2018年06月21日

B9034■楽しいな ツイッター川柳 句集で見〔■原優治様〕〜1000/7876句首記事

B6828 ■原優治様:さらにさらにおバカさんの民主党は、この不健全な労組の上位団体、労働貴族の巣窟と化した連合へ相互支援を申し入れているのですから、これ以上の滑稽さはないのです。きちんと話し合ってこの悪しき関係を清算して下さい
B6829 ■原優治様:更におバカさんを示すのは、この期に及んでも共産党にヘゲモニーを取られたくなくて民主的な連合政権をめざす動きへ背を向けていること。自公政権をぶっ潰す大目的の為には共産党アレルギーなんかはぶっ飛ばさないとダメ
B6830 ■原優治様:我々大衆には民主党が共産党の下位でも上位でもどうでもいいし、ちっとも構わないのです。こんなことも解らない。民主党は今回、民意に背いて政党エゴのままに動けば、本当に消滅してしまうかも/政党は大衆のためだよ
B6831 ◎■原優治様:本日の日経平均は、なんと582円73銭安となって、18,450円98銭となって引けた。一時は600円を遥かに越えて下げたのだが、政府筋の公的資金がはいって辛うじてこのラインで抑え切ったかっこうだ
B6832 ■原優治様:言わんこっちゃない。株式はすべて売却しておいた方がいいとあれほど勧めたのにねえ。いいですか、アベノミクスは完全に失敗しているのですよ
B6833 ■原優治様:例えて言えば、大きい湖でボート遊びで湖央へ漕いで行った場合、穴が開いていることが途中でわかれば、自力で漕いで引き返すか、或いはSOSを発して近くのボートの救助を求めるとかしないと沈没してしまいますよ
B6834 ■原優治様:これだけ下げてくると信用買いの残高が数兆円へ達している状況故に、相場は総崩れの様相。投資家へは追い証のお金も求められ破産した人もどんどん続出とのこと。中国の通貨・元も続落、世界の景気も悪化し続けているのだ
B6835 ■原優治様:GPIFの委託を受けたゴールドマンサックスが、なにかのからくりかもだが、10兆円も運用損失を出したとのことだから気を付けた方がいいに決まっている。くれぐれも公人、私人としても安倍氏を過信してはいけませんよ
B6836 ◎■原優治様:今の株式相場は第2次安倍内閣発足以来、完全な官製相場です。わかりますね。私から見ると、安倍・塩崎・甘利のお三方は立派な犯罪者になる可能性があります。これから日経平均は暴落するものと思われます
B6837 ■原優治様:暴落時、株式市場へ投資金としてGPIFにより既に流用されている巨額な厚生年金積立金(公金)はもの凄い損害を受ける/日銀資金(公金)も巨額が株式市場へ流用されており、今後株式相場は真っ逆さまに下がっていく
B6838 ■原優治様:公金が大損害を受ける/GPIFが米国のGSへ委託した際の10兆円にも及ぶ運用損失とは別に、さらに数十兆円という巨額の損失が発生/大穴があけば、証券取引法違反、善管義務違反他の容疑を逃れるすべはない
B6839 ■原優治様:安倍・塩崎・甘利氏のお三方は、相場を故意に釣り上げ操作し続けた「証券取引法違反」、損失がでる蓋然性が高いのに公金を流用させた「善管義務違反(善良なる管理者としての義務違反)」その他様々な容疑ある
B6840 ■原優治様:公金を流用した容疑と証拠隠滅のおそれありということで、国会の会期が開け次第、東京地検特捜部によって逮捕され事情聴取されるべきであると考えられます。取り調べがすすみ、容疑が固まり次第、もちろん起訴されます
B6841 ■原優治様:小沢一郎氏が濡れ衣を掛けられた時に比せば、お三方の被容疑事実は紛れもない/さあ、同様な苦しみを安倍・塩崎・甘利のお三方も味わうべき時/公金へ大穴を開けた場合、もはや逃れる術はもうない/お覚悟を決めて下さい
B6842 ◎■原優治様:非正規雇用や派遣労働がふさわしい労働形態というものがあるところは判っています。昔は、確か通訳や旅行ガイドやタイピスト等7業種は派遣労働制が認められてた。7業種は熟練を要し、専門職だから競争力もあった
B6843 ■原優治様:7業種は、専門職だから派遣される方には、時間単価も極めて高く、給料も良かった/ところが、小泉内閣の時代に製造業一般へまで派遣労働制が拡張された/そうなるともの凄い搾取と差別がなされるようになってしまった
B6844 ■原優治様:派遣労働が身分化されると、一生這い上がるの難しく、苦しみ抜く人生になる。これは憲法に違反/7業種を除き、一般労働での派遣労働のような非人間的な取り扱いに、全日本人が気づき、原則的に廃棄しなければならない
B6845 ◎■原優治様:現政権下では、東京地検特捜部は動かず、この三人は高をくくっている、そのような可能性が高いですね。それに加えて、マスメディアが完全に眠り込んでしまっている状況ですから、腹立たしいかぎりです
B6846 ■原優治様:さすがの米国でさえ、政権の人気を維持するために公的資金が度を過ぎて株式市場へ注がれるということはありえません。ただ国民の意識が変わってくると、安倍・塩崎・甘利のお三方も悠長に構えてはおれなくなりますよ
B6847 ■原優治様:若者の意識が目覚めて投票率が高まり、野党が結束して、特に一人区で候補者を絞り込めれば、自公政権へ圧勝できる/共産党は、何としても自公安倍政権をストップさせないと日本が基底から危ないと真剣に考えています
B6848 ■原優治様:そのために。民主-維新の擁立した立候補者へすり寄る形で、共産党は自党の候補者を敢えて抑えるという捨て身の戦法を取ってくることが十分に考えられます。まさに真田丸を拠点とした真田信繁(幸村)の戦法と同じです
B6849 ■原優治様:目的は、安倍・塩崎・甘利のお三方を擁する自公政権の打倒という一点です。自民党は、共産党の戦略転換に気付いて大混乱に陥っている。5年間は、腐敗した自公を政権から干すことができれば日本の体質改善可能です
B6850 ■原優治様:大勢の日本人が自公を見限って戦争法廃止の、平和と共生の、こちら陣営へ移動してくるからです。現在自民党と公明党へ投票している人の多くは自公へ投票した方が仕事上、事業環境上安全であると信じ込んでいるからです
B6851 ■原優治様:自公への投票をされる方々はこれまでの生活態度や投票姿勢をあまり変えたくない方々が多いのです。しかし5年間も、今まで頼りとしてきた自公が政権から干されてくれば、新しい政権へすり寄っていくものなのです
B6852 ■原優治様:共産党は、あまりの自公の傲慢さを今度こそは木っ端みじんに破壊しようとしています。それが国民の最大公約数的願いなのです。民主党もそのことに気付くべき。妨害している方の名前は既知。妨害を即やめてもらうべき
B6853 ■原優治様:そのように気づき、妨害を打破し、やめて貰い、環境が変わってくれば、今回の証券取引法に違反して、善良なる管理者としての義務を怠り、損失がでる蓋然性を事前に知っていながら、大損害を与えた方々には責任を問うべき
B6854 ■原優治様:巨額な公金を流用させた末に大損害を与えたことに対する刑罰は大きいものがある。現時点で既に10兆円を越える損害がでている。真実を知れば国民の多くは黙ってはいない/■AN様:志位さんは 党名変更 覚悟とか
B6855 ◎■原優治様:企業におけるトリクルダウンは健全な労組がなければ、稀有な例を除いて起こり得ない/「求めよさらば与えられん。叩けよさらば開かれん」は真実/真剣に熱心に求めて叩く労組は資本主義の正常なメカニズムにとって必須
B6856 ■原優治様:ところが、経緯は省きますが、現在の日本では、健全な労組は自民党や旧民社党などによって潰されてしまっていたのです。ですから現在の日本では、トリクルダウンに端を発する「経済の好循環」はなかなか起きないのです
B6857 ■原優治様:儲かった企業は労務費へ回さずにせっせと内部留保に努めてしまう/配当や役員報酬や上級管理職の給料を上げてしまう/求めて叩いてくる労組がなければ、大株主の意向が大切と考える経営者どもは、こうなってしまうのです
B6858 ■原優治様:労働分配を減らす経営者どもの行動は、彼らの意に反し、マクロ経済上、個人的消費を委縮させ、低所得者を生活防衛的にさせ、モチベーションは働かず、不活性社会へ突進、デフレ化し、経済はどんどん破綻へ向かってしまう
B6859 ■原優治様:まさに短絡的には、個々の経営者が良かれと考えてやった労働分配を減らすことが、全体となると彼の首を絞めつけるというまさにあの「合成の誤謬」と呼ばれる重大な矛盾が日本経済に起きてしまっていたのです
B6860 ■原優治様:安倍総理がのこのこ経団連へ出かけて行って賃上げを要請しても強欲な経営者どもが聴く耳を持たないのは自然なこと/賃上げというものは、労使の団体交渉の鉄火場(てっかば)のなかで辛うじて決められるものだからです
B6861 ■原優治様:闘う健全な労組を潰しながら、安倍総理がのこのこ経団連へ出かけて行って賃上げを要請しても労働分配率が上がらないということからも、このままでは、アベノミクスは絶対に失敗、日本経済が破綻していくのは確実なのです
B6862 ◎■原優治様:共産党は、日本の伝統を尊重した上で、本気で、自公政権をつぶしにかかると見た。ここは小沢一郎先生もついていてくださるから盤石の構えだ。あの真田丸に匹敵する捨て身の戦法だ。腹を切らせて骨を断つというやつだ
B6863 ■原優治様:また、志士仁人は己を殺して仁を成すことありの構えじゃないか。素晴らしいではないか。共産党は日本を愛しているのだねえ。これに引き換え、自公はアメリカの隷属国になる戦法であって、恥ずかしくないのかねえ
B6864 ■原優治様:安倍氏は靖国へ参拝する資格がない。だって国を米国へ売ってしまったから。更に憲法を土足で踏みにじったのだから絶対に倒閣だね!勿論現実的になっている共産党は米国との関係も大事にしつつ徐々に変えていくと思う
B6865 ◎■原優治様:もはや、自民党は政治的悪の巣窟と化してしまい/仕事や事業の関係上、現役の方々は(与党を支持した方がいいと勘違いして)与党である自民党へすり寄っていることをいいことにして、自民党はやりたい放題なのです
B6866 ■原優治様:社会学の公準とされている命題、すなわち「絶対的な権力は絶対に腐敗する」ことがまさに証明されています。何故、有権者は、先の国政選挙で、かくも安易に自民・公明両党の連立候補者へ一票を投じてしまったのでしょうか
B6867 ■原優治様:沖縄新基地、福一原発メルトダウン、原発再稼働、戦争法案、TPP、マイナス経済成長、憲法改正、特定秘密保護法等どの問題も安倍氏の主導とゴリ押しで進められ、あからさまな事実が判明し、内閣不信任に大きく関わって来た
B6868 ■原優治様:個人的な意見だが、野党が結束して、もし新政権が樹立されれば、ことごとく原点に立ち返って再考されて、まさにオセロゲームのように、時間は掛かりますが、ことごとく覆(くつが)えされることになると思います
B6869 ■原優治様:今、独裁的な最悪な総理を、間接民主制とは言いながら、何故選んでしまったかについては、今後、広汎な大衆の議論の俎上に上げられるべきだが、責められるべきは自公(や●前政権)や大衆自身でもあるとも思われます
B6870 ◎■原優治様:どんな銀行組織でも、まじめで良心的な方が多数です。また、厳しい法律のもとで仕事をしているのですから、普通の業務においては牙をむくことはありません。ただ、あなたが未だ知らない世界が銀行にはあります
B6871 ■原優治様:貴方は多分、社会的にはアッパークラスに属し恵まれた環境にあったのでしょう。それはそれで素晴らしいことですから思い出を大事に!だけど社会科学的認識を深めるとしたらそういう甘い感傷に浸っていてはダメです
B6872 ■原優治様:一歩大胆に真実の世界へ突っ込まなければ。例えば、銀行の奥の応接室で客とどんな本音の会話があるのか、会議室で幹部がどんな議論をしているのか想像して。書き出してご覧なさい。添削、コメント、解説して差し上げます
B6873 ◎■原優治様:共産党の古参の党員が不満を感じているですって?決してそんなことはありませんよ。むしろ、今年の国定選挙で自公政権をぶっつぶさなければ共産党員の立つ瀬がないのです
B6874 ■原優治様:世論のおもむくところ、大衆の望いは、なにはともあれ、自公政権をくつがえしてほしいということなのです。なにがなんでも自公政権をぶっつぶすことができなければ共産党はもたないのです
B6875 ■原優治様:世論はぶっつぶすことを求めているのです。(これに鈍感なのが、民主党の前原氏や野田氏などの自民党寄りの民主党員です。彼らは、本来は飛び出すべきですが、無所属では落選するから民主党に残っているだけなのです)
B6876 ■原優治様:共産党にとっては入閣するかしないかはどうでもいいのです。民主と維新の議員が圧倒的に内閣へ入っても文句は言わないと!ここまで言い切る委員長は、腹を括ってます。そこまで自公政権に怒りをたぎらせているのです
B6877 ■原優治様:わかりますか。かれらの日本を思う正義の心がわかりますか。こうなると自公のこれからはきわめて危(あぶ)なくなります。わかりますか。自民党と公明党の幹部の恐怖がわかりますか
B6878 ■原優治様:’16年7月以降自公は、国政のヘゲモニーを失い、後2年以内に政権を明け渡さなければいけないのです。自公政権の悪事がことごとく明らかにされてしまうのです。今まで弾圧していた連中が逆に弾圧される側へ廻るのです
B6879 ■原優治様:(多分、自公関係者は、その犯した悪事によって少なからざる連中が逮捕されるかも)。もちろん新政権はあからさまな弾圧はしないでしょうが、これまで悪事の限りを尽くしてきた自公政権には恐怖を感じるしかないのです
B6880 ■原優治様:野に降るということは自公には絶対にやりたくないしできないのです。でも総選挙で敗ければ野に降るしかないのです。ぜいたくになれた自公には、冬を控えたあのキリギリスの心境なのです
B6881 ◎■原優治様:安倍晋三氏の政治は、富裕者、経団連、アメリカに代表される強者・勝者の自由を最大限に認めていこうとする政治です。消費増税や派遣労働制の強化などに見られるように弱者・敗者の側へは、まるっきり立っていません
B6882 ■原優治様:強者・勝者を重視の政治を進めていきますと、つまるところ、ごく少数の自由人と圧倒的に多数な不自由人とによって構成される不活性社会が到来/このような新自由主義的な政治・行政は重大な矛盾をはらんでおり、必ず破綻
B6883 ■原優治様:米国の社会や経済がガタガタになり、国力が急速に落ち込んでしまったのは強者・勝者重視が原因/今では、殆ど多くの人達がこのことに気が付き始めてい/対応は簡単/野党が結束すれば新自由主義的政権はすぐにつぶせます
B6884 ■原優治様:今まで共産と民主と維新とが分裂してきましたから、一人選挙区では自公連立の統一立候補者に全部敗れてきた/自公がそもそも野合政権ですから、野党側も野合だとか言われようと、統一候補者をたてて戦えばいいのです
B6885 ■原優治様:国政選挙に勝った後でルールに沿って真剣に話し合って政権を運営していけば良いのです。政権を奪取したら、野党になった自公から見ればふてぶてしく、しかし確実に政治・行政をすすめていけばいいのです
B6886 ■原優治様:民主党がかつて経験した落とし穴へ落ち込まないようにする対応は簡単です。自公の色々な嫌がらせは全て無視していけばいいのです。逆に、専門部署をつくって、かつての自公の悪事をどんどん暴いていけばいいのです
B6887 ■原優治様:自公政権へ仕え過ぎて過度に反抗的な官僚へは、対応の前にまず法律改正をして、正当な理由なくして内閣に非協力な官僚には、然るべき法的対応をしていけばいいのです。法律さえ完備しておれば何も恐れることはないのです
B6888 ◎■原優治様:あの橋下一派のことですから、永田町の自民党本部とは、地方分権を目指す憲法改正という一点で、選挙協力しようとするでしょうね。その方向しか大阪維新の会は生き残れないと思い込んでいるからです
B6889 ■原優治様:万一、選挙協力が巧くいって、自民党から論功行賞を受けて、橋下徹氏の入閣も可能になる。そういう野心がチラチラ見えいます。でもそれは叶わない夢/当然、公明党ともそういう選挙協力関係へ入りたいということを意味
B6890 ■原優治様:公明党と大阪維新の会は全然理念も方向も違う政党です。本質的には、うまくいくはずがありません。問題は、四つあります。‖膾絨歐靴里海譴ら立候補しようと準備している比較的若い党員を説得できるか
B6891 ■原優治様:大阪府をはじめとする関西の自民党地方本部と永田町の自民党本部との国政選挙呼吸が合うかどうか。菅官房長官の政治的力量が試されます。うまくいくかどうか。うまくいかないでしょう
B6892 ■原優治様:8明党との選挙協力を巡る両党の一致が見られるかどうか。既に述べた通り、やはり無理/ぐ貳崔輒椶気譴襪里蓮橋下一派を核とする大阪維新の会の動きを大阪を始めとする関西の有権者がどのように評価するかです
B6893 ■原優治様:大阪府および大阪市の首長選挙では勝ちましたが、国政レベルにおいても、冷めかかっている、かつての熱狂的であった橋下支持者がどこまで支えきれるかは大変疑問です。私は関西の有権者はそれほど愚かではないと考えます
B6894 ■原優治様:安倍総理や菅長官が評価するほど、関西の橋下氏へ対する大衆の評価は高くなく、もちろん自民党および公明党の評価も高くはなく、現地における大阪維新の会と自公との間の温度差はかなりあります
B6895 ■原優治様:これらは、安倍総理や菅長官の制止を振り切って、数々の厄介な政治トラブルの素(もと)になります。ですから選挙協力はかなり難しいのです
B6896 ■原優治様:今回は、とくに一人区では、共産党が一大決心のもと、選挙運動の黒子に徹して、絞られた民主・維新(大阪維新ではない)の統一候補者を、かげで共産党が支援するいう態勢がほのかに見えてきました
B6897 ■原優治様:こうなってきますと、それでも表面的には選挙協力がうまくいったとして、自民・公明・大阪維新 VS 民主・維新・共産という2大勢力の激突ということになります。さあ、どちらの勢いがまさっているでしょうか
B6898 ■原優治様:アベノミクスの正体が既にバレてしまって、頼みの経済の好循環が進まず、経済格差は拡大する一方で、大衆は安倍自民党に拭い難い疑惑を感じています。そしてやはりウソつきで不誠実でニセ右翼であることがバレた橋下徹氏
B6899 ■原優治様:首長選挙とは違って、国政選挙では、橋下一派の率いる大阪維新の会は、かなりの選挙区で自民や公明の選挙協力を得られずに大変な苦戦を強いられ、惨敗ということになります
B6900 ■原優治様:ウソつきで不誠実でニセ右翼だとバレた橋下徹氏の政治的命運は、せいぜい’15年12月がピークであったのであり、その後は政治的下降線を辿っており、その内政治的視界から流れ星のように消え去っていくことでしょう
B6901 ◎■原優治様:残念ながら、このような政治姿勢が続くようだと、安倍晋三氏は病が昂じて、天の怒りにふれて、意外にはやく天に召されることになるでしょう。もちろん、天国なんかではなくて地獄か、せいぜい煉獄です
B6902 ■原優治様:一部の労働力をあの非人間的な、モノ同様の取り扱いにしてしまい、それも明白に憲法に違反する立法から定められた派遣労働制のせいで、寿命前なのに若くて倒れて亡くなられた無数の怨霊の凝り固まった怨念が安倍晋三氏を
B6903 ■原優治様:怨念が安倍氏をあの世へ呼んでいるからだと思えます。彼は、派遣労働制を製造業一般へまで拡張した小泉内閣の官房長官であったことからしても、政治的責任はさらに重大/担当大臣であった竹中平蔵氏も同じ責任がある
B6904 ■原優治様:さらに’15年、改悪された派遣労働法を強行採決/むごい仕打ちです。こんなことがあってもいいのでしょうか。労働者の中に被差別人間を生み出すようなもの。まともな精神性を持った政治家は絶対にやってはいけないこと
B6905 ■原優治様:必ずや祟りがあると確信します。並んで同じ仕事をしながらも、正規社員の1/3しか賃金をもらえなかった労働者の悔しくて無念な気持ちが安倍氏には解っているでしょうか。解っていないからこういうことをするのです
B6906 ■原優治様:たとえ合法的であっても、これほど非人間的なことを続けると、この世では、必ずたたりがあるということを知らないのでしょうか。無自覚なまま罪悪の道を突き進む可哀そうな人であります。自公議員も同じ責任があります
B6907 ■原優治様:どうかまともな政治家になってください。派遣労働者からお金をむしりとっている経団連もその傘下の派遣先企業も、派遣元会社も根本的に反省して出直さないといけませんよ
B6908 ■原優治様:派遣労働制による本人の意思に反する被差別労働者、奴隷制度、農奴みたいな極度に非人間的な取り扱いの制度は近代社会、とくに日本のような国の日本国憲法下では断じて許されないことなのです
B6909 ◎■原優治様:現在、日経平均225は、18,000円を大きく割り込み、17、300円近傍を降下中です。関係者によると、アメリカのヘッジファンドらの連中が先物売買をしながら主導的に相場を下げているとのことです
B6910 ■原優治様:急激に相場が変動するときは、上がっても下がっても彼らは儲かる仕組みを作りだします。その間にあって、彼らに見事に翻弄されているのは、もちろん、日本の愚かな自称・投資家どもです
B6911 ■原優治様:先を見通している(?)はずのアナリストとかによってだまされて大量の信用買いした投資家の一部にはお金に困って投げ売りを出始めているとのことです。それにしても、週刊誌「週刊ポスト」最近号の記事はいただけません
B6912 ■原優治様:「こんなチャンスはない。25千円目指して、エンジン全開中……」と、こんな記事を書かせているアナリストの方を知っていますが、どうしようもない困った連中です。大した確信もないくせに、どこかの筋に頼まれたのか
B6913 ■原優治様:頼まれ記事を書いては、善良な(?)投資家願望の一般市民をだまくらかしてしまうのです。なんという罪障深き者どもでしょう。失礼ながら申し上げます、週刊ポストの責任者は出回っている既発行分を、ぜひ回収したがいい
B6914 ■原優治様:景気がよくなれと提灯記事を載せたのでしょうが正月早々から、あまりにも悪ふざけの度が過ぎており、幾ら何でも出版業界として恥ずかし過ぎです
B6915 ■原優治様:それにしても、現在の、とくに新古典派とか新自由主義派に属する経済学者・研究者を名乗る少なからざる方々の学問的レベルが急速に劣化しています。
B6916 ■原優治様:大学で新古典派とか新自由主義派の方々の講義を受けている学生の方々には、余計なお節介ながら、一種の災難に出会っているようなものです。何故、だめなのか。ズバリ言いましょう
B6917 ■原優治様:彼らは狭い研究室のなかで育ち、己が属する学派を基本的に逸脱しないように黙示的規範がかけられてきているからです。ですから彼らは初めの頃はものすごい学問的窮屈さを感じているはず
B6918 ■原優治様:一人立ちしたら、なにがなんでも自由に研究しようと決意しているはずなのですが、あまりにも、それまでの居心地が良すぎて、その学問的良心が眠りこけてしまっているからです
B6919 ■原優治様:彼らは経済学における他派との他流試合を遠慮したり避けたりします。まして、社会学や政治学や経営学や心理学や哲学なども研究して学際的に究めていこうとすることは怠けてしまい、ほとんど、着手しようとはしません
B6920 ■原優治様:彼らの頭のなかには、いつのまにか、いわゆる「経済的論理」のみが経済社会を動かしているのだというドグマが住みついてしまっていたのです。数理経済学派というおかしな学派がかつてありました
B6921 ■原優治様:経済的論理を基にして、何やら難しい数式を一杯たてて、高等な数学的手法で、現実の経済社会を背にしたまま、夢中になって取り組んでましたが、殆ど学問的成果を挙げることなく、雲散霧消の形で退場していってしまった
B6922 ■原優治様:彼らの頭の中には数理経済学の誤った考え方とその手法が残っているのだと考えられます。経済事象は、経済事象としてのみ突出して現象化することは極めてまれなのです
B6923 ■原優治様:他の社会学的、政治学的、経営学的、心理学的……様々な社会的、政治的、経営的、心理的……要因が絡み合って現象化するのです。
B6924 ■原優治様:新古典派経済学が現れるまでの古典派経済学は堂々と政治経済(political economy)を究めんとするして政治経済学を名乗ってきたのです
B6925 ■原優治様:学際的研究をしないで、いわゆる「経済的論理」のみで経済社会に起こっていることどもを究めようとするのは、大蛇へ小刀で立ち向かうように無理なことなのです。目覚めよ、真の経済学を求める経済学徒たちよ
B6926 ■原優治様:来たれ、パワー不足でウソばっかりで(しかも傲慢なである)新古典派・新自由主義派から飛び出したい経済学徒たちよ。いましばらくの辛抱だ。夜明けは近い。むかえる準備は整いつつあるのだ
B6927 ■原優治様:アメリカの覇権は終わりをつげてアメリカンスタンダードも終わりをむかえる。こうして時代は替わって、パワーフルで学際的でかつ総合的な新しい経済学が誕生しつつあるのだ


