恍惚の人の山・川・海

個人書店を経営してます。 休暇が少ないのが悩みの種。自分の時間を作りたい為、人付き合い悪いです。 こんな事する為です~の、言い訳のブログです。 恍惚気味のナルシストかもしれませんがイイ人だと自分では思っています(爆)      あるちゅ~

暑いし、釣れないし・・・

日曜日は船酔いしそうなウネリと、
曇りの予報なのに暑く、
魚探反応も乏しく、
気力も途絶え、早上がり。

SANY0010


SANY0013
乏しい釣果
エソとしてはは大型だったのが救い。尾の方は小骨が無いようなんでサシミに

 

盆休み

大事な夏休みだが、ド真ん中に、またまた法事がはさまり2日だけの寂しい盆休みになってしまった。

盆休み1日目釣果はこれだけ
_DSC8221
 
泊まりはコチラ
_DSC8225
海辺は暑いので、美山キャンプ場を見に行った。¥850で安いのだが、
行く途中で見つけたコチラ トイレ・水あり、駐車場脇、小さいが木陰。
「テント張ってはいけません」の看板無かったので、しめしめ 
戻ってきて張っちゃいました(笑)

翌日雨予報だったので今回は真面目にタープもバッチリ張った。
車道脇ですが、気が付き難いトイレで利用者も少なく、犬の散歩の方がたまに来る程度の静かな場所でした。
アマダイをサシミにして早くから飲んだが、2人では食べきれなかった。


/// /// /// ///


二日目
テン場から5分で出艇場所 

暗いうちから漕ぎ出したが曇り空で明るくなるまで長かった。
が、アタリ無くイラつく

 SANY0005

そして今日もアマダイ
SANY0007

SANY0004
小生初のアイナメ

曇り空だったのでゆっくり粘るつもりが、突然の風と海も荒れ始め雨を潮時に上がる。
遅出のナ〇イさんも車まで戻ったが、様子見で再び出艇する模様。相当な、おバカです~

アイナメは魚知ってるとは思わなかったテレ組の組長に教えてもらった 。
上陸場所にお嬢さんと海水浴に来ていて突風荒波を楽しんでいた。おバカ一家だぁ~

・・・ ったく 
まともなのはオラだけで、友人・知り合い皆おバカな衆達で気遣いが大変で困っつうの。




帰宅しての夕食は本日の獲物でオラが執刀
 _DSC8236
_DSC8239
タチウオとアイナメは炙った

旬のアイナメ焼霜造り
_DSC8241
 焼霜造りですが
旨味が皮下にある。とのことでバーナーで炙った。
タチウオは直ぐ出来る。同時間のアイナメに待てずにかぶりついたが、皮が噛み切れなかった(>_<)
ここは我慢してもうしばらく炙る必要があった。

タレは大分県出身の方から頂いた「りゅうきゅうのたれ」 甘口醤油で美味い。
これに漬け込んだサシミ丼を「りゅうきゅう丼」と言い、何故か(笑) 大分名物のようです。







タチウオ炙り

日曜日法事があるので土曜日臨時出撃。
天気イイぞ!
SANY0004

自作蛍光オレンジにきたので記念撮影
SANY0006
SANY0008

炎天下漕ぎまわったわりには釣れず、タチウオ2 キジハタ カサゴ他で終了


夕食にはキジハタ・カサゴのサシミとタチウオの炙り
_DSC8203
 柳刃早速使ってみました。小生の作。
並べ方は雑ですが、料理にまだまだ伸びしろがある証と、いうことで・・・

タチウオも刺身でと思い、皮を剥ごうとしたが、弱くて剥けない。
そこで、仲間内でブームのタチウオの炙りにしてみた。
バーナーが無いので、鋳物のスキレットを熱して 皮面を短時間ジュッー。
反り返ってきたところで即下ろし。皮がスキレットに付いたり、剥がれたりが欠点ですが。

うんまい!
サッパリした脂肪感は感激の味です。

丸ごと1っ匹の炙り刺身で次回はイッちゃいます(爆)
 

刺身包丁


  

柳刃を手に入れました

_DSC8177
 妖しい光が・・

早速 何かを切りたい!!
何でもいいからとにかく切りたい・・この気持ち抑えきれん・・分ってください。

魚が無いのでとりあえずスイカで練習(爆)
_DSC8181

スイカ薄造り
_DSC8179

造っていて気がついたが、薄造りは少ない材料を沢山に見せる技術でもあるな 
何しろ一口で食える量が大皿一杯に盛れるもん。

腹へってるときはガバッと2~3皿まとめて食いたくなるぞな

_DSC8182
細身を生かして曲線の皮の直ぐわきまで切れるのは〇かな

準備万端
あとは魚があればよい 鮃 希望  


ヒラメ

先週は豆アジ3匹で泣いたが、今週は型は小さいがこれだけ
_DSC8174

ヒラメは初めて釣った
春先バラしたが、異様な魚幅とデカい口にビビった魚はコイツのでかいのだったかも?

帰宅して先ずはヒラメ(鮃)と、カレイ(鰈)の違いのお勉強(爆)
こいつはデカイ程美味いらしい。

鯛や青物に比べると身が薄いので、刺身は無理だろうと焼いた。
「焼いた」とフェイスブックに書いたら、「絶対サシミで食べるべきだ!」と・・・

いままで出刃一丁で魚料理していた。勿論刺身に下ろすのも出刃でやっていた
1っ回の箸捌きで沢山食えるブ厚い刺身で満足していたからですが(^^;)

そろそろ角の立ったサシミ、薄く切れた見た目良いサシミも食したくなった。
料理長のヤマンバは出刃だけで十~分と言うが

ブッ切りでない、細胞を壊さない切り口! っつうやつ、
ほんとうかいな・・半信半疑であるが、ついに躊躇しつつも本日発注。



 
メッセージ

当事者以外非公開です。 小生への連絡用にお使いください。 メールにて返信します

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード