反日はどこからくるの

反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。

追記2017.1.13
この騒動を的確にあらわしたツイートを発見。天才かよ。

ベビーカー断られた日本死ね、ですかね
https://twitter.com/sawa8112/status/817031702274920448



炎上芸人がまたやらかした。

おときた都議は迷惑かけた寺院に行ってブログにも書いた。
そのことで潔いとか過ちを認めることはなかなかできないとか評価する声もあるが
さもなければ今後子育て問題には口出しできないだろうから。
かろうじて首の皮1枚残せたということだろう。

が、この都議の問題はそこではない。
大いに共感したのでBLOGOSの記事へのコメントを引用する。

「おときた氏が謝罪の対象とするのは乗蓮寺だけでよいのか?」

件のブログでおときた氏が繰り広げたのは、要約すれば、
「日本ってなんて不寛容な国なんだろう」ということだった。

それに対し、
今回の謝罪のきっかけになった『乗蓮寺の件』はいわば、
「日本は不寛容」論の前提条件や一例などといったことにすぎない。

つまり、誤った基礎情報から話を展開させ、
日本全体を「不寛容」という悪者にしたとは言えないだろうか?

その場合、謝罪相手として
「乗蓮寺の関係者皆さま」だけをチョイスするのは誤りではないか?
勝手に「不寛容」の一味とされた、
多くの善良な日本国民も謝罪の対象となるのではないか?

「乗蓮寺の関係者に謝罪したのでよし」とした皆さん、優しいですねえ。

私が思うに、謝罪ではいかなくとも、
少なくとも該当ブログに関して「乗蓮寺の件」同様、
再検証(ブログの書き直し)が必要と考えるが、
おときた氏はどう考えているのだろうか?

不寛容で不自由な国に生きる者代表:Mr.K
http://blogos.com/forum/212762/response/1600508/

日本死ねの時にも思った。
保育園落ちた日本SHINE
おときた日本死ねジャパンタイムズ2
取り上げられておりました、じゃないよアンタも「damn」って呪われてんだよ(怒

日本死ねを擁護できるのは、自分は「日本」に含まれないと思っている人だけ。
でなければ自分から死を選ぶはずだから。
「日本は不寛容(自分は寛容」
これがおときた都議の言いたいこと。
つまり、おときた都議は
一部の不寛容(根拠不明)をあげつらって日本人を一括りにして糾弾する日本人差別主義者だということ。

差別差別と詰め寄る当人が差別主義者。
滑稽ですね。
自覚がないのかもしれない。きれいごと言ったところで哀しいかな人間誰しも「差別心」からは逃れられない。

そして差別と一括りにして詰め寄って何が起こるかというと、
今後はこんなポリコレやくざに因縁つけられないよう腫物として扱おう
とならざるを得ないわけで。
寛容だった人まで不寛容に変えて困るのは一体誰なんですかね。
「日本は不寛容」という主張のために犠牲になれって言うんですかね。

例え法律で強制しても法律への理解がなければ一層腫物になりますよ。溝は深まるばかり。
それは今回もひとかみしてきた乙武氏の、以前のイタリアンレストラン騒動の時にも思った。
乙武騒動の使い道

暴言を嬉々として拡散する議員が日本人を生き辛くしているんじゃないですか?
自己肯定感のなさが子育てにも影響しているって記事ありましたけど?
「平和教育」という名の虐待

問題を解決するのにマイナスにしかならない日本人差別はいい加減やめるべきだ。
自分には問題を解決させない(あるいは問題創出の)ための論にしか見えない。
(参考→朝鮮論法とは



その他の問題点①
そもそも寺院の境内は私有地でありどういうルールで運営しようと公人である都議が口をはさむ問題ではない。
例えベビーカー優先してきた過去がなかろうと、だ。
高市早苗議員が「放送法によれば放送停止もあり得る」と発言したことが圧力ならば(自分は圧力とは思わないが)これも圧力と騒がれなければおかしい。公権力介入じゃないですか?何の資格があるんですか?

問題点②
ブログ内で嘘をついている。言われて気づいて修正はしたものの。
このツイートは、正確に言うと寺院の名前記載のタイトルをわざわざ書いて
その下にリンクを貼っているので、おときた都議が自ら記載したことに間違いない。
好意的に考えてついうっかりだとしたら、うっかり忘れるくらい寺院の名前を出すことに無自覚で、まして寺院の被害には考えすら及ばなかった、どうでもよかった、ということになるし、
普通に考えれば釈明のための嘘だということだろう。


問題点③
自分は事実を淡々と追いたいのでアフィリエイトもブログランキングもやっていないが、それでも、「話題になっている今このタイミングで記事を書けばアクセス上がるだろうなぁ」と思うことがある。
なので「ブロガー議員」ともなれば当然炎上するタイミングを狙いすまして書いていると予想されるし、実際当人が「バズらせる」ための努力をしていると白状している。
おときた@選挙フォーラム
塩村文夏都議やじ騒動6 ゆるキャラ音喜多くんの自白 

おときた保育園落ちたバズらせた
(バズらせたのは自分だ、とドヤ顔でツイートする神経が心底分からない)

「扇動」を目的とする人は「活動家」って言うんじゃないかな。

問題点④
そうは言ってもおときた都議はマスコミに重用されている。メディア露出が多いほど選挙は有利に働く。
なので戦略的には正しいのだろう。おときた氏の問題というよりはメディアの問題と言えるかもしれない。
しかしそれがもたらすものは・・
ポリコレやくざに怯えて委縮する日本
&騒ぎ立てられて余計な立法で更に税金をむしり取られる国民。ってところか。家計負担増で少子化に拍車がかかるなぁ。

参考
◇20170101 乗蓮寺 「ベビーカーご利用自粛のお願い」 ①1/1~1/3
https://togetter.com/li/1066768

◇おときた都議「初詣ベビーカー論争」で謝罪 住職「ブログはどういう意図だったのか」
http://www.j-cast.com/2017/01/07287584.html

◇安全対策を徹底し、ベビーカー置き場も完備。「東京大仏」の乗蓮寺さまに、謝罪のため伺いました
http://blogos.com/outline/204947/

◇「初詣ベビーカー」「日本死ね」騒動の共通点を並べてみたらこうなりました
ブログ『情報の境界』さん
「特に異常なのは、初詣ベビーカー騒動の方なのですが、togetterがまとめられてから15分後にブログ記事がアップされていることがわかると思います。」
http://kyoukai.xyz/kyoutsuu/

togetterをまとめた人はフォロワー296人
トゥギャりました、のツイートはRT2 いいね2
なのでそんなに目につくとは思えない・・

2017.1.13追記
連携プレイで炎上させたなら問題だし
連携してなくて炎上させたらなら、togetterでもはてなダイアリーでもとにかく炎上ネタを探してるってことでそれはそれで問題じゃないかな・・。

【塩村文夏都議やじ騒動・まとめ】


【コメント下さってる皆さまへ】
余裕がなくて返信しておりません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。    

みなさまあけましておめでとうございます。

昨年度はほとんど更新できなかったのですが、今年度もあまり更新できないと思います。。。
記事を書く余裕がないのでとりあえずツイッターに情報投下するもののまとめすらできず(◞‸◟)


トランプ当選でアメリカのメディアも日本と全く同じく偏向しきってると分かって今更ながら興味持って
ツイッターやらウロウロしてしばらくpizzagateあたりを追っていました
wikileaksのメールの真偽の裏取りなんて自分には出来ないのでそこらへんは置いておくとして

米上院議員の不審死とその告発について






特別養子縁組については以前書いたこちら
落とさなきゃダメダメよ~な議員とAO木ママの接点



更にこんな人まで。

きな臭い。要注視。

過去記事はこちらから→【アンブロークン the unbelievable BROKEN story】

マイケル・ヨン氏が「テニアン島で日本軍が朝鮮人5000人を虐殺した証拠持ってるなら1万ドル払うよ!」と言っておられましたがその後1万ドル受け取った方はいらっしゃらないようですね
(ヨン氏のサイト→http://www.michaelyon-online.com/truth-wanted-10-000-reward.htm)

1945年テニアン島の人口(1957年出版の本の資料)
テニアン島1945の人口
あるぇ~?”kill-all order(皆殺し命令)”のはずなのにコリアンが2、373人もいる?

アジアの「慰安婦」を徹底追跡! マイケル・ヨン現地ルポ
『Voice』 2015年12月号

(冒頭から一部引用)

 もしいままで日本に関して積み上げられてきたウソを1カ所に集めて燃やしたら、真っ黒な煙が太陽を覆ってしまうにちがいない。

 過去数年にわたり、われわれは日本、米国、フィリピン、タイ、ミャンマー、オーストラリア、インドネシア、直近でマレーシアを含む数々の国で「慰安婦」問題の調査を続けてきた。

 上記の8カ国に加え、私は10年以上をアジアで過ごし、21カ国を訪問してきた。われわれのサンプリングと調査は決して小規模なものではないが、完全だというつもりもない。

 現在の調査の目標は単純明快である。

 1、第2次世界大戦時日本の慰安婦問題の真実を追求する。

 2、現在の対日感情を正確に把握する。

 プロパガンダの専門家たちは全世界に対し、アジアのすべての国が、20万人に及ぶ「性奴隷」を誘拐したという理由で日本へ憎悪と怨恨を抱いている、と信じさせようとしている。

 われわれは、日本がいかなるかたちにおいてもその手の大規模な誘拐連行に関与していないことを知っている。真っ当な研究者とジャーナリストのあいだでは本件は完了している。

韓国人殺しの証言は皆無

 この真実探求の途上において、さまざまな突発事故があった。一例として、高名な米国人作家のローラ・ヒレンブランドが著書『アンブロークン』において読者を騙した、ということだ。

 ヒレンブランド女史は、日本人がテニアン島において「皆殺し」の命令を出して5000人の韓国人を虐殺した、と記述している。彼女は2つの出典を示していた。われわれはそれらを調査し、出典のうちの一つは韓国人によって噂に基づいて建てられた記念碑によるものにすぎない、と判明している。

 ヒレンブランドの引用元の一つは次のものだ。“Murder on Tinian:Eric Lash,Historic Island of Tinian,Environmental Services,October 2008,vol.1,2nd edition.”

テニアン島1945

(テニアンの大虐殺:エリック・ラッシュ、テニアン島の歴史、Environmental Services、2008年10月、第1巻、第2版)

 ヒレンブランドの引用元になっている「出典」文書は欺瞞そのものである。ほんの数分調べればわかることだ。難しい犯罪学は必要ない。たとえば、ほんの短い分量の文書のなかでエリック・ラッシュ氏の名前の綴りがEric,Erik,Erickと3種類登場している。

 Environmental Servicesに問い合わせたところ、考古学担当シニアマネージャーのテリ・ラス(Terri Russ)氏から返答が届いた。ラス女史によると、「ESIはこのテーマに関するプロジェクトはいっさい手がけておりません」とのことだった(エリック・ラッシュ氏は当時ESI勤務ですらなかった)。

 われわれは当時のニュース報道を残す米軍の記録にも当たった。米軍の侵攻後、『ニューヨーク・タイムズ』はテニアン島にまだ2400人の韓国人が残っている、と報じていた

 テニアン島は米軍の日本攻撃における死活的重要拠点だった。この小島は米軍でいっぱいとなり、滑走路が6本つくられ、テニアン島は戦時中最大の航空作戦拠点となった。1945年の時点で、テニアンは世界最大の空港だったのだ。

 虐殺など、どこからも、誰からも聞いたことがない。われわれの海兵隊、陸軍、海軍が韓国人5000人の虐殺被害の証拠を見逃したとでもいうのか? 合衆国軍の綿密な記録文書化の傾向からして、それは考えにくい。

 ヒレンブランドは「皆殺しの命令により、日本軍はテニアンにて5000人の韓国人捕虜を虐殺した……」と記述した。

 捕虜? 当時の韓国人は日本国民だった。万単位の韓国人が日本軍に従軍していたのである。少なからず士官もいたのだ。

 ヒレンブランドはこの主張を2度も繰り返している。「……日本人は皆殺しの方針を導入していた。そして5000人の韓国人全員を虐殺した」。

 われわれは、日本人・韓国人の民間人への降伏勧告を担当した米国の言語専門家による1次情報に当たった。そこにも日本人が韓国人を殺したという証言はいっさいなかった。皆無である。

 われわれ米国は、テニアンを対日空爆の出発地として活用した。何十もの日本の都市を焼き払ったのである。なぜにわれわれが敵側による5000人の無辜の民の殺戮を隠す必要があるのか?

テニアン島1945ころ

 ここで重要なのは、米国はテニアンから2発の原子爆弾を送り出す準備をしていたということだ。われわれがまさに広島と長崎を破壊するために使っていたその島で、日本軍が5000人を虐殺する戦争犯罪を犯していたとすれば恰好の宣伝材料ではないか。

 テニアンはわずか101平方㎞の島である。ヒレンブランドの出身地、ワシントンD.C.は177平方㎞である。つまり彼女は現代にあたる1944~45年に、ある軍隊が何の証拠も残さずに5000人を虐殺し、かつ誰にも気付かれなかったとでもいうのだろうか?

 これほど大規模な殺戮を、現地取材もせず、米軍の公記録にも当たらずに告発するというのは、プロとしてあるまじき不正行為である。彼女はこの書籍のために7年にわたる調査を続けていたと言い張っていたが、じつは彼女は同書のテーマである人物ルイス・ザンペリーニ氏と1度も対面したことがない、ということが書籍刊行後に暴露された。

 約10年前のことだが、私は当時取材していた戦時下のイラク人の子供たちを支援するために名前を貸してくれた、ということでヒレンブランドをインタビューしたことがある。子供たちを救おうとする努力において私はローラに敬意を抱き、このような辛辣な言葉を並べながらも、彼女の名作については忘れていないが、歴史家として――そしてノンフィクション作家として――ヒレンブランドはエコノミークラスの安物である。

 2015年9月に、私はヒレンブランドの出版社に連絡し、テニアンの韓国人5000人虐殺に関する説明を求めた。出版社はコメントを拒否し、同書の刊行はかなりの昔であるため、ヒレンブランドももはやインタビューに応じることはできない、と返答してきた。

 私は編集者にもインタビュー申請を出した。同じ返答だった。その版元では、いまだにインタビューの申し込みを受け付けているのだが。

 テニアンで日本軍が虐殺に手を染めたと主張するということは、ヒレンブランドが文学に対する罪を犯している、ということだ。彼女は真実を虐殺した。文字どおりの詐欺行為である。

 私がヒレンブランドの著書を購入したとき、同書は3年間にわたり『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーリストに入っており、アンジェリーナ・ジョリー監督による映画化が決定していた。私は返金を求めたい。

 プロパガンダは、もはや日本人さえも信じ込むほど行き届いている。

ironna
http://ironna.jp/article/2371


映画『アンブロークン』について
いつか感想を書こうと思って書きそびれていたのだが
ぶっちゃけ「駄作」としか言いようがないですハイ
念のためアンジェリーナ・ジョリーの別の映画『最愛の大地』も見たけど
これもまた心の底からつまんない

映画『アンブロークン』評はこちらが的確かと思います

ch桜キャスターでおなじみ前田有一氏のサイト 
超映画批評 『不屈の男 アンブロークン 35点』  
→http://movie.maeda-y.com/movie/02048.htm

