サッカー

【追記改訂】良くも悪くも期待通り… ブラジルW杯開幕戦 ブラジルvsクロアチア雑感



4年に1度のW杯がやってきましたね。 普段、海外のサッカーを観ない僕にとってはそのレベルの高さを再認識するとともに、海外リーグを観るきっかけにもなればいいと思っています。

そんななかで始まったW杯。開幕セレモニーはオリンピックに比べれば劣り(そりゃそうか)、真ん中のLED球体が開花したのは全世界が予想していたでしょう。案の定見事に開花し、中から今大会テーマソングを歌うけっこうワイルドなサンプラザ中野くんさん(仮)が出てきました。


そして開幕戦のキックオフ。


スクリーンショット (38)


ブラジル 3-1(前半1-1)クロアチア

試合終了時の主なスタッツ
■シュート数
 ブラジル 14:10 クロアチア
■枠内シュート
 ブラジル 9:4 クロアチア
■枠外シュート
 ブラジル 5:6 クロアチア
■パス本数
 ブラジル 558:385 クロアチア
■パス成功率
 ブラジル 77%:67% クロアチア
■オフサイド
 ブラジル 1:0 クロアチア
■ファウル数
 ブラジル 5:21 クロアチア
■イエローカード
 ブラジル 2:2 クロアチア
■レッドカード
 ブラジル 0:0 クロアチア
■ボール支配率
 ブラジル 59%:41% クロアチア




そしてそして... W杯の開幕戦の審判団に日本の西村雄一さん、相樂亨さん、名木利幸さんが選ばれました!
これが何を意味しているかというと、FIFAから信頼されているということ。W杯の開幕戦ということで、決勝戦と同じくらいの注目度が開幕戦にはあります。スタンドからは6万人の観衆、そして世界中に放送されている試合のレフェリーを務めるということは並の審判員ではできません。W杯の審判員に選ばれるということがもう栄誉であるのに、開幕戦の笛を吹くということはそれ以上に名誉なことなのです。 そしてもう一つは、西村さんのジャッジ一つ一つが今後の試合のレフェリングの基準となることです。もちろん、FIFAから今大会はこういう風にジャッジしてください、このファウルについては厳しくお願いしますなどの指示はでていますが、それでもなお”主審の裁量”によるレフェリングがあるのがサッカー。開幕戦の主審というのは、今後の試合においてかなり重要な任務でもあるのです。

なにかとJリーグサポの間では不人気の西村さん。というか人気がある審判員はいるのか?扇谷さんのフォルムくらいしか愛着が湧かない? 


まぁ、『完ぺきなジャッジ→当たり前、自分の納得のいかない笛が吹かれる→審判やめろ』という気質ならどうやっても人気なんかでないか… 審判に少しでも携わってみると、「よくこのファウルわかったな」など感心するばかりで、90分完ぺきなジャッジをするなんてむしろ不可能なんじゃないかと思います。
テレビの画面から、もしくはスタンドからピッチを見下ろせば誰がどこにいてこの選手が少し押したぞ!なんてのもよくわかります。しかし、選手と同じ目線、同じピッチに入ってしまえばその視点は主審は残念ながら持っていないので「悪いがファウル(みたかったけど)見えなかった」なんてことはザラにあるわけです。



で、少し話がそれましたが、結局のところ西村さんはあの雰囲気の中でよくレフェリングしてくれました。とりあえずお疲れ様です。SNSは当分控えたほうがいいです。 


そしてこの開幕戦で物議をかましているPKとなったファウルの判定についてなんですが… 
何度動画を見返してもよくわからないのです。20回くらい見返して出した僕なりの結論は『フレッジのシミュレーション』です。 しかし、クロアチアDFのファウルを取ってもおかしくないようなものでした。この判定、けっこう有級者の間でも意見が分かれているようなので西村さんがどっちの判定を下そうと、世界は騒ぐことになっていたでしょう。その点、クロアチアのファウルを取ったということは少なくともサンパウロから脱出することはできるみたいです。

↓そのファウルシーン↓
http://youtu.be/MHarPlPGAjA

なんだか今大会では手を使ったファウルは厳しく取っていく方針らしいのですが、そのようなソースをまだ見ていないので勝手に納得させられた気になりそうでした。
そして、僕なりの解釈ですが、まず第一にクロアチアDFロブレンの手がブラジルFWフレッジの腕にかかっています。ただ、このかかり方が多様な意見を生んでいます。 フレッジともあろう屈強な肉体の世界的なFWが、あの程度のホールディングでバランスを崩すとはあまり思えません。
今までのJ基準で行くと、「その行為によって相手のプレーに支障をきたし」たらファウルとなります。僕もその理解で審判活動をしています。 


ある人は、腕をひっかけてんだからその時点でファウルだろ!とも言います。間違いではありません。
ある人は、僕と同じようにシミュレーションだと言う人もいます。間違いではありません。
ある人は、西村は笛を吹くべきではなかったと言う人もいます。それはどうかと思いますが。


フレッジの腕を広げながらの倒れ方も、主審としては悪印象です。しかし、試合前にドレッシングルームで審判はお互いにフェアプレーでいきましょうと声をかけるはずです。そして西村さんも、このピッチ上にいる22人すべての選手がフェアプレーでやっていると思いながら走っているわけです。 考えてみるとシミュレーションってけっこうタチのわるいファウルなんですよね・・・  



ただ、ガキの3級審判員でも20回見てやっと見つけ出した答えです。これがあのサンパウロの雰囲気でとっさにPKの判定をし、クロアチアの選手に囲まれながらも毅然とした態度で対応した西村さんはやっぱりすごいです。
別に西村さんの判定を否定しているわけではありませんよ。僕もあれはロブレンのファウルだと有識者に言われたらコロッと意見を変えるかもしれません。


これはかなり難しいケースでした。僕を含め、ここは一般人はFIFAの公式見解が出るまでじっとしているのがいいかもしれません。




そしてまだ担当試合があると思います。悔いの残らないレフェリングを期待しています。






追記:
やはり、FIFAのほうからホールディングに関して厳しく見るよう通達がなされていたようでした。
ハンドリングと同じようにホールディングにも未必の故意がある、ということをとあるブログで見かけ納得しました。
FIFAの見解も、友級者の見解も『ロブレンのホールディング』で一致する日も近いでしょう。あ、僕もそっちのほうにします(笑)



ゴール裏、もといスタジアムが安全地帯となるのはまだ先。



今季のJ前半戦の流行語ノミネート語は「Japanese Only」「大久保嘉人代表入り」あたりでしょうか。ほかにも「東京サポ、ミンチ天1000枚を食い尽くす」や「ゴール出んウィーク」、「Jリーグおっぱい対決」などあるけど割愛。




中でも一番問題になったで賞はやはり《ゴール裏の民度の低さ》でしょうか。千葉の開幕戦居残り(これは少しタイプが違うけど)、浦和の人種差別横断幕、鹿島のドラムスティック投げ入れ、東京のイス破損事件、愛媛の讃岐は邪魔者ゲーフラ、、、、 ぱっと思いつくだけでこのくらい。 


各事件の処分をまとめるとこんな感じです。
人種差別横断幕…1試合無観客試合
棒投げ入れ   …始末書
愛媛のゲーフラ  …無期限入場禁止
東京のイス破損…和解?



処分の基準が分からない。浦和独自の処分はやりすぎだし、鹿島に関してはわけがわからない。愛媛のゲーフラ掲げた人はなにやら前科があるらしいから妥当だとかなんとかで、東京のイス破損は和解。スタッフと話し合って和解したらしいが、和解ってなんだよ。何度目だよイス壊したの。


だいぶ前にまたイスが壊されるかもしれないって書いたけどほんとに壊れちゃったね。まぁあのゴール裏の体質だとまたやらかしそうだけどね。
自分もよくゴール裏で試合を見たりするけど、彼らには関わりたくないっていうのはうそであり、ホントであり。。。。 



これ言っちゃうと殺されそうですが、ラジオだか知らないけど、試合開始前にひょっこりやってくる植)#'〇#"朝'#%"日氏 が偉そうにしてるんだよねぇ。甲府や山雅など、ほかのコールリーダーを見ると「このコルリなら…」って気になるし、それがゴール裏の人口増加やスタジアムの雰囲気アップにつながると思う。 味スタだとバックスタンドからゴール裏の様子をしっかり見ることはできないけど、それが日立台などの小規模スタジアムだとその様子は手に取るようにわかる。 そこにつけ込んでいるという気はないのかもしれないけど、実際はそのような感じがする。
甲府のコルリは「さぁ!みんなで行きましょう!」って感じだし、山雅もそんな感じ。 それに反するように、鹿島や浦和の暴力団あがりのような集団はそんな良い雰囲気は無いし(まとめることはできるが)、東京もそう。
カリスマ性だけあっても兵は付いてこないよ、ってこと。





で、何の話だっけ…
あ、そうそうイス破損の話。
前にも取り上げたけど→ http://supportista.jp/2009/03/news12200520.html
少なくとも今回で2回目ですよね。スタッフと話し合って『お咎めなし!次から気を付けよう!』 じゃダメだとおも、も、、おもも、、思います。 だって2回目ですもの。そして、前回も今回も自主する人は無し。 もうイケイケ全員で割り勘して弁償しろよ。そして、罪の擦り付け合いとか見苦しいからさっさとグループ化してくれ。次問題起こしたらグループ全員でバイバイしろ。

イス破損くらいで… って思うかもしれないけど、味スタでイスの上に立たなくてもほかのスタジアムでは立つでしょ?その程度の思考回路しかないんですよ彼らは。まるでゆとり世代ですよね(18歳 / 小1から高3までゆとり教育)



まぁ今回はこの辺にしておきます。拡散されるとたぶん後ろから刺されるのでやめてくださいm(__)m


Jリーグの進歩を妨げているのは審判ではなくサポーターであることを自覚したほうがいい



「Jの進歩を止めているのは審判だ」




よくこういった類の言葉を耳にする。 
(※逆シャアのBGM聴きながら書いてるのでシャアっぽくなってるかもしれないです)



はたして本当にそうなのか。 俺自身まだ学生なのでJ発足当時のことなんて全くわからないし、ジーコやピクシー、ドゥンガとかしか知らない程度だ。 先日、
マツコ&有吉の怒り新党で今季で浦和を退団する山田暢久について特集をしていたが。。。

【新三大 山田暢久の気の毒なイエローカード】



1つ目はACLなので何とも言えない。二つ目も恐らく外人ではないか・・・?公式記録にはないし詳細は当時を知っている方へ… 

そして三つ目。 これは2005年で公式記録も残ってる。主審はPRの
西村雄一さんだ。 西村さんはW杯でも審判経験を務め、決勝の四審を務めたことでも有名である。が、その反面Jリーグサポーターの間では笛が荒いという認識があるらしい。(余談だがウィキによると都立新宿高出身らしい…トップ校恐るべし。それと、唯一J公認の笛としてあるバルキーンの開発にも携わったとか) 

「死ね」発言問題もあり(実際には言っていないということになったが)、あまりいい印象を持たない人が多いだろうけど、やはりW杯で主審を務めるほど、しかもそのレフェリングが評価されているということから見るとかなり質のいい審判員だということが言えるだろう。(かなり偉そうで申し訳ありません。)

この山田暢久のシミュレーションの判定は確かに映像で見るとそう見えなくもない。捻挫しようと思えば捻挫できるように脱臼・・ それは流石にないな。



たまに拝見させていただくでろブロさんにもこんな記事があった。

  
Jリーグは自らの下らない方針で審判を誤審連発の悪者に仕立て上げている事に気付いた方が良い


確かにその通りだと思います。 マイナス方向にどんどん連鎖が続いて、行きつく果てには検索ワードに

   「家本政明 死ね」

死ねってなんだよ これはかわいそうだ。ゼロックスの一件があったにしても(それ以前からの積み重ねにしても)、レフェリー座談会を見ると、一つ一つの判定に何ら不可解なモノはない。不可解なモノがないのになぜか死ねと言われる。

【レフェリー座談会 ゼロックス2008】



それは試合のコントロールの問題なのか、または単にそういう風潮に安易に乗っかってしまったサポーターがただ家本さんを嫌っているのか。 世論というものは怖い。 2ステージ制にしてもちょっと方式を変えれば良い案だとは思う。歴史が浅いJでは100年後の安定より明日の食事の方が大事だ。(←ちょっとシャアっぽい?)


味スタのゴール裏にいると頻繁にレフェリーに対する罵声が聞こえてくる。その都度思うのがスタンドとピッチとどっちから見たら正しい判定ができる?ボールがラインを割ったかなんて副審より正確に見える人がスタジアムのどこにいる?ということだ。 もちろんJの審判員はみんなスキルが高い。これは4級審判員の資格を取ってみると実感できる。
(東京都サッカー協会では審判の方が少ないので、興味が沸いた方は一度4級審判のテストを受けてみては?)

いくら主審が正しい判定をしてもスタンドから見てる人が誤審だと思えば、その判定はTwitterなどを通じて瞬く間に誤審として拡がっていく。



もちろん誤審や不可解な判定はある。しかし比率的には圧倒的に正確なジャッジの方がおいのではないか。 一度データを取ってみたいがそんなもの暇人になる大学生になってからでも…




常々口にする言葉だが、審判を批判する人はぜひ一度競技規則を呼んでほしい。そうすればジャッジに苦言を呈することも少なくなる。試合後にフラストレーションがたまることも少なくなるだろう。



後書き______________
  思いついたことをだらだらと書いただけですので、プレビューは見返していますが、誤字脱字や日本語表現がおかしいところがあるかもしれません。 転載する方はいないでしょうが、もしそのときは勝手に再編集しても構いません。
アクセスカウンター