ロケットストーブ(薪ストーブ)

2014年05月15日

焚いてますか〜
ほとんどの方がこんな時期に薪ストーブは焚いてませんよね。真夏日があるのですから。
軽井沢では朝晩にまだまだ使いますよ。

昨日、軽井沢の旅行にきていた方が、ふらりと当工房にいらっしゃいました。聞けば25年のベテランの薪ストーブオーナーで那須で藍染め工房を営む方でした。建築にも造詣が深く、セルフビルドの住宅を観察されてしまいました。恥ずかしい〜

その方に薪ストーブの着火剤についてアドバイスをいただきました。用意するものは灯油、使用済みペットボトル、千枚通し。
作り方は簡単。ペットボトルのキャップ中心の先端に千枚通しで小さな(1mm程度)穴を1つ開けるだけ。出の悪い水鉄砲と思ってもらえばわかりやすいか。
これに灯油を入れ焚付の薪に注ぎ点火する。手も灯油臭くなりません。火気のない保管場所や熾が残っていないことが安全のため必要です。

2014-05-15-07-06-59

欠点と言えば先端から僅かな液ダラ。その方は先端に毛糸などをまき、液ダレ対策をしているそうです。
早速、実験。これならポリエチレン洗浄瓶も使えそう。 これは、オレンジオイルを配合した洗剤を希薄して薪ストーブのガラス掃除に使っていました。簡単な汚れはこれで落とします。液ダレはほとんどありませんが気圧差で液体が出る恐れがあるのが欠点ですが。
機械用油さしや液ダレしにくい醤油差しなど有効かもしれません。くれぐれも揮発性の高い薬品は使わないでくださいね。 

arts_syokunin at 08:10コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月17日

薪ストーブ等設置に関するチェックリスト
このようなチエックリストがあるのですね。知らなかったのは建築士&薪ストーブ屋として恥ずかしいです。
そこで、お客様から発熱量のお問い合わせ頂いたので消費カロリーを計算いたしました。普段、数字にはうるさいのですが、数字には弱いのと、薪ストーブのカタログのデータ等はあてにならないため考えていませんでした。

ケチキュートは1時間に最低600gから最大2kgの薪を燃やします。
最低(0.6kg/h)2280kcal→2.65kw/h
最大(2kg/h)7600kal→ 8.84kw/h
※含水率20%、針葉樹、広葉樹も重量あたりのカロリーはほぼ同じで1kgを3800kcalとした場合。

薪ストーブのカタログのカロリー数に関しましては法的な根拠はないと思います。一般に高出力の薪ストーブほど煙突からの排気温度が高くなり、例え燃焼効率の数値が良くても、そもそもの熱量が多いので捨てる熱は実際は多くなります。(もったいない)

ケチチュートは巡航運転時で40℃前半の煙突トップからの排気になり通常ではありえない燃焼を致します。(煙突の施工条件、環境によりで排気温度は前後します)

しかし、冒頭のチェックリストの内装制限を厳しく受ける、1秒間に発熱量18kwとはどんな薪ストーブだ?薪を1秒間に4kg 燃やす薪ストーブってないでしょう。私の計算間違いかリストの誤表記でしょう。

上記の計算は誤りでした。
1〔kWh〕=1〔kW〕×3600〔秒〕
=3600〔kJ〕=3600〔kJ〕÷約4.2〔J/cal〕 ←・・4.2〔J〕≒1〔cal〕なので≒857〔kcal〕
つまり、1〔kWh〕≒857〔kcal〕
yahoo知恵袋参照
注意:1秒間に1kw(車で言う速度に例えると理解がしやすい)とは1時間で1kw/h(距離に相当と考えましょう)のことで1kw/h=1kwx3600=3600kwではありません。

1秒間に18kw発熱量(18kw/h)の薪ストーブとは1時間に約4kgの薪を燃やす薪ストーブということになる。

内装制限の建築基準法の告示も知りませんでした。リンク先は横書きで図例がありわかりやすいです。これも実際は施工業者の経験で施工されているのが現状です。

燃焼効率90%等のカタログの表示も当てになりません。ファイヤーサイドさんのサイトに良い記事がありました。実際に消費する薪の量を知ることが大切です。

以下転載





燃焼効率には単位あたりの薪がどれだけの熱エネルギーを放出したかを表すものと、燃焼で得た熱量をどれだけ暖房として利用できるかを表すものがあります。
本サイトでは、2つを区別するため、燃焼で得た熱量をどれだけ暖房として利用できるかを「燃焼(暖房)効率」と表記しています。

