反日はどこからくるの

反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。

【東京五輪】
見直し効果2千~3千億円 小池百合子都知事が見通し

五輪費用見直し
(画像)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000299/20161222-OYT1T50008.html

 東京都の小池百合子知事は12日の定例会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの総予算に関して、大会組織委員会、国との3者協議での見直しにより、経費圧縮と組織委の増収などで2千億~3千億円の効果額が出せるとの見通しを示した。

 都外の競技会場の仮設整備費を都が原則負担する方針を改めて説明。経費の分担枠組みについても、都と国、組織委、関係自治体で「5月中の大枠合意を目指し、議論を加速して取りまとめていきたい」と述べた。

 組織委が昨年12月に発表した総予算は1兆6千億~1兆8千億円で、組織委の収入は5千億円。小池氏は3者協議で経費圧縮、組織委増収、国の負担に関しても話し合っているとし、「現時点で2千億~3千億円の見直し効果が出せる」と語った。

 一方、組織委の武藤敏郎事務総長は同日、報道陣に「数字の中身はよく分からない。都によって削減されるという決意を表明されたのではないかと私は理解している」などと発言。都と組織委の足並みの乱れが続いている格好だ。

 都によると、経費見直しでは会場の電源整備費の削減などを想定。安倍晋三首相と小池氏は11日、国がセキュリティーとドーピング対策を行うことを確認しており、都はこれによって組織委の大会総予算の同種項目の経費が圧縮されていくとの見通しを示した。見直し効果額の内訳に関しては「精査中」としている。
産経ニュース2017.5.12
http://www.sankei.com/tokyo2020/news/170512/tko1705120003-n1.html

(´・ω・`)このように削減したって言ってたのに

小池知事、東京五輪の費用分担問題で自民都議と舌戦

 東京都議会の文教委員会は5日、2020年東京五輪・パラリンピックの費用分担問題で小池百合子知事を招致し、一問一答形式で答弁を求めた。

 自民党の川松真一朗都議は対決姿勢を前面に出した。小池氏が任命した都政改革本部の上山信一特別顧問のツイッターにおける書き込みを問題視。費用分担問題で揺れていた5月10日、神奈川県の黒岩祐治知事のことを「黒鼠(ねずみ)、いや違った黒なんとか氏」と表現していた。任命者として感想を問われた小池氏は「表現として不適切だ」と誤りを認めた。

 また川松氏は小池氏が3会場見直しの過程で「400億円削減した」と主張している点を予算の付け替えと指摘。環境対策目的の都債「グリーンボンド」を財源とする方針を示したため「結局違う財布から出す。400億円を戻すのと同じだ」と批判した。

 小池氏は「環境対策に使うことは認められている。エコな大会にし、東京の環境技術を世界に示すチャンスだ」と答弁。それに対し川松氏は「都債の発行では未来の都民に責任をかぶせることだ。『400億円削減した』と大きく言うことではない」と反論した。
日刊スポーツ2017.6.5
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1835537.html
(相変わらずな上山信一顧問:これではまとまるものもまとまらんて)


グリーンボンドとかいう債権を起債して別途資金調達するわけで
削減じゃないじゃん?
タイトルが舌戦と書いてあるけど、小池知事の答弁はグリーンボンドの意義を語ってるだけで、
川松都議の「削減とは言えないのではないか」という質問には正面から答えていない。
(小池知事はいつも正面から答えない。)
このグリーンボンドというのも注目されてるようだけど、ツケが都民にくるのは事実でしょ。
誰が儲かるのかと考えると・・
(投資出来る人だよね。弱者には優しくないんじゃないの)

参考
日本でも広がる?自治体初、都が発行目指す債券「グリーンボンド」とは
the PAGE 2017.5.20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000002-wordleaf-bus_all


胡散臭いニオイがぷんぷんしまつ。嫌な予感でつ。

なにせ小池知事にはあの希代の悪法・再生エネ固定買取法を菅直人元首相・孫正義氏らとともに進めた
現市場問題PT・小島敏郎座長がついてるんですよ。
豊洲移転PT座長= あの「固定価格買取制度」の中心人物


追記2017.6.23
小池知事を川松は怒らせちゃったのか!?
川松真一朗の「日に日に新たに!!」
http://ameblo.jp/kawamatsushin16/entry-12285933802.html


【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。

小池知事の数少ない成果として韓国学校への土地貸与中止があるけども
先に動いてくれていたのは自民党・高木けい都議
小池知事は後からそこに乗っかっただけ。
土地貸与中止自体は支持するとしても、
小池百合子という政治家を知るにつれ、万事そういう手口だと分かってゲンナリ。

高木けい都議が韓国学校のことで動いてくれていたことは
自分はコメント欄で教えてもらって知った。
今話題の有本香さんの『「小池劇場」が日本を滅ぼす』にも高木けい都議が出て来て、
いい仕事してるのにテレポリティクスにはちょっと無頓着で損をしている様子が描かれている。

小池知事のパフォーマンスだけの中身ナシぶりと対照的。

メディアが自民党議員というだけで不当に貶めていては我々国民は投票するための正しい情報を得られない。
というか、
正しく投票させまいとしているということなのだろう。


【舛添知事・韓国人学校増設】
自民都議が都有地の「貸与方針」に苦言 「特別支援学校に活用できないか」

 舛添要一知事が韓国人学校の増設に向け、東京都新宿区にある都立高跡地を韓国政府に貸し出す方針を決めたことについて、自民党の都議が31日、都議会文教委員会で「跡地を特別支援学校のために活用できないのか」と述べ、再考を促した。舛添氏の方針に苦言を呈した格好で、今後の議論に一石を投じそうだ。

 文教委ではこの日、新宿区の市民団体から出された特別支援学校の充実を求める請願を全会一致で採択。自民党の高木啓都議は審議で「充実には都有財産を活用すべきで、都立高跡地の活用方法を再検討していただきたい」と述べた。跡地については平成22年、都教育委員会が特別支援学校にする計画を策定したが、その後、敷地が狭いことなどを理由に別の場所に変更した経緯がある。

 都には韓国側への貸与発表後、「都民のために使うべきだ」などの批判が殺到。だが、都有地の貸与に議会の承認は必要なく、知事の一存で決められるため、自民都議らが議論を行うタイミングを見計らっていた。
産経ニュース2016.6.1
http://www.sankei.com/politics/news/160531/plt1605310072-n1.html


韓国学校増設、「韓国だけ便宜は困難」 都知事が約束したけれど…

■担当者「用地なく無理では」

 東京都の舛添要一知事は7月の韓国訪問で、朴槿恵(パク・クネ)大統領から首都圏での韓国学校増設への協力を求められ、快諾した。しかし、その実現には、用地取得が大きなネックになっている。交通の便が良い都心に校地に適した公有地はほとんどなく、あったとしても都は保育所や介護施設など福祉目的施設に優先的に振り向ける方針であるためだ。都担当者は「いきなり『韓国のためだけに』と便宜を図るのは難しい」と頭を悩ませている。

                  ◇

 都などによると、首都圏にある韓国学校は現在、東京都新宿区の東京韓国学校だけ。同校は学校教育法の規定に当たらない「各種学校」で、初等部と中・高等部が併設されており、定員は1440人という。

 生徒には日本の学校に進学するケースが増えた在日韓国人よりも、韓国から仕事で来日した人々の子供が多いといい、ある関係者は「需要が多く、希望しても入学できない状態が続いている」と説明。東京韓国学校は産経新聞の取材に「夏休みで担当者がおらず対応できない」としている。

 こうした状況を受け、舛添知事は7月の訪韓時、朴大統領から都内2校目となる韓国学校設置に向けて用地取得で協力を求められ、「全力で協力したい」と応じた。都は現在、方策を検討している。

 ただ、東京韓国学校は日本国内における韓国の民族教育の中心とされ、韓国メディアによると、過去には同校を正規学校として認可している韓国政府が、日本語の課程を正規課程にすることに難色を示したこともあった。そうした背景を考えると、同校の“分身”として設置を目指す新校も、同様に日本のカリキュラムに沿う義務がない各種学校となる可能性が高い。各種学校であれば、例えば「竹島(島根県隠岐の島町)は日本固有の領土」と書いてある教科書も使う必要はない。

 地方自治法では、各種学校を対象に自治体が所有する土地を貸借、売買する場合、原則として一般競争入札や指名競争入札を行うことが定められており、確実に韓国学校の用地になる保証はない。

 さらに舛添知事は少子高齢化対策を最優先課題の一つとしており、都は空きが出た適地については、順次優先して福祉施設を対象とした入札を行っている。

 都担当者は「そもそも都有地だけでなくても、条件に適した土地なんてなかなか見つからない。区部(23区内)は無理なのでは」とし、ある区の担当者も「とても行政需要が高く、空いた土地があるなら教えてほしいくらい」と話す。

 韓国メディアなどによると、現に韓国政府は2013年予算で、15年の新校開校を目指して建設費約7900万円の予算を組み、廃校の土地を念頭に用地取得を模索したが、思うように進まなかった経緯がある。

 都幹部は「情報提供ぐらいしかできないのではないか。どうするにしろ、『なぜ韓国にだけ』という相当な理由付けが必要だろう。知事はどのような方策を打ち出すのか」と話す。

