インタビュー

2010年04月25日

<インタビュー>上田順平さん

一昨年に岡本太郎現代芸術賞の「岡本敏子賞」を受賞。装飾過剰な
陶オブジェが現代日本のハイブリッドな文化を体現しているとして、
高い評価を獲得した上田順平(うえだ じゅんぺい)さん。
そんな上田さんが、今度は五島記念文化財団の「美術新人賞」を受賞。
同賞の助成を得て、秋からメキシコに1年間の海外研修へと旅立ちます。
現在、京都の画廊で個展を開催中の彼に、受賞にまつわるエピソードや
新作の意図、メキシコでの目標について訊ねました。

まずは、五島記念文化賞の美術新人賞を受賞されておめでとう
ございます。受賞の特典はどんなものですか。

賞金と海外研修費です。

自分から申請したのですか。

いえ、自分からは申請できなくて、推薦された10数人の作家の中から
さらに審査をして選ばれるんです。

毎年何人選ばれるんですか。

美術部門は2人です。1人の年もあるそうです。

かなり狭き門ですね。

本当に、ノミネートされただけでも嬉しかったです。僕は一昨年に仕事を
辞めてメキシコに行くつもりでしたが、それだったら自費で行くしか
ありませんでした。たまたま岡本太郎現代芸術賞で岡本敏子賞を受賞し
(2008年)、展覧会を行うことになったので先延ばしにしたら今回の
受賞があったのです。去年はそんな話はなかったし、恐らく来年もないと
思う。不思議な巡り合わせが続いています。

岡本敏子賞の受賞記念展の時、自分は岡本太郎さんに挑戦するつもり
で展示しました。最初は達成感がありましたけど、だんだん太郎さんが
生きていたら「何やってるんだ、お前は!」って怒られるような気がして
来て。それは自分の中に0.001パーセントでも違和感があったのかも
しれないと思いました。

次も同じ方向でやると何かを駄目にしてしまうような気がしていたの
ですが、ちょうどその頃に《振り返る鹿》という埴輪を見ました。その埴輪
は自分が求めている生命感を、自分とは全く違う形で表現していました。
作り込みは全然甘いけど、とても生命感があって、それが今回の作品に
結びついたんです。

新作はこれまでのデコラティブな造形とは真逆のシンプルな
フォルムです。このままだと進歩が止まってしまうという
危機感があったのですか。


そうですね。拡大とか複雑にすることでしか前作を越えられなくなる、と。
そんな表現を僕は求めていません。自分が好きな音楽でも、例えば
ロックには凄く激しいものもあるけど、アンプラグドのギター弾き語りも
あります。今までのは音をいっぱい重ねてグルーヴ感で勝負みたいな
感じですが、新作ではアンプラグドで音が鳴っている時間と鳴っていない
時間を等価に扱う、みたいな表現をしたかったのです。

メキシコに行く前に、これまでの自分をリセットするという気持ちも
あったのでは。

自分をアジャストしたいというのはありました。今回の受賞は本当に
すべての歯車がピタッと決まった感じなんです。ある知り合いからは
「これが一つの節目かもしれないね」と言われたのですが、節目を
間違うと作品を殺してしまったり、惰性でスタイルを保持するために
制作するようになってしまいます。今自分がすべきなのは、感じた
違和感をそのままにせず、少し見えた光を追いかけることじゃないかと
思うんです。

新作の表面には葉っぱの模様がびっしりついていますね。

葉っぱを成形後の立体に押し当てて模様を転写するんです。新作では
できるだけ装飾を排除しているのですが、それでも何か欲しかったん
ですね。葉っぱの葉脈は血管にも見えるし、全体が模様で覆われている
ことで一体感が出せるのではないかと。

新作は男と女と犬と水鳥と魚がモチーフですね。

一番最初に思いついたのは水鳥です。羽ばたいてるんじゃなくて、
水の上に浮かんでいて、ちょっと首が長い。昔の僕の作品で注ぎ口の
形をしたものと少し似ています。自分が好きな形なのかもしれません。