ただし、試験室で計算されるこれらの数値は、煙突の長さや直径、風の有無、使用温度域などの環境が一定で、燃料となる薪の材質や水分含有量が厳しく統一されていますので、実際の燃費を解りにくいものにしています。そこで、ファイヤーサイドでは独自の薪の消費量をテストしてみました。

機種別薪の消費量の目安



arts_syokunin at 17:05コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月01日

ロケットストーブ20のウソにコメントを多く頂くようになりました。ありがとうございます。
評価も頂きますがご批判もあります。しかし、記事の本質(私が伝えたいこと)ではなく、表現方法にお叱りの言葉をいただくこともあります。なんどかこのブログを読み返しておりますが、この程度の表現の自由は許容範囲ではないでしょうか。しかし、拙い文であり、長文であるため途中でお読みになるのをやめる方も多いでしょう。それはそれで結構です。また、疑問や反論もあるでしょう。これはとても有意義な事でしょう。健全な社会です。記事を鵜呑みにせず、ご自分の頭で考え、ご興味ある方は屋外で実験して下さい。コメントお待ちしています。

ウソと言う表現は適切ではないかもしれませんが、例えば我が国の原発は多重防護で安全だと言われて来ましたが、政府や原発利権者はウソをついたわけではありません。想定外はありえない。コストがかかるから、対策を考えなかった。怠ったのです 。しかし、国民の中にはそれを騙された、ウソであったと思う方もいるでしょう。私はこの立場です。
ロケットストーブの間違いと言ったほうがしっくりするかもしれませんが、ウソのタイトルは私は気に入っています。

ではウソの本質はなにか?これは最後までお読みになれば理解していただけると思います。自然吸気のロケットストーブを含む薪ストーブは厳密に完全燃焼しません。完全燃焼すると言う方がいらしたらぜひリンクをお願いいたします。厳密な完全燃焼(石油ストーブ並み)は無理かもしれないと読者様が思われれば本質が伝わったと言っても過言ではありません。

私は室内で使うロケットストーブ(薪ストーブを含む)のDIYはやめた方が良いとの立場です。ですので、DIYに関する方法や情報の発信やお問い合せにはお答えできません。室内で使う火は火災の危険性があり、DIYの情報提供は無責任であると思うからです。

コメントは参考になるものもありますので、ご承諾を頂かず全文又は一部を転載して記事にする場合があります。また、議論を望むようなコメントはお断りしています。その場合はお名前ご住所をご記入したメールをお願いいたします。個人情報は流失させませんし、メールの内容はご承諾なく 記事にすることはありません。有益なご意見はご承諾いただいてから記事にする場合があります。

arts_syokunin at 09:44コメント(0)トラックバック(0) 

2013年12月16日

昨日のプレビュー1000を記念して動画を公開いたしましょう。
 
最近、よく耳にするのがロケットストーブのワークショップ。多くは参加費が安いが有料だ。ペール缶、パーライト、Φ100から120の煙突が定番の必要な部材である。
確かにロケットストーブの燃焼は面白い。面白い事は大変重要であるが、それ以外に何かメリットは有るのどろうか。もっと優れたものはあるのではないか?
ロケットストーブより簡易で 耐久性があり、火力の強いもの。それが動画のTLUDストーブだ。動画のものは上から燃やすような面倒な燃焼はさせていない。下からガンガン燃やしている。
動画の最初の30秒はやかんのお湯が沸く程度の火力。煙もないので完全燃焼。いやいや、完全燃焼などしません。よく燃えている程度。残りの動画が最大に近い火力。炊き出しに使える大きな鍋のお湯も沸かせる。もっと火力を上げられますが、今日は風が強く危険なのでやめました。災害時はロケットストーブより遥かに暖かく優れているのです。
ペール缶タイプのロケットストーブでは、ここまでの火力はありません。薪ストーブは燃やせる薪の太さと量により火力は左右します。熾がつくれて、細い薪が大量に入り、多くの酸素を供給できる薪ストーブが火力が上がるのです。口径の問題があり、構造的にペール缶タイプのロケットストーブは無理があるのです。
また、ペール缶タイプのロケットストーブは、すぐに断熱部分の煙突がメルトダウンします。

ちなみに、燃料はケヤキの皮。ある方のご行為で皮の焼却灰の放射線量を測ってもらうためのサンプルづくりでもあります。背後に映るのは地元のカラマツ。この皮も測定用の焼却灰のサンプルを取ります。その後カラマツの皮を剥き、皮を燃やすがなかなか火力が上がらない。ほぼ、生木であるからだ。そう言えば、どこかの薪ストーブ屋さんの看板に「丸太の生木でもOK」と書いてあった。私も常識破りの発言をするが、これは行き過ぎ。乾燥薪を使いましょう。

近日、これにサイクロン機構を取り入れた 「簡易サイクロンジェットストーブ」のネット上のワークショップを開講します。動画の公開だけですが、私からのクリスマスプレゼント。乞うご期待。

追記、私の記憶がある限り一度も入院をしたことがない、高齢の母が入院をしました。私事で大変申し訳ありませんが、クリスマスプレゼントには間に合なかったことをお詫びします。今しばらくお待ちください。

arts_syokunin at 17:48コメント(5)トラックバック(0) 

2013年12月11日

客人「大将!今日のお勧めは?」
大将「ヘイ、今日は良いネタが入っていますよ」
客人「じゃあ、それちょうだい」
大将「アイヨッ」「ハイお待ち、逆流です」
客人「何だ、この間のネタじゃない」
 大将「いやいや、良いネタなんですよ。次は火災です」
客人「これも、同じネタじゃん!!」
と、まあ寸劇はこのぐらいにしましょう。 

当店一番人気の20のウソをバージョンアップします。
先日、納品した薪ストーブは、ロケットストーブの本場、広島からのオーダーでした。お客様にお話を聞くと、4台ほど自作して室内に設置していたようです。それなのに、なぜ私の薪ストーブをご注文いただいたのか。お客様の条件は「絶対、逆流しないロケットストーブ」でした。点火時や風の強い日にロケットストーブが逆流してお困りになったようです。
実はこの条件が意外とハードルが高いのです。柏崎や浜岡原発と同様に絶対とは言えませんが、先ず逆流しない方法を提案しなければなりませんでした。煙突の施工条件があまり良くないので、どうなるかと思いましたが、良い薪ストーブが出来ました。喜んでいただいたと思っております。

コンロタイプのロケットストーブはともかく、ロケットマスヒーターは点火時に逆流しやすいのです。点火時はヒートライザーや煙道が冷えておりますので、上昇気流(押し出す力)が弱くなるのです。一般の薪ストーブより遥かに初期点火は難しいのです。
また、自作する方は煙突についての知識が乏しい方が多いです。最低でも煙突をご自分で施工するのなら、このぐらいの条件はクリアして下さい。参考サイト・27万台の実績ホクダンペレットストーブD2縦型

驚くことにネットでも逆流に関する書き込みは少なく「風圧帯」のキーワードには我がサイトが上位にヒットします。風圧帯をなぜ避けなければならないか、理解するところから煙突の施工ははじめて下さい。
 風圧帯を避けなければ巡航運転時にも逆流します。

次は火災についてです。 

ご自分で施工するにも必ず専門の方のアドバイスをお聞き下さい。にわかロケットストーブマニアではダメです。私は自作ロケットストーブについて一切のアドバイスは致しません、責任が負えないからです。
衝撃的な写真を公開いたしましょう。
 IMG_0343
ロケットマスヒーターによる低温炭化です。おそらく左側が焚口、右側がより温度が高いヒートライザー部分だったのでしょう。いや、逆だ。最下部は焚口のほうが熾で高温になる。
運良くロケットストーブを移動させる機会があり、低温炭化を発見したのです。私に寄せられた情報だけですでに2件、この内1件は火災(写真の事案ではありません。消防署には通報する前に消火できたようです)になっています。いくつかのロケットマスヒーターの施工画像を見ますとおそらく低温炭化しているであろう事が予想されます。自作マニアの方はぜひ床を直ちに確認して下さい。でないと、ある日、突然火事になりますよ。

残念ながら雑誌を含めて、このようなロケットストーブ特有の注意の呼びかけは、このサイト以外皆無である。批判的なコメントをいただくこともあるが、これは事実なのです。

arts_syokunin at 15:02コメント(6)トラックバック(0) 

2013年12月01日

お客様のご自宅に伺う機会があり、薪ストーブを見てきました。
IMG_0345
調理で少し汚れたその薪ストーブは、嫁いだ娘がそこの家で家族になったような気がして目頭が熱くなりました。こう見えても(見たことのある人は少ないですが)涙もろいのです。
お客様は勤めの関係もあり、夜に2から4時間しか焚かないようです。生活パターンを考えて割り切った使い方は非常に大切です。
オーブンの蓋に少し不具合があり改修をしました。また、点火時に逆流することが多いと聞いていたので疑問を解決するため、点火して観察を試みる。確かに、僅かではあるが点火時に逆流する。トイレ、浴室、24時間換気、レンジフードは回っていない。しかし、自然現象とは考えにくい。問題は持ち帰って宿題としました。

