アルケー速報

2ちゃんまとめブログ ~ニュース、なんJ、VIP からサブカル系を中心に気になったスレをまとめてるよ!~

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ダウンロード (1)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1464598514/
    1:名無しさん 2016/05/30(月) 17:55:14.51 ID:CAP_USER9
    携帯電話の電磁波を高い線量で浴びせられたオスのラットは、脳や心臓に腫瘍(しゅよう)が
    できる割合がわずかに高まるという研究結果を、米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)が
    このほど発表した。

    携帯電話の電磁波と脳腫瘍の関係を巡っては、因果関係は確認できなかったという報告が
    ある一方で、頻繁な利用と脳腫瘍リスク上昇との因果関係をうかがわせる研究結果もあり、
    確固たる結論は出ていない。

    NIEHSが27日に発表した報告書によると、今回の実験では2年間にわたって高い線量の
    放射線を毎日浴びせたラットを、放射線を浴びせなかったラットと比較して、脳と心臓の神経
    細胞に腫瘍ができる割合を比較した。

    その結果、放射線を浴びせたオスのラット数百匹は2~3%の割合で脳腫瘍ができたのに対し、
    放射線を浴びなかったラットは1匹も発症しなかった。

    放射線を浴びせたメスの脳腫瘍発症率は約1%にとどまり、偶然だった可能性もあるとされた。

    心臓に腫瘍ができる割合は放射線を浴びたオスで2~7%、メスは約2%。浴びなかったラットは
    オス、メスともゼロだった。

    この結果について調査にかかわった専門家は、「オスのラットでは腫瘍がわずかに増える
    ことが分かった」と解説し、携帯電話からの電磁波による発がんの可能性を指摘した他の研究と
    同様の結果と位置付ける。

    ただし「今回の結果をどう解釈するかについては、まだやるべきことがたくさんある」と強調した。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35083415.html

    ●続きを読む●

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    imasia_14389076_M

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464389795/
    1:名無しさん 2016/05/28(土) 07:56:35.88 ID:CAP_USER
    http://jp.reuters.com/article/yellen-speech-idJPKCN0YI27C?sp=true


    [ケンブリッジ(米マサチューセッツ州) 27日 ロイター] - イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は27日、
    経済成長が想定通り継続し雇用創出が続けば、FRBは今後数カ月に利上げすべきとの認識を示した。

    発言を受け、6月または7月の利上げの可能性が高まった。
    イエレン議長はハーバード大学での講演で
    「FRBが時間をかけて緩やかに、かつ慎重に金利を引き上げることは適切だ。今後数カ月に利上げすることがおそらく適切となる」と述べた。

    経済成長やインフレ見通しに対して過去より自信を深めている様子をうかがわせた。
    「経済は引き続き改善しており、成長は上向いているようだ」と指摘。労働市場はかなり改善したが、
    今後も一段の伸びを示す可能性があり、改善が続くと見通した。
    インフレ率が目標を下回って推移する要因となっていた原油安とドル高をめぐっては、
    議長は「現時点でおおむね落ち着きつつあるようだ」との認識を表明。
    「インフレ率は向こう数年で2%の目標に回帰すると想定している」とした。

    ただ、「賃金の伸びに関してはあまり改善が見られず、労働市場に緩みが残ることを示唆している」とも述べた。
    過度に急激な利上げには、慎重を期す姿勢を示した。フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標が、
    0.25━0.50%の低水準にある現状を踏まえれば、利上げが景気低迷を招くなどした場合、対応の余地が限られると指摘した。

    議長発言を受けて、米国債価格が下落、株式相場は上昇した。ドル.DXYは通貨バスケットに対して高めに推移した。
    またCMEグループによると、短期金利先物が織り込む6月14━15日の連邦公開市場委員会(FOMC)での
    利上げ確率は30%から34%に上昇。7月26━27日会合での利上げ確率は60%と、1カ月前から倍以上の水準に高まった。

    独保険大手アリアンツの首席経済アドバイザー、モハメド・エラリアン氏は、議長発言について
    「他のFRB当局者が最近示唆していた早期利上げのシグナルを一層強めた」と分析した。

    ●続きを読む●

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    main

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1442251828/
    1:名無しさん 2015/09/15(火)02:30:28 ID:3Dv
    モールス信号

    ●続きを読む●

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    c2dfca04212fca06e62397c2266c908f

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1464178496/
    1: オムコシ ★ 2016/05/25(水) 21:14:56.68 ID:CAP_USER
    ビーカイブ
    サブカル系という言葉があります。これはなんとなくわかっているようで、実態はよくわかっていないというのが実情ではないでしょうか。

    そもそもサブカルチャーとはメインのカルチャーに対する対抗として生まれたものです。社会の主流文化から距離を置いたもの、あるいは対抗するものをさします。得てしてカウンター的な意識をもったものをさします。往年の学生運動などはまさに既存の社会に対するサブカルチャー的な反抗といえるでしょう。サブカルチャーは下位文化とも訳されることがありますから、人の目につかないもの、マイナーなものといった要素も含むことになります。

    オタク文化との違いは?

    さらに近年のサブカルチャーというのはアニメやゲームやアイドルなどが好きな人を指す言葉として使われます。ですが、サブカルチャーが全盛期であったといえる90年代にはむしろ、アニメやゲームといったものはオタク文化に属していたものでしょう。オタク文化はそれ自体が独立して楽しむものであったので、何も社会に対する反抗とか、メジャーに対するマイナーといったものではありませんでした。そういった意味では現在はサブカルチャーの本来の意味が溶解し、サブカルチャーが死滅したと見ることができるでしょう。あるいはオタクカルチャーがサブカルチャーを完全に侵食してしまったとも言えます。

    http://b-chive.com/sub-cul-otaku-chigai/

    ●続きを読む●

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    KfUHd4nb

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1463925805/
    1: ◆UzHh.1.pQc 2016/05/22(日) 23:03:25.307 ID:zcQxsKjg0
    どういうこと聞きたい?

    20万円から600万円まで増やした

    ●続きを読む●

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    220c9757
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1463844443/

    1: オムコシ ★ 2016/05/22(日) 00:27:23.92 ID:CAP_USER
    Jタウンネット
    電車内で男女が語るアニメの話題にツッコミを入れたくなった――こんなツイートが2015年5月12日に投稿され、話題になっている。

    電車内で、同僚っぽい男女が。
    男「俺、超アニメ好きだからさ、酔っ払ったら超熱くアニメの事語ってみんな引かしちゃうだよね。」
    女「へぇ~じゃあ、まどか★マギカとか知ってるんだ?」
    男「それは知らない。」
    あまりの衝撃に非常停止ボタン押しかけた。
    - はりけ~んず 前田 登 (@noborukaze) 2016年5月12日

    つぶやいたのは、アニメを愛するお笑い芸人として有名な「はりけ~んず」の前田登さん。昔はアニメといえばドラえもんやアンパンマンなど子ども向けなイメージが多かったが、近年は様々な年齢層で楽しめるアニメ作品が増えてきた。アニメ好きを公言する人も増えてきてとても良い事なのだが......。この男性の場合どんな内容のアニメが好きなのか分からないが、今やアニメ好きな人で、世界的にも高く評価された『魔法少女まどか☆マギカ』の名前を知らない人はいないだろう。もしもアニメ好きを公言していて知らない人がいたら、その人は余程昔のアニメ作品しか見たことがないか、話の種にアニメ好きを自称する所謂「にわか」かもしれない。

    このツイートには、こんな反響が。

    @noborukaze 同僚っぽい(40代後半)なら不自然じゃないな。セーラームーンとかが好きなのかもしれない
    - めそ (@takosuke141) 2016年5月13日

    @noborukaze
    「まどか☆マギカ」を知らないアニオタがいるとは、驚きましたΣ( ̄□ ̄;)
    - 逢河隼人(2月16日生まれ) (@aigahayato) 2016年5月12日

    @noborukaze プリキュアにめっちゃ詳しい可能性もある......油断はできません。
    - 漣(Ren)@シドウミツキ (@ren_sidoumituki) 2016年5月13日

    もしかしたらガンダムやボトムズなどの、ロボット物だけしか見ない超硬派なアニメ好きだったのかもしれない。(ライター:長谷川オルタ)

    http://j-town.net/tokyo/news/localnews/226377.html

    ●続きを読む●

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    fbcra

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1463914961/
    1: 海江田三郎 ★ 2016/05/22(日) 20:02:41.98 ID:CAP_USER
    http://forbesjapan.com/articles/detail/12235

    ピッツバーグ大学医学部の研究チームは、SNSが精神に及ぼす影響について調査を行った。
    その結果、SNSの利用頻度が高ければ高いほど、うつ病になりやすことがわかった。

    論文の著者でメディアとテクノロジーの健康への影響を研究する、ブライアン・A・プリマック(Brian A. Primack)博士は
    「SNSは今や対人関係において非常に大きな存在となった。若者を診察する医者が、SNSの利用頻度を把握することは非常に重要だ」と述べた。

    博士と研究チームは、米国に住む19歳から32歳までの1,787名を対象にアンケート調査を実施。
    その回答をうつ病の評価法に組み込んだ。対象となったSNSはフェイスブック、ユーチューブ、
    ツイッター、Google+、インスタグラム、スナップチャット、Reddit、タンブラー、ピンタレスト、Vine、リンクトインなどだ。

    SNS利用者の25%がうつ病になる
    アンケートの結果、SNSの利用時間は1日平均61分で、利用回数(複数のSNS)は週平均30回だった。
    注目すべきは対象者の4分の1以上が、うつ病になる可能性が高いとされたことだ。SNSの利用頻度が低い人と比べ、
    頻度が高い人がうつ病になるリスクは2.7倍だ。また、利用時間が短い人と比べ、1日中SNSを利用していると答えた人は、
    うつ病になるリスクが1.7倍だった。論文の筆頭著者、Luiyi Linによれば、うつ病の人がSNSで喪失感を埋めている可能性もあるが、
    それがSNSのさらなる利用を促進し、依存症を発生させているという
    SNSが何故うつ病を引き起こすのか。同論文は「SNS上で友人らの投稿を目にすることで、
    自分以外の人たちは幸せで充実した人生を送っているという歪んだ認識と、うらやむ気持ちが生じる」と指摘している。
    SNS上で傍観者でいると、自分は時間を無駄にしていると感じるようになる。その結果、うつ病になる。

