恍惚の人の山・川・海

個人書店を経営してます。 休暇が少ないのが悩みの種。自分の時間を作りたい為、人付き合い悪いです。 こんな事する為です~の、言い訳のブログです。 恍惚気味のナルシストかもしれませんがイイ人だと自分では思っています(爆)      あるちゅ~

信ちゃんが旅立ちました

 日頃より父が皆様には大変お世話になりました。

家人代表しまして最後の綴りとしたいと思います。

 病気の経過としまして、大腸がんの手術から肝臓に転移がわかり抗がん剤の治療を続けてきました。当初は劇的に効果があり一時はガンの数値が平常値に戻り、医師も感心するほどの体力と気力で闘病してきました。一年間自分のやりたい山歩きやスキーを意欲的にやっていました。
 しかし、徐々に抗がん剤の効果も無くなり、4月頃より徐々に肝臓の腫瘍が拡大してくることで、倦怠感と体力の低下があり、5月の入り疼痛が出現して鎮痛剤を内服しながら家と病院と畑でのんびり過ごす日々でした。
 本人の強い希望により在宅で療養しておりましたが、 去る6月17日 9時24分に永眠いたしました。
肝臓障害による黄疸や意識の混濁もありつつ亡くなる4日前まで気力を保って過ごせたのは何よりも母の支えがあってできた事だと思うのです。
 そして親戚の皆様 多趣味であった父の多くの山やカヌーや釣りのお仲間の支えやたくさんの応援のいただき、励まされ最後まで気力を保てました。心より御礼申し上げます。
家から徒歩3分の病院に通院させていただけたことで、在宅で看取ることも可能だったと思えて本当に父は恵まれているなぁとしみじみおもう次第です。

 主治医の先生とは本人曰く男同士の話をして治療してもらっていると言っていました。抗がん剤の投与で短期入院するときは看護師さんの間で サンダルとリュックを背負って行く名物おじさんであったことは間違いないなかったはずです。訪問看護のみなさんにも最後まで大変お世話になりました。

 亡くなる日曜日の朝は梅雨の間の絶好のお出かけ日和だったので 2階の窓を開けて風を通して温かいタオルで拭くとホッとした表情が印象的です。
『 ドボルザーク交響曲9番 「新世界へ」』聞きながら静かに静かに息をひきとりました。

いろいろご心配いただきありがとうございました。
父の亡き後も家族一同 父の憶いを大切に頑張りすぎず進んで行こうと思います。

『遠き山に日は落ちて』 堀内敬三作詞 ドボルザーク作曲

遠き山に 日は落ちて
星は空を ちりばめぬ
きょうのわざを なし終えて
心軽く 安らえば
風は涼し この夕べ
いざや 楽しき まどいせん
まどいせん

やみに燃えし かがり火は
炎(ほのお)今は 鎮(しず)まりて
眠れ安く いこえよと
さそうごとく 消えゆけば
安き御手(みて)に 守られて
いざや 楽しき 夢を見ん
夢を見ん



35859299_10211745241694695_5284529509050089472_n


  のんびり信ちゃんお昼寝中 チャンコ(猫)チーズ(犬)

一時帰宅

6/3日は弟の7回忌。2週間に渡り入院してきた。
外泊許可が下りたが、葬儀場へ6時間の移動には耐えられそうもない体調。
非常に残念だが不義理をしてしまっった。

この度の入院は痛みからの入院で緊急を要した。痛みを抑えるための薬。量を探り、ようやくコントロール出来るようになった。

帰宅してみると驚きました

階段が上がれない!

もう少しの段上に足が届かん、手で引き上げ体重かけても体が持ち上がる気配0
仕方なし4つん這 そしてコーナーや出口は側壁に摩擦でツッパリ、クーロアール上りをさせられましたよ・・・

DSC00102

でも、食欲0の小生には
DSC00103
メロン8/1とザクロジュースと枝豆豆腐しか量的にも食べられない・・・


不本意ではあるが、今後の小生の全アクティビューティを見直す事が必要だな(;_;)


牛伏寺 


フランス式階段工
P5130045

妹夫婦が遊びに来ていたので午後の雨予報を避けて午前中に・・しかし温度ヒンヤリ。
P5130043

妹は20年以上松本に住んでいたが、ここを知らず。
無理もない、小生も詳細を知ったのはつい最近だ。

国家プロェクトで始められら広大な規模の砂防遺跡だが、山奥で行われた為に目立たなかった。
現地では石段を人力だけで組んだので人夫の数も莫大だったろうから、
街が出来賑わったろうが。歴史に埋もれた。
ハデで高い落差のある滝なら目に付くが、逆の穏やかに流れる為の工法なので要するにジミ~

