
  ※12/31(金)・1/1(土)休館。1/3(月)・1/10(月)開館、
  1/4(火)休館。
  一般1000円 大学生800円 高校生500円
モースが見た「兵庫のやきもの」
  10月30日(土)〜3月21日(月) 月休 
  ※12/31(金)・1/1(土)休館。1/3(月)・1/10(月)開館、
  1/4(火)休館。
  一般200円 大高150円 中小100円
  ※特別展開催中は特別展料金に含まれる。
  兵庫陶芸美術館(今田町上立杭4)
  http://www.mcart.jp


<丹波市>
矢代亜紀アートの世界展
  10月9日(土)〜11月28日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  大人600円 大高400円 中小200円
  丹波市立植野記念美術館(氷上町西中615)
  http://edu.city.tamba.hyogo.jp/ueno/


<朝来市>
徳持耕一郎 鉄筋彫刻展
  10月16日(土)〜11月3日(水) 水・祝日の翌日休
  ※11/3(水)開館。
  大人500円 大高300円 中小200円
あさご芸術の森大賞展優秀作品展
  10月23日(土)〜11月23日(火) 水・祝日の翌日休
  ※11/3(水)開館、11/4(木)休館。
  大人500円 大高300円 中小200円
アートホール神戸写真展 子供の世界、「愛」
  11月6日(土)〜14日(日) 水・祝日の翌日休
  ※水が祝日の場合開館、翌日休館。
  大人500円 大高300円 中小200円
  あさご芸術の森美術館(多々良木739)
  http://www.city.asago.hyogo.jp/asagomuseum/


<豊岡市>
ドゥシャン・カーライの超絶絵本とブラチスラヴァの作家たち
  10月31日(日)〜1月23日(日)
  大人350円 高校生・65歳以上180円
  兵庫県立円山川公苑美術館(小島1163)
  http://maruyamagawa.com/museum.html

==============================
<PR>
当ブログはターナー色彩株式会社のサポートで運営されています。
http://www.turner.co.jp/



artkobujime at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展覧会スケジュール 

2010年10月30日

<展覧会場の様子>見っけ!このはな2010

大阪市此花区の阪神千鳥橋駅近辺で行われているアートイベント
「見っけ!このはな2010」に出かけて来ました。

このイベントは、同地区の画廊、共同スタジオ、空き家、空き地など
14ヵ所を会場に、展覧会やパフォーマンス、ワークショップ、演劇、
演奏会、落語、講談、カフェ、スープ試飲会など、様々な催しを行う
ものです。会期は今日と明日の2日間です。新世界で行われている
「ブレーカー・プロジェクト」の此花区版と考えれば、当たらずといえども
遠からずという感じです。

画像メインで、その様子をお伝えします。

RIMG20706
ギャラリーの「梅香堂」です。實松亮さんと安部貴住さんの個展が
行われています。展示の様子は以下(10/22の当ブログ)でご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/2010-10.html?p=4#20101022

RIMG20716RIMG20709

RIMG20714RIMG20718
「宮本マンション」です。2階と3階に梅原彩香さんともう一人の作家さんが住んでいて、2階の廊下と階段で梅原さんと堀内航さん(この方は住人
ではない)が展覧会を行っています。1階のガレージ跡(工場跡?)では
KOSUGE1-16の等身大紙相撲が見られます。
※梅原彩香さんから文章の内容に間違いがある旨ご指摘を受けたので、
一部を訂正しました。(11/3)

RIMG20726RIMG20719

RIMG20720RIMG20721

RIMG20731RIMG20730
共同スタジオの「此花メヂア」です。元工場で、内部は迷路のように
複雑です。ゲストとメンバー合わせて10組が展示を行っています。

RIMG20733RIMG20739
(左)「モトイザカヤ」です。その名の通り元居酒屋で、2階の窓から大きな
マンモスのオブジェが顔を出しています。1階でも小品が見られます。
(作家名を確認し忘れました。すいません) 
(右)「政岡土地(四貫島ビル102)」です。ここではスープの試飲会が
行われています。また、私が出かけた時は戦前のアニメ映画の上映会も
行われていました。明日は三味線ライブ、落語会、講談会が行われます。

RIMG20738

RIMG20734RIMG20736
「マンション第一白鳥」の1階の2室で、紺野将敬+スヌーピーと、
西岡秀樹さんが展示を行っています。紺野〜は地元福島県と東京と
大阪の西九条で採集した音の作品、西岡さんは味のあるペン画です。

と、こんな調子で全会場を紹介するつもりでしたが、ここでタイムアウト。
なんと、ほとんどの会場が午後4時で終了なのです。出かける前に
チラシをきちんと読まなかった私のミスです。ああ、大失敗……。

でも、ここまででも大体の雰囲気は伝わったのではないでしょうか。
私の感想を言うと、作品のクオリティは玉石混交という感じで、
作品メインで出かけると満足できない可能性もあります。
むしろ、千鳥橋界隈のザ・下町な風情を味わうつもりで出かる方が
楽しめるのではないでしょうか。

どうやら台風も遠ざかったようですし、明日の予定が空いている方は
お出かけ候補にご検討ください。

「見っけ!このはな2010」公式サイト
http://mikke09.exblog.jp/

==============================
<PR>
当ブログはターナー色彩株式会社のサポートで運営されています。
http://www.turner.co.jp/



artkobujime at 23:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 展覧会場の様子 

<イベント>徹底討論、静聴せよ! 成長せよ!

美術家の森村泰昌さんから、明日開催されるイベントのお知らせが
届きました。以下に転載します。

==============================

皆様へ

台風が来ておりますが、皆様のほうは大丈夫でしょうか。
さてそんな台風のさなか、添付のような催しを行います。
京都市立芸術大学の大学祭2日目(10月31日/明日です)、
大学食堂にての約5時間におよぶ大討論会(?)です。
また、この催しは、実験的に「実況中継」してみたいと思っています。
なにぶん機材の関係で、画質温音質については不安がいっぱいですが、
午後1時〜6時(延長あり)まで下記アドレスにてチェックできます。
もしよろしければお気軽にのぞいてみてください。

>>討論会のライブ配信のアドレスです。
http://www.ustream.tv/channel/%E5%BE%B9%E5%BA%95%E8%A8%8E%E8%AB%96-%E9%9D%99%E8%81%B4%E3%81%9B%E3%82%88-%E6%88%90%E9%95%B7%E3%81%9B%E3%82%88

なお討論会プログラムは以下を予定しています。

徹底討論、静聴せよ! 成長せよ!
10月31日(日) 午後1時〜6時(予定) 
参加無料/途中出入り、飲食OK
場所:京都市立芸術大学の学生食堂にて
第一部 大学先生との討論 石原友明 金氏徹平氏参加予定
第二部 学生との討論 学生有志
第三部 ゲストとの討論および学生作品講評会 
ゲスト/現代美術二等兵
*随時学生パフォーマンスなどあり。

以上とりいそぎのお知らせといたします。
どんなものになるかまったくわかりませんが、大学にて、あるいは
サイトにて参加していただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申しあげます。

森村泰昌
http://www.morimura-ya.com/

==============================
<PR>
当ブログはターナー色彩株式会社のサポートで運営されています。
http://www.turner.co.jp/



artkobujime at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント 

<イベント>LESSON 10「ファッション1913−ポワレvsシャネル」

写真家の大西正一さんからレクチャーのお知らせが届きました。
以下に転載します。

==============================

こんばんは。大西です。
僕が代表を務めている勉強会LESSONの第10回目を11月13日(土)に
開催します。今回のテーマはファッション。ポール・ポワレとココ・シャネル
の思想と活動から、ファッションの1913年を見つめていきます。ご興味が
ございましたらぜひ!

LESSON 10「ファッション1913−ポワレvsシャネル」
ゲスト・スピーカ/成実弘至
2010年11月13日(土) 14:00〜19:00

会場:
workroom*A (大阪市中央区備後町3?1?2 アトラスビル3階)
http://www.workroom.co.jp/index.html
参加人数:12名+企画室メンバー11名
参加費:5000円(白と黒の軽食と喫茶付き)
※参加費は、当日、会場窓口にてお支払い下さい
※LESSONは、完全予約制となります。下記のアドレスから、サイト内の
予約フォームにてご予約ください。
http://www.lessons-in-progress.org/

ファッション1913−ポワレvsシャネル
第一部「ポワレ、アメリカに行く」
第二部「切断する女、シャネル」
第三部「アートか、デザインか?」

1913年、パリ・モード界に「スルタン」として君臨していたデザイナー、
ポール・ポワレは、はじめて視察に出かけたアメリカで思わずわが目を
疑った。かの地の百貨店には自分がデザインしたドレスのおびただしい
コピー商品が並んでいるではないか! この光景を見て彼は堅く決意
する。大量消費国家アメリカの毒牙からパリ・オートクチュールの光輝を
守らねばならない、と。帰国したポワレはさっそくブランドの著作権を
保護する運動を組織していく。

しかし、彼はそのとき別の場所で新たなる火の手があがっていたことに
気づいていなかった。手強いライバルがリゾート地ドーヴィルに新店を
開き、来るべきファッション革命を着々と準備していたのである。その名
はガブリエル・ココ・シャネル…。

1910年代、ハイファッションの世界では、ポワレが服飾と芸術を結び
つけようと果敢に挑戦していた時期だった。その関心は絵画、舞台、
出版、インテリア、料理など広範囲におよび、はては美術学校を創立
するまでにいたっている。しかし、この時期にようやくデビューした
シャネルにとって、ファッションは芸術などではなかった。のちに発表した
シンプルな黒いドレスにおいて、彼女はあらゆる装飾を切り捨てるだろう。

彼らの考え方はコピーにたいする立場でも対称的であった。反発する
ポワレに対して、シャネルは複製を認め、コピーされることをむしろ
誇りとさえ考えたのだ。

卓越したビジョンをもって芸術運動を目指したポワレと装飾を排除した
モダンガール、シャネル。二人の対立はなにを意味していたのだろうか。
両者の作品には20世紀の芸術デザインが直面していた状況が鮮明に
映しだされていた。オリジナル/コピーという主題もその一つである。

アウラのある高級注文服か、そのまがい物でしかない既製服か。
そもそもファッションが向かうべきは芸術なのか、商業なのか。
本レクチャーではポワレとシャネル、二人の生涯と活動を振り返る
ことで、ファッションと芸術が交差する20世紀初頭の風景を再現して
みる。それを通して、身体を装飾することとそれを否定すること、
相反する服飾美学にどのような時代精神を読みとることができるのかを
考えてみたい。

成実弘至 Hiroshi Narumi
1964年生まれ。大阪大学大学院、ロンドン大学大学院(ゴールドスミス
校)を修了。雑誌・書籍編集者を経て、現在、京都造形芸術大学教員。
ファッション、デザイン、サブカルチャーなどを研究する。主な著書に
『20世紀ファッションの文化史』(河出書房新社)、編著書に『コスプレ
する社会』(せりか書房)、『モードと身体』(角川書店)、『問いかける
ファッション』(せりか書房)他、訳書に『ファッションの文化社会学』
(せりか書房)がある。

LESSONとは
「20世紀芸術をあらためて学びたい」、「もっと深く学びたい」という
想いを持ったものたちが集まり、2006年にLESSON企画室を結成。
その後、丸一日のレクチャー・シリーズ「LESSON」を2007年5月より
開始。本年のテーマは昨年に引き続き「1913年」。さまざまな領域から
ゲスト・スピーカーを招き、点在している出来事の細部に焦点を当て、
その風景を詳細に学ぶ長時間のレクチャーです。

現在までのレクチャーは、
「スティーグリッツから見たニューヨークの1913年」/佐藤博一
「映画史の中の1913年」/青山勝
「彫刻史のなかの1913年」/金井直
「音楽史の1913年−20世紀音楽の始まり?」/藤本由紀夫
「コミック1913−空間から時間への欲望?」/細馬宏通
「日本洋画史における一九一三年−ヘタうまの源流としての
反官フォーヴ?」/中ザワヒデキ
「パリ・ダダの前駆的徴候−自殺三人組−」/鈴木創士
「マルセル・デュシャン、26歳−美術作品でない作品を作ることが
できるだろうか−」/平芳幸浩
「 藤田嗣治、26歳−遅れてきた「パリの美術学生」 」/林洋子
>>詳しくは、LESSON−Lessons in progress−HPにて。
http://www.lessons-in-progress.org/
 