========================

B6928 ■原優治様:多極的で多様的で共生的な、新しいグローバル経済の新しい旗手たらんとする方々を、この新しい経済学は温かく包んでくれることだろう
B6929 ◎■原優治様:21C<世紀>経営創造 コンファレンス 1.25(18:30-21)学士会館(千代田区神田)/現在の夫婦同姓 法律的 同姓名乗る?別姓名乗る?/同性婚/中国の経済不調 原油落 ISの猛威で日本は如何に?
B6930 ◎■原優治様:TPPのディスクロージャーについては、安倍内閣は、逃げ回っていますね。内容のあまりのひどさに、担当大臣の甘利さんは、最悪の場合、暗殺されちゃうかもしれないと陰でうわさされています
B6931 ■原優治様:農業畜産以外の深刻な問題があり過ぎ/また一度批准されてしまいますと、改正はほぼ不可能になります。さらに、TPPの理念に違反すると、米国ワシントンまで召喚されて裁判にかけられという経験未知の領域があって怖い
B6932 ■原優治様:今となっては、米国議会でTPPが批准されことなく終わることを祈るばかり/全体的な印象を言うと、アメリカンスタンダードの遵守が前面に出過ぎ/安倍晋三氏のやることなすこと、すべてが迷路へはいっていくようです
B6933 ◎■原優治様:安倍晋三氏のような、どう見てもへんてこで、ニセ右翼の無能力で不学の政治家を、間接的とはいいながら、総理へ択んでしまったことが、そもそも、日本の最大の不幸の一つなのです
B6934 ■原優治様:こんな政治家を総理にしてしまったことを、一億総ざんげしなければなりません。もちろんこれからは、有権者各人は、自公へは絶対に清き一票を入れてはいけません。民主党のときよりも2倍も3倍も、大失敗でした
B6935 ■原優治様:安倍晋三氏へ任せていると、経団連とアメリカと富裕層を喜ばせるばかりで、広汎な日本人は不幸になるばかりです。もちろん経済はデフレっぱなしで、成長はしません
B6936 ■原優治様:日本経済の潜在的成長力をここまで失わせているのは、安倍晋三氏を核とする、強欲なくせに無能な経済スタッフの面々です。彼らは、などとさまざまに名乗っています
B6937 ■原優治様:経済スタッフの新古典派、新自由主義派、リフレ派、構造改革派、いずれも、学際的研究をしないで視野狭窄症へ陥っていたり、未知への予測能力がまるでないような、無能で怠け者の経済学者・研究者・評論家などばかりです
B6938 ■原優治様:彼らは内閣を中心とする政府権力の甘ったるい汁に、ただもうたかっているばかりであって、心が卑しくて醜い方々ばかりなのです。これでは日本経済が回復するわけがありません
B6939 ■原優治様:今こそ階層間のバランスを回復させるべく、課税効果を働かさせて、資産と所得の再分配を図り、一億総活性化を目指す必要。その際、消費増税と派遣労働制と特定秘密保護法の三つは全て中止ないし原則廃棄する必要がある
B6940 ■原優治様:安倍氏の虚空へ金を放つ如きバラマキでは一億総活性化はとても無理/もう安倍氏の経済脳は既にパンク/安倍内閣は発狂寸前/バブルが弾けて今後株式相場はどんどん下落/年金は2〜3割引きも起こり得る悲惨な未来が待つ
B6941 ◎■原優治様:TPP。根本的な解決にはなりませんから甘利さんの暗殺などは絶対に起きないことを祈っています。単なるうっぷん晴らしにしかなりませんから。でも自民の国民に対するだましは相当にひどいものです
B6942 ■原優治様:それ程TPPに関しては、米国の意向と威光とを恐れているのかも/甘利氏はウソばっかりついてきましたから、どっかで責めは受けなければ…/いずれにしても、TPPのことがバレて日本国中が議論沸騰することは目に見えてます
B6943 ■原優治様:悪くすると日本の折角築いてきた社会制度が飛んでしまうような大問題をはらんでいるからです。これからの安倍内閣の政治危機は、大波が分段的にやってくることに似ています。
B6944 ■原優治様:株式大暴落、沖縄新基地、消費増税、慰安婦問題の再燃化、TPPとやってきます。これでは内閣はもちません。まさに安倍氏が、易経でいう、天中殺と言われる大殺界へ入っていくのと符号しています。恐ろしいことです
B6945 ■原優治様:天・地・人をこうまでして欺き続けていると、(●自責の念や良心の呵責が弱くても、天声人語を通じ、因果応報、因縁果報の法則で)このように身の破滅を招いてしまうのです。懺悔、懺悔、懺悔ですがもう遅いようですね
B6946 ◎■原優治様:確かに安倍氏による国政に関する独裁体制は増々盤石になりつつあるように見える/かつての気骨ある自民党代議士は腐り果ててしまったか。米国の威光が怖いのか、はたまた若い世代が保守化し、歩調を合わせてるのか
B6947 ■原優治様:もしかすると、自公勢力に代わるべき、野党勢力が、国政選挙の一人選挙区において、立候補者の一本化に失敗してしまって、自公政権のさらなる長期政権化を許してしまうことになるのか
B6948 ■原優治様:なにやら戦前の15年戦争へ突っ込んでいく時にもよく似ているようにも思える。このことを指摘した大先輩がいたが、その時は笑ってごまかしたが、怖い話だ。このままだと、日本経済の明るい展望は絶対に拓けないから
B6949 ■原優治様:悲観的に反省すると、野党の動きが、それぞれ、あまりにもバラバラで身勝手過ぎる感じだ。政権奪取のために何をすべきかは解っているはずなのに、自分自身の、議員としての延命のことしか考えていないようだ
B6950 ■原優治様:カリスマ性のある中心人物が登場してこないのも気に懸かる。民主党の岡田代表では総理大臣は、今のようなら、何となく私はお願いしたくない。もちろん、現在の安倍氏よりは格段にベターであることは間違いないのだが…
B6951 ■原優治様:中心人物輩出!選挙民の議員に対する対応が悪いためもある。特に若い議員の場合は、選挙民が議員を育てあげなければならない。ということは、文字通り、選挙民がどれだけ成長してきたかが、国の将来を決することになる
B6952 ■原優治様:参議院選挙まで日数はあるようだが立候補者を絞り込むための時間を考えれば、正味の時間はあとわずかだ。自公政権を倒すために、これからは心して準備していきたい
B6953 ◎■原優治様:かつてアメリカのCIAから自民党へ巨額な資金が提供されたことが、アメリカの公文書から明らかにされたという。こういう事実をもっと具体的に、日本の一般国民は知るべきである
B6954 ■原優治様:鳩山元総理が沖縄普天間基地を県外あるいは国外への移転先を懸命に探していた時、この動きをアメリカ当局へ告げ口するかたちで連絡したのは、外務省の大臣に次ぐ駐アメリカ大使(藤崎大使)であった
B6955 ■原優治様:このようにして外務省は鳩山元総理の懸命な努力へ協力するどころか妨害したのである。これが外務省の本質なのである。総理大臣よりもアメリカへ仕えていたのである。なんという国民に対する裏切りであろう
B6956 ■原優治様:検察がCIAと、日米合同委員会等において密接に繋がっているのは今では社会常識になっている。そんなことは、「日本は米国の半従属国なのだから、当然じゃないか」と、ある霞が関のキャリア官僚は言い切って去っていった
B6957 ■原優治様:果たして、日米関係を、そのように考えとらえていっていいのであろうか。深い疑義が生じてくるではないか
B6958 ◎■原優治様:岡田さんを党代表へ選んだことは、民主党にとっては最大の不幸の一つでした。「悪い人じゃないんだけどねえ・・・」と私と知り合いの方々、みんながそうため息をついています
B6959 ■原優治様:「岡田さん、悪い人じゃないんだけどねえ!」と、こういうことを言うことは、熱烈な民主党ファンからは、一番、嫌われることでしょうが、岡田さんが、いわゆる裸の王様にならないためにも申し上げなければなりません
B6960 ■原優治様:岡田さんにとっては、最近、パートナーとなったはずの維新の党の参議院議員5人が民主党以外の政党と統一会派を組むなど、頭の痛い問題が続きます
B6961 ■原優治様:民主党や維新の党の党内統制に関して、直・間接の差はきちんとつけて、岡田さんはしっかりとグリップを引き締めていかないといけません。真のリーダーは、時には烈火の如く叱りつけることも大切。できるかなあ?
B6962 ◎■原優治様:秋田県知事を務めて、現在では維新の党から立候補して比例区の参議院議員である、寺田典白(てらだすけしろ、75歳)は、突如現れたトラブルメーカーであって、とんでもない政治家である
B6963 ■原優治様:維新の党に属する参議院議員5名は、維新の党の本部の意思に反して、何故、元気のでる党(松田代表)と統一会派を組んだのか。松田代表は、民主党と組むことはないとはっきり言明している政治家だ。わかっているのか
B6964 ■原優治様:寺田典城議員の次男は、民主党に属する寺田学議員である。民主党をめぐる政界の流れは知悉していたはずだ。困った迷惑なおじいちゃん議員ではある。一体、何をやっているのか。正常な理性をはたしてもっているのか
B6965 ■原優治様:さらに、維新の党の代表でさえも、「許容範囲内であって仕方がない」みたいな弁明をしているというのだから、もしこれだけに注目すれば、もう無茶苦茶で情けなくなる
B6966 ■原優治様:大体、民主党は政権奪取のためには、先ずは、路線転換をして選挙協力を申し出ている共産党との話し合いをするべきであった。維新の党との統一会派結成は、その次でもよかったはずだ
B6967 ■原優治様:もちろん、イデオロギー的には民主と共産は微妙な点で異なっているのは当然であって、傘下の労働組合においてはお互い路線闘争、組合員争奪闘争など激しい対立があることは百も承知のうえでこれを申し上げている
B6968 ■原優治様:そこのところは小異を残して大同つくべきではないのか。ただ、将来もめることへのリスク管理として、両党間における意思決定をすすめるさいのルール作りをきちんとしておくことが必須である
B6969 ■原優治様:もちろん、目指すべき大目的は自公政権の打倒にあるはず/これが現在の有権者の熱き願いであることを忘れてはならない/どうも、民主も維新もこの大目的を忘れて、自分達の、議席確保のみに汲々と執着し過ぎているよう
B6970 ■原優治様:民主党や維新の党の組織維持や既存議員の議席確保のみへ汲々と執着し過ぎているから道を見失い、果てはおかしくなってしまうのだ。どうも両党代表とも、政治面の戦略的思考は苦手のようで、明らかに能力不足である
B6971 ■原優治様:しかし、今更そういうことを言い出しても始まらないから、両党党員および議員の方々は真剣に現執行部を支えつつ、最大限、戦略的方向を見定めてしっかりしてやっていっていただきたい
B6972 ◎■原優治様:いよいよアベノミクスの破綻は明らかになった。安倍総理は責任をとって、政治的な奈落の渕へ沈め。さらに麻生、甘利、各大臣および黒田総裁も同様に渕に沈まなければならない。
B6973 ■原優治様:これで新古典派、新自由主義派の経済・財政・金融に関わる理論はすべてインチキな理論であることがわかった。オオバカモノ。顔を洗って出直してこい
B6974 ■原優治様:総理官邸、主要官庁から、また主要大学の経済・財政・金融の各講座から、新古典派および新自由主義派の教授・準教授・専任講師・助手の方々は、すべてお引き取り願いたい
B6975 ■原優治様:いろいろ理由があるが、まずは健全な労組をつぶしてきたことから、理論および政策両面から、恐るべき天罰が当たった。健全な闘う労組を前提にしなければ、資本主義的メカニズムはうまくワークしないことがわかったか
B6976 ■原優治様:1月8日今日の日経平均相場も、69円38銭下げて早や1万7千円を割って、17,694円46銭で引けた。来週になると、ますます下げていくものと観測される。おびたただしい株式には巨額な下落金額が発生している
B6977 ■原優治様:厚生年金積立金、日銀資金、郵貯・簡保資金に莫大損失が発生/安倍、麻生、甘利、黒田氏は、大失政をしでかしたからには、それなりの覚悟をもって国民へ深謝し、潔く辞任して責任をとれ/自死することは絶対に許されない
B6978 ◎■原優治様:多分、あなたのように考えることが、多くの民主党支援者において大きな比重を占めているのでしょう。あなたの並々ならぬ、民主党への支援をみていると、ほんとうに頭が下がる思いがするからです
B6979 ■原優治様:私は、貴方なりの民主党へ賭けて生きている生き方を分析する程、貴方のことをよくは知りません。ただ、公党である政党の運営に関わることですから、きちんと国民の一人として私の意見を言っておかなければなりません
B6980 ■原優治様:まず、私は民主党において、何らのポジションももっていませんから、私の見解や意見によって、党中央は左右される必要はまったくないことを申し添えておきます
B6981 ■原優治様:民主党の外野の連中が騒がしくて面倒だという感覚をお持ちになるとしたら、それは容易に推察され理解されます。私も色々組織を運営してきましたから、外野から自由にものを言う人がうるさく聞こえることはよくわかります
B6982 ■原優治様:ただ、ここは、日本の将来を決める政治の在り方を決めようとしている訳ですから、私的団体や企業の運営を巡る議論とは違います。はっきりものを言わせていただきます
B6983 ■原優治様:そこであなたのおっしゃったように「このこと(=民主と共産の政治的提携)は両党の担当者間で話し合われていると思います…」として、「この両党間で話し合われている内容は秘密にされて、外へ明らかにされていない」
B6984 ■原優治様:秘密だから、このことへ我々が、勝手に解釈して、意見を述べたりして介入すべきではないというのが貴方の立場なのだということがよく解りました。よく分かりますよ。ただ私はそこにとどまるわけにはいきません
B6985 ■原優治様:私の情報収集したところの、洩れ聞いたところでは、民主党と維新の党は新党をつくって、そこへ両者が入っていって、新規に新しい理念や方向や運営方法を構築して、参議院選挙へ備えるということです
B6986 ■原優治様:でも民主と維新で天下はとれませんから、次に共産、生活、社民、みどりなどの諸政党へ語り掛けていくということになりますね。大事なことですから、もう一度言います
B6987 ■原優治様:民主は、現段階では、共産と連合政府をめざすような真摯な話し合いをまだしていません。維新と並んで、いやそれ以上のパートナーとなるべき共産へは、現段階では、クールなコミュニケーションしかしていないのです
B6988 ■原優治様:それぐらいのことは私にだって分かります。それでも、共産は、相当に妥協しても、自公政権を打倒したいと熱望し、特に一人選挙区では、民主−維新を中心に、共産をも入れて選挙協力が成立する可能性が高いと考えています
B6989 ■原優治様:その際共産は、これまでの選挙戦略を変えて一人区では、野党の一員として全面的に協力して、民主―維新の立候補者へ絞り込み、自らは立候補者を立てないのではないかと言われています
B6990 ■原優治様:ただ民主―維新は、昨年強行採決された、いわゆる戦争法案を廃棄するのではなく一部を改正するという立場と聞いていますので、それがネックになり連合政府は難しくなるのではないかと心配しています
B6991 ■原優治様:敢えて言っておきたいのは、民主には、消費増税、原発再稼働、TPP等を巡って、別意見をもった政治グループが様々にあり、統一した党の見解をもつことを妨げています。根本的な矛盾です。参院選までに解決しておくべきです
B6992 ■原優治様:という訳で、貴方のどうも「寄らしむべし、知らしむべからず、従わせるべし」風な方向の政治運動の方法論にはやはりついていけません。公党に関する問題ですから許される範囲で、自由に議論していきたいと考えてます
B6993 ◎■原優治様:今日的な焦眉の課題として、医療と介護の問題は深くて大きいですね。一般的に言って、ほとんどの開業医はもうけ過ぎていますね。なお、開業医へ適用されている経理制度も優遇され過ぎています
B6994 ■原優治様:自動的に高率の必要経費を認めているなんて、憲法に違反した特定職業の優遇になっています。逆に給料をもらって働いている勤務医のなかには、どうも大変な激務の連続で、もの凄く過労気味で大変だということも聞きます
B6995 ■原優治様:このあたりの医師総数の全体的な社会的配置も真剣に考えなければいけません。それと最近の報道からして、介護にあたる法人や介護士には、きわめて不道徳な法人や人が目立ちますね
B6996 ■原優治様:もう何年も、過渡期といいながら、国も地方公共団体も家族も個人も、まだあるべき内容た方向が決まらずふらふらしています。たずさわる労働力への賃金が安すぎるのはたしかです
B6997 ■原優治様:どうして賃金が安すぎになっているのか根本的に考えなければなりません。日本では、モノの製造を伴わない、サービス業への評価が低く、賃金が低すぎます。モノの開発や製造へたずさわる人との落差があり過ぎます
B6998 ■原優治様:モノが伴わない、純然たるサービス労働への価値づけを怠ってしまう日本人の通弊が見られる。ここで、社会意識に関する自己変革をしなければなりません。この分野はタブーの領域もあってか、大変遅れており後進地域です
B6999 ◎■原優治様:慰安婦をめぐる日韓両政府の急接近に関して、「何故そこまで妥協してしまったのか」と。ホンモノの伝統的な右翼が安倍晋三氏を絶対に許さないと言明している。当然だろう
B7000 ■原優治様:安倍晋三氏は、アメリカへ徹底的にべったりのニセ右翼であり、アメリカかぶれの新自由主義者であるから、こうなるのは自然の理だ
B7001 ■原優治様:安倍晋三氏はこれまで右翼に対しては右翼のふりをしながらごまかしてきたがここですっかりばれてしまったのだ。アメリカへぺこぺこするのもいいかげんにしていただきたい
B7002 ■原優治様:私はホンモノの伝統的右翼ではないが、いくらなんでも、米英撃滅を叫んで亡くなられた靖国の御霊へ失礼というものではないか。靖国へ参拝する資格は、もはや安倍晋三氏にはないというものだ
B7003 ■原優治様:安倍晋三氏にすれば、靖国の御霊の無念の気持ちよりも、経団連やアメリカや保守的富裕層の方々の富を願う気持ちを大事にしたいのだ
B7004 ■原優治様:ズバリ言えば、靖国の御霊へひざまづくスピリチュアルな気持ちよりも、経団連へひざまづくエコノミックアニマルの気持ちの方が比重が大きいということだ。このように主義主張が一貫せずに、ご都合主義の政治家ということ
B7005 ■原優治様:ご都合主義の政治家は、右翼が叫んでいるように八つ裂きにされてしまう恐れの可能性がたしかにあるようだ。スキをねらわれて暗殺されないことを心から祈りたい。総理近辺の警護とリスク管理を徹底にしていただきたい
B7006 ◎■原優治様:ほどほど自由がある学生諸君が、形態がさまざまにせよ、ある程度時間があり、誰からも指示されずに自由に考えた政治的主張を、街行く人々へ訴えずにどうするのか。
B7007 ■原優治様:あまりにも、君たち学生諸君が体制(エスタブリッシュメント)へ肯定的・依存的になっているのを心配しながら見てきた。いくら体制へすり寄って行っても、ごく少数を除いて、差別、搾取されてしまうだろう
B7008 ■原優治様:体制を成すほとんどの企業は、まるで消耗品を扱うように、非正社員や派遣労働者として追い込んで、まさに苛酷な労働をさせ、可能な限りこき使って、ごく一握りのエリートを除いて差別されさんざん搾取されてしまうだろう
B7009 ■原優治様:(エリートとは、大企業からわざわざ迎えられるように入社したり、なかにはすぐに御用組合の書記長になったり、また国家公務員のキャリア組であったりするような連中だ)
B7010 ■原優治様:特に知名度の芳しくない大学に通っている場合は、大幅に下層労働者予備軍に編入されるなるだろう。大学卒に相応しい待遇は期待しない方がいい。それだけ、最近の企業の新自由主義的対応は苛烈をきわめているのだ
B7011 ■原優治様:年金もさんざん安倍総理や塩崎大臣を始め、心ない厚労省の多くの悪い役人どもに悪用流用されてしまって、巨額な損失を出しており、このままでは、君たちが貰うときは、掛け金相当額さえも、貰えなくなるだろう
B7012 ■原優治様:これもそれも、君たちの先輩たちがまるで戦わなかったからだ。もちろん我々にも責任がある。このままでは、これが君たちの生きる世界なのだ。そして、これが君たちの運命なのだ。受け容れられるかい?
B7013 ■原優治様:受け容れられないのなら戦わなくてはならないのだ。人生は戦いなのだ。トリクルダウンなどは経営者側から、自然に起きることはないのだ。この世の中では、ある程度までは、要求したり主張することが必須条件なのだ
B7014 ■原優治様:今、一部の人はやっと目覚めてくれたね。君達みたいな正当な理由をもって戦っている学生は、企業からみても頼もしい存在だ。革新的な企業人事部の幹部はどんどん採用したいと言っているよ。刑事事件はまずいけど……
B7015 ■原優治様:要求や主張をもって闘える意欲的な青年を求めているからだ。労働者の上部団体の連合みたいに腐ったように眠りこけてる労働貴族の悪いおじさん達に出会ったら、すぐに軽蔑して(精神的に)蹴飛ばしてしまって結構だ
B7016 ■原優治様:精神的に、軽蔑・蹴飛ばしていいというのは、労働貴族らが、経営者ときちんと対峙しないで、経済の好循環=賃上げも獲得できず、のうのうと労働組合費を食っているばかりの、寄生虫みたいな見下げた種族だからだ
B7017 ◎■原優治様:給与生活者以外は、収入ー諸経費=所得が十分正確に把握されていません。つまり誰が富裕者で誰が貧乏人であるのか把握されていません。日本の税務当局は、低開発国並みに、怠慢そのものなのです
B7018 ■原優治様:消費増税の逆進性を緩和するには給付付き減税が一番いいのです。その通りなのですが、現段階ではきわめて不正確で不公平になってしまうのです。つまり本当は富裕者なのに、巨額な給付付き減税を受ける恐れがあるのです
B7019 ■原優治様:誰が富裕者で誰が貧乏人であるのか把握する点で、マイカード党を駆使して、所得把握をもっと正確にしなければなりません。逆に、マイカードは収入―諸経費=所得をおさえる以外には使われてはいけません
B7020 ◎■原優治様:私の知る限り、日本は行き過ぎた節税、脱税の天国なのです。もっとも、儲かっていないのに金融機関との取引上、儲かっているかのようにふるまい黒字計上(粉飾決算)をしている零細企業はそれこそ大変なことですね
B7021 ■原優治様:赤字の企業には金融機関は絶対、新規の貸出しはしません。儲かっている企業は、どんどん費用を計上してほんの少しの黒字化か思い切って赤字化させています。日本の税制は青色申告上の様々な特典や租税特別措置の宝庫です
B7022 ■原優治様:恐ろしいのは、赤字化させますと、金融機関から、適当な(いい加減な)理由づけをされて、貸し剥がしに会う危険があります。金融機関なんてやくざみたいにひどい仕打ちをしてきますから気をつけてください
B7023 ■原優治様:有能な税理士を頼っていますか?(何なら紹介しましょうか?)合法的に費用計上できる処はきちんと費用計上しなくば…。それにしても日本全体の企業の約3割しか法人税を払っていない事実が何を意味するか考えてみて!
B7024 ■原優治様:どっかでごまかしがあるからこういうことになるのです。現在、時々、外形標準課税という発想が税務当局からでてくるのは、こういう背景があるからです。法人税!どこかでごまかし!こういう次第で、日本においては…
B7025 ■原優治様:最終的には脱税分も含めて相続税として課税するしかないと税務署のある方から昔、聴いたことが…。その通りなのです。例えば、過去30年間法人税支払いゼロ、個人の所得税も普通の会社員並みの零細企業の高齢の会長
B7026 ■原優治様:過去30年間法人税支払いゼロ、個人の所得税も普通の会社員並みの零細企業の高齢の会長が亡くなったあと、やっぱり、巨額な遺産相続で大もめして、税務署には当初、隠された巨額な金融資産が突然出てくることがあります
B7027 ■原優治様:金融資産は現在では過去までさかのぼって、容易にあぶりだされますから、遺族は隠しよう・逃げようがないのです。延滞加算税をたんまりと取られて、さらに悪質な場合は書類送検されて、やっとおわります
B7028 ■原優治様:こうして、遺族は、たいして法人税を払わなかった会長の残した土地や建物だけでなく金融資産の相続税をばっちり払わないといけななくなるのです
B7029 ◎■原優治様:連合は、民主党が共産党と連合政権を創ることに猛反対し、そうするなら民主党への一切の支援をしないと脅かしているという。連合こそは共産党アレルギーの総本山だった。社会主義アレルギーの総本山でもあるのだろう
B7030 ■原優治様:連合は、その昔、旧民社党と呼ばれ既にその考えは破産している「超労使協調路線」なる極端なイデオロギーの信奉者らによって乗っ取られている労働団体/その傘下の労組を視ると、特に大企業労組は殆どが御用組合に堕落
B7031 ■原優治様:そして、その背後を見ると、右傾化したこのような連合と結びついている首謀者として浮かび上がっているのは、細野氏、前原氏、野田氏、五島氏らいわゆる共産党アレルギー四人組というわけだ
B7032 ■原優治様:このいわゆる四人組を速く民主党から叩き出さないと、民主党も国政選挙を控えて停滞するし、四人組も将来のシナリオが書けなくなってしまうだろう。ここまできたら、お互いに、早く平和的に別れた方がいいに決まっている
B7033 ■原優治様:民主党にはまだ若干は政治資金があるのだから、お金を四人組へあげるものはあげて、いさぎよく袂(たもと)を別った方がいい
B7034 ■原優治様:なお、連合がこれまでの考え方ややり方を清算しないかぎり、民主党は連合とはしばらくお付き合いをやめて、是々非々の関係でつきあっていかないといけない。何故なら、民主党を見る国民の眼は厳しくなる一方だからだ
B7035 ◎■原優治様:連合は、今では、片足、エスタブリッシュメント=自公側へ加担しているから反省しなければならない。よく観察している一般市民はその保守的政治性を疑っている。傘下の労働組合はかなりの数が御用組合に堕落している
B7036 ■原優治様:御用組合では企業における利益上昇に見合った、適切な賃上げ(=トリクルダウン=経済の好循環)を起こさせる気もなければパワーもない。企業別組合だから横の連帯もなく企業エゴイズムの塊(かたまり)になっている
B7037 ■原優治様:ストライキの理念も遠く忘れた組合は解散した方がいい。組合費を徴収する資格がないのだ。したがって連合に依存する民主党も信用がなくなってきている。また信頼性を失っている
B7038 ■原優治様:消費増税、TPP、沖縄新基地、原発再稼働、どうするのか/自民党寄りじゃあないか。オオバカヤロウ/遂に民主党中央も統一見解を出せずに判断中止/今迄「まあまあと曖昧にしてきたツケ」が集積されて民主党を侵食している
B7039 ■原優治様:判断中止・浸食では、一般市民に突っ込まれたら、正当に弁解できないから、もはやだめだ/岡田代表以下の執行部の「偽りの和の精神」ではもはや乗り越え不可能ということ/このままでは国民の付託に応えられないだろう
B7040 ■原優治様:民主党へクレームがつくうちはまだいい。そのうちクレームもつかなくなるぞ。中道左派などとほざいているから、だめになった。自民党が中道右派と言いたいのか。自惚れるのもいい加減にしてください
B7041 ◎■原優治様:GPIFが厚生年金積立金(公的資金)を使っての株式投資比率を異常に高めて巨額な赤字を出していることについて、基本的な指示を与えた安倍総理を始め関係者は即逮捕されるべきと一貫申し上げてます…国会中はダメ
B7042 ■原優治様:元来、年金積立金のような公的資金は元本が保証されている日本国債や海外のソブリン債で運用されるべきもの/現在のGPIFの投資行動は公的資金を運用する経済主体として絶対に許されない、とんでもないことなのです
B7043 ■原優治様:現在、公的資金の運用によって、少なく見積もっても20兆円へ及ぶ赤字を出しており、これは巨額過ぎて逆立ちしても挽回できる金額ではありません。安倍総理は責任をとってくれますか。
B7044 ■原優治様:貴方の人気バロメーターとして日経平均相場が喧伝されてきたから、総理の貴方の基本的な指示もあって、貴方の部下は株式投資やジャンク債も含む債券投資のようなハイリスクハイリターンの投資へ突っ込んで行ったのですよ
B7045 ■原優治様:関係者は首を括ってお詫びをされますか。そんなことができる訳がないでしょう。もし、責任をとれなかったら、金額が巨額な金額ですから、安倍信三氏は未来永劫、減額された年金受給者から永代にわたって恨まれますよ
B7046 ■原優治様:当然恨まれ、そうなれば、安倍氏一家は政治ファミリーとしては完全に没落してしまいます。よせばいいのに、株式相場至上主義を公然と言い放ったために、安倍氏の政治家としての破滅が目の前に迫っています
B7047 ■原優治様:国会答弁でふんぞり返って威張って答弁しているような状況では全然ないんです。自分がこれから針の筵の上に座らされるかもしれないのに、それが全然わかっていないよう。これでは一国の総理が務まるはずがありません
B7128 ◎■原優治様:噂には聞いていたがやはりそうであったか。UAゼンセンなる労働組合はの上部団体は、労働組合に似て非なるものであるように思われる。以前、UAゼンセンの会長だった人物が連合の事務局長に昨年から就任しているという
B7129 ■原優治様:UAゼンセンは「自衛隊の海外派兵賛成」を公然と進めるような右傾化した労組。労働法とはかなり違った理念で運営されているよう。まさに経営者層と組合幹部がグルになっている。どうしてこんなことになってしまったのか
B7130 ■原優治様:傘下の組合の若い者がストライキでも企画しようものなら、これをt潰すことをモットーにしているらしい。調べれば調べる程、こういう組合群をも傘下にもつ連合という組織がとんでもない組織へなってきていることがわかる。
B7131 ◎■原優治様:連合の会長こそが、日本経済を停滞させている最大の罪びとだ。のこのこと首相官邸へ出かけて政労使の賃上げ交渉へ、なんの権限もないのに、あつかましくも労働側の代表として顔をのぞかせている
B7132 ■原優治様:何故総理へ頼るのか。恥ずかしい男だ。けしからん男だ。独力で傘下の労働組合といっしょになって、賃上げ闘争も戦わずに総理へ頼るなど恥ずかしくはないのか。そんなことでトリクルダウンが起きるとでも思っているのか
B7133 ◎■原優治様:最近、現行の年金制度について色々と考えさせる論稿や資料がいっぱい出てきました。これは私の私見ですが、年金の「積み立て」と「受け取り」に関する国の管理は、基本的には「積み立て方式」でいくべきですね。
B7134 ■原優治様:加えて、インフレ・デフレによる影響を緩和するために、その実質受取額の補正を政府が責任をもってやるねき/即ち税金で補正するべき/更に、個人や企業の年金積立に励むための奨励金として、若干のプラスが好ましいかも
B7135 ■原優治様:個人や企業の年金積立に励むための奨励金として、一定程度の税金による、ごく僅かな若干のプラスがなされる方が好ましいかも/これ迄「賦課方式」という現役世代が年金受給者を支えるみたいな誤った幻想が語られていた
B7136 ■原優治様:誤った幻想をバラまいたため、国民全体が疑惑の眼で年金制度を見ている/ために、一時は、旧厚生官僚が「賦課方式」で大丈夫だと誤った観念を抱いて、預かっている大事な年金積立金を流用し巨額な無駄遣いをしてしまった
B7137 ■原優治様:これら悪事を働いた旧厚生官僚(OB含)は刑事罰を受けるべきだったのに無傷のまま陽の当たる公道を闊歩している/なんという悔しいことでしょう。
B7138 ■原優治様:安倍総理の、企業に対する非正社員身分としての雇用奨励や派遣労働身分制の拡大等誤った労働政策も一因で、(●低収入化⇒晩婚化⇒共稼ぎ化⇒高学歴教育・育児の困難家庭増⇒子作り意欲減退で)人口はどんどん減っている
B7139 ■原優治様:あらゆる角度から考えて、現役世代へ疑惑を抱かせる、非科学的な「賦課方式」の考え方はやめるべきです。もちろん、その移行は段階を踏んで、徐々にすすめていくべきものです
B7152 ◎■原優治様:組合潰しのせいで経済の好循環=トリクルダウンの惹起が全然されず、従業員が大株主や経営者や上級管理者によって痛めつけられ、労働分配率が下がる一方で、安倍総理も甘利大臣も真っ青という事態を招いているのは皮肉
B7153 ■原優治様:労働政策の失敗で、個人消費が伸び悩み、経済格差は拡大するばかりです。これではデフレ基調へ舞い戻り、GDPは成長するはずがありません。組合つぶしをはかってきた安倍総理とそのお仲間へ天罰がくだっているのです
B7154 ■原優治様:政策的含意として実質的に、非正社員身分として雇うことを強欲な企業へ奨励したり、派遣労働者身分を拡大させるなどの新自由主義的な労働政策の大失敗が安倍政権の命取りになっているのだ。何という恐ろしいことでしょう