男の像は一番最初に作った作品で、窯の中で倒れたものです。傷跡が
分からないように繋ぎ合せて出品しました。あれは若干の自画像で、
どうしようもない自分が「仲良くしようぜ」と握手を求めているような感じです。

形も今までのような量感のあるものではなく、空ろでありながらも確かに
存在しているような、本当にギリギリの形で行きたかった。美しいものを
作って美しいと思われるのではなく、どこに魅力があるか分からないけど
惹かれるもの、見る人がすっと作品の中に入っていけるようなものに
したくて、敢えて形にはこだわりませんでした。

RIMG13428RIMG13429

RIMG13441RIMG13440

RIMG13433RIMG13436
「上田順平展 パート2:カンゲン」(5月1日まで開催中)の展示風景

話は変わりますが、何故メキシコに行こうと思ったのですか。

客観的に日本を見つめる機会が欲しいと思ったのです。一定期間海外で
生活して、それでも今まで自分がやってきたステレオタイプでキッチュな
日本像が残るのであればそれでいいし、変わったならそれでもいいと。

メキシコを意識し始めたのは岡本敏子賞を受賞する少し前です。
その理由は「ウルトラバロック」という装飾過剰な建築ががあって、
僕は日光東照宮に近いものを感じていました。

また、その成り立ちが歴史の上で様々な文化のぶつかりの中から
オリジナルを生み出してきた日本文化と共通しているし、メキシコ人の
半分以上はメスチソというスペイン人とネイティブの混血の人たちで
構成されていて、自らのアイデンティティを模索している感覚が
今の日本に近いのではないかとも思っています。

あと、メキシコの仮面ですね。具象の上に具象を重ねてグワーッと
来るエネルギッシュな感じがすごいなと。他にも縄文文化と近い感じが
するマヤ・アステカ文明とか、僕にはないものがメキシコにはあるような
気がします。

メキシコではどこで制作するのですか。

学校みたいな焼き物の施設に受け入れてもらいます。
学生ではなく研究員という名目なので、割と自由に動けそうです。

メキシコでやろうと思っていることはありますか。

そういうのは特になくて、とにかく見たいものがいっぱいあります。
あとは、全身で感じたいということですね。

何故か僕の好きなものはメキシコと縁があって、近年までメキシコで生産
されていたフォルクスワーゲン・ビートルもそうだし、コカ・コーラの消費量
も世界一らしいです。改造車もチカーノ(米国在住のメキシコ人)が
始めたんです。岡本太郎さんも出かけていたし、フリーダ・カーロもいた。
僕が愛用する刺繍の入った上着も後で気付いたらメイド・イン・メキシコ
でした。好きなものがことごとくメキシコと関係しているので、逆にちょっと
怖いぐらいです。

出発はいつですか。

8月中に出国して、9月から活動を始めます。

画廊の方に聞きましたが、それまでの間に日本中を回るんでしょ。

そういえば、日本のことも良く知らないのに海外に行ってどうするんだ
って。まず日本を知ってから海外に行くべきだと。一夜漬けみたいな
ものですが、行かないよりはましだと思いました。

自分が海外生活をするのは少し早い気もしているのですが、人生には
タイミングもあるので、やっぱり今しかない。でも行く前に最低限やって
おかなきゃいけないことがあるので、取りあえず北海道から九州まで
回ることにしました。沖縄は既に何度も行ってるので今回は外しました。
めでたく失業中なので、時間だけはたっぷりありますから。

1年後に脱皮した上田さんの姿が楽しみですね。

脱皮できるんだろうか……(笑)。でもこんな経験は滅多にできないから、
人生の宝物になるかもしれません。とにかく体調にだけは気をつけて、
自分のスタイルを守るんじゃなくて、どんどん壊して行く方向でやって
行きたいです。

破壊的創造って奴ですね。

先日ボブ・ディランのコンサートに行ったんですけど、格好良かった
ですね、あの人は。ずっとやり続けていて、69歳なのに激しかった
ですもん。あんな風になりたいです。

帰国後に展覧会が行われるということなので、楽しみにしています。
本日はどうもありがとうございました。

RIMG13082RIMG13084

RIMG13088RIMG13097

RIMG13099RIMG13100
「上田順平展 パート1:帰ってきたウラシマピーパーパン」(4月10日で終了)の展示風景

うえだ じゅんぺい
1978年、大阪府生まれ。2005年、京都市立芸術大学
大学院修士課程工芸専攻陶磁器修了。2004年に初個展。
国内外で展覧会多数。2008年、「岡本太郎現代芸術賞」で
「岡本敏子賞」を受賞。2010年、「平成22年度五島記念
文化財団 美術新人賞」を受賞。

上田順平展
パート1:帰ってきたウラシマピーターパン
4月3日(土)〜10日(土)
パート2:カンゲン
4月13日(火)〜5月1日(土) 
11:00〜19:00 日月祝休
イムラアートギャラリー
京都市左京区丸太町通川端東入ル東丸太町31
http://www.imuraart.com/

上田順平さんの過去記事
http://www.recommend.ecnet.jp/20080422ueda.html
http://www.recommend.ecnet.jp/20060927ueda.html



artkobujime at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月17日

<インタビュー>苅谷昌江さん

2007年に『Amuse Art Jam 2007 in Kyoto』で
グランプリを受賞。その後も『Jeans factory art award
2008』準グランプリ(2008年)、『VOCA 2009』(2009年)と
順調に評価を高めている苅谷昌江(かりや まさえ)さん。
現実と幻想が入り混じった彼女独特の世界観は、
どのようにして描き出されるのでしょうか。
大阪のstudio Jで個展を開催中の彼女にお話を聞きました。


ここ数年は人から選ばれることが続いていますね。
その結果、環境が変わったりしましたか。


それは、ほとんど無いです。ただ、いろんな人と作品について
話す機会が増えたました。ちょうどアミューズの受賞の頃で、
会議室を舞台にした作品を描くようになった時期です。
それまでの私はころころスタイルを変える癖があったんですけど、
その頃から「しばらくこの路線で頑張ってみようかな」と
思うようになりました。

ホームページを拝見したんですが、いろんなシリーズが
あるんですね。

あれはシリーズ名というより、自分用に分類したカテゴリー
なんです。よく間違われるのでホームページを直さなきゃ
いけないんですけどね。自分でシリーズと呼んでいるのは
「スペース・オディティ」と「ツイスト・シリーズ」の2つです。
会議室の作品や今回出品している映画館の作品は
「スペース・オディティ」で、室内の壁に線がうねっているのが
「ツイスト・シリーズ」です。

RIMG2616RIMG2617

「スペース・オディティ」の作品では、会議室や映画館と
いった用途が限定されている部屋を描いているのに、
その部屋が密林のような森に繋がっていたり、猿や鳥が
いるなど、不思議な世界が広がっていますよね。


デビッド・ボウイの同名の曲を聞いた時にハッと思って
描いたのがきっかけなんです。あの曲の中で、主人公の
トム少尉は宇宙にいるのに地球のことを思い出したり、
奥さんのことをすごく好きだと気付いたり、遠い場所から
身近なことばかり考えているんです。
それと、スペース・オディティという言葉には「変な場所」という
意味もあって、ネーミングも作品にふさわしいと思いました。

異なる時空のものが同じ平面に描かれていることが
「スペース・オディティ(=変な場所)」だと。

画家には、画面の外にどんどん空間が広がって行く絵を
作る人と、逆に内側にキュッと入って行く絵を作る人がいますが、
私は後者です。そこにしかない空間を意識して描いているんです。

