2014年04月

Jリーグの進歩を妨げているのは審判ではなくサポーターであることを自覚したほうがいい②



今日もゴール裏では様々な野次が飛ぶ。


「ひらやまーっ!シュートだ!シュート!」

「エドゥ!持ちすぎ!さっさとパス出せよ!」



この程度の野次なら百歩譲って許容範囲だ。もちろんそんなことを言ってもどうしようもないのは本人はわかって言っているのだろう。しかし、このような野次よりもひどいものもある。それはレフェリングに対する野次である。

審判に携わる者の性なのか、あちこちで聞こえてくるレフェリングに対する野次はどれも見当違いで聞くに堪えない。というか笑えてくる。

「イエローカードだろ!カード出せよ!」

この言葉は1試合に10回は聞く。そもそも1試合に10枚もカードを出す主審は中々いない。
サポーターチーム補正が入っているために、応援する選手が倒されればつい言ってしまうのだと思うのだが、すこし倒れたくらいでブーブー言いすぎる。 しまいには、正当なタックルで平山が飛ばされたシーンでも「ファウルだろ!!」と。あのシーンでファウルと言った人はほんとにルールを知らないで野次を飛ばしてるんだな、としみじみ。


ルールは知らなくても観戦する上では全く問題ない。俺が言いたいのはわけのわからない野次を飛ばすな、と。
倒されればファウル、激しく倒されればカード。 そんな基準で見てるから間違った判断をしてしまう。




ケガでうずくまっている相手の選手に対してもそう。何に対してブーイングをしているのか全く分からない。痛がったらブーイングするの?おかしいでしょ。ひいきチームが100%クリーンなチームなんてことはないんだから、激しい接触があったら痛くなるでしょ。もちろん、その行為によって時間を稼ぐといった意図があるのならばブーイングをしてもいいが、仮に前半アディショナルタイムで負けている状況で痛がっている選手に対してブーイングはなんの意味があるのかほんとにわからない。ブーイングのする意味をもっと考えてほしい。



話を戻すが、見当違いの野次をとばす人たちは自分でほんとに正しいと思って言っているのか。サッカー専用競技場ならまだしも、味スタや日産、等々力のような多目的スタジアムのスタンドから正しいファウル判定なんでできるわけがない。
ゴール裏から「スローインでしょ!出たよ今!」って野次も頭ポカーンってなる。副審がフラッグアップしていないならアウトオブプレーにはなっていないということ。ライン上かもしくはその延長線上でみている人しかそれはわからない。



競技規則を買ってルールを勉強しろとは言わないが、それくらいのことをしてサッカーのルール理解を深めることも大事だと思う。見当違いの野次を飛ばされ、見当違いの評価を受ける審判のことをもうちょっと思いやってもいいでしょう。
それでも審判はクソだというのなら自分で主審になってみては?Jの主審のほとんどは副業で主審をしているので、サッカーのルールの理解も深められる、自分が主審になってスタンドから一切の文句も言われずに主審の任務を全うし、日本の審判員の評価をあげることができる。一石二鳥じゃないですか。



とにかく、いい加減わけのかわらない野次を飛ばすのはやめましょうね。


波に乗ってきた!このまま広島へ!



ナイスゲーム! 勝てばいいんだよ勝てば。ミンチ天にも勝利し、試合でも勝利した。これいいじゃないか。

_120040



ただ入場者数がひどかったよね 14,000人って少なすぎないかい 平日のナビスコでも10,000人行くのにこれはひどいよ。 天気のせいってのもあるけど。。。 うぅ~ん…





ただ少数精鋭でもミンチ天を制覇できたことは評価する←





試合に関して言えば、前節の清水戦に続き点が取れてきた印象。前々節の川崎戦がひどかったのでまずは一安心。問題は次勝てるかなんだよね。


でも広島には勝てる印象あるんだよなぁと思って過去2年分の対戦成績を見ると案外面白いことが判明。

2012J1 第4節第1日03/31(土)14:04F東京 0-1 広島 味スタ
2012J1 第23節第1日08/25(土)19:05広島 0-1 F東京
2013J1 第14節第1日07/06(土)18:34F東京 0-1 広島
2013J1 第24節第1日08/31(土)19:06広島 1-2 F東京



アウェイチームがいつも勝っているよね。お互いホームでは勝っていない様子。おそらくこれが広島に勝っている印象を与えているのだろうか。あとは、点差が1しかないこと。 確か去年のアウェイは米本が決めたんだよな。






(勝てるんじゃね…!?)









とは言いつつも広島は簡単には勝てない相手だということも重々承知です。佐藤寿人、高萩、野津田、石原、ミキッチ、柏、塩谷などなど要注意人物はたくさん。NHKでやるということなので今から楽しみですね!







ところで、鳥栖には勝ったものの河野のゴールが疑惑を呼んでいます。 結論から言うと完ぺきオフサイドなんですけど、A2が見逃してくれて点になりました←

そのシーンはこちら


基本ですが、オフサイドの反則を受けるにはまずオフサイドポジションにいることが前提となります。オフサイドポジションにいること自体は反則ではありません。

[オフサイドポジション]

   1.相手陣内にいる。

   2.ボールより前にいる。

   3.相手の2番目に後ろの選手よりゴールラインに近い位置にいる。

この条件がそろえばオフサイドポジションにいることが成り立ちます。 よくわかりやすく3番目を説明するのに、「ゴールキーパーを除く、一番後ろにいる選手(守備側の最終ライン)よりゴールラインに近い位置にいる」など誤解を生む説明をする人がいます。確かにそうなのですが、今回のような場合に遭遇するとやはり混乱してしまいます。

この得点シーンの場面のオフサイドライン(オンサイドエリアとオフサイドエリアとの境目)、つまり後方から2人目の守備側競技者はGKの林になります。 今回の場合、オフサイドの反則はエドゥがシュートを打った時点での河野のポジションが問われますので、動画や画像を見る限り河野はオフサイドポジションにいることがわかります。

簡単に言えば、エドゥがシュートを打った時点で河野はオフサイドポジションにいましたのでオフサイドの反則がとられてしまうわけです。






こんな説明でわかったかな? とりあえず昨日の試合、主審が中村太さんということで若い方でした。若い方の割には運動量が少なかったのかなぁとも。 ただ、フィールド内にゴミ袋が入った際の行動はよかったと思います。





審判用ホイッスル徹底比較!!!!




最近、審判関連の記事が多い当ブログです。 そんな中今回はレフェリーならみんな使うホイッスルを題材にしようと思います。
というのも、この手の記事が見当たらないので俺がパイオニアになろうということですね。





まず、自分が愛用している笛はこちらです。

th75C1Z7NS


MoltenのFOX40です。 FOXは2タイプあって、この画像のグリップ付のともう一つはグリップがない仕様です。
もちろんこのグリップ、とても役に立ちます!ご想像の通り、笛が吹きやすいのなんの!
しっかりグリップで笛を固定して吹けるので短い2連(ピピッ!)というのも、キックオフやオフサイドで使う長いとき(ピーーッ!)もおちゃのこさいさいです。 笛の音はけっこう高いです。その辺は下でまとめようと思います





次に、もっともメジャーなやつです。それはMoltenのドルフィンです やっぱり笛はMoltenなんですよね
wdfpbk_480480_ph001

このドルフィン、いろんなところで使われていますよね。体育教師とかはよくこの笛を使っているかと思います。サッカーだけではなくバスケ等様々なスポーツで使われているという点でメジャーと言っていいでしょう。
笛の音はFOXに比べ低く、いわゆる笛による”説得力”が増します。初めて買う笛はこのドルフィンでいいんじゃないですか?






続いて紹介するのはmoltenのバルキーンです。この笛、moltenで最高級の笛なんですね。
ra0030-k_480480_ph001
なにがすごいかっていうと、この笛の開発にあたり、国際審判員の西村さんが携わっているということです。そして、Jリーグ唯一の公認ホイッスルなんです。 笛の音もやはり良い。スタジアム全体に響き渡ります。サッカー中継でも音が拾われますよね、そのくらい音が大きいです。







次もドルフィンなんですが、最近発売した新しいタイプのドルフィンです。 ドルフィンFと言います。

ra0070-k_480480_ph001
この笛は、バルキーンとなんら変わりがありません。そこがすごいところです。しかし価格はバルキーンの半分ということ! いやぁ~すごいです。 ちなみに先日、この笛を購入しましたw これから愛用しようと思います。




他にもMoltenにはブラッツァや、ドルフィンBなどというのがありますが、今回扱っていないものに関してはサッカー用ではないものです。主に室内用の笛ですのでサッカーのような屋外でやるスポーツには向いていないのかもしれません(試したことないですがw)。











個人的には、コルクの笛はおススメしません。それは先ほど言った笛の説得力に欠けたり、たまにコルクが空回りして変な音(ピーッピロピロピロ)がでるためです。
ra0050-k_340340_ph001

↑こういうやつです。 審判4級を取得すると、JFAからこのタイプのホイッスルがもらえますが、あれは練習用として使ったほうがいいですね。僕も地元の中学校でコーチとしてお手伝いさせてもらっていますが、ドルフィンを使用するとうるさくてたまらないです。ケースバイケースで使いましょうw 





こちらは、ホイッスルの音を比較したものです。


最初に出てくるadidasのホイッスルは、やはりコルクということで避けたいですね。まぁ個人的なものなのでコルクが大好きな人は使っても全然問題ありません。






【ホイッスル比較表】
無題1














余談ですが、主審は通常2つの笛を持って試合に臨みます。中学生の部活の大会程度などであれば一つで構わないと思いますが、3級になると笛を2個持つようにインストラクターから指導されます。ちなみに私は部活の大会程度でしか吹かないので1個です(なによりインストラクターがいませんので…)。 

やはり予備ということでしょう。私のレフェリングやこういった用具のことはすべて独学なので、自身にインストラクターがいる方は聞いてみてください。そっちのほうが安心するでしょうし。 
Jの主審はバルキーン2個と、腕時計を2個装備しているので両手だけでざっと3万くらいでしょうかね←




あ、あと買ったばかりの笛はなかなか音が出ないと思います。多少慣らしてから大会等で使用してくださいね!




ではよいレフェリー生活を!




アクセスカウンター