                  ◇

【用語解説】各種学校

 一般の小中高校・大学など学校教育法第1条に規定された学校(一条校)以外の教育機関。予備校や日本語学校などのほか、インターナショナルスクールなど外国人学校の大半がこれに当たる。学習指導要領に沿った授業が義務付けられておらず、比較的自由なカリキュラムを組めるが、一般の小中高校の卒業資格は得られないため、大学入試などで制限を受けることがある。
産経ニュース2014.8.20
http://www.sankei.com/life/news/140920/lif1409200002-n1.html
 
参考
高木けいblog 2016.6.8
舛添問題のお詫びとご報告
http://takagi.exblog.jp/22916299/


余談
都議選のときの記事。

小池氏、鳥越氏を都知事にしてはいけないわけ
(抜粋)

■政策(公約)の問題点 小池百合子氏
①都議会冒頭解散 → そもそも知事に無条件での解散権なし。都議会で知事不信任案が可決されて初めて都議会の解散権を持つことができますが、都議会を解散すれば都議会議員選挙となり、およそ40億円の選挙費用が必要となります。その後、新たな都議会による再度の不信任案可決の場合は知事の自動失職となり、知事選が行われます。知事選には50億円の費用がかかり、トータル90億円。不毛な対立による税金の浪費との批判は免れません。

②満員電車の解消のための二階建て電車 → 物理的に不可能。都の公営企業局が直営している都営地下鉄でも、トンネル内に二階建て車両を走らせることはできません。責任ある立場の人は、夢物語を安易に語ることを慎むべきです。

③その他の政策について → 抽象的な政策の羅列で、ほとんどのものがすでに現下の都政で行われています。地方自治に身を投じたいなら、また自称自民党員を名乗るなら、先ずは都議会自民党の提言によりつくられた、『東京長期ビジョン』を読んでいただきたいものです。役人にとって、全体の政策を知らないトップほど扱いやすい人はいません。その人の興味のある政策のいくつかに、多少の予算を付けてお茶を濁せばよいからです。まさに徳洲会から5000万円の裏金をもらい、その後略式起訴(罰金刑・公民権停止)になった猪瀬直樹氏の猪瀬都政がそうであったように。
高木けいblog2016.7.24
http://takagi.exblog.jp/23031982/

あー実に正しい(◞‸◟)
この正しさが伝わらないことが残念。
というか残念なんてのんきなこと言ってられる現状じゃないんだが!!

豊洲築地500万 


【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。   

以前記事にした人なので単純にショック
北朝鮮、拘束の米学生に懲役15年

もうとっくに解放されたんだと思っていたよ(゜д゜)ヒエェェェ


北朝鮮が解放した米国人学生、脳に重度の損傷 米医師団
オットーワームビア脳損傷

(CNN) 北朝鮮で1年5カ月にわたって拘束された後に解放され、米国に13日帰国した学生オットー・ワームビアさん(22)の容体について、主治医が15日に記者会見を開き、ワームビアさんは脳に重度の損傷を負って植物状態にあるとの診断結果を公表した。

記者会見したシンシナティ大学医療センターの医師団によると、ワームビアさんは帰国して以来、言葉を発することも、自分で動くこともしていない。

医師団はこれを「反応のない覚醒状態」と形容。脳の全領域で組織が重度の損傷を負っていて、目を開けてまばたきをすることはあっても、言葉を理解している様子はなく、呼びかけにも反応しないという。

ワームビアさんの症状から判断すると、ボツリヌス症にかかったという北朝鮮の説明を裏付ける根拠はないとの見方も示した。北朝鮮でどんな治療を受けていたかに関する情報はなく、北朝鮮から届いた脳の画像は2016年4月のものが最新だった。

神経に損傷を負ったのはその数週間前だったと思われるが、「損傷を負った原因や状況に関する確かな情報はない」という。ただ、一般的には「脳への血流が一定時間不足して脳の組織が死に至る心肺停止の結果として、こうした脳の損傷パターンが見られる」とした。

ワームビアさんは北朝鮮で1年5カ月にわたって拘束されていた。シンシナティ北部にあるワームビアさんの母校で15日に記者会見した父のフレッド・ワームビアさんは、「ボツリヌス症で睡眠薬を飲んだという説明は信じない。たとえ信じたとしても、文明国家が息子の容体を隠し、これほど長い間最新の医療を受けさせなかったことに正当な理由はない」と語気を強め、北朝鮮に対してまだ拘束されている米国人も釈放するよう訴えた。
CNN.co.jp 2017.6.16
https://www.cnn.co.jp/world/35102832.html


関連
北朝鮮で拘束の米学生、1年以上音信不通 両親は交渉進展を期待
CNN.co.jp 2017.5.02
https://www.cnn.co.jp/usa/35100694.html

ワームビア氏お父さんの会見
きっちり言うべきこと言って立派なお父さんだなぁ・・立派過ぎるくらい


【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。 

https://twitter.com/ithirdeyei/status/841693491042304000

以前から問題視していた新日本婦人の会が
お似合いの夫婦 共産党・笠井亮
築地女将さん会を支援しているようなのでこのようなツイートをしたところ
築地女将さん会の会長は笠井亮議員の妻ではない、豊洲移転推進派は悪質なデマを飛ばしているとデマを飛ばされ困惑している。

添付した画像見ても分かるように自分は新日本婦人の会のことを言ってるんやで。

新日本婦人の会は日本共産党と関係ない、と言う人まで現れ驚く。
関係ないってかーーーーー( ̄д ̄)

杉田水脈氏が国会で新日本婦人の会を「共産党女性組織」と発言したところ、共産党からヤジが飛び、議事録から削除しろと抗議されたそうで。
→『「新日本婦人の会」と日本共産党』
http://blogos.com/article/179969/

共産党と関係があるというのはそんなに隠したいことなのですね。

だけどねぇ・・・

動画にもこうして仲良く映っているし。
ツイッター内で「築地女将」で検索すると

築地女将さん会河野ゆりえ共産党
河野ゆりえ都議(共産党)仲良く画像にも写ってますね

築地女将さん会里吉ゆみ共産党
里吉ゆみ都議(共産党)

築地女将さん会宮本栄共産党
宮本栄氏(共産党)

築地女将さん会佐藤直樹共産党
佐藤直樹氏(共産党)

築地女将さん会赤旗
赤旗政治記者氏

(´・ω・`)ちょっくら数日遡っただけでこれですわ。
自分が見た範囲ではこの間に他の政党の公式アカウントはツイートしてなかった。

それで更にちょっくら検索してみたところこんな記事を見つけた。

汚染の残る豊洲新市場問題「ここで働くって、人体実験じゃないですか!」

池上正樹 | 心と街を追うジャーナリスト

元築地女将さん会2

 11月7日の豊洲新市場(江東区)開場を間近に控え、築地市場(中央区)の水産仲卸業者ら有志が8月10日、市場の移転延期を求める小池百合子都知事宛て要請書を都の秘書課職員に手渡した。

 移転先を巡っては、豊洲新市場予定地が東京ガスの製造工場跡地だったことから、発がん性物質のベンゼンやシアンなどによる土壌や地下水の汚染が次々に表面化。いまも残存するベンゼンが新施設内の空気中でも検出されるなど、市場関係者の不安は拭えていない。

 また、2020年の東京五輪に間に合わせるための環状2号線工事を優先させ、繁盛期の11月に開場日が設定されたことから、6月には半数以上の319社の仲卸業者が延期を求める請願に署名。ここにきて、新市場施設の床積載荷重の不足や物流上の不備などの構造的な欠陥も次々明らかにされ、施設そのものも魚河岸仕様にはなく市場機能を果たせないことが指摘されている。

 1メートル40の幅では、とても商売ができない10日に要請書を出したのは、市場で仕事する水産仲卸業者らでつくる「築地市場・有志の会」(代表呼びかけ人・和知幹夫氏ら6人)などの団体。

「これから新市場で働くと、どうなるのか、病気になるのではないかという不安を感じる。気持ちよく移転できるのなら移転します。でも、おかしいと思うから、おかしいと言っている。都は“安心”とか“業界の皆さんの意見を聞いた”とか言いながら“(新市場では)海水は流せない”などと言っている。体裁だけは整えているが、メッキがはがれた場合、都は本気で守ってくれるのか。役人は2~3年で異動になるから関係ないと思うかもしれないが、私たちは20年、30年と新市場で生きていかなければならない。ベンゼンなどの公害を知らないうちに吸ってガンになったら、何年後に病気になったという資料にされる。ここで働くって、人体実験じゃないですか!