でも最近は関係者の皆さんの努力で魅力を引き出すように整備され、
説明会も行われ、日にち指定のガイドも行われています。
知名度もあがり、松本市の自然に配慮した素晴らしい観光地になりました。




P5130046
 

決意

3月中まではスキーで1週ごとに楽しめたが、
4月に入り薬物療法から次の治療までの回復期が無くなってしまった。
5月の楽しみにしていたGWも体調不調のままズルズル終わってしまった。

GWは午後涼しくなってから2~3時間マイペースで畑へ。
このマイペースが曲者で、3回ほど起すともう休憩の繰り返し(笑)

コンニャクに花が咲きました
P5060034



手術以降発見された爆発的に増殖するがん細胞対策で1年以上にわたり、1か月2回の2泊3日の30回以上の薬物治療に、副作用に耐えてきたが、限界かな。

・2か月は頭もボヤケ動作はスローにしか動けない。一日中太極拳状態
・筋力・体力・食欲が、けた違いに落ちてしまった。

等々の理由があるが、1番は生き甲斐の問題だ。
治療だけの生活には生きる価値は無い。
例え命を縮めても、抗がん剤の影響外にいき副作用から逃れたい。

の,結論に達し、小生の意志の[抗がん剤治療中止]を主治医に伝えた。

主治医の結論は。抗がん剤を止めれば直ぐガンでダメになるので、日帰りで出来る、副作用の少ない1本のケモは続けてほしいと・・・

断固中止の決意で臨んだのだが、やはり専門家の理のある方法に従い様子を見ることにした。
次回からは、月2回の日帰りケモ。
どんな展開になっていくか・・・


やりたい事をやってきたので余命に対する執着心は有りませんが、
何か迫って来るものを感じるので、闘病記を書いて残したく、始めました。
病気の話など暗い記事は当blog向きではないので、別に分けました。
ガンを少し知りたい方どうぞ。エゲツナイ写真。気分悪く記事も多くなる悪い予感(笑)

直腸ガンーオストメイトー末期肝臓ガン




P5050026


我が家のシダ植物

小型のシダ植物が好きで山取りしたものを中心に楽しんでいる。
戸外で育てるとガッチリした姿に、通年室内だと残念ながら間延びした草姿に成ってしまう。

南に庭の無い我が家では耐陰性のある植物栽培になるのは自然の成行きだが・・・

シノブ
P5030018
今年もやわらかい緑色の若葉が出揃った。この時期がコイツの見所だな。
クライミングに通った岩場に沢山。少々株分けしてもらった。
通年外に放りっぱなし。

トキワシノブ
P5060029
上記に似る。園芸店で流通しているのはこちら。
シノブに比べれば繊細性に欠けるが、毛むくじゃらな根が見所。
夏期は外に出しガッチリ育てたいが、常緑の葉と毛むくじゃらな根を室内で1年中楽しんでいる。
低温には弱いので冬季は室内に持ち込む必要アリ。

コタニワタリ
常緑でお正月室内に持ち込み
DSC00022

左は上の株、右は外で越冬させた株
P4220084
右・建物北側で雪に埋もれたり、-10°以下の温度に耐えた現在。自然界では当たり前だが。
左・暮から室内で楽しんだ。水くれは当然した。自然の厳しさも必要だろうと、3月末から外で栽培。少し葉周りが枯れた。今後の育成状態を観察していく。
個体数が少ないようだ。小生も山を歩き回った方だが、某所には沢山あったが、他では見ない。

ヒトツバ
P5030015
冬の間も、やや肉厚な葉は凛として立ち戸外で耐える。
増やそうと思うが思うようには増えない。
高知県立牧野植物園で間引き選定され、ゴミ捨て場に積まれていたので、お持ち帰り(笑)

ノキシノブ
P5030022
普通に岩や樹木に着生している。

ビカクシダ (コウモリ欄)
P5060032
園芸高校の学園祭で求めて30年。
何回も株分けしてお嫁に出した。耐寒性は無いので冬期は室内持ち込み。
オーストラリアでは街の樹木に普通に着生しているようだ。
種類によっては育てるは難物もある。魅力的な形態の種を育ててみたいな。


イワヒバ
供給過剰。持ってって状態(爆)
枯葉のように黄色く縮れている葉が雨が続くと葉に緑が戻り展開してくる。
そんな不思議な植物。そんなところから復活草とも呼ばれる。
DSC00100

DSC00101




 
メッセージ

当事者以外非公開です。 小生への連絡用にお使いください。 メールにて返信します

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード