artstyle★

大阪、寝屋川市香里園の駅前にある美容室です。 よろしくお願いいたします★

本当にイヤですね…

また震災であったり、台風被害であったり、自分の住む大阪はもちろんのこと、日本各地で、また海外でも今だに被害が出て、それに向けて復興してる最中、それでも無情にも今週末はまた台風…

地球の温暖化によって、今後もこれ以上に荒れていくと言われてる未来の話し。


何が出来るんでしょうね?

何をしていかないとダメなんでしょうか?

身の回りに起きている事としっかり向き合いながらでも、
何か変えれる事は変わっていかないといけないと感じる次第でありますm(_ _)m


我々も少なからず、地震と台風でお店にも被害はありました

そして、今後も来る台風でどうなるかまだ分かりませんm(_ _)m

心配は尽きませんが、どうか皆様無事でありますように…。

またステキな週末を過ごせますように☆彡


IMG_8804



IMG_8802



いい日が1日でも早く来ますように…



IMG_8714




この1ヶ月で随分過ごしやすい気候になりましたね。

たちまち寒い日がやってくるので、この時期は貴重ですね。
いつも紅葉を見るのと、秋服を着るタイミングと逃している気がします。
 

今年の休みは9月と遅めでしたが、
しっかりと夏を満喫してきました!


今回は久しぶりに海外に行ってきました。

行き先は、マレーシア


現地に着くまでは、1人で

終始不安な旅でした。




FullSizeRender



今回旅のお供をしてくれました私のファミリーです。

旅の達人で世界各国歩いています。

見えませんが、純粋な日本人です。



今回の行き先一つ目は、レダン島



マレーシアからいける島は沢山あるのですが、

その中でもレダン島はセレブが集まる島と聞いて、
さぞ綺麗な海があるのだろう!と
数ある中ここに決めました。


行くのは結構大変

関空→クアラルンプールまで7時間

→クアラトレンガヌ空港まで1時間

→高速船で1時間


乗り物が苦手な私にとってはたどり着くまでに体力がなくなる時間でした




しかも高速船のはずが、まさかのこんな小さなボートで行く羽目に…

IMG_9931

 
船から投げ出される恐れがあるため
ライフジャケットを着させられます


IMG_9934

最初はまったーりと進んで、
USJのジョーズみたいやん。ノロイやん( ・∇・)

と気を抜けたのも一瞬のこと。


体験したことのない容赦のないスピードで走り出し、絶叫アトラクションに変わりました。
何度も波を超え 内臓フワフワ。
叫びしがみつくのに必死の45分間…


(ノロノロ時 撮影)
IMG_9947



修行のような時を終え、ここから楽園…!




私たちは島一番のセレブホテル


の隣の一番やっすいホテルに泊まりました


IMG_9967


雰囲気はいい感じ!


しかし!


ホテル代は事前にカードで支払っているはずなのに、
受付のお姉さんキャッシュオンリーと言うのです…。

どういう事か…

ネットで登録したクレジット番号はホテル代とは関係なかったらしく、
この場で支払うはめに…

お金がここでほとんどなくなりました。


  
節約のため、ご飯は一つを分け合いました!  

IMG_0002

こちらトムヤムスープ定食です。
貴重な食料と思うと一層美味しかったです





腹ごしらえを済ませ、島を探索したのですが

IMG_9989


IMG_0427


IMG_0081


のどか〜

セレブの気配は感じません(´∀`)   


なので、隣の高級ホテルに潜入する事に


止められるない秘訣は、真正面から

堂々と入る!

IMG_0004


トコトコ…

IMG_0008

IMG_0006




  !!

IMG_0022




FullSizeRender


答えはここにありました。

きっとこのホテルだけをセレブの島と言うのでしょう!


FullSizeRender



しかも、海めっちゃきれい。

IMG_0521



お尻が熱かったようです

FullSizeRender


砂サラサラ!

IMG_0036



スヤスヤ…


IMG_0029


ここで贅沢な気分だけを味わい、

次に来た時は、ここに泊まれるくらいの人間になろうと
かたく約束をしました



TAARAS hotel

FullSizeRender




お隣のローカルビーチではガッツリ泳ぎ、


IMG_0413

ウミガメの泳ぐ姿を見れました!


IMG_0041


レダン島での1日目はあっとゆうま


2日目はマレーシア、クアラルンプール♩




IMG_0378




このページのトップヘ