勇者アルスの物語

 このブログはアルスとチーム「夢追いし旅人達」のメンバ、フレンドとの交流、想い出等を  綴ったブログです^~^

ロトの紋章に出てくるアルスの髪型が前からなんでこんな独特のツンツン頭なのかと
思っていたのですがこの間行った三鷹アニメ漫画vol2でわかりました。




無題2




先生の発言の中で手塚治虫さんや横山光輝さんを参考にしていますという
発言があったのでアトムみたいな髪型なのは本当に鉄腕アトムを参考にしたのではと思い
ためしに並べてみたら頭のてっぺんのツンツンほとんど同じw


無題




あ~ヒーローの男の子のキャラクターのルーツはここなのかwと思いました。
正義のヒーロー 勇者様の元はアトム君なのねと考えるとしっくりきたのですが
ロト紋読んだだけじゃ絶対わからないでしょ。

まあ、先生の発言を聞いたとこからの勝手な想像なんですが鉄腕アトム 三国志
こういうのは全てくまなく読んで参考にされたようなのでもしかしたらロト紋の名シーンは
他の漫画の名シーンなのではと思いました。


そこで思い返してみると

獣王グノン戦でアルスと仲間達が瀕死な状態で



DSC_3656


獣王の四天王が弱りきったアルスが剣を持とうとするとき



DSC_3657

腕を踏みつけて、そのまま剣で斬ろうとして、あぁもうアルス死んじゃう><って
なったときに


DSC_3658





DSC_3659

真空波が飛んできて


DSC_3660





『薄汚ねぇ手で触るんじゃねえよ 戻ったぜ 』

って言って剣王キラが助けに来るシーン


DSC_3661




DSC_3662



読んだときすごい胸熱でああ3巻で離脱したキラはこの危機に登場するのかと
感動したのですがよくよく考えるとあのシーンもどこかで見たことあるような気がして

中学校の時、美術の授業中にまでずっと読んでいて先生に注意された三国志!






先生に注意されたけど自分は美術なんかよりよっぽど大事で読んだ事自体は
後悔していないのですが

もしかしてルーツは三国志!?と思いました。


images






三国志でも劉備が曹操等強敵と戦い 関羽や張飛が必死で劉備を守るけれども
敵が大群で徐々に疲弊し劉備がここまでか・・・とつぶやいた時に
狼煙が上がり弓が飛んできて騎兵隊の大群が押し寄せて来て
援軍の将軍が劉備殿遅くなってすまない!って言って飛んでくる矢とかを剣で切り払って
今のうちに劉備様は退却を!って言って劉備たちはなんとか危機を
乗り切りましたというのがあったと思ってもう中学のときなので何巻のどこで
そういうシーンあったとかは覚えてませんがそういうのがあったと思います。

それで数巻前に伏線があって




3




他の国に援軍をお願いしていてあぁこれがここにつながってくるのか!
って感動したのを覚えています。

そう考えると名作ロトの紋章の数々の胸熱シーンは手塚治虫、横山光輝さん等の
有名漫画家の作品がルーツになってると思いそう考えると面白いなと思いました。









DSC_3502



昨日は三鷹アニメ漫画 祭り ゲスト 藤原カムイ先生のイベントに参加してきました!

中学校の時から大好きだったロトの紋章。その執筆者であるカムイ先生にお会いできると聞き
楽しみにしていました。

あまり三鷹の方面には行かないのですが4時半前頃に三鷹RIスタジオに着き
待つ事30分 始まりました。 アニメ漫画祭り!


藤原先生が登壇しました!しっかり書いてあるところみなかったけど
誰もスマホでカメラを撮っていなかったしたぶん写真動画NGだと思ったので先生の写真は
撮っていません。(ちょっとぶれてる;;)


DSC_3503



登壇した先生 やはり話題の中心はロトの紋章です。

司会は演出家の方、かたおか先生の娘さんで(めっちゃ痩せててかわいい感じ、登壇した
先生の娘さんが司会でした。漫画家の娘なのにモデルか芸能かそういう方面に
行っていたらしくなんか芸能人っぽくてかわいい女の子が司会でした。演出家の人は
秋元康さんみたいな感じ)

先生の趣味の話 50を超えてからサーフィンを始めたのですがね。
えっ僕はあと二年で還暦ですよと言われてびっくりええ。もっと若いかと思ってたww

友達の縁でサーフィンを始めたり、ロト紋を書くことになった経緯、それまでの漫画家さんが
抜けなくてはならなくなり急きょ代役を務める事になりロト紋を書き始め以降
全く仕事が途切れなかった等のお話をしてもらいました。

あと漫画の絵の関係でペンを太い線書くときこれ使ってるとかそういうお話してましたが
全くわからなかったです;w


そんな感じで質問タイムに

まずは漫画の声を当てるイベントを当日された声優陣から質問に答えるコーナー

Q 僕は獣王グノン戦が一番印象的だったのですが先生が好きなシーンはどこですか?

A そうですね。僕も獣王グノン戦ですね。あそこが一番盛り上がりやりきった感があって
  その後どういう展開にするか迷いましたよw わかる(わかる)
  (俺のブログでもそこが一番好きで毎日その漫画の一部の切り貼りの記事がずっと閲覧ランク
   一位にいます。おかげで自分がなんか書いても人気記事に入らないという事がずっと続いている)

Q 先生は憧れの先生やモデルとなった漫画家の先生はいらっしゃいますか?

A 手塚治虫先生ですね。他にもその頃の有名な先生(横山光輝先生等)
  はほとんど参考にさせていただいています。
  漫画の展開で行き詰った時はずっと過去作品を見て作品に取り入れる事はしていましたよw
  (まさかのぱくり暴露w)

他何人か声優さんの質問が続く


そして、司会の人がでは今日参加された中で先生にこれを聞いてみたいという突っ込んだ質問を
してみたい方はいらっしゃいますか?

一番前の席に座ってた自分が真っ先に手を上げました。


Q ロトの紋章の初代の方で出てくる第三勇者アステア この人は最初男の子だと思っていたのですが
  紋章を継ぐ者で実は女の子であり、アランと結婚して子供が出来てそれが紋章を継ぐ者の主人公に
  なっていましたが、自分はずっとアステアは男の子だと思っていました。
  アステアが女の子だという設定はいつごろからあったのですか?

A 最初から女の子という設定でした。ロトの血を引いている兄の遺志を継いで男として
  生きる事を決めて勇者になっていましたが最初からアステアは女の子として描いていました。





DSC_3517
DSC_3516


DSC_3515


DSC_3518





自分は紋章を継ぐ者でアロスというキャラクターを作るために設定を変えてしまったと思っていたので
アステアは描いた最初から女の子という事が判明しすっきりしました。


Q もう一つ質問させてください。 ドラゴンクエスト7のお話も先生は描かれていましたが
  あの物語は途中で終わってしまっています。 自分は主人公が大海賊となって
  その後オルゴデミーラと戦うところまで楽しみにしていたのですが再連載の予定はありませんか?


A 自分としては描きたいという想いはあったのですが・・ 精霊の守り人を描いてくれないかという
  出版社の依頼があり、途中で終わらせないといけなくなり、それが終わった段階で
  再連載しようと思っていたのですがその時僕の枠はなくなっていたのです。
  漫画家は自分の意志だけでは連載はできないのですよ。
  でも描きたいという気持ちはあるのでそのときはエデンの戦士達ではなく
  0から書きたいです。ドラゴンクエスト0 (というような謎のキーワード?らしき単語が飛び出す)


それで自分の質問は終わり。

司会者から『こういうのを突っ込んだ質問っていうんだよ』って言われてちょっとにやりw
なんたって中学からの愛読書で友達とかと世界観とか話し合ってきたからなぁ



Q ロトの紋章では合体魔法が登場します。 バギとギラでバギラ 等がありますが
  この名前は先生が考えたのですか?

A いえ名前はスタッフ全員で考えていましたよ。


Q メラゾーマ×2という魔法が登場しました。 これは最大音量でメラゾーマ!と叫んだのですか
  それとも読み方があるのですか?

A 読み方はご自由にどうぞ



これで質問タイムは終了。

その後 先生がみんなの前で大賢者カダルのイラストを描き それはあとで抽選でプレゼント
という事に(ワンドリンク追加で頼まないとだめだけど抽選外れました ほんっとほしかった
目の前のカダルとEmbrem of RoToの文字入り) ほんっとほしかった!!!!!!!!

この後声優の方達のよるサトラレ の漫画に当てた声の演出のイベントがあって
先生たちと声優陣によるデビルマンの絵を描いて誰が一番うまいか競争がありました。

という事で楽しかったイベント終了。

最後に先生がおっしゃっていた事と自分の思った事。

先生がイベントで言っていた事で印象に残った

「勇者というのは描くのは難しいのですよ、キラのような所謂三枚目キャラクター(かっこいい系ではなく
ちょっとドジとかまわりの人を笑わせたりする役目)は自分を投影して書いているのですが主人公
アルスはどうやって魅せるのかは悩みました。 ゲームの中でははい いいえ しか言わず
自分の台詞を言わない世界の命運を一身に背負っているキャラクターの人格はどうやって描けばいいのか」

