詳しく書いてるヒマがないので簡単に述べる。

伊藤詩織さんの著書『Black Box』
山口敬之氏の反論・月刊Hanada記事『私を訴えた伊藤詩織さんへ』
双方を読んだ。

伊藤詩織さんの主張は「デートレイプドラッグ」を盛られて強姦された。
しかし薬物使用の証拠は示せなかった。
被害の筋書きの根本が崩れた。
日本の司法は疑わしきは罰せず。


伊藤詩織さんの著書の中で
「人一人を罪に問うのはそれほど重いことなのですよ」と言われて伊藤氏が憮然とする場面がある。
自分の主張は通って当然とでも思っているかのようだ。
これが自分には不思議でならない。
ジャーナリスト志望で実際に仕事もしているのに、
伝わらない悔しさ、伝えることの難しさを感じたことがないのだろうか。


また、伊藤氏当人がどう思っているのかは知らないが、
ある目的を持って伊藤氏を担ぎ出している人達がいるので一層胡散臭い。
これでは政治的に色がついていると見なされても仕方ない。



山口敬之氏の反論の中には有田芳生議員、井出庸生議員、柚木道義議員の名前も挙げられていた。
旧民主党議員には津田弥太郎元議員のことを頬かむりしといて女性問題に言及する資格なんかないんだよ。

伊藤詩織FCCJ安倍
ここから安倍首相につなげるのは高難易度アクロバットだぜ。


追記2017.10.31
いやいや分かりやすすぎるでしょコレ。


追記2017.11.5
【wiki】シェラトン都ホテル東京
伊藤詩織シェラトン都ホテル
意識のない女性を引きずって部屋まで行ったという件のホテルだけど
・・まぁあえてコメントするまい。




【コメント下さってる皆さまへ】
今余裕がなくて返信できません。本当にすいませんm(__)m
頂いたコメントには目を通しております。