それにしても、この不器用な出来ではこの監督への期待はしぼむ一方である。いったい次回作でどう盛り返すのか、旦那様は何と言っているのか、少々心配になりつつ見守っていきたい。

(´・ω・`)それが原因かどうか知らんけど離婚しちゃったね



【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信しておりません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。   

蓮舫氏の仲人をしたという高野孟氏

にんげん出版ー街道ラインはすぐ思い出したが
→ 民主党・鈴木寛 在特会バッシングに参戦
そういえば自分はもう一度記事にしていた

鳩山由紀夫氏のこの記事で思い出した
中国主導のAIIB、鳩山元首相「日本は批判しているが本音では参加したいと思っている」―中国メディア

 2016年10月23日、中国メディア・観察者網によると、中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)の参加国は80カ国以上になり、日米主導のアジア開発銀行(ADB)を上回る規模になることが明らかになった。 

 AIIBの助言機関・国際諮問委員会の初会合が19日に北京で行われた。参加国は当初の57カ国から10カ国増加。さらに30カ国の参加が申請されているとの報道もある中、初の国際諮問委員会が北京で行われ、現在参加を見送っている日本からは鳩山由紀夫元首相が委員として出席した。 

 ドイツ紙ハンデルスブラットによると、「米国よりも先にAIIBに参加すべき」との考えを示し、国内で批判の的となった鳩山元首相は、その考えを現在も続けて主張しており、さらに、日本政府は表面上はAIIBについてアジアの権力バランスを日本に不利な方向に導くものだと批判的に見ているものの、安倍政権は内心では諮問委員会にポストを得たいと考えていると発言したという。(翻訳・編集/岡田)
RecordChina2016.10.24
http://www.recordchina.co.jp/a153302.html

(´・ω・`)あーー・・・(←言葉にならない

鳩山氏は東アジア共同体研究所理事長
そして高野孟氏は理事
東アジア共同体研究所
http://www.eaci.or.jp/

曰く
「AIIBというバスどころか21世紀そのものに乗り遅れてしまった日米の誤算」

(´・ω・`)あー・・・(←言葉にならない)

まぐまぐニュースAIIB高野孟
 →( `ハ´ )絶対に笑ってはいけない株式市場 

夫婦揃って仲人さんとの縁は大事にされておると。
蓮舫・高野孟村田信之
http://www.waseda.jp/student/weekly/contents/2005a/065i.html

蓮舫・高野孟2
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/12/post_445.html

AIIBについて蓮舫氏曰く、
 
 民主党の蓮舫代表代行は2日、「貧困解消や格差是正などのために日本はアジアで努力すべきだったが、結果は成功していない」と指摘。

中国主導銀:参加見送りに野党批判「外交の完全敗北」
毎日新聞2015.4.3
引用はこちらから
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/545.html


当時国会で、民進党議員が「外交的敗北!」と盛んに言ってたのをよく覚えていますよ
例)
大串博志国会AIIB

蓮舫氏の二重国籍問題の端緒を切った八幡和郎氏はこう書いている

私は民進党の代表に蓮舫氏が選ばれて良いことがあるとすれば、北京の反対を押し切ってでも父の故郷という名目で台湾を訪問して。日台民進党の二人の女性党首が固く握手して台湾独立への思いを新たにすることかと思ったが、そんなのは一つの中国論に立つ蓮舫さんがするはずないと分かって失望している。 

台湾を“裏切った”?蓮舫氏への台湾人の複雑な気持ち
アゴラ2016.9.12
http://agora-web.jp/archives/2021386.html


分かってはいたんだけどやっぱり失望するしかないですね
蓮舫・駐日韓国大使・朴槿恵会談
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161026-00000104-fnn-pol
 

雑感です

最近ある小学生の男の子が嫌韓だったことを知りました。
その子はサッカーが大好きなのでわざと顔を踏んだりする韓国人のプレイを憎んでいます。
お父さんもサッカーが好きらしいので、そういう知識はお父さんの影響なのでしょう。

そういえば、以前もこういうことがあった。
平昌五輪協力?お・こ・と・わ・り♡ (←この小学生と↑の小学生は別人)
サッカー好きな子は韓国嫌いになるだろう。
同様にフィギュアスケートが好きな人は韓国嫌いになるだろうし(※自分)
同様に○○が好きな人は韓国嫌いになるだろう。
(○○に当てはまるものが大杉)

「ネトウヨ」はオタクで引きこもりで自分の不遇を在日や韓国のせいにしている!
というマスゴミ設定には無理がありすぎる。
そんな現実を無視した設定を延々ごり押ししている間に
次世代嫌韓が生まれておりますよと。

桜井誠氏が「10年間同じことを主張してきた」とよく言うんだけども
10年で子供は小学生になるんですよ。
あと8年したら選挙権を持つんですよ。
マスコミはそれを意識して差別問題にすりかえて「嫌韓叩き」
というか「嫌韓封じ」をしてるんでしょうけど。


誤魔化しは自らに跳ね返ってきますよ。必ずね。


参考
偽ミダス王の姫キム・ヨナ 
自分としては感情を抑えて抑えて書いたつもりだったんだが
この記事うpしたら「ajnaさんそんなに怒ってたんですか!」とコメントをもらってしまったw


【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信しておりません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。  

二重国籍疑惑で騒ぎになっているところでツイートを眺めていたら
「ネトウヨには蓮舫さんが余程脅威なのね」なんてのがありましたが
そりゃ違うぜ(大笑い

うちわの時には心底呆れましたし
蓮舫「これは何ですか」
(これはコラ画像です)
うちわのように見えるかもしれない討議資料

そもそも自分が蓮舫氏について書いたのは塩村都議やじ騒動に関わっていたからで
9万人のクリック蓮舫s
塩村文夏都議やじ騒動1 吉松育美STALKER-ZEROと色々かぶってる件

その流れで『どす黒い蓮舫 極左〇力集団とのつながり』という記事を書いたところ
削除依頼が来て非公開になってしまいましたし
内容はただの国会議事録のコピーなんですよ?
非公開にされる意味が分からんですね。特定秘密なんですかね。

ちなみに動画でいうとこれです。

【youtube】西田昌司 民主党の怪しい人脈・金脈を追及 国会中継


さて蓮舫氏の二重国籍疑惑ですが
そうなると自分はこの件がまた別の意味を持っているように思えます

以前から自分はこのメンツが危険だ、と

orgハリス鈴木絵美駒崎乙武津田

そのキーマンは田原総一朗氏だと指摘したんですが
日本語・天皇制はグローバル化の邪魔 桐島ローランド

意外なところからまたその事実が
 蓮舫・村田信之ツイッター
田原総一朗スタッフ・・・・

余談
蓮舫過去の発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000069-san-pol.view-000
何か既視感・・と思っていたらアレだ
自称従軍慰安婦の証言だ

追記2016.10.8
村田(謝)蓮舫氏(やっぱりファーストネームだけお呼びするのはどうかと思いますよね?)の
「台湾は国ではない」発言などから察するに
中共のこういった動きに連動させるには格好の人物という気がするんですね

中共は台湾を巻き込んで「蒋介石軍とアメリカ軍は共に抗日戦争を戦った仲間だ」と戦術を変えて来ている
変容する「抗日」



【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信しておりません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。 

I am NOT ABE

ふふ
風刺画にしてまでこき下ろしたのに
実現しちゃったのね
どや顔の上人 


それではここでクーデンホーフ・カレルギー伯を書いた
『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』
を振り返ってみましょうwww

 国民国家というものが、排他的なナショナリズムによって正当化されている以上、それは国益の名のもとに、戦争の原動力となる役割のみを果たすー栄次郎がこのように説いたからこそ、国境なき国家連合こそが戦争を阻止する道であることを皆が理解したのである。

 現在のヨーロッパにおいては、国境の内側にいて、国防軍によって守りを固めることだけが安全な生活を保護する道でないことは、常識として定着しつつある。むしろ、パスポートを持たず、入国審査官や国境警備隊に出会うことなく、気ままに移動できる社会がよいのだと、皆が認識しはじめている。
何ゆえにこうも豪快に間違うのか?2 


イギリスがまさか離脱するとは!!
とは全然思わなかった
いずれ破綻は来るだろうと思っていた
(思ったより早かった)

パリ同時多発テロ
http://www.sankei.com/world/news/151116/wor1511160046-n1.html

ねぇ
「パスポートを持たず、入国審査官や国境警備隊に出会うことなく、気ままに移動できる社会」
は人類の進歩だったの?

そのリスクは想定外だったの?

参考
シェンゲン協定の危機 


【コメント下さってるみなさまへ】
今大変余裕がなくてお返事返してません。申し訳ありません。
現状以前のようなペースと内容では更新できませんがスキをみて更新しますm(__)m  

徒然草 第二百三十六段

丹波に出雲といふ所あり
(超適当訳)

偉い上人も同行した出雲大社参り。 
大社の前の獅子と狛犬が背を向け合って並んでいた。

聖海上人は「素晴らしい。きっとこれは何か深い訳があるに違いない」
と大層感心し涙ぐまれた。

「これに気づかないとはひどいではないか」
と上人が仰せになったところ
一行は口々に「確かに他とは違っているなぁ」「みやげ話にしよう」と同調。

上人は物知りそうな神官を呼んで
「この獅子の置き方は他とは違っているようだが、その理由を教えていただきたい」
と尋ねられた。

神官は「いたずら好きな子供のやったことです。けしからん」と言って獅子を元の位置に戻して行ってしまった。

聖海上人の涙は無駄になってしまった。




【youtube】民進党・山井和則氏、安倍風刺画デマに釣られる 

柿沢未途FBbloodyidiot
 
柿沢未途「それにしても、安倍総理を指していると思われる”Bloody idiot” という言葉は、英語の語感としてキツイなあ。」


柿沢の嘆きいたづらになりにけり。かなw

徒然草の頃からこの世は何も変わっとりゃせんね。


I am NOT ABE

(´・ω・`)ミンシン・ザ・ブラッディーイディオッ党 爆誕!

