【社説】河村市長発言 なぜ素直に撤回しない

 名古屋市長は「南京事件はなかった」との発言を撤回せず、訪問団にも非礼ではなかったとの考えを、きのう述べた。率直な議論で「ノドのトゲを抜こう」と主張するが、その土台は一体あるのか。 

 河村たかし市長は会見で「いわゆる南京事件はなかったのではないか」という発言が「南京大虐殺はなかったという持論を展開」と報道され、「南京では何もなかった」と誤解されたと釈明した。 

 市長は「象徴的に三十万人とされるような組織的大虐殺はなかったとの趣旨」と説明。「友好団に面と向かって三十万人の大虐殺と申し上げるのは言葉がいかにも残虐なので、あえていわゆる南京事件と申し上げた」と釈明した。 

 当初の発言は、市長が南京大虐殺はなかったと公にしたと受け止められる言葉である。報道により南京市民の誤解を招いたというのは、とんでもない責任転嫁だ。 

 南京で虐殺がなかったという研究者はほとんどいない。日中歴史共同研究の日本側論文も「集団的、個別的な虐殺事件が発生し」と明記する。市長自身「非戦闘員の殺害はあっただろう」と認めており、日中で隔たりがある被害者数を問題にする意図であったのなら、そう明言すべきであった。 

 市長は共同研究を「学者の個人的見解」と批判するが、国や政治レベルで埋まらぬ歴史認識の溝を、少しでも客観的に埋めようとの知恵であった。中国主張の「三十万人」を市長が真っ向から否定しては、南京市側は率直な議論のテーブルにはつけぬだろう。 

 敏感な問題でも、政治家が主義主張を掲げるのは結構だ。だが、首長は政治家であるとともに自治体のリーダーでもある。歴史的な米中、日中国交正常化の扉を開いたピンポン外交の舞台である名古屋のトップの公式発言としては不適切だった。日中四十周年の記念すべき年に、友好都市が公の交流を停止し、記念行事や経済活動にも影を落とす。苦しい釈明ではなく、素直に撤回できないものか。 

 昨年春、南京市の公園で日中の百人以上が友好の桜を植えた。南京出身で十五年以上も名古屋に住む韓金龍さんが中心となり、過去五年で千本余を植えた。韓さんは「手を携えて桜を守り、友情の証しにしたい」と話した。 

 「公の交流停止」と言う南京市のシグナルを、敏感に受け止めてほしい。民の交流の根は深く、広い。民の交流を支えてこその市長であろう。 東京新聞2012.2.28
記事リンク切れのためこちらから引用
http://logsoku.com/thread/awabi.2ch.net/news4plus/1330429683/ 
参考  河村たかし名古屋市長の南京事件発言騒動  日本が失ったもの  

引用元は東京新聞だが中日新聞も同じ記事を載せた
(東京新聞は中日新聞東京本社が発行→【wiki】中日新聞 )


【youtube】河村発言支持!⑮ 西村幸祐 地元中日新聞の記事は本当に酷いレベル 
いや本当に酷いレベルです全く同感

それで立ち上げた活動【HP】河村発言を支持し「南京」の真実を究明する国民運動 

ところが意見広告が突然中止となってしまったのは以前書いた通り
詐翼はダブスタが基本です 

【youtube】【中日新聞】言論封殺、社論に合わぬと南京広告を拒絶[桜H24/5/4] 


【youtube】【藤岡信勝】中日新聞「南京意見広告掲載拒否事件」のその後[桜H24/6/6] 

中日新聞が過去に掲載した意見広告
九条の会意見広告中日新聞
これは社説に合致してる訳ですね

二つめの動画冒頭に出てくる西村幸祐氏の持っていた意見広告
市民意見広告運動
これは朝日新聞(全国版)・東京新聞(東京)・琉球新報(沖縄)に掲載された
大事なことなのでもう一度
東京新聞は中日新聞東京本社が発行してる

意見広告とは誰の意見なんですか?