今回はJR大正駅最寄の銭湯です。
本当に一般的な古い銭湯なのですが、なぜここまで「知る人ぞ知る」危険な銭湯になったのか
そこらへんの経緯はしりません。でもここは結構なスポットになってしまいました。

場所的には大正駅から徒歩でも距離はありますが、それほど遠い訳でもありません。道も迷うことなく
方向音痴の私でも間違わずにいけました。川に向かって歩いて、橋を探せば中ほど見つかると思います。
専用駐車場は無いようですが、少し行った所にコインパーキングがありますので車ならそちらへ。

体感に行ったのが平日の昼間なので、ちょっと不確かなところもあるのですが、ここに行く男の人は
8割そっちじゃないでしょうか?客層的には高齢者、熟年者が7割、残りは20~40っていったところです。

入り口で靴を箱に預け、番台で410円を支払って中へ入ってください。中は本当に古い銭湯だという印象です。脱衣所はごく普通ですが。まぁ当たり前です。
注意点としてはタオルと石鹸は持参してください。最近のスーパー銭湯とはやはり違うので。
タオルは貸してくれますが、本当にボロボロです。使用も避けたほうがいい位のものですので注意。

スポット的には二階の露天風呂らしいですが、必ず誰か人が入ってますね。一番出入りも多いように思えます。
露天風呂が人気なのですが、基本的に脱衣所と入り口付近の洗い場以外の場所、どこでも行われています。
一階奥のラドン、電気湯近く、ミストサウナ、二階寝泡風呂、露天風呂、別二階サウナ、洗濯室どこでもです。
階段で様子見の人が沢山いるので、こうやって待つのでしょうか?

難易度なんですが、ちょっとルール的なところがわからないので判断できません。平日昼間なので流石に
人が少なかったです、よくわからないのでぐるぐる回っているうちにのぼせてしまいました。
寝泡風呂、ミストサウナでアプローチを受けましたが、みなさん結構大人しい感じでした。でも過激。

土日、夜などはかなり激しい話も聞きます。また今度改めて体感してみようと思います。

未確定な情報ですが、ロッカー荒らしが多発しているようです。貴重品の持ち込みは自殺行為かもしれません。
貴重品がある場合は、駅などのロッカーを利用したほうが無難かもしれませんね、靴も危ないらしいです。