反日はどこからくるの

反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。

カテゴリ : 反日

未だ裁かれない連合国の戦争犯罪 続き

再びこちらの本から


自分が気になっているオーストラリアのウィリアム・ウェッブ裁判長
「人肉食」の出所 オーストラリア 

p150~154
■「戦勝国の判事だけによる裁判は公正ではない」(ファーネス弁護人)
 「裁判官の公正・適格性」を取り上げるが、これもまた裁判の正当性を疑わせるに足る問題を孕んでいた。

 東京裁判の「法」である極東軍事裁判所条例は、アメリカ大統領の命令を受けたマッカーサー司令官の指示で、アメリカのキーナン首席検事が起草した。判決を下すべき裁判官も全員が戦勝国たる連合国側11ヶ国の国籍を持つ人物であった。裁判の公正さを守るためには、せめて判決を下す裁判官(判事)だけでも中立国あるいは日本からも選ばれるべきではなかったのか。

 公判でアメリカ人のジョージ・ファーネス弁護人は全被告に代わって、

«此の裁判所の判事は総べて斯う云う[戦勝国の]国家の代表であり、是が原告国家の代表であり、また検察官も其の国家を代表して居るのであります。我々は此の裁判所の各判事が明かに公正であるに拘らず、任命の事情に依って決して公正であり得ないことを主張するのであります。でありますから此の裁判は今日に於ても又今後の歴史に於ても、公正でなかった、合法的でなかったと云う疑いを免れることが出来ないのであります。»(『勝者の裁き』p99)

と訴えた。ニュルンベルク・東京両裁判の進行中、イギリスの元内閣官房長官ハンキー卿も、

«未来に対して極めて重要な裁判を行う法廷を偏見の度合いの少い連合国の構成国、もしくは、もつと公平な中立国の判事を参加させずに、戦争の矢おもてに立つた連合国の構成国の指名した判事だけで構成することに決定したことは、果して正しく賢明だつただろうか。
 われわれはいま少しで負けるところだつたが、かりに負けたとしたら、われわれは日・独・伊三国だけによる裁判に納得しただろうか。また、歴史がそのような裁判の結果を受けいれると期待されるだろうか。»(『戦犯裁判の錯誤』p7~8)

と批判している。

 そもそも個々の裁判官の適格性にも疑問があった。アメリカに限らず法治国家の多くは、係争中の事件に事前に関係した人物は、その事件の裁判官になる資格はないとしている。ところが、アメリカ代表マイロン・H・クレーマー少将は真珠湾攻撃の責任に関する法書簡を大統領に提出していた。フィリピン代表のハラニーヨ判事も日本軍の捕虜の経験があった。両者とも不適格である。裁判長を務めたオーストラリアのウェッブ裁判長もまた、戦争中、オーストラリアの戦争犯罪委員として、ニューギニアにおける日本軍の行為を調査した経験があった

 このため、オーストラリア高等裁判所ブレナン判事は、東京裁判が開廷される2カ月前の1946年(昭和21年)3月22日付『シドニー・モーニング・ヘラルド』紙において、

«・・・・サー・ウィリアム[ウェッブ]は、これまで日本の残虐行為にかんする調査をおこない、その報告をオーストラリア、英国政府に提出している・・・・そのサー・ウィリアムが、東京の第一級戦犯法廷の裁判長をつとめるわけだが、諸外国ははたしてこの事態をどう考えるであろうか?
 ここに、犯罪捜査を担当し、ある犯罪人の証拠集めにたずさわった刑事がいるとする。英国の法廷は、この刑事を、同類の犯罪人を裁く判事に任命するであろうか?
 この問題は、必ずや提起されるであろう。そして、そのさい、サー・ウィリアム・ウェッブは不快な立場におかれ、オーストラリアはバカ者扱いされるにちがいなく・・・・各国は、英国の法概念にたいして嘲りの指をあげるであろう。
・・・・ゆえに、私は、このときにあたり、わが国をことさらの侮辱から救うために警告を発するものである»(児島襄『東京裁判(上)』p130~131)

と強く警告を発していた。当然のことながら、法廷で弁護側は、ウェッブ裁判長をはじめとする適格性を持たない裁判官に対する忌避を申し立てたが、その申し立てはすべて理由を明示されることなく却下された。そこで判決後の1948年(昭和23年)11月、ジョン・G・ブレナン弁護人らはアメリカ連邦最高裁判所に対して「人身保護令適用のための訴願」を提出し、

«五、裁判所の判事たちは全部日本と戦争をした国の国民であり、各国政府が日本は侵略戦争をした罪があるとの政治的決定を宣言している以上、判事たちは公平無私の見解をとることはできない。
 六、審理の冒頭、原告達は裁判官忌避を申立てようとしたが、法廷は各裁判官はマッカーサー元帥の任命に基づくとの理由で、この申立を却下した。公訴に対して判事の忌避を申立てる権利は、米国法廷で審理される全被告が持っている。・・・・
 八、よって原告は、次の事を嘆願する。・・・・
  (2)この訴願をするに至った、米行政・軍両当局の行為と執った処置は[米国]憲法違反であり、向こうであることを宣言する事»(冨士信夫『私の見た東京裁判(下)』p522~533)

といった趣旨のことを訴えた。人身保護令とは、違法な拘束にたいする人身の自由の最高の法的秀才である英米の法制度のことで、この訴願は12月6日、いったんは受理されたものの、12月20日、最終的には却下されてしまった。

 なお、検察官の資格に対する疑問も法廷では提出された。1946年(昭和21年)12月3日、審理は「日本の対オランダ侵略」の段階に入り、ヒギンズ検事から、冒頭陳述担当者のオランダ代表検事としてムルダー少将が紹介された。ところが、このときアメリカ人のオウエン・カニンガム弁護人が突如発言台代に立ち、

«オランダはポツダム宣言の署名国ではない。しかも訴追事項の発生当時、オランダ政府は国際法上の合法的な存在ではなく、英国に亡命していた。したがって陸戦法規に対する裁判の権限を有せず、また検事任命の権利もない»(朝日新聞東京裁判記者団『東京裁判 上』p268)

と、オランダの裁判参画を全面的に否定する異議を申し立てた。東京裁判がポツダム宣言に法的根拠を置いている以上、政党な異議であった。ところが、ウェッブ裁判長はその場で、「事実の上からも法的にも何らの根拠なし」と、具体的な説明もないままこの異議を却下してしまったのである。
オーストラリア=バカ者ってことで
資格のない者が裁判長の裁判て何ぞや(茶番


ちょっとそれるが大事なので
p158
証拠書類のうちの多くの割合が却下されたとの印象は、日本人弁護団の副団長であった清瀬一郎弁護人にも共通していて、

«それ[却下された証拠書類]は膨大なものです。なかでも日本政府の声明、これはセルフ・サービング、つまり自分で自分を弁明するものだといつて初めから却下されてしまうのです。中国との戦争、これは日本では事変と言つているが、あの自分の蒋介石政府なり汪兆銘政府との間の合意によつてできた声明、これも歴史上の記録ですが、みな却下です。おそらく弁護団側の出した証拠は十通のうち八通まで却下されたと思うのです。»(「日本週報」昭和31年4月5日発行/『東京裁判 日本の弁明』p35)

とその印象を語っている。

 その膨大な却下・未提出弁護側資料2306件は平成7年(1995年)、国書刊行会発行『東京裁判却下未提出辨護側資料』全8巻として初めて日の目を見ることになった。

歴史修正主義とか言うけど資料自体が最近になって出て来てる状態なら
修正するのが正しいんでないかね

ちょっと引用しただけでこのデタラメぶり
後生大事にこんなもの抱える必要がないどころか
正しく東京裁判を裁くべきだろう
その時歴史を直視しろと言い募っていた人達は果たして直視するかどうか(しないねw

参考
明成社HP(出版元)
『『世界がさばく東京裁判』に登場する主な外国人』
http://goo.gl/YubEis

『極東国際軍事法廷 各国要人言論集』
http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/yasukuni014.html

「敗北を抱きしめて」などいられない① 続き

反日ではないらしいジョン・ダワー氏について高山正之氏の記事
報道特集ジョンダワー「戦争の美化」
187人の歴史学者(冷笑)


マッカーサー2

 マッカーサーもそれで聖人になった。彼はそのころ米共和党の大統領候補になったことがある。朝日は彼の「高潔で気高い人柄」を褒め、彼の偉大さは米大統領の椅子が似合うと書き続けた。日本人は彼が大統領になると信じていた。だってそういう記事しかマッカーサーは許さなかったからだ。