画像はこちらから
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1464674700/ 

【戦後70年】
神道の命運左右した「視察」 GHQに新嘗祭見せよ…占領政策から神社守った宮司の戦い

神道指令3


 連合国軍総司令部(GHQ)の占領下にあった日本で、神社の命運を左右した「視察」が70年前、所沢市の中氷川神社で行われた。GHQによる国家神道への実態調査で、昭和20年12月15日に発令された神道指令に大きな影響を及ぼしたとされる。準備期間はたった3日。進駐軍への恐怖を抱きながら、視察を受け入れた宮司の静かな戦いがあった。
(さいたま総局 川峯千尋)

「神社を破壊すべき」過激意見もあったGHQ
 「3日後に、新嘗祭を総司令部の係官に見せてほしい」。同年11月22日、中氷川神社の山口文治宮司=当時(60)=は、突然来訪した内務省神祇院考証課の宮地直一課長=同(59)=からこう告げられた。 

 当時、神道は「国家神道」として優遇され、宗教ではないとみなされていた。一方、日本の非軍事化・民主化を進めていたGHQ内では、天皇を頂点とした精神的な団結力が日本人を戦争に突き動かしたという考えから、日本人の精神的改革のため「神社を破壊すべきだ」という過激な意見もあった。教育・宗教を所管した民間情報教育局(CIE)は神道に対する日本人の考え方を知ろうと靖国神社(東京)を視察。さらにケン・ダイク局長は、CIE顧問を務めていた宗教学者、岸本英夫氏=同(42)=に「どこか民間の神社の祭りを見たい」と希望を出した。条件は「11月25日、場所は司令部からジープで1時間以内」だった。

神主苦悩「万が一あれば累は全神社に及ぶ」
 宮地課長を通じて白羽の矢が立ったのが、中氷川神社だった。現在の朝日達夫宮司(67)は「社格制度で県社として認められていたことや、宮地さんが神社を訪れていたことで選ばれたのではないか」と推察する。その宮地課長は「万一、悪い印象を与えれば全神社の浮沈にも関わる。そういう事情をくんで、どうか引き受けてほしい」と頼み込んだ。

 辞退したものの、押し問答の末に視察を受け入れた山口宮司は、手記で「軽々しく引き受けられるものではなかった。万一のことがあれば、自分の身はどうあれ、その累は全神社に及ぶのだ」と苦悩をつづった。

 「新嘗祭を3日で準備するなんて、常識じゃ考えられない。ましてや『鬼畜米英』と恐れられた時代です」と、朝日宮司は先代の決断に思いを馳せる。

 「祭典に関しては誰も絶対に口出しはしない」。それが山口宮司の出した条件だった。「命がけで奉仕するのに、いちいちだめ出しをされたら到底務められない」。決意の下に、氏子総代や家族を巻き込んだ嵐のような3日間が始まった。

「外国人正座できない」食材集めに奔走も
 連合国軍総司令部(GHQ)の視察を引き受けた中氷川神社(現所沢市)の山口文治宮司=当時(60)=は、すぐに地域の氏子総代を集めて事情を説明し、新嘗祭の準備に取りかかった。

 戦後の困窮の中で、お供え用の野菜や魚は氏子らが持ち寄り、酒は国の機関である神祇院などから提供されることになった。「外国人に正座はできないだろう」と、戦時中、境内に滞在した陸軍通信隊が残した机を直会(なおらい)の会場に並べた。外国人用の仮便所も作った。つい先日まで「鬼畜米英」と呼んだ相手をもてなすため、人々は奔走した。

「娘たちにいたずらされたら…」
 難題は、舞姫だった。

 新嘗祭に奉納舞は欠かせない。しかし、「娘たちにいたずらでもされたら大変だ」と誰もが怖がった。「そこで山口姉妹の出番だったんです」と笑うのは、山口宮司の四女、平野順子さん(75)だ。5歳だった平野さんは、4人姉妹の姉が踊ったのを覚えている。社務所に疎開していた宮内省楽部の多(おおの)忠朝楽長=同(62)=の娘も舞姫にかり出された。

 迎えた昭和20年11月25日。ジープで乗り付けた民間情報教育局(CIE)の一行は、出迎えの町長らに機嫌良く日本式の礼を返した。怖いもの見たさか、神社には町中の人が集まって視察の様子を見守った。

酒を「飲んだふり」で必死のもてなし
 拝殿で行われた奉納舞では、多楽長が呼んだ宮内省の楽人の演奏と立派な装束が娘たちをあでやかに演出した。「ワンダフル」。視察を担当したCIEのケン・ダイク局長らはCIE顧問の岸本氏の説明に興奮した様子で、祭典の様子を写真に収めた。一行は直会で用意された赤飯や煮魚をきれいに平らげ、大きな湯飲みで酒を何杯も飲み、氏子らは飲んだふりをして少ない酒を回した。

 視察を終えて車に乗り込む際、一行の1人が平野さんを抱き上げた。日本人側に緊張が走った。が、ドロップやガムを渡すと優しく抱き下ろし去っていった。「父は私が泣いたら終わりだと思っていたそうです」。幸い、幼児は笑顔で一行を和ませた。岸本は手記に「歓を尽す。司令部側に対して、よき知識を供給」と記している。

ファシズムの施設と全く違う」
 約3週間後の12月15日、発令された神道指令は政教分離を徹底させたが、神社の取り壊しといった日本人の精神文化の破壊には踏み込まなかった。