1913年について(第一次世界大戦がはじまるその前年)
アポリネールが『キュビスムの画家たち』を書き、ボッチョーニが未来派
彫刻《空間における連続性の唯一の運動》をパリで発表したのが1913
年のこと。同じ頃、新しい芸術表現であった映画は、産業としての成長と
同時に急速に長編化し、複雑な物語を語り始める。
ルッソロの《イントナルモーリ》が生み出され、ストラビンスキー作曲、
ニジンスキー振付けのバレエ「春の祭典」が公演されるのも1913年。
カンディンスキーの自伝的著作『回想』など、4篇のテキストと1901年〜
13年の作品カタログによる『カンディンスキー・アルバム:1901〜1913』
が刊行されるのも1913年。デュシャンにとっても記念的な年であった。
同年に集中して出現する大きなイベントと、その後の芸術の船出の関係
を、1913年から考えずにはいられない。

>>年表「1913年の出来事」
http://www.lessons-in-progress.org/site/chronological/index.html

LESSON企画室 
http://www.lessons-in-progress.org/
広報・ハガミチコ 代表・大西正一
お問い合わせは info@lessons-in-progress.org までお願いします。

==============================
<PR>
当ブログはターナー色彩株式会社のサポートで運営されています。
http://www.turner.co.jp/



artkobujime at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント 

<展覧会スケジュール>京都 11/1〜7 その2

※「その1」からの続きです。

※注意
情報が誤っていたり、変更されている場合があります。
お出かけになる前に改めて各自でご確認をお願いします。


<地下鉄烏丸御池駅>
ぜんぶ!やなせたかし!
  〜ビルの王様・詩とメルヘン・アンパンマンetc.〜
  10月2日(土)〜12月26日(日) 水休
  ※11/3(水)開館、11/4(木)休館。
  大人1000円 高中500円 小学生200円
杉村篤−マンガからイラストレーションへ
  10月23日(土)〜12月12日(日) 水休
  ※11/3(水)開館、11/4(木)休館。
  大人500円 高中300円 小学生100円
マンガ・ミーツ・ルーヴル−美術館に迷い込んだ5人の作家たち
  11月5日(金)〜12月3日(金) 水休
  ※水が祝日の場合開館、翌日休館。
  大人500円 高中300円 小学生100円
  京都国際マンガミュージアム(中京区・烏丸通御池上ル西側)
  http://www.kyotomm.jp


甲田千晴展 空廻蟲(ソラメグリウゴメクモノ)
  11月2日(火)〜14日(日) 月休
  京都万華鏡ミュージアム姉小路館アートギャラリー
  (中京区・姉小路東洞院東入ル)
  http://k-kaleido.org/


ナポリ・宮廷と美−カポディモンテ美術館展
  10月9日(土)〜12月5日(日) 月休
  ※10/11(月)開館、10/12(火)休館。
  一般1300円 大高900円 中小600円
  京都文化博物館(中京区・三条高倉)
  www.bunpaku.or.jp


井上文太 INOUE BUNTA'S ARCHIVES−Four Rooms−
  10月20日(水)〜12月5日(日) 月休
  ※会期を4期に分け、会期中に展示替えあり。
  arton art gallery(中京区・三条高倉、京都文化博物館別館)
  http://www.arton-kyoto.com


アクラル・シャンタル 陶展
  11月2日(火)〜7日(日) 無休
  堺町画廊(中京区・堺町御池下ル) 
  http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/


益村千鶴展「Tenderness」
  10月26日(火)〜11月14日(日) 月休
  neutron-kyoto(中京区・三条通烏丸西入ル文椿ビル2F)
  http://www.neutron-kyoto.com


八木明 酒器展2
  11月6日(土)〜23日(火) 水休
  SHINA(中京区・室町通三条下ル)
  http://www.shinanet.jp/


<四条烏丸>
第3回 期待の新鋭作家展 Part1 型染5人展「現るかたち」 
  梅崎由起子・小川久美子・北里美絵子・曽根亮子・玉井佐知
  11月2日(火)〜23日(火) 月休 
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  大人300円 学生200円
  染・清流館(中京区・室町通錦小路上ル)
  http://someseiryu.net/index.html


新incubation2「Stelarc×contact Gonzo
  −BODY OVERDRIVE」展
  10月30日(土)〜11月28日(日) 無休
  京都芸術センター(中京区・室町蛸薬師下ル)
  http://www.kac.or.jp


稲垣稔次郎・下村良之助・俵谷宗達etc… 美雲版画社 版画展
  9月30日(木)〜11月2日(火) 水休
  うめぞのカフェギャラリー(中京区・蛸薬師通新町西入ル)
  http://www.umezono-kyoto.com


三嶽伊紗展 リスンの「庭」−「キリ」「コエダ」
  10月5日(火)〜11月8日(月) 無休
  リスン京都(下京区・四条通烏丸下ル COCON烏丸1F)
  http://www2.lisn.co.jp/


京都新世代いけばな展2010
  前期:10月28日(木)〜30日(土)
  後期:10月31日(日)〜11月2日(火)
  500円(大学生以下無料)
  大丸ミュージアムKYOTO(下京区・四条高倉西入ル)
  http://www.daimaru.co.jp/kyoto/


<四条中新道>
家の僕が一人で 武田英治×小野光治
  11月6日(土)〜12月19日(日)の土日
  ギャラリーインカーブ京都
  (中京区・四条七本松下ル仏光寺通東入ル)
  http://g-incurve.jp


<千本通今出川>
田村勝彦展 白い道−伊勢本街道−
  10月30日(土)〜11月7日(日) 無休
  SELF-SOアートギャラリー(上京区・六軒町通今出川上ル)
  http://www.selfsoart.jp/


<堀川通寺之内>
東京国立博物館所蔵 広田不狐斎コレクション 茶の湯名品展
  10月9日(土)〜11月28日(日) 月休
  一般800円 大学生500円 高中300円
  茶道資料館(上京区・堀川寺之内上ル)
  http://www.urasenke.or.jp/


<堀川通中立売>
十五代吉佐衞門還暦記念1 襲名から個展「天問」まで
  9月12日(日)〜12月12日(日) 月休 
  ※月が祝日の場合開館。
  大人900円 大学生700円 高校生300円
  樂美術館(上京区・油小路中立売上ル)
  http://www.raku-yaki.or.jp/museum/index.html


<堀川通丸太町>
モーネ寺子屋「文化祭」
  11月3日(火)〜7日(日) 無休
  ギャラリー モーネンコンビス(上京区・堀川丸太町下ル)
  http://www.maane-moon.com/


<堀川通二条>
観〇光 EXPO2010 日本の美とこころ〜過去・現在・未来〜
  10月28日(木)〜11月7日(日)
  二条城(中京区・二条通堀川西入ル)
  ※展覧会は無料。ただし拝観料が必要。
  ※清水寺、泉涌寺、圓通寺でも同時開催。
  http://p.tl/o9y0


<堀川通御池>
FLATLAND−絵画の力−
  10月5日(火)〜11月7日(日) 月休
  京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(中京区・堀川御池北東角)
  http://www.kcua.ac.jp/


<堀川通三条>
主張てん
  11月2日(火)〜14日(日) 月休
  ギャラリーアーティスロング(中京区・堀川三条西入ル)
  http://artislong.info


<JR二条駅>
木工芸 もりち 京都指物展示会
  11月3日(水)〜7日(日) 無休
  喫茶 雨林舎(中京区・西ノ京小倉町22)
  http://www.geocities.jp/urinsya/


<堀川通五条>
かりだてたかを/こ復興手芸展−a.k.a 白玉観音
  11月3日(水)〜7日(日) 無休
  ギャラリーアンテナ(下京区・堀川五条東入ル)
  http://www.antenna-re.info


IKIRU 松永恵子展
  11月3日(水)〜28日(日) 無休
  京都東急ホテル ギャラリーKAZAHANA(下京区・堀川五条下ル)
  www.tokyuhotels.co.jp


<西洞院通六条>
リサ・ラピンスキー展
  11月6日(土)〜12月11日(土) 日月祝休
  タカ・イシイギャラリー京都(下京区・西洞院六条下ル)
  http://www.takaishiigallery.com/


<東山七条>
高僧と袈裟
  10月9日(土)〜11月23日(火) 月休
  ※10/11(月)・11/22(月)開館、10/12(火)休館。
  一般1200円 大工800円 中小400円
  京都国立博物館(東山区・茶屋町527)
  http://www.kyohaku.go.jp/


<泉涌寺道>
観〇光 EXPO2010 日本の美とこころ〜過去・現在・未来〜
  10月28日(木)〜11月7日(日)
  泉涌寺(東山区・泉涌寺山内町27)
  ※展覧会は無料。ただし拝観料が必要。
  ※清水寺、二条城、圓通寺でも同時開催。
  http://p.tl/o9y0


<JR京都駅>
ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界
  10月22日(金)〜11月23日(火) 無休
  一般900円 大高700円 中小500円
  美術館「えき」KYOTO(下京区・JR京都伊勢丹内)
  http://www.wjr-isetan.co.jp/Kyoto/


唐仁原希個展
現代美術二等兵 駄美術展「嗚呼!改造彫刻ヴィーナス」
  10月14日(木)〜11月3日(水) 月休
  MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w
  (南区・東九条西岩本町)
  www.voicegallery.org


<地下鉄十条>
田中秀和展
Kodama Gallery Project 25 阿波野由起夫展
  10月9日(土)〜11月13日(土) 日月祝休
  児玉画廊(南区・河原町十条)
  http://www.kodamagallery.com/


<嵐山>
絵は詩のごとく、詩は絵のごとく マリアンヌ・クルーゾの世界
  10月10日(日)〜11月6日(土) 日休
  ※10/10(日)開館。
  京都嵯峨芸術大学附属博物館(右京区・嵯峨五島町1)
  http://www.kyoto-saga.ac.jp


<西京区>
LOCA 2010 
  京都市立芸術大学油画院生20名による廊下での展覧会
  10月30日(土)〜11月1日(月) 
  京都市立芸術大学 大学ギャラリー(西京区・大枝沓掛町13)
  http://www.kcua.ac.jp


<大山崎町>
民藝誕生
  10月1日(金)〜12月12日(日) 月休
  ※月が祝日の場合開館、翌日休館。
  ※11月は無休。
  一般700円 大高500円 障害者手帳をお持ちの方300円
  アサヒビール大山崎山荘美術館(銭原5)
  http://www.asahibeer-oyamazaki.com


<精華町> 
四つの眩暈 split of the subject……現代美術制作の地平
  11月1日(月)〜14日(日) 無休
  一般200円 中小100円(入園料)
  ※11/3(水)は無料。
  けいはんな記念公園 ギャラリー月の庭(精華台6)
  http://www.keihanna-park.jp/


<木津川市>
木津川アート2010「流れ その先に」
  11月3日(水)〜14日(日)
  木津川市の木津本町エリア・鹿背山エリア、上狛エリア
  http://www.kizugawa-art.com
  http://kizugawa-art.jugem.jp/


<南丹市>
小黒三郎 組木のおもちゃ展
  10月5日(火)〜11月30日(火) 月休 
  ※月曜が祝日の場合開館、翌日休館。
  大人(中学生以上)500円
  美山かやぶき美術館・郷土資料館(美山町島朴ノ木21)
  http://www.miyama-kayabuki.org/


<綾部市>
木と紙と古いもの展
  11月3日(水)〜7日(日)
  綾部市交流プラザ(とよさか町4)
  http://kitokamitofuruimonoten.blogspot.com/
  http://www.hatanowataru.org/%E6%9C%A8%E3%81%A8%E7%B4%99%E3%81%A8%E5%8F%A4%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE/

==============================
<PR>
当ブログはターナー色彩株式会社のサポートで運営されています。
http://www.turner.co.jp/



artkobujime at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展覧会スケジュール