ブログを書いていると
どんな分野にも学者、プロからセミプロ、アマチュア愛好家まで
こと細かな資料をネット上に残してくれていることにあらためて驚く
自分の書いてることなどごく浅い氷山のほんの一角
人々の膨大な言葉の分厚い層にかろうじて乗せてもらってるに過ぎない


【韓国ブログ】日本人は執着しすぎ?記録に対する大きな意識の違い

 数年前、社史を調べる為に東京の古本屋を訪れたという韓国人ブロガーのboxXは、100年史、200年史と古い記録が残された資料を目の当たりにし大変驚いたという。このような資料が残っていることに対し、「記録に対する日本人の態度は、韓国人からみれば‘執着’と映る」と述べ、日本人と韓国人は記録に対する意識が全く違うものだと述べる。

 そして、このような違いが生まれるのは環境に因るものが大きいと綴る。「日本は自然環境が韓国よりも遥かに不利な島国であるため、記録は危機に対処するひとつの手段となっている。記録を通して、自分たちが経験した過去の出来事を伝え、対処するのだ」と日本人にとって記録とは生き残るための知恵であったと考察をする。一方で韓国人は、「『そんな面倒なことをして何になる。そんなことをしなくても、生活には支障ない』と言い出す人が多く、記録を重要視していない」と指摘する。

 ブログ主は最後に、「日本には創業して100年以上の企業が約5万社、200年以上の企業が3千社もある。しかし、韓国に200年以上の企業はひとつもなく、100年以上も『斗山』と『同和薬品』の2つだけしかない」とし、「日本人の記録に対する態度を大げさだと騒いでいる場合ではない。むしろ韓国人は恥じなければならない」と綴っている。(編集担当:橋本あゆこ)サーチナ2009.9.25
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0925&f=national_0925_016.shtml 


( ̄□ ̄;)執着って言われても....
AA韓国に愛情はないのか
 【コピペ運動会】韓国に対する愛情はないのかー! 
学者がこんな方々ですからね....研究者としての良心はあるのか←超ブーメラン

桜の記事→ Flower theif を書いた時に韓国人はよくもウソを平然と植物専門サイトに書けるなと思ったが

日韓両政府の支援により2007(平成19)年に始まった「第2期日韓歴史共同研究委員会」がこのほど 終了した。筆者は今期から設けられた教科書小グループのチーフだったが、実に虚(むな)しい2年間を過ごした。論争好きな彼らに引きずられテーマ設定に1年間を要し、いざ共同研究が始まると、韓国の委員は 4、5冊、多くて10冊の教科書資料しか読んでこなかった。
【正論】筑波大学大学院教授・古田博司 国家の正統性確立に苦しむ韓国
記事期限切れのためこちらから引用
http://2chnull.info/r/news4plus/1262032890/ 

( ´;ω;`) 教授.... 

ここは米軍から一言
「理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。」
【米軍による韓国兵の扱いマニュアル 】 
orz
 

陛下のお言葉
「日本は古くから中国の文物を取り入れて来ましたが、正倉院を始めとしてそれをよく保存してきたということに、改めて思いを致します。恵まれた日本の歴史と平和の重要性を感じています」 
平成4年の天皇陛下ご訪中 
第61回正倉院展

生みだされる言葉は重ねられた無数の言葉から生まれる
それなしにはただの一言も生まれない