 国学院大の大原康男名誉教授(宗教行政)によると、発令までにCIEが視察したのは靖国神社と中氷川神社だけで、「厳かで優雅な神社の祭典を視察して、ナチズムやファシズムといった全体主義的な施設とは全く異なるものだと実感したのだろう」と視察の影響を指摘している。

 神道指令 昭和20年12月15日、GHQが政府に対して発した指令「国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、保全、監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件」の略称。ポツダム宣言で認められた「信教の自由」を前提に、政教分離を目的として出された。神社を国が管理する「国家神道」を廃止し、神社は宗教法人として存続することになった。
産経ニュース2015.12.23
http://www.sankei.com/premium/news/151223/prm1512230001-n1.html

 

【戦後70年~東京裁判とGHQ(5完)】
老兵・マッカーサーはなぜ「日本は自衛の戦争だった」と証言したのか…

マッカーサー演説

 「老兵は死なず。ただ消えゆくのみ。神が示すところに従い自己の任務を果たさんと試みた一人の老兵として。さようなら」

 1951年4月19日。米上下院合同会議で、連合国軍最高司令官(SCAP)として日本を占領統治した陸軍元帥のダグラス・マッカーサーは半時間の退任演説をこう締めくくった。

 後に第37代大統領となる共和党上院議員のリチャード・ニクソンは演説を聴き、その感激は自著「指導者とは」にこう記した。

 「マッカーサーは古代神話の英雄のようだった。彼の言葉は力強く議場全体が魔術にしびれ、演説は何度も拍手で中断された。ある上院議員は『共和党員は感激でまぶたを濡らし、民主党員は恐怖でパンツを濡らした』と語った…」

 8日前の11日、マッカーサーは第33代米大統領、ハリー・トルーマンに全ての役職を解任され、帰国した。人生の黄昏を感じさせる演説だが、心中は闘争心でみなぎっていた。

 マッカーサーは52年の大統領選に共和党から出馬し、民主党候補として再選を狙うであろうトルーマンを完膚なきまでに叩き潰す腹づもりだったのだ。演説でも「私の朝鮮政策だけが勝利をもたらす。現政権の政策は長く終わりのない戦争を継続するだけだ」とトルーマンを批判した。

 米国内のマッカーサー人気は絶大だった。愛機「バターン号」がサンフランシスコに到着した際は50万人以上が出迎え、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ミルウォーキーの各地で行われたパレードには総勢数百万人が集まった。逆に「英雄」を解任したトルーマンに世論は冷ややかで、マッカーサーの第二の人生は順風満帆に見えた。

   × × ×

 米上院軍事・外交合同委員会はマッカーサーを聴聞会に召喚した。テーマは「極東の軍事情勢とマッカーサーの解任」。背景にはトルーマン政権に打撃を与えようという共和党の策謀があった。

 マッカーサーは快諾した。大統領選の指名争いに有利だと考えたからだ。狙い通り、世界中のメディアが聴聞会の動向に注目し、事前から大々的に報じた。

 5月3日の聴聞会初日。証言台に立ったマッカーサーは質問に誠実に応じ、1950年6月に勃発した朝鮮戦争の経緯をよどみなく説明し続けた。

 質問者の共和党上院議員、バーク・ヒッケンルーパーは「赤化中国を海と空から封鎖するという元帥の提案は米国が太平洋で日本を相手に勝利を収めた際の戦略と同じではないか」と質した。

 マッカーサーの戦略の正当性を補強するのが狙いだったが、マッカーサーの回答は予想外だった。

 「日本は4つの小さい島々に8千万人近い人口を抱えていたことを理解しなければならない」 

 「日本の労働力は潜在的に量と質の両面で最良だ。彼らは工場を建設し、労働力を得たが、原料を持っていなかった。綿がない、羊毛がない、石油の産出がない、スズがない、ゴムがない、他にもないものばかりだった。その全てがアジアの海域に存在していた」

 「もし原料供給を断ち切られたら1000万~1200万人の失業者が日本で発生するだろう。それを彼らは恐れた。従って日本を戦争に駆り立てた動機は、大部分が安全保障上の必要に迫られてのことだった」

 会場がどよめいた。証言通りならば、日本は侵略ではなく、自衛のために戦争したことになる。これは「侵略国家・日本を打ち負かした正義の戦争」という先の大戦の前提を根底から覆すどころか、東京裁判(極東国際軍事裁判)まで正当性を失ってしまう。

 もっと言えば、5年8カ月にわたり日本を占領統治し「民主化」と「非軍事化」を成し遂げたというマッカーサーの業績までも否定しかねない。

 この発言は共和党の期待を裏切り、激しい怒りを買った。マッカーサー人気はこの後急速にしぼみ、大統領の夢は潰えた。

   × × ×

 なぜマッカーサーはこのような証言をしたのか。

 日本の「自衛戦争」を認めた理由についてマッカーサーは回顧録でも触れていない。だが、マッカーサーが朝鮮戦争でどのような戦略を描いたかを紐解くと答えが見えてくる。

 マッカーサーは、朝鮮戦争を通じて北朝鮮の背後にいるソ連、中国(中華人民共和国)という共産主義国の脅威を痛感した。

 朝鮮と台湾が共産主義国の手に落ちれば、日本も危うく、極東での米国の陣地は失われ、防衛線は米西海岸まで後退しかねない。それを防ぐには朝鮮半島を死守するしかない。この見解は国務省や国防総省にも根強くあった。

 ところが、トルーマンは、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が「中ソと徹底的に対立すれば、欧州はソ連の報復攻撃を受けかねない」と動揺したこともあり、北緯38度線付近で「痛み分け」にする策を練っていた。

 これに対して、マッカーサーは中国を海と空で封じ込め、毛沢東率いる共産党政権を倒さねば、将来の米国の安全を脅かすと主張して譲らなかった。これがトルーマンがマッカーサーを解任した理由だった。

   × × ×

 マッカーサーの主張は、その後の歴史をたどっても説得力がある。ただ、朝鮮半島を死守しつつ、大陸の中ソと対峙するという戦略は、日本政府が独立を守るために日清戦争以来とってきた戦略と変わりない。

 「過去100年に米国が太平洋地域で犯した最大の政治的過ちは共産勢力を中国で増大させたことだ。次の100年で代償を払わなければならないだろう」

 マッカーサーはこうも語った。これは「米国は戦う相手を間違った。真の敵は日本ではなくソ連や中国共産党だった」と言っているのに等しい。

 マッカーサーは日本の占領統治と朝鮮戦争を通じて日本の地政学的な重要性に気づいたに違いない。「自衛戦争」発言は、自らの戦略の優位性を雄弁に語るうちにポロリと本音が出たとみるべきだろう。

   × × ×

 他にもマッカーサーは重要な証言を残した。

 民主党上院議員、ラッセル・ロングが「連合国軍総司令部(GHQ)は史上類を見ないほど成功したと指摘されている」と称えたところ、マッカーサーは真っ向から否定した。

 「そうした評価を私は受け入れない。勝利した国家が敗戦国を占領するという考え方がよい結果を生み出すことはない。いくつか例外があるだけだ」 

 「交戦終了後は、懲罰的意味合いや、占領国の特定の人物に対する恨みを持ち込むべきではない」

 それならば日本の占領統治や東京裁判は一体何だったのかとなるが、これ以上の追及はなかった。

 別の上院議員から広島、長崎の原爆被害を問われると「熟知している。数は両地域で異なるが、虐殺はどちらの地域でも残酷極まるものだった」と答えた。原爆投下を指示したトルーマンを批判したかったようだが、原爆を「虐殺」と表現した意義は大きい。

 このように3日間続いた聴聞会でのマッカーサー証言は日本人を喜ばせたが、ある発言で一転して激しい怒りと失望を招いた。

 「科学、芸術、神学、文化においてアングロサクソンが45歳だとすれば、ドイツ人も同程度に成熟していた。日本人はまだわれわれの45歳に対して12歳の少年のようである」 

 ただ、この発言の前後で「学びの段階に新しい思考様式を取り入れるのも柔軟だ。日本人は新しい思考に対して非常に弾力性に富み、受容力がある」とも述べている。「日本人の柔軟性」をよい意味で少年に例えたといえなくもない。

 日本人は大戦で勇猛に戦い、米軍を震撼させながら、敗戦後は驚くほど従順でマッカーサーの治世を称賛した。マッカーサーにはその姿が「12歳の少年」に映ったのではないか。

   × × ×

 1952年7月の共和党大会で、かつての部下で欧州戦線の最高司令官を務めたドワイト・アイゼンハワーが指名され、1953年に第34代大統領に就任した。

 マッカーサーは引退し、ニューヨークのホテル・ウォルドーフ・アストリアのスイートルームで愛妻ジーンと余生を過ごした。軍人時代と同じく常に居間を歩き回り、昼寝を欠かさない規則正しい生活を送った。 

 マッカーサーを尊敬するニクソンは、GHQ民政局長だったコートニー・ホイットニーを通じてホテルの自室に招かれ、その後何度も教えを請うた。ただ、欠点も見抜いていた。

 「マッカーサーの最大の過誤は政治的野心を公然と示し、軍事的声望を政治的資産に転じようとしたことだった…」

 1964年4月5日午後2時39分、マッカーサーはワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院で84年の生涯を閉じた。ポトマック川岸は桜が満開だった。

 元首相、吉田茂は産経新聞に「天皇制守った恩人」と題した追悼文を寄せた。昭和天皇も米大統領宛に弔電を打った。葬儀は8日に米議会議事堂で営まれ、吉田も参列した。 

 毀誉褒貶(きよほうへん)の激しい人生だった。マッカーサーの評価は日本でもなお定まらない。ただ、上院聴聞会での証言は軍人マッカーサーの偽らざる思いであり、一種の懺悔(ざんげ)だったのかもしれない。その遺体はバージニア州ノーフォークのマッカーサー記念館にジーンとともに葬られている。
(敬称略)

=おわり

     ◇

 この連載は石橋文登、花房壮、峯匡孝、加納宏幸、森本充、今仲信博、田中一世が担当しました。 
産経ニュース2015.12.24
http://www.sankei.com/premium/news/151224/prm1512240003-n1.html


参考
マッカーサーは日本をキリスト教国にしようとやってきた大失敗男
捜神

このページのトップヘ