恍惚の人の山・川・海

個人書店を経営してます。 休暇が少ないのが悩みの種。自分の時間を作りたい為、人付き合い悪いです。 こんな事する為です~の、言い訳のブログです。 恍惚気味のナルシストかもしれませんがイイ人だと自分では思っています(爆)      あるちゅ~

里山バリエーション(地名は秘す 爆)


山岳会『山親会』の年間計画山行に行ってきた。
山域名は故あって記せませんが・・・
_DSC8320


_DSC8310

_DSC8313

_DSC8306

途中でマイタケ
_DSC8319

マイタケ分配会議ちゅ~
_DSC8325



山頂11:45全員集合
_DSC8324


下りもバリエーション
_DSC8326

20m懸垂2回
_DSC8330

稜線にこだわりすぎると細かいピッチの懸垂続きそうなので側面のブッシュ利用したり、
稜に戻ったり。
_DSC8327

そしたらパット見マツタケ50本。
最初傘が白く、菌輪ではなく、シメジやクサウラベニタケのように群生してたので気が付かなかった。
長雨で傘は脱色していたようだ。抜いて匂いで

「おおっっ! 松茸っっ!」

その声で弾けるように6人が群がり修羅場が・・・
_DSC8338


早速夕食は焼き松茸食い放題開宴
松茸は2人で10本やっつけた。
マイタケは焼いてみたが、イマイチなので違う方法に回す事にした。

そんなわけで、今回の場所は絶対に明かす事のできない秘密のルートとあいなりました ( `ー´)ノ

_DSC8339


投稿で写真から『バカマツタケ』との指摘がありました。
調べてみたら、発生状況・形態共にバカマツタケに間違いないので訂正します。

Wikipediaからの引用
バカマツタケはハラタケ目キシメジ科のキノコ。 秋、ミズナラ、コナラなどの広葉樹林で発生する、マツタケに似たキノコ。マツタケとの違いは、やや小さく全体的にやや赤みを帯びている、雑木林に発生するなどの点で区別される。香りはマツタケよりも強い。
 ウィキペディア 





今日のきのこ


弱い雨が降っていたので近間の山へ きのこ ♡

_DSC8297

_DSC8290

_DSC8291

_DSC8301

_DSC8299


収穫はハツタケ ジョウゴタケ
_DSC8304





里山バリエーション下見

_DSC8255
_DSC8265
_DSC8263


_DSC8261

例会山行で実施予定の里山バリエーションの偵察に行って来た。
人がほとんど入らないルートは浮石・立ち枯れた樹が多く、注意が必要。

一人は沢登りでないのに、滑って全身水に浸かりパンツまでグッショリ。
一人は枯れ木を掴みポキッ。「あっ!」と思い別の掴んだ木もボキッ・・で滑落
他のモンも切キズ大勢。  

の、尊い犠牲者2名の手本を活かして(爆)
本番実施の参考にします

キノコ出始めました~ 本日の収穫
_DSC8268
タマゴタケ カラカサタケ アミタケを収穫



山親会祭 2016

山親会祭2016

_DSC8248

_DSC8247


_DSC8249

_DSC8254
_DSC8252

年間行事の『山と自然に親しむ会』の『山親会祭』

天を焦がす大焚き火とマイクをボリュームマックス。ガンガン遠慮なく出来る環境
36名の参加者が酔って・食って・泊まって¥1100の会費って・・・
山屋は安くあげる天才です。



外傷の最近の手当て事情

最近の傷の治療方

生傷の絶えない小生も今回の静脈瘤を破るケガの出血には驚いて、真面目に手当てしてみた。

今までは、消毒して、なるべく早く患部を乾かし、乾燥させる努力をした。
ガーゼ交換で剥がす痛みを我慢していた。
瘡蓋が出来る頃は痒く、搔くため瘡蓋がとれ出血したりするのが常だ。


今回は5分ほと指で押さえてて止血できたので、少量出続ける血液を水道水で流し、ほぼ止まったところで消毒してガーゼを当て患部を保護した。
そこまでして今後の方策を検討したが、妻との治療法の意見のくい違いがあったので検索。

すると。大方の要点は、
・患部を水道水で洗い、異物の石や土を流す
・消毒はしない (消毒は組織細胞を壊すので)
・乾かさず保湿する事が良い (サランラップ等を被せる あればワセリンを塗り)
これだけ・・あとはこのままホっておく。

な、なんとズボラな・・俺むきジャン (笑)

で、大きめのバンドエイド状の貼るタイプのやつを買ってきてペタ。
後はず~と風呂も、シャワーもそのまんま。
沢登りにもそのまんまで出かけ一日ジャブジャブした。翌日粘着力が限界となったのかテープが自然に剥げ始めたので剥いだら
アーラまっ! 治ってるではないか!
 しかも綺麗に

受傷後10日目
_DSC8244

安上り・手がかからない・綺麗に治る
の満点の治療方でした。


 
メッセージ

当事者以外非公開です。 小生への連絡用にお使いください。 メールにて返信します

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード