歩木芽出素の独り言のブログ

「あるきめです」とは、野山を歩き木や草の芽を観察し、 自然や人との出合を大切にし、その素を探る、という意味です。

スポーツ(登山、スキー、マラソン、テニス等)と植物大好き人間です。

アルプス乙女(りんご)が実りました。

コロナ禍でマラソンや100kウオーク、夏山登山なども自粛で中止になり、外出機会が少なくなりましたので、またまた植物ネタです。

りんご6

りんご5

りんご2温暖化の昨今、寒冷地のりんごを育てるのは無謀と知りながら育てています。ふじと王林、アルプス乙女の三品種でしたが、ふじは実が成りはじめた頃、幹には虫が入り根はシロアリにやられて枯れてしまいました。王林は昨年実を付けてくれましたが、今年は花は咲きましたが実はなりませんでした。アルプス乙女は小型の
りんごですが実を付けてくれました。
現役時代は医薬、農薬の合成実験の仕事をしていましたが、今は趣味で色々な果樹を育てていますが、無農薬です。


アーモンドの実を収穫

アーモンドの木が2本あります。3年はど前から実が成りましたが、少なく小さなものでした。今年は数も多くなり、大きくなりましたので実を収穫しました。

アーモンドB花は4月の上旬に桃の花とそっくりの花が咲きました。

アーモンドB (2)落ちたアーモンドの実。 生産地ではアーモンドの実は木を揺すって落ちた実を収穫すると聞いていましたので、落ちている実を拾い集めました。。調べてみますと、生産地とは気候が違いますので日本は雨が多いので悪性のカビが生えます。実に亀裂が入ると落ちる前に収穫するそうです。

アーモンドB (1)アーモンドの実は種の中の仁(ジン)が食用になります。

アーモンドD (2)アーモンドの種。    アーモンドや梅、アンズなどのバラ科サクラ属の植物には青酸を含むものもあります。青梅は有毒ですが熟した梅やアンズは人が食べても青酸中毒の心配はありません。

アーモンドD (1)種の中の仁。  種の殻が固くうまく割れません。少しだけとりだしましたので炒って食べてみようと思っています。残りは来春に蒔いてみようと思っていますが上手く発芽しますか?日本では食用に商業栽培している例は殆ど無いそうです。アーモンドの品種は沢山ありますが、日本で栽培されているのはダベイ種だけだそうで、個人の家庭でアーモンドを育てているのは珍しいそうです。





葡萄の収穫

今年も葡萄の収穫の時期です。


ブドウ昨年の11月落葉後、主枝を3本ほど残し各小枝は2~3芽を残し、思い切って剪定します。翌年の新芽に栄養を集中するためです。

ブドウA2月の末頃に寒肥を施します。もう老木ですが、沢山の実を付けてくれます。甲府三尺という実が長くなる、珍しい品種です。

ブドウB実が長くなるので根本と先とでは熟す時期がずれます。

ブドウ (2)袋掛けはしていませんので蒲萄が熟すとスズメバチが沢山飛んできて収穫時期を教えてくれます。スズメバチが飛び交う中で白いTシャツを着て脚立に乗って収穫します。最初は怖かったのですが、毎年の事などで慣れました。ゆっくりと動きスズメバチを驚かせない様にしています。


アクセスカウンター
  • 累計:

月別アーカイブ
プロフィール

歩木芽出素の独り言...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