歩木芽出素の独り言のブログ

「あるきめです」とは、野山を歩き木や草の芽を観察し、 自然や人との出合を大切にし、その素を探る、という意味です。

スポーツ(登山、スキー、マラソン、テニス等)と植物大好き人間です。

ブラックベリーの実が熟し始めました

6月からのマルベリーの収穫が終わり、ブラックべりーの実が熟し始めました。
B=D (2) (480x360)ブラックベリーは今年出た新芽が育ち来年実をつけて終わる2年草です。
毎年新芽を更新していますが、今年は苗を増やしましたので来年は収穫が増える事を期待しています。
B=E (480x387)5月の初旬頃から花が咲き始めます。
B=B (480x411)ブラックベリーの実は緑色から赤くなり黒くなってくると食べ頃です。
ポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれています。
目の疲れを改善し、健康を維持し、若返りやアンチエージングの効果も期待できます。

ニッコウキスゲが咲きました

昨年の秋に近くの方から頂き楽しみにしていた、ニッコウキスゲが咲きました。
ニッコウAB=Y (2) (480x360)
一般にニッコウキスゲといわれているのはゼンテイカ(禅庭花)でキスゲ亜科の多年草で花茎の先端に数個の蕾をつけ、花びらは6枚です。
B=Y (1) (480x360)
ニッコウキスゲは高山植物ですが長い間に低地に適応したものと思われます。
朝方に咲くと夕方にはしぼんでしまう一日花です。
霧が峰や白馬八方尾根で見たニッコウキスゲの大群落が一日花で毎日入れ替わって咲いているのが凄い事だと思いますが、自宅でニッコウキスゲを観察していると美しい花が朝方咲いて夜にはしぼんでしまう、
「花の命は短くて苦しき事のみ多かりき」を実感します。

一つの花茎の数個の花が順次咲いていくシステムが群落を支えているのです。
とにかく珍しい植物を頂いたので大事に育てて行きたいと思っています。

まぼろしのピンクのチングルマ へ

高山植物と山野草 へ

お食い初め

孫が生まれて100日近くに成りましたので「お食い初め」を行いました。
「お食い初め」について調べてみますと、子供が生まれて生後100日頃に
子供の成長を祝うと共に、初めて食べ物を与える儀式のことをいうそうです。
地域によっては「真魚(まな)始め」、「箸揃え」「箸祝い」や生まれて100日
頃のため「百日(ももか)の祝い」や「歯かため」などと言いうようです。
食A (480x360)子供の時は私が使用した家紋入りのセットを使用しましたが、今回はお店で行いましたが儀式の方法を指導して下さいました。
食2 (480x360)「お食い初め」のお膳
H (480x360)記念写真
食4 (480x360)大人のお膳。今回は長女が全てをセットしてくれました。
孫は女子,男子、男子、女子の4人になりました。健やかな成長を祈ります。





アクセスカウンター
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