【山本雄大データまとめ】
 
                         

山本雄大Yudai YAMAMOTO

生年月日:1983/03/04
出身地:京都
1級登録年度:2008/01
国際登録:国際主審
J1主審:56
J1副審:0
J2主審:58
J2副審:0


[J1直近6試合]
カテ 節 日付 ホーム アウェイ 結果 反則 黄 赤
J1 13月1日 仙台- 新潟 1-2 32 2 0
J1 33月15日 川崎- 大宮 3-4 23 2 0 
J1 43月23日 徳島-  0-2 35 2 0
J1 94月26日 清水- 仙台 1-0 33 1 0
J1115月3日 名古屋- C大阪 1-2 25  5 1
J1125月6日 甲府- 浦和 0-0 36 4 1


[1試合あたりの平均判定数]
年度 ファウル数  黄 赤
08           42          5  0.27
09           38          5  0.09
10           31          3  0.09
11           30          3  0.05
12           33          3  0.14
13           31          3  0.05
14           32          3  0.18


[ゲーム経過]
04’ 昌司 源   C1(反スポーツ的行為)
10’ ダヴィ     C2(ラフプレー)
25’ 小笠原 満男C1(反スポ)
36’ 三田 啓貴 C3(意義)

56’ 河野out 羽生in
60’ 三田 啓貴 ゴール
69’ 遠藤out  野沢in
74’ 武藤 嘉紀 C1(反スポ)
77’ カイオout  豊川in
81’ 小笠原out  ルイスアルベルトin
84’ エドゥーout  平山in
86’ 豊川 雄太 ゴール
90’ 三田out  羽生in

90’+5 ルイス アルベルト S2(乱暴な行為)
90’+8 米本 拓司      C2(ラフプレー)




[雑感]
攻撃陣がなんともパッとしない感じ。先週の天皇杯2回戦に引き続きFWは点が取れない。エドゥーはどうしたんだか… まぁFWというのはその瞬間でしっかり結果を出さないと90分どれだけいいプレーをしても評価はされないし、ましてやそれが決勝点になるべきものだったらなおさら。武藤も同じでブラウブリッツ秋田相手に点が取れない、曽ヶ端と1対1という決定機で外すなどといったことを続けるとこの先俺の中のFW点取れないリスト入りしてしまう。まぁ次だ次。次結果だせや。

そして今回主審を担当した山本さん。山本さんがゲームを壊したとは言わない。よく言われる「主審がゲームを壊した」というのは少し間違っていて、正確には「主審がゲームをコントロールできなかった」ためにゲームが壊れるのである。 小さいミスを前半で積み重ねてしまえば後半に小さいファウルプレーで荒れてしまう。それでもしっかり(?)90分あの雰囲気の中でやってくれました。現にルイスアルベルトに1発レッドだしたんですから。よく見ていました。が、そのあとの米本のプレーに対して警告を出したのはやっぱり気が引けたのか。あれはラフプレーというより著しく不正なファウルプレーで退場にすべきプレーだった。後半アディショナルタイム終わったあとに退場者を2人出すのは避けたいのは分かるがファウルはファウル。あれをしっかり”赤”を掲示することができればこの先西村さんに次ぐ世界で活躍するレフェリーになってくれると思います。まだ31歳ですしね。





【追記】
〈問題のところを録画しておいたもので再確認〉
豊川の最初の幻のゴールは確実にハンドリング。やっぱり権田も目の前で見てたしプレーしなかったんでしょう。で、米本の最後のファウルは著しく不正というわけではなかったのでこれもラフプレーでOK。まだ勉強が足りないというか、スタンドからの視点でしたので再確認しといてよかったです。あと、ルイスアルベルトが退場になったシーン。カードをもらう前に山本さんから注意を受けていた模様。ずっと山本さんの監視の下にあったので迷わず赤を出せましたね。