脂肪肝だけどかなりよくないました。

脂肪肝ですと数年前に医師から検査結果を伝えられてとてもショックでした。私の場合の原因は年齢による身体の基礎代謝の低下と運動不足、それに偏った食生活でした。とくに食事は量もたくさん若い頃と同じだけ食べていて、さらにラーメンの家系がはやっていたのでいろいろと食べ歩いて週に4〜5杯くらい食べていました。当然、血液どろどろ脂肪肝と診断されたのでした。




医療機関による治療はいっさい行わず現在にいたります。やったことはラーメンの食べる回数を減らすことと、スポーツジム通いを始めたこと、それに毎日の有酸素運動として自転車の一時間のサイクリングと通勤も自転車に変えました。
そうしたら今はほぼ肝臓の検査数値が正常な値になりました。


医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

脂肪肝 (しぼうかん、Fatty liverまたはSteatosis hepatis)とは、肝臓に脂肪が蓄積した状態を指す。原因としては、過栄養性の脂肪肝が最多であり、その他アルコール、薬剤、妊娠などがあげられる。

脂肪肝分類
大きくアルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝(NAFLD)にわけられる。この2者は肝生検像が異なる。
ガチョウや鴨の肝臓を強制肥育によって肥大化させた高級食材「フォアグラ」や、稀にニワトリの雌鶏に見られる「白肝」も実は脂肪肝である。


脂肪肝症状
無症状のことが多い。


脂肪肝検査
血液検査
しばしばAST(GOT) エコー
「肝腎コントラスト上昇(hepatorenal contrast)」(腎よりも肝が高エコー)や「肝脾コントラスト上昇」(脾よりも肝が高エコー)が見られる。また深部減衰(deep attenuation)もみられる。肝は腫大し、肝右葉下端が右腎下極よりも尾側に位置することがある。超音波が斜めに入射する胆嚢壁では、壁が不明瞭化する「fatty boundless sign」もみられる。
限局性に脂肪沈着が多い部分・少ない部分がある場合、腫瘍と鑑別を要する。鑑別点は、門脈など正常の脈管構造の有無などである。
CT
形態から肝障害・脂肪変性の評価を行う。脂肪変性に伴い脈管と実質の信号強度が正常肝と逆転することもある。(肝実質がむしろ低信号となる)
肝生検
NASH(=non-alcoholic steatohepatitis)については確定診断にかかせない。

脂肪肝治療
原因があれば(肥満・糖尿病などがあれば)、その除去・治療
もしも誘因がなければ、インスリン抵抗性阻害剤=PPAR-γ阻害剤や
ウルソデオキシコール酸=UDCAなどが用いられているが、そのエビデンスや 薬理活性はまだ判然とはしていない。


予後
原因不明の肝硬変の多くはみつからなかったNAFLD(non-alcoholic fatty liver disease)ではないかと考えられている。また、非アルコール性肝炎(NASH=non-alcoholic steatohepatitis)になってしまうとそれだけで予後は悪い。以前考えられていたように予後良好な疾患というわけではない。 一部は肝硬変・肝癌へ移行すると考えられている。


メタボと'脂肪肝'2/ミルキーで上質のフォアグラ/フォアグラ/シンプルながら清潔♪快適なペンショ...


aruarujiten2 at 13:00│TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

QRコード
QRコード
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site
[投資・経済・株]