お客様の自宅はそよ風が付いています。
OMソーラーと似たシステムですが、下記はOMとSo(そよ風)の違いを建築家・網田一久さんが解答していたサイトがありましたので掲載します。

1、集熱空気の取込み方

(So): 集熱した空気は屋根上のチャンバーから取り込む (夏場向き)

(Om):通常では集熱した空気は屋内の棟ダクトから取込むのが一般的。最近は南屋根上?(冬場向き)


2、夏排気の方法

(So): 夏場の無駄な熱い空気は屋根上で直接排気する。

(屋内が暑くならない・施工も比較的やりやすい)

(Om): 夏場の熱い空気もいったん室内のハンドリングに取り込む。

(屋根の複写熱で夏の小屋裏や2階が暑くなりやすい・2帖程度の断熱を施した機械室が必要)


3、屋内空気の循環機能

(So):屋根排気中も可能→夏日中も室内空気の循環ができる。(補助冷房の機能も追加できる)

(Om):屋根排気中はできない。(夏の効果が薄い)


4、専用部材

(So):屋内設置部材が小さくて簡素 (施工が簡単、メンテナンスもしやすい)

(Om):屋内設置の部材が大きくて数も多い(手間が少しかかる)


5、施工

(So):工務店・設計事務所に限定がない。(自由度があり、コストダウンも可能)

(Om):会員工務店に限定される。(制約もあり一部の方にクローズされる)

以上


そよ風が何か悪さをしていないか考えました。点火時の状況は下記の2パターンが考えられます。
冬 運転停止

冬 暖房循環運転
運転停止時はほぼ無関係でしょう。問題は暖房循環時です。循環ですから室内の圧力は変わりませんが、自然の法則に逆らい上部の暖気をダクトで床下に送っているのでそこそこの風量と推測できます。要するに上部に向かってFANによる強い上昇気流があり床のスリットから暖気を引いているのです。そうだ、これだ!!
おそらく床下のスリットにも負荷があるわけだから、煙突の内部の空気もわずかに引いているのであろう。それしか考えられない。今度点火時に循環FANをOFFにしてから点火をしてもらおう。
 



arts_syokunin at 18:03コメント(0)トラックバック(0) 

2013年11月29日

ここのところ仕事が忙しく、ブログの更新を怠り気味です。

遠方の納品から帰ってまいりました。私の頭脳と体は何世代も前のパソコンのように処理能力が遅いので、仕事が大変です。

またまた、お客様から薪ストーブのネーミングが悪いとご指摘をいただきました。「ケチキュート」こんな名称は特に女性にはウケが悪い。正式名称としては「サイクロンジェットストーブ 」という格好良い名前でありますが、私はケチが好きだ。

たいしてオーブンの温度も上がらないのに(オーブンの位置が下や横の薪ストーブは最大火力でオーブンの中心は最高温度で250℃程度)「オーブン料理ができます。」とか、鋳物や鋼板製なのにトップが500℃になるとか(温度を上げすぎです。表面温度が500℃なら著しく薪ストーブの耐久性がなくなります)「炒めものもできます。」とか、「バイオマスエネルギーは地球に優しく、カーボンオフセットです。」などの宣伝文句は私には失笑ものだ。木質バイオマスストーブ環境ガイドブックも面白い。「製造や輸送に過度のエネルギーを消費していないことなどに注意し、より環境への負荷が低い燃料を選びましょう。」とあるが、これはペレットストーブのペレット製造エネルギーが過大であるので否定でもある。また、地球温暖化とかPM(微粒子)、ダイオキシンに触れながら、ここでは放射性物質に触れていない。原発事故後に発行されたものである。さすが環境省の官僚だ。しかし、熱効率についてに記述があるのは評価しよう。また、熱効率の高い薪ストーブを推奨している。

そんな宣伝にのる方はエコキュートを本当にエコであると思っているのでしょう。
ご存知のようにエコキュートは大きな魔法瓶の電気湯沸し器です。主に深夜電力の安い電気料金を使います。原発が稼働中なら安い深夜電力料金は一定の説明ができますが、もはや,深夜電力料金体系は大きな矛盾と不公平を助長しています。アベコベミックスが代替えエネルギー費の年間4兆円の富が海外に流失しているというのだったら、一体いくらの深夜電力費が海外に流失しているのかを説明して欲しい。ちゃんと猪瀬知事のように正式な文章で(借用書)・・・
しかし、都知事は釈明が下手だ。滝クリのように「お・も・て・な・し」表なしのろくでなしと裏金であることを認め合掌して謝罪すべきだ。

