【youtube】2012年8月24日 石原知事定例会見 
 26:00頃から
石原都知事「支那も韓国ものぼせてますけどね、日本がドル注入して助けてやるって約束してるんだろ?極めて近い将来その事態が迫りつつあるっていうのに彼らはそれをどういう心構えでいるのかね。えらそうなこと言ってるけどね、サムスンなんか東芝のスタッフを全部10倍くらいの給料で引き抜いて、東芝が一端あきらめた半導体プロジェクトをやったんですよ。丁度TVの報道でやってた。(サムスンに行こうか)迷ってる技術者が先輩に相談の電話した。「君の人生の問題。行くもよし、行かないもよし、ただ君が日本の東芝から最高技術を持ってサムスンのために仕事して給料何倍になるか知らんけど君は日本の友達をなくすことになるぞ」と。その人は今東北大学の研究室の主任教授してます。」

「韓国はね、UAEに原発売りこんだ。UAEはフランスのテリトリでフランスが仰天してだね、新聞でも大騒ぎになってナポレオンがウエリントンでワーテルローで負けたような屈辱だと言った。なぜこれを日本が問題にしないかと言うと東芝の西田会長とメシ食った時に彼が笑って、原発先進国は世界中でバッティングしますと。世界中の発展途上国が原発を希求してる時にいちいち競争になるから棲み分けしてUAEはフランスのマーケットになった。そこに韓国が目をつけて西田会長に懇願して「UAEに進出するから東芝はサポートして欲しい」と。韓国の原発はウェスティングハウスですから、あれは東芝が買収して完全に日本の技術体系になってる。それで韓国の原発は動いているんですよ。UAEに何か問題あって日本がバックアップしなかったら韓国はどこ行っても通用しない。西田が私に言ったんだから間違いない。

それを何のぼせたか大統領てめえの兄貴が収賄で捕まってこれから自分も危ないんじゃないの。韓国の大統領は終わった後逮捕されてるじゃない。こんな国滅多にないよね(笑)今度の選挙に有利なようにやったんでしょうけどね、日本に退路断たれたらどうすんですか。なのにああいうバカなことするってのは外交感覚欠落してるね。以前評価したこともあるけど、大統領の器じゃなかった。日本の元首に対する侮蔑っていうのはね..。」

フランスのテリトリにズカズカ入って行ったのか....それは知らなかった

このUAEの原発は面白いので以前から追っていた
大まかな経緯(2chコピペ)
1.日本、フランス、韓国がUAEの原発建設に名乗りを上げる
2.原発を建設した実績も技術もない韓国がなぜか受注に成功  
3.韓国人歓喜、受注した日を「原子力の日」に制定する    
4.UAEの高官に韓国が極めて異例な60年保証をしたことをばらされる
5.韓国政府は必死に否定するも世界中に知れ渡る
6.他国の受注競争でも60年保証を求められ韓国涙目
7.UAE原発受注から1年経つも一向に受注の実績をあげられず。一方日本は順調に受注に成功
8.韓国側が譲歩しまくりの破格の条件でUAEの原発受注に成功していたことが暴露される

「原子力の日」があまりにバカバカしいのでコピペにありがちなデマかと思ったら本当だった

【wiki】原子力の日
 
大韓民国の「原子力の日」は毎年12月27日。正式名称は「原子力の安全及び振興の日 」。2009年12月27日、アラブ首長国連邦(UAE)からの原子力発電所建設工事を受注したこと記念して、その二日後の2009年12月29日、李明博韓国政府は12月27日を「原子力の日」に指定する検討を開始、知識経済部は、2010年10月15日、行政安全部に関連する公文書を発送、12月2日、省庁間の協議に入った。12月27日の第一回記念式典を前に12月21日、「原子力の日制定案」が国務会議を通過し制定された。

 2010年12月27日の第一回「原子力の日」記念式典ではUAEの原発輸出の功労により、コ・ジュンミョン前韓国電力理事ら5人が金塔産業勲章を、ハン・ピルスン前韓国原子力研究院院長は、原子炉技術の自立を達成した功労で科学技術勲章創造章を、韓国電力公社、斗山重工業、現代建設など3機関は大統領機関表彰を授章したほか、計207の人、機関が表彰された。
27アブダビ
李明博大統領・UAEハリファ大統領
 
インフラ輸出、日本は本当に負けたのか
無謀な受注こそ「敗北」
破格の超長期保証で受注した韓国

 韓国企業連合が受注したアラブ首長国連邦(UAE)での原子力発電所プロジェクトはその1つ。2009年末に実施された入札では日本、フランス、韓国の企業連合が参加、日仏の一騎打ちという下馬評をよそに韓国企業連合が落札した。これをきっかけに、官民が連携してインフラ輸出を図らなければならないという国内世論が急速に高まった。日本勢にとってはいわくつきの案件だ。

 「UAEの原発プロジェクト入札前後で韓国勢の様子が違う」と日本の原発関係者は言う。トルコが黒海沿岸のシノプで建設を予定している原発プロジェクトは当初、韓国企業連合が受注するべく交渉が進められていたが暗礁に乗り上げた。その後、トルコ政府は交渉相手を「オールジャパン」に切り替えた。

 さらに韓国勢はヨルダンで予定されている原発プロジェクトへの参加も断念。「UAEを取った時の勢いがない」(同)。

 UAEプロジェクトの入札価格は日仏の各320億ドルに対し、韓国勢は200億ドルだったと言われる。1兆円近い安値を提案したことに加え60年間にわたって原発の運転を保証するという条件が韓国勢落札の決め手になったと言われる。だが、ここにきて「破格の条件を提示し過ぎたとの思いから、トルコやヨルダンでは慎重な姿勢を保つようにしているのではないか」と大手プラントメーカー幹部は分析する。

