2014年03月

完敗クラシコ… 応援の意義とはなんなのか





今回のクラシコで得たものは何かと考える。








出てこない。何時間考えても出てこない。次節に期待できる内容ではなかった。



はっきり言って完敗だ。おそらく気持ちが空回りし過ぎていた。 川崎に勝ってやるという野心が強すぎたために米本のパスミス(というより、大久保がいいインターセプトをした) からの失点で均衡バランスが崩れた。 確かに試合序盤は東京が優勢だった。
もともと高秀先生はメンタルが弱いので、米本まで崩れてしまうと東京は戦えなくなってしまう。ナビスコの鹿島戦からフォーメーションを中盤ダイヤモンド型の4-4-2に変更しているが、先生の一人アンカーは厳しいものがある。 先生の能力は高いが、それは2ボランチで発揮するものだと最近思うようになってきた。ポポサッカーでは常に先生とヨネの2ボランチで試合に臨んでいた。ヨネがボールを奪取しにチャレンジしている間に先生はポジションを修正する。ヨネが奪取に成功し、前線へボールを送ると先生は積極的に攻撃に参加する(しかしシュートまでいかない)。 



戦術がフィットすれば勝てるとは思うが、そんな簡単にフィットするはずもなく。 練習ではポジショニングは1m単位で修正されるらしい。DFの約束事はかなり多いらしい。試合ではまだパスがずれている。 残念ながらズレたままシーズンを終わることとなると降格も夢ではない。 来年は久しぶりの東京ダービーだ。









いやちょっと待て、そんなことにはなりたくない。 降格?ふざけるなよ また「優勝を狙えるほどの戦力は整っているんですけどねー」って言われたいのか? 意地を見せろよトーキョー。 次は15位の清水だぞ? 上位のチームには勝たなきゃな^^(参考:FC東京は16位)









そんなこんなで完敗を喫した東京。ゴール裏には最後の瞬間まで声を枯らして選手とともに戦っているサポーターが何人もいた。 すごいと思う。いや、ただの応援バカなのか? 4点取られても応援する人は実際どうなのだろうか。 シーズン開幕前にちょっと言ったことだが、俺自身、今シーズンは優勝なんか出来ないと思っている(こちらをどうぞ)。それを踏まえて応援している。1種のギャンブルだとも言った。試合に負けたら負けたで次の試合に勝ちを求める。 


チームが勝つためにサポーターは応援する。そのサポートが大きければ大きいほど、選手はその声援をパワーに変えることができる。そうすれば勝利に1歩近づくことができる。しかし今回のクラシコのようなひどい内容、ひどい結果を見てしまうとサポートする気にもなれなくなってしまう。どんな状況でも応援するなどといううすらキレイごとは昨日の試合だとどうだろうか。 俺だってゴール裏で試合を見る者として必死に応援する。点が入った時には喜びを爆発させる。当たり前なんだろうけど、昨日の試合ではそれができなかった。それほど内容がひどかった。 



だからそんな状況でも最後まで応援する人はえらいのだ。俺から言えばバカなのだ。










さっきも言ったがスポーツはギャンブルだ(お金かけちゃダメだよ)。勝てなきゃ次の試合だ。次勝てばいい。次は清水だ。清水もここまで不本意な結果だ。勝とうぜ東京。いや、勝たなきゃだめだ。夏ごろにはマッシモ解任もあり得ることを考えると、ここで勝たなきゃだめだ。マッシモには期待している。是非長期政権を執ってほしい。そのためには清水に勝つことから始めよう。 俺は東京が勝つために応援する。頼むぞトーキョー。





3級審判員に求められるモノ。






ひとえにそれは、「アドバンテージの適用」です。




3級審判員たるもの、アドバンテージの適用はできなければなりません。 と言っている私も担当する試合が中学生年代のため、試合を通して笛を吹く機会があまりありません。 もちろんファウルは起こってしまうので、その時は吹きますw まぁだいたいがトリッピングやプッシング、インピード(昔の言葉で言うオブストラクション)がほとんどです。 


主審を務めた試合は50試合くらいありますが、中学生ということもあり、悪質なファウルにも出会ったこともなくカードを出したこともありません。 そんな中、過去に一度だけカードを提示するケースと出会いました。





それは、市内の中学校の1年生だけで試合をする「1年生大会」の決勝で起きました(決勝吹かせてもらったんですよ←)。
攻撃側競技者がセンターサークル付近から一気に守備側競技者の裏を突いたスルーパスに反応し、果敢に飛び出してきた守備側競技者のGKがほんの少しペナルティエリアを出て、キャッチを試みようとした場面です。
GKはキャッチに失敗し、ボールをこぼしました。

スルーパスは完ぺきでした。スルーパスが通っていれば得点の可能性があります。しかもキャッチし損ねたボールは攻撃側競技者に拾われ、そのままドリブルすれば、これも得点の可能性がかなりありました。守備側競技者は完全に崩されています。言い方を変えるとザルです。後半で疲れてしまったのか、人数も圧倒的に攻撃側競技者が数的有利です。ここでクイズです。



⒈笛を吹き、GKにイエローカードを提示する
⒉笛を吹き、GKにレッドカードを提示する
⒊アドバンテージを適用し、プレーを続行させる。その後、GKにイエローカードを提示する
⒋アドバンテージを適用し、プレーを続行させる。その後、GKにレッドカードを提示する













____________以下解答_____________




正解は「③アドバンテージを適用し、GKを警告」です。
GKは、決定的な得点機会を阻止しましたが、アドバンテージを適用したため、退場処分にはなりません。しかし、主審は退場に値するプレーだよ、と伝える必要があります。厳重注意ですね。
仮にスルーパスが下手で、得点のにおいがしなかった時は笛を吹いて退場を命じる必要があります。その時は②を選択しましょう。 

③を選択したが、得点にならなかった場合でも警告でいいでしょう。アドバンテージを適用した時点で退場を命じる必要はありません。 


笛を吹いてGKを退場させるのならば、新たにGKを交代要員から交代させるか、フィールドプレイヤーからGKを設定させるようにしましょう。 交代枠を使い切っている場合は後者になります。 ちなみに、再開方法はハンドリングですので攻撃側競技者の直接フリーキックです。



余談ですが、私はこの場面、⑤の笛を吹き、厳重注意する。を選択しましたw  この選択は一番やっちゃいけません。3級審判員には向いていないでしょう(たぶん4級の時の試合だったような…)。残りの試合時間、ベンチからは冷ややかな目で任務に努めました。もうこんな経験は嫌ですね。








そんなこんなで、珍しくレフェリングについての記事を書きましたが、やっぱり日々のブログで審判に触れるあたり、こういったことをしていかないと信憑性にかけてしまうと思うので書きました。ちなみに、昨日行われたナビスコの鹿島戦については触れることがないくらいいい試合をしてくれました! このまま不調の川崎を撃破してほしいですね!!!





こんなもんでしょう。~甲府戦~




やっとホーム開幕を迎えましたね。 っていうくらいしか今節は書くことがありませんw


あぁ、しいていえばエドゥがさっそく結果出したくらいですかね。GKとしては情けない失点でしたけど。


マッシモ1年目で優勝争いに食い込むとは到底思わないので今シーズンは1試合1試合をただぼーっと見つめますw 「それでもサポか!応援せい!」といわれるのは想定内ですw




ただ、今シーズン良くても来シーズン結果を出さないとポポヴィッチの二の舞になってしまいます。それだけは避けましょう。せっかく4-4-3の新しいフォーメーションで臨んだ柏との開幕戦で、面白いものを見せてくれたので是非長期政権でお願いします。
※東京がおもしろいのはシーズン最初だけっていうのが定説。





そしてそして、エドゥもそうなんですがなんといっても開幕スタメンを奪った武藤が気になりますよね!慶應ボーイは今年やってくれます! 秀人は学芸大だし三田は明治、武藤は慶應… すごい。
あのスピード!裏への抜け出し!去年のポ〇のサッカーとはまるで別物。アタッキングサードで3分間サイドチェンジするサッカーとはおさらばだ!  

ほんの少しだけ言うならば、もっとエドゥを有効活用せい!次節のテーマは「くさびのパスに愛を」です。サブタイトルは「武藤シュートだシュート!」です。シンプリシオがいない神戸戦。期待しています。



さて、次回は「東慶悟という男」というものを書いてみようと思います。






㎰.私事ですが無事高校を卒業しました。え?高校生ですよ?いや、高校生でしたよw  なお、進学先が決まらないので1年間休暇を取らせていただきますw

今年も開幕! 今季のトーキョーの展望




本当は、開幕前にエントリーするはずだったのですが、諸事情で、柏戦の記事の後になってしまいました。気分を開幕前に戻してこの下に進んでください。











































気分は開幕前ですか?
























では、どうぞwww
















_________________________________________


FC
東京といえば…
   ・開幕前予想順位では常に上位
   ・しかしふたを開けてみるといつも中位

   ・順位不相応な戦力
   ・監督がコロコロ変わる
 
といったあたりだろう。 しかもひどいときはJ2に降格してしまうのだから。(ここだけの話、降格が決まった2011シーズン、高校受験のため開幕戦しか観ていない。)

J2もたいして観戦はしていないのだが、大半のサポーターは「J2なんてラララ」と思ってるでしょう。





J1昇格1年目の2012シーズン、ポポヴィッチ新体制のもと開幕戦(アウェイ大宮戦)での勝利を皮切りに今年はやってくれるんじゃないかと期待を膨らませていたね。


ACL
も行ったね。ちゃっかり決勝Tまで行ったんだよ?

エジミウソンがかなり太ってて中東に行っちゃったね。

ネマが加入して、なんだコイツはって思ったね

でも順位という形では結果が出せなかったね。




でもそれがトーキョーなんだ。なぜかそこに応援のし甲斐を見出す俺がいるんだ。 




そして記憶に新しい2013年。


ポポ2年目。真価が問われる2年目。トーチュウに踊らされたダヴィ加入騒動。


大分に勝ち、柏に大勝し、今年はやってくれるんじゃないかと期待を膨らませたあの頃。

カズマが爆発したね。結果オーライだけどFWの補強はいらなかったね。

ルーコンがハットトリックしたね。浦和にも勝ったね。

でも順位という形では結果が出なかったね。   (以上、門出の言葉風の回想でした。)




でもそれがトーキョーなんだ。 なぜかそこ(ry




そして2014年。 フィッカデンティ新体制のもと、4-3-3のフォーメーションに期待を膨らませる俺たちトーキョーサポ。(懲りない奴らだ…)

フォルラン?知らねぇな。こっちにはエドゥがいる。マテウスもいる。ムトゥもいる。ハニューもいる。国見の怪物もいる。怖いものなしだ。 




開幕前予想順位では常に上位 


今年はまだ予想順位を見ていないが、おそらく今年も昨年までと同様に7位までには入ってくるのではないであろうか。 そして見事な開幕ダッシュを決めてしまうのである。そして失速、夏の回復、リーグ後半のマンネリ感。おおかた予想がついてしまう。 これは残念なことだ。なぜならサッカーは何が起こるかわからないスポーツである。そのためにジャイアントキリングなどという言葉もある。何が起こるかわからないのに何が起こるかわかってしまうからだ。 今年こそ今までのジンクスを払しょくしてほしい。




順位不相応な戦力

GKには権田修一、 DFには森重真人、徳永悠平、加賀健一、太田宏介、 MFには高橋秀人、梶山陽平、石川直宏、羽生直剛、 FWには渡邉千真、平山相太など代表経験者が数多く在籍する。 それにブラジルの名門サントスFCや現在内田篤人が在籍するドイツのシャルケでプレーした経験を持つエドゥなど優勝するのは十分な戦力がある。  この戦力を持っていながらも13年シーズンは8位という順位だ。 ポポ体制をあと1年見たかったと思っているサポーターも数多くいると思うが、さっきちょこっと書いたけど「真価が問われる」2年目で8位という結果なので続投しないのも頷ける。 ただ社長が言う「新しい風」を吹き込むにはイタリア人監督はやりすぎではないか、とも・・・




監督がコロコロ変わる


ポポが続投しない理由もわかるが、やはり優勝するチームはずっと同じ監督が指揮している。鹿島のオリヴェイラやG大阪の西野朗。 鹿島はいまさら説明する必要もないだろう。Jではずば抜けてタイトルを獲っている。西野体制下でのG大阪もACL優勝している。 
では、東京はどうだろうか。 最長でも第1次原博実体制下の4シーズン(20022005)が一番だ。 原監督時代が終わると、かつての東京旋風はどこへ行ったのかわからなくなってしまう。 ガーロという黒歴史シーズンに入り、ガーロやめろ!コールをしたこともあった・・・ そして次のシーズン、第2次原体制のもとでも成績は振るわず。そして城福浩時代の幕開けだ。 ナビスコカップ優勝、スルガを獲って世界一。 この時が一番好きだったという人も多いのではないか。 しかしその城福体制3年目。 まさかのJ2降格(リーグ終盤は大熊清監督が指揮を執った)。 大熊体制下でJ2を制覇し、初のJ2チームが天皇杯を優勝してJ1昇格。 そしてポポ体制。ポポ体制についてはさっき言ったとおりなので省略。(最後のほうやっつけですいません・・・)

結論から言うと、もう一年だけ、ポポでいいではないか。  というより大熊監督でいいじゃんか。 コロコロ監督を変えて、サッカーも変えて、社長が言う新しい風を何度も入れて優勝が出来るかと言ったら、おそらく何年たってもできない。それこそ毎年中位で終わってしまう。 大分の田坂監督、湘南のチョウ監督など13シーズンで残念ながら降格してしまったチームでも監督は続投している。資金的な問題もあるかもしれないが、1年間築いてきたサッカーでもう一度昇格したいという気持ちが強いのでは、と思う。  