補助金や原発で成立する太陽光発電やエコキュートにはケチな私は怒りさえ覚えます。しかし、嘆いていても始まりません。私は今、脱原発利権を手にすることを考えております。純粋な廃炉や最終処分費の利権ではありません。脱原発を願う心、つまり、電気をあまり使いたくない、灯油を使いたくない、また、薪もあまり使いたくない、との気持ちにつけ込むわけです。これが私の表なし(裏)の本性です。

ケチはケチでも低燃費のケチである。どんな薪ストーブにも負けない低燃費だ。環境省も推奨したいぐらいの低燃費なのだ。


 

arts_syokunin at 10:26コメント(4)トラックバック(0) 

2013年10月28日

完全燃焼と簡単に言う薪ストーブ屋は信じるな。燃焼を学べば学ぶほど、完全燃焼は困難であることに気付くのだ。ガソリン車より燃焼効率が良いディーゼル車でも、ちょっと前まで燃焼ガスの一部に十分な酸素は供給されないため、黒煙を多く発生させていた。薪ストーブのトップからの排煙が見えなければ完全燃焼とかの単純な答えではない。だから、簡単に完全燃焼と言ってはならない。
1102196529

小型焼却炉改訂版
は燃焼についてとても参考になる。絶版のようですが、googleブックスで一部ご覧いただけます。

焼却炉と薪ストーブの決定的な違いは可燃物を大量に焼却処分することと、少ない薪で暖房することである。まあ、当たり前か。読み進めると、いかに自分の薪ストーブが優れているかがわかる。手前味噌か。

自然吸気でありながら可能な限り高温の燃焼空気と可燃物(薪ストーブの場合の場合、良く乾燥した薪)と高温の熱源。それらの三角関係が昼ドラの愛のように燃え上がるのだ。ちょっと違うな。ドロドロとした愛ではない。真実の愛に(二次燃焼室の芯)向かって渦を巻いて燃え上がるのだ。そして愛は育まれる。(滞留時間)

このようなネタは妻に「面白くない」と叱られます。本人的には面白いのだが、いつも私は劇団ひとりぼっち。

 

arts_syokunin at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2013年10月20日

9月は寒い日があり薪ストーブが登場しましたが、10月前半は夏のような気候でした。
寒いと当ブログのアクセス数が急に増え、暑いと顕著に少なくなります。寒くなってから薪ストーブの考えても手遅れなのですが・・・

今日は自分の覚書でもありますが、熱の伝わり方について書きます。記事としてはつまらないし、あまり読まれない記事になると思いますが、とても重要なのです。いや、一般常識かもしれません。

学問として熱やエネルギーは確立されていますが、私は勉強が苦手です。なので、暖房器具に限っての考えです。

熱の伝わり方は3つの基本形態があり「熱伝達」「熱伝導」「熱輻射」です。
熱伝達とは「個体と流体間の熱移動(熱の伝わりやすさ)」熱伝導とは「固体、液体、気体のうちいずれか1つの同一物質内における熱移動」輻射熱とは遠赤外線の波長がおよそ4 - 1000 μmの電磁波です。

家の暖房はそれらが複合的に作用されているもので、暖かいと認識します。ただ、エアコンや石油ファンヒータは主に対流熱伝達で暖めます。非常に立ち上がりが早く便利なのですが、輻射熱が少ないため快適とは感じない人もいます。また、冬場は壁や窓に著しい結露が発生します。

一方で輻射熱は体の芯まで暖める言われておりますが、遠赤外線協会によると「遠赤外線は体に深く浸透するので、体の芯から温かくなる」というように書かれた暖房器具の広告が見受けられますが、これは誤りです。遠赤外線の持つエネルギーは、皮膚表面から約200μmの深さで、ほとんど吸収されてしまい、熱に変わります。その熱が血液などにより体の内部(芯)まで効率よく伝わり体を温めているのです。 

と記述されています。?体の芯が暖まるわけではないと同意いたしますが、全裸の場合方が暖かいのか? 200μm(0.2mm)で血液が暖まるか疑問ですが・・・
確かに、輻射熱の電磁波だけだど全裸のほうが暖かいかもしれませんが、我々が部屋が暖かいと感じるのは肌に直接当たる輻射熱より、部屋の天井、壁、窓、床、家具類等が輻射熱でも暖められるので、熱伝達により暖かいと感じるのです。薪ストーブの場合、対流熱伝達や熱伝導の効果が大きのです。