B7155 ■原優治様:労働政策の大失敗に気付かない、新古典派や新自由主義派の大方の経済学者や研究者は、狭い研究室のなかで「経済の論理」のみをふりかざすばかりの、言ってきたことがこのところ、外れっぱなし無能なオオバカモノなのです
B7156 ■原優治様:新古典派や新自由主義派の大方の経済学者や研究者は、一旦は職を辞するか、顔を洗ってもっと社会学や政治学や経営学や心理学などの研究へ精を出して、まじめに出直し、経済理論の学際的研究に取り組まなければなりません
B7157 ◎■原優治様:民主党へ訴えます。今は、野党は結束してください。共産党と組まなければ政権奪取はできませんよ。民主党が潰れたってだれも困らないが、政権奪取がなされなければ国民が困るのです
B7158 ■原優治様:国民はじっと経過を見ていますから、共産党に非があれば糾弾します。ここは国民的要請に応えてください。なお現在は、共産党の方が民主党よりも勢いがあり、支持が上がっていますよ
B7159 ■原優治様:共産党の方が民主党よりも勢いがある。何故なら民主党は、消費増税や原発再稼働やTPPなどで党として統一見解が乱れているから/ここは党を立て直してしっかりして下さい。少数派の自民寄りの保守派には黙らせなきゃダメ
B7160 ■原優治様:前原さん野田さん五島さんなど少数派には、ここは黙ってもらって、党としての統一見解を固めなければいけません。これができなければ民主党は瓦解していきますよ。連合との関係も是々非々でけじめをつけていってください
B7161 ◎■原優治様:政権を奪取して問題の政治家を、政界から放逐したい処だが、肝心の民主党が、労働貴族の集合体である「連合」と、前原、野田、五島、細野氏ら「悪党四人組」の妨害にあって立ち往生しているとは、本当に困った事態
B7162 ■原優治様:それにしても、国民がまだ十分に目覚めきっていないことが究極の原因だ/もしかすると、3年以内の政権奪取は絶望的になるのかも/経済がガタガタになり社会が滅茶苦茶にならないと多数の国民はいまだ目覚めないのかも
B7163 ■原優治様:かつて太平洋戦争へ、当時の大部分の愚かな日本国民が、歓呼の声をあげて突っ込んでいった歴史があるから/日本国民はどこか信用できないところがあるのです
B7164 ■原優治様:(●メディアや宗教団体を通じて洗脳されやすい国民が目覚めきっていない)とは言っても、年数はちょっと掛かるにしても、自公政権が数年以内にいき詰るのは目に見えており、平和と共生を希求する国民側の勝利は確実
B7165 ■原優治様:いろいろな悲観的材料も出てきているが、日本国民の脳天気や失敗の忘れっぽさにめげずに焦らずに頑張っていくしかないだろう。天命による天の幸運は平和と共生を希求する国民側についていると信じているからだ
B7166 ◎■原優治様:細野氏は一部の誤った民衆の共産党アレルギーに乗っかって、自らも共産党アレルギーになった。ここは十分に反省し、現在の社会主義の道を行く共産党をよく研究して、社会主義の意義と限度をよく押さえておくべきや
B7167 ■原優治様:純粋な資本主義もありえないし、純粋な社会主義もありえない/両者をよくとりまぜた混合経済としてのあり方があるだけなのだ/だから社会主義のことをよく研究すべし/現在は共産党の方が勢いも主張内容も民主党を凌駕
B7168 ■原優治様:共産党と組んでいかなければ天下はとれない。天下をとる=政権奪取をするということを忘れて自民党と仲良くやっていこうとする万年野党への願望が、もし少しでもあるれば、失礼だが、それは社民党のように滅びていく道
B7169 ■原優治様:天下を奪取するか、滅びの道か/ここを乗り越えないと細野氏はだめということ/小沢氏に関して、「党から追い出してしまうことになったのは間違いであった」と、言ったというのは、まことに正しく真実である
B7170 ■原優治様:細野氏は前原や野田や仙谷氏など、即ち、当時の民主党の小沢先生には遙かに及ばない未熟な政治家どもに細野氏は騙されて小沢先生追い出し路線へ妥協し加担/その挙句の果てに今日の民主党の惨状を招いた/誠に残念なこと
B7171 ■原優治様:ただ、今からでも遅くはなかろう。すぐに小沢先生のもとへ参上して政権奪取の秘策の下知を受けるべきだろう。このまま、政権奪取ができなければ民主党への信用・信頼は地に墜ちてしまうことになる
B7172 ◎■原優治様:国民が塗炭の苦しみを受けない限りは政権交代は起きないのかもしれない。現在、不条理な経済的および身分的格差がどんどん拡がっている。
B7173 ■原優治様:格差の結果、企業の大株主や企業経営者および企業上級管理者や土地持ちの保守的富裕者などの子弟が、次々と精神的に変になった被差別貧困労働者や将来に絶望した心因性疾患者らによって次々に襲われて死傷していくかも
B7174 ■原優治様:これらのほとんどの責任は、犯罪を犯した本人に次いで、不条理な差別をどこまでも放置している安倍内閣に全面的な責任がある。
B7175 ■原優治様:とくに登録型派遣労働者は不条理な差別を受けており、いつ精神的におかしくなって発狂しても不自然ではない。この責任は全面的に安倍内閣が負っているのである。
B7176 ■原優治様:もしかすると、安倍晋三総理自身が凶弾に倒れる危険性だってでてきている。それだけ日本社会は不穏な動きを見せているのであって、一社会学研究者としてここにはっきりと警告しておきたい
B7177 ■原優治様:不条理な社会的差別に対しては不条理な犯罪が報いることになる。この世にほんものの社会正義が存在しないからである
B7178 ■原優治様:今や、安倍内閣は経団連内閣であり、道徳的基盤をまったく欠いている。この内閣は強欲な大株主や経営者や上級管理者にひたすら奉仕している新自由主義内閣である
B7179 ■原優治様:せめて、反撃できる対抗勢力としての健全な労働組合があればと願ってみたが、健全な組合はほとんど潰されてしまっていた。これでは絶望的だ。この深刻さに誰も気づいていないのも日本社会の異常さを示している
B7180 ■原優治様:さらに国力を下げているアメリカは日本は肩代わりを要求してきており、これを安倍内閣は全面的に受け容れている。なんという情けないことではないか。アメリカ経済も中国経済、EU経済も内部から崩壊を始めている
B7181 ■原優治様:前途は極めて厳しい。こうして日本経済はいわば外堀を埋められつつあり、GDPはマイナス成長になるだろう。アベノミクスは既に破綻しているから
B7182 ■原優治様:これからの日本経済は、無政府状態の成り行き運営の最悪の段階に入っていることを、関係者はよく覚悟しておかれたい。こうして、日本経済は未経験の領域へ突入していく。矛盾のしわ寄せを受ける方々は立ち上がって欲しい
B7183 ◎■原優治様:国家(政府)と経済が癒着して一体化してしまったのです。本来、国家(政府)と経済の間には、適度な緊張関係がなくてはならないが、現在の安倍内閣は、経済の総本山である経団連へ奉仕することになってしまいました
B7184 ■原優治様:国家(政府)と経済が癒着しての一体化は、最悪の事態なのです。ここから企業の大株主の立場からのエゴイズムが全開して、経営者や上級管理者は利益のためなら何でするような危険な雰囲気を帯びてきました
B7185 ■原優治様:国家(政府)と経済が癒着して一体化して運営される哲学である新自由主義哲学とともに、あらゆる可能性のあるアナーキズムとニヒリズムが生まれてくるのです。なんという恐ろしいことでしょう。
B7186 ■原優治様:新自由主義哲学には、企業と国家が一体化して、地球をあらゆる意味で食い尽くして破産させるまで、また、貧困者を非人間化させ犯罪者へ追い込んでいくというようなものがあり、世界の最悪の最後が迫ってきているのです
B7187 ■原優治様:新自由主義がここまでくると、国家(政府)も国際連合も、もうお手上げ状態になります。早くも、世界の最後を告げる怪しげなシグナルが点滅を始めています
B7188 ■原優治様:これをなんとか克服できなければ地球はパンク(破産)してしまい、死の惑星へなってしまうでしょう。阿部内閣はおろか、世界中に蟠踞(ばんきょ)する新自由主義哲学を克服して、これを粉砕しなければならないのです
B7189 ◎■原優治様:純粋資本主義も純粋社会主義もありえません。ありうるのは、両者の要素を組み合わせた混合経済があるのみです
B7190 ■原優治様:現在、日本は、これからグローバル経済のなかへ日本経済も包摂されていくということからアメリカに説得され、新自由主義という怪物(モンスター)を無批判にアメリカから輸入したのです
B7191 ■原優治様:米国輸入の資本主義的要素が異常に強くなり過ぎ、至るところで社会が有機的な連帯を欠いてきて崩壊寸前まできています。何のことはない、グローバル経済とはアメリカンスタンダードに立脚した強烈な新自由主義経済だった
B7192 ■原優治様:米国標準では日本社会は古来の伝統を喪い、どんどん崩壊してしまう。中国もインドもブラジルもEU他殆ど世界中の国々が程度の差こそあれ、新自由主義の毒牙にやられ、社会の有機的連帯性を喪って、徐々に崩壊を迎えている
B7193 ■原優治様:何としても新自由主義の影響をまず緩和し、次に程よい混合経済のデザインをすすめ、新自由主義的な考え方を排除して、徐々にせよ、現在の経済社会をあるべき(●例:平和と共生)の姿へ変革していかなければなりません
B7194 ■原優治様:なお、共産主義は純粋社会主義の本質を徹底化させようとするものですが、これは現在の人間の根本的な心身の改造を伴わなければ実現されえないものであって、現在の人間の次元ではやり遂げることは到底、不可能なこと
B7195 ■原優治様:ですから、余計なお世話かもしれませんが、日本共産党という党名は、どうしても不可能なことを目指していることになってしまい、これは自己矛盾ですから、できれば適切な党名へ切り替えた方がいいのではないでしょうか
B7196 ◎■原優治様:トリクルダウンとはケインズの説く乗数効果とは違いますね。利益を計上して潤った大資本家・経営者・上級管理者等が意思決定して潤ったものの一部を従業員や関係会社等へ配分していくことを指します
B7197 ■原優治様:トリクルダウンは、労働組合の突き上げがあってはじめてそういう配分を意思決定するのであって、自然にそのような意思決定がなされるはずがありません
B7198 ■原優治様:そういう意味で労働組合の機能はきわめて重要であって、資本主義体制を成り立たせる重要な構成要件なのです。このことにまったく気が付いていないのが、新古典派や新自由主義派の愚かな経済学者どもなのです
B7199 ■原優治様:新古典派や新自由主義派の愚かな経済学者は、大株主・経営者・上級管理者と一緒になって、健全な労働組合潰しに奔走してきました。その結果、彼らは資本主義体制にとって命の次に大切な構成要件を自ら打ち壊してしまった
B7200 ■原優治様:何という自業自得のおバカさんの学者でしょう。トリクルダウンが自然に大株主・経営者・上級管理者から自発的になされることはまずないのです。彼らの言う「経済の論理」それ自体が研究室の中で空想された絵空事だった
B7201 ■原優治様:少なくとも、新古典派や新自由主義派の経済学者は日本では不必要/早く日本から出て米国へでも行って下さい/さもなくば、もっと真面目になって出直して下さい。このままでは役に立たないどころか害悪になっていますから
B7202 ◎■原優治様:脱税天国をやめるためには、マイナンバーは欠かせません。収入や費用のごまかしはすぐに摘発されます。直接税がきちんと課税されるようになれば、消費増税はしなくても済みます
B7203 ■原優治様:直接税での脱税予防に、マイナンバーは欠かせないが、目的外に使用されないようにしなければいけません。当然、マイナンバーで得られた情報を故意に洩らした者へは、民間の人も公務員に準じて厳罰が下されるべきです
B7204 ■原優治様:もちろん、摘発された巨額で故意の脱税者は、一罰百戒の意味を込めて、厳罰に処せられるべきです。私にマイカード運用の総責任者を任せていただければ、10〜20兆円の脱税事実はすぐに摘発してごらんにいれますよ
B7205 ■原優治様:直接税の脱税10〜20兆円。それぐらい世の中は乱れに乱れているのです。私が運用の総責任者ならば、もちろん故意に、得られた情報を洩らした者は状況にもよりますが、公務員の場合は、即懲戒免職にさせていただきます
B7206 ◎■原優治様:偽善的な公明党は日蓮聖人から勘当されたドラ息子みたいなものです。天下の悪党である自民党を補完してうまい汁を吸おうなんて御聖人が許すはずがないでしょう。平和の党なんてとんでもないことです
B7207 ■原優治様:最近の公明党の行動は政治的公約に違反して、詐欺的政治行動をとっていると考えています。いっそのこと、自民党へ吸収合併された方がわかりやすいと考えます
B7208 ◎■原優治様:ヨーロッパのスティグリッツの方が説得的だね。アメリカのクルーグマンの方は体制弁解的になっている。これではだめだ。クルーグマンはユダヤ系のどこからかお金をもらっているんじゃないかと疑ってしまう
B7209 ■原優治様:極端な経済格差は経済成長をストップさせてしまう。1%の富裕者が95%の富を独占しているといわれる、今のアメリカがそうだ。OECDも最近これを発見して警鐘を鳴らしている。日本へも警告しているのだよ
B7210 ■原優治様:労働分配率が極度に落ちて、ジニ係数が30%を超えているのがアメリカだ。だからアメリカの経済はガタガタになっている。地上軍を送ってIS国を占領するなんて夢のまた夢ということだ。あと5年後にはどうなっているか
B7211 ■原優治様:想像するだけでも恐ろしいことだ。今よりも零落した米国の姿は見たくない。安倍総理はさかんに米国との親交を力説するが、私はこんな国と重点的に仲良くしていってもやはり限界があると考える。日本は全方位で仲良く
B7212 ■原優治様:日本はどの国とも仲良くし、またある程度は政治的距離をとって政治的には自由でなければならない。少なくとも米国一辺倒だけはやめたい。安倍総理にその覚悟は期待できない。だから政権を交替させなければならないのだ
B7213 ◎■原優治様:アメリカは、私に言わせれば、麻薬のような新自由主義思想のせいで、経済格差はどんどん拡大して、若々しかったあのアメリカの資本主義社会が急速に老いて爛熟化してどんどん衰えていってしまった
B7214 ■原優治様:すべてはヨーロッパから渡ってきたロックフェラーなどの、巨大化していく生産資本(後に巨大な金融資本へ成長)が米国へとりついた時にはじまったのだ。これらを巧く合法的に規制できなかったのは米国政府の最大の失敗
B7215 ■原優治様:ロックフェラーらのユダヤ人どもを中心とするグループの米国および世界に対する経済支配を許したのは米国政府の最大の失敗だった。米国の良き伝統が失われ拝金主義者の群れがちまたを覆っているを見るのは悲しいことだ
B7216 ■原優治様:日本も今のままいけば、米国の後を追って没落していく。最近、不条理な犯罪が増えているのはこのためだ。この麻薬のような新自由主義的傾向から一刻も早く脱却せねば、社会は米国のようにガタガタになってしまうだろう
B7217 ■原優治様:日本沈没を避けるには、政治的新自由主義という麻薬をもてあそんでいる安倍氏を政界から追放せねばならない。新自由主義を信奉する経団連や経済同友会を自主的に解体させなけれならない。同時に派遣労働制は即原則廃止
B7230 ◎■原優治様:年金積立金の大崩壊で安倍晋三氏もお仕舞となってしまうでしょう。この恨みは大きくて深いものになりますよ。20兆円も30兆円も大赤字を出したらお仕舞だとなぜ事前に気づかなかったのです
B7231 ■原優治様:「無常は迅速にして時、人を俟たず。各人宜しく覚醒せよ」とは、あなたの通った禅道場の翰板にかかっていた文句ですよ。これを読み落としてしまったのかと思うと、本当になさけない話だ
B7232 ◎■原優治様:ハサミについた値札を切るには、鋏自身には出来ない訳で、別の鋏で切るしかない。ズバリ、ポイントを突いた発言/今の野党のだらしなさや覇気のなさを断ち切るには、有権者が出かけて行って断ち切ってあげるしかない
B7233 ■原優治様:確かに、今の野党議員をみると、有権者から観察していくと、新政権樹立からみると、どうでもいい小さなことで、他の野党といざこざを起こして、自ら、新政権をめざす野党の結束へ封印をしてしまうような議員が多すぎます