    今回の研究の目的のひとつは、医師がうつ病患者を診察する際、SNSの利用についても尋ねることを促すことだ。
    また、この調査結果は公共の保健機関のSNSへの取り組みに影響を与えるかもしれない。
    ミシガン大学の研究では「FBは幸福感を下げる」
    SNSとうつ病に関する研究は、これだけではない。昨年、ヒューストン大学の研究チームは『Journal of Social and Clinical Psychology』で、
    フェイスブックの利用増加は、うつ症状と密接な関係にあり、「社会的比較」として知られる心理現象を引き起こすという研究結果を発表した。
    2013年8月には、ミシガン大学の研究チームが、「フェイスブックの利用が若者の主観的幸福感を低下させる」という研究論文を発表した。
    それによれば、フェイスブックの利用が増えれば増えるほど、幸福感は低下したというのだ。
    あなたがもしSNSを利用し過ぎて、気分がふさいでいるとしたら、医師に相談することをお勧めする。そして、1日あたりのSNSの利用を制限し、
    他のことに時間を費やすべきだろう。
    編集=上田裕資

    ●続きを読む●

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    7bac002f

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1463963794/
    1:名無しさん 2016/05/23(月) 09:36:34.91 ID:CAP_USER
    マイナビ学生の窓口
    1987年から現在まで続く人気RPG・ファイナルファンタジーシリーズ。通称「FF」と呼ばれている同作を「プレイしたことがある」「友だちがやっていた」「兄弟がやっていた」そんな人も多いでしょう。では、実際に自分自身がプレイヤーとなって楽しんだ経験がある人は、現役大学生の中でどれくらいの割合で存在するのでしょうか? そこでこの度、アンケート調査を実施しました!

    ■ファイナルファンタジーシリーズのゲームをやったことがありますか?

    はい  119人(29.7%)いいえ 282人(70.3%)

    いいえが多数派だったものの、さすがは人気シリーズ。全体の約3割はプレイ経験があると答えました。ではさっそく、それぞれに寄せられた意見を見ていきましょう!

    ■はい

    ●家族の影響で

    ・父がやってたから(男性/19歳/大学1年生)
    ・兄の影響(女性/21歳/大学4年生)
    ・小さい頃に親がやっているのを見ていたから(男性/22歳/大学4年生)
    ・兄がストーリーがいいと言っていたから(男性/23歳/大学4年生)

    ●友人の影響で

    ・友人間で話題だったので(男性/26歳/大学院生)
    ・友だちの影響(女性/24歳/短大・専門学校生)
    ・周りで流行ったから(男性/24歳/大学院生)
    ・友だちがやっていて、勧められたから(女性/21歳/大学4年生)

    ●有名だったから/メディアの影響

    ・流行ってたからその流れで(男性/20歳/短大・専門学校生)
    ・有名で気になったから(男性/18歳/大学1年生)
    ・広告を見てやってみようと思ったから(女性/22歳/大学院生)
    ・RPGの定番だから(男性/24歳/大学院生)

    ■いいえ

    ●興味がない

    ・興味がないジャンルなので(男性/23歳/大学4年生)
    ・興味がないから(女性/19歳/大学2年生)
    ・特に興味がなかったから(女性/19歳/大学2年生)
    ・おもしろくなさそうだから(男性/18歳/大学1年生)

    ●ゲームをしない

    ・ゲームをあまりやらないから(女性/21歳/大学3年生)
    ・親が完全にゲーム反対派だったから。ゲーム自体そんなにしたことが無い(男性/20歳/短大・専門学校生)
    ・家がゲーム禁止だったから(女性/20歳/大学3年生)
    ・ゲーム機を持っていなかった(女性/21歳/大学3年生)

    ■その他

    ・はい。ドラクエシリーズが好きで、その対等のゲームをやってみたかったから(女性/19歳/大学1年生)
    ・はい。グラフィックが綺麗だったので(女性/18歳/大学1年生)
    ・いいえ。気になったけど買う機会が無かった(女性/19歳/短大・専門学校生)
    ・いいえ。ちょっと興味があったけれど、難しそうだったからやっていない(女性/21歳/大学3年生)

    いいえ派の回答で多かったのが「親に禁止されていた」という声。家庭によっては、ゲームそのものを買ってもらえなかった人もいるようです。

    いかがでしたか? 今回のアンケートで特に目立ったのが「親・兄弟・友人がやっていたから」という意見。やはり、メディアの情報より、身近な人が楽しそうにプレイしているのを見たほうが、購買意欲は増すものなのかも知れませんね。そんなFFシリーズ、あなたはプレイしたことありますか?

    文●ロックスター小島

    マイナビ学生の窓口調べ
    調査日時:2016年5月 
    調査人数:大学生男女401人(男性200人、女性201人)

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/36896/outline

    ●続きを読む●

    このページのトップヘ