2018年02月16日

年明けに書いたブログをお蔵入りにしましたが、公開いたします。
タイトル通り、本当にめんどくさいお客様でした(笑)

お客様相手にの仕事をしていますので、いろいろなお客様がいらっしゃいます。
しかし、技術的興味や自作の参考に情報を求める輩が後を絶ちません。

来店をするにあたり、HPをお読みいただくようにお願いしているのに、薪ストーブがすぐに欲しいとか、在庫はありますかと?買わないやつほど言ってくる。
誠に迷惑な話だ。後にわかるのですが、薪ストーブを製作する設備があるような方が説明を求め、私が6時間も真摯にそして丁寧に今まで3名の方に説明いたしました。6時間ですよ。今思えば全くの無駄どころが大きな損害です。

まだ、個人の自作レベルだったら許しましょう。中にはお役所から、環境に良い薪ストーブだとか地域の雇用・活性化などの補助金をもらうために、お客のふりをして技術的情報を求める団体もあるのです。
これはもはや犯罪です。
インターネットの情報はタダですが、公開していない情報はタダではありませんので、十分に注意してください。

最近はロケットストーブの原理を応用した薪ストーブも、ちらほら販売されています。販売店の中には私のブログの記述内容そっくりなHPなどもあります。まあ、薪ストーブを開発するために実験をすれば、なるほどと思っていただける内容なので、記述は同様になるのでしょう。
正しい知識が広まるのは良いことです。ただし、長い横煙突で低温の排気が可能とか記述がありますが、これについては誤解を招きますので危険な記述です。誤解とは何かの説明はこちらを御覧ください。ロケットストーブ20のウソ

今まで薪ストーブを購入していただいたお客様の殆どが、私の拙いブログをお読みになり共感、または信頼をいただいていると自負しています。私自身、納得して商品を購入したいので、とことん説明を求めます。私は当然の欲求であると思うので全力で説明をいたします。その為、対応は非常に細かくなり面倒な作業となります。

先日、納品したお客様にも苦労いたしました。過去のブログ一言一句に疑問を投げかけて来るのです。やり取りは電話とFAX・手紙です。ブログの内容は基本正しいのですがが、過去のことなので間違えや勘違いをさせてしまったりする記事があるかもしれません。ご指摘があれは訂正させていただきます。
IMG_20171227_062145IMG_20171227_061814
富士山が見える現場でした。写真は途中の道の駅。

仮にこのお客様をAさんとします。Aさんは悪く言えばまるでストーカーのように私のブログをお読みいただきました。私は記憶力あまりありませんので忘れてしまったことを、Aさんから指摘されると「薪ストーブについてよくご存知ですね」などと関心してしまいました。
設置のため、ご自宅に伺うと軒先にシートをかぶったバイクがありました。はじめてお会いした時にAさんはセローに乗っているイメージががあったので、伺ってみるとやはりセローでした。腰を痛めて10年間不動のらしい。昔はKawasakiのKL250を乗っていたそうです。実は私が過去に乗った唯一のKawasakiは同じKL250です。
はじめてお会いするのに、波長があうというか話が弾むのです。原発や社会制度、9.11、日航機墜落事故の陰謀説、はたまた地球外生命までお互い似た者同士で共感したのです。私の奥さんは極めて普通の女性ですが、私を信頼してくれた数少ない女性です。その奥さんでもそこまで共感してもらえません。Aさんが女性なら今の人生を投げ打ってでも新な人生を歩んだかもしれません(笑)
奥さんは浮気相手が男なら勝負にならないと申しておりますが、私は男性には恋愛感情はありません。残念。

お互い細かい人間ですので、とても繊細な煙突工事となりました。ガルバリュウム鋼板の棒瓦葺きの煙突屋根貫通の後付工事です。しかも勾配が2/10と緩やかで、雨漏りが心配になる難工事でした。
後付ですので現場は蓋を開けて見ないとわからないことばかりです。

不安を感じながらの現場を確認すると、なんと床には細かく設置位置が墨付けされていました。これは厄介な現場だ。精一杯の工事をしなければならないと直感したのです。
IMG_20171230_091915

IMG_20171228_113726
IMG_20171228_131348
大きな問題はなかったのですが天井裏は狭いし、そこに炉台の設置の傾き1/2400の精度を要求される無言のプレッシャーがありました。私は見た目がガテン・オラオラ系なのですが実は気が弱く繊細なのです。工事中に宿泊した4日間のホテルで、何度も工事が心配になり目が覚めてしまいました。