B7234 ■原優治様:野党不結束は地方議員にも多い。その場合、有権者が介入して、そんなエネルギーを使いたがる民主党議員へ熱いお灸をしてあげなければいけないと思ってしまう。どうも、大目的を忘れて小さなことでガタガタ言い争っている
B7235 ■原優治様:野党不結束の議員は当選して民主党も生き残りたいのであろうが、その前に自公政権を倒して新政権を樹立する計画が必要/潜在心理的には野党の結束をしたくなくて、自分だけは生き残るという幻想を抱き続けていたいよう
B7236 ■原優治様:結束しなければ、一人区などの小選挙区では野党は当選が難しいのです。集団心理学的には有権者は「勝ちそうな候補者へ票を入れる」すなわち「勝ち馬へ乗りたい」という心理学説が実証されており有力なのです
B7237 ■原優治様:流石に、今まで散散苦労してきた共産党の志位さんは、勝ち馬真理が解っており、自公政権打倒へ目的を絞って、一人区などの少数選挙区では従来のような候補者を立てず、他野党の候補者へ協力してもいいとまで言っている
B7238 ■原優治様:志位さんが他野党の候補者へ協力を言ったら、それを聞いた、民主党の岡田さんが一人区ではもともと民主党が圧倒的に強いとか言っている。これでは党首失格です
B7239 ■原優治様:折角の志位さんの野党共闘での協力発言を聴いたこの場面は、岡田さんが出かけていって志位さんへありがとうの感謝の気持ちを表してもいいところなのです。人の気持ちがわかるような党首へこのさい、ぜひ脱皮してください
B7240 ◎■原優治様:直接税を取れる人からきちんと取らないから、当局は安易へ流れて、取りやすい消費増税という間接税へいくのだと考えます。消費増税は国民経済を破滅させ、低所得者を経済的に厳しく圧迫してしまいますから、絶対にダメ
B7241 ■原優治様:最近、海外への避税行為は米国、スイスを含むEU諸国、さらにタックスヘイブン諸国など、行き過ぎた行為は、各国、全体で協力し合って取り締まる方向へ着実に進んでいます/今まで甘かった米国自身が税収不足に大慌てです
B7242 ■原優治様:今まで徴税に甘かった米国自身、税収確保を何とかしたいと考え始めているからです。なお、米国は、日本と違って、消費税(付加価値税)の経済的猛毒性を知悉していますから、消費税を導入することは絶対にないのです
B7243 ■原優治様:なお、米国育ちの竹中平蔵氏も口先だけですが、日本での消費増税に反対しています。言っておきますが、’17年4月1日、軽減税率を伴うにせよ8%から10%へ消費税率を上げれば、個人的消費もの凄く抑制されます
B7244 ■原優治様:個人的消費がもの凄く抑制されてしまい、日本経済を再びデフレ基調へ戻らせてガタガタの状態へしてしまうことだけは、はっきりと述べておきたいと存じます。●一般家庭、低所得者を始め中小零細企業、医療関係は大変です
B7245 ◎■原優治様:EU諸国のように完全福祉国家を目指すならともかく、日本の場合、消費増税による税増収は、一般財源へ繰り込まれますから現在の安倍内閣の元では、防衛予算はどんどん増えますが、福祉予算へは極一部しか回されません
B7246 ■原優治様:低所得者は消費増税の影響をもろに受けて、生活を直撃され、生活苦のため一部、暴動を起こしかねないのに、経済状況を能天気にも、全くご存じないのが、主権者の25%が間接的にせよ総理に選んだ現在の安倍晋三氏なのや
B7247 ■原優治様:何という恐ろしいこと/安倍晋三氏を一刻も早く引き摺り降ろさないといけません/なお、いわゆる「税と社会保障の一体改革」という、あの3党合意の構想は、今や儚い同床異夢となってしまい、完全に崩壊しております
B7248 ■原優治様:’12年9月、史上最悪の総理の一人、当時の民主党・野田総理と自民党谷垣総裁・公明党山口代表の3者の間で交わされた、いわゆる「税と社会保障の一体改革」という、あの3党合意の構想は、いまや完全に崩壊しています
B7249 ■原優治様:民主党は「税と社会保障の一体改革」の3党合意構想の完全崩壊を明確に認めなければなりません。消費増税の他、TPP、沖縄新基地建設、原発再稼働などの問題で、野田元総理の犯した政治的罪障性はあまりにも大きい
B7250 ■原優治様:消費増税の他、TPP、沖縄新基地建設、原発再稼働などの問題で、前原氏や五島氏など自民党寄りの議員にひきづられた野田元総理の犯した政治的罪障性はあまりにも大きいのです。きちんと民主党は総括するべきなのです
B7251 ◎■原優治様:少数者の人権保護という観点からLGBTの方々を保護してあげたい/只、同性「結婚」式(誓いの儀式)を友人を集めてすることに特に反対はしませんが、讃えたり推奨する気持ちには世代のせいか、正直言ってなれません
B7252 ■原優治様:結婚というのは、憲法に記されているとおり、あくまで両性の間で交わされるものです。同姓の間で結ばれる「結婚」は、子供を誕生させ育んでいくということがまったく想定されていない点がやはり気になります
B7253 ■原優治様:一般的な結婚でも子供が不要な家庭があることは承知/只、外形的にせよ、次世代を生み育て、夫婦は喜びと一緒に大変な苦労も想定されるからこそ、社会も国家(政府)も祝福・励まし、法律的保護を与えているのでは
B7254 ■原優治様:渋谷区や世田谷区などの市町村レベルで、LGBTの方々へ祝福と保護を差し上げるのは良しとしても、国家(政府)レベルで、憲法も改正し法律体系も書き換えて、祝福と保護をするとしたら、社会的混乱が起きるような気が…
B7255 ■原優治様:市町村でLGBTの方々へ祝福と保護をするのは良としても、政府で、憲法改正、法律体系も書き換えるのは、社会的混乱が…/保守的なものの言いようで恐縮/「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」と感じざるをえないのです
B7256 ◎■原優治様:やはり、公務員制度の修正とともに、意識の改革が必要/10数年前/ある入省2年〜3年目ぐらいのごく若手のキャリア官僚たち35名程に、リフレシュメントみたいな研修の泊まり込みの講師を引き受けたことが…
B7257 ■原優治様:グループに分かれて、効果的なディベートのあり方の体験学習研修だった/感想は次の通り/始めは折り目正しくレクチャーを受けたのですが、夕食後、グループに分かれてディベートの準備を始め出すと、様相が一変しました
B7258 ■原優治様:次の朝一番に始まるグループ間のディベートに備えて、企業における研修の場合では、午前様にはいるくらい、文献を調べたり、熱心に議論したり、要点をフリップへ書き込んだりするのですが……
B7259 ■原優治様:若手キャリア官僚の場合は、夕食後、2時間くらいはまじめにやっていたのですが、突然、なんの断りもなく、飲み会へ移行してしまいました。6つあったグループのうち2,3のグループは街へ出かけて行ってしまいました
B7260 ■原優治様:事前に、若手キャリア官僚の彼らの自主性へ任せると公言していただけに、途中経過の報告とか、意見や質問を浴びせられるものと待機していた私にはびっくりしました
B7261 ■原優治様:翌日は、朝2時間程の時間を差し上げて準備不足のグループには頑張って戴き、その分、解散の時刻を引き下げて、内容のレベルを下げることなく無事に終了したのですが、民間の企業との違いをまざまざと見せつけられました
B7262 ■原優治様:朝も遅刻してくる人が5,6名もいて、民間の企業との差を感じました。研修担当の上席の公務員の方も、こんなものだという感じで泰然としていたのにもびっくりしました
B7263 ■原優治様:深夜労働を禁じる労働法をしっかり守っているという感覚でしょうか、エリートに位置づけられ競争がないということでしょうか、若手キャリア官僚の体験学習研修、今でも思い出して苦笑いしている私です
B7264 ◎■原優治様:「同性愛を異常だ」という表現は、国連において「モントリオール宣言」が採択されて以来、明示的規範において禁じられることになりました。これからは「異性愛も同性愛も自然だ」ということになりました
B7265 ■原優治様:「異性愛も同性愛も自然だ」が採択された。でも、歓迎する人もいれば、どうもついていけないと感じる人もいる/自分のなかで、自然にわきおこる感情に背いて、無理に「モントリオール宣言」に従う必要はないと考えます
B7266 ■原優治様:「モントリオール宣言」「同性愛が自然だ」ということを押し付けてはいけません。ただ、人権上、同性愛へ親和感を持つ人が本当にこの世に存在することを認めてあげればいいのです
B7267 ■原優治様:現在「同性愛を積極的に是認しないのは問題だ」と詰め寄る人がいますが、明らかにやり過ぎです。そういう世界があることを認識すればいいのであって、時流に乗る必要は微塵もありません
B7268 ◎■原優治様:以下は私の個人的見解です。先ずは、信仰心あつく真面目な学会会員を利用してここまで伸びた公明党自らが決断して一旦は解体・解散して再出発することです。実質的にみて、やはり政教分離の原則に逆行しています
B7269 ■原優治様:まずは政教分離して戴くことが重要であると考える故です。米国の友人に話すと米国でも公明党の事は、一部話題になっており、今のような宗教を背景にした政党は、米国では考えられないことだと一蹴されてしまいました
B7270 ■原優治様:創価学会は宗教団体であり、私は学会員ではありませんが、それなりに法律を守ってやっていけばそれでいいと思います。信教の自由があるからです。ただ公明党は公党として社会的な影響が強すぎます
B7271 ■原優治様:公明党はあまりにも自民党路線へ近づき一体化し過ぎました。多くは弁護士や公認会計士などを立候補させ議員にしています。地道な社会運動をしながら頑張ってのしあがって議員になった人は、最近では、皆無に近いのです
B7272 ■原優治様:社会的に信認の厚い、法律や会計の専門家をいわば超特急で議員にしていった訳で、政治的にみて、やはり、あざといやり方と言うべき/多数の創価学会員の応援があるからできた訳で、これらを前提にした選挙戦略だからです
B7273 ■原優治様:一番の問題は、創価学会の教義と公明党の政治路線が、元来は、教義に立脚して、平和を愛し、社会の底辺にあって頑張っている人を応援し、あるべき社会の姿を追求するあり方から、あまりにも乖離してしまっていることです
B7274 ■原優治様:私の個人的意見ですが、これでは応援している学会員の方々自身が教祖の日蓮聖人から仏罰を受けてしまうのではないかと、余計なお世話かもしれませんが、私は心から心配しているのです
B7275 ■原優治様:端的に言って経団連や富裕者や米国の意向や利益を擁護する自民党とほぼ一体化して、その方向を強化する役割を担ってしまっている/公明党所属の議員である弁護士や会計士の人達は、学会の教義からは最早遠く離れています
B7276 ■原優治様:正直言って、彼ら/公明党所属の議員の政治的野心を私は疑っています。自民党と同じく与党としての甘い味を味わってしまい、心が変節して政治的に堕落していったものと私は考えています
B7277 ◎■原優治様:アンケートによれば、多くのLGBTの方々は、まさに貴方がおっしゃるように、個人的な問題として、そっとしておいてほしいと願っているようなのです
B7278 ■原優治様:周囲に気づかれたばあいでも、そういうありかたを正しく認めてもらって、必要がある場合は保護してもらいたいと感じているようです
B7279 ■原優治様:問題は、正しい承認や保護や援助の手を差し伸べることなどから、貴方の言う社会的な祝福へまで突き進む社会的動きです。個人的に祝福するのは勿論自由ですが、社会的な祝福をしてあげて下さいと言われると私は躊躇します
B7280 ■原優治様:もとには戻りそうにないDNAの変異あるいは脳内物質の不調か、私にはよくわかりませんが、そう言われても、そういう方々を社会的に祝福する気持ちにはなれません。
B7281 ■原優治様:私に個人的に知り合いがいて、本人がLGBTに気付いて、それを前向きに受け止め、自分の人生を再出発させたいというのなら、必ずや、私は個人的に祝福して励ましたい/いずれにせよ、社会的な祝福への流れは時流
B7282 ■原優治様:地方公共団体の条例改正のレベルに留まらずに、憲法改正や国会で議決の必要のある法律体系の改変へまで議論を発展させるような勢いです。私は冷静に考えて、これらの動きにはすこし行き過ぎであるのではと考えています
B7283 ◎■原優治様:LGBTの方々が「自分t達と同じようにLGBTになろう」と私達へ働きかけてくるような普遍的な価値を彼らはLGBTに持っている訳ではない/やはり価値観を共有し拡げていくような幅広い社会運動にはなりにくいのです
B7284 ■原優治様:LGBTの彼らの願いは少数者であるけれども理解して解って貰い、場合によっては保護して戴きたいということだから互いに社会的に祝福し合う関係とは一寸と違うと考える。社会的に祝福するのと個人的に祝福するのは違う
B7285 ■原優治様:社会的祝福とはそこへ普遍的な価値や規範をみつけている事が必須要件/個人的に祝福するとは、一回しかの限りある実存的人生を、たとえ普遍的な価値から離れていようといまいと互いに了解・励まし合って生きていくこと
B7286 ■原優治様:私は繰り返すようだが、LGBTの方々へは、個々にそれぞれ親しくなり知り合っていくなかで、個人的に祝福していることを伝えていきたいが、やはり社会的に祝福をすることには躊躇してしまう
B7287 ■原優治様:社会的な祝福をしていけば、それは憲法改正や国会の議決を要する法律改正へ繋がっていくのだが、そこまでやっていくことは、やはり行き過ぎではないかと考えるのである
B7300 ◎■原優治様:公務員のなかには立派な方もいらっしゃるので、その評価をめぐって、一概に言及はできない。ただ、民間に比べて恵まれた諸条件を感謝して、それをばねにして、その分、仕事に精出している人が少ないように見える
B7301 ■原優治様:「先憂後楽」が公務員のモットーであるべきだが、「先楽後憂」の傾向へどんどんなってきていることがなんとも残念である。この間、同窓のクラス会でこのことが話題になった
B7302 ■原優治様:公務員OBの某氏が「民間のレベルを公務員並みへ引き上げればいいんだよ」とさらりと言ってのけたのには、周囲の者達も思わず呆れかえって、もう何を言ってもという気持ちになって、一瞬、沈黙が辺りを支配してしまった訳
B7303 ■原優治様:最近、維新の党の議員の方が、国家公務員の給料が、この春、人事院の勧告を受け大幅に引き上げられることに関して、意義を唱えて安倍総理へ質問していた。人事院の責任者と思われる女性の方が質問を受けて答弁していた
B7304 ■原優治様:その人事院の責任者の答弁の内容とトーンに何か奥歯にものが挟まっているようで何かを隠していると直感したらその通りだった。民間の給与水準を参考値にしてと述べ始め「30人以上の正社員を擁する会社」と言い出した
B7305 ■原優治様:「30人以上の正社員を擁する会社」の給与の平均かなと思っていたら、単なる参考/実はとんでもないことに、かなり上位の大企業の給与を目安にしていた/これで最近の公務員の給与がどんどん上がっている原因がわかった
B7306 ■原優治様:昔は倒産も人員整理もないということで、大企業の中位ぐらいの給与水準であったものが、このところ公務員の給与が突出してきており、どうもおかしいなと思っていたら、やはりこういう背景があったのである
B7307 ■原優治様:同じ公務員という仲間内で、厚かましくも、国民の眼をかすめて、お手盛りの給与算定作業を続けている人事院はやはり一度は解体させるべき/抜本的に公平・公正をめざすガラスばりの公的機関として再出発させるべきだろう
B7308 ◎■原優治様:LGBTに関して、時流にのって、一見、ものわかりのいいことを言って、あとでこういうはずではなかったということにならないようにしたいもの
B7309 ■原優治様:LGBTに関して、少数者の人権保護から出発したのが、いつの間にか、少数者の生き方や価値観を社会的に祝福しようという、私に言わせれば、少し無理な方向へ流され始めていると感じられるので問題提起をしている訳です
B7310 ■原優治様:心底からLGBTに共鳴してるなら、それなりに解りますが、心中ではそう思っていないのなら「同じ時空を生きる仲間として人権擁護の観点からも、個人的に祝福してその人の生き方を支持支援して上げる」ことに留まるべき
B7311 ■原優治様:LGBTを個人的な実存関係を離れて社会的に祝福し、一般的な社会運動へ高めていくとなると、社会的価値観や社会的規範と齟齬(そご)をきたし、大きな社会的混乱を引き起こしてしまいます。どうかよく考えてください
