「Jの進歩を止めているのは審判だ」




よくこういった類の言葉を耳にする。 
(※逆シャアのBGM聴きながら書いてるのでシャアっぽくなってるかもしれないです)



はたして本当にそうなのか。 俺自身まだ学生なのでJ発足当時のことなんて全くわからないし、ジーコやピクシー、ドゥンガとかしか知らない程度だ。 先日、
マツコ&有吉の怒り新党で今季で浦和を退団する山田暢久について特集をしていたが。。。

【新三大 山田暢久の気の毒なイエローカード】



1つ目はACLなので何とも言えない。二つ目も恐らく外人ではないか・・・?公式記録にはないし詳細は当時を知っている方へ… 

そして三つ目。 これは2005年で公式記録も残ってる。主審はPRの
西村雄一さんだ。 西村さんはW杯でも審判経験を務め、決勝の四審を務めたことでも有名である。が、その反面Jリーグサポーターの間では笛が荒いという認識があるらしい。(余談だがウィキによると都立新宿高出身らしい…トップ校恐るべし。それと、唯一J公認の笛としてあるバルキーンの開発にも携わったとか) 

「死ね」発言問題もあり(実際には言っていないということになったが)、あまりいい印象を持たない人が多いだろうけど、やはりW杯で主審を務めるほど、しかもそのレフェリングが評価されているということから見るとかなり質のいい審判員だということが言えるだろう。(かなり偉そうで申し訳ありません。)

この山田暢久のシミュレーションの判定は確かに映像で見るとそう見えなくもない。捻挫しようと思えば捻挫できるように脱臼・・ それは流石にないな。



たまに拝見させていただくでろブロさんにもこんな記事があった。

  
Jリーグは自らの下らない方針で審判を誤審連発の悪者に仕立て上げている事に気付いた方が良い


確かにその通りだと思います。 マイナス方向にどんどん連鎖が続いて、行きつく果てには検索ワードに

   「家本政明 死ね」

死ねってなんだよ これはかわいそうだ。ゼロックスの一件があったにしても(それ以前からの積み重ねにしても)、レフェリー座談会を見ると、一つ一つの判定に何ら不可解なモノはない。不可解なモノがないのになぜか死ねと言われる。

【レフェリー座談会 ゼロックス2008】



それは試合のコントロールの問題なのか、または単にそういう風潮に安易に乗っかってしまったサポーターがただ家本さんを嫌っているのか。 世論というものは怖い。 2ステージ制にしてもちょっと方式を変えれば良い案だとは思う。歴史が浅いJでは100年後の安定より明日の食事の方が大事だ。(←ちょっとシャアっぽい?)


味スタのゴール裏にいると頻繁にレフェリーに対する罵声が聞こえてくる。その都度思うのがスタンドとピッチとどっちから見たら正しい判定ができる?ボールがラインを割ったかなんて副審より正確に見える人がスタジアムのどこにいる?ということだ。 もちろんJの審判員はみんなスキルが高い。これは4級審判員の資格を取ってみると実感できる。
(東京都サッカー協会では審判の方が少ないので、興味が沸いた方は一度4級審判のテストを受けてみては?)

いくら主審が正しい判定をしてもスタンドから見てる人が誤審だと思えば、その判定はTwitterなどを通じて瞬く間に誤審として拡がっていく。



もちろん誤審や不可解な判定はある。しかし比率的には圧倒的に正確なジャッジの方がおいのではないか。 一度データを取ってみたいがそんなもの暇人になる大学生になってからでも…




常々口にする言葉だが、審判を批判する人はぜひ一度競技規則を呼んでほしい。そうすればジャッジに苦言を呈することも少なくなる。試合後にフラストレーションがたまることも少なくなるだろう。



後書き______________
  思いついたことをだらだらと書いただけですので、プレビューは見返していますが、誤字脱字や日本語表現がおかしいところがあるかもしれません。 転載する方はいないでしょうが、もしそのときは勝手に再編集しても構いません。