イギリス犯罪組織、同性婚を不法滞在に悪用

イギリスメディアの23日付報道によると、2014年3月に同性婚が法的に認められたイングランドとウェールズでは犯罪組織がこの制度を悪用し、偽装結婚による不法滞在が横行している。イギリスBBCは、最近インド系女性記者を派遣し、同性愛者の偽装結婚による不法滞在を望むと偽り、ロンドンに古巣を置くルーマニア人犯罪組織と連絡をつけた後、ひそかに撮影し真相を暴いた。

あるブローカーは「警察や移民官からの審査が甘く、同性愛者だと言えばそれ以上追及されない、非常に簡単だ」と大口をたたいた。

記者が同性愛者の偽造結婚を頼む際、ブローカー側は「これまでに偽装結婚を何度も行ったことがあり、同性婚相手を用意することから結婚登録まで1万英ポンドの費用を払う必要がある」といった。

不法滞在を望むインド人だと自称した記者は2人の結婚相手を紹介された。2人はともに若いルーマニア人女性だ。関連法律によると、移民が欧州連合(EU)ビザを保有する同性愛者と結婚すれば、イギリスでの滞在と就職の権利を得られる

紹介された2人の女性は同性愛者ではなく、お金のために同性愛者に扮している。そのうちアレクサンドラと名乗った女性は5回偽装結婚に関わった。犯罪組織メンバーは、アレクサンドラと記者が一緒にハイド・パークで散歩している写真を撮った。

イギリス移民部門によると、BBCの内偵資料を取得しており、偽装結婚事件を詳しく調べる構えだ。
(翻訳 孫義) 
新華ニュース2014.9.26
http://news.livedoor.com/article/detail/9295199/


【youtube】Fake gay marriages exposed in London by undercover investigation - BBC News

LGBTそのものについては宗教的戒律のない日本人にはハードルが低い(と思う
自分自身も同性婚の画像を見ても特に何とも思わない

が、これを制度として保証するとなると話は変わる

一番の懸念は記事の通り偽装結婚や弱者利権の温床になる恐れがあるから
違反者にいかなる強行措置(費用国籍国負担で例外なしの強制送還など)を取ろうとも文句を言わない、まして訴訟沙汰にしないのは最低条件だが

ハリス鈴木絵美ピースボートのイベントのゲストが 
http://www.tokyorainbowweek.jp/?p=102

ピースボートっすよ
ありえん
ツイッターのレインボーアイコンは赤い思想の方が多いようだし

なので大反対せざるを得ない
何か問題起きたら推進した人達が責任持って自腹切って解決してネ(はーと

で、憲法は当然改正するんでしょうね?
安保法制は解釈改憲だから反対と言ってる人は同性パートナーシップ条例に反対ですよね?
こういうダブスタを平気でやらかす人達をどう信用しろと

社民党福島みずほ石川大我LGBT
https://twitter.com/sdpjapan/status/543757434582343680

参考
左翼はなぜ嘘をつくのか