B7312 ◎■原優治様:労働三権(団結権、団体交渉権、罷業権<ストライキ権>)に関しては、自衛官や警察官や消防官などの特殊な職場を除いては、国家公務員の方々へも、原則的には賦与すべきでしょうね
B7313 ■原優治様:ただし公務を行っていますから、民間と全く同じようにスト権を確立して実行という訳にはいかないですね。スト権を実行する際の細かいルール作りを事前にしておくことが必要/この場合、公務を行っている自覚が大切です
B7314 ■原優治様:公務自覚が公務員と一般労働者とが違う処/倒産したり人員整理する私企業とは違う/公務員の方々には、公務を行っているという理由で、職場には倒産や整理がない/大変な恩恵を受けていることを決して忘れないでください
B7315 ■原優治様:銀行の融資担当課長に聞きましたら、住宅ローンの受付の際、国家公務員がダントツに信用度が高いそう。国家公務員の方はこの事を感謝しなければいけません。国家公務員という身分をもつあなたが評価されているのです
B7316 ■原優治様:ストライキを実行するとなると、ある程度は市民の方々へ迷惑が掛かりますが、ここはある程度の我慢はして頂くしかありません。ただし、一定の窓口業務とか、市民へ直接、深刻な迷惑のかからないような配慮が求められます
B7317 ■原優治様:ヨーロッパでは長い歴史のなかで、ぎりぎりの良識あるルールが、公務員のスト実行をめぐって事前に取り決めがなされているようです
B7318 ◎■原優治様:小泉内閣以来、所得減税や法人減税がどんどん進んでい/逆に消費増税がどんどん図られてい/消費税は個人的消費を抑制して国民経済をデフレ基調へ戻して破壊/同時に低所得層を直撃して塗炭の苦しみを味わせます
B7319 ■原優治様:一昨年、安倍内閣は、我々が必死に止めようとしたのに、無謀にも5%から8%へと消費増税を決行/お陰で、折角のアベノミクスも、アクセルとブレーキを同時に踏んだかたち/無残にもアベノミクスは全面的に失敗
B7320 ■原優治様:今すぐにでも5%へ消費税率を戻すべきなのです。こんな無謀なことをかげで推進した財務省のキャリア官僚どもは、次官以下すべてクビにすべきなのです。まったく不学で無能であるとしか言いようがないからです
B7321 ■原優治様:所得税の最高税率はかつては75%でしたが、今では40%です。法人税率はかつては40%を上回っていましたが、今年からは30%を下回って29%台になります。なんということでしょう
B7322 ■原優治様:日本の法人税にはいろいろと特典が多く、また特別措置が張り巡らされており、有能な税理士を前提にしますと、実質的には欧米に較べても決して高くはないのです。
B7323 ■原優治様:法人税の高さが外資の日本上陸、流入の阻害要因になっているのではとよく言われますが、調べてみると、日本市場の経済外的な要因が主たる理由であって、法人税率を挙げる外国企業は、意外や、極めて少ないことが判明
B7324 ■原優治様:法人税率、外資流入阻害要因説を、ウソを交えて、喧伝しているのは経団連の陰謀であり、安倍内閣は唯々諾々としてこれを受け入れており、このように、大衆のことなどまったく考えてはいないのです
B7325 ■原優治様:なお、これから先、25%へまで消費増税を引き上げようとする財務省の陰謀がどんどんすすんでいるのです。そして、大衆のことなど本当は少しも考えていない自公政権はこれを受け入れていこうとしているのです
B7326 ■原優治様:25%まで消費増税引き上げ陰謀の真実を知って全国の大衆は心底から怒ってください。絶対に自民党や公明党の立候補者へ清き一票を投じてはダメ。野党のどこがヘゲモニーを握るのかなどで争っている場合ではありません
B7327 ■原優治様:まずは自公政権を、国政選挙において叩き破って、与党としてのポジションを与えないでください。それと同時並行して、野党が話し合って、自公政権よりもましな、新しい政権を作り上げることが何よりも求められています
B7328 ◎■原優治様:イギリスのピューリタン革命においてもフランス大革命においても、特権階級の頂点にいた国王の首が吹っ飛びました。日本人は彼らに比べてきわめて穏健です
B7329 ■原優治様:天皇制は、ヨーロッパの国王制と違って、権威はずっと保持してきましたが、権力とは離れたところにありましたから、古代において蘇我氏による崇峻天皇のケースを除き殺害されたことはありません
B7330 ■原優治様:ただ、国家公務員、特に特権意識を持っているといわれるキャリア官僚の場合、財務省官僚のように有害無益な消費増税を、陰で陰謀して内閣を動かすなど特権意識を持ったとんでもない国賊みたいな公務員が現れて来ました
B7331 ■原優治様:お陰でアベノミクスは大失敗に終わりました。安倍総理は不学ですから、何故失敗したかの理由も分かたない方ですから、財務省官僚を恨んではいませんが、本来は怒って消費増税をそそのかした官僚をクビにすべきでした
B7332 ■原優治様:財務省官僚は、担税能力を重視しなければなりません。また貧富が拡大しないように、課税を通して所得の再分配をすすめなければなりません
B7333 ■原優治様:そして財務省官僚は、今一度、終戦直後の、直接税を中核に据えて税制の基本を定めた先輩たちの「シャウプ税制」のあり方を振り返って再学習すべきなのです
B7334 ◎■原優治様:よく言われるのは、例えば「3人でできる仕事を5人で、時間も1.5倍かかっている」とは、民間の人々から公務員へ向けられる仕事上の忌憚のない率直な評価ですが、これをうけるのは本当に辛い。
B7335 ■原優治様:この際公務員の方々には、汚名を挽回するべく頑張って欲しいところです。仕事の効果性、時間の効率性いずれも最低と評価されているからです。
B7336 ■原優治様:わたしは3つの中小企業の顧問をやっているのですが、経営者から異口同音に聞くのは「雇いたくないのは、銀行員のOB、公務員のOB,それから大口受注先から頼まれる企業のOB」ということです
B7337 ■原優治様:銀行員のOBとか大口受注先のOBとかいうのはすぐわかりますが、公務員のOBと聞いて、はじめはびっくりしましたが、実情を聴いてなるほどと納得しました
B7338 ■原優治様:公務員OBは、長年の担当の法律以外は何も知らないままOBになってしまった方が多いということです。また新しい就職先での当事者意識が少なすぎとも言われています
B7339 ■原優治様:「態度がでっかくて営業もできないし、不規則な公会計に馴染んでしまっていてきちんとした経理もできないし、ちょっとした汗まみれ泥まみれの仕事からも逃げまくる」とはよく聞かされます。これではいけません
B7340 ■原優治様:仲間がつくった、都合のいい公益法人は今後どんどん整理されていきますから、民間の会社へと思うのでしたら、余程の意識改革が必要と思われます。頑張れ公務員OBの皆さん!ぜひ、悪評価を乗り越えて見返してやって欲しい
B7341 ◎■原優治様:医療法人や社会福祉法人関係の医療事業や看護事業のマネジメントの場合、成る程顧客の滞納があっても9〜7割は、税金や社会保険料から回収できるから、建前は人道上と言いつつ、顧客を追い出したり手離さない訳です
B7342 ■原優治様:未確認ですが、医療や看護の滞納を見越して少し多めの代金を請求するなんてことも聞いたことがあります。どうもこういうのは営利的な観点からの事業行動であって、公的な仕事をするという側面からは、釈然としない…
B7343 ■原優治様:医療や看護の滞納を見越して少し多めの代金請求は、問題の先送りのような気もしてきて戴けません。ただお客さんの中には、負担は1〜3割といっても経済的には厳しい人が多いのでしょうか。いろいろと考えさせられます
B7344 ■原優治様:今後、医療や看護や健康保全活動など公的会計の全体的な支出を巡っての健全化を目指して抜本的な掘り下げの努力をせねば!今のままでは、いずれ法人も患者もまた政府もパンク寸前と聴きます。しっかり取り組みましょう
B7345 ◎■原優治様:アメリカのニューヨーク市場のダウ平均株価が、1月15日(金)、一時は500ドル以上も下げて、終値では390ドル安の15,988ドルで引けた。ついに16、000ドルを割ってしまったことになる
B7346 ■原優治様:ダウ平均株価の下落が恐ろしいのは、日本の金融機関を中心に、相当の数の法人や個人が巨額な資金をニューヨーク市場へ投資しているからである。
B7347 ■原優治様:財務省の「対外証券投資総括表」では、’14年に6.6兆円、’15年に19.5兆円と米国へ株式投資が増えている。どうもこの資金源は、日銀が金融機関から買い上げた日本国債の金額が充てられていると推定される
B7348 ■原優治様:日米とも、今年になって、約2千ポイント近くも株式相場が降下/原油価格急降下と中国経済不調と中近東動乱などが原因/暫くはこの傾向が続き、相場は下落することはあっても、回復することは絶望的であるといわれている
B7349 ■原優治様:いよいよ日米双方の株式市場で日本は手厳しい損害をこうむったよう、安倍内閣の頼みの綱の日本経済がガタガタになってきた。1月18日(月)は、米国株式市場はお休みであるが、日本の市場はかなりの下げが予測されてる
B7350 ■原優治様:後日「ブラック・マンデー」と呼ばれる日になるかもしれない。恐ろしい1日がどのように経過するかを、関係者は心臓が破裂しそうな思いで、株式速報の電子板を見続けることになるだろう。
B7351 ■原優治様:株式相場がアベノミクスの成功指標であり安倍総理の人気のバロメーターだなどと、非科学的な命題を誇りになって言いふらしたオオバカモノの総理が安倍氏御本人なのだから、そろそろ、総辞職の決意を固めて戴きたいもの
B7352 ■原優治様:株式相場がアベノミクスの成功指標の総理、もうこの辺りで総辞職の決意を固めて欲しいもの/株式相場はもちろん、ほかの経済指標をとってみても大失敗であることは明らかである。潔く退陣の決断をお願いしたい
B7353 ◎■原優治様:安倍内閣は漏れ聞く処によると、来年の消費増税の際、軽減税率からの財源不足6千億円を埋めるために、携帯電話課税を検討しているという。かように、担税力を考えずに、小学生からご老人迄、取り易い所から取るという
B7354 ■原優治様:安易な課税方針は、日本経済をボロボロにしてしまいます。消費者は、たった一つの階級から構成されているかのような錯覚を新古典派や新自由主義派の学者・研究者はもっています
B7355 ■原優治様:新古典派・新自由主義派は、階級・階層分析に基づく需要分析をしない点が致命的/実際は、消費者は様々な階級・階層から構成され、ケインズ指摘のように、階級・階層に応じ、所得も、消費性向も、担税力も各々違うのです
B7356 ■原優治様:こういう取りやすいところから、今回の携帯電話税という間接税を取るという課税方法では、消費性向の高い多数の低所得層を直撃して、生活防衛のために個人的消費を抑制させて日本経済をボロボロにさせるのです
B7357 ■原優治様:低所得層の個人的消費を抑制させるかといって消費性向の低い少数の高所得層の個人的消費の伸びが、抑制分をカバーできない訳ですから、需給はデフレ基調に押し戻され、GDPはマイナス成長ということになります
B7358 ■原優治様:消費増税や携帯電話課税等の間接税を推進提唱している、この経済学派の代表的論客、慶応大学経済学部の土居丈一郎教授を挙げさせて戴きますが、その考え方の根源的誤りは「抑制分カバーの虚妄」の点にある
B7359 ■原優治様:慶応大土居教授は安倍内閣のブレーンとしての政府委員となってからは、このところ常に「所得税や法人税としてはこれ以上は取れないのだからから、消費税率を20〜25%へまで徐々に高めていくべきだ」と主張しています
B7360 ■原優治様:’14年、’15年と経済のGDP実質経済成長率をマイナス成長率へ落とし込む大失敗をしでかしているのに、まるで分析的反省も、低所得層のことへ階級的配慮をすることもなく、「抑制分カバーの虚妄」の誤りを続けている
B7361 ■原優治様:’14年4月の消費増税後、デフレ基調へ戻って負の成長へ陥っていることの分析もしないで、絶叫調に喚き散らしているのは誠に見苦しい限り。一刻も早く政府委員を辞め、経済学上の方法論的見直しを図って出直すべき
B7362 ■原優治様:このほか東大の伊藤教授など、安倍内閣のブレーンとされる経済学者・研究者は、その発言や主張が、このところ、まったく当たっていない訳ですから、一旦は全員辞めて出直すべきなのです
B7363 ◎■原優治様:年が明けて、まごまごしている内に、日本の大企業も富裕層もさらに海の彼方の米国でさえもかなり財務的に傷(いた)んできたぞ。ざまあみやがれというところか。株式は、これからまだまだ下がるぞ
B7364 ■原優治様:輸出大企業が強欲にも内部留保していたものは、その運用形態の大半が日本と米国の株式と国債へ向けられていたと考えられるが、株式は散散に毀損され損失額も数兆円、数千億円、数百億円の単位でどんどん発生している
B7365 ■原優治様:思い切って従業員へどんどん分配しておけば良かったのに、欲張りのオオバカモノだから、抱え込んで温めている内に、リセッションとミニバブル破裂によって折角貯めたお金のかなりが失われてしまった
B7366 ■原優治様:さらにこれからも雲散霧消していくことだろう。日銀券にしてもドル札にしても株券も債権も紙切れになることだってあるのだ。金の延べ棒にでも替えておくべだったなどと今更、後悔してももう遅いですね
B7367 ■原優治様:労組も今迄に戦っておけば、経営者から合法的に強奪・獲得できたお金だったのに、御用組合化して怠けに怠けてしまって戦わなかったから、まさにオオバカモノだ。折角、マッカッサー元帥が、健全な労組を再建したのに
B7368 ■原優治様:折角、戦後、マッカッサー元帥が、精神年齢の幼い日本の労働者のためにと言って「健全な労組」を再建してくれたのに、どぶへ捨ててしまって「労働貴族の巣窟」にしてしまった。大部分の労働者は愚かでだめな連中になる
B7369 ■原優治様:大部分の労働者はやはり愚かでだめな連中だったということになる。いつまでも「雇われ人根性」から脱却できないようでは、これからも新自由主義に徹底的に叩かれてしまう運命にあるわけで、この先が大いに心配だ
B7370 ■原優治様:労働者といえども、あのヘッジファンドの敏捷さをもっと学ばなければならない。気に入らなかったら自分達で企業を創ってやってみたらいい。そうは言っても、もうかなり無理なわ訳だけど……
B7371 ■原優治様:これからは、もっともっと自分の頭を使い、身体も使って、体験学習と理論学習の両面から、大株主や経営者や上級管理層と戦っていかなければ、すっかり舐められてしまっているのがまだ分からないのか
B7372 ■原優治様:大部分の労働者にとって!まことに残念な状況ではないか。自分の人生の主人公になりきれなければ、大株主や経営者や上級管理層にとっての都合のいい人間にされてしまいますよ
B7373 ◎■原優治様:現時点において、昨年の日経平均は、昨年12月の瞬間20、750円をピークにして株式相場は下落を続けており、公的資金で買い上げられた株式は、このまま塩漬けの状態でずっといくつもりでしょう
B7374 ■原優治様:が、評価損はどんどん膨らんでいくでしょう。ただ第2次安倍内閣が発足した時の225日経平均は約8200円近傍でしたから、そこから駆け上っていきましたから、約16千円くらい迄は獲得した評価益もかなりあった訳です
B7375 ■原優治様:ものすごい円安を背景に外人投資家の積極的な日本株への投資もあって釣り上げられて獲得した評価益もかなりあったわけです。ただ現在の株式相場の下落はこれをどんどん食いつぶしていく勢いですね。
B7376 ■原優治様:特に日経平均が約16千円から20万円へ駆け上がっていく中で、外人投資家離れが進むのを防ぐため、日銀や厚生年金積立金や郵貯簡保資金40〜60兆円の公的資金を積極的に注ぎ込んでやっと維持上昇させてきた株式相場
B7377 ■原優治様:必死の維持努力にもかかわらず、内外の経済環境変化を受けて、どんどん下落/ヘッジファンド等の外人投資家は株式相場が高水準の内に、何とか売り逃げようとしており、これを買い支えようしているのが公的資金という構図
B7378 ■原優治様:買い支えの構図でも、株式相場がどんどん下落しており、この過程でどんどん含み損が発生しているのです。最終的には、塩漬けされた株式相場の最終含み損は全体的には、約30〜40兆円へ達することは必至とみています
