反日はどこからくるの

反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。

2012年10月


【youtube】2/3【討論!】危ない!人権救済法案の行方[桜H24/10/20]

村田春樹氏「平成19年秋に全ての差別を撤廃云々という外務省の公聴会に出席したんです。その場にいた敵の人達が録音してたらしくて私の発言を東京法務局に人権侵害ありと訴え出たんですね。それを東京法務局が採用しまして私のうちにこういうものが送られてきてびっくりしちゃったんですけども、東京法務局の人権擁護部に出頭を命じられて、向こうさんは課長と係長とが来て、どういう話をされたんですかと聞かれたんで、私は日本には人種差別はありませんよと。もし差別があるとしたら特別永住と一般永住と随分差があると。そういう話をしたら向こうさんは訴えた通りだなと。で、やりとりの後、結論を言いますと。
Tさんというこれ有名な人権活動家なんですよ。女性なんですけど。と在日の女性を含む4名の方が、村田さんの以下に述べる3つの発言が著しく人権侵犯にあたるという申告がありました。

まず、1点。在日韓国朝鮮人が経済的理由により日本に来たという発言は人権侵害にあたると。これについて村田さんはどう思われますかと。私は、これは真実であって差別でも何でもない。そもそも経済的理由でなかったらなぜ日本にいるんですか。観光ですか。それにしては随分滞在が長いですね。Tさん達にそう言って下さい。100回でも200回でも同じことを言いますからと。

2点め。そもそも日韓両国政府で特別永住権を取り決めたことは間違いという発言は著しく差別を助長し、人権を侵害すると彼らは申告しています。

3点め。 村田さんの発言で特別永住者は一般永住者と比較して著しい特権を有しているという発言は人権を侵害している。」

人権擁護法案(→人権侵害救済法案→人権委員会設置法案)が通る前からこんな状態とは恐ろしい
通ったら完全に言論の自由はなくなる
動画の中でも
「卒業式で君が代を歌うかどうか事前に説明をしなかったから人権侵害と訴えられている」という校長先生のエピソードが出てくる

人権擁護法案
この記事はコラなのだが本当にこんなことが起きかねない
というか実際に起きているとは

この日本において最も人権が侵害されている事案
「私が差別と感じたから差別」などというレベルではなく
本当に基本的人権も守られない事案

それは北朝鮮による拉致ではないのか....?

人権救済法案 強引な閣議決定おかしい

 野田佳彦政権は、新たな人権侵害や言論統制を招きかねないとの批判が出ていた人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省外局として設置する法案を閣議決定した。

 今回の閣議決定は不可解な部分が少なくない。藤村修官房長官は「政府として人権擁護の問題に積極的に取り組む姿勢を示す必要がある。次期国会提出を前提に、法案内容を確認する閣議決定だ」と強調した。

 だが、国会提出時には再度、閣議決定を経る必要がある。人権救済法成立に前のめりな党内グループに過度に配慮しただけではないのか。同法案に慎重な松原仁国家公安委員長の外遊中を狙った節もあり、疑念がつきまとう。

 人権委員会は政府から独立した「三条委員会」で、公正取引委員会と同様の強大な権限を持つ。調査の結果、人権侵害と認められると告発や調停、仲裁などの措置が取られる。

 最大の問題は、人権侵害の定義が相変わらず曖昧なことだ。「特定の者」の「人権」を「侵害する行為」で憲法違反や違法行為を対象とするというが、これでは何も定義していないに等しい。恣意(しい)的な解釈を許し、言論統制や萎縮、密告による新たな人権侵害を招きかねない。

 こうした法案への疑念や危惧、抵抗感は国民は無論、与党や閣内にも根強い。にもかかわらず、いま行われている民主党代表選、自民党総裁選で、この問題が問われていないのは重大な欠落だ。

 閣議決定に対し、自民党の林芳正政調会長代理は「なぜ、この時期なのか」と政府の意図に疑問を投げた。安倍晋三元首相も法案に対し「大切な言論の自由の弾圧につながる」と指摘した。石破茂前政調会長は以前、法案に反対としながらも、救済組織の必要性は認めていた。

 政府・与党は先の通常国会終盤にも法案提出に意欲を示したが、批判を受けて見送ったばかりだ。国論が二分している法案を閣議決定して既成事実化するやり方は、到底適切な手続きといえない。

 自民党内にも人権法案に前向きな意見もあるが、言論統制とは無縁の自由な社会を維持するために果たしてこの種の法案が必要なのか。民主、自民両党首選の立候補者は少なくともこの問題への立場を鮮明にし、国民的な議論を積み重ねてもらいたい。産経新聞2012.9.20
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120920/plc12092003160006-n1.htm

自民党内の前向きな議員→二階俊博、古賀誠
人権擁護法案推進の二階俊博議員

 
松原担当相、事実上の更迭 問われる拉致への本気度

 松原仁前拉致問題担当相が在任わずか9カ月で退任した。人権救済機関設置法案の閣議決定に慎重姿勢をみせるなど保守色が強く、閣僚の足並みの乱れを懸念する野田佳彦首相が事実上の“更迭”に踏み切った形。拉致被害者の家族会の信頼も厚い松原氏の退場で拉致問題解決に向けた首相の本気度が問われそうだ。

 「拉致被害者の救出に至っておらず、申し訳ない思いでいっぱいだ」

 松原氏は記者会見で悔しさをにじませたが、交代の予兆はあった。

 8月に4年ぶりの日朝政府間協議が再開されると、外務省は拉致問題の議題化の交換条件として北朝鮮に対する制裁解除の検討を始めた。これに対し松原氏は制裁強化の立場を崩さず、更迭論が浮上。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の会合に参加したことのある民主党議員の起用案も取り沙汰された

 政府高官は「松原氏の退任で北朝鮮問題は外務省主導が強まる」と話す。

 首相は後任の田中慶秋氏について「拉致問題に長年取り組んできた」と強調した。田中氏が民主党拉致問題対策特別部会の副本部長などを務めてきたことを指すが、「松原氏に比べれば拉致問題での存在感は希薄だった」(政府関係者)との声もある。

 田中氏は法相兼務。別の高官は「対北朝鮮外交でも人権重視で遺骨問題に引きずりこまれ、拉致が置き去りにされることがあってはならない」とクギを刺した。(楠城泰介)産経新聞2012.10.1 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121001/plc12100123560034-n1.htm 

拉致担当相を更迭してまで通したい人権救済機関設置法案
最も救わなければいけない人達を黙殺しておきながら誰を救う法案なのか

部落解放同盟・人権侵害救済法案


NCC部落解放同盟HPキャプチャ
日本基督教団・部落解放センター
日本キリスト教協議会HPキャプチャ

そしてもう一つの人権侵害事案
それは従軍慰安婦問題
従軍慰安婦問題を捏造したせいで日本人は強姦魔の子孫という汚名を着せられる羽目となった
wsj慰安婦関連広告
やより賞キャプチャ

人権を訴えながら拉致問題を隠蔽
どころか慰安婦問題まで捏造
これらの人権団体に同調する者たちは
綺麗事を言うその手がどんなに汚れているか自覚のない加害者
つまり人権侵害者達である

法人税率20%に引き下げ 維新国会議員団の公約素案

 日本維新の会の国会議員団が次期衆院選に向けて作成した公約素案の内容が26日分かった。経済分野では法人実効税率を現在の約35%から20%に引き下げるほか、日銀が100兆円規模の経済復興基金を設けることなどが柱。石原慎太郎氏が設立する新党との連携も視野に、外国軍の駐留撤廃など保守色の強い政策も盛り込んだ。

 維新代表の橋下徹大阪市長は26日、公約素案について「国会議員団側のたたき台ですりあわせもしていない。表現に稚拙な部分もあり、これから激論する」と述べ、今後、内容を修正する可能性を示唆した。

 維新は党綱領「維新八策」の基本理念に「個人、地域、国家の自立」を掲げるが、素案は「日本の歴史と伝統を尊重する」を追加、保守色を鮮明にした。外国軍の駐留撤廃は終戦から100年目の「2045年を目標にする」とした。

 医療費自己負担では現在75歳以上が1割、70~74歳が法定の2割の負担割合を「20歳以上は一律3割にする」と明記。首相公選制での首相任期を4年とし、閣僚の過半数を国会議員と定めた憲法の規定の撤廃も盛った。各省庁の幹部は「年俸制の政治任用」とし、キャリア官僚には「40歳定年制」を設けるという。

 農協への独占禁止法適用除外の廃止や、弁護士や医師の業務独占規制の原則撤廃など各分野で新規参入を促進。パチンコの換金を違法化し公営企業に転換させるなど、議論を呼びそうな項目も盛った。日経新聞2012.10.26
http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2600J_W2A021C1EB1000/ 

維新の会には元観光庁長官・溝畑宏氏(元大分トリニータ社長・スポンサーにマルハン)がついているのでやっぱり来たかと
【Warning!】維新の会は第二民主党 
障害者差別解消法≒人権擁護法案キタ(゚Д゚;)!2
韓流といえば詐欺 
マルハンのハン=恨


カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討

 カジノ合法化法案の成立を目指し14日に発足する超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」は13日、警察の裁量で換金が事実上認められているパチンコについてもカジノ法案と同じ仕組みで立法化していく方針も固めた。カジノを合法化すれば「パチンコは賭博ではないのか」との議論が起こりそうなため、パチンコによる換金も行政の監視下で合法化させるのが目的だ。

 カジノ法案では、カジノについて、国や地方公共団体が運営を厳格に管理、監督することを定めることで、刑法が禁じる賭博の「例外」扱いにする。民主党の案では、地方公共団体の申請を受けた国がカジノエンターテインメント(特定複合観光施設)区域を指定。地方公共団体は、運営する民間事業者を公募・選定し、警察と協力して違法行為の摘発、監視も行う。

 一方、パチンコは現在、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」で「遊技場」と位置づけられ、獲得賞球は、日用品などに交換することになっている。しかし、金地金などの特殊景品に交換し、外部の景品交換所で現金化されることが多い。現金化は「事実上の賭博」にあたるものの、警察が裁量で「黙認」しているのが実態だ。

 パチンコ業界は客離れの加速とともに、ギャンブル性の高い遊技機の導入が増え、「庶民の娯楽からかけ離れつつある」との指摘もある。これを踏まえ、議連はパチンコも国や地方公共団体が管理、監督し、「健全な庶民の娯楽の場」として再生を図りたい考えだ。産経新聞2010.4.14 
記事期限切れのため引用はこちらから
http://urabaito11.blog121.fc2.com/blog-entry-310.html 

個人的にパチンコ換金合法化は現状よりはマシと言えるしカジノについても必ずしも反対ではないのだが
これが朝鮮半島への資金流出に繋がらない方向に行ってもらわないと困る


パチンコ 合法換金狙い
山岡消費者担当相ら助言役
大門氏が追及

 パチンコ業界団体の「政治分野アドバイザー」として山岡賢次消費者担当相はじめ多くの国会議員が名を連ね、パチンコ玉の換金の合法化などを支援していることが明らかになりました。日本共産党の大門実紀史議員が28日の参院消費者特別委員会でとりあげました。

 この業界団体は、パチンコ・チェーンストア協会。「政治分野アドバイザー」として民主38人、自民10人、公明3人など54人の国会議員が参加。パチンコ業界が掲げる換金の合法化や株式公開を支援するアドバイザーとされています。

 大門氏は、パチンコはギャンブル性が高く、「ギャンブル依存症」や多重債務者をつくり出すなど社会問題になっており、「合法化されれば、子どもの教育や地域環境に計り知れない影響がでる」と強調。多重債務をなくすのが消費者庁の役割であり、警察庁の方針も合法化反対であることを示し、「消費者担当大臣と国家公安委員長の両方と矛盾するのが『政治分野アドバイザー』だ」と批判しました。山岡担当相は「ただちにやめさせていただく」と答弁しました。

 大門氏は、パチンコ店が直接行うことが禁止されている換金を合法化し、株式上場による、ばく大な「創業者利益金」をねらっていることを指摘。民主党などへの働きかけを行っているとのべました。

 同氏の調べでは、民主党本部に対して、パチンコ大手の三共、ダイナム、ニラクなどが2005~08年の4年間だけでも544万円のパーティー券を購入。海江田万里元経産相は、分かっているだけで05年以降パチンコ業界から220万円の献金を受け取っています。

 大門氏は「韓国では政治家が決断してパチンコを全廃したのに、日本では政治家が先頭に立って合法化・拡大しようとしている」と指摘しました。しんぶん赤旗2011.10.29
パチンコ業界民主党パーティー券購入
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-29/2011102901_04_1.html 

そこで出てくるのがマルハン
既に2007年にマカオのカジノに参入している
パチンコ=朝鮮半島献金 

反天皇制連絡会(反天連)8.15デモの出発地 在日本韓国YMCA
韓国YMCA100周年


北朝鮮労働党39号室、ヒロポン工場・アヘン農場で外貨稼ぎ
 先月30日(現地時間)に発表された米国の新しい対北制裁対象には北朝鮮労働党と人民武力部関連8の機関及び4人の個人が含まれた。このうち3機関と1人は在来式武器及びぜいたく品購入などに対する対北制裁行政命令によって指定された。特に金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の機密費を管理する北朝鮮労働党39号室と天安艦事件を主導したと疑惑を受ける人民武力部傘下偵察総局が指定されたことは象徴的意味が大きい。金正日国防委員長の統治資金を直接狙って天安艦事件責任を国際社会に確かに知らせる側面があるわけだ。 

 これについて、米財務部はこの日、北朝鮮の不法活動を証明する具体的事例も明らかにした。労働党39号室の場合、スーパーノート(100ドル偽装紙幤)の制作、麻薬取引などの産室だったということだ。これと別に米国務省は39号室が平安南道(ピョンアンナムド)サンウォンでメタンフェタミン(別名ヒロポン)を生産し、、咸境(ハムギョン)道と平安北(ピョンアンプク)道にアヘン農場を運営し、咸興と羅津(ナジン)でアヘンとヘロインを生産していると指摘した。また昨年には1500万ドルに達するイタリア製超豪華ヨット2台を購入し、北朝鮮に送ろうとしたが摘発されたことがあって、マカオのバンコデルタアジア(BDA)を通じてマネーロンダリングを企てたと明らかにした。39号室はテソン銀行・高麗(コリョ)銀行など北朝鮮の主要銀行を保有しているほか、文川(ムンチョン)金剛製錬所など主要企業100社も経営しているという。 

 武器輸出会社青松(チョンソン)連合と金英徹(キム・ヨンチョル)偵察総局長も天安艦事件の背後だと指定される機関と人物だ。青松連合は2007年国連の制裁を受けた朝鮮鉱業開発貿易の代替のために設立された。天安艦攻撃魚雷であるCHT-02Dを輸出した武器輸出会社として知られている。国務省は偵察総局が統制する青松連合は北朝鮮が海外に輸出する在来式武器総取引量の半分以上を担当していると説明した。制裁対象になった金英徹偵察総局長は2008年南側の陸路出入り制限を主導した北朝鮮軍部の代表的鷹派だ。2006~2007年、南北将軍級会談北側団長を引き受けた時「北方限界線(NLL)は強盗が引いた線」という暴言を吐いた。中央日報2010.9.1
http://japanese.joins.com/article/638/132638.html?servcode=500&sectcode=500 

私は韓流はマネーロンダリングに使われているのではないかという疑惑を持っている
お洗濯 

カジノ議連、パチンコ・チェーンストア協会政治分野アドバイザーの動きにも注意するべきだろう

パチンコはなぜ悪か

参考 パチンコマネーという毒を飲んだ小林よしのり 

パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザー
パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザー1
パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザー2
パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザー3
http://www.pcsa.jp/member.htm 

続き
韓流といえば詐欺 
民団オリンピック招致応援の思惑  

E4AKorea: Several charged in city-wide Asian prostitution ring

Following an undercover NYPD sting, several people are facing charges in an extensive members-only Asian prostitution ring that officers traced through online reviews.
The Manhattan district attorney's office charged William Thomas, 42, of Fort Greene, with promoting prostitution after he allegedly set up a visit Oct. 11 with Japanese hookers for an undercover cop. 

Thomas is accused of operating an extensive prostitution business with two websites dedicated to promoting sex services from a slew of Japanese and Korean women, according to the Manhattan D.A.

Customers allegedly visited prostitutes at locations all over Manhattan, on Maiden Lane, East 50th Street, West 36th Street and East 58th Street.

According to the criminal complaint, Thomas' websites, E4AKorea.com and E4ANYC.com, featured photos of scantily clad or nude women and a price list which ranged from $200 to $300 per hour and from $180 to $200 per half hour. 

The website E4AKorea.com included a link to The Erotic Review, or TER — a website where patrons of prostitutes shared and reviewed their experiences. The links led to profiles for women named "Cindy" and "Olivia" who operated out of a Midtown location, according to several reviews.

According to the Manhattan DA.'s office, the undercover officer became a member of the "E4AKorea private men’s club" and met with Thomas to arrange a session with one of the women featured on the website. Thomas allegedly got into the officer's car at Sixth Avenue at 36th Street before he was directed to 238 East 50th Street. There, the officer said he was shown several women, including one who said she would engage in sex with a condom. 

That woman, identified as 28-year-old Jung Lee, was arrested and charged with prostitution and promoting prostitution. 

Another woman, 38-year-old Rei Spain was also charged with promoting prostitution after she told the undercover officer "the Japanese girls don’t do full service, only massage and 'happy ending' for $100 plus $40 tip," according to the complaint. 

Thomas will next appear in court Dec. 13. He could a face of maximum of seven years in prison.
(omitted the rest) 
metro.us.2012.10.22
http://www.metro.us/newyork/local/article/1154713--e4akorea-several-charged-in-city-wide-asian-prostitution-ring 


Busted: String of Manhattan brothels offering the 'girlfriend experience' for customers with Asian fetish


A prostitution ring catering to men with a fetish for Asian women has been taken down by police and it's ringleader busted. 

William Thomas, 42, from Brooklyn, New York, was arrested and charged with promoting prostitution after an undercover cops posed as a customer who wanted to have sex with an Asian woman.

He connected with Thomas on websites www.E4AKorea.com and www.E4ANYC.com. The 42-year-old was arrested on October 11 and posted $10,000 bail two days later.

On the websites, which have since been taken down, pictures of half-naked Asian women promising 'Your Midtown Korean experience' and the 'girlfriend experience' for up to $300 an hour were advertised.

'GFE's do multipop on an hour rate basis,' the websites detail, indicating the hooker would have sex multiple times.

The undercover officer kept in touch with Thomas by email and text and 'became a member of the E4AKorea private men’s club', prosecutors said in court.

Thomas allegedly operated brothels in the Financial District, East 50th Street, West 36th Street and East 58th Street, according to the New York Post.

The undercover cop went to one of the brothels and met a Korean woman who introduced herself as 'Olivia' and told him he could kiss her but had to wear a condom during sex.
The complaint said: 'The undercover officer asked for a Japanese girl, and [Rei Spain] said the Japanese girls don’t do full service, only massage and "happy ending" for $100 plus $40 tip.'

Two women, Jung Lee, 28, of Queens, and Rei Spain, 38, of Long Island, were also arrested for prostitution and promoting prostitution. 

Lee is being held at Riker's Island and Spain was released without bail

Thomas’ services also included overseas travel, but this probe only targeted Manhattan operations, according to the Manhattan DA.
mail online 2012.10.22 
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2221564/E4AKorea-New-York-brothels-offering-girlfriend-experience-customers-Asian-fetish-exposed.html 


Undercover sting leads to bust of brazen Midtown hooker operation


Cops broke up a Manhattan prostitution operation that brazenly catered to Johns with a fetish for Asian women, court documents revealed today.

Fort Greene resident William Thomas, 42, was arrested and charged with promoting prostitution when he met with an overcover cop, and hooked him up with working ladies at 238 E. 50th Street, according to a Manhattan DA criminal complaint.

The bust happened on Oct. 11.Thomas posted $10,000 bail and was released on Oct. 13.

The undercover cop allegedly connected with Thomas through his mirrored Web sites www.E4AKorea.com and www.E4ANYC.com.

E4AKorea was still up this morning, showing off topless and scantily clad women for “Your Midtown Korean experience.” E4ANYC was shut down.

Advertised rates started at $180 for 30 minutes and went up to $300 an hour.

Women were posed in French maid and school-girl outfits. Thomas’ sites also linked to the sex-for-sale critique site, The Erotic Review — known as TER in the sex biz.

Johns posted reviews for a provider named “Olivia,” and described a screening system meant to weed out undercover cops.

Access to Thomas’ stable apparently required TER membership, a status that’s either purchased or gained by posting multiple reviews.

One reviewer from August posted: “The screening is very strict; provide proof of being a reviewer, send them an email from an account that is not one of the freebies, and then they send you a number to call. The process took me a week, but it was worth it. Olivia met me at the door. She is a total sweetheart with nice smile and cute voice.”

The undercover officer kept in touch with Thomas by email and text and “became a member of the E4AKorea private men’s club,” prosecutors said.

Thomas’ services also included overseas travel, but this probe only targeted Manhattan operations, according to the Manhattan DA.

The cop “arranged with Thomas for a session with one of the women advertised in the websites,” according to the criminal complaint.

Thomas allegedly operated brothels on Maiden Lane, East 50th Street, West 36th Street and East 58th Street, prosecutors said.

The fake John and defendant allegedly met in the cop’s car on Sixth Avenue at 36th Street when the defendant directed him to East 50th Street — a unit where Thomas pays ConEd bills, prosecutors said.

That’s where the officer was “admitted by a Korean woman” — later identified as 28-year-old Jung Lee, who allegedly said they could have sex. But a condom was required.

Another suspect, 38-year-old Rei Spain, also met with the undercover cop, who allegedly made his fetish for Japanese women known.

He was allegedly told that the Japanese women available that day wouldn’t engage in intercourse — only erotic massage.

[The undercover officer] asked for a Japanese girl, and [Spain] said the Japanese girls don’t do full service, only massage and `happy ending’ for $100 plus $40 tip,” the complaint said.

Lee was arrested and charged with prostitution and promoting prostitution.She’s still being held at Rikers Island, according to city jail records.

Spain was arrested for promoting prostitution and was released without bail, police said.

The bust came less than a month since Manhattan Soccer Mom Madam Anna Gristina, 45, copped a plea bargain following four months in jail. She pleaded to one count of promoting prostitution.
new york post 2012.10.22
http://www.nypost.com/p/news/local/manhattan/brazen_midtown_hooker_ring_busted_v2NuXju7O1Yll6XiP5 LiBM 

E4A authentic japanese therapists
The undercover officer asked for Japanese woman  because their web site says "Authentic Japanese Therapists" I think.

There are two things I want to say.
1.Koreans always pretend as Japanese and we are kept annoying by them.

This is a Korean actor said in Korean TV show.
"When you do something bad,you will say 'I am Japanese!'"
なりすまし

2.Koreans claim that Japanese abducted 200,000 Korean women as sex slaves during the WW2.But Korean prostitutes are all over the world without any enforcement right now.Korean paper says that 100,000 Korean women are working as prostitutes abroad and 50,000 are in Japan.WHO BELIEVES WHAT KOREANS SAY?
I must say "Japanese abducted 200,000 blablabla" is lie.

Also see → Do you hear? 
        Korean women abusing the visa program in Australia


【youtube】1/3【討論!】危ない!人権救済法案の行方[桜H24/10/20] 
34:18頃から
城内実議員「私一年生議員の時ですね、平成17年ですが、当時の自民党の最高幹部の方から「人権擁護法案てのがあるんだよ。これ非常に危険だから何とかしてくれないか」ということで声をかけていただきました。法務省の法案を見ましたらね、恐ろしいんですね。というのは私はドイツにいましたから、ナチスの時代、東西冷戦を勉強しておりますので、こんなものがまかり通ったら正にナチス、ゲシュタポ、秘密警察法案みたいなものに大化けする可能性がある。それでびっくりしたのと、これを進めている団体がどういう団体かよく分かったのでこれは怖いなあと、私は怖くてとても一人じゃやれないので議連を作ろうという話になりまして「真の人権を考える懇談会」ていうのを結成したんですね。平成10年3月ですね相当理論武装して自民党法務会に乗りこんで、そこでひな壇に座っている古賀先生、二階先生は当然これしゃんしゃんで通るかと思ったらいきなり、おかしいんじゃないか、って来たんでね、法務省もその後反論ペーパーを作って私もそれに再反論ペーパー作って理論武装して完膚なきまでにこれはおかしいという話をしたんですね。」

二階....

私の中では二階俊博議員は統一協会と繋がりがあると思われる危険人物なのだが
麗水国際博に向け日本の議員を説得した二階俊博議員 
人権擁護法案もそうだったか....どこまでも危険人物だな
これを進めている団体
部落解放同盟
NCCキリスト教協議会
部落解放同盟・人権侵害救済法案
NCC部落解放同盟HPキャプチャ

新たな日中友好議連計画 
2007年夏の参院選後に、古賀誠元幹事長・森喜朗元首相らと新たな日中友好議員連盟の結成を予定していると報じられた。
2007年7月4日に、中華人民共和国の王毅大使と大使公邸で懇談し協力を求めた。日中国交正常化35周年に合わせて日本と中華人民共和国が進める「2万人交流」プロジェクトが今秋にも達成されるのに合わせ、双方で記念式典を開催することで一致したとされる。
その行事記念として2007年10月12日に中国人民解放軍交響楽団の日本公演を行った。

日本における外国人参政権
2003年2月11日、訪韓した二階は、青瓦台で朴智元・大統領秘書室長と会談し、在日外国人に対する参政権について「実現に向け、引き続き努力する」と述べた。

献金問題
西松建設事件で準大手ゼネコンの西松建設から、同社のOBらを代表とした政治団体(「新政治問題研究会」「未来産業研究会」)を隠れ蓑に多額の政治献金を受けていた1人だったことが2008年12月末に表面化した。
【wiki】二階俊博 

西松建設は北朝鮮とのつながりの深い企業だ
北朝鮮利権と小沢一郎

【youtube④在特会会長『 桜井誠 講演会 』 パチンコは何故いけないのか】 
1:40から
桜井会長「二階としゆきだったっけ(俊博です・筆者註)このバカね、何でこんな拉致問題が出て来たんだと。拉致問題なんて嘘っぱちなんだと言ってたそうなんですよ。何でそこまで言うんだと思ったら拉致問題が出て来たせいで北朝鮮からの利権がとれなくなったって怒ってたらしいんですよ。シナとの国境あたりの白頭山。ここがレアメタルの鉱床になってまして、だから今シナ中共政府がやたらこのあたり開発してるんですけども、二階のバカこのレアメタルを日本に持ってくる利権を取ろうとしてたらしいんですよ。北朝鮮て実は何もない訳じゃなくて、南の方は農業地域、北の方は急に標高高くなるんですよ。いっつも飢餓云々って言ってるでしょ。元々畑には適してない土地なんですよ。ところが最近になって白頭山にはレアメタルの鉱床があると分かってきたと。この一件で分かるように北朝鮮利権に群がる政治家達は北朝鮮の主たる収入源であるパチンコを潰す訳にはいかないんですよ。北朝鮮のために動いている議員がいるんです。」

白頭山の領有権を巡って中韓が争っているらしいがそういうことだったか

北朝鮮の鉱物資源について→ 北朝鮮のレアメタル利権
鉱物資源のためなら拉致くらい黙ってろよと.... 

二階議員について調べようと検索かけたら予測ワードに「二階俊博 パンダ」と出てくるので
なんだそりゃと思ったら


だれも知らなかった!? 「和歌山にパンダ6頭」の奇々怪々


「引き続き楽しんでもらえるよう、上野動物園にパンダのつがいを提供することにしました」 7日皇居に招かれた中国の胡錦濤国家主席は“置き土産”を天皇にまでアピールしていたが、日本には上野以外にも計8頭のパンダがいるのをご存じか。
 うち6頭を飼育しているのが、和歌山・白浜町にある「アドベンチャーワールド」。白浜のパンダ独占は、地元(3区)選出で、自民党きっての“媚中派”といわれる二階俊博総務会長の“功績”ともっぱらだ。「白浜にパンダが来たのは94年。中国と共同繁殖研究を始め、10年間の予定でオスとメスのつがいを借り受けたのです。ところが、3年後にメスが病気で亡くなり、残されたオスも体調を崩しがち。繁殖計画が頓挫し、10年間のレンタル費用、計13億円が泡と消えかねませんでした」(日本動物園協会関係者)

 そんな危機的状況を救ったのが、二階総務会長というのである。「二階氏が中国との関係を深めたのは、00年5月。親中派のドン、故・竹下登氏でも成し得なかった大訪中団を送り込んでからです。『日中文化交流使節団』なる訪中団の規模はナント、5200人。これに、当時の江沢民・国家主席はいたく感激し、二階氏の手腕を高く評価したそうです」(地元政界関係者) 白浜に中国から“後妻”のメイメイが貸与されたのは、使節団の訪中から2カ月後の00年7月のこと。この“二階パンダ”は、よっぽどの美女だったらしく、病気がちのオス、エイメイは息を吹き返したように猛ハッスル。メイメイとの間に双子3組を含む計7頭の子(1頭は死去)をもうけ、うち3頭を中国に“再輸出”するまでに至ったのだ。

 もっとも中国にベッタリ過ぎる二階には、中国人の政商に地元・那智勝浦町の年金施設「グリーンピア南紀」の払い下げを斡旋したと週刊誌に書かれるなど、さまざまな疑惑もくすぶっている。そのせいか、地元関係者はいずれも、「パンダと二階先生? さあ知りません」と口が堅いというか、そっけない。日刊ゲンダイ2008.5.11
記事リンク切れのためこちらから引用
http://ameblo.jp/kakomonogatari/day-20080511.html 

【wiki】グリーンピア南紀
グリーンピア南紀(グリーンピアなんき)は、和歌山県那智勝浦町・太地町にあったリゾート施設である。

太地町?
『the Cove』の舞台となった太地町ですか?

これは大変なことになった
というのも映画『the Cove』は辺野古ヘリポート移設反対のために作られた映画だと私は思っているからだ
そして辺野古テントにはハングルがあったり西早稲田2-3-18繋がりだということも分かっている
反原発と極左テロリスト2 映画『the Cove』の裏にいる人達 
映画『the Cove』の本当の目的

別方面からの繋がりも分かった
辺野古移設反対している団体のHP
ヨッシーとジュゴンの家・平良夏芽
http://yuinoumi.web.fc2.com/2004.8.1.html 

【wiki】平良夏芽
平良夏芽(たいらなつめ)は日本のキリスト者。前日本キリスト教団うふざと伝道所牧師。2006年、沖縄県名護市の米海兵隊キャンプシュワブ正門前で、文化財調査のため基地に立入ろうとした、名護市教育委員会職員が運転する自動車の直前に身体を投げ出して通行を妨害、市職員の公務を妨害したとして逮捕される。フランクリン・グラハム国際大会への反対声明賛同人。名護市辺野古の米軍基地建設反対運動に長く係わったが、2008年3月にうふざと伝道所牧師及び自身が係わった団体の職務を辞任したとされる。本人及び関係団体からの声明が行われていないため、辞任ではなく解任されたとする見方もある。

【wiki】日本基督教団
日本基督教団(にほんきりすときょうだん、通称は「日本キリスト教団」
土肥隆一議員が所属している
日本基督教団事務局
西早稲田2-3-18
日本基督教団・部落解放センター
http://www1.odn.ne.jp/burakuliberation/top.html 

二階俊博議員:和歌山3区
絶対に当選させてはいけない

ネトウヨを叩くお仕事1 
ネトウヨを叩くお仕事2 
ネトウヨを叩くお仕事3 VANK  続き
たまたま手にとった『Voice』に安田浩一氏のインタビューが載っていてまた的外れなことを書いているので
遠慮なく書かせてもらおう
普段読んでる訳じゃないのになぜこんな不愉快なものを目にしてしまうのやら

安田氏については以前も書いたので割愛しようと思ったが
また新たに発見した記事もあるので掲載
voice安田浩一「彼らには友達がいないんですよ」
「彼らには友達がいないんですよ(笑)」とおっしゃる安田浩一先生の素敵なお仲間

日刊労働千葉1
日刊労働千葉2・安田浩一
http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2006_01_06/n6278.htm 

別サイトにこの動労千葉の時の記事が載っていたがサイトが
辺野古テントHP1
http://machiopenspacemachi.web.fc2.com/machi2006.3.4.html
辺野古テントはあの西早稲田2-3-18繋がりですが
映画『the Cove』の本当の目的 

重慶大爆撃・安田浩一
http://blog.goo.ne.jp/dublin-ki/e/7d77c6c610bfb5b32e15f6fa367a0802 
「重慶大爆撃被害者の謝罪と賠償を求める会」?
年々重慶大爆撃被害者数が増えるという怪奇現象が起こっているらしいがw

安田浩一氏って反日左翼活動家じゃないかバカバカしい
「君、国ウリたまふことなかれ」だよ

Voiceの記事
voice「ネットと愛国」縮小
『ネットと愛国』って講談社なんですね
ノーベル文学賞を逃した村上春樹氏も群像(講談社)新人賞出身だが
村上春樹という「毒酒」に「安酒」と言う資格はない 

ところでいつも思うのだが「ネトウヨ」と在特会ってイコールか?

インタビュアーの仲俣暁生氏
「私が在特会の存在を最初に知ったのは、ご多分に漏れず、ネットに公開された映像を通してだった。その後、街頭でも見かけるようになったが、その印象は、「ちょっと冴えない普通の人たち」という感じだった。在特会は過激なデモで一時期話題になったが、震災後に反原発運動が注目されはじめると、動員数で及ばない在特会のデモへのメディアの関心は薄れた感がある。

でも反原発デモに集う人びとは、守るべきものがある社会のマジョリティーである。マイノリティーを声高に排除する在特会のなかにこそ、いま耳を傾けるべきほんとうの弱者の声があるのかもしれない。」

過激なデモというのはこういうのを言うんですよ
三里塚闘争1
三里塚闘争2
火炎瓶投げて人が火ダルマになってもお構いなしと
【youtube】三里塚闘争 
↓の現在の姿w

反原発デモ
反原発と労組
平和フォーラムさようなら原発集会キャプチャ
これがマジョリティなんだw右のバナーにマイノリティの方々の団体が連なってるような気がしますが
参考 反原発と極左テロリスト1 
    脱原発デモのゴールはどこ? 

マイノリティを声高に排除するって
マイノリティだから排除するのではなくそのマイノリティが特権を持ち問題ばかり起こして日本を歪めているからでしょうに
特定失踪者288人のリスト
マイノリティなら善ですか?
『脱亜論』の福澤諭吉はネトウヨですか?
吉田茂はネトウヨですか?
吉田茂=マッカーサー往復書簡 

わしズム復活amazon
【Amazon】わしズム [単行本] 
小林よしのり氏の本にも書いてるわけですね
参考 パチンコマネーという毒を飲んだ小林よしのり 

「冴えない普通の人」と言うからには仲俣氏はきっと冴えた方に違いない
仲俣暁生
http://brainz-jp.com/lecturer/nakamata/

仲俣暁生・小学館ガガガ
http://ga3.gagaga-lululu.jp/talk/04/ 

今話題の佐野眞一氏の孫正義伝を出版してkpopサイトをやってる小学館ですね
まあその何だ「冴えてる」「冴えてない」は主観なので見た方が判断なさって下さい

2012.10.25追記
外国人・民族的マイノリティ人権白書2010・1
 外国人・民族的マイノリティ人権白書2010・2安田浩一
http://www.migrants.jp/v1/Japanese/books/shoseki.html 
移住連・移住労働者と連帯する全国ネットワークのHPで紹介されていた

移住連リンク
外国人人権法連絡会はミヤネ屋に出演した普門弁護士の著書を紹介していたところ
「ミヤネ屋、吉本擁護に偏りすぎ」記事検証

このブログでは繰り返し書いてきたNCC日本キリスト教協議会もある
住所は勿論西早稲田2-3-18

移住連イベント安田浩一
ネトウヨを叩くお仕事を引き受けるわけですね

2012.12.8追記
動労千葉は中核派の影響下にある
【wiki】国鉄千葉動力車労働組合 

2013.3.25追記
朝鮮学校とわたしたちの社会
京都朝鮮学校襲撃事件から考える

日 時 2012年11月9日(金)18:30~20:30  
場 所 くにたち公民館3F講座室  
資料代 500円  
主 催 朝鮮学校に教育保障を!オッケトンムの会

朝鮮学校とはどんなところなのか? 朝鮮学校を取り巻く差別の現状は? わたしたちの社会と朝鮮学校の関係は? 京都の朝鮮学校を取材した映像作品と、ジャーナリストの安田浩一さんのお話から考えます。
【講師プロフィール】
安田浩一。1964年生まれ。事件、労働問題などを中心に取材・執筆活動を続けている。著書に、『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』 (講談社2012 講談社ノンフィクション賞受賞)、「ネチズム(ネット・ファシズム)は拡散する」(『g2』vol.10掲載 講談社2012 年5月発行)『ルポ差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書2010)『JALの翼が危ない』(金曜日2006)などがある。

【趣旨】
 「いま、朝鮮学校への差別が激しくなっている」
 これは、朝鮮学校のことを知るものの実感です。特に顕著になっているのは、「高校無償化」制度から、朝鮮高級学校が差別されて適用除外にされていること(他の外国人学校は対象になっているにもかかわらず)、これまで問題なく支給されてきた朝鮮学校の補助金を、東京都、大阪府市、埼玉県、千葉県、水戸市などの地方自治体が次々に打ち切っていることです(「朝鮮学校は反日教育をしている」「日本人拉致事件があるため」といった誹謗中傷を理由に)。このような、政府や自治体による差別が起こる背景には、どのような社会的背景があるのでしょうか。言い換えると、このような差別を許してしまうわたしたちの社会は、どのような社会なのでしょうか。
 しかし、朝鮮学校が差別されている、と聞いてもピンと来ない人が多いのが現状ではないでしょうか。そもそも、「朝鮮学校」と聞いてもどんな学校なのか、差別と言われても具体的にどういうことなのか、イメージできない人が多いのではないかと考えます。
 今回の企画では、京都にある朝鮮学校を例にして、朝鮮学校とわたしたちの社会のあり方について、考えてみたいと思っています。まず、京都朝鮮第三初級学校を同志社大学の学生が取材し、作成した映像を見てみます。京都の小さな朝鮮学校に集う子どもや保護者の姿がそこにあります。
 続いて、2009年に起きた京都朝鮮第一初級学校ヘの襲撃事件について、現地を取材されたジャーナリストの安田浩一さんをお招きしてお話しいただきます。少数の人によって起こされた暴力事件ですが、この事件を事例にして、朝鮮学校とわたしたちの社会がどのような関係にあるのか、考えてみたいと思います。

【京都朝鮮学校襲撃事件とは?】
2009年12月4日午後1時、十数人の「在日特権を許さない市民の会」などの排外主義団体が京都市南区上鳥羽にある京都朝鮮第一初級学校を襲撃した。同校が市や町内会と協議しながらグラウンドとして使用してきた公園から朝礼台やスピーカーを運び出した後、学校に向けて「スパイの子供」「朝鮮人は出て行け」等、大音響で怒号を浴びせた。校内には、京都と滋賀の初級学校の交流会のため、子ども150人が集まっていた。襲撃の動画 は、インターネット上で公開されている。
ピースウィークinくにたち
http://blog.goo.ne.jp/kunitachipw/e/c4be52a648b21d13d72539126276264f
参考 朝鮮学校不要 子どもの権利条約と朝鮮学校無償化 

2013.4.1追記(クリックで拡大)
平和の灯を!ヤスクニの闇へ08年(安田浩一)
http://peace-candle.org/node/130
反天連でもトーク
参考 靖国参拝が騒ぎになる理由 

2014.11.22追記
レイバーネット設立呼びかけ人
http://www.jca.apc.org/labournet/pre/20010210.html
レイバーネット呼びかけ人だったのか・・

更に続く 『ネットとサヨク-反日ジャーナリストの闇を追いかけて-』

大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ

 橋下徹・大阪市長率いる大阪維新の会が次期衆議院選挙の準備を本格化させつつある。
 9月12日に「大阪から国を変える!!」をスローガンに地元で大々的な政治資金パーティを開き、その後、維新候補たちが全国遊説に乗り出す予定だ。
 総選挙を戦うには軍資金が必要だが、すでに大口スポンサーの名前も挙がっている。

 橋下氏は大阪府知事時代から大阪カジノ構想を推進し、今年2月には松井一郎・大阪府知事とともに香港のカジノ運営会社CEOと会談、「任期中に誘致の道筋をつけたい」と協力を要請した。さらに記者会見(5月24日)でも、「先進国でカジノがないのは日本くらい。カジノは観光や集客のツールになるだけではなく、うまく使えば所得税制に代わるか並ぶくらいの所得の再配分機能を果たす重要なツールになる。国会議員にそういう発想はないんですかね」と持論を展開してみせた。

 維新の会の情報収集をしている民主党関係者が語る。
「カジノ構想に熱心な企業が京都のマルハン。全国にパチンコ店やボウリング場、ゲームセンターなどを展開する年商2兆円という遊技場最大手で、マカオのカジノに出資したり、カンボジアに銀行まで設立している。

 しかし、日本では国の規制が強くてカジノの実現にはハードルが高い。そこでマルハンがカジノに理解のある橋下維新の会の国政進出を支援するという情報がある。Jリーグ・大分トリニータに十数億円出したスポンサーとしても知られる資金力豊富な企業だけに、維新の会の人気に、大口スポンサーが結びつけば大変な脅威になる」

 マルハンと橋下氏には接点がある。橋下氏が府知事時代に発足したカジノ構想の研究会「大阪エンターテイメント都市構想研究会」の会員企業には大手広告代理店や鉄道会社、電機メーカー、建設会社と並んでマルハンが参加している。

 さらに、今年5月に溝畑宏・前観光庁長官(現・内閣官房参与)が大阪府特別顧問に就任したが、溝畑氏はカジノ構想の推進者で、大分トリニータ社長時代からマルハンとのパイプが太いことで知られる。
 その溝畑氏はマルハンの維新支援情報についてこう語る。
「橋下氏とは私が観光庁長官になる前からのおつきあいで、今回、松井府知事から大阪を元気にしたいという要請があって全面協力しようと顧問に就任しました。マルハンの韓昌祐・会長にもJリーグの時から随分お世話になっています。韓会長のもとにはいろんなところからスポンサーの要請が日に何件も来ているようです。
 とはいえ、一代であれだけの事業を築き上げた方だから、(支援するかどうかの判断は)相当シビアだと思いますね。維新の会のこともあくまでニュートラルに見ているのではないでしょうか。少なくとも、私がマルハンと維新の会をつないだというのは誤解です」

 マルハン経営企画部は、「大阪エンターテイメント都市構想研究会には娯楽産業の振興を目的に参加している。チャレンジする人を応援するというのはわが社の社風ですが、維新の会を社として応援しているということではない。会長や社長が個人的に支援しているかどうかまでは把握しておりません」と回答した。

 一方、橋下氏自身はこの間、有力経済人と政策について意見交換をしてきた。ソフトバンクの孫正義・社長はツイッターで橋下氏にエールを送ってきたことで知られるが、橋下氏は今年1月に上京した際、孫氏や宮内義彦・オリックス会長らと会談し、エネルギー政策や大阪府市改革で意見交換したことが報じられている。橋下氏が大阪府知事選に出馬した2008年当時に堺屋氏とともに応援した経済人にはパソナの南部靖之・社長もいる。

 宮内氏は小泉内閣の総合規制改革会議議長として郵政民営化を推進した人物で、孫氏と南部氏は安倍晋三・元首相のブレーン経済人として知られる。

 安倍氏は維新の会と連携して政界再編を志向する動きを見せているが、背景には、「安倍氏を中心とする上げ潮派(経済成長重視派)は橋下氏とブレーン人脈や支援者が重なっている。上げ潮派はいまや野党自民党の中でも反主流派だけに、日の出の勢いの維新の会と組むことで政界の主導権を回復し、スポンサーを維持したいという思惑がある」(自民党町村派議員)という指摘があることも見落とせない。
※週刊ポスト2012年9月7日号
http://www.news-postseven.com/archives/20120827_139334.html  

よりによって溝畑宏?
前原が国交相だった時に観光庁長官に起用した韓国国歌を歌うあの溝畑宏?
参考 観光庁と韓流1  観光庁と韓流2 

観光庁HP観光政策顧問会議キャプチャ
観光庁顧問に孫正義氏 フジテレビ会長日枝久氏


橋下市長「これでノーサイド」…週刊朝日おわび


 朝日新聞出版(東京都中央区築地)は19日夜、「週刊朝日」10月26日号で始まった橋下徹大阪市長に関する連載記事「ハシシタ 奴やつの本性」について、2回目以降の掲載を打ち切ると発表した。

 次号で「おわび」を掲載する。
 連載打ち切りの理由を巡り、河畠大四・週刊朝日編集長名で、「記事中で同和地区などに関する不適切な記述が複数あり、このまま連載の継続はできないとの最終判断に至りました。橋下市長をはじめとした関係者の皆様に、改めて深くおわび申し上げます。不適切な記述を掲載した全責任は当編集部にあり、再発防止に努めます。連載の中止で、読者の皆様にもご迷惑をおかけすることをおわびします」とのコメントを出した。

 親会社の朝日新聞社は19日夜、「当社は、差別や偏見などの人権侵害をなくす報道姿勢を貫いています。当社から2008年に分社化した朝日新聞出版が編集・発行する『週刊朝日』が、連載記事の同和地区などに関する不適切な記述で橋下市長をはじめ、多くの方々にご迷惑をおかけしたことを深刻に受け止めています」との広報部コメントを発表した。

 週刊朝日の記事はノンフィクション作家佐野真一氏が執筆したもので、「橋下の政治手法を検証するつもりはない。(中略)私が解明したいと思っているのは、橋下徹という人間そのものである」としたうえで、「そのためには橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べあげなければならない」とし、橋下氏の実父の出身地を記載するなど、橋下氏の系譜をたどることに焦点を当てた。

 橋下市長は19日、市役所で記者団に、「次号の掲載内容を見ていきたい」と述べ、次号の「おわび」を踏まえて対応を決める考えを示した。朝日新聞については、「週刊朝日次号のおわびが、実質的に朝日新聞社グループとしての見解と受け止める」と語った。橋下市長はさらに19日夜、朝日新聞出版が連載記事の打ち切りと謝罪を発表したことについて、自身のツイッターに「これでノーサイドにしてやる」と書き込んだ。

 これまでコメントを避けていた佐野真一氏も同夜、「今回の記事は『週刊朝日』との共同作品であり、すべての対応は『週刊朝日』側に任せています。記事中で同和地区を特定したことなど、配慮を欠く部分があったことについては遺憾の意を表します」とのコメントを、朝日新聞出版を通じて発表した。読売新聞2012.10.20
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121019-OYT1T01233.htm 

佐野眞一氏(※字はこちらが正しいと思われる)の名前を見た時からこれはおかしいと思った
小学館SAPIOが「ネトウヨ」連呼厨になってしまったのはこの本が原因の一つではないかと思っていたからだ
孫正義伝
更に佐野眞一氏は『東電OL殺人事件』を書き、ゴビンダ氏冤罪訴訟に関わってもいる
他の著作を見てもスタンスは左翼サイドに思えた

橋下人権擁護法案
これはマッチポンプではないのか?
部落解放同盟・人権侵害救済法案

大津いじめ自殺事件をみても今現在ある形の「人権思想」「人権教育」は特定の団体の特権を守るためのもので、かえって人権が損なわれる結果になっているのは誰しも感じるだろう
浸食される大津市 

橋下市長の維新の会はその背後にいるのが民主党と同じではないのか 

参考 差別について 
    赤いイデオロギストの言う「人権」って? 人権擁護法案 

2012.10.26 追記
人権擁護法案を成立させる朝日側のメリットがないという意見を見るが
過去売国記事を書いた記者は追及を逃れられる
朝日新聞・若宮啓文
若宮啓文主筆
朝日新聞・植村隆
植村隆記者
朝日新聞・本田雅和
本田雅和記者

2013.6.12 追記
韓昌祐哲財団
http://www.hanchangwoo-tetsu.or.jp/about/outline.html
韓昌祐・哲文化財団
理事長 韓昌祐
理事  溝畑宏 

安倍氏vs朝日きっかけはNHK問題

【藤本順一、上杉隆の言いたい放談】2012年10月13日掲載紙面から

 一向に臨時国会召集のメドが立たない中、田中慶秋法相(74)が週刊誌の報じた暴力団との交際を認め、進退問題に発展。自民党の安倍晋三総裁(58)の政党支部では、政治資金でのキャバクラ支出が判明した。本紙「永田町ワイドショー」藤本順一氏は安倍氏の食にまつわる秘話を公開。元ジャーナリストで自由報道協会理事長の上杉隆氏は、安倍氏VS朝日新聞の泥仕合にあきれるばかりだ。

藤本:臨時国会の召集に向けて来週にも党首会談が開かれるようですが、赤字国債の発行を可能にする特例公債法案の成立よりも、田中慶秋法相の問責決議案の採決が先になりそうだね。

上杉:外国人献金が発覚したうえ、暴力団関係者との親密交際を週刊新潮にすっぱ抜かれては逃れようがないですね。内閣改造直後に我々が予想した問責最右翼の田中真紀子文科相(68)を出し抜くとは慶秋氏もなかなかの大物ですね(笑い)。

藤本:同じ田中姓を名乗り、顔のつくりも何となく似ているような気がしませんか。2人はひょっとしたら遠い親戚だったりして(笑い)。

上杉:それにしても、一体何のための内閣改造だったんでしょうね。閣僚候補の身体検査がいかにずさんで、官邸が機能不全に陥っていることを示していますよ。

藤本:一方で自民党の安倍総裁の政党支部がキャバクラ代を経費計上していたことを朝日新聞が報じました。一昨年の話ですから地元の秘書も安倍氏がまさか総裁に返り咲くとも思わず、気が緩んでいたんでしょうかね(笑い)。

上杉:秘書が後援会の関係者らと行くのなら自腹か後援会が領収書を切るところ。いかに事務所の管理がお粗末なのかが分かりますね。

藤本:キャバクラ嬢とのおしゃべりを政治活動と言い張るつもりはないようだから、修正したら済む話だけど、これを報じた朝日はまだ安倍氏が憎たらしいのかな。ネット上で盛り上がっていた安倍氏の3500円カレー騒動まで報じていたからね(笑い)。

上杉:安倍氏は野党第1党の総裁とはいえ、次期首相の有力候補の立場にあるので、身辺を洗いざらい調べるのは報道機関として当然のことでしょう。ただ、安倍氏と朝日に何らかの確執があるとすれば、05年のNHK番組改編問題で、安倍氏がNHKに圧力をかけたと朝日が報じたことが大きいですね。この時、安倍氏は「朝日の背後に薄汚い勢力の意図を感じる」と言い、系列のテレビ朝日も含めて敵意むき出しでしたから。

藤本:今でも朝日が安倍氏を嫌っているとすれば、それはやはり彼のタカ派的体質にあるのかもしれない。安倍氏がまた首相になりそうだから、今度は本当に憲法改正に突っ走るんじゃないかと。日中、日韓関係が緊迫する中でタカ派に勢いがある時だからこそ、なおさら危機感が募るわけです。ボクも朝日とは違って憲法改正に賛成の立場ですが、安倍氏が憲法改正の先頭に立つことには反対です。だって箸もちゃんと使えないような人に憲法を触らせるわけにはいかないでしょ

上杉:えっ、何ですかそれ?

藤本:朝日のように3500円のカレーに目を奪われていては分からないでしょうが、つまるところ安倍氏には保守政治家が血肉とし、体現すべき日本人としての躾(しつけ)がなっていないということ。詳しくはまた次の機会で。

☆うえすぎ・たかし=1968年、福岡県生まれ。テレビ局、衆院議員公設秘書、ニューヨーク・タイムズ取材記者、フリージャーナリストを経て、公益法人自由報道協会理事長。ミドルメディア「NO BORDER」代表。著書に「新聞・テレビはなぜ平気で『ウソ』をつくのか」など多数。

☆ふじもと・じゅんいち=1958年、福岡県生まれ。新聞、雑誌記者を経て独立、取材執筆集団「メディアフォーラム」代表。「建設業界・談合が崩壊する日」「永田町奇譚 もしニッポンの総理が東スポを愛読してたら…」など著書多数。本紙で「永田町ワイドショー」好評連載中。東スポweb2012.10.15
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/47549/ 

箸もちゃんと使えないような人....(゚д゚lll)
ついに安倍叩きもここまで下らないレベルになったか

NHK番組改編問題についてはこちら→ 従軍慰安婦問題は北朝鮮の工作 

あまりに下らないので自由報道協会の拡散画像↓を作ろうとしたらピオデミリア氏に関する記事を発見した
反原発・日本赤軍・従軍慰安婦・北朝鮮

教科書問題…民団、取り組み本格化

「望ましい歴史認識に立脚した教科書採択を」
 06年度から全国の公立中学校で使用の教科書を選ぶにあたって、望ましい歴史認識に立脚した「歴史教科書」が採択されるよう各地の民団が要望活動に取り組んでいる。
■□
各教委へ相次ぎ要望06年度から使用される中学教科書は7月から8月にかけて全国約580の採択地区で決まる。各都道府県教委では、選定委員会や調査委員会など下部機関からの報告をもとに検定に合格した各教科書の違いが分かる選定資料を作成し、区市町村教委や国立中、私立中に送ることになっている。

 民団大阪府本部(金昌植団長)は18日までに大阪府教委と市教委への「要望書」提出を終えた。席上、府教委には、選定資料の作成にあたって「人権」を基準の一つにするよう申し入れた。府教委側も「大阪には大阪独自の基準がある」と明らかにしながら、配慮をにじませた。

 一方、直接の採択権者でもある市教委に対しては、選定委員30人の中に在日韓国人も入れることを今後の課題とするよう働きかけた。市教委によれば選定委員の就任にあたって国籍要件は特にないという。

 6月4日には扶桑社版『新しい歴史教科書』の問題点について市民に広く考えてもらおうと、民団大阪の主催で公開セミナーを開く。大阪韓国人会館で午後1時半からの開会。参加費は無料。

 民団神奈川県本部(殷鍾七団長)は17日、横浜市の神奈川韓国会館で「正しい歴史認識に基づいた教科書採択要望集会」を開き、「つくる会」が中心となって編纂した中学校歴史教科書を採択させない運動を展開していくことを決議した。

 集会では「子どもと教科書全国ネット21」の俵義文事務局長と民団中央本部の鄭夢周事務総長が講演した。殷団長は「このような偏った歴史認識に基づく教科書が公教育の場に登場することは、在日の子どもたちにいわれのない偏見を与えかねない」と述べた。

 決議に基づき、県内すべての教育委員会に要望書を提出している。

 民団山口県本部(趙東波団長)は要望書を携えて精力的に市町村教育委員会への訪問を重ねている。姜又石事務局長によれば「山口県はそういうことはない」と扶桑社版教科書の採択可能性を否定しているものの「油断はできない」と気を引き締めている。
■□■□■□
「つくる会」教科書 不採択へ決意表明
青年会中央 記者会見

 青年会中央本部(曺壽隆会長)は20日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、教科書と歴史認識をめぐる問題でアジアと日本の間でいたずらに対立が深まらないよう望むと、在日の立場から主張した。

 曺会長はまず、歴史認識をめぐるアジアからの反発を「内政干渉」の一言で片づけ、韓国・中国と日本との間の対立をあおろうとする日本の一部政治家の言動とそれに同調する一部マスコミの報道姿勢を取りあげて、「いたずらに反韓・反中感情をあおるもの」と批判。本質は「これまでの友好を一部の人たちが逆流させようとしていることにある」と強調した。

 さらに曺会長は「アジアと日本の間に横たわる遺恨を断ちきり、いい関係をつくりたい」と述べながら、「つくる会」の主導した扶桑社版中学歴史教科書の不採択運動に全力を傾けるとの決意を新たにした。(2005.05.25 民団新聞)
日本外国特派員協会記者会見1
日本外国特派員協会記者会見2
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=2&newsid=4917 

民団青年会中央本部・曺壽隆会長
韓国による日本の世論工作・金武貴
この二人→ 民団の工作活動と韓流2 と教科書問題で記者会見するとはどういうことだ 

もう一つ
Italian reporter caught in media glare
Kan friend and nuclear foe says terrorist 'ties' are overblown
By MINORU MATSUTANI
Staff writer

Pio d'Emilia, an Italian journalist and long-term Tokyo resident who has been Prime Minister Naoto Kan's friend for about 20 years, has suddenly been put in the spotlight of the Japanese media for reportedly influencing Kan's position on nuclear power and his remote connection with an extreme leftist group.

Kan had dinner with d'Emilia, 56, and other people on the night of June 29 at an Italian restaurant in Tokyo's Roppongi district after the prime minister had earlier gone to a sushi eatery and then to a "yakiniku" Korean barbecue restaurant.

The Nihon Keizai Shimbun on July 10 described Kan's dinner with d'Emilia, an outspoken nuclear opponent, as one in a series of study group meetings before the prime minister said July 13 that Japan should eventually terminate its reliance on nuclear power.

D'Emilia said he offered Kan advice on Japan's nuclear energy policy at the dinner table.

"I told (Mr.) Kan Japan should hold a national vote on whether to continue or abolish nuclear power, like Italy did," d'Emilia told The Japan Times by phone from a mountain resort in Italy.

The theme of the June 29 dinner was to celebrate publication of d'Emilia's Italian-language book "Tsunami Nucleare" ("Nuclear Tsunami"), he said.

Besides d'Emilia and Kan, the dinner was joined by Kan's wife and Katsunobu Sakurai, the mayor of Minamisoma, Fukushima Prefecture, as well as novelist Randy Taguchi and a few others, d'Emilia said.

The small party was held after a ceremony at the Italian Cultural Institute in Chiyoda Ward earlier in the day marking the book's publication.

After the Nihon Keizai article, bloggers picked up a brief biography of d'Emilia from an event hall's website stating he used to be a lawyer for the Red Brigades, a Marxist-Leninist terrorist group active in Italy in the 1970s and early 1980s.

He once was a guest speaker at the event hall.
Then the Sankei Shimbun on Monday ran a story with a headline implying d'Emilia is behind Kan's antinuclear position and has connections with an extreme leftist group.

The paper quoted Takaya Shiomi, former chairman of the Red Army Faction, as saying, "I heard from (d'Emilia) a story implying he used to represent Red Brigades members."
The articles poke fun at Kan for the relationship, while some bloggers are highly critical.

D'Emilia is upset with the misleading report and Internet gossip.

After he graduated in Rome with a law degree in 1979, he interned at a legal firm there for less than a year, he said. The firm represented Red Brigades members as well as many other people, handling many human rights issues, he said, adding that is the only connection he has with the Red Brigades.

"Japanese media wrote without checking," he said.
When Kan was health minister in Ryutaro Hashimoto's administration in the late 1990s, d'Emilia, who was then in charge of international public relations for Italian Prime Minister Romano Prodi, became an adviser to Kan on how an opposition party can come to power.

Prodi's center-left party, Olive Tree, defeated the center-right Pole of Freedoms in the 1996 general election in Italy.
Since then, Kan and d'Emilia have been friends and have often gotten together with their family members, d'Emilia said, adding he invited Kan and his wife to his house in Italy when they visited the country.

They have avoided taking advantage of their private connection with each other after Kan became prime minister, d'Emilia said.

The correspondent for Italian news channel Sky TG24, who came to Japan in 1979, went to the Tohoku region, including the front gate of the Fukushima No. 1 nuclear plant, soon after the March 11 quake and tsunami.

He wrote "Tsunami Nucleare" based on his reporting in Tohoku during the first month after the tsunami. He is now working on publishing a Japanese version. There is no plan for an English version.
japan times 2011.8.5
菅・ピオデミリア
2004年国会の近くの通りで撮影 
http://www.japantimes.co.jp/text/nn20110805f1.html 

「赤い旅団の弁護士でイタリアのジャーナリスト、ピオ・デミリア氏が菅と会食、反原発を示唆」という飛ばし記事が出てデミリア氏は困惑しているという内容だが
(飛ばしだとすると塩見孝也氏は嘘を言ってることになるが...↓)

デミリア氏はイタリアのロマーノ・プローディ首相の外交に関わっており、1990年代橋本龍太郎内閣で厚生労働大臣だった菅はデミリア氏を顧問にしてどう政権交代すれば良いかアドバイスをした

と書かれている
参考:【wiki】ロマーノ・プローディ 

政権交代....といえば「政権交代をめざす市民の会」が浮かぶ
この記事が正しければこの団体に関与している可能性もあるだろう
塩見孝也氏(日本赤軍)と面識があるのは確かなのだから
塩見孝也ーピオデミリア

菅首相と市民の党、拉致容疑者側をめぐる関係
 市民の党の入っているビルのオーナーは朝鮮総連傘下団体の在日本朝鮮青年商工会の役員であるようだ

自由報道協会の背後にも薄汚い勢力があるように思えて仕方がないのだが
そしてそれは朝日新聞の背後の薄汚い勢力と同じに思えるのだが
気のせいだろうか

参考 反原発と極左テロリスト1 

2012.12.7追記
野田イカ刺し
野田さんは叩かないんですか?


【youtube】京都大学大学院 藤井聡教授 講演(武蔵野公会堂)2010.6.30 
藤井聡教授「琵琶湖の生態系が悪くなってきましてその原因は生活排水など公害もありますが、最も本質的な問題はブラックバスなんですね。あるいはブルーギル。外来種が段々と増えてきて、最初は何か大きい魚がいてはるなーというくらいで誰も危機感を持ってませんでしたがこの外来種がめちゃめちゃ悪いやつなんですね。琵琶湖の小さい魚をバクバクバクバク食べるんです。何かこういう魚が増えてきたなと思ってたらまたたく間に日本古来の生態系が崩されてきた。これに対して気付くのが相当遅かったんですがこれ何とかせなあかんと闘ってるんですがまあこれなかなかしぶといですね。なんぼでも増えて行くわけです。
琵琶湖外来種駆除
駆除された琵琶湖の外来魚

今のこの日本の状況は琵琶湖とおんなじやなと。
最初の頃はですね何か大きいお魚さんいはっても一緒に生活してこか琵琶湖賑やかでええんちゃうかくらいでいたんですがまあ悪さしよるんですね。それで駆除しようと思うんですがなかなか駆除出来ないと。あろうことかわが国日本はそいつら権力の中枢に座ってしもたんですね。とんでもない状況であります。
ゲンゴロウブナにしても稚アユとか他の魚にしても見たところほんまにええ人なんですよところがブラックバスとかこんな口でブルーギルなんか背中ギラギラのブルーギル触ったら手怪我するような魚で。

あいつらこの琵琶湖をどうしようとか思っとらんわけですよもうあさましく食うたらええと彼らは琵琶湖がどうなろうと、この世界の話で言うと日本が潰れようと知ったこっちゃないんです。メシが食えたらええと思ってるわけです。我々はこの琵琶湖の中で何とか平和に暮らして行きたい仲良く暮らしたいそれだけなんです。別にブラックバスが好きとか嫌いでもなくて悪いことしはるからやっつけようとしてるだけでそこにいはるだけやったら全然構わないんですよ。琵琶湖の中で共に豊かに暮らせればそれでいいんですよ。琵琶湖を思う心があれば何だっていいわけですよ。しかしそれがないんですよあいつらには。」


【youtube】村田春樹 「移民の真実」 4/4 
6:50頃から
村田春樹氏「移民失敗国これどこだと思いますか。アメリカですよ。1620年にアメリカは北東部のある場所に102人の移民を受け入れたんです。その時受け入れなきゃ良かったんですよアメリカ人は。彼らは寒い冬を越せなかったのをアメリカ人は色んな食糧を援助したんですよ。そして何とか一年間生き残ったんだね。アメリカに来た移民はどうしましたか?お礼に周りにいたアメリカ人皆殺しにしたじゃないですか。私の言ったアメリカ人ていうのはネイティブアメリカンのことです。
我々はねネイティブアメリカンと言うと西部にいたのかと思うけど違うんですよ。東海岸からメキシコから全部ネイティブアメリカンのものだったんです。庇を貸して母屋を乗っ取られたんですよ。白人移民は母国の強大な武力とものすごい繁殖力と残忍で獰猛な性格と、嘘ばかりつく。現地のアメリカ人と470の条約を結んで全てそれを反故にしてるんですよ。みなさん今日本に来ようとしているどっかの国に似てませんか。」

【保守速報】在日に乗っとられた劇団四季が京都から撤退wwwwwwww 
こちらのサイトから
ソウル公演の条件として韓国人の入団を認めさせられる
 ↓
当然日本語がカタコトだから韓国人が出演する回は人気が無くなる
 ↓
韓国人と分からないように全員に日本風の芸名を与える(その後キャストの発表自体を取りやめる)
 ↓ 
どれがハズレ回か分からないので常連が来なくなる
 ↓
新規の客もカタコト韓国人の演技に失望して二度と来なくなる
 ↓
劇団四季終了
劇団四季・四季物語
韓中出身俳優100人以上....これを国際的劇団と言うのだろうか(なぜに3国だけ)

劇団四季には電通シアターがあるし
韓国観光公社HP・韓流ミュージカル
韓国観光公社HPより
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TE/TE_JA_7_5.jsp?cid=772366
パクって売るいつものパターンを踏襲している訳ですね


【ニコニコ動画】だから韓国人は黒人に嫌われる 
足がかりが出来たら一気に繁殖し自分達以外は排除する
共存共栄など彼らにはない

ネイティブアメリカンに食糧をもらった白人はこの時のことに感謝しthanks giving(感謝祭)という祭りにした
この祭りの由来を知った時には
虐殺しまくったくせによくも祭りなんて厚顔無恥でいられるなと茫然としたが

今日本に来ようとしている国は祭りにすらしてくれなさそうだ

追記2014.1.7
【wiki】松崎哲久
自衛官恫喝問題
産経新聞は2010年(平成22年)11月18日、同年7月27日に行われた航空自衛隊入間基地の納涼祭に来賓として出席した松崎が、駐車場係の隊員の対応に不満を抱き恫喝ともとれる発言をしていたと報じた。
記事によると、帰る際に松崎は駐車場からおよそ30m離れた場所から自分の車を呼ぶよう車両誘導担当の隊員に要求したが、歩行者の安全確保のため片側通行としていた道路を逆走する形になる為、隊員は駐車場まで歩くように要請した。
これに対し松崎は歩行者がいないからと車を寄せるよう指示し、拒否した隊員に「俺を誰だと思っているのか」と発言。その後、別の隊員の誘導で寄せた車に乗った際に拒否した隊員が「二度と来るな」とつぶやいたのを聞いて「もう一度言ってみろ」と迫り、その際に胸を鷲づかみにしたという。

市民の党への献金問題
2011年4月に行われた第17回統一地方選挙三鷹市議選に、よど号ハイジャック事件を起こしたよど号グループの元リーダー田宮高麿と、石岡亨・松木薫を欧州から北朝鮮に拉致した結婚目的誘拐容疑で国際手配を受けている森順子容疑者の長男森大志が立候補したが、この森が所属する政治団体『市民の党』に、松崎の団体である『基本政策研究会』から100万円の献金が行われていたことが、政治資金収支報告書から明らかになった。



松崎哲久氏のHPより
松崎哲久HP劇団四季
http://matsuzakit.jp/category/1328168.html
色々察し 

僕がネトウヨを辞めた理由
少し長くなるが申し訳ない。
民主党が選挙に大勝し、政権交代が実現した2009年8月30日。僕はネット右翼を辞めた。

選挙前、
下劣な中国人が日本を乗っ取る気だ。糞在日のせいで自分たちの血税が無駄になっている。
そんな野蛮人から日本を守るために、日本を日本人のための国にするために、野蛮国の手先である民主党には政権を渡してはいけない!
本気でそう思っていた。

何故そのような事を考えていたのか。今思うと、ネット特有の判官びいき的な部分、そして誰も知らない裏の情報を自分が知っているという優越感もあっただろう。
当時、自民党の様々な不祥事によって民主党が大躍進していた。毎日のようにテレビで繰り返される政権批判。民主党の政治家たちが政権交代をすれば暮らしは良くなると叫んでいた。
その頃の僕は、相も変わらずネット世界に入り込んでいた。ある日たまたま見た2ちゃんねるのスレ。民主党に政権を渡してはいけない!というものだった。
そこで見たものは、テレビでは一回も聞いたことの無いような話であった。中国・韓国の実態、民主党がどのような党なのか、自民党がどれだけ頑張っているのか、そしてそれを報道しないマスコミは在日の手先である……
当然、それに対する批判意見も出てくる。あまりに極端すぎないか。至極真っ当な意見だ。しかし、その意見に対するレスはたった一言だった。

マスコミが民主党に寄り過ぎているから、バランスを取っているだけ。

その日を境に、ネット右翼になった。自分のような人も多かったのだろう。その後も爆発的にこのような思想を持った人が増えたと思う。
愛国が正義だ。少しでも左寄りの発言をした者は在日であり、日本を乗っ取ろうとしているのだ。なんとしても潰さなければいけない。
自分はそれから少し後にできたyahooニュースのコメント欄に常駐していた。マスコミはいつものように政権批判記事ばかり。
そこに自分を含む大量の民主党・中国・韓国批判のコメント。今ほどコメントの削除体制がしっかりしていなかったので、膨大な量のコメントが毎日流れていた。
当然、批判意見も出る。しかし、そんな発言をした者は在日なのだ。悪なのだ。「そうは思わない」を大量に押され、個別に人格批判するコメントが流れる。それも当然だった。
そんな日が続き、選挙1週間前になった。テレビでは自民党ピンチ!民主党が第一党かなんてニュースが流れる。勿論直接ではないが、そのようなニュアンスであることは見ればわかる事である。
しかし僕は、そうは思っていなかった。なぜなら、ネットが真実だと思っていたからだ。
ネットでは、前にもまして自民党擁護・民主党批判が繰り広げられていたのだ。比率にして50:1くらいだったろうか。いや、それ以上かもしれない。
これがそのまま行けば、政権交代どころか民主党崩壊まである。そうなれば、自分は日本を救った一員になれるのだ。それくらいの気持ちでいた。
そして開票速報の時間になった。自民党の圧勝だ。せっかくだからご飯も豪勢にした。今日はお祝いだな―――

しかし、そんな思いは一瞬で崩れ去ることになる。

最後の最後まで、マスゴミの嘘だと思った。これは何かの間違いだ。きっと、またマスゴミが真実を隠しているに決まっている。
しかし、どの局も似たような数字、そして流れてくる政治家たちの声。いつの間にか、涙が止まらなくなっていた。
一体これは何の冗談なのか?麻生さんの敗戦の弁が流れている間、ずっとそれを考えていた。

気付いたら一晩経っていた。
もう仕方の無いことだ。これからは民主党に頑張ってもらおう。やってみないとわからないしね。そんな気分だった。自分でも驚くほどあっさりしていたのをまだ覚えている。

パソコンをつけて、いつも通りyahooのコメント欄を見る。たしかに悔しいが、仕方ない。現実は現実だ。民主党にも良い所はあるかもしれない。
しかし、コメント欄にあったものは予想とは全然違った。
「情弱どものせいで日本が終わった」「もう日本は中国の一部だね」「早く政権交代しろ!」・・・・

この人たちは何を言ってるんだろう?
それをいって何かになるのか?
何にもならないってつい昨日証明されたんじゃないのか?

その瞬間、全てを悟ってしまった気がした。

今の状態は、当時よりもひどいと思う。ネットで民主党・中国・韓国の話題が出れば総バッシングである。もう擁護意見なんて見つけるほうが大変だ。
思想の良し悪しなんて議論するだけ無駄、もとよりその思想が良いか悪いかなんて誰が決めるものでもない。それは当然のことである。
でも、もしこれを最後まで見てくれたなら、考えてほしい。

その思想は本当にあなた自身のものですか?
http://anond.hatelabo.jp/20110930005852 

このコピペをはじめて見たのは別のところで、バージョンが違ったのだが、見あたらないのでこちらを引用した
まず「ネトウヨ」という言葉は民団の造語
ネトウヨ連呼厨=民団工作員 
この民団新聞の記事によると「(外国人)参政権獲得運動を誹謗中傷する人」がネット右翼という定義らしい
(※違憲なので批判されて当然です)
ネトウヨ本部があってネトウヨは組織的に活動する秘密結社とでも思っているようだwwww
実際j-nsc自民党ネットサポーターズクラブが組織的に活動していると勘違いしているコメントも見たことがある
VANKじゃあるまいし
ネトウヨを叩くお仕事3 VANK 
自分がやっていることは他人もやっていると思うのが世の常ということだろうか


長谷川三千子さん
応援する我々の側としても一番気をつけなきゃいけないのは、これはかなり可能性が高いと思うんですが、安倍政権が実現してまず最初の二カ月三カ月の政策を見て、「あれ、何だ野田さんと変わらないじゃないか」という批判が必ず出てくると思うんですね。そこをせっかちに失望したり批判したりそっぽを向いたりしないで、こういうステップも究極の大目標に向けて必要なんだと我々が一つ一つ考える。これが非常に大事だと思うんです。
時代が安倍氏に追いついてきた 

西川京子さん
田舎で黙々とお魚とったりお米作ったりしている人達が、正直大変失礼な言い方ですけど日本の中心的なところであまり影響力がないような感覚があったんです。中流知識人が考えていることが一番まともなのかなっていうのがあったんですね。ところが全然違うと。実はそういう人達が一番本当のことを分かっているし、一言が重いし、日本ていうのは形から入るっていうんでしょうか、伝統とか行事とかお祭りとかをやる中で実は日本人の魂が繋がれてきたんだって実感したんですね。それから考えがネガとポジのように今までの考えと変わって日本は本当はこっちなんだと。
栗林大将の守ってくれた日本 

おもひでぽろぽろ
「東京の住人は自然を人間に脅かされたことのない手つかずのものと理解するが、田舎の住人は何世紀もかけて人の手によって作り上げられた風景であって本来の自然ではないことを知っている。」
「一見自然に囲まれたような田舎の風景は、実は人間が自然と戦い、共存できるようになった結果なのだ。そしてそれを維持するためには並ならぬ努力が必要なことも示される。」
『おもひでぽろぽろ』 映画評より
心に住む神2 


中韓=悪 これを排除しさえすれば万事解決するという二元論的思考は
被植民国=善 植民国=悪 というポストコロニアリズムの構図と同じ
私はこのコピペを書いた人はそういう枠組みでしかものが考えられない左翼なのだと思う
(そしてこのコピペのようにネットで不都合な真実を広めるのをやめて欲しいのだと思うwwww)
左翼の頭の中で描いた「ネトウヨ」像でいわゆるネトウヨ現象をはかると足元をすくわれることになるだろう

また戦後教育を受けて来た我々は誰しも左翼思想の枠組みの中にいる
なので「改革」で変わっていけばよいと安易に考えてもいる

大切なものを見誤り切り捨て一足飛びの結果を求めるのは革命思想ではないだろうか
我々が守ろうと思っているものはもっと地に足のついたものであるはずだ
おもひでぽろぽろ2
不自然に身にまとってしまった「戦後」というものを注意深く取り去っていけば必ず見えてくる


【youtube】【日いづる国より】西川京子、大東亜戦争と戦後日本[桜H24/7/27] 
2:06から
西川京子さん「また終戦記念日を迎える訳ですので私はあの戦争の意味と大きな視点で一度しっかりと日本人が検証をして、震災以後の新しい日本のスタートにすべきではないかと。
岡田幹彦さんという大学教授の書いてらっしゃる硫黄島の戦いの栗林忠道中将、その当時は、後から大将になられたんですが、硫黄島の戦いの意味を書いたものを読んだんですね。私はそれで目からうろこで、国民の皆様はあれは無条件降伏だと思ってらっしゃると思うんですね。私も国会議員になってからあれは無条件ではなく有条件降伏だとおぼろげには知ってましたけど栗林さん以下二万人の日本人が言わば負けたんですが、日本の皇室と国体維持それを勝ち取ったんだと。ドイツと圧倒的に違うのはアメリカが何十倍という兵力と戦力、軍艦何百隻、航空機1600機に対してわずか20何両かの戦車わずかの火器しか持たず三日ともたないだろうというのが36日間もったとそのすさまじさにアメリカ人は脅威を感じたわけですね。28000人向こうの死者の方が多かった。その栗林さんはアメリカ人に尊敬されていて、それでアメリカ人の手で『硫黄島からの手紙』という素晴らしい映画が出来たんでしょう。そのことと沖縄戦三カ月に渡る日本人の頑張りというのが本土決戦をアメリカ軍にあきらめさせたんですね。まだ300万人の陸軍兵力があったら500万投入しなきゃいけない。100万人の死傷者が出る。それではアメリカ国民が納得しないので実はアメリカの方があきらめたと。そのことをほとんど国民は知らないんですよね。アメリカの温情で日本は存続させて頂いてという洗脳教育を受けてますがそうじゃなくて硫黄島の戦い沖縄の戦いで亡くなった方犬死にのように言いますがそのおかげでこの国柄も皇室も残ったんだともう一度日本人が認識し直すと、先祖、先輩達に対する重いと日本のこれからの行く先が見えてくるんじゃないかと思って。」

すぎやまこういちさん「日本の国力を少しでも削ごうと、いわゆる反日の政治勢力が硫黄島の戦いを犬死にだというキャンペーンを長年やってきたでしょ。これ違うんですね。無条件降伏ではなくポツダム宣言になったという大きな違いがあったという訳で是非分かって欲しいことですね。

西川京子さん「日本人はやっぱりこの国を守り抜いたんだという認識で戦後もう一度考え直すと自主憲法成立とか中国尖閣の問題とか佳境に入ってますけどそれに対する日本政府のあり方が見えてくるんじゃないかと。私は安倍政権が誕生して一年間でしたけど防衛庁を防衛省に昇格して教育基本法改正して国民投票法この三つ。これだけすごいことをやった内閣が徹底して叩かれた訳ですね。それはひとえに安倍総理が戦後レジームからの脱却という一言を言ったがために左翼勢力、マスコミから学会から全て知識層を覆っている自虐史観、東京裁判史観に侵されてる人達が恐怖感を持って結局朝日の副編集長が「安倍の命は朝日がとる」とおっしゃったそうですけど(←朝日新聞若宮啓文主筆・筆者註)、徹底して安倍政権は叩かれたわけですよね。やめられる経緯についてお体の問題など色々あったんですが、(政権を)放りだしたという非常にマイナスなイメージでとらえられていますけど、大きな戦後のテーマを三つ解決した素晴らしい内閣だと思ってますので、是非混乱した政情の中で安倍総理には再登板して頂きたいと思っています。

私は教育基本法改正で党の勉強会で事務局も致しまして本当にみんながあらゆる意見を出して項目ごとにこうしようああしようときっちりやったんですね。そういったことはほとんど国民には報道してなくて、実は非常に王道のまともな政治をやった政権だったと是非私達は分かって頂きたいなと思います。

先日埼玉大学退官なさった長谷川三千子先生っていらっしゃるんですが長谷川三千子さんがネットで知り合った若い人達と一緒に安倍政権の意義というのを考えたんですが、若い人達が自主的に安倍政権を検証したらこんなに大きなテーマをきっちりやった内閣だったんだ。僕達はもっとしっかり勉強しなきゃいけないというので安倍さんに再登板を願う勝手連みたいなのを今作られているみたいなんですけど私も是非一緒に応援したいなと。」

中山恭子議員「長谷川三千子先生の文やご本や講義は日本を考える上で非常に指針になる素晴らしいお話が多いですね。」

西川京子さん「政治家みたいに派手にものを言うんでなくて実に地味なんですけどきちんと検証されて、そういう話が若者たちの胸を打つでしょうし、彼女は今一民間人として頑張ってますとおっしゃってました。」
参考:時代が安倍氏に追いついてきた

中山恭子議員「日本の中で生まれて日本国籍を持って今の国際社会の中で自分や子供や孫たちが安定した形で平和を維持していくためにはあらゆることを惜しみなく自分たちで力を注いでいきたいと、女性たちはみんなそう思っていますよね。」

西川京子さん「政治に携わる人間ほど過去の日本の歴史というものを検証しきちんと理解しておかないと。それが最低条件だと私は思うんですね。私正直お恥ずかしいですが国会議員になる前までは戦後教育を受けた立場で丁度学生時代は学生運動の華やかなりし頃でしたし、どちらかというと朝日ジャーナルを読むことが知的(笑)とまあそういう学生でしたよね。ノンポリでしたから運動はしませんでしたけど、そういう雰囲気の中で育ってたまたま田舎に嫁いだものですから180度ものの見方が変わったんですね。田舎で黙々とお魚とったりお米作ったりしている人達が、正直大変失礼な言い方ですけど日本の中心的なところであまり影響力がないような感覚があったんです。中流知識人が考えていることが一番まともなのかなっていうのがあったんですね。ところが全然違うと。実はそういう人達が一番本当のことを分かっているし、一言が重いし、日本ていうのは形から入るっていうんでしょうか、伝統とか行事とかお祭りとかをやる中で実は日本人の魂が繋がれてきたんだって実感したんですね。それから考えがネガとポジのように今までの考えと変わって日本は本当はこっちなんだと。東京にいて父が役人でしたから中流家庭だったんですけどむしろあっちは地に足がついてない頭でっかちだったと感じて、それから政治の方に目覚めたっていうのがありました。そういう伝統や形を軽視するところがありますが、日本の場合はそれに全て集約されているんですよね。子供のしつけにしても伝統文化にしても、そこから入っていくうちに本当の魂が自然に育っていくというような、それはすごいことで、私はそういう日本のやり方考え方宗教とかこれからは前面に出していく。それが日本の将来にとって一番いいことでしょうし、そういう子ども達をしっかり育てていく。

そのためには、負けて、洗脳されて、自分の国は悪いことをしたんだ、ではなくて、きちんと検証し直して誇りを持って先祖を敬うという感覚をスタートしないとだめなんだという思いをすごく持っています。」

すぎやまこういちさん「日本民族の素晴らしい資質と日本の文化に誇りを持てる教育をしなきゃいけない。」

中山恭子議員「自分の大切なものを自分を犠牲にしてでも守っていかなければいけない。子供達や孫の将来を考えると自分はなくなって良い訳ですので誰かのご機嫌をとりながらずる賢く生きる必要はないんです。一本調子である必要はないんですが、広く周りを見ながら、でも守りたいものは守るという自然に身についている事柄なんですね。」

すぎやまこういちさん「母性本能がいい方向に働くということがありますね」

西川京子さん「原始からそういう女性を男性がしっかり守ってくれたということもあるわけですよね。例の男女共同参画の話になりますけど、お互いに美質を大事にした方がいいんですよね。役割分担て決して差別ではなくて、そこを左翼の女性は徹底して差別は区別だとお話になるんでいやそれは違うってことを私はずっと言い続けているんですけど、女が男化することが自立ではなく、オフィスに行ってサラリーもらうことが仕事と思ってらっしゃる方多いんですが、昔から農業やったり漁業やったり商売している女性はみんなお仕事なさってるんですよね。その中で非常にうまく子育てもしていてそれが私本当だと思うんですね。変に肩肘張って子育ては他に全部委託したら「お母さん」にはなれないしその辺を本来の人間的な形に戻していかないと子供のおかしな状況もいっぱい増えてきていますからね。」

すぎやまこういちさん「その根っこにあるのは共産主義思想。家族というものを否定して集団農場で働かせる」

西川京子さん「日本の伝統の中ではそういう子育ても仕事も非常にうまく女の人がやってたのを男性が支えていたのを遮二無二に欧米的なとか共産主義的なとか変に共同参画事業とか色々やるからおかしくなるんであって、一度立ち止まってずっと続いてきたものには力があると、それを戦後のところで一気に切っちゃった訳ですよね。戦後と前の歴史が繋がってないという不幸がありますから、ここをきちんともう一度繋ぎ直して日本の伝統的なものを見直した中に戦後これからの日本の再生という未来がある。その第一歩が憲法改正、自主憲法制定か知りませんが、本当にこの問題徹底して頑張りたいですよね。」

中山恭子議員「自分達の憲法を持ちたいですね」

西川京子さん「あの『硫黄島からの手紙』は本来なら日本人が作るべき映画でしょう。よくアメリカ人があそこまで作ってくれたと思う反面、それだけアメリカの人達はあの戦いに日本おそるべしと、尊敬の念も持っていてくれたからこそだと。なのに日本人自身が日本軍というものに対して全くマイナスのイメージしか持たない。これは本当に不幸ですよね。戦争私決して肯定している訳じゃないですが戦争ってお互いフィフティ・フィフティですから負けたけれども素晴らしかった部分もある訳でここはもう一度検証し直さないと日本は立ち上がれないですよ。子供達にあなた達のおじいちゃんはこういう残酷なことをしてと、現実にうちの息子達が先生にそういう教育を受けている訳ですよね。そういう話だけ聞いて育った人は自分がこの国に生まれた意味も見いだせないでしょうし、ひいては引きこもりや色んなモラトリアムなど、家庭が甘やかす以前の問題で国に対する尊敬の念がないということが大きく影響していると思います。自分達の国を誇りを持って見て欲しいと思います。」

参考
『栗林忠道と硫黄島の戦い』日本政策研究センター 岡田幹彦主任研究員
http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=390 

自民党・新藤義孝議員は栗林忠道大将のお孫さん

【youtube】第4回みんなで行こうZE!!ダイジェスト(ナビ:新藤義孝)2010.4.17 

栗林忠道大将
新藤義孝議員HP
HP→ http://www.shindo.gr.jp/related/kuribayashi 

西川京子さん 福岡10区 HP→ http://www.nishikawa-kyoko.jp/

【保守速報】【動画あり】安倍晋三にビビる温家宝wwwwwww 中国は完全に安倍外交に屈していた!! 
こちらのサイトの情報ベースで

【youtube】安倍晋三がオンカホウの耳元でささやいた話 

安倍晋三さんが初めて中国に行った時、 出迎えている温家宝のところに行ってね、二言三言耳元でささやいたら棒立ちになっちゃった温家宝が。 

翌日の会談で温家宝はホント何も言わなかった。 

で、私は安倍さんにあの時アンタ何を言ったんですかって聞いたら 「いやあれはね、拉致問題だけはいわないでくれとゆう工作が中国側からいっぱいきてた。 
自分の外務省から。それは一杯言われたから。(外務官僚からですね?)外務官僚から。 
いや、国会議員でもね向こうの手先がいてね、『中国に行って拉致問題を言わない方が 
いいですよ』って言われたから俺は余計に言ったんだ」と。 

それはね、 
中国もアモイで拉致されたっていうのが、世界中で流れていた時だったんですよ、 
で、彼はつかつかと歩み寄って耳元で 
「拉致問題は中国にもありますよね」って言ったってんだ。 
ほしたら、温家宝は棒立ちになっちゃった。 

で、その棒立ちになった意味なんですけどね、 
私の感じは 
まずあれだけ中国大使館その他から(工作を)やっていたのがパアになっちゃったと。 
この人には中国の工作は全部通じない人なんだと。 
そういう首相が来たんだと。 
これは全部やりかえなきゃいかんと。 
というのがひとつ。 

もうひとつは、明日きっと胡錦濤に叱られると。 
(中略) 
翌日、温家宝は何にも言わなかった。日本に対して。 

日下公人 chさくら闘論! 倒論! 討論!より


中国は完全に安倍外交に屈していた
 そういうことをマスコミは書かないから、日本人は気がついていない。ところが、在日元中国人評論家の石平さんはそれを書いた。石平さんによれば、北京に行ってみると、もうみんな「日本に負けた。完全に日本にグリップされた。我々はそれに対して戦う手段がない」と言っているそうだ。

 それを聞いた麻生さんは、「たしかに、外務大臣として北京へ行ったとき、中国の胡錦濤国家主席はもう困り果てていた。本当に立ち往生していた」と言っていた。

 「これからいったい誰が総裁になるのでしょうか、やはり安倍晋三がなるのでしょうか」「おそらくなるでしょう」「では安倍晋三に対して、我が中国はどうすればいいでしょうか。教えてください」――というやり取りがあったそうだ。そこで、安倍晋三さんが中国へ来たとき「まずは全面屈服してください」と言ったら、本当にそうしたらしい。

 それなのに日本の新聞やテレビは、「北京詣をした」と報道した。「安倍はさっそく北京詣をした」というふうに、悪口ばかり言う。しかし、中国側はもう反日的なことをまったくしなくなって、ただ静観しているだけであった。あれは完全に安倍外交に屈服していたのだろう。

 そういう経緯を知っていた石平さんは、安倍政権が終わったとき、「せっかく中国をあそこまで追い詰めたのに、辞めてしまって残念だ」と言っていた。それを中国人の石平さんが言うのは変だと思って聞いてみると、「実は中国国民は大変残念に思っています。あのまま安倍外交が続いて中国共産党がなくなってくれるのが、13億人の中国国民のためです。日本が助けてくれると思っていたのに残念です」と語った。

 わたしはうなってしまった。日本の評論家でそこまで考えている人はいるのだろうか。それくらいの目で世界を見てほしいものだ。日下公人 BPnet2008.4.17
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/p/73/index2.html 


【youtube】【長谷川三千子】時代が安倍氏に追いついてきた[桜H24/10/4] 
11:00頃から
長谷川三千子さん「難しい大事業というのは決して一直線には、さあ戦後レジームからの脱却だ、さあ何もかもひっくり返そうと、そういう格好では絶対に出来ないんですね。いかに大きくて難しい課題かということを考えれば考える程それを応援する側も本当に賢くならなければいけない。私が安倍応援団の一人になったのは勿論そういう正しい究極の目標を掲げるほとんど唯一の政治家だということがあるんですけれども、ここ半年例えば小川さんの『約束の日』という本の元の原稿を読んだり、実際にご本人にお目にかかったりして段々分かってきたのは安倍晋三さんという政治家は非常に大きい目標にどんな風に立ち向かったらいいのか心得てらっしゃる政治家だと。一見すると「何だアメリカに迎合してるじゃないか」と思われるようなそういうステップも最初のうちは必要かもしれない。中国に対しても「もっと強い態度で行かなくちゃいけない弱腰だ」と批判されるようなステップも踏まなければいけないかもしれない。一直線ではないステップを確実に積み重ねていってアメリカに対して対等に議論が出来るようなところにじわじわと日本の国力をつけていく。身心共に日本の体力をつけていくというステップを踏まなければいけないこともよく分かってらっしゃる政治家だと段々分かって来たんです。

応援する我々の側としても一番気をつけなきゃいけないのは、これはかなり可能性が高いと思うんですが、安倍政権が実現してまず最初の二カ月三カ月の政策を見て、「あれ、何だ野田さんと変わらないじゃないか」という批判が必ず出てくると思うんですね。そこをせっかちに失望したり批判したりそっぽを向いたりしないで、こういうステップも究極の大目標に向けて必要なんだと我々が一つ一つ考える。これが非常に大事だと思うんです。

水島社長「一歩一歩やってくしかないんですよね。そんな急激に革命が起こるわけじゃないし我々自身も準備が出来ていない。最初の6年前の安倍政権の時に河野談話踏襲とか色々な時非常に悩みましたけど、党内基盤が固まってないからこれをやらざるを得ないと。靖国だけはどうしても行って欲しかった。これはちょっと批判しましたけれど我々自身を見た時にもそう変われるものじゃない。一歩一歩変えていくしかない。それが保守だってことを自覚する必要があると。すぐにみんなね、あれもやってもらいたいこれもやってもらいたい何だこりゃ裏切ったんじゃないかとなっちゃうんでね、本当に小さな可能性の流れが出来はじめたんでこれを枯らしてはいけないと」

長谷川さん「これを大事に育てていかないといけないという気がしますね」


水島社長が言うように保守系の人でも批判していたし、批判する人もいる
安倍晋三私は北鮮に狙われた01-3jpg
従軍慰安婦問題は北朝鮮の工作 
この番組自体結論ありきで安倍さんの言い分を公平に伝えるためというよりは必死で言い訳しているという印象づけするための悪意を感じる

自らフリップを持って自ら説明する安倍さんには後ろ暗いことはないし覚悟もしているのだろう
自分を貶め丸めこもうとしてくる黒岩アナウンサー(当時・現神奈川県知事)相手に訥々と語る安倍さんを批判する気にはとてもなれない
それに屈しない安倍さんに黒岩アナウンサーはいらだちを感じているように見える


こちらのサイトにあったコメント
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4804.html 

一粒のタネが花開くには、肥料も水もいる

安倍さんは、かつての総理時代には色んな逆風で苦労し、やりたいことが十分にやれなかったきらいがあると思います。 
安倍さん一人で孤軍奮闘できることは限られています。 
なにしろ日本は民主国家であり独裁ではない、だから現在の国民世論を牛耳っているマスコミに完全に逆らうことはできないのです。 

例えば東条英機のお嬢さんである東条由布子さんは、大東亜戦争前夜のことを以下のように述べていました。 
東条英機首相は、天皇陛下により参戦を避けてほしいとのご意向を受けたが、当時の加熱したマスコミ報道の影響により、圧倒的な世論は「参戦すべし」であった。 
東条首相といえど、こうした世論に逆らうことはできなかった。 
『参戦前夜、陛下のご意向をかなえることができなかった父は、布団の上で男泣きに泣いていたことを覚えています」とおっしゃっていました。 

つまりどれほど権力の側にいても、民主主義社会においては自分の信念だけで発言したり行動するわけにはいかないのだと思います。 
我々はその当時、どれだけ安倍総理を支えることができたでしょうか? 

だから今度こそは、安倍総理がご自分の信念を存分に発揮できるよう、皆で支えようではありませんか。

慰安婦問題はなぜ解決しなかったのか?

10月14日(日)の「ゴー宣道場」は
『慰安婦問題、アゲイン!』だが、
要するに趣旨は「日本の右傾化の原点に戻ろう」ということだ。

「慰安婦強制連行説」との戦いがなければ、現在の日本のナショナリズム高揚のきっかけはなかった。
アメリカの新聞から「日本は右傾化してる」と書かれる状況もなかった。

安倍晋三とはわしが「新しい歴史教科書をつくる会」の理事をやってた頃に知り合った。亡き中川昭一もその頃に知り合った。
わしは日本の右傾化の原点からずっと観察してきた。
「空気」は変えられたのだが、結局、その原点である「慰安婦問題」は決着させられなかった。
いや、国内的には「強制連行」などないというのは常識になったが、国際的には逆に「性奴隷」という認識が拡がってしまった。

なぜそうなったのか?

誰がそうしたのか?

あの頃、再生したナショナリズムは、安倍政権の誕生で結実したかに見えた。
それがなぜ挫折し、なぜこのようなネトウヨとの連携という歪な形で甦ろうとしているのか?
「保守」というものの定義が出来なかったことに、大きな原因があるとは思う。
では、なぜ定義が出来なかったのか?

オルテガやバークなどの海外の知識人を持ち出して、一部の知識人だけで保守とはなんぞやの定義をひけらかしても、言論オタクを作り出すことしか出来なかった。
「美しい日本」などという戯れ言が、「下痢まみれの日本」でしかないのは、もうわからなければならない。
「倫理」も「道義」もない「醜悪」なナショナリズムは、ネットの負の側面である「匿名性」を利用した「空気」の圧力で作られた。
いわば「地下ナショナリズム」というべきものであろう。
「地下ナショナリズム」が日本をさらに劣化させていく恐れがある。
若者はもう慰安婦問題の発生もその帰趨も知らない。

今こそ、原点に返ろう!2012.10.3『ゴー宣道場』HPより引用(改行などは変更しました)
https://www.gosen-dojo.com/index.php?active_action=journal_view_main_detail&block_id=736&page_id=0&post_id=1443&comment_flag=1 

私の手元に一冊の本がある
『教科書の教えかねない自虐』という従軍慰安婦問題を扱った小林よしのり氏の本
私はこの本を読んで従軍慰安婦問題が分かった気でいたがそこには抜け落ちている要素がある
(※この本自体は面白いし貴重な資料です)
何度も何度も繰り返し書いてきた北朝鮮の関与だ
従軍慰安婦問題は北朝鮮の工作 

『教科書の教えかねない自虐』の中には松井やより氏も出てくる
VAWWーNETにも言及している
なのになぜそこをスルーするのか
安倍晋三私は北鮮に狙われた01-4jpg
安倍晋三議員はスルーしなかった


【佐藤優の眼光紙背】小林よしのり氏とパチンコ問題

 政治漫画家の小林よしのり氏のキャラクター『おぼっちゃまくん』がパチンコになったことが問題になっている。6月3日発売の『SAPIO』(小学館)で、小林氏が以下の釈明をしている。この釈明を読んで、筆者ははじめて小林氏の台所事情がわかった。
 <作品は6人がかりで一日12〜13時間描き続けても、一日2枚しか上がらない。だが原稿料の作画にかかる経費のことは一切考えられていないので、ものすごく安い!毎月、累積する赤字を単行本の印税で補填するしかない!単行本が年30万部以上売れなければ大赤字が出る。この出版不況でそれだけ売るのは、益々、困難になってきた。

 わしが30年以上やってこれたのは、子供を諦めて働き、貯蓄し、ヒットが出ない時は、貯金を切り崩してピンチをしのぐようにしてきたからだ。

 こんな不況の中で、一般誌に連載していない『卑怯者の島』を2〜3か月、原稿料なしで描ける余裕などない。だがパチンコがヒットすればそれも可能になる。これはありがたい!>

 実に正直な告白だと思う。ちなみに小林氏はこの釈明の中で、筆者についてこう言及している。
<佐藤優と鈴木宗男とその腰ぎんちゃくや金魚のフンどもが奇妙なことを言った。小林よしのりは金儲けのために描いている!>

 確かに私はそのような認識をもっている。しかし、筆者はそれを「悪い」とはひとことも言っていない。筆者を含む職業作家は、誰もが「金儲け」のために仕事をしているからだ。問題は、どのような言説で金儲けをするかである。筆者は、小林氏のいくつかの言説に強い異論をもっている。そのことで筆者と小林氏の間に諍いが生じた。この点については他の媒体で詳しく論じているので、ここでは繰り返さない。この諍いの過程で、筆者は小林氏が、北方領土が千島列島に含まれるか否かという、領土問題の基本認識ができていないのではないかという疑念をもつようになった。これは些細な問題ではない。1951年のサンフランシスコ平和条約2条c項で日本は千島列島を放棄している。「北方四島は千島列島ではない」ということは、領土問題の基本中の基本だ。筆者は、現役外交官時代を含め、北方領土問題には真剣に取り組んできたつもりだ。沖縄問題、アイヌ問題についても小林氏の言説には違和感があったが、北方領土問題をめぐる小林氏の態度を見て、この人の思想に対する基本姿勢が筆者とは根本的に異なるという認識が決定的になった。

 小林氏が、子供を諦めて働き、貯蓄し、ヒットが出ない時は、貯金を切り崩してピンチをしのぎ、パチンコであてて何を表現したいのだろうか? 筆者にはそれがまったく見えない。

 小林氏は、<身を持ち崩すような毒もパチンコにはあるかもしれないが、それこそ自己責任だ>と自己責任論を展開する。また、小林氏は批判に対して、<ネット右翼は、商売を汚いことだと見なす社会主義的な体質がある。>、<パチンコひとつでガタガタ言っているような匿名のカスなど眼中にない!>と言い切る。ほんとうに小林氏はそう思っているのだろうか? ネットで本件について書き込みをしている人々の多くは、小林氏の愛読者で、小林氏のことを心配しているのだと思う。小林氏の釈明を読んで、何とも形容しがたい悲しみを覚えた。(2009年6月3日脱稿)
http://blogos.com/article/23319/ 


【youtube】2/3【討論!】パチンコは国を滅ぼすか?[桜H23/6/11]
『嫌韓流』作者の山野車輪氏
36:26頃から
山野氏「パチンコやってる人は誰の役にも立たないって言いますけど、役に立っているんですよ。それだけお金が回っているということはそのお金が別のところに流れているっていうことでそのうちの一つが」
水島社長「北朝鮮?」←wwww
山野氏「アニメですね。マンガアニメの権利者にお金が行ってる訳ですよ。それによってマンガアニメで経営が苦しいところが助かってるという側面があるんですよね。例えばエヴァンゲリオンって一回衰退しましたけれどもパチンコマネーによって再び盛り上がってエヴァンゲリオン新劇場版作られましたし、マクロスフロンティアもパチンコで盛り上がった。マンガアニメの作り手にお金が行ってるのだから作品の受け手はあんまりパチンコに足向けて寝られないんじゃないかと思うんですよね。」

札束で頬を叩かれているという訳か

ゴー宣反天連2
反天連は日本人の左翼団体と書く小林氏

反天連HP
15ツイ用
在日本韓国YMCA100周年
韓国YMCA100周年

民団新聞在日同胞21世紀委員会2http://www.mindan.org/21c/hitobunka.htm
民団・在日同胞21世紀委員会 金広照委員 在日韓国YMCA理事

従軍慰安婦問題も反天連もパチンコも全部同根だと本気で気付かないのだろうか
私は西早稲田2-3-18を調べていくうちにその先々に既に在特会が抗議活動をしていて在特会の正しさを知った
反天連、辺野古テント村、経産省前反原発テントみなそうだった
それでも「右傾化」「ネトウヨ」「地下ナショナリズム」などと言うつもりだろうか


【youtube】なぜパチンコは悪なのか? why is pachinko bad? 
18:00頃から
こども「今日学校で言っていたんだけど昔日本に電子麻薬パチンコというのがあったんだって。どうして今ないんだろう?」
おかあさん「10年前、ちょうどあなたが生まれた頃に東日本大震災と原発事故があって甚大な被害と多数の尊い犠牲者が出てしまったの。だけど、それで日本人は1945年の敗戦からそれまでの間忘れさせられていた価値観を取り戻したの。それまで、他人や社会の問題に無関心装って、知らんぷりして「自分には関係ない」「波風立つの嫌だから何もしない」という人が多かったの。」
こども「なんか嫌な奴だねー。思いやりがないよ」
おかあさん「うん、そうだね。それで、問題意識を持った若い人を中心として議論や抗議が湧きおこって当時根深い問題の一つだったパチンコも日本から無くしたの。日本中にあった賭博場(パチンコ)が消えスポーツジムみたいなテナントが入ったり多目的施設・公園になったりしたの。中毒患者が出続けることもなくなったわ。それまでパチンコでぐるぐる回っていた膨大なお金が他の産業やそのほかの実りあるものに流れて、日本は奇跡の大復活を遂げたの。」
こども「へえぇ、だから日本は暮らしやすい国世界1位なんだね。おかあさん行動してくれてありがとうね!」
パチンコはなぜ悪か
この動画は
匿名性を利用した「倫理」も「道義」もない「醜悪」なナショナリズムによる動画だろうか
この動画を個人で作るのは大変だと思うがそれは「醜悪」なナショナリズムのためだろうか

民団の工作活動と韓流2 
この動画で小林氏は完全に工作活動のターゲットとされたらしいことが伺える
ネット上で北朝鮮を軽く見る書き込みを散見するが
以前は北朝鮮による拉致はなかったとされていたことを考えて欲しい
小林氏一人取り込むことくらいはするだろう