 しかし米国人は彼がフィリピンから敵前逃亡したことも、そのときに米傀儡政権のケソン大統領を脅して「五十万ドルもニューヨークケミカル銀行の自分の口座に振り込ませた」(マイケル・シャラー『マッカーサーの時代』)ことも知っていた。彼が大統領から最も遠い男だと知っていた。

 実際、共和党大会で一千五百余人の代議員のうち彼は11票を取っただけだった。いかに情報から隔絶されていたにせよ、彼がこんな泡沫だったとは日本人は本当に驚いたと思う。

 いま振り返ってみるとマッカーサーのやったことはジョージ・オーウェルの『1984年』の世界とほとんど相似と言っていい。歴史学者ダワーもそれに気づいているはずだが、彼は逆に賛歌を歌い続けた。

 イラク戦争後、戦後処理をどうするかという時期、彼はニューヨークタイムズに「日本とイラクの違い」を寄稿した。その中で日本での成功は「マッカーサーのカリスマ性と米軍将兵の紳士的な振る舞いが日本統治を成功させた」と書いている。

 調達庁の数字によれば、占領期、米兵によって10万人の女性が強姦され、2536人が殺された。沖縄では6歳の幼女が強姦の果て殺され、小倉市は朝鮮戦争時、一個中隊の黒人兵に占領され3日間、略奪と強姦に蹂躙された。今のイスラム国と似た状況だった。そのすべてが報道規制で闇に葬られた。そんな連中をダワーは紳士だったという。

 マッカーサーはもっと悪質だった。終戦間際に米潜水艦が灯火(ともしび)をつけて航行中の阿波丸を緑十字船と知りつつ魚雷で沈めた。1人生き残った。

 賠償を払う段になってカネを惜しんだマッカーサーは無償供与だったガリオアエロア援助を有償に切り替えてそのカネで阿波丸賠償を日本政府に出させた。

 彼は自分の滞在費も含め駐留米軍の費用もすべて日本政府に出させた。あの東京裁判の費用も、キーナン検事の宿泊から遊興費まですべて日本に出させた。

 ダワーの著作を通して感じるのは、ここまであくどいマッカーサーの戦後統治を何としてでも栄光のまま存続させたいという思いが滲み出ていることだ。

「カルタゴの平和」
 ダワーは歴史学者でなく、むしろ政治屋という印象が強いが、もう一つ、彼が歴史学者でない証拠がある。

 日本大手術に当たって彼が「歴史的にも前例がない」と言ったことについて「それも嘘だ」と書いた。

 ちゃんと前例がある。紀元前3世紀、世にポエニ戦役と呼ばれるローマとカルタゴの戦いがあった。

 カルタゴのハンニバルは日本と同じに正々堂々、戦場で戦った。ローマのスキピオはその点、米国に似ていた。インディアンとの戦いでは戦場に戦士を誘い出し、その隙に銃後の集落を襲って戦士の妻と子を殺した。日本との戦いでもそう。戦場を飛び越して銃後の広島長崎に原爆を落とし、日本軍兵士の妻子を殺した。

 スキピオはハンニバルがローマの南ブルティに布陣している間に今のリビアにあったカルタゴを攻めた。ハンニバルは急ぎ駆けつけたが、スキピオに敗れた。

 勝ったローマはカルタゴに対し、
・膨大な賠償金の支払い
・カルタヘナなど植民地の没収
・軍の解除と軍艦の焼却
・交戦権の放棄

 を要求した。

 さらにその調印が行われるまで
・ローマ軍の略奪、強姦を放置し
・丸裸になった海の民カルタゴの交易船も燃やし、農業国化を強いた

 ローマはこの条件を呑んだカルタゴをその後もいびり続けた。

 マルクス・ポルキウス・カトーこと大カトーは演説の最後に必ず「カルタゴを滅ぼさねばならない」と語り続けたのは知られる。

 そして隣国ヌミビアが攻め込んだのに対してカルタゴが自衛の戦争を始めると交戦権放棄の違反としてローマが攻め込んで今度こそ攻め滅ぼした。王侯貴族はみな殺しにし、住民は奴隷に叩き売り、最後は塩を撒いて草木が生えることも認めなかった。世に言う「カルタゴの平和」だ。

 蒋介石の顧問だったオーエン・ラティモアは日本の戦後処理についてこの「カルタゴの平和」を何度も口にしている。

 マッカーサーのGHQの仕事を見ると、まず日本からその統治地域・台湾、朝鮮、南洋諸島を没収し、永世中立国のスイスまで膨大な賠償金を支払わせ、戦力不保持と交戦権放棄を明記したマッカーサー憲法を呑ませた。

 カルタゴの交易船に相当する日本の工業力については鍋釜しかつくれないレベルまで落とし、農業国化することがエドウィン・ポーレーの賠償使節団によって計画された。

 第1次で昭和初期まで工業力を落とし、重工業は解体され機械類は支那朝鮮などに運び出された。

 第2次で明治時代まで落とす予定だったが、朝鮮戦争で中断された。

 しかし農業国化はそのまま進められ、NHKは今も「農業の時間」とかあほな番組を作り続けている。

 笑えるのはローマに略奪の自由を認めた項目までGHQは実施した。日本中の駅前一等地を不法占拠した在日朝鮮人支那人の跋扈がそれに当たる。

 マッカーサー統治がカルタゴのモノマネだということは日本の戦後処理を研究する者にとっては常識だが、ダワーはそれも知らないで「歴史上初めて」と書いて憚らない。

 かくも無知と偏見に満ちた『敗北を抱きしめて』はしかし世に出てすぐピューリッツァー賞を受賞し、さらに米国史に貢献した研究に出されるバンクロフト賞も取った。

 歴史書の資質も品格もないのになぜ受賞したか。

 それは彼が書いたように「日本が理由もなしに発狂し、残忍になり、アジアを血に染めたこと」にしておけば米国の残忍なフィリピン支配も東京大空襲も広島、長崎の原爆投下もすべて正当化される

 そして米国はダワーが書くマッカーサーのように「慈愛深く知的な白人キリスト教徒」でいられるからだ。それで彼に賞を出した。

 授賞理由は米国の望む「戦後史観」の総カタログ集という位置づけだ。ここに書いてあることをこれからも真実として語り継ごうというわけだ。おかげで嘘つきダワーもまた形だけは「真実を語る歴史学者」になれた。

 ただピューリッツァー賞だって万能じゃない。スターリンを褒め称え続けたニューヨークタイムズ紙のウォルター・デュランティ記者について、ウクライナ系米市民が「彼はウクライナの大虐殺もなかったとばかり書いてきた」と訴えた。今から十余年前のことだ。「こんな嘘つきにピューリッツァー賞は似合わない」と。

 コロンビア大のフォン・ハーゲン教授が調査し、「ウクライナの惨劇まで否定して米国に誤ったスターリン像を植え付けた。記者の道を踏み外したことは明らか。賞の撤回がふさわしい」と断じられた。

 人の道を踏み外したダワーが第二のデュランティになる日もそう遠くはないと思う。
http://ironna.jp/article/873
 
占領を美化したジョン・ダワー氏NYTの記事はおそらくこちら
"Lessons From Japan About War's Aftermath" NYT 2002.10.27
When war ended in 1945, the United States-dominated occupation of Japan had enormous moral as well as legal legitimacy in the eyes of the rest of the world.

The exercise of this authority, moreover, was vested in an unusually charismatic supreme commander, Gen. Douglas MacArthur, who, in effect, was authorized to rule by fiat.
http://www.nytimes.com/2002/10/27/opinion/lessons-from-japan-about-war-s-aftermath.htm

大失敗男マッカーサー
捜神
がカリスマって何の冗談(爆)としか思えないわけだが
つかマジでカリスマって書いてあったわ~(´・ω・`)面の皮が厚いんやね

釈放されてGHQ本部までデモしてマッカーサーに万歳三唱した人達がいたっけ・・
徳田球一とか志賀義雄とか
日本共産党 幾多の粛清を経て、生き残る公明なる秘密結社 

「敗北を抱きしめて」などいられない
いい加減悪い夢から目を覚まそう 

参考
週刊新潮・辻元清美に目を掛けるケネディ大使

報道特集ジョンダワー「戦争の美化」
187人の歴史学者(冷笑) 

ジョン・ダワー氏が何を言ってきたのか高山正