 会見に臨んだ仲卸の1人、戸田水産の戸田開太郎氏は、実際、問題の多い現場の新市場で働かされること自体、「人柱」ではないかと訴える。

 「東京五輪が決まったことによって、どんどん工事が進められて、仲卸には使い勝手の悪くお金もかかるような市場をつくられてしまった。1店舗で1メートル40の幅では、とても商売ができない。結局、借金をしてでも、もう1店舗を買わざるを得なかった。90年近く営業して来て、代々続いてきたこの店をつぶしたくなかった。どこのお店もお金を借り入れて、豊洲に行かなければならない。汚染された土地でやっていかなければならないという不安もあって、辞めていかれた人たちもたくさんいる。知事は、業界の代表だけでなく、現場の個々の人たちの思いも確認してほしい」(瀬古商店・瀬古知佐子氏

 都知事としては初めて現場の仲卸らにヒアリング「3・11のとき、豊洲の用地は100カ所以上で液状化していました。でも、都は“噴砂”という言い回しに変えて、市場の建設工事を進めてきた。あのときから、おかしいと思った。止めたかった。都の職員の方も、誰も本当のことを言えなかったのでしょうか?」(堀江チヨ氏)

 「皇室の方々にもここからお魚が出ている。こんな汚染の疑わしい新市場から、お魚を出してもいいのか?」(山口タイ氏

 会見した市場で働く人たちからは、豊洲市場への疑問や不満が次々に噴き出した。

 団体の関係者によると、今年2月、都の中央卸売市場の職員に提出した公開質問状が当時の舛添知事に渡らず、知事は存在すらも知らなかったようだという。

 小池知事は、都知事選の期間、豊洲への移転について「一旦、立ち止まって考える」などと訴えてきた。

 12日午後には、都知事としては初めて、小池知事が直接、現場で働く仲卸ら3人に面会し、ヒアリングを行うことになっている。
2016.8.12
https://news.yahoo.co.jp/byline/masakiikegami/20160812-00061028/

2016.8.12「築地市場・有志の会」だった山口タイ氏瀬古知佐子氏
に注目して下さいねー

都知事に共鳴、豊洲移転食い止める「築地女将さん会」発足
築地女将さん会発足女性自身

「想定を超えている。あまりいい数値が出ないだろうという不安もあったが、その不安を超える数値が出てきて、驚いている……」

 1月14日、築地からの移転が延期となっている豊洲市場の最新の地下水調査結果が公表され、有害物質のベンゼンとヒ素が検出された。なかでもベンゼンは、環境基準の79倍という驚くべき数値。これを受け、小池百合子東京都知事(64)が厳しい表情で冒頭のようにコメントした。
 食の安全をはじめ、さまざまな方面で再調査され、都民のみならず、国民の関心を呼んでいる市場移転問題。都知事は夏の東京都議選の争点に「市場移転問題の究明」を前面に打ち出すことを宣言。「移転中止」に一歩近づいたのではという見方も。これに勢いづけられたかのように、築地市場の魚河岸の女将さんたちが結集し、市場移転を食い止めるため、動き出した。「築地女将さん会」を結成したのだ。
移転に反対で築地改築が持論だったのが小池さん。彼女が移転を延期したからこそ、今回の調査結果も公表された。そうでなければ昨年11月に豊洲は開場し、有害物質も隠蔽されたままだったかと思うと、ゾッとする。小池さんの決断力に感動した私たちも『悪いことはハッキリ言わなきゃ!』と、行動することに決めたんです」(「築地女将さん会」代表で鮮魚仲卸「樋徳商店」女将の山口タイさん・74)
 1月20日現在、会のメンバーは30人。今後は、《豊洲新市場への移転計画の中止を求める請願書名》を、各店の代表者のみならず従業員、お客さんもふくめて大規模に展開していくという。「世間知らずだった小娘の私が、この家に嫁いで50年になりました。仲卸は漁師が取った新鮮な魚を少しでも高値で買って、お客さんには少しでも安くお売りするのが役目。その築地の文化を心から愛していますし、息子たちも頑張ってくれている。私たちの思いを、築地女将さん会の署名活動などを通じて、小池都知事に直接届けていきたいですね」(山口タイさん)
 食の安全、そして築地の未来を守るため、女将さんたちの闘いは続く。
女性自身2017.1.26
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170126-00010000-jisin-soci


築地女将の会、自民のネガティブキャンペーンは陰湿
築地女将さん会自民ネガキャン

 築地市場で働く女性46人で構成される「築地女将(おかみ)の会」は30日、都庁で会見を開き、同市場の豊洲移転を中止し、築地市場を再整備して継続使用していくことを要求した。

 山口タイ会長(74)らが出席。豊洲市場の安全性が確保されていないことを指摘し、築地市場の土壌汚染などを強調するような一部の意見に強く反発した。

 19日の「豊洲市場における土壌汚染対策等に関する専門家会議」の発表内容を受け、山口会長は「一部メディアで豊洲市場の安全が確保されたかのように報じられました、資料をよく精査すれば、それが限定された安全であることが分かります」と主張。「同会議が無条件に(豊洲市場の)安全を宣言したものではない」と訴えた。「築地市場の土壌も汚染されている」などという一部の指摘については、「憤慨している」と強調した。

 瀬古知佐子副会長(73)は「都議会最大勢力の自民党によるネガティブキャンペーンは執拗(しつよう)かつ陰湿で、これ以上看過できるものではない」と力を込めた。自民党が築地市場を訪れ、施設の破損箇所などを撮影していたことにも触れ、「あえてそういうところだけを写して、消費者に知らせている。明白な営業妨害」と反発した。

 山口会長は「こういうことを続けられると、いずれ商売にも差し支えが出てくる。これが世界に発信されたら恥ずかしい」と声を震わせた。同会は築地市場内の米軍クリーニング施設跡の土壌汚染や、老朽化などについては認めつつ、「汚染が心配される箇所は局所的で、法に基づいて処理・対策がされれば、問題が生じるとは思えない」と指摘。豊洲市場については「世界一の石炭ガス工場の跡地で、その汚染の濃度、規模からも、普通の土壌汚染ではない」と分析した。

 小池百合子東京都知事への期待を問われると、「ぜひ築地で再整備を行ってほしい。世界に誇る市場です。豊洲に行ったら、日本国民として恥ずかしい。皆さんも再整備を求める声を上げてほしい」と希望した。
日刊スポーツ2017.3.30 
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1800022.html
 
両氏は「築地女将さん会」以前から豊洲移転反対活動しているんですね。

共産党とは関係ない!と言いいつつ共産党議員が一緒に動画に映るとか、赤旗に大々的に載せるとか、新日本婦人の会公式でツイートするとか公式HPに載せるとか、、、、

きっと偶然なんですね(棒)


追記2017.5.27
無関係無関係・・・・w
https://twitter.com/shiikazuo/status/868020065257508864


【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。   

どちらの記事もあまりはっきりしないんだけども
市場問題PT座長に小島敏郎氏を据えたところで豊洲移転は白紙撤回する気だったのはほぼ間違いないと思われる。
(参考→豊洲移転PT座長= あの「固定価格買取制度」の中心人物

追記2017.3.8
アリババ売却は証拠がないと言う人がいるけども
それは順序が逆で小島敏郎氏を据えた時点で移転撤回、少なくとも延期ありきだったのは明らかなので、普通に考えると売却話があるとしか思えないからそういう話が絶えず出てくる、ということ。
実際以下二つの記事もそのロジックになっている。


豊洲移転について表向きは「Factが大切」とフェアに判断しているかのように言っているがそれは嘘だ。
仮に今から移転に舵を切ったとしても無意味に延期したための損失に対する責任は免れない。

追記2017.3.3
何と小池都知事は議会の手続きも何も経ずに独断で移転延期を決めてしまったそうだ。
【youtube】【DHC】3/2(木) 有本香・小川榮太郎・居島一平【虎ノ門ニュース】 
浜岡原発を何ら法に基づかず止めた菅直人元総理と同レベルか(呆


「次なる仕掛け」 内部資料入手! これが豊洲移転の白紙プランだ=ジャーナリスト・鈴木哲夫

▼都議会自民党をぶっ壊す私立高校無償化

〈築地市場は再整備して営業する。豊洲は生鮮食品以外の物流拠点、ショッピングモールなどとして活用する……〉

 絵空事で誰かが囁(ささや)いているのではない。実は、小池百合子東京都知事(64)の政策ブレーンの間で共有された、れっきとした「豊洲新市場の移転白紙計画」の一部である。

 昨年の都知事選前後から小池氏の当選に至る間に、豊洲問題について調査チームが検討した「政策シート」を私は入手した。移転計画をどうすべきかを具体的に議論して小池氏に示すのが、調査チームの役割だ。その「政策シート」には「豊洲移転白紙」が選択肢の一つとして掲げられている。内容の概略はこうだ。

〈豊洲移転の決定については、今一度立ち止まって、都民とともに考える。複数の解決案を予断を持たずに検討する〉

 そして新たな案として、冒頭のように「築地市場」は再整備して営業、「豊洲」は物流拠点、ショッピングモールとして活用すると記しているのだ。この計画の理由について〈築地は経済的価値・文化的価値は大きい。一方、豊洲の土壌汚染問題は解決していない〉としている。

「調査チームや小池氏も加わったその後の内部の議論では、“移転は白紙”と“予定通り豊洲に移すべき”という意見とに割れていました」(小池氏周辺)

 ところが1月14日、豊洲新市場の9回目の地下水モニタリング調査の衝撃的な結果が出た。

 なんとベンゼンが環境基準値の79倍、猛毒の有害物質シアンも初めて検出されたのだ。これまで8回の調査の結果とあまりにも違う。

「モニタリング調査は客観的で科学的。にもかかわらず今回、過去と違うバラバラの結果が出て、今後、どんなに科学的に調査したと言っても信用されないでしょう」(都庁幹部)