気が弱い私ですが、現場工事の解決力に非常に自信がります。考えて解決できる問題はクリアして、無理はものはいくら考えても無理なので対案を考えます。

工事はこれ以上ない仕上がりで終了いたしました。薪ストーブの火入れ式には奥様にも、ご立会頂き無事に終了しました。
ご夫婦で「これにして良かった」「いいね」「感動するね」とお言葉を頂きましが最高のお褒め言葉でした。ありがとうございます。末永く薪ストーブとお付き合いください。
但し、これ以上の細かな要求にはお答えすることはできませんよ(笑)

本年もブログをお読み頂き感謝いたします。
来年も厄介で面倒なお客様を引き続き求めていますのでよろしくお願い致します。




 

arts_syokunin at 10:30コメント(0) 
ロケットストーブ(薪ストーブ) 

2018年02月05日

初対面の方は私の風貌は厳つく、怖い印象を受けるようです。実際はキレやすいところは多々ありますが、心は非常に打たれ弱く、ネガティブな事を考えて眠れなくなる小心者です。この記事も午前2時に目が覚めて書いております。
所ジョージさんのように楽しい事だけを考えて生きる方法も正しいのかもしれませんが、事実と向き合うことも大切だと思っております。

昨日、上田で行われた小出裕章さんの講演に行ってまいりました。昨年は松本市で行われた5回の公開講座に参加いたしましたが、薪ストーブと放射性物質について質問がしたかったので足を運びました。
 今月28日に松本で番外編の公開講座があります。テーマは二酸化炭素と地球温暖化です。興味深いテーマですが、都合がつかないかもしれません。残念です。ちなみに小出さんも二酸化炭素による地球温暖化には懐疑的な科学者です。

長々と引っ張ってもしょうがないので 、私なりの答えを先に書きます。残念ながら日本の国土は原発事故で広大な大地(都市部も含む)も樹木も汚染されたのです。販売して良い薪の汚染は林野庁の指標値では40Bq/kg以下となっています。
例えば40Bq/kgの汚染された薪を一時間に3kg燃やし、120Bq/kgのセシウムが灰に残ったとしても使用し続けてもあまり心配はありません。ただ、お住いの地域の薪を燃やした場合は灰には濃縮されるのでお住いの周辺の土壌より汚染されている可能性があるので注意が必要です。

ご存知の方も多いと思いますが、食品は100Bq/kg以下で、40Bqは食品より厳しい基準なのです。薪を燃やすと焼却灰がでます。
40Bq/kgの薪を燃やすと灰にはセシウムが150から200倍に濃縮されて灰は8000Bq/kgという高濃度に汚染された埋めることが許されない(処分できない) ものとなってしまいます。40Bqの根拠はそこにあるらしいです。原発や医療機関では100Bq/kgの低線量放射性廃棄物は黄色いドラム缶に入れられ厳格に管理されていますが、ゴミ焼却灰などは8000Bq/kg以下は埋めて良い事になっている現状は残念です。

小出さんによると、今回の原発事故で気をつけるべき放射性物質はセシウム137と134だそうです。

セシウムは融点は28℃ですが沸点は670℃です。通常では揮発しませんが、燃える薪は優にその温度を超えてしまいます。チェルノブイリ原発事故でベラルーシでは薪ストーブは小さな原子炉と言われました。しかし、正しく恐れるべき問題です。おそらく、ほとんどが灰の中に濃縮され残ると思われます。

私の考えですが、関東を含む放射線管理区域相当の汚染地域で、そこに暮らし、その地域の薪を燃やす場合は排ガスには微量のセシウムしか含まれていないと思います。煙により空間線量が上がることはないと思います。(そもそも原発事故で降り注いだセシウムで空間線量が高くなった)

汚染されてしまった地域に暮らす
薪ストーブユーザーにできることは極力、汚染されて地域の薪を燃やさない事。(年配の方は放射線の影響は小さいので可)灰には濃縮されるので、むやみに近づかない、処分しない事が大切です。放射線の被爆の影響は年間1mSv以下でもしきい値はありません。10mSvなら10倍の危険、0.1mSvなら1/10の危険が科学の定説です。

一般に販売されている線量計について小出さんにお伺いしたのでお伝えします。10個の線量計があれば10個の違う数値を示します。数字自体にあまりとらわれても意味はない。詳しく調べるには数千万円のゲルマニウム半導体検出器の特殊形状の容器に入れ時間をかけて核種を分析する必要があります。

私は数千円のシリコン半導体や10万円程度のGM管、シンチレーション検出器を食品や薪に近づけて数値が上がったなど騒ではいけないと思っています。それは自然界の放射線も含めた空間線量で0.1μSv上がったなど食品や薪そのもの放射線量ではありません。例え100Bq/kgに汚染された食品でも線量計は反応しない汚染です。1μSv/h以上の反応する場合は相当やばい汚染かもしれませんが騒がないでください。正しく恐れましょう。

放射性物質は人が五感で感じうる事ができないそうです。感じる事があれば、それは即死だそうです。ですので私は空間線量計には多少は意味があると思っています。事実、汚染された薪を燃やし線量計を灰に直置きすると空間線量より明らかに上昇します。また、市民グループがシンチレーション式検出器で鉛の容器に密封して食品など時間をかけて測定するのも意味があると思っています。

最後に連日、大相撲問題や北朝鮮の脅威、オリンピックをマスコミは(特にテレビ)は伝えていますが、原発事故の都合の悪い情報はほとんど報道されません。

原子力緊急事態宣言は未だに解除されていませんし、今後100年たっても解除は無理なようです。小さな命ほど放射線の影響を強く受けます。お子さんは年間1mSv 以下の被爆を目指すべきで無用な被爆を避けるのは大切です。

自分用メモ
避難基準 20mSv の根拠と ICRP 勧告

1原子力災害対策特別措置法に基づいて「原子力緊急事態宣言」が告示

2 同宣言に基づいて原子力災害対策本部が設置
3 内閣総理大臣たる対策本部長がその権限に基づき、年間20mSv を避難 基準とするよう指示となります


arts_syokunin at 05:51コメント(0) 
ロケットストーブ(薪ストーブ) 

2018年01月05日

以前にも「薪ストーブの消費カロリーと内装制限と燃焼効率」の記事を書きましたが、今回は私の薪ストーブの場合の内装制限について具体的に記述します。
薪ストーブには建築基準法の告示が規定されています。(大元は縦書きで読みにくい

1秒間に18kw発熱量(18kw/h)の薪ストーブとは1時間に最大約4kgの薪を燃やす薪ストーブと考えて良いと思います。よってこれはクリアしています。
次に簡潔に説明されている「薪ストーブ内装制限」 参考に薪ストーブの寸法を当てはめて計算します。
以下転載と加筆

◆ストーブ等可燃物燃焼部分の壁及び天井の室内に面する部分の仕上げにあっては、特定不燃材料ですること。

※特定不燃材 コンクリート、レンガ、瓦、陶磁器質タイル、繊維強化セメント板、ガラス繊維混入セメント板(厚さ3mm以上)、繊維混入珪酸カルシウム板(厚さ5mm以上)、鉄鋼、金属板、モルタル、しっくい、石、石膏ボード(12mm以上)、ロックウール、グラスウール板

◆上記に掲げる部分以外の部分の壁及び天井の室内に面する部分の仕上げにあっては、木又は難燃材料等ですること。
 
ですので、薪ストーブの可燃物燃焼部分だけを特定不燃材ですれば、他は木の仕上げでいいってことに。
(木造の内装住宅でも薪ストーブの導入はできます) 

薪ストーブの可燃物燃焼部分って?
薪ストーブ各面の投影面積がA(cm2)の場合、各面からの可燃物燃焼距離Lは

前面からの距離L1(cm)=2.40√A1
背面からの距離L2(cm)=1.59√A1
側面からの距離L3(cm)=1.59√A2
上面からの距離L4(cm)=0.0106×{1+10000/(A3+800)}×A3

サイクロンジェットストーブの場合
薪ストーブのサイズ W50.0×D50.0×H64.0
前・背面投影面積 50.0×64.0=3200cm2
側面投影面積   50.0×64.0=3200cm2
平面投影面積   50.0×50.0=2500cm2

前面燃焼距離 2.40×√3200=135.8cm
背面燃焼距離 1.59×√3200=89.9cm
側面燃焼距離 1.59×√3200=89.9cm
上面燃焼距離 0.0106×{1+10000/(2500+800)}×2500=106.8cm

薪ストーブから、5方向の燃焼距離の範囲に特定不燃材を使えばいいんです。

以上が告示です。但し実態は余り意味のない計算です。大きな薪ストーブでも余り薪を燃やすことができない薪ストーブにとって不利な計算式です。
また、下方向の規定が全くありませんのでどうなのでしょう? 



arts_syokunin at 17:46コメント(0) 
ロケットストーブ(薪ストーブ) 

2017年12月21日

面白い記事を見つけましたので、ご紹介します。
熱効率と燃焼効率は同じか
記述はガソリンエンジンについてですが、薪ストーブはより単純ですので理解しやすいと思いますので、一部転載いたします。

「20%~35%位が一般的なガソリンエンジンの熱効率です。」
これはガソリンの燃焼エネルギーが車のタイヤを回し重い車を移動させた効率となります。

「通常、ガソリンの燃焼効率は95%を超えます。大概、96%とか98%辺りの燃焼効率を使用する為、通常、極小な数値計算を行わない限り、ガソリンの燃焼効率は100%であると捉えるのです。」

ガソリン車の熱効率は約30%、ガソリンは100%に近い燃焼効率になります。
熱効率と燃焼効率の違いについてご理解いただけましたか?

一方でJOTUL日本代理店のHP技術・燃焼効率と出力には下記のような記述があります。
「多くの暖炉・薪ストーブは、完全燃焼せずにガスや微粒子を排出します。これらのガスは薪の持っている熱の約60%にあたります。」

疑問・薪ストーブで未燃焼ガスや煤が60%も排出されるの?

「燃焼されないガスや微粒子を燃やすために、クリーンバーン(自動二次燃焼システム)の機能を持っています。」
「自動二次燃焼システムを搭載したことで、燃え残ったガスや微粒子を低温で燃焼することができます。これで、燃焼効率がほぼ40%上がりました。」

疑問・燃焼効率は80%なの100%なの?

薪はガソリンのように常温で火気を近づけても瞬間で引火はしません。 乾燥薪は
空気中で250から260℃に加熱されると、火気がなくとも発火する最低温度です。薪のオレンジ色の炎は600から700℃あり、熾(炭火)の状態は1000℃近くあります。なので大量の熾火の上に太い薪を置いても新な薪は燃焼をはじめます。

温度が低い初期点火時は燃焼効率も悪くなりますが、連続燃焼している場合は上記の60% も不完全燃焼(一酸化炭素や煤)となって排気されているとは思えません。一般的な輻射式薪ストーブでも連続燃焼(巡行運転)では普通90%を超えていると思います。
私は上記HPの表現は誤解を招くので適切ではないような気がします。 

薪ストーブは燃焼で得られた熱を他のエネルギーに変換しないで、そのまま暖房に使うので熱効率は良くなります。
密封型薪ストーブであれば熱効率は50%から良いもので75%です。ただ、残念ながら熱効率の記載のある薪ストーブは少ないです。サイクロンジェットストーブは最小燃焼時でも一時間あたり熱効率は平均80%です。(自社調べ)それ故、燃費が良いのです。

極論すれば、熱効率を下げる原因は薪ストーブの場合、煙突からの排気熱です。薪ストーブは低温で排気した場合はいろいろなデメリットがあります。
しかし私は、薪集めの労力や保管場所を考えると低温で排気する低燃費薪ストーブのメリットが遥かに大きいと思います。普通の薪ストーブは低温排気は困難です。

煙突から低温排気=燃焼効率が悪いとか不完全燃焼と誤解されています。薪には燃えない、または燃えにくい物質、そして可燃物の燃焼(酸化)で別の物質に変わるものがあるので必ず煙突が必要です。完全燃焼しても、それらを排気する必要があるのです。
同じ燃焼効率の薪ストーブは、煙突からの排気物成分の量は
同じ分量の薪を燃やした場合は同じですが、薪が多くなれば増えてしまいます。ですから、多くの薪を燃やし排気温度を上げて、煙突の煙が肉眼で見えなければ完全燃焼と言うのは誤りです。多くの薪を燃やせば環境に放出される排気物成分の量は多くなるのです。

低燃費薪ストーブは環境にもお財布にも優しいのです。

 


arts_syokunin at 22:49コメント(0) 
ロケットストーブ(薪ストーブ) 
プロフィール

鉄人アーツ

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
tetsujinartsをフォローしましょう