最近ネトウヨ連呼厨になってしまった『SAPIO』を出版している小学館
孫正義伝
me
孫正義氏も韓流も北朝鮮と繋がっている
韓流と北朝鮮

このカラクリを仕掛けた人達
反日ネットワークの正体 
 従軍慰安婦問題の黒幕
 日本を敗戦国のままにしておく装置 


追記2013.8.31
今更ながら『ニセモノ政治家の見分け方』を読んでみた
言いたいことは沢山あるのだが決定的に間違っている(あるいは意図的にスルーしている)ことを指摘しておく
ニセモノ政治家の見分け方p20
p20 慰安婦問題について描いた漫画の単行本化をしないことを求めてきた団体及び個人
(写真ではわからないと思うが、日本キリスト教団、ナヌムの家などの名前が並ぶ)
韓国の伝統を受け継ぐナヌムの家
 ニセモノ政治家の見分け方p226
p226「私に対しても、いろいろ嫌がらせがあったが、どこから来ているかはわかるんですよね」
サヨク改め詐翼 

片山さつき議員のことを散々に批判しているが、これらの団体は元を辿ればほぼ同一のところに行きつく
つまり
西早稲田2-3-18である
それでいながら小林氏は人権擁護法案には反対しているので全く訳がわからない

そして文中ネトウヨ批判に安田浩一氏の著書を使っているが
安田浩一氏も反天連の集会に参加している
つまり小林よりのり氏に抗議してきた団体繋がりの人物である
ネトウヨを叩くお仕事4 反日左翼活動家安田浩一 
 『ネットとサヨク-反日ジャーナリストの闇を追いかけて-』
ヤスクニの闇安田浩一韓

参考 クリエイター総サヨク化
    ニダヤ東郷和彦  

村上春樹さん寄稿 領土巡る熱狂「安酒の酔いに似てる」

 作家の村上春樹さん(63)が、東アジアの領土をめぐる問題について、文化交流に影響を及ぼすことを憂慮するエッセーを朝日新聞に寄せた。村上さんは「国境を越えて魂が行き来する道筋」を塞いではならないと書いている。

 日本政府の尖閣諸島国有化で日中の対立が深刻化する中、北京市出版当局は今月17日、日本人作家の作品など日本関係書籍の出版について口頭で規制を指示。北京市内の大手書店で、日本関係書籍が売り場から姿を消す事態になっていた。

 エッセーはまず、この報道に触れ、ショックを感じていると明かす。この20年ほどで、東アジアの文化交流は豊かになっている。そうした文化圏の成熟が、尖閣や竹島をめぐる日中韓のあつれきで破壊されてしまうことを恐れている。

 村上作品の人気は中国、韓国、台湾でも高く、東アジア文化圏の地道な交流を担ってきた当事者の一人。中国と台湾で作品はほぼ全てが訳されており、簡体字と繁体字、両方の版が出ている。特に「ノルウェイの森」の人気が高く、中国では「絶対村上(ばっちりムラカミ)」、台湾では「非常村上(すっごくムラカミ)」という流行語が生まれたほどだ。韓国でもほぼ全作品が翻訳され、大学生を中心に人気が高い。東アジア圏内の若手作家に、広く影響を与えている。(村上さんの寄稿エッセー全文は以下)

     ◇

 尖閣諸島を巡る紛争が過熱化する中、中国の多くの書店から日本人の著者の書籍が姿を消したという報道に接して、一人の日本人著者としてもちろん少なからぬショックを感じている。それが政府主導による組織的排斥なのか、あるいは書店サイドでの自主的な引き揚げなのか、詳細はまだわからない。だからその是非について意見を述べることは、今の段階では差し控えたいと思う。

 この二十年ばかりの、東アジア地域における最も喜ばしい達成のひとつは、そこに固有の「文化圏」が形成されてきたことだ。そのような状況がもたらされた大きな原因として、中国や韓国や台湾のめざましい経済的発展があげられるだろう。各国の経済システムがより強く確立されることにより、文化の等価的交換が可能になり、多くの文化的成果(知的財産)が国境を越えて行き来するようになった。共通のルールが定められ、かつてこの地域で猛威をふるった海賊版も徐々に姿を消し(あるいは数を大幅に減じ)、アドバンス(前渡し金)や印税も多くの場合、正当に支払われるようになった。

 僕自身の経験に基づいて言わせていただければ、「ここに来るまでの道のりは長かったなあ」ということになる。以前の状況はそれほど劣悪だった。どれくらいひどかったか、ここでは具体的事実には触れないが(これ以上問題を紛糾させたくないから)、最近では環境は著しく改善され、この「東アジア文化圏」は豊かな、安定したマーケットとして着実に成熟を遂げつつある。まだいくつかの個別の問題は残されているものの、そのマーケット内では今では、音楽や文学や映画やテレビ番組が、基本的には自由に等価に交換され、多くの数の人々の手に取られ、楽しまれている。これはまことに素晴らしい成果というべきだ。

 たとえば韓国のテレビドラマがヒットしたことで、日本人は韓国の文化に対して以前よりずっと親しみを抱くようになったし、韓国語を学習する人の数も急激に増えた。それと交換的にというか、たとえば僕がアメリカの大学にいるときには、多くの韓国人・中国人留学生がオフィスを訪れてくれたものだ。彼らは驚くほど熱心に僕の本を読んでくれて、我々の間には多くの語り合うべきことがあった。

 このような好ましい状況を出現させるために、長い歳月にわたり多くの人々が心血を注いできた。僕も一人の当事者として、微力ではあるがそれなりに努力を続けてきたし、このような安定した交流が持続すれば、我々と東アジア近隣諸国との間に存在するいくつかの懸案も、時間はかかるかもしれないが、徐々に解決に向かって行くに違いないと期待を抱いていた。文化の交換は「我々はたとえ話す言葉が違っても、基本的には感情や感動を共有しあえる人間同士なのだ」という認識をもたらすことをひとつの重要な目的にしている。それはいわば、国境を越えて魂が行き来する道筋なのだ。

 今回の尖閣諸島問題や、あるいは竹島問題が、そのような地道な達成を大きく破壊してしまうことを、一人のアジアの作家として、また一人の日本人として、僕は恐れる。

 国境線というものが存在する以上、残念ながら(というべきだろう)領土問題は避けて通れないイシューである。しかしそれは実務的に解決可能な案件であるはずだし、また実務的に解決可能な案件でなくてはならないと考えている。領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは往々にして出口のない、危険な状況を出現させることになる。それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。人々の声は大きくなり、その行動は粗暴になる。論理は単純化され、自己反復的になる。しかし賑(にぎ)やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。

 そのような安酒を気前よく振る舞い、騒ぎを煽(あお)るタイプの政治家や論客に対して、我々は注意深くならなくてはならない。一九三〇年代にアドルフ・ヒトラーが政権の基礎を固めたのも、第一次大戦によって失われた領土の回復を一貫してその政策の根幹に置いたからだった。それがどのような結果をもたらしたか、我々は知っている。今回の尖閣諸島問題においても、状況がこのように深刻な段階まで推し進められた要因は、両方の側で後日冷静に検証されなくてはならないだろう。政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ。

 僕は『ねじまき鳥クロニクル』という小説の中で、一九三九年に満州国とモンゴルとの間で起こった「ノモンハン戦争」を取り上げたことがある。それは国境線の紛争がもたらした、短いけれど熾烈(しれつ)な戦争だった。日本軍とモンゴル=ソビエト軍との間に激しい戦闘が行われ、双方あわせて二万に近い数の兵士が命を失った。僕は小説を書いたあとでその地を訪れ、薬莢(やっきょう)や遺品がいまだに散らばる茫漠(ぼうばく)たる荒野の真ん中に立ち、「どうしてこんな何もない不毛な一片の土地を巡って、人々が意味もなく殺し合わなくてはならなかったのか?」と、激しい無力感に襲われたものだった。

 最初にも述べたように、中国の書店で日本人著者の書物が引き揚げられたことについて、僕は意見を述べる立場にはない。それはあくまで中国国内の問題である。一人の著者としてきわめて残念には思うが、それについてはどうすることもできない。僕に今ここではっきり言えるのは、そのような中国側の行動に対して、どうか報復的行動をとらないでいただきたいということだけだ。もしそんなことをすれば、それは我々の問題となって、我々自身に跳ね返ってくるだろう。逆に「我々は他国の文化に対し、たとえどのような事情があろうとしかるべき敬意を失うことはない」という静かな姿勢を示すことができれば、それは我々にとって大事な達成となるはずだ。それはまさに安酒の酔いの対極に位置するものとなるだろう。

 安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いでしまってはならない。その道筋を作るために、多くの人々が長い歳月をかけ、血の滲(にじ)むような努力を重ねてきたのだ。そしてそれはこれからも、何があろうと維持し続けなくてはならない大事な道筋なのだ。

     ◇

 むらかみ・はるき 1949年生まれ。早稲田大卒。著書に「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ノルウェイの森」「アンダーグラウンド」「1Q84」など。レイモンド・チャンドラー「リトル・シスター」など翻訳書も多数。読売文学賞、フランツ・カフカ賞、朝日賞、エルサレム賞など国内外の賞を受賞。朝日新聞2012.9.28
http://digital.asahi.com/articles/TKY201209270753.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201209270753 

韓流は文化侵略
現在のように領土問題が持ち上がった時にも韓国擁護するように仕向けることを最終目標としている
ファンを政治利用するための韓流 
民団の工作活動と韓流2 
このように領土問題より文化交流を大切にと言う良心的()文化人は韓国にとって実に都合のよい存在だ
故・電通成田豊氏のように韓国政府から勲章がもらえるかもしれない
フジテレビ日枝久会長のように高麗大学から名誉経済学博士号がもらえるかもしれない
日枝会長

案の定中央日報に記事が載っている
「このような進歩的()日本人もいる」とプロパガンダの正当づけに利用されている

村上春樹氏「日本の政治家、ヒトラーの結末を見よ」

 『ノルウェイの森』、『海辺のカフカ』 『1Q84』などで有名な日本の世界的作家、村上春樹氏(63)が28日、領有権をめぐるアジア国家間の葛藤を懸念するエッセーを朝日新聞に載せた。村上氏のエッセーはアジア全体に伝えるメッセージだ。しかしエッセーの内容は、最近の領土問題で急速に右傾化している日本国内に向けたものだ。 以下はエッセーの要約。

 東アジア地域における最も喜ばしい達成のひとつは、そこに固有の「文化圏」が形成されてきたことだ。私の経験に基づいて言えば、「ここに来るまでの道のりは長かった」ということになる。以前の状況はそれほど劣悪だった。どれくらいひどかったか、ここでは具体的事実には触れないが、最近では環境は著しく改善された。いま「東アジア文化圏」は豊かな、安定したマーケットとして着実に成熟を遂げつつある。音楽や文学や映画やテレビ番組が、基本的には自由に等価に交換され、多くの数の人々に楽しまれている。これはまことに素晴らしい成果というべきだ。

 たとえば韓国のテレビドラマがヒットし、日本人は韓国の文化に対して以前よりずっと親しみを抱くようになった。韓国語を学習する人の数も急激に増えた。それと交換的にというか、たとえば僕がアメリカの大学にいるときには、多くの韓国人・中国人留学生がオフィスを訪れてくれたものだ。彼らは驚くほど熱心に僕の本を読んでくれて、我々の間には多くの語り合うべきことがあった。このような好ましい状況を出現させるために、長い歳月にわたり多くの人々が心血を注いできた。

 今回の尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題や、あるいは竹島(独島の日本名)問題が、そのような地道な達成を大きく破壊してしまうことを、一人のアジアの作家として、また一人の日本人として、僕は恐れる。国境線というものが存在する以上、残念ながら領土問題は避けて通れないイシューである。しかしそれは実務的に解決可能な案件であるはずだし、また実務的に解決可能な案件でなくてはならないと考えている。領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは出口のない、危険な状況を出現させることになる。

 それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。人々の声は大きくなり、その行動は粗暴になる。論理は単純化され、自己反復的になる。しかし賑やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。そのような安酒を気前よく振る舞い、騒ぎを煽るタイプの政治家や論客に対して、我々は注意深くならなくてはならない。

 1930年代にアドルフ・ヒトラーが政権の基礎を固めたのも、第一次大戦によって失われた領土の回復を一貫してその政策の根幹に置いたからだった。それがどのような結果をもたらしたか、我々は知っている。政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ。安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いでしまってはならない。その道筋を作るために、多くの人々が長い歳月をかけ、血の滲むような努力を重ねてきたのだ。そしてそれはこれからも、何があろうと維持し続けなくてはならない大事な道筋なのだ。中央日報2012.9.29
http://japanese.joins.com/article/459/160459.html?servcode=A00&sectcode=A10 
ダブるところも多いが全文掲載した

「右傾化する日本=ナチス」この図式は9条の会と同じ
マスコミ九条の会HP
マスコミ九条の会HP
旭日旗韓国国会議員
旭日旗とナチス旗を同一視し、非難する韓国国会議員

ホロコーストなど無縁な日本とナチスを自ら同一視するような文を書くとは
東京大空襲・原爆・東京裁判を考えると日本の方がホロコースト被害者ではないだろうか

ナチスと日本を同一視する九条の会は北朝鮮とべったりの組織
九条の会おおさか呼びかけ人

平和フォーラムさようなら原発集会キャプチャ
△韓国の手先 ○北朝鮮の手先 鳥越俊太郎 


「あなたは被害者で絶対善 私は加害者で絶対悪」
この考えを利用したのが北朝鮮による日韓離反工作
反戦、平和と綺麗事を唱えている自分の手がどんなに汚れているか少しは自覚したらどうだろう
従軍慰安婦問題は北朝鮮の工作 
北朝鮮の日韓離反工作
北朝鮮の工作によって不当にバッシングされた安倍晋三議員をヒトラー再来とでも言いたいのだろうか
日本人は朝鮮人女性を性奴隷にした犯罪民族だから黙って拉致されてろとでも

九条の会呼びかけ人
http://www.9-jo.jp/profile.html 

「日本軍=悪」だと都合がよい国々の主張に迎合すればノーベル文学賞という御褒美がもらえる
御褒美欲しさに日本人は魂を売れと
自身の本の売れ行きのために日本人全員を加害者に仕立て上げてよいと


『アンダーグラウンド』『約束された場所で』はオウム真理教・地下鉄サリン事件を題材にしたノンフィクションだが
村上春樹の名は伏せて取材は他人がやり(笑)取材結果を元に再調査なり再インタビューして本にまとめたもので
これをノンフィクションとかルポルタージュと称していいのか私は個人的に疑問に思っていた
このような取材方法で本を書く人だからオウム真理教と北朝鮮との繋がりに気付かなかったのか(気付かないふりをしたのか)自身の主張が北朝鮮べったりの組織と同じでも平気でいられるのだろう

「国境をなくし魂が溶解した」地球市民は日本を守りたい日本人の害悪であり
「多くの人々が長い歳月をかけ、重ねてきた血の滲(にじ)むような努力」を敵国のプロパガンダに乗せられ無に帰す張本人である

このような「毒酒」に「安酒」などと言う資格はない 

このページのトップヘ