B7379 ■原優治様:株式相場の最終含み損は全体的には、約30〜40兆円/これは公的資金のかなりの部分が、株式相場を法律に違反して維持しようとして謀られた株式市場で、公的資金のかなりの部分が損失されたことを示す結果となります
B7380 ■原優治様:最終含み損は全体的には、約30〜40兆円/公的資金のかなりの部分が損失/最悪の場合は、安倍総理・塩崎大臣・甘利大臣・黒田総裁は、私財をもってもちろん弁済できないわけだから、この問題は長く尾を引く恐れがある
B7381 ■原優治様:約30〜40兆円/超右翼か超左翼か生活苦にあえぐ超貧困者か、いずれかの者によって、もしかして、当該の4人の方々全員があってはならない暗殺をされる恐れの可能性がじゅうぶんに出てくるものと思料されます
B7382 ■原優治様:公的資金のかなりの部分が損失/超右翼か超左翼か生活苦にあえぐ超貧困者かにより、暗殺されるなどということは、もちろんあってはならないこと。だからこの問題を市場のせいだといって軽く考えない方がいいと思うのです
B7383 ■原優治様:公的資金毀損問題を市場のせいだといって軽く考えない方がいい/公的資金を扱う者は、民法上、いわゆる善良なる管理者の義務(善管義務)をもってむやみに毀損されないように十分注意して扱うことを要請されているのです
B7384 ■原優治様:善管義務/ところが、よく観察すると、安倍総理・塩崎大臣・甘利大臣・黒田総裁は、毀損されることを、事前に知りながら、それにもかかわらず、長期間にわたって、相場維持のため、公的資金を株式市場へ注ぎ込んできた
B7385 ■原優治様:安倍内閣への人気のバロメーターとして市場を故意に操作/市場操作して錯乱させることを禁じた証券取引法や善管義務に厳密に照らしてみても、残念ながら有罪であると考えられる。これには相当に厳しい刑罰が下されるべき
B7386 ■原優治様:有権者である国民は、年金受給者のみならず、納税者全員が心から怒って、この4人をして法の裁きを受けさせなければならない/この4人の公的資金の巨額な損失を伴うような勝手な垂れ流しを絶対、赦してはいけないのです
B7387 ◎■原優治様:15年程前までは、終戦戦後、決められた「シャウプ税制」に基づいて、税体系は直接税を中心にしたものでした。しかも累進税率で課税されましたから、所得の大きい個人や法人は担税力に応じて税を支払ってきたのです
B7388 ■原優治様:ところが、竹下内閣が消費税を導入以来、税と言ったら、消費増税しかないような誤った宣伝が自公民政権によってされてきた。消費税は子供からご老人へ至る迄、全て売り上げの一律8%が課税される過酷な間接税の一つです
B7389 ■原優治様:低所得層を苦しめる逆進性がひどいばかりでなく、全体として、日本経済全体の個人的消費を抑制してしまいますから、経済成長をマイナスへもちこんでしまう猛毒性をもっているのです
B7390 ■原優治様:愚かな安倍内閣は一昨年5%から8%へ消費増税を決行してしまい、アベノミクスは、これをもって、完全に破綻してしまいました。これらに全く気が付いていないのが、新古典派や新自由主義派の経済学の偏った一派です
B7391 ■原優治様:アベノミクスの完全破綻に全く気が気が付いていないのが、新古典派や新自由主義派の経済学の偏った一派/どうしようもないオオバカモノばかりですから、安倍内閣のもとの政府委員から、全員追放されなければなりません
B7392 ◎■原優治様:安倍総理を始め塩崎・甘利大臣、黒田総裁はどのように責任をとるつもりなのか。これから、増々株式相場は極めて厳しい局面が予想される。信頼する株式トレーダーによると、日経平均は1万3千円をめざして急降下中だ
B7393 ■原優治様:通常の投資家はこうなると、直様、売却・損切りをして大きな赤字を逃れようとするものだが、これだけ巨額な投資をしてしまうと、一寸売却でもしようとすれば、直様、相場は冷却され、増々下がってしまうから何もできない
B7394 ■原優治様:さあどうする!進むも地獄、退くも地獄。安倍総理は進退窮まった。全国民、特に年金受給者の激しい憎悪と怨念に取り憑かれた!暗殺される危険も!警護を固めて不祥事が起きないように!自死は絶対にさせないように!
B7395 ◎■原優治様:誠に残念なことですが、東大の伊藤教授、慶大の土居教授、竹中教授をはじめ政府委員を拝命して、安倍内閣へお仕えされている多くの学者、研究者どもは、ほとんどが新古典派あるいは新自由主義派に属しておられます
B7396 ■原優治様:彼らは政府に仕えるご意見番ならぬ、哀れな番犬へ身を持ち崩しており、誠に嘆かわしい状況/一度、政府に仕える走狗となってしまいますと、あまりにも居心地が良すぎて、学問的に抵抗することができなくなってしまうよう
B7397 ■原優治様:もともと思想的にしっかりしていなくて、経済学的にも方法論上まずくて、長期的ビジョンも見定めていない未熟者たちばかりですから、堕落していくのも早いのです
B7398 ■原優治様:経団連内閣とも言われている安倍内閣/彼らは一丸となって、経済的な強者・勝者のための新自由主義路線をまっしぐらに突き進み、果ては政策的に行き詰まり大失敗して、あまつさえ年金資金へ大穴をあけてしまいました
B7399 ■原優治様:新古典派あるいは新自由主義派は、政策的に行き詰まり大失敗して、年金資金へ大穴をあけ、弱い立場の大衆の怨嗟の罵声を浴びながら、あの救いのない政治的地獄へまっしぐらに墜ちていくことになるでしょう
B7400 ◎■原優治様:以下は私の個人的見解/お断りしておく/年金運用などの準公的資金筋が株式市場へプレーヤーとして現れること自体、本来あってはならないことなのだ。普通の人間は良心の呵責に責められてとても生きていけないだろう
B7401 ■原優治様:安倍内閣は、自らの総合的経済政策(アベノミクス)の正しさを示す指標として、225日経平均を掲示したことがそもそもの誤りであった。時の内閣の経済政策の正しさを示すなどとは、まともな学者・研究者なら否定する
B7402 ■原優治様:ところが安倍総理の側近、御用学者・研究者・評論家どもときたら、こぞって、安倍総理のこの指示「アベノミクスの正しさ指標=225日経平均!」へ「右へならえ」ときたものだから、全体がおかしくなってしまったのだ
B7403 ■原優治様:原理・原則を繰り返して言えば、年金積立金などの準公的資金の運用は、元金の保証されている国債やソブリン債への投資などでなされるべきであって、リスクの高い株式などで運用されるべきではないのである
B7404 ■原優治様:安倍内閣は、情けないことに、ヘッドから腐ってきたのだと考えられる。その一番の被害者が年金の掛金払い込み者および受給者ということ/これで安倍総理はとんでもない怨霊としての大勢の生霊を抱え込んだことになる
B7405 ■原優治様:これがあの易経から導かれて予言されるという最悪の事態「天中殺」ということなのか。そうなると安倍総理は「大殺界」へ入っており、もはや無事に脱出することはほとんど不可能なのである。あってはならないことだが……、
B7406 ■原優治様:準公的資金約30〜40兆円の大穴!政治的に暗殺されるか自死(総辞職)へ追い込まれるか、病気引退するか不信任決議案が可決されて総辞職するか、総選挙で惨敗するか、いずれもみじめな大失敗であることは明らかである
B7407 ■原優治様:今のところ、少しも本人が自覚していないという奇妙なことになっている/あまつさえ、何とかうまく国会を乗り越えられても、裁判へと訴えられて、損害賠償しなければならないという判決が出されるかもしれない
B7408 ■原優治様:あまつさえ、なんとかうまく国会を乗り越えられても、裁判へと訴えられて、損害賠償しなければならないということから、安倍晋三氏ら関係者が自らの私有財産をもって充てられるという判決が出されるかもしれない
B7409 ■原優治様:これが日本人の真実を表す平家物語の世界なのだ。昔の平清盛ならぬ現代の安倍晋三氏のこれから辿らなければならない世界なのだ。こうならないためにも、一刻も早く、安倍晋三氏が政治的な軌道を修正することを祈りたい
B7410 ◎■原優治様:確かに岡目八目ということで、本人たち(閣僚たち)には見えないことも、すこし距離を置いてみれば、よく判ることがあります。日経平均をもし経済政策の良し悪しのバロメーターなどとしたら、大変なことになると…
B7411 ■原優治様:安倍総理が指示したように、日経平均をもし経済政策の良し悪しのバロメーターなどとしたら大変な事になると、大学の先生ならずとも良識ある方なら誰でも判るはず/安倍内閣は何という馬鹿なことをしでかしたのでしょう
B7412 ■原優治様:今日の国会答弁でも、安倍総理は日本経済のファンダメンタルズはき極めて良好だと強弁していたが、ここまで来ると、安倍総理は、恥ずかしながら、ほとんど詐欺師に近い。幼少時から不学ということは恐ろしいことなのです
B7413 ■原優治様:さすがに経済再生担当の甘利大臣は、日本経済は現在でもデフレ基調を脱していないと明言しており、十数兆円のデフレギャップが存在することを、最近では素直に認めているのです。
B7414 ■原優治様:デフレ基調!日本は未だに、頑張れば達成することのできるGDPの潜在成長率を達成できていない。何ということ/●特には格差拡大からだろう/非正規労働と税制/実体・実需なき無投資での博打/内需縮小⇒デフレなるはず
B7415 ■原優治様:日本は、頑張れば達成することのできるGDPの潜在成長率を達成できていないだけに、様々な経済資源を十分に活用しきれていない訳で、安倍内閣の行政上の責任たるや重大なのである。一刻も早い総辞職をお願いしたい
B7416 ◎■原優治様:「悲しきかな、無常の風の疾きこと、段々の波の荒きことよ」とある通り、このままでは、奢りを極めた安倍御一門が、因果応報の報いを受けて、長門の国は壇ノ浦深く、御一族(自民党・公明党)もろともに沈んでいく
B7417 ■原優治様:国政選挙の時刻は、刻一刻と迫ってきているのです。どうか、ご一緒に御念仏を唱えていただき、没落したのちは、西方の極楽浄土へ、無事に迎えられますようにお祈り致しましょう
B7418 ◎■原優治様:安倍・塩崎・甘利・黒田の四氏は証券取引法へ抵触する疑いで逮捕されて当然だ。この四人が野放しのままであるならば、安倍晋三氏のいつも主張している、「法の支配」の要請は自らが打ち毀(こわ)していることになる
B7419 ■原優治様:一般民間人は、これ迄、安塩甘黒四氏と同じ事をやって、堂々と逮捕されてきているから/四人は国会が閉会次第、まずは、速やかに身柄を検察庁へ移され、裁判所の判決が下りる迄は、狭い代用監獄でゆっくりと懺悔を!
B7420 ■原優治様:安塩甘黒四氏は、これ迄の半生を懺悔されんことを切に祈りたい。以下は、私の意見だが、もちろん、禁固刑以上の厳しい刑罰が俟(ま)っているだろう。けだし、失われた巨額な年金資金は2度と返ってはこないだろうから
B7421 ■原優治様:これからは国民の罵声を浴びながらの、針の筵の上の人生ということになる。そうなるからには、むしろ、思い切って、頭を剃って出家してみては如何であろうか。そうするしか、日の当たる公道を歩ける訳がないだろうから
B7422 ◎■原優治様:習近平率いる中国は急速にマイナス成長へ転じる勢いだ。原油価格は増々下落。更に株式の東京市場はどんどん下がってきている。日経平均はとっくに17千円をめざしてどんどん下回って13千円をめがけて急降下中だ
B7423 ■原優治様:特に三菱東京UFJ銀行などの金融機関の株式は、高値の時に較べて20%を超える勢いでどんどん下がっていく。三菱東京UFJ銀行は人員整理をしたらどうか。合わせて日本一高い給与水準を下げていただきたい
B7424 ■原優治様:三菱のような、国から公的免許を受けて営業している、たかが金融機関の一つに過ぎない、この三菱の行員が日本一高い給与をもらっているなどということは絶対に許されないことだと私には思われる
B7425 ■原優治様:日本の金融業には何かウラがあるからこんなに儲かるのだ。何故、これ迄、こんなにも儲けることができるたのかを解明しなければならない。更に、金融機関は財務省や金融庁や日銀などの職員の天下りを断らなければならない
B7426 ◎■原優治様:自民党の相棒の公明党も、宗祖である日蓮御聖人のお叱りを受けてしまって、すっかり頭も足も萎(な)えてしまっているはずだと、ある学会会員の一人から聞いた
B7427 ■原優治様:事実はともかく、十分にありえる話だ。このままでは、公明党ももうだめですね。山口さんら幹部の方々が根本的に懺悔をするのが遅すぎたようです
B7428 ■原優治様:一刻も早く理念も政策も抜本的に立て直さないと平和の党ならぬ戦争の党の汚名を受けてニッチもサッチもいかなくなりますよ。党大会を開いて、自民党からひとまず政治的に離れてみてください
B7429 ◎■原優治様:「次世代にツケを残さない」のであれば、担税力のある直接税としての所得増税(所得税+法人税)で担っていくのが自然なやり方である。担税力を問わないで課税していく消費増税へ担わせるのは政治上の邪道というもの
B7430 ■原優治様:ここいらで、野田元総理は、財務省のキャリア官僚に、方法論以上の論理のスリカエをおこなわれて、そのためには、消費増税しかないと思い込まされたのである
B7431 ■原優治様:どこまでも企業や個人の経済的自由を保障しようとする、最近の新自由主義思想の影響を受けて、大企業を中心とする富裕な法人や個人は、最近、増々強欲になって、自分らの儲けた巨額なお金へ課税されるのを忌避している
B7432 ■原優治様:富裕な法人や個人の課税忌避に乗じ、急かされ、人気を取ろうと必死なのが自民党なのだ。公明党も自民に従っている。自民党は直接税である所得税や法人税を、累進税率を含めて更に下げていくことへ必死に取り組んでいる
B7433 ■原優治様:つまり、自民党の富裕層と結託して、最終的にはEU並みの25%の消費増税をめざしている自民党税調の魂胆を見破っておかねばならぬ
B7434 ■原優治様:押さえておかねばならぬのは、野田元総理の最大の政治的罪悪は、自民党税調の魂胆を見破れずに、逆に同調し「税と社会保障の一体化」「次世代にツケを残さない」等として、消費増税という最悪の路線を選択したことだ
B7435 ■原優治様:野田元総理は、本質を突いていない表現に騙されて、それを実現する方法論として、消費増税という最悪の路線を選択したことだ。民主党は、この野田元総理の、総理として又民主党代表としての選択に今でも苦しんでいるのだ
B7436 ■原優治様:民主党は、岡田代表は、速く、きちんと総括し、野田元総理元代表時の決定(消費増税やTPP等)を修正すべき。今でも民主党は、政治上、論理的に不明確なまま、ダラダラと蛇行を続けている。どうかしっかりして下さい
B7437 ■原優治様:民主党は、岡田代表は、自民党寄りの前原氏や野田氏や五島氏などの方々には黙っていただくか、いつまでも異議を唱えて民主党としての統一見解を決められないのであれば、どうか追い出してしまってください
B7438 ◎■原優治様:手持ちの有価証券に巨額な含み損を計上することになるから、大企業などの平成27年度の法人所得はガタ減りする。愚かな麻生財務大臣の税収見込みはやっぱり外れてしまった。オオバカモノ。今提出の予算案ではだめだ
B7439 ■原優治様:麻生大臣はすぐに調整し出直すべき。根本的に勉強が不足/公的資金を20兆も30兆もつぎ込んで故意に釣り上げられた株価水準は必ず下がる。しかも米国のヘッジファンドなどは濡れ手に粟のかたちでボロ儲けしている
B7440 ■原優治様:財務省は何をやっているのか。日本の富がアメリカの金融資本へどんどん流れていっているのがわからないのか。ボンクラである麻生大臣はなにを勉強してきたのか。すぐに辞任してください。それしか解決策はない
B7441 ◎■原優治様:年金等の公的資金運用に関し、国債による運用よりも、株式による運用の方が、運用利率は良いとする方がいましたので、お応えします/国債は満期まで保有しておればいいのです。満期迄もっておれば損失は発生しません
B7442 ■原優治様:貴方のいう株式運用による利回りは、今回のように株式相場が全体として暴落すると何にもなりません。根本的に勘違い。既に発生した10兆円を越える今回の株式実損を取り返す術がありますか。もしあったら教えて欲しい
B7443 ■原優治様:新自由主義を国是とする米国でさえ、公的資金の運用は、元本割れしないタイプの米国国債か海外のソブリン債で運用されてます


arudebaran60y at 09:59│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

アルデ

いつもの夢は、地球から出発、太陽系を離れ、宇宙への旅にでかけること。

雑誌ニュートンからのイメージでしたが、最近 イームズの「Power of ten」http://bit.ly/izlUtj と似たものだとわかりました。

朝起きるとすがすがしい。今日一日のことを考える。ネットのお陰で新しい情報が入り、新しい挑戦のキッカケになっています。

どうぞ、気楽にコメントやサーチをしてね。


応援をよろしく。 _(._.)_

『フォト蔵』メインでアップ中。:

ツイッター簡易ブログ:ツイログ

ご案内
☆ようこそ!当Blogにお越しくださいました。m(_ _)m。上部のProfile。「アルデ」をクリックすると詳しくご覧頂けます。直上の☆マークでぜひお気に入りに入れて長くご愛顧ください。メールマークでのメッセージの送信もご利用くださいませ。☆


次のところをご紹介しながら詠ってます。

できれば、手っ取り早く、直接のご訪問をお勧めします。

植草一秀の『知られざる真実』

● 知られざる 真実ブログ 引用集/植草さん えん罪晴れる 日を祈り/植草さん 贈りたいのは ピンクバラ  

B1448 ■ 方丈や TW川柳 徒然(古今、戴き)集/楽しいな ツイッター川柳 句集で見〔植草一秀@uekusa_kazuhide 様〕

★阿修羅♪
……おすすめ⇒全文または最新>最新>とクリックして最新もご覧ください。

世相を斬る あいば達也

日々坦々

父さんの日記など引用が増えてますが、右サイドバーにあるようなブログもお勧めです。

最後に「「Twilog」(ついろぐ)>arudebaran60y」は、随時ご覧頂けます。1日15−50件くらいかな。


アルデ、ツイッターやってます「 http://twitter.com/arudebaran60y」です。
できれば、アクセスして、フォローしてください。フォローさせてください。みなで一緒に、輪を広げていきましょう。よろしくお願いします。

URL短縮便利なので「ついっぷる(NECビッグローブ)

ブログ連携にGOOD!!なので「 Twilog(ついろぐ)

タブッター(Tabtter)」も併用しています。

今からの方、これ、「 5190 Twitter 連携利用 してみよう/ツイッター 今すぐ登録 すぐ出来た 無料だとさに 気軽に参加/● Twitter 登録したが まだ不慣れ まずは川柳 つぶやこか

リツイート(公式RT<転送>と引用RTがあり)するだけでも楽しいですよ。
もちろん「つぶやきやリプライ(返信・発信・通知)」もいいですね。

7001 ◎ リツイート ばんばんやって 勉強し/リツイート 引用(RT)転送(公式RT) 2つあり/公式(転送)は タグリツイート 一望可/引用は コメント RT @ユーザー名/引用(RT)の 前後は半角 スペースを」ご参照ください。

■ Facebook('15年3月)新設ページ「アルデバランの夢の星」 http://on.fb.me/17PzgKC 開始しました。一度覗いて見て下さい。できれば友達申請(リクエスト)してください。それを切っ掛けに友達を増やして下さい。ツイッターと併用されると持ち味が出せるのではないでしょうか!


総纏め編です。 A4139 ◎ 想い出の サブ句を揚げて 反芻し (09/15〜09/14、一覧表)

【短パラ24番62首からもじり本歌取り89首】

前半10番20首からもじり23首:■ 奪うため破壊するため(力あれ)…

後半14番42首からもじり66首:■ 流星に刺青されし闇を背に少女は…



誕生花、花言葉川柳は、「 3114 誕生花 一緒に愛でる 幸せさ/誕生花 二人の心の 花が咲き 」から1年分366日分がご覧になれます。

当該ブログの分類カテゴリーが右サイドバーにあります。初期から数年間分類しています。

キーワードによる分類としては、
B1671 ◎楽しいな ツイッター川柳 句集で見〔総集編 機12.05.12 15.02.19〕
 123句

B2104 ■ 楽しいな ツイッター川柳 句集で見〔句集で見 供15.02.23〜17.04.11〕
 219記事

B8990 ■ 楽しいな ツイッター川柳 句集で見〔句集で見〕〔総集編 掘17.12.01〜〕


があります。

主なものを順次、整備しており、時々更新してしますが、初期のものが基礎的であり、後期のものは事例的です。CTRL+F でページ内検索すると便利です、

ない場合には、当ブログをググるでドメイン検索をされると重み付けされた順番で、タイトルだけでなく記事内容での主なものが抽出されます。

プログラム言語は「キーワード スペース site:http://blog.livedoor.jp/arudebaran60y/ 」です。

キーワードはご存知でしょうが、「半角スペース(ANDでも良いが文字数が多くなるので避けますね)」で対象範囲の絞り込み。 OR で対象範囲の拡大。-またはNOT関数である - を頭部に付けると除外が可能です。括弧( )の活用も調べると便利。これらは他のブログやサイトのHPへのドメイン検索だけではなく、ググる全般で活用できます。お試し下さい。


菊池英博著「消費税は0%にできる」

クリントンと池田税制が高度経済成長大成功の要因』
★by 吉越勝之さん、ブログ立てられましたのでご紹介です。
同様な考えの方のブログのリンクも付いていますので、一通りご覧になって見ては如何ですか!!

◇ 増税は 無駄を排除し ストック(相続・資産・所得)に! いきなり消費 税は嫌!/新統制 経済国家 迫り来る
当ブログにコメントを戴いており、今回、右サイドバーにリンクさせて戴きました。アルデは、少子化時代、小泉改革の後遺症、100年に一度の経済危機、の視点からまずは、消費税でなく、累進所得税、ベーシックインカム(略称:BI)がポイントだと思い始めています。★

Wave of sound の研究日誌>経済成長と減税を可能にする魔法の税制---累進所得税(2)・本書が提唱したいのは(中略)、子どもの数を増やすだけでなく、幸せな子どもの数を増やすことを目標とする政策である☆


☆最近は、マスコミ・メディアよりも「阿修羅♪」や植草さんとそのリンクBlogのほうが内容的な質的レベルや信憑性が高いのではとも思えて来ています。2chとはまったく異質です。

アルデも右サイドに貼ってますが、「拍手ランキング」から見ると面白いです。

半信半疑の方!!植草一秀さん、担当警官の書類ねつ造証言、被害届を出した覚えがないので、起訴しないでとの上申書提出など、えん罪の可能性が大きいですね。二度目については右サイドバー「控訴審第1回公判傍聴記」に載っていました。二度も引っ掛けられやられておられるとは……。
3650 知られざる 真実いつか 晴れる日が/恣意的な 一罰百戒 怖いこと


8844 お陰様 後5メートル エベレスト(8848m)/まるこ姫 岩上(Delp95、諸力の)パワー 戴いて 600名様 感謝感激/エベレスト 後は遊泳(イカルス) 万来たら 5桁英字で 諸国漫遊 お迎え来たら 風又三郎


月別 List Links
A5601 ■ 方丈や TW川柳 徒然(古今、戴き)集/楽しいな ツイッター川柳 句集で見〔総合編〕

雑俳や 今の物事(江戸の言葉に) チューニング(02/09〜03/09)

★鳩山さん 関連句集★

★植草さん引用集★

☆当ブログの故郷、「 掲示板 ♪*★題詠川柳☆♪♪ 復刻し【リンク編】」を掲載させて戴けることになりました。メンバーの個性やセンスの妙をお楽しみ頂ければと思います。なお、右サイドバーからBLOGやbbs掲示板に行けますのでお試しください。☆


当blogのお題と川柳句

★ 直近の 検索ワード ご紹介

★ 必見 お勧め!興味ある(サーチがあった)キーワード(1)

★ 必見 お勧め!興味ある(サーチがあった)キーワード(2)

コメント川柳 《おるおる君さん》

★おっちゃん川柳 記事 リンク集★

★ 温故知新の 江戸川柳

『題詠川柳談話室』川柳リンク集

感性と 心が響く 苦選集

◇ 少子化川柳リンク集

07-11年 月次List
07-09年 月次List
07年 月次List

'09/01月List
'09/02月List
'09/03月List
'09/04月List
'09/05月List
'09/06月List
'09/07月List
'09/08月List
'09/09月List
'09/10月List
'09/11月List
'09/12月List

'10/01月List
'10/02月List
'10/03月List
'10/04月List
'10/05月List
'10/06月List
'10/07月List
'10/08月List
'10/09月List
'10/10月List
'10/11月List
'10/12月List

'11/01月List
'11/02月List
'11/03月List
'11/04月List
'11/05月List
11/06〜11/09月はお休み
'11/10月List
'11/11月List
'11/12月List

'12/01月List
'12/02月List
'12/03月List
'12/04月List
'12/05月List
'12/06月List
'12/07月List
'12/08月List
'12/09月List
'12/10月List
'12/11月List
'12/12月List

'13/01月List
'13/02月List
'13/03月List
'13/04月List
'13/05月List
'13/06月List
'13/07月List
11/08〜11/09月はお休み
'13/10月List
'13/11月List
'13/12月List

'14/01月List
'14/02月List
'14/03月List
'14/04月List
'14/05月〜12月List

------------

'15/01月List
'15/02月List
'15/03月List
'15/04月List
'15/05月List
'15/06月List
'15/07月List
'15/08月List
'15/09月List
'15/10月List
'15/11月List
'15/12月List

'16/01月List
'16/02月List
'16/03月List
'16/04月List
'16/05月List
'16/06月List
'16/06月List2

'16/07月List
'16/08月List
'16/09月List
'16/10月List
'16/11月List
'16/12月List

'17/01月List




【Facebook】アルデバランの夢の星
Facebook Baran Arude

誕生花(花言葉)川柳 11月-翌10月
0951 花言葉

植物 育て方 ア行
〃 カ行
〃 サ行
〃 タナ行
〃 ハ行
〃 マヤ行
〃 ラワ行他
〃 全般的な事柄
動物 ひと他 育て方

君の名は?

恩返し 参考図書に 体験記…

☆写真はフォト蔵に揚げています。個人情報を極力避けるため、自然、風景、動植物がメインです。グルーピングのためタグ付けに努めています。ご利用下さい。

写真共有サイト「フォト蔵」

最新記事
訪問者数(since '07.01)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数