6/18に行われたFC東京vsアルビレックス新潟より。

前半22分に、FC東京のGK秋元陽太が以下の理由で相手に自陣PA内で相手に間接FKを与えてしまいました。
スクリーンショット (520)

で、実際のところこの反則の適用は正しいかという議論は明白で、秋元は6秒以上保持していたのでファウルは妥当です。

スクリーンショット (518)
スクリーンショット (519)

おおよそ15秒保持していました。 動画で確認した方がいいと思いますので、動画も載せておきます。


ファウルの適用は正しいのですが、スタジアムで見ていたところ、主審ははやく手から離すような促しを行っていませんでした。競技規則上は6秒を超えて保持していた時点で笛を吹いて、相手に間接FKを与えても構わないのですが、現状はそこまで厳格にファウルを認定するようなことはありません。感覚的には、6秒を超えた時点で早く蹴るよう促し、それでも保持するようだったらファウルを認定するのが一般的です。

そして、基本的にファウルを犯したら、フリーキックでプレーを再開する権利をもつチームが優遇されます。
主審は、クイックリスタート出来るようボールから相手競技者を離しつつ、キッカーやそのチームメイトから確実にボールから相手を離してほしいとの申し出があった場合は完全にプレーを止め、クイックリスタートもさせません(その代わりにボールから確実に相手を9.15m離す)。

秋元からボールを奪ってプレーを再開させた新潟の山崎亮平は、しっかりファウルポイントにボールをセットしてからプレーを再開しているので何ら問題もありません。秋元からボールを奪ったことに対していくつか疑問の声がありましたが、そもそも秋元がボールを持っていちゃいけません。ファウルを犯したなら相手にボールを渡すのがスポーツマンシップに則った行動です。


ここまでが”審判員”としての僕の意見です。
そしてここからが”いちFC東京サポーター”としての僕の意見です。


無人のPA内で相手にすぐ再開をさせると今回のようにあっさり得点されてしまいます。
いわゆる6秒ルールのほかに、バックパスでも同様なケースが考えられるので注意してください。

相手に間接FKを与えたらまずすべきことはリスタートをさせないことです。これを失敗すると失点に直結します。主審に抗議してる間に失点していたなんてバカみたいなプレーは絶対にやめましょう。
具体的には、ボールを相手に渡さない。またはどっかに蹴っちゃいましょう。警告必至ですが、失点されるより警告を貰った方がいいです。

秋元は、相手にすぐボールを渡してしまいリスタートを許してしまったので、ある意味では行動規範になるプレーでさすがプロ!と言いたいのですが、またある意味では何しとんじゃボケと言いたくなるプレーでした。
秋元だけでなく森重や丸山も同様に、まず考えることは抗議ではなくリスタートの阻止です。プロサッカー選手なんだから今回のようなファウルは誰の目から見ても間違いないので、ボールの前に立つなど機転を利かせられれば良かったのではないか、と思います。実際のところ、笛が鳴った瞬間森重は足を止めてしまい、山崎にすぐ再開を許してしまいました。


というわけで、今回のような幼稚な失点は無くすようにしてください。そして、秋元はものすごいスピードでお笑いGKとして昇華しています。今シーズンが終わるころには、秋元陽太珍プレー好プレー集で15分くらいのミニコーナーができるといいですね。