北朝鮮拉致問題と背乗り(ハイノリ) 第3回
公安警察vs.北朝鮮工作員「ナミが出た!」竹内明(TBS『Nスタ』キャスター)

「日本への潜入は簡単だった」
拉致問題の教訓として、もう一度考えるべきは、インテリジェンスとカウンターインテリジェンス(防諜)の体制強化だ。なぜなら、拉致は北朝鮮の一部組織による犯罪ではなく、国家ぐるみの諜報活動の一環でおこなわれたからだ。

前出の北朝鮮対外連絡部に所属した元工作員は語る。
「拉致の目的は、連れてきた日本人に工作員教育をして、再び日本に送り返すためでした。もし工作員に適していなければ、対日工作員に日本語を教える教師や日本語の資料整理などに従事させました。拉致した日本人たちの身分は、北朝鮮工作員が日本に浸透するときに使う計画だったはずです」

身分の利用。これは「背乗り」と呼ばれる手口だ。背乗りとは、北朝鮮とロシアSVR(対外諜報庁)が得意とする工作手法で、諜報対象国に潜入したスパイが身寄りのない人物になりすまし、市民生活を送りながらスパイ活動を行うことだ。

北朝鮮の工作員たちは、工作母船で日本海沿岸部や九州南部沿岸に接近、沖合で陸上の補助工作員と連絡を取り合い、半潜水艇、偽装小型漁船、水中スクーターなどで上陸した。元工作員によると、太陰暦の月末と月始め、つまり新月の夜前後に暗闇にまぎれて、「潜入」・「脱出」は行なわれていたという。

「共和国を出るときに、おおよその脱出の日を決めていた。10月に脱出する予定だったとしたら、前の月の夜、現場を下見して場所を決め、脱出する仲間と集まってリハーサルをする。現地の警戒態勢、目印になるポイント、軍事施設の動向を確認して暗号通信で報告する。本国は詳細な『接線』(合流)の場所・時間を指示してくる。当日はモールスで連絡を取り合った」

日本への潜入の難易度は低かったと、この元工作員は話す。

「韓国への潜入は警戒が厳しく、命がけだった。しかし日本は在日朝鮮人の手助けもあるから簡単だった

当時を知る在日朝鮮人の一人は、「工作員たちは『新潟に煙草を買いに来た』と言って気楽に出入りしていた」と、日本の無警戒ぶりを指摘する。

こうして潜入した工作員と本国との連絡手段は古典的なものだった。

「本国からはラジオ電波で暗号が飛んできた。読み上げられた5ケタの数字はメモすることを禁じられ、頭の中に叩き込んで、乱数表で言葉に変換し、解読した。この数字は女性のアナウンサーが読み上げるのだが、1と7を聞き間違えることが多く、より確実なモールスのほうが、私は好きだった」

南派され、ソウルで工作活動に従事した経験を持つ元工作員はこう語り、「トン、ツーツーツーツーが1……」と、かつて頭に叩き込んだというモールスを諳んじてみせた。ちなみに工作員から本国への連絡には、北朝鮮が開発した「文字伝送専用のトランシーバー」を使い、3ケタの暗号を打ち込んでいたという。

「トランシーバーの部品には日本と韓国の製品が使われていた。私はこれをビニル袋に包んで、墓地の地面に埋めておいて、必要なときに、掘り起こして暗闇で交信した。交信時刻も予め決められていて、毎月15日に本国から問い合わせなどがあると、その2日後の夜に返事をしていた」

対北の最前線・日本警察「通信所」の存在
公安警察も、北朝鮮工作員の上陸を座視していたわけではない。

沿岸部の漁師や住民を「密航監視哨員」に任命、全国の沿岸部で不審行動をとる人物に関する通報を求めた。

さらに、2000年12月まで、警察庁警備局は3つの電波情報を24時間体制で傍受していた。「A1」はモールス信号、「A2」が中波のラジオで傍受するモールス信号、「A3」が暗号の数字を読み上げるラジオ放送だ。

傍受していたのは警察庁警備局外事課「八係」の指揮下にある全国の「通信所」だ。東京日野市の丘の上にある「ヤマ」が一部メディアで報じられたことから知られるところとなったが、実はこのほかにも北海道北広島、宮城県仙台市、秋田、千葉県館山市、愛知県小牧市、大阪府信太山、鳥取県赤碕、福岡、鹿児島県出水市、沖縄など日本列島の10ヵ所以上に通信所は存在する。

実際の傍受作業に携わるのは警察庁情報通信局で採用された技官たちだ。

彼らは工作員の潜入・脱出を指揮する工作母船と陸上の補助工作員の交信をキャッチする。電波の強さや方角から、工作母船のおおよその位置が特定されると、「レーダー車」と呼ばれる電波の送受信車を付近の海岸に出す。この2台のレーダー車は「A車」・「B車」というコードネームで呼ばれ、無線通信所との「三角測量」によって、母船の位置を特定した。

「ナミが出た。配置しろ」

都道府県警の警備部には、こんな指示が出される。「ナミ」とは北朝鮮の電波を指す隠語だ。捜査員らは沖合に工作母船が停泊している付近の海岸の松林に潜んだという。

「船の大きさによって電波の高さが違う。大型母船でないとナミはキャッチできない。半潜水艇やゴムボートだと波より低いので、電波傍受は難しかった」(公安捜査員)

捜索で乱数表を入手しない限り、暗号の内容まで突き止めることはできない。しかしナミによる位置特定の錬度は徐々に高くなった。

1999年に能登半島沖での工作船が出没し、追跡に当たった海上自衛隊に海上警備行動が発令された事案があったが、工作船の位置を特定したのは大阪府和泉市の信太山の通信所だった。

警視庁公安部外事二課(ソトニ)で北朝鮮を担当したのは、三担管理官が率いる五係と六係(現在は六係と七係)だった。

六係(事件班)のスパイハンターたちは所轄から「奇妙なアンテナがある」という連絡を受けると、現場に通信所の技官とともに臨場し、パチンコ屋やマンション屋上に「展張」されたラジオ受信アンテナを遠くから検証したという。高さ3メートルほどのポールが2本、その間7メートルから15メートルほどのアンテナを展張した粗末なものだった。

技官の検証でアンテナが「生きている」と判断されれば、その建物には現役工作員が居住していると判断し、徹底した「行確」が開始された。

こんな極秘捜査まで行われていたのになぜ、日本は自国民を北朝鮮の諜報活動から守ることができなかったのだろうか。

「国民に知らせなかった」反省が求められる
警察庁警備局の誰もが口を揃えるのが「宇出津事件」の遺恨だ。

1977年9月、東京三鷹市の警備員・久米裕さんが、石川県の宇出津海岸で拉致されたときにも、数日前から通信所が電波を傍受し、石川県警は旅館などに不審者通報を依頼した。

その結果、拉致に関与したとみられる在日朝鮮人の男を外国人登録法違反で逮捕、自宅から乱数表が見つかった。男は久米さんを工作員に引き渡したことを認めたが、検察は国外移送罪の適用に反対したばかりか、外国人登録法まで不起訴にした。久米さんが自らすすんで行ったのか、拉致されたのか、被害者がいない以上確認できなかったからだ。

検察は一般刑事事件としてこれを扱い、防諜活動であるという認識で判断しなかったのだろう。

当時、警察庁警備局外事課に在籍した警察庁キャリアはこう憤る。

「検察による不起訴処分が北朝鮮の諜報機関を増長させた」

一方で、「警察も国民に警告できなかった」と告白する。

「富山県高岡市で起きたアベック拉致未遂(1978年)では、遺留品の手錠や猿ぐつわは朝鮮半島のものであることがわかった。しかし、これだけで消えていく人が北朝鮮に拉致されていると断定できる証拠もなかった。さらに電波傍受はあったが極秘事項で、検察に対してすら証拠として開示できるものではなかった。その結果、国民に警鐘を鳴らすことができなかった」

公安警察も秘密主義を貫き、通信所の存在や電波傍受という手の内を隠すことを重視したのだ。

さらにある警察庁警備局OBは「北朝鮮工作員の潜入に立ち向かう警察側の体制も甘かった」と唇をかむ。

いくらナミを傍受しても、実際に、捜査員が工作員の上陸や接線の瞬間を捕捉した例はほとんどない。日本海側の県警本部では、外事課を置いているところは少なく、警備課に5~6人体制の『外事右翼係』がある程度。所轄に極秘動員をかけても、秘匿性が高いオペレーションだったため、誰でも集めるわけにはいかない。だから沿岸部を広くカバーすることは不可能だった」

北朝鮮工作員の日本上陸の目的については、公安警察内部でも「韓国革命を企図して、ソウル潜入のために日本を経由しているのではないか」という分析が根強かったという。

北朝鮮工作員が次々と上陸し、日本人を連れ去る中、一部の政治家たちは「南は軍事独裁、北は社会主義の模範の国」であるかのように喧伝し、北朝鮮詣でを続けた。こうした政治の対応に、公安警察側も不信感を抱き、「北朝鮮に情報が漏れることを警戒し、官邸にすら危機意識を伝達できなかった」という。

日本側の危機意識の欠如やちぐはぐな対応が拉致被害を拡大したのは間違いない。

いま日本政府は北朝鮮に拉致被害者などの再調査を求めている。北朝鮮には誠意ある対応を粘り強く求め、一人でも多くの日本人の帰国を実現すべきだろう。

同時に、日本政府もなぜ自国民を守ることができなかったのか検証すべきだと思う。同時多発テロに見舞われた米国は独立検証委員会が問題点を洗い出し、政府機関の改編を行った。だが日本には北朝鮮が拉致を認めて10年以上が経過しても、検証が始まる気配すらない。

いつ、どこで、どのような過ちがあり、今後どうすれば国民を他国の諜報活動から守ることができるのか。徹底的に検証して、国民を守ることができる体制を作るべきである。 


背乗り著者竹内明

現代ビジネス2014.9.28
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40542


「拉致は北朝鮮を敵視するための韓国の謀略」「拉致はなかった」とか言うよりは
拉致問題を書いてくれた方がいい
土井たか子福島みずほ@秘書給与釈明
http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/28/doi-takako-passed-away_n_5894892.html
(あ、つい手がすべって画像を貼ってしまった)

書いてくれた方がいいとは思うものの
拉致問題がなぜ解決しないのか、と考えると
「憲法9条改憲」と「スパイ防止法制定」が必要という結論以外あり得ないと思うのだが
TBSといえば・・・・

TBSに限ったことではないが「国民に知らせなかった」反省を最もすべきは報道じゃないの・・・?
そう思うなら解決を阻む報道をやめるべきじゃないの・・・・?
一体どの面下げてこんな記事書いてるの・・・・?

そしてこの2つに強硬に反対しているのがどこかというと
まあ今更な話だが
ケリーケネディ吉松育美ベアテシロタゴードン


憲法9条にノーベル賞
内政干渉ツールとしてのchange.org

「特定秘密保護法」に強硬に反対キャンペーンを張った外国特派員協会
世界に「反日の毒」をまき散らす 外国特派員協会 
ジェイクエーデルスタイン@山谷えり子会見
拉致問題そっちのけで「在特会」に火病る記者たち@山谷えり子大臣会見
拉致問題よりヘイトスピーチって何なの? 反日外国特派員協会 

結局立ちはだかる最大の壁は「戦後レジーム」だと思うわけです


参考
文中の北朝鮮対外連絡部に所属した元工作員はその内容から安明進氏のことではないかと思うが
会ってインタビュー取って来たのかなあ・・
亡命工作員の語る対南工作1 

TBS竹内明氏は色々アレな方のようだ
j-castニュース『TBS記者のプーチン大統領への質問 ネットでは批判する声が大半だが…』 2013.4.30
http://www.j-cast.com/2013/04/30174227.html?p=all 

追記2016.7.13

【youtube】安倍総理に論破されてムッとするTBS竹内明アナ(参議院選挙 2016年7月10日) 

TBS竹内明
イライラして鉛筆を振り回す竹内明氏
失笑する安倍首相
ねぇ竹内さん
本当に拉致被害者を取り戻そうと思ってる?背乗りはどうやって防ぐのか考えてる?
考えていたら改憲=悪なんて発想にはならないでしょ?

yahoo知恵袋『TBS竹内明は、移民受け入れ等を声高に叫ぶが、「日本を朝鮮人達のパラダイスにする...』2013.5.26
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14107832259