【東京五輪】
見直し効果2千~3千億円 小池百合子都知事が見通し

五輪費用見直し
(画像)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000299/20161222-OYT1T50008.html

 東京都の小池百合子知事は12日の定例会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの総予算に関して、大会組織委員会、国との3者協議での見直しにより、経費圧縮と組織委の増収などで2千億~3千億円の効果額が出せるとの見通しを示した。

 都外の競技会場の仮設整備費を都が原則負担する方針を改めて説明。経費の分担枠組みについても、都と国、組織委、関係自治体で「5月中の大枠合意を目指し、議論を加速して取りまとめていきたい」と述べた。

 組織委が昨年12月に発表した総予算は1兆6千億~1兆8千億円で、組織委の収入は5千億円。小池氏は3者協議で経費圧縮、組織委増収、国の負担に関しても話し合っているとし、「現時点で2千億~3千億円の見直し効果が出せる」と語った。

 一方、組織委の武藤敏郎事務総長は同日、報道陣に「数字の中身はよく分からない。都によって削減されるという決意を表明されたのではないかと私は理解している」などと発言。都と組織委の足並みの乱れが続いている格好だ。

 都によると、経費見直しでは会場の電源整備費の削減などを想定。安倍晋三首相と小池氏は11日、国がセキュリティーとドーピング対策を行うことを確認しており、都はこれによって組織委の大会総予算の同種項目の経費が圧縮されていくとの見通しを示した。見直し効果額の内訳に関しては「精査中」としている。
産経ニュース2017.5.12
http://www.sankei.com/tokyo2020/news/170512/tko1705120003-n1.html

(´・ω・`)このように削減したって言ってたのに

小池知事、東京五輪の費用分担問題で自民都議と舌戦

 東京都議会の文教委員会は5日、2020年東京五輪・パラリンピックの費用分担問題で小池百合子知事を招致し、一問一答形式で答弁を求めた。

 自民党の川松真一朗都議は対決姿勢を前面に出した。小池氏が任命した都政改革本部の上山信一特別顧問のツイッターにおける書き込みを問題視。費用分担問題で揺れていた5月10日、神奈川県の黒岩祐治知事のことを「黒鼠(ねずみ)、いや違った黒なんとか氏」と表現していた。任命者として感想を問われた小池氏は「表現として不適切だ」と誤りを認めた。

 また川松氏は小池氏が3会場見直しの過程で「400億円削減した」と主張している点を予算の付け替えと指摘。環境対策目的の都債「グリーンボンド」を財源とする方針を示したため「結局違う財布から出す。400億円を戻すのと同じだ」と批判した。

 小池氏は「環境対策に使うことは認められている。エコな大会にし、東京の環境技術を世界に示すチャンスだ」と答弁。それに対し川松氏は「都債の発行では未来の都民に責任をかぶせることだ。『400億円削減した』と大きく言うことではない」と反論した。
日刊スポーツ2017.6.5
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1835537.html
(相変わらずな上山信一顧問:これではまとまるものもまとまらんて)


グリーンボンドとかいう債権を起債して別途資金調達するわけで
削減じゃないじゃん?
タイトルが舌戦と書いてあるけど、小池知事の答弁はグリーンボンドの意義を語ってるだけで、
川松都議の「削減とは言えないのではないか」という質問には正面から答えていない。
(小池知事はいつも正面から答えない。)
このグリーンボンドというのも注目されてるようだけど、ツケが都民にくるのは事実でしょ。
誰が儲かるのかと考えると・・
(投資出来る人だよね。弱者には優しくないんじゃないの)

参考
日本でも広がる?自治体初、都が発行目指す債券「グリーンボンド」とは
the PAGE 2017.5.20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000002-wordleaf-bus_all


胡散臭いニオイがぷんぷんしまつ。嫌な予感でつ。

なにせ小池知事にはあの希代の悪法・再生エネ固定買取法を菅直人元首相・孫正義氏らとともに進めた
現市場問題PT・小島敏郎座長がついてるんですよ。
豊洲移転PT座長= あの「固定価格買取制度」の中心人物


追記2017.6.23
小池知事を川松は怒らせちゃったのか!?
川松真一朗の「日に日に新たに!!」
http://ameblo.jp/kawamatsushin16/entry-12285933802.html


参考
政治 「五輪400億削減はインチキ」に小池都知事が怒髪天 質問議員が語る
デイリー新潮2017.6.22号
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06220556/?all=1


【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。