これはすごいわかる。自分もドラクエ10で勇者のかっこうしているからフレからゆうしゃというあだ名で
呼ばれたけど、もう少しそれっぽくしてほしいとか遊び人旅芸人じゃないのだから、もう少し
それっぽくしてほしいと言われたりしてもどうしていいのかわからずなんか恥ずかしくて逆に
ネタキャラみたいな路線で行き失笑みたいな状況に良くなっているのですが、勇者というキャラクターは
人格や性格でどうやったらいいのかというのはかなり難しいですね。 万人が見て納得いくキャラクターじゃないとだめですから。

堀井雄二さんはドラゴンクエストの勇者の定義を”諦めない人”という事で不屈の意志を持っている人を
勇者と定義していました。

ロトの紋章における勇者像とはなんなのかイベント中で先生の口から聞くことはなかったのですが
(終わってから質問をすればよかったと後悔したけど自分だけ二つも質問したから仕方ない)

ロトの紋章で先生が描いた みんなが大好きだったアトム君のような髪型の少年アルスの
勇者像は何かを考えました。

漫画の中では何回かアルスが何故勇者なのかという事が他のキャラクターの台詞を通して
説明があるのですよね。

一回目は異魔人が再生し手当たり次第にモンスターを吸収し辺りにいるモンスターが
全員一方的に殺されるという状況になった時の事。



DSC_3511


DSC_3512




おばば様がいいます。 アルスはな まさしく勇者なのじゃよ モンスターといえども
一方的に殺戮されているのを見過ごせないのじゃ


DSC_3514


そして、今ちょっとどこにあるのかわからなくて探しているんですがw

19巻辺り

異魔人がロマリアに進行して ひょうがで人々の魂を吸収し その国にいたほとんどの人が
殺されてしまうという状況になった時に海を泳いでその人たちを助けに行った時
その時も、タオの口からどこまでも勇者なのじゃなという台詞がありました。
DSC_3524
DSC_3527
DSC_3525



そこで自分が考えるロトの紋章における勇者像とは
困った人や苦しんでいる人を見た時にその時の状況、敵が強大で勝ち目がないとか
今から行ったところで無駄、そういう事は一切考えずその状況を見た瞬間条件反射で
人々でもモンスターでも苦境にいるものは自分の命を顧みたりせずにただ助ける事だけ
考えて行動できる人なのかなと思いました。








DSC_3535



DSC_3533



DSC_3538

自分たちが好きだったロトの子孫のアルスは全体を通してそういうキャラクターだったと思います。

藤原カムイ先生のイベントでお会いし感動するとともにロト紋の勇者像って何だろうって考えた
一日でした。

おしまい。

紋継ぐはまだ連載しているので引き続き読みます。

カムイ先生のこれからに期待です!







  
  































  自分のブログを見に来る人で一番多いのがロトの紋章を検索してくる人が
一番多いのでロト紋も漫画の記事書こうと思います。

今ドラゴンクエスト10ではゾーマ戦が盛り上がっているのですが、
ロト紋序盤の熱い場面 賢者の里で修業をするアルスの意識が伝説の勇者アレルの
中に入り込み、聖戦士達と戦う場面です。

ゾーマVSアレルと聖戦士達の戦闘 


賢者の里で修業をするアルスの意識が突如

知らない空間に飛び 何故か自分が伝説の勇者アレルとして戦っている事に気づきます。


DSC_3095




DSC_3096

DSC_3097

状況が理解できないアルス

聖戦士からは混乱していると思われてしまいます。

言われるがままに光の玉を掲げ

DSC_3111


DSC_3112

ゾーマの弱体化には成功するのですが、戦闘中
魔王の恐怖に負けて怖気づき一人戦闘を離脱し 聖戦士達が戦うところを
見ているだけになってしまいます。


DSC_3099



その時、紋章が語りかけてきます。

DSC_3102





紋章として語りかけてきたのは3の伝説の勇者アレルでした。

アレルは自分自身の弱い心にこそ悪魔は宿る。
死は恐れるに足らない恐れなければいけないのは自分自身の弱い心なのだと
アルスに伝えます。

そこから、アレルの肉体に宿っている魂がアレルに戻りアルスはその戦闘を見ている状況になります。

皆!俺に力をくれ!!

聖戦士達はその言葉で再び持ち直し、カダルのバイキルトでゾーマの
ツノを折る大ダメージを与える事に成功します。

DSC_3103





止めは勇者しか使えない呪文 ギガデインでした。


DSC_3104








DSC_3105
このアレルと聖戦士達はアルスと3ケンオウへと引き継がれるので重要な存在でした。

ドラクエ10で再現もしてみました♪



今の紋継ぐでもクインゾルマはゾルマの妃という設定だしロト紋を語る上ではゾーマと
アレルの存在は欠かせないですね。という事でロト紋、伝説の勇者アレルでした。




↑このページのトップヘ