 そのため、「知事周辺の意見はもはや『白紙やむなし』との空気が出ている」(同)という。

 今後、カギを握る小池氏の政策ブレーンがいる。調査チームの中心メンバー、小島敏郎・元環境省審議官(青山学院大教授)だ。小池氏が環境相時代からの付き合いだが、最近、小島氏と会った元参議院議員は、「豊洲の話をいろいろ話したが、彼は白紙という選択肢にこだわっていた」と明かす。前出の小池氏周辺も、
豊洲新市場の“白紙プラン”は小島さんが有識者や建築専門家などと議論しながらまとめたと言われています。小池氏も国会議員時代、築地問題に触れて“再整備が望ましい”と公言したこともある。今回のモニタリング調査の結果で、その流れは勢いづくことになるでしょう」と語る。

「豊洲移転が白紙」となれば、市場関係者や移転を推進した都議会自民党などの反発は、相当大きいだろう。それでも小島氏は「移転の白紙」に動くと見られる。それは、過去の「ある成功体験」があるからだ。

「1980年代、名古屋市が藤前干潟を埋め立てて、ゴミ処分場にするという計画が持ち上がりましたが、その地は渡り鳥の飛来地で市民の反対運動が起きた。その時、環境庁にいた小島氏が、環境保護の視点からさまざまな調査を駆使して名古屋市に計画を断念させた。移転を巡ってゼネコンや政治家が絡んだ利権がヤマほどあって、小島氏には陰に陽に圧力がかかりましたが、改革派議員などと組んで白紙に持ち込んだのです。今回も豊洲問題を環境問題として考えた場合、どうなるか。小池氏は東京を“世界に誇る環境都市”にするのがライフワーク。移転を白紙にして豊洲を物流拠点、ショッピングモール、あるいは先端技術を駆使したスマートシティにするなど、“環境政策の象徴”にするとの案も知事周辺で密(ひそ)かに練られているようです」(前出・元参議院議員)

石原元都知事の責任追及も
 そもそも、豊洲問題は小池氏にとって「パンドラの箱」のようなものだった。汚染対策の盛り土をしていなかったことを都が隠蔽(いんぺい)したことが発覚、一方で、市場関係者の早期移転を望む声に押されるなど解決への道のりに苦慮していた。

 そうした中、今回のモニタリング調査の結果によって「豊洲問題が前へ進む」(知事周辺)と言うのだ。

 加えて、移転の「責任問題」も大きく動きそうだ。

 豊洲の土地購入を巡って、石原慎太郎・元都知事の責任を問う住民訴訟が起こされているが、これまで都は裁判の中で石原氏に責任はない、との立場を示してきた。ところが、20日の定例記者会見で小池氏は、「都の方針を見直す」と表明した。都の弁護団を入れ替えて「訴訟について検証する」と言うのだ。

「つまり、小池氏は石原氏の責任追及に動くでしょう。その後、豊洲移転の白紙を決断するのではないか」(前出・元参議院議員)

 小池氏の次なる仕掛けは「豊洲問題」だけではない。

 小池氏は1月16日、来年度予算で私立高校授業料の無償化に着手、年収760万円未満の世帯を対象に、「平均授業料44万2000円を国と都で給付する」方針を明らかにした。実現すれば、私立高に通う都内在住の生徒16万7000人のうち、5万1000人の授業料が実質無償化される。

 小池氏が教育の機会均等を目指した政策だが、実は二次的な効果もある。それは、都議会自民党の権限を弱体化させるという「隠された仕掛け」である。

「東京は地方と違って、私立校に通わせる親が多い。都議にとって、“私学の補助金をアップします”という訴えは都民の支持を得やすいのです。実際、都議会自民党は過去、私学の団体に対して補助金や助成を約束して選挙の集票を図ってきました。ところが、授業料の実質無償化が出てきたことで、私学団体などは自民党に頼る必要はなくなる。選挙の痛手になるのは間違いない。小池さんの自民党潰しの一環でしょう」(小池氏支持の都議)

 今夏の都議選では独自候補を立てて、都議会で絶対安定の多数派を目指す小池氏。次々と繰り出すその「仕掛け」には、したたかさが増してきた。
(ジャーナリスト・鈴木哲夫)
(サンデー毎日2月5日号から)2017.1.25 
http://mainichi.jp/sunday/articles/20170124/org/00m/010/001000d
 


小池知事が極秘会談 豊洲を中国アリババに売却のウルトラC

 築地市場の豊洲移転問題が重大局面を迎えている──。豊洲新市場の地下水モニタリング調査で環境基準の79倍のベンゼンなどが検出されたことを受け、今年1月、東京都は再調査に踏み切った。その結果が3月にも発表される見通しだ。

 小池百合子・東京都知事は就任以来、「安全確認は譲ることができない」として昨年11月に予定されていた移転を延期させてきた。さらに今回の再調査で判明する汚染の広がり方次第では、巨額の費用をかけて整備した豊洲新市場への移転そのものに暗雲が立ちこめてくる。

 表面上は、誰が、どんな経緯で移転先を豊洲に決めたかが焦点になっている。東京都議会は百条委員会(※注)を設置し、石原慎太郎・元都知事など関係者の証人喚問が行なわれる予定だ。

【※注/地方自治法100条に基づき、地方議会が議決すると設置できる特別委員会。証言や資料提出を拒否した者には禁錮刑を含む罰則が定められている】

 新聞・テレビはそうした責任追及を巡る報道一色になっているが、実は都庁関係者がそれ以上に注目しているのが、小池都知事が設置した都庁の「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の議論だ。中央卸売市場を担当した都庁OBが語る。

「2月23日のPT会議で、座長で小池ブレーンの小島敏郎・青山学院大学教授(元環境省地球環境審議官)『リノベーションを含む築地市場の補修』を議論のテーマに挙げました。わざわざリノベーションという言い方をするのは、築地市場の補修が移転の一時延期に伴う小規模なものではなく、長期利用をにらんだ大規模なものになるというニュアンスが入る。

 小島氏は、石原元知事がかつて豊洲移転の理由として挙げた『古い、狭い、汚い』という築地の“現状分析”にウソはないか、実に細かく都の担当者に根拠の説明を求めた。都知事サイドが築地市場の『現在地での建て替え』を本気で考え始めたのではないかと受け止められている」

 小池氏が市場問題で方針大転換を目論んでいるという見方である。

 もともと小池氏の持論は築地建て替えだ。2008年に出版した共著『東京WOMEN大作戦』(小学館)でも、築地市場について、

〈現在の場所で建物だけを建て直すのが一番妥当と思われる〉
〈(環境的に問題がある豊洲新市場は)食との関係の薄い分野で活用すればよい〉

──と書いていた。ただし、築地の再整備は容易ではない。最大のネックは、「すでに整備を進めてしまった豊洲をどうするか」である。

 築地市場を新たに建て替えるならば、土地買収から土壌汚染対策、建設費など総事業費約6000億円をかけて建設した豊洲新市場が東京都の「巨大な不良債権」と化してしまう。小池側近もこういう。

「小池さんは現実路線の政治家。国会議員時代は築地に残るのが望ましいと考えていたとしても、都知事として都政に責任を負った以上、実現可能な枠組みが見出せない限り、今から築地建て替えに舵を切るのは難しいことを十分わかっている」

 そこに小池氏にとって築地建て替えの障害を解決するウルトラCとなり得る動きが浮上した。

 年の瀬も迫った昨年12月18日、小池氏は都内のホテルで中国ネット通販(EC)最大手「アリババ」グループ創業者のジャック・マー氏(現会長)と極秘会談したのである。

 小池氏とマー氏はともに、世界銀行主導で設立された「教育のためのグローバル・パートナーシップ」の委員(2015年)を務めている。それ以来の親交があるとされ、アリババが冠スポンサーとなったサッカーのクラブ・ワールドカップ観戦のために来日したマー氏が、旧知の小池知事を表敬訪問したという経緯が報じられた。

 ただ、単なる表敬訪問であれば都庁の知事室で会うのが普通なだけに、関係者はこの動きを注視している。ネット通販業界に詳しい流通業界誌の幹部が核心を突く見方を提示する。

「生き馬の目を抜くジャック・マーが小池知事と極秘に会ったということで“あの件だ”とピンと来ました。

 日本市場への本格進出を図るアリババは、小池都政のお荷物になっている豊洲の行方に強い関心を抱いている。東京都が豊洲を売却する気があるかどうか、その感触をつかむためにまず都知事と会って旧交を温めたと見ています」

 ニューヨーク証券取引所に上場しているアリババ・グループは時価総額世界13位(今年1月末)という巨大企業で、ジャック・マー氏の個人資産だけでも約3兆円と推定されている。豊洲新市場の買い手となりうる「超大金持ち」であることは間違いない。

 豊洲という場所がアリババにとって大きなビジネスチャンスを生む立地であるため、都庁関係者の間でも「会談の際にマー会長から、豊洲の話が出たのではないか」という見方が広がり始めているのだ。

 売却先候補の登場は、小池都知事にとって築地建て替えが現実的な選択肢となることを意味する。

※週刊ポスト2017年3月10日号
NEWSポストセブン2017.2.27
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170227-00000006-pseven-soci&p=1
 

参考
東京都中央卸売市場築地市場の移転・再整備に関する特別委員会の記録
https://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/market/ 
石原元都知事が移転を決断した時に、
「建設的な結論が出ないんだからしょうがない」と言ってたように、
この委員会でも既に論点は出尽くしていて、これから更に調査するとか判断するとか
一体どれだけ検討すりゃ気が済むんだと読むとイラっとします。


【youtube】【DHC】3/2(木) 有本香・小川榮太郎・居島一平【虎ノ門ニュース】 



【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。  

小池百合子都知事のブレーンで気になる人がいて、それでググってて見つけた。

小池劇場。都議会の反撃 、狙いは上山氏。

やながせ裕文

(抜粋)

ターゲットはずばり、都政改革本部を統括する上山信一氏!

上山氏は、言わずと知れた橋下ブレーンの一人。大阪など各地で改革に取り組んできた実績をもつ改革請負人。小池都政の特別顧問に就任してからは、都政改革本部を統括し、五輪会場の見直しの先頭にたってきた。

つまはじきにされている都庁職員は面白いわけがなく、私のところに来る職員は五輪会場の変更案について「何も知らされていません!」「なんの相談もない!」「直接、上山氏に聞いてください!」などなど、怒り心頭であった。

そんな彼らが、さらに衝撃を受けたのが、小池知事がバッハ会長との面談時に渡した書面。この書面には、「五輪仮設施設の整備費を1000~1500億円、都が負担する」と書かれていたと報道されたのだ。

本来、仮設施設の整備費は、大会組織委員会が負担すべきもので、都が負担するものではない。「1000億円をも超える税金の使い道を、何の根回しもなしに、勝手に決めた!」と、従来の既得権益チームは大激怒。特に予算を司る「財務局」は怒り心頭で、「上山許すまじ!」のキャンペーンを展開したのである。

(略)

上山氏のことを「暴走ブレーン」と書く週刊誌もあるが、従来のやり方を守りたい人間からすれば「暴走」に映るのだろう。結構なことだ。これまでの問題だらけの都政に変革をもたらすためには、まさに爆走する機関車(牽引役)が必要だ。

しがらみだらけの「大阪」で、既得権を一掃できたのも、橋下・上山コンビが爆走した結果。東京は、これまでのしがらみを解き放つ千載一遇のチャンスが到来している。このチャンスをものにできるよう、精一杯改革の後押しをしていく。委員会メンバーでないのが、本当に残念。。
アゴラ2016.11.02
http://agora-web.jp/archives/2022416.html

(´・ω・`)気になるブレーンてのは上山信一氏のことね。

【wiki】上山信一 
大阪市生まれ。大阪府立豊中高等学校卒業。1980年(昭和55年)京都大学法学部卒業後、運輸省入省。1983-84年米プリンストン大学に政府派遣留学(公共経営修士号取得)。1986年同省を退官し、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。1992年同社共同経営者に就任。2000年までに大企業20社の改革を手がける。同社在籍中に行政に「評価」と「経営」の考え方を入れることを提唱。企業改革の経験と英米の先進事例調査をもとにNTT出版から2冊の本(「行政評価の時代」「行政経営の時代」)を出版。また福岡市の経営管理委員会委員、逗子市顧問などを兼務。またこの時期に全国のパブリックセクターの関係者に呼びかけてNPO「行政経営フォーラム」(会員数約400人)を創設し代表となる。

2000年(平成12年)、マッキンゼーを退社して渡米。ワシントンD.C.を拠点に米ジョージタウン大学政策大学院研究教授、東京財団上席客員研究員として政策と行政改革の研究に取り組む。 2003年に帰国。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別研究教授(2003年9月~2007年3月)及び大阪市立大学大学院(創造都市研究科)特任教授(2003年度~2011年度)に就任。 2007年に慶應義塾大学総合政策学部(湘南藤沢キャンパス、SFC)の専任教授となり現在に至る。 本務の傍らで首長や政治家、経営者のアドバイザー、企業の非常勤監査役、政府委員、自治体の各種委員等を務める。

外務省への出向経験をもつほか国連機関の評価・改革委員も務める。著書2冊は韓国でも翻訳出版された。


上山は行革推進派から非常に賞賛されている一方で、新自由主義的(グローバリズム)傾向を嫌う論者の間では非常に評判が悪い。
http://www.snsi.jp/tops/kouhouprint/1587

今回書きたいのは上山信一氏のことではないのでこのくらいで。

で、都庁職員を怒らせてケシカランと言うのかと思ったら
「結構なことだ」と大絶賛って
一体どういうセンスなんだ?職員を敵に回すとか長妻昭を髣髴と・・
とふと思い出した。

そういえばこの人舛添前都知事が韓国学校に土地を払い下げるとか騒ぎ出した人じゃなかったっけ。

アゴラにあるやながせ裕文氏の記事
やながせアゴラ
http://agora-web.jp/archives/author/hirofumiyanagase

(´・ω・`)やっぱりそうだった。
舛添前都知事糾弾の端緒を切った人と言っていいだろう。

やながせ裕文
東京都議会議員(大田区選出、東京維新の会
1974年生まれ。広告会社、国会議員公設秘書、大田区議会議員を経て、現在は東京都議会議員(東京維新の会・大田区選出・2期目)。「こども達の未来へ」をキャッチに、徹底した行革ムダの削減、都営地下鉄と東京メトロの統合民営化、医療、教育、虐待、放射能対策など幅広く活動中。
http://agora-web.jp/archives/author/hirofumiyanagase


このプロフィールには東京維新の会としか書いてないが旧ブログを見るとですね

やながせ蓮舫
http://yanagase.jugem.jp/?eid=21

やながせ旧プロフィール
http://yanagase.jugem.jp/?cid=1

ピキ(#^ω^)よ・・・よりによって蓮舫議員の元秘書かい!?

気をつけろ その候補者は 元民主かも

あぁ・・。
韓国学校が騒動になった時にちょっくら名前ググったらすぐ分かったことなのに。
(自分もブログに書いたさ・・あの時の自分にググれって言ってやりたいぜ)
舛添〇ねって言わないの何で?

韓国学校を問題だと思うような人間が二重国籍蓮舫議員の秘書になるかい!?

そもそも、韓国学校のことは2014.8.20に産経が記事にしているのです。
→http://www.sankei.com/life/news/140920/lif1409200002-n1.html
2年弱経って2016.3に騒ぎ出すのはおかしなタイミングなのです。

やながせ氏が舛添糾弾→舛添辞任→小池都知事誕生→顧問に上山信一氏

小池氏が当選するかは微妙なところでしたけどね。
そして舛添元都知事が良かったかというとそれもまた(_-ω-)_

やながせ上山

やながせ音喜多

韓国学校騒動でやられちまったかもね。あーあ。

追記2017.2.25
ツイッターで教えてもらって実に納得
>狙ったのは蓮舫都知事
あぁーそう考えると実に辻褄が合う。

やながせ議員が民主党を離党した理由がブログに書いてあった

民主党を離党しました

(抜粋)

私は昨年より、この放射能対策こそ東京における最優先課題だと確信し、対策の前進にむけて東奔西走してきました。多くの皆さんと対話を重ね、都議会民主党に「放射能対策PT」を立ち上げ、さまざまな提案を行ってきました。活動はメディアなどで取り上げていただき、若いお母さんを中心として仲間の輪も大きく広がっていきました。また、放射能対策の最たるものが「原子力を使用しない社会をつくること」であり、脱原発の方向を打ち出してきました。

しかし、活動をすすめていくなかで、民主党の施策に大きな違和感を感じるようになってきました。原発事故以前の原子力行政に関しては、自民・公明政権に大きな責任があります。しかし、事故以降にどう安全を確保し規制していくのかは民主党の役割です。ですが政府・民主党は、安全基準を無視して大飯原発を再稼働するなど容認できない施策を繰り返し実施してきました。

なかでも政府は、今後の原子力運用での安全確保の要である「原子力規制委員会」の委員長に、「原子力利権」と関係の深い田中氏を起用する閣議決定をしました。この決定は、民主党が国民目線で将来の安全確保に取り組むことができないと断ぜざるをえません。

また、都内で放射能汚染が大きな課題となっているにもかかわらず、都議会民主党では、私が立ち上げた「放射能対策PT」を廃止するに至りました。

残念ながら民主党、都議会民主党に所属するなかでは、「放射能対策」や「脱原発」を実施することには限界があります
http://yanagase.org/2012/09/05/民主党を離党しました/

はぁ。この人も反原発ですか。ますます香ばしい。

そういえば最近蓮舫議員も原発ゼロと言ってましたね。
→『蓮舫氏窮地!電力総連、候補推薦白紙も…『30年原発ゼロ』で渦巻く不満「強行突破すれば党が割れる」』
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170223/plt1702231530003-n1.htm

追記2017.3.3
やながせ足立築地土壌
https://twitter.com/yanagase_ootaku/status/836605478431961088

やながせ都議は2009年に当選して築地・豊洲移転再整備特別委(第一回H21.9.25から参加)だったのに
今頃何を言ってるのやら?(それは沈黙している自民都連も同じだけども・・)
事態が硬直しているので足立議員が動いてくれるのは大変ありがたいのだけど、
大阪維新がやたら口出してくるのも何か意味があるのかと勘繰りたくなるな。
上山信一氏も「維新と小池塾は目指す方向は基本同じ」とおっしゃってるわけですし。



参考
『上山信一(@ShinichiUeyama)大阪市特別顧問の奇行の数々』
https://togetter.com/li/821311 

『「上山信一ゼミ 武雄市図書館をけなすヒマがあるなら、読書人口を増やせ」への反応』
https://togetter.com/li/552349  

『ネトウヨが柳ヶ瀬裕文都議に煽動されて「舛添東京都知事は保育所よりも韓国人学校を優先している」と騒いでいる件について』
https://togetter.com/li/951704 
(まさにやられちまいましたな)

『「科学が風評に負ける」~豊洲市場を巡るドタバタ劇』
https://togetter.com/li/1087254 
(@飛んでるわけでもないのにいきなり現れおときた都議になぜか助け船を出すやながせ都議)

東京都中央卸売市場築地市場の移転・再整備に関する特別委員会の記録
https://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/market/ 

高木けいのエキサイトブログ!
『舛添問題のお詫びとご報告』
http://takagi.exblog.jp/22916299/

余談
①最近つくづく思うのでございます。
「既得権益ガー」と言って叩くと別の人の権益になるんでございますね。
既得権益ガー=きれいな政治にはならないんでございますね。
考えたら当たり前の話。。。
例→原発ムラを叩いたら脱原発ムラが出来たでござる
改革言う人に騙されちゃいけない。

②塩村文夏やじ騒動の時に、やじが自民党のものと特定される以前から
抗議先が自民党都議連になっていた。
塩村文夏都議やじ騒動2 見切り発車の署名
自民党都連はずっと標的になってきた。



【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。 

先だってこういう記事があった。

『音喜多氏は4つの嘘をついている --- 宮寺 達也』
http://agora-web.jp/archives/2024186-2.html

要約すると
おときた駿都議は、以前よりブログで
少しでも若い候補に投票することを訴えているにも関わらず
5選・75歳・天下りの石川雅己候補を推薦しているのはおかしいということ。

対しておときた都議は、苦しい弁解記事を書いていますね。

高齢多選や天下り批判などについて率直に申し上げれば、今でもそれが望ましいとは思わないけれど、その点を差し引いても総合的に資質が上であり、組織として彼を支援することがプラスだと判断しました。
http://otokitashun.com/blog/daily/14102/

それでは資質が上だという石川雅巳氏が何を言ってるのか見てみましょう。
石川雅巳
http://ishikawa-masami.jp/policy/index.html
(赤枠は筆者による)

路上喫煙、殺処分ゼロは塩村文夏都議が言ってたことなので気になりますね。
(→塩村文夏都議やじ騒動7 女性支援=パソナかよ!
共生社会だの男女共同参画はジェンダーフリー。
(→「男女共同参画」はジェンダー・フリーだった

石川氏って保守と言えますかね?
勿論区政に外交は関係ないんでそういう色は出にくいですが。
そして小池色が強い印象。
(つまり小池都知事の政策も保守色が感じられないということ)

もう一つの資料
石川雅巳2
http://ishikawa-masami.jp/shared/pdf/results.pdf

病児保育・・ですか。

参考:対抗馬の与謝野信氏の政策
http://yosanomakoto.jp/?page_id=27
(さすがに現職とは違ってちょっと具体性に欠けますね・・・個人的にはオリンピックに向けて外国人に開かれた街とか気になるところ)


百合子都知事、都議選へで女性候補多数擁立へ「緑に染めたい」

 東京都の小池百合子知事は18日までに、共同通信のインタビューに応じ「(豊洲市場に)超高級ホテルよりも高い建築費をかけ、いつ誰がどこで決めたのか分からない。都政大改革の象徴的な出来事で、都議選の争点にならざるを得ない」と強調。豊洲移転問題を7月2日投開票の都議選で問う考えを表明した。

 小池氏は都議選への意気込みを「(イメージカラーの)緑に都を染めたい。女性の政治参加が日本は低く、国政もそうだし、地方はよりひどい状況だ。女性候補者を多数擁立したい」と語った。
SANSPO.COM2017.2.19
http://www.sanspo.com/geino/news/20170219/pol17021905010001-n1.html


小池百合子怒涛女性候補
https://www.youtube.com/watch?v=Ksz7NDSplPg

はぁ・・やっぱりそういう路線で来るんですね。
それはつまりおときた都議が語ったことと重なってる。

イマドキ女子大生が「政治の話」を語るとどうなる??
~セミヂカインタビュー おときた駿(東京都議会議員)~


おときた投票若い女性
http://semizika.jp/archives/6671

若くて女性ならベスト!
何だこりゃ。有権者馬鹿にしてるだろ。

ぼんやりしてると東京都選は若くて女性ってだけの有象無象が大量当選しちゃいますよ!!
自分はそんな都議はごめんだ!!
(若い女性はダメだとは言ってないんで念のため)


参考
塩村文夏都議やじ騒動でおなじみになった太田匡彦朝日新聞記者の著書
『ロストジェネレーションの逆襲』より
ロスジェネ(笑)
ロストジェネレーション若いイケメン女性アナウンサー
当選キーワードは「若い」「イケメン」「女性」「アナウンサー」・・・・
有権者はそんなもんだってタカ括ってますね。そして実際そういう人が当選してしまう現状を情けなく思う。
「日本死ね」なんてドヤ顔で吹聴する連中を跋扈させないためにもよくよく政治に目を光らせなきゃいけない。

ブログ「祖国創生」さん
『小池百合子はなぜ愛国なのか?』
http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
小池氏の背後に何がいるのか、と考えるとこういう結論になると思う。
現状あくまで推察の域を出ないけれども。



【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。 

※正確には「市場問題PT座長」だけど、分かりやすくするためあえてのタイトルです。


以前一度だけ小池百合子現都知事のことを書いた。
それがこういう風に繋がるとはね。

脱原発デモのゴールはどこ? 
この中で触れたスクールニューディールについて

文部科学省 「スクール・ニューディール」構想の推進に関するお願い

(抜粋)

 政府においては、本年4月にとりまとめられた「経済危機対策」において、「スクール・ニューディール」構想を提唱し、「21世紀の学校」にふさわしい教育環境の抜本的充実を図ることとしました。この構想では、学校耐震化の早期推進、学校への太陽光発電の導入をはじめとしたエコ改修、ICT環境の整備等を一体的に推進することとしています。

2 学校のエコ化の推進
 今回、学校への太陽光発電導入拡大を、学校施設整備の最重要課題の一つとして、強力に推進することとしました。学校への太陽光発電導入のほか、二重サッシや断熱ガラス、断熱材、節水型トイレ、省エネ機器の導入による省エネ改修や校庭の芝生化、ビオトープの設置等学校のエコ改修のための予算を今回の補正予算において確保しておりますので、この機会を活用し、各地方公共団体の積極的な取組をお願いします。

 特に、学校における太陽光発電の導入は、低炭素社会の実現に向けて、学校、地域にわたる環境・エネルギー教育に活用できるほか、再生可能エネルギーの積極的活用、CO2削減効果、学校の電気代の節約にも資する具体的効果があります。新しい学習指導要領においても、エネルギーや資源について、また、光電池の働き方などについて盛り込んでおります。日本がフロントランナーとして世界に先駆けて「低炭素・循環型社会」を構築し、地球温暖化対策において国際的責任・役割を果たす上で、学校への太陽光発電の導入は、大きな意義を有するものです。文部科学省としても、経済産業省及び環境省等と連携し、一体となって、導入拡大を図り、公立小中高等学校においては、早期に現在の約10倍の学校施設への設置を目指してまいります。

 今回の補正予算においては、地方負担を大幅に軽減するため、公立の小中学校への太陽光発電導入については、事業費の平均95%を国が負担し、残りのすべても、補正債でカバーすることで、地方公共団体の実質的負担は平均2.5%まで軽減されています。その他のエコ改修についても国の負担が平均93%、地方公共団体の実質的負担が平均3.35%まで軽減されています。 

今となっては悪名高き再生可能エネルギー 固定価格買取制度をやろうとしていたわけですね。
(参考→原発ムラを叩いたら脱原発ムラが出来たでござる

小池知事「知事の部屋」 / 記者会見(平成28年8月12日)

(抜粋)

 改革本部でありますけれども、私を本部長といたしまして、全庁横断型の都政改革本部を設置いたします。一定の課題に関しての実態調査と評価を行う。そして、その課題を整理して、改善策の立案につなげていく。各部局については、この本部会議で示された方向性に従って、政策や制度等を改正し、改善を実行していくようにしてまいります。

 本部におけます実態調査、評価において、都民ファーストの視点、客観的な第三者の視点を反映させるために、外部委員、これはいろいろな種類があります。特別顧問とか特別参与、顧問などあり、そこもまた整理をしてまいりますけれども、まず第一弾といたしまして、次のような方々を顧問としてお願いすることといたしました。上山信一さん、加毛修さん、小島敏郎さん、坂根義範さん、須田徹さんということで、それぞれ専門分野が異なっておりますが、改革本部で、また、そのほかの案件等でも、専門の知識、ご経験を教授していただくことになろうかと思います。

 ちなみに、小島敏郎さんは青山学院大学の教授でありますが、元環境省の地球環境審議官で、私の下で長年働き、水俣問題等、公害等に、これまでも長年取り組んでこられた方であり、まだ顧問の予定者ではありますけれども、この後の築地問題のヒアリングについてもご同席をいただこうと、このように考えております。

 そして、扱います課題でございますけれども、まずは、情報公開のあり方について。2番目に、オリンピック・パラリンピック等の計画、予算、準備体制など、これらを課題として取り組んでまいります。そしてまた、この両方そうなのですけれども、都が出資している法人についても、実態の調査、評価を対象にしてまいります。

 この全庁横断型の都政改革本部の方式、そして、都政の透明化を全庁的に根づかせた上で、安心・安全の「セーフ シティ」、全ての都民が活躍できる「ダイバーシティ」、それから、将来の成長戦略の「スマート シティ」、この推進につなげていく。その土台として改革本部という位置付けをご理解いただきたいと思います。これが、まず1点目のご報告であります。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2016/08/12.html

小島敏郎氏は現在東京都の「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の座長だが
小池氏の下で働いていた時から現在に至るまで何をしていたかというと

小島敏郎エネシフ2
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/7421

小島敏郎エネシフ首都圏反原発連合
https://www.youtube.com/watch?v=jSx4keA_8wU

小島敏郎固定買い取り制
http://diamond.jp/articles/-/16736

あのエネシフに参加して脱原発運動やって、再生可能エネルギー 固定価格買取制度を決めたと
今現在電気料金を上げて家計を圧迫している戦犯じゃねこの人?
制度設計にどの程度関わってるのか分からないけどね・・・
ドイツでも失敗と言われてるのに何をのうのうと表に出てくるかね?
(→ドイツの再生可能エネルギー法は失敗だったのか?

更に何と「オリーブの木」にも関わってるようなんだよ
オリーブの木といえば小沢一郎氏が一時言ってた
(→赤い「オリーブの木」 日本未来の党
小島敏郎エネシフオリーブの木
(このツイートはセミナーでの小島氏の発言の実況ツイート)

小池都知事はファクトが大事とおっしゃるんですけどね
こういう人物を引っ張り出してきて座長に据えた時点で
「豊洲移転はナシ」が結論ということ
少なくとも移転計画はハナからひっくり返す気だったということですよ
小島敏郎氏が思想信条<ファクトな人ならいいのだが・・(そうは思えないよね

おときた駿都議が豊洲移転賛成的な発信をしているが、
ファクトベースで考えていますよというアリバイでしかない。
馬鹿馬鹿しい。


【まとめ】
市場問題プロジェクトチーム(PT)小島敏郎座長
①小池氏の元で再生可能エネルギー 固定価格買取制度を進めようとした
②政権交代→民主党で同制度を推進
 エネシフ
 脱原発
③「オリーブの木」構想で日本未来の党に脱原発派集結
『脱原発派が総選挙前に結集-滋賀知事、「日本未来の党」結成』WSJ2012.11.28
http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-555130.html


オススメ動画
生田よしかつ氏のyoutubeチャンネル
【youtube】豊洲問題を斬る!山本一郎と激論! (リンクは再生リスト)

余談
小池都知事の掲げる「ダイバーシティ」(多様性)という言葉・・
LGBT運動や移民推進派がよく使う言葉ですね


【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。

小池知事「知事の部屋」/記者会見(平成29年2月10日)

(抜粋)
【記者】新都心新聞の喜田です。石原元都知事のヒアリングの件でお聞きしたいのですけれども、先日、石原元都知事は、小池都知事との差しであれば面談にいつでも応じるということをおっしゃっていました。小池都知事の方も、前からヒアリングをしたいということを申していたので、障害はないと思われます。したがって、やるとすれば早くやっていただく方が、今後、住民訴訟の進行協議のスケジュールを考えますと、4月27日までに対応を出すということになっていますので、その頃になると、石原元都知事の方も弁護士が入ってきて、自分の身を守るためのいろいろなことをお考えになるだろうと思うので、差しでお話をされるのであれば早い方がいいと思うのですが、2月中にやるお考えはございますか。

【知事】まず、公の、1対1でという話でございますけれども、今、別に私は直接申入れを受けてはおりません。2月中とか、何か先走っておっしゃっておられますけれども、それはこちらが判断することでございます。
それから、急にここへ来て動き出されて、何があったのかよく存じません。いろいろ、急に元気になられたり、急に弱気になられたりということがあるので、この後もどういう波になるのかよく分かりませんので、そこは見極めていきたいと思っております。
大変な住民訴訟を抱えておられるわけでございますから、それは日本一の弁護団をお組みになるのかどうなるのか、その辺のところはよく存じませんけれども、やはり都として何があったのかということは、しっかりとこれから、まず都議会の方での参考人招致ということをにらみながら進めていくことになろうかと思っております。

(リンク先に会見動画あり)
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/kishakaiken/2017/02/10.html

急に元気になられたり、急に弱気になられたり
先日、安倍首相の病気を揶揄した朝日新聞記者はツイートを削除して謝罪したが
→https://togetter.com/li/1080103
この発言も同様ではないのか?
脳梗塞後未だリハビリ中なのに、ポリティカリーにインコレクトでしょ。
石原元都知事に対してはPCは発動されないんですかね。
小池都知事はマスコミに守られていますね。

先走っておっしゃっておられますけれども
小池知事は抜粋部分の前に、環状二号線の未開通部分を工事車両に限って開放することについて述べているが、それはつまりオリンピック選手村建設に影響が出てしまったということ。
豊洲移転して、環状二号線開通して工事車両を通し選手村建設に邁進するはずだったのが、延期になったため予定が狂ったわけですね。

そして更に冒頭では豊洲移転延期に伴い50億円の市場業者への補償額を予算計上すると述べている。先走るなんてのんきなことを言ってられる立場ではないはずだ。

石原元都知事と何か遺恨があるのだろうが、都民ファーストはどこへ行ったのか。築地の業者は都民じゃないのか。

あまり知られてないようなので
20分くらいだから是非見て欲しい


【youtube】石原都知事定例会見2010年10月22日放送 

【知事】冒頭、築地市場の豊洲移転について申し上げます。築地市場についてでありますけども、議会の議論を踏まえて、豊洲移転を進めていくことを決断いたしました。

 築地市場の再整備が持ち上がったのは、今から25年以上前の鈴木都政の時代で、いわば、これは「昭和からの宿題」であります。かつて築地現在地での再整備が試みられましたが、頓挫して終わったわけで、その後、豊洲移転に活路を見出して、都は業界と議論を重ねて、議会にも必要な予算も認めてもらってきました。この4月からは、議会自ら現在地再整備を再検討してきましたが、その中で、現在地再整備には、全てが順調に進んでも十数年かかるという致命的な欠点が明らかになりました。にもかかわらず、議会としての結論がだらだら先送りされて、今後の展望が依然として示されておりません。議会が決めかねるならば、知事が歯車を大きく回すしかないと。それがリーダーとしての責任であると思います。

 築地市場を取り巻く厳しさは、政治の不決断を決して許さないと思います。築地市場は、僅かな震度の地震でも、屋根の一部が落下するまで老朽化しておりまして、かつ、お世辞にも、清潔とは言えないと思います。パリの新しい市場を見てみますと、競りにかかるような大事な商品というのは、番号を振って、ガラス越しに見えるようになっていて、今の築地でやっているみたいに、外気にさらされて、持ってきて、地面へ転がして、それ見て値段つけるみたいな、そういう原始的なことはやっていないんだ。そんなものを含めて、私は、新しい市場が、新しい機能で、安全に清潔に、運営されるべきだと思います。

 こういった時代遅れの施設では、産地や顧客のニーズへの対応もままなりませんし、市場整備が先に伸びれば伸びるほど、事業者はじり貧になると思います。遠い将来、どんな立派な施設を作っても、担い手がいなくては元も子もないわけでして、業界の大多数も豊洲移転を望んでおりまして、慎重な検討、丁寧な議論なる美名の下で、現場に先も見えぬまま待つ不安、焦燥、混乱を強い続けるわけにいかないと思います。

 首都圏3,300万人に対する生鮮食料品の安定供給や、食の安全・安心をより確保するための品質管理・衛生管理の高度化にも、老朽化した時代遅れの施設では限界があると思います。25年以上にわたるかつてからの経緯、都民・国民への生活への影響、財政面なども複合して考えまして、「昭和からの宿題」にこの辺で区切りをつけるべきだと思います。今後、豊洲移転に全力を挙げるつもりでおります。

 予定地の土壌汚染対策として、我が国を代表する学者の方々の英知も借りまして、既に借りているわけですけども、それを、実際に運用して土壌をきれいにする。日本の先端技術を活用した手法を、整えているわけでありますから、世界に誇る日本の先端技術というものを、それを開発した日本人が信用せずに、それを使わずにいるというのはこっけいな話でありまして、今後ともそういった技術を、万全に駆使しながら、土壌汚染含めて、新しい市場を立派につくるがために努力したいと思います。

