Label The Garden、せつめ節目のライブに行ってきました。
DSC_0024

満員とはいかないものの、客席を1/3ほど潰してようやくそこそこ入ったと感じるほどだったので集客に関しては納得のいくものではなかったと思いますが、それでも予想よりかは入っていて成長の速度がまた早くなったかなと感じます。


会場にovertureが流れ、1曲目は思い入れ深い「Seed of Departure」から。
IMG_20170116_065423

ん~最高。 ”まだ見ぬ明日へ Beyond the Horizon” から始まるイントロで、今LTGに在籍する坂下雅と片桐みほを除く13人で歌う「Seed of Departure」は最高だった…


LTG"harvest vol.1"セットリスト

1. Seed of Departure(全員)
MC ~自己紹介~
2. 恋花(Flower Notes)
3. Suger & Milk(Flower Notes)
4. ゼンマイ仕掛けのロマンス(Flower Notes)
5. ライラック(Flower Notes)

6. Evergreen(Clef Leaf)
7. fancy drop love(Clef Leaf)

8. キミのもとへ(全員)

Enc1. パピラヴ(Flower Notes)
Enc2. 恋花(Flower Notes)
Enc3. Evergreen(Clef Leaf)
MC 
Enc4. キミのもとへ(全員)


そもそもの持ち曲がないのでセトリをどう構成して”魅せる”のかというのはなかなか難しいと思いますが、その中で「全曲前振りアリ」というのはなかなか面白いなと。
前振りというのは、曲の前にメンバーひとりにピンスポットを当ててその曲に込められた思いを朗読するのですが、その中で印象的だったのはNo.8の「キミのもとへ」でのなおちゃんの朗読でした。 デビュー期から応援しているファンの方なら分かると思うのですが、去年の8月の時点で、seeDreamが4人になるなんて誰も想像していません。ましてやメンバー4人のうち3人は新メンバーで、1/15の渋谷WWWで初お披露目。そのなかで唯一の1期生が橘南桜ちゃんで、そりゃあ南桜ちゃんの言葉一つ一つが重いわけですよ。
『なかなか芽が出ない、大器晩成で・・・』という感じの朗読(詳細は忘れました笑)、同期が自分を除いて全員メジャーデビューしている、もしくはもうすぐするという酷な状況で本当に感動的な朗読でした。

そういえばなんでよく覚えていないんだろうと思ったら、この朗読には元ネタがあって…

冬休みの技術の宿題が元ネタなんですよね。めっちゃいい朗読なのに自分は大爆笑してるという…笑
なおちゃん、ファイト。
20170116053508


アンコールのラストの曲、「キミのもとへ」の前での朗読はみおちんだったのですが、そこではこれからのLTGについても語りました。
20170116000537


いつも聞いてたような内容なので今更感想とかはありません…笑



ということでおまけ