 原発関係者が「特に破格」というのが60年間という運転保証だ。原発の実用炉を世界で初めて完成させたのは1954年の旧ソ連と言われる。もっとも現在、世界の主流である軽水炉型原発となるとやや時代が下り、加圧水型(PWR)は1957年、沸騰水型(BWR)は1960年がそれぞれ運転開始の年。ちなみに日本は1963年に茨城県東海村で発電したのが最初だ。

 つまり世界中の原発で60年間運転し続けたプラントはない。その後の技術の進展を勘案したとしても、60年という保証期間中に原発プラントを更新する可能性すらあるわけで、冷静に考えれば韓国勢はUAEにかなり思い切った長期保証を約束してしまったと言える。

 「UAEでは確かに韓国勢が受注した。しかし破格の条件だったこと、その後のトルコやヨルダンでは日本勢が交渉を有利に進めていることを考えると、『UAEで日本勢は負けた』と言われるのはどうも納得が出来ない。総合的に見れば勝っているのではないか」(電力会社幹部)秋場大輔  日経ビジネス2011.2.9
UAE原発に関する部分のみ引用
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110207/218330/?P=1  

何だか日経らしからぬ記事だが
しかもこんな話もある

UAEに100億ドルの原発輸出金融支援…裏契約?

 崔重卿(チェ・ジュンギョン)知識経済部(知経部)長官は31日、「アラブ首長国連邦(UAE)に原子力発電所を輸出する際、最大100億ドル規模の輸出金融を支援することにした」と明らかにした。
 崔長官はこの日、京幾道盆唐(キョンギド・ブンダン)の半導体企業を訪問した際、記者らにこのように述べ、「最初に入札する時から条件として出していた内容で、裏契約ではない」と強調した。 知経部と韓国電力公社によると、09年に韓電がUAEと原発輸出契約を締結し、100億ドルの範囲内で輸出金融を支援することに口頭で合意したという。輸出される原発は1400MW級4基で、工事費だけで200億ドルにのぼる。 韓電UAE原発事業団のペ・ウォンハク・チーム長は「プラントや船舶のように原発も輸出する時、発注者に輸出金融を提供するのが国際慣例であり、米国(EX-IM)と日本(JBIC)の輸出金融機関も自国のプラント輸出のためにそうしている」と説明した。

 問題は、資金支援条件が本契約書には明示されていなかった点だ。さらに政府は受注当時、輸出金融支援を公開しなかった。このため一部からは裏契約だという指摘が出ている。

 これに関し崔長官は「金額や金利などの条件がまだ決まっていなかったため」とし「どこの国も輸出金融の細部条件は公開していない」と説明した。また格付けが高いUAEに金融支援をする場合、金利が低くなるため逆マージンが生じるという主張に対しても、「輸出金融は経済協力開発機構(OECD)で定めたガイドライン以下で提供できないので、逆マージンが発生することはない」と述べた。 知経部と企画財政部によると、今回の原発輸出に対する輸出金融は輸出入銀行が引き受ける予定で、政府は輸出銀行が国際金融市場から低金利で調達できるよう今後10年間、毎年1000億ウォン(約75億円)ずつ増資する案を推進している。中央日報2011.2.1
http://japanese.joins.com/article/144/137144.html 

一応これに関しては否定するようなしないような記事が出ているが何せ結論が

今はUAE原発の受注をめぐってこうした消耗的な論争をするよりも、競争国との受注競争で勝つために民官が力を合わせ、最善の資金調達方法を確保するのに力を集中しなければならない時だ。
 【中央日報】UAE原発金融は「裏契約」でなく「競争力」(2) 
誤魔化してないか?

ベトナム、トルコの原発はどうなったんだろう
菅元首相自ら民主党HPに書いていたのに
菅ベトナム原発民主党HP
国民の多くが民主党政権に期待していたと思うのですが……
「『この日本の閉塞状態をなんとか打ち破ってもらいたい』という国民の素直な気持ちが、1年半前の政権交代につながったと思っています。それから1年半が経って、みなさんから見ると、『日本を大きく変えてくれると期待して民主党に政権を取らせたのに、それほど大きな変化はないじゃないか』という気持ちはかなり大きいと思います。

ちょうどリーマンショックの後に政権交代がありました。非常に経済が落ち込んだときでした。それから比べて、だんだんと経済は立ち直りはじめています。たとえば失業率も一時期は5.5%くらいまで落ち込みましたが、最近の数字では4.9%くらいまで戻りました。そういう意味では、まずは経済を安定化し、いよいよ今度は経済を成長させる段階です。たとえばわたしはベトナムに行って、日本ではじめて原子力発電所を海外に売り込むことに成功しました。よく見てもらえば、この1年半で、経済の面で確実な前進を遂げています。

あとは何といっても、社会保障と税制の問題を解決しなければなりません。これは簡単ではありません。社会保障と税制の一体改革。それから経済連携と農業の改革。これまでの自民党中心の政権では、すべて先送りされてきました。これについて、勇気をもって取り組まなければいけない。わたしはこれが、民主党の、歴史的な役割だと思っています」民主党HP2011.2.20
(やはり急に脱原発に宗旨替えしたと見て間違いないだろう→脱原発デモのゴールはどこ?


韓国の原発は地震も津波もないのに事故ばかりですが
一体どうするつもりなんでしょう

続報 トルコと原子力協定締結 

追記2014.1.4
大変よくできた動画発見

【youtube】【ウリナラ原発】UAE原発受注問題の今  

クソワロタ