 事業者が抱える移転についての課題の解決などのためにも、これは主に財政的な問題でしょうけれど、かつて大田市場をつくった時もそういう問題に対処しましたが、都議会には、共にこの知恵を出し合うことを呼び掛けていきたいと思っています。

 社会には様々な利害の衝突は当然あるわけでありますけれども、それを乗り越えて、未来を切り拓くためにこそ、政治に大きな力と責任が与えられていると思います。市場の問題も、何が肝心かを政治が認識すれば、自ずと着地点は定まると思います。首都を預かる知事として、現実に立脚し、複合的な発想を踏まえて、今回の決断をいたしました。

 都議会の皆さん、市場関係者の皆さん、都民・国民の皆さんのご理解とご協力を改めてお願いをする次第であります。詳細については、後ほど事務方から説明をさせますが、大体、今年度の市場の予算を含めて、現地再整備についての計画の検討を、さんざんしました。しかも、十数年かかる、金もかかるという結論が出ているわけで。

 それから、土壌汚染は深刻な問題ですけれども、日本の先端技術をもってすれば、克服できるという結論が出ているわけです。それに対して、科学的な論拠を構えての反論は一向に聞こえませんし、同時に、もう1つ、現地の業者とも、さんざん話し合ってきましたが、過半の要望は、一刻も早く豊洲に行ってほしいということでありまして、そういった附帯決議で、この予算が通ってきたんですから、そういうものを踏まえて議会は、色々議論の揺れもあったでしょう。市場に直接関係のない、政治力学も働いたようでありますけれども。

 いずれにしろ、事が時間的な限界まで来た今、これは日本の流通全体を考えても、築地は、今のままではとても立って行かないと思うし、先ほど言った、パリなどの、海からはるかに遠い、国土の真ん中にあるあの市場も、見事に、立派に再建されて、運営されていますから、そういった事例を、私たち、相対的に眺めながら、新しい流通の機構の要になる東京の市場の再建というものを果たしていきたいと思っております。

 メディアも、一部はこの問題で激しい対立を喜ぶかもしれないけれど、対立はさんざんしてきたし、いたずらな対立は、私は都民のために何の生産性もないと思いますので、これは議会が、この辺は割り切って、誰のためでもない、自分を選び出した、都民の利益というものを考えて、協力すべき時期に来ていると思います。

http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/ARC/20121031/KAIKEN/TEXT/2010/101022.htm
(長いので質疑応答部分は省略したがこれも是非見て欲しい)


「社会には様々な利害の衝突は当然あるわけでありますけれども、それを乗り越えて、未来を切り拓くためにこそ、政治に大きな力と責任が与えられている」


追記2017.2.20
石原慎太郎氏が四選に向けて都知事立候補した時に何て言ってたかというと

−築地市場移転・リスクのある豊洲移転にこだわる理由は?
今の築地は古すぎる、狭すぎる、危険、汚い。アスベストがたくさん使われている。震災で崩れたらえらいことになる。土壌汚染の対策にせよ、日本の土木技術は一番進んでいる。その技術を日本人が信じなくてどうする。一流の学者達に(土壌を)調べてらった。築地を残すことは国民、都の利益にはつながらない。
http://blogos.com/article/23625/?p=2

そもそも立候補した理由が東日本大震災時の民主党政権の対応のまずさであり、
ぐずぐずして犠牲者が出てはどうにもならない、予期せず震災はやってくるからやらねば、という意識があったのであろうと思われるし、実際えらいことになると思います。ハイ。



【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信しておりません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。
 

今まで大分我慢して黙っていたのですが

石原豊洲小池尖閣
小池百合子石原尖閣始末
小池百合子石原尖閣始末2

宙に浮いたのは石原元都知事のせいじゃないよね
民主党(当時)がそれまで何にもしなかったくせに横から出て来て国有化したからだよね
同様なことをおときた駿都議がブログに書いている

おときた尖閣負の遺産
http://otokitashun.com/blog/daily/12232/ (2016.8.6)

舛添前都知事の「都市外交」は税金を使ってるから非難されたんであって
尖閣寄附金は募金だから一緒にするな
外交・防衛は国の専権事項という批判はあり得るとして
(このへん言いたいことは山ほどあるが本筋じゃないので)

「悪名高き」
「負の遺産」
「失敗事例」
「後始末」
  ・
  ・
  ・
そうですか
寄附した人を敵に回したいのですね。分かりました。

小池百合子さん
あなたは石原元都知事と遺恨があって対立しているのかもしれませんが
石原元都知事とあなたと両方に票を入れた人だって沢山いるんですよ。
石原都政を徹底追及したいなら知事になるべきじゃなかった。

https://twitter.com/YES777777777/status/829357326263934977

例えば
朴槿恵大統領が結んだ日韓合意は次の大統領が破棄してよい
なんてことにならないのは明らかであるように
それまでの都政を背負うのが不服なら都知事にならなければよい。
(一切批判するな、一切変えるな、とは言ってないんで念のため)
誰も都知事になれと強要したわけじゃない。

じゃあ本当の負の遺産も当然見直すんだな。怠ってるみたいだけど。

東京都、朝鮮大学校への改善命令怠る 朝鮮総連系企業の債務肩代わりで不適正運営を認定するも…

朝鮮大学校グラウンド東京都


 東京都が、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関連企業の債務を肩代わりした朝鮮大学校(東京都小平市)の不適正な運営を認定したのにもかかわらず、私立学校法に基づく改善命令を怠っていたことが10日、分かった。朝鮮総連関係者と都私学行政課が明らかにした。同校の土地が朝鮮総連関連企業の債務として担保提供されたため、都は認可基準に違反していると断定したが、土地の売却益が関連企業の債務返済に充てられると「違反はない」と一転。同校に配慮した対応を取り続けている。

 関係者によると、都私学行政課は朝鮮大学校を設置・運営する学校法人「東京朝鮮学園」(東京都北区)が、大学校のグラウンドを都内の朝鮮総連系物販企業の債務のため担保に入れていた事実を平成25年9月ごろまでには把握。都私学行政課は同月、担保提供を都の準学校法人設立認可基準などの内規に違反していると判断し、学園に抵当権の抹消を求めた。

 これに対し、学園は26年までに、小平市にあるグラウンドを分割して売却。売却益のほとんどを物販企業の債務返済用に使った。

 都私学行政課は物販企業の借金を学園が事実上、肩代わりして債務を弁済したことを「不適正」として問題視。直近では27年11月、学園に対し、肩代わりした債務の返済を物販企業に求めるよう要請した。都私学行政課は10日現在、学園側から返済の報告を待っている状態で「再要請は行わない」としている。

 ただ、私立学校法では「所轄庁は、学校法人の運営が著しく適正を欠くと認めるとき改善を命ずることができる」と規定。都私学行政課は産経新聞の取材に対し、改善命令の適否について「グラウンドは売却されたので今は認可基準に違反していない。物販企業が朝鮮大学校に負債分を返済していない状態は適切であるとはいえないが、著しく適正を欠くとはいえないので命令しない」と主張している。

 大学校は10日の産経新聞の電話取材に対し「担当者が席を外している」としている。

 都は25年の「朝鮮学校調査報告書」では、学園について「朝鮮総連関係団体に経済的便宜を図るなど、準学校法人として不適正な財産の管理・運用を行っている」と断定。一方で都が昭和43年、各種学校として認可した大学校では固定資産税が免除された。以降、約半世紀にわたりさまざまな税制上の優遇措置を享受し続けている。

【用語解説】朝鮮大学校
 昭和31年、2年制として東京都北区の東京朝鮮中高級学校内で創立。昭和43年、東京都の美濃部亮吉知事(当時)が各種学校として認可し、平成15年には政治経済、理工など8学部制に移行した。私立学校法の適用校に位置づけられ、認可した東京都に改善命令を実施する権限がある。平成27年度の在校生は約600人。

【用語解説】東京都の朝鮮学校調査報告書
 東京都が都内の朝鮮大学校と、朝鮮学校11校を設置・運営していた東京朝鮮学園の教育や財務を平成23年12月から25年10月まで調査。同年11月、「朝鮮学校は、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)と密接な関係にあり、教育や学校運営について強い影響を受ける状況にある」と認定した。
産経ニュース2017.2.10
http://www.sankei.com/politics/news/170210/plt1702100023-n1.html

「朝鮮大学校の認可を再検討」は口だけですか
→http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160912/plt1609121140001-n1.htm
石原ガー言ってる場合じゃない

北朝鮮ミサイル2017213
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170213-00000050-nnn-int

参考
tag:美濃部亮吉 朝鮮大学校認可したのは美濃部亮吉
石原都知事と尖閣諸島2 
北朝鮮に不正輸出の疑いで社長逮捕、総連傘下を家宅捜索 東京都の朝鮮学校報告書



【コメント頂いてる皆さまへ】
事情があって返信する余裕がないです。
大変申し訳ありませんm(__)m
頂いたコメントは読んでおります。 

このページのトップヘ