もちろん薪ストーブは直接の輻射熱の効果により陽だまりのような暖かさもありますし、遠くまで暖めるのは輻射熱の効果も大きいようです。例えば、狭い部屋に薪ストーブがあっても隣の部屋はさほど暖まりません。遠赤外線が届かないからです。広い部屋でも薄い壁があるだけで遠赤外線が絶たれてしまいます。あまりに広すぎても物体が受ける照射強度は放射源(熱源)と物体との距離の2乗に反比例して弱くなります。薪ストーブの設置位置は大変重要なのです。普通は薪ストーブは動かせませんので注意して設置して下さい。


ついでに、住宅の断熱について。熱伝導は個体・液体・気体の中では一般に気体が一番伝導率が低いです。住宅の断熱材は 厚さも大事ですが、気体を閉じ込める密度も重要なのです。外壁と内壁の空間が空気層だけでしたら空気が対流して断熱効果は少なくなりなります。できるだけ小さな気体を移動させない断熱材が高性能と言われるゆえんです。


arts_syokunin at 12:10コメント(0)トラックバック(0) 

2013年10月06日

寒くなり、薪ストーブシーズンの到来です。薪はいつ集めるの?「今でしょ」いやいやもう遅いです。基本は今から2年後の薪を考えなければならない。乾燥の問題があるからだ。
しかし、これは山を持っている人の話。薪ストーブオーナーでも薪に最適な山を持っている方は少数派であろう。待たざるものは、買うか、もらうか、盗むかの選択となる。薪集めの上手な方は驚くほど精力的にあっちこっちに声をかけ、めげずにもらえる薪を集める。私のような気の弱い男には薪集めは向かないのである。薪を買うのも抵抗があり、盗むなどはありえない。できるだけ薪を燃やさない薪ストーブは私には必要であっのだ。
実際のところ薪を購入する方は多い。バイオマス・自然エネルギーなどと言いながらも買っているのだ。悪いことではない。それが経済活動だ。中東に金を出し、アラブの大富豪や投資ファンドが潤うのは面白く無い。
私は数少ないコネクションからケヤキを入手(貰っている)している。 ケヤキは火持ちが良いが臭いと薪割りに問題がある。入手したケヤキはすでに乾燥がかなり進んでいて、これを手で割るぐらいなら、間違いなくホームセンターで販売されている1束700円の薪を買うほうが経済的だ。ケヤキはクヌギやナラの4倍の薪割りの能力が必要と感じている。道具であるアックスや和斧に興味がないわけではないが、機械のほうが好きなので薪割り機を自作した。恥ずかしい話だが、薪ストーブ屋でありながらクヌギやナラは薪割りをしたことがなく、燃やしたこともほとんどがない。
ちょっとした縁で、今年の春切りの玉切り済のナラを購入した。 基本は冬に伐採したものが良いのだが。
IMG_0262
重量約400kg。積載オーバーじゃん!!早速、自慢の薪割り機の出番だ。

IMG_0272
あっという間に薪割りが出来る。
ケヤキに比べたら割り箸のようだ。薪割りの労力が1/4ですむ。これなら、斧で割るのもたいしたことない。
IMG_0252
苦労したケヤキの薪割り。
IMG_0251

薪ストーブ屋であるなら、燃料費である薪の値段を熟知しなければならない。
薪の生産工程
JASで1束(1箍)直径22.5cmの規格があるらしいが、長さに関しては規定はないようだ。
 なので1束何円と言われても長さが30cmと50cmの薪では量は異なるわけだから、1束とかの表現は私は好まない。更に1棚に至っては何㎥か規定はない。1㎥と言っても原木か原木を玉切したものか、又は割ったものでは㎥が異なる。私は重量で伝えるべきであると思う。乾燥すると重量が異なるとの、ご指摘を受けそうであるが、体積に比べ誤差は少ない。
IMG_0259
そんな中、ある薪屋さんの乾燥済みの薪を試験用に購入してみた。1束を10kgを基準にしていて、重いものは11kg弱ある。材はナラにした。太割と中割があったがもちろん中割を買う。
そこの店主と薪談議したが、これほど薪について共感する人は今までにいなかった。店主も話しがわかるの人は初めてだと言っていた。要約すると、「薪は太割りより中割のほうが良い 」という結論であるが、大量の太割りをストックしている人には語弊があるであろう。 同じ重量の薪であれは中割のほうが暖かい(燃焼が早いため早く燃え尽きる)。私見であるがストーブの種類や設置条件により異なるが、太割りを連続燃焼させるには相当な熾(熱エネルギー)が必要で、そのエネルギーは暖房には過大である。何度もいうが薪の節約は(低燃費の薪ストーブは)少ない薪を高温で長く燃焼させ、煙突からの排気熱を可能か限り捨てないことだ。ベテラン薪ストーブオーナーからはご批判を受けそうであるが、猿でもわかる単純な理屈である。

arts_syokunin at 18:44コメント(2)トラックバック(0) 

2013年09月30日

究極の低燃費薪ストーブ。究極という言葉は古いな「倍返しだ」。ドラマなど見ておりませんが言葉の響き、意味としては私は好きかな。(その筋の職業ではありません。街の薪ストーブ屋です)
すべての薪の熱エネルギーを部屋に放出すれば理想であるが、そのような薪ストーブはありません。極力、薪が持つ エネルギーを煙突から出さなければ良いのだ。猿でもわかる低燃費薪ストーブ。猿も古いな。ローラにもわかる?「ウフフわかんない」「もう、フンフン」それは、さとう珠緒だろ。

対流式石油ストーブの代表格アラジンストーブ。
ef17-0002_1
おなじみの反射式石油ストーブ。
l
電気を使わないので最近は見直されております。開放式(燃やした排気熱を室内に放出する)石油ファンヒーターもエネルギーの効率は良いです。石油は1Lを燃やす水素と酸素が結合しして室内中に約1Lの水蒸気が発生します。冬は乾燥しておますので、むしろ良いのですが、石油ファンヒーターに限っては遠赤外線(輻射熱)ではなく、ほとんどが温風ですので、窓や家具裏の壁などに著しい結露をいたします。
カビなどが発生して、殺人兵器と言う方もいらっしゃいます。私は部屋を早く暖める能力があるのは良い点であると思います。私はエアコンより好きだ。ていうか家にはエアコンがありません。
IMG_0291

外壁直近出口のシングル煙突。排気熱回収BOX施工後は赤ちゃんが触ってもやけどはしません。薪ストーブ単体ですと70℃ほどになる場合があります。
一般的な薪ストーブでは普通はこのような排気温度では薪ストーブは燃やしてはいけませんし、巡航運転できません。
私の薪ストーブに限ってはコストを考えると高価な二重断熱煙突を使う意味はありません。

排気熱をガンガン捨てる暖炉は炎を鑑賞するインテリアだ。ほとんどの熱を室内に放出する私のストーブは熱の10倍返し薪ストーブだ。









arts_syokunin at 06:22コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月08日

IMG_0210
土曜日に佐久市の大工さん宅に納品に行ってきました。
自邸を建築中で建てながら住んでおります。我が家も未完成で入居したのでとても懐かしい気持ちです。

設置階は2階でこれも我が家と同様。薪の荷揚げはウィンチを計画しています。勘の良い 職人さんが考えることは共通点が多く楽しいものです。薪ストーブはユンボでお客様にお手伝いしてもらい、無地に2階に設置出来ました。ありがとうございました。普通は薪の荷揚げの問題がありますので1階に設置するのをお勧めいたします。

いつも納品時は写真を撮るのを忘れてしまいます。面白い写真が撮れるのに残念です。無事に設置出るようにあれこれ考えると余裕がないのです。

煙突はお客様ご自身の設置後の施工ですので、テスト燃焼はできませんでした。もう長野はいっきに秋を迎えようとしています。喜んでいただけると幸せです。

我が家では洗濯物が乾かないので薪ストーブを焚き始めました。先日、薪ストーブを本格的に外側を再塗装したら、まるで新品のようです。もちろん、中は使用感がありますが ほとんど傷んでいませんでした。我ながら良いストーブだ。

arts_syokunin at 18:32コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月02日

IMG_0198
土曜日に何十年ぶりかのロングツーリングに(といっても往復200km)行ってきました。
原付き2種(110cc ) でパワーに余裕がありませんので疲れました。しかしながら思った以上に快適で碓氷峠など気持よく走りました。普段この峠は車では通ることはほとんどありませんが、バイクでは楽しいものです。
行き先は群馬県のとある温泉地。薪ストーブをご検討いただいているお客様の設置場の確認もあり急遽のツーリングでした。家族には仕事であると告げてツーリングとは我ながらのんきである。

設置場所は大きな旅館でした。大きなフロアーには別の薪ストーブが設置されるようで、ちょうど別の薪ストーブ業者さんも同席されていました。
IMG_0200
その方は顔を見てすぐに軽井沢暖炉の上野さんであると分かりました。お会いしたことはありませんが、HPをなんどか拝見しております。
その旅館の大きなフロアーに設置予定の薪ストーブは暖らんアール 。
order-ph2
私の薪ストーブとは用途も開発コンセプトも全く異なるものです。性能を比べるなら同じ薪ストーブでも異種格闘技でしょうか?雑談の中で上野さんは「他の薪ストーブと比べて下さい」とおっしゃっていました。それぞれの立場で自信があるものを販売しているのですから当然です。ちなみに会社は群馬県の高崎にあります。
IMG_0203
私のストーブは旅館のプライベートルーム。広いワンルームですが(リフォーム中で詳しい間取りはわかりませんが)十分にご満足していただけるでしょう。
帰る前に別の住宅の薪ストーブを拝見してきました。
IMG_0207
石村工業さんのクラフトマンです。私が講評するのも変ですが、よく出来た薪ストーブです。ちょうど今夏開店の軽井沢にある喫茶店で私の薪ストーブ(店舗側に設置 )と石村工業さんのクラフトマン(仕事部屋側に設置)がガチンコ勝負?となる予定です。ペレットと薪を兼用できるクラフトマンとは用途が少し異なりますが、こちらは同階級のタイトルマッチになるでしょう。
ちまみに私はペレットを燃料として使うのは値段が高いのでおすすめしておりません。また、木材をチップにして乾燥させ圧縮する工程がペレットのそのものが持つエネルギーを上回ると思っています。全然エコではないと思っています。補助金などに頼らずに普通に安く流通すれば私も燃料として考えましょう。

 

arts_syokunin at 18:41コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月01日

DSC_0967

少しブログの更新を怠っておりました。申し訳ありませんでした。

先日、 軽井沢のとある別荘の薪ストーブの修理を依頼がありました。お客様いわく、もう20年使っているのでどこの薪ストーブ屋さんにも買い替えを勧められたそうです。

ヨツールの鋳物製の薪ストーブ。私もサポートできるかわからないがとりあえず現場を確認。
聞けば、年数回の使用で外観はほとんど傷んでいなかった。これがスクラップではもったいないので修理が可能か詳しく点検。
「部品が溶けている」ということでしたが原因は酸化による腐食でした。(黒錆、赤錆の両方)使用時間は少なくてもやはり湿気が多いところでは使っていないと腐食は進むのでしょう。不具合箇所はバッフル板を支える金具が腐食により痩せて引っ掛かりが弱く落下してしまう事と、天板のジョイント部分が腐食により気密が不十分であることでした。鋳物の腐食は厄介で 溶接での補修は向いておりません。
隙間箇所に耐火パテを詰め込み、金具はステンレス板をボルトオンで補強して終了。普通の薪ストーブ屋さんが買い替えを勧めるのは理解できるが、修理すればまだまだ使える場合もあります。「もったいない」この精神は大事にしたいです。 

arts_syokunin at 06:11コメント(0)トラックバック(0) 

2013年07月03日

千葉にお住まいのA様から嬉しいメールをいただきました。
メールの転載を承諾いただきましたので抜粋して公開いたします。

ケチキュートの方は至って快適でした。
面白い情報を一つ。
3月までストーブ焚いて、薪は1m3しか消費しませんでした。
朝は焚かず、4時位から夜9時位までという感じです。
で太陽光発電付いてるので消費電力見てみました。
    1月  2月  3月
2012  1092      979          855
2013         883       804          722
でした。12月は、2011/12のデータがないので比べて居ません。
合計で、517kwhですね。12月も半月位は焚いて居たので、600kwhくらいの節電になっています。
電化上手の朝晩になるので30円とすると、18,000円です。薪は1m3あたり、8,000円だったので、元取れてますね!
これって結構すごいことだと思いました。他のストーブではこうはいかないでしょう。
千葉の薪屋さんも、みんな3〜4m3くらい買うと言ってましたから。
しかも、エアコンよりも暖かい冬を過ごしました。
去年までは、エアコンケチって、足湯や毛布にくるまったりしてましたから…
今年は足湯の出番は最後までありませんでした。

乾燥した薪が1㎥8,000円は安い方だと思いますが、温暖な地域とはいえワンシーズンに1㎥など普通はありえません。さすがに私の薪ストーブでも軽井沢では1月など厳冬期は1ヶ月1㎥ 以上消費してしまいます。

電気料金は単純に1kw/h何円と言えません。契約種別により時間、使用料により単価が異なります。なので、電気自動車の充電1kW/H=
11.82円(深夜電力)などの単価はナンセンスなのです。

keisan_pho_02
中部電力・電気料金のしくみ
charge01_il03
電気ご使用量のお知らせ」の読み方

もちろん、寒冷地ほど節電効果がはっきりといたします。いただいたメールを見ますと明らかに節電効果があり、輻射熱で暖かく過ごせたことは私にとって最高に嬉しいことです。 

arts_syokunin at 20:35コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
tetsujinartsをフォローしましょう