そうなったのには何か理由があるのですか。

私は小さい頃に体が弱く、風邪をひいた時などに寝ていた部屋が
高知の実家にあるんですが、その部屋の窓から見える景色の
真ん中に大きな柿の木があって、後ろにジャングルみたいに
茂った垣根があったんですね。その向こうには他所の家の墓地が
あるんですけど。その柿の木に鳥がとまって、
どこかへ飛んで行った後に猫が登って、みたいな情景を
ずっと眺めていたんです。季節が変わると柿の実が熟れたりとか。
そうやって情景が変わっていくのがすごく面白かったんですね。
だから、窓というのをすごく意識している所はあります。
あと、絵巻物で異なる時間を一つの場面に描く技法が
あるでしょう。いろんな要素を一画面で見せられるのって、
絵画ならではだと思うんです。異なる次元をまとめたり、
時間でさえ収縮したりとか。そういうことをやりたいので
全部まとめて的な描き方をしています。

窓から見える風景が、苅谷さんの原風景なんですね。
記憶を引き寄せるような感覚で描いている。

そうですね。もう一つ憶えているのが、絶対に入っちゃいけない
空間がありました。私の実家は高知空港の近所なんですけど、
空港のフェンスの向こうは絶対入っちゃいけないんです。
そこに毎日いろんな飛行機が降りて来て、
人が大勢行き来するのを眺めるのが好きでした。

苅谷さんの最近の作品を見ていると、異質なものが
組み合わさって何かが起きているようなんだけど、
それが何かは分からない。不安な雰囲気もある。
苅谷さんはそんな絵を前にした人に対して、
物語を紡いで欲しいと思っているのですか。それとも、
不安を感じて心がざわつく感覚を味あわせたいのですか。

両方かも知れないけど、描く時の重点は前者に置いています。
絵は見る人にとっての鏡だと思っているんです。
作者がどれだけ意図を伝えようとしても、
最後の感想は受け取る人に委ねられている。だから、
自分が作った出入り口を必ず通ってほしいとは思いません。

RIMG2619RIMG2618

RIMG2620RIMG2621

影響を受けたアーティストはいますか。

現代の作品よりも、古い絵から影響を受けたというのは
ありますね。実家に水墨で描いた障壁画があったり、
実家のすぐ近所が絵金(※1)という画家が住んでいた所だったので、
絵金さんのお祭りがありました。ロウソク1本だけの暗い部屋で
浄瑠璃のグロいシーンを描いた怖い絵を見るんですけど、
それが「絵だな」って意識した最初だったんです。
あと、私が高校生の頃に高知県立美術館ができて、
一番最初に記憶に残ったのがペンク(※2)の絵だった。
壁いっぱいに広がっている線があまりにも大きすぎて、
何が描かれているか分からず、ただ線だけを見ていました。
その時に、こういう絵もあるんだという驚きと、
自分が絵の中に入り込んだ気分になりました。
京都で文化財のデジタルアーカイブを作る仕事をした時には、
自分の好みとは無関係に同じ絵を1週間見続ける体験をして。
普段ならちゃんと見ないような絵でも、実は非常に考え抜かれた
構図だったりするんですね。それでいろいろ見ていたら、
画題選びや職人技に惚れるようになりました。

   (※1)絵金(えきん):幕末から明治の土佐(高知県)で活躍した画家。
   狩野派を学び藩のお抱え絵師に出世したが、贋作事件で汚名を被り失脚。
   その後、おどろおどろしい芝居絵を描く町絵師として復活し、人気を博した。

   (※2)ペンク(A.R.PENK):1939年生まれのドイツ人画家・版画家。
   プリミティブかつ骨太な作風が特徴で、現代ドイツを代表する芸術家の一人。

苅谷さんの作品は、自分の記憶や体に染みついた感覚に
対してすごく忠実だったんですね。絵に出てくるモチーフは
どうなんですか。例えば椰子の木は。

実家のお墓の横に一本だけ大きな椰子の木があって、
その不思議な雰囲気が大好きだったんです。
それと、高知の国道には南国の雰囲気を演出するためか
ソテツが植えられていて、ソテツのあの形も好きでした。
芭蕉もありましたね。南方イメージの植物は身近だったし、
南画でそういうモチーフがよく使われますよね。
そこからの影響もあるかもしれません。

鳥はどうですか。

図柄っぽく描いてるんですけど、あれは鳥の影なんです。
空と床が逆になった設定で描いてます。さっきの空港の話ですが、
よく鳥が飛行場に入ってバードクラッシュを起こすので、
事故を起こさないよう鉄砲で駆除されるんです。それを見ていて、
鳥は境界線を飛び越えられる生き物という印象を強く持っていました。

だから床に描かれているのですか。絵と現実の境界線を
繋ぐ存在なんですね。

絵は絵で完結しているんですけど、作品を展示空間やお客さんと
どうにかして繋ぎたいと思いました。

RIMG2623RIMG2624

映画館の観客は全員猿ですね。

猿たちは映画を見ていないんです。動物は物語を読めないという
前提で考えました。たまに「何じゃこりゃ」って映画に出合った時の
気分が、猿になったみたいだとか。批判ではないんですけどね。

そうやって自分の内面にある風景や物語、記憶などを
絵にするのは何故ですか。自分の内面の欠落した部分を
埋めるとか、コミュニケーションの手段とか。
苅谷さんにとって絵はどういう存在なんでしょう。

癒し的な部分はあると思います。絵描きなら誰でも
そうじゃないでしょうか。でないと1日に6時間も7時間も
描き続けられない。何であんな絵を描くのか。
…うーん、自分の日常である何かを描いてますが、
日常にどこか閉塞感があるんですよ。前回の個展で出品した
会議室の作品を描いていた頃は、職場の環境がすごく悪くて。
そんな所にずっといると解放されたい気持ちになるんです。
だから職場の会議室なのに壁があるべき所に森があったり、
風景が広がっていたんだと思います。

すいません、「ツイスト・ルーム」について聞くのを
忘れていました。「ツイスト・ルーム」の作品は家の壁に
クローズアップした構図で、より妄想度が強い印象ですが。

壁板の模様などをじっと見つめるうちに、それらが抽象絵画みたい
だと思ったのが最初です。元々模様や装飾にも興味があったので、
自分の作品にもそんな要素を復活させたいと思っていました。
その時に壁の抽象的な模様を部屋の絵と合わせればと。
室内にある物の形をちょっとずつなぞっていったら模様になるし、
物の形になるし、壁面にもなる。これを突き詰めて行ったら
面白いんじゃないかと思ってやっています。
そう考えると、「ツイスト・ルーム」も「スペース・オディティ」も
壁が重要な意味を持っていますね。会議室や映画館でも
壁をすり抜けた向こうにジャングルが広がっている訳だし。

なるほど。今日はいろいろお話しいただき、
ありがとうございました。最後に今後の予定を教えてください。

6月にスイスのバーゼルで開催されるアートフェア『scope』に
gallery terra tokyoから出品し、8月に大阪で開催される
アートフェア『ART OSAKA』にstudio Jから出品します。
また、8月には高知でグループ展も予定しています。
まだ詳細は決まっていないのですが、昨年にジーンズファクトリーの
公募展で知り合った高知在住の作家さんと一緒に開催するものです。


アクリル絵具や油絵具でキャンバスに描く洋画のスタイルで、
描かれる内容も現代アート的な苅谷さんですが、
そのルーツに絵金や水墨画といった古典があったり、
故郷での記憶が大きな位置を占めているとは知りませんでした。
彼女の作品の場合、下手に理詰めにアプローチするよりも、
見る側も主観や感覚を開放して絵のバイブレーションと
シンクロすることが肝要なのかもしれません。


かりや まさえ
高知県出身。2002年、大阪芸術大学美術学科卒業。
2004年、京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。
2008年、studio Jで個展。他、グループ展、受賞歴など多数。

苅谷昌江さんのホームページ
http://yellowvalleys.net/


苅谷昌江個展 Screen
3月18日(水)〜4月25日(土)
13:00〜19:00 日月火休
studio J
大阪市西区新町3-14-8
TEL 06-6110-8508
http://studio-j.ciao.jp/



artkobujime at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)