今シーズン。毎年のように期待している。エドゥがどれほどやれるのか。カズマはまた点を取ってくれるのだろうか。平山はチームのカギとなれるのか。もちろんサポーターなのでチームが優勝するために応援もする。立ち上がって歌う。しかし、立ち上がって歌うだけじゃ勝てないのも現実。今シーズンはマッシモサッカーを観て楽しみ、そして来シーズン、その次のシーズンと長い年月をかけて優勝に近づいていければいいだろう。




いよいよ開幕!まずまずの滑り出し ~第1節 柏レイソル戦~


Jリーグサポにとって3月というのは1年で1番楽しみな月なのだ。

12月にシーズンを終え、リーグ終了後の12月なんて天皇杯を勝ち残っている8チームくらいしか楽しめない。元旦に天皇杯が終わったらオフシーズンになる。 そして1月2月と長い冬を乗り越え、待ちに待った開幕戦。 そう、今日は開幕戦なのだ。




新加入選手はどんなんかな?新監督はやってくれるのかな?今年こそタイトル獲れるかな?そんなことを考えながら(ほんとはこの妄想でブログ書いたんですけど消えてしまったという・・・)、スタジアムへ足を運ぶ。




「あぁ・・・ この電車に乗ってアウェイに行く感じ・・・」 ほんとにJが開幕するんだ。 (もともとチケット持ってなかったので実感したのは試合前にチケット貰ったあたりからなんですけどね・・・) ちなみに、阿久根社長は一人で常磐線に乗って日立台まで来たそうで。 なんでも柏駅から日立台までも歩いたとかなんとか。 もうなんというか社長というかサポーターですよねww  社長が強烈っていいですよね。広島の小谷野社長とか、、、





そして開門の時刻。 さすが歴史のある日立台。初参戦でしたがいろいろ驚かされましたね。 外見の割にトイレがでかいこと、あの規模で我らイナゴに挑んだこと、ゴール裏のスタンドのとりあえず詰め込めばいいっしょ感。味スタと勝手がちがうので(構造的に当たり前ですが)、いろいろ不便はありましたが、そこは日本一臨場感があるスタジアム。やはりみてておもしろい! ナビスコで再戦したいですね。



開門50分で完食。

BhnbNn0CMAEc31j




なにを思ったのか、この張り紙を写真に収める人が何人か・・・ 食ってやったぜという証拠ですけど・・・



そんなこんなで柏も食ってやろうと意気込んだ試合内容のほうは省略ということで・・・(え?)

試合内容が知りたきゃエルゴラ読みなさいwww



そういえば、柏市役所のHPからみゃ長(柏の旧コールリーダー)のブログが始まるという何がどうなってんのかわからないことが起き。。。 柏スタンドからみゃ長の声らしきものが聞こえたりと、みゃ長の復活を遂げる現象がちらほら・・・  ”みゃ長の復活は柏G裏の復活”と思っている私としてはうれしい限りです。 柏のゴール裏は、あのバカさがないと始まりませんよね。 こんなことが言えるのも何年も東京のゴール裏にいるからなのでしょうがw



レディ・ガガとメッシからJ開幕祝いの花輪が

DSC00710



上下スタンドに出た大型弾幕は両方とも「No Reysol No Life!」
DSC00732



今季帯同する伊GKコーチのフルゴーニコーチ

DSC00730



権田。

DSC00723





この日先発したエドゥ、武藤はやばいっすね。エドゥはもっと仕上げてくれるはずと思います。 武藤は新人だからかけっこう控えめでした。二人ともシュートを打ってくれれば今日は勝てたはず! おそらくスタッツでは柏の圧勝でしょうが、内容は90分みてて楽しかったです。こういうゲームが今年日本全国で行われているんですから、普段スタジアムに行かないサッカーファンもぜひ一度来てもらいたいです。 余談ですが、今年はJリーグのほうから「簡単に転ばない(シミュレーションだめ)」「アクチュアルタイムを増やす(アウトオブプレーの時間を減らす)」などの通告があるみたいです。そりゃ面白くなるわけだ。




次節はJFK率いる甲府! 2週連続東京でって言っても甲府と東京は近いですし、そんなに影響はないと思います。鹿島に滅多打ちにされた甲府に負けるわけにはいきません。勝ちましょうね!




PS スタッツだと、東京が勝ってましたw




権田修一 6.0

徳永悠平 6.0

加賀健一 6.5

森重真人 6.0

太田康介 5.5

高橋秀人 5.0

東慶悟     5.5

三田啓貴 6.0

渡邉千真 5.5

エドゥー   6.0

武藤嘉紀 6.5


河野広貴 出場時間少

石川直宏 5.5

野沢英之 出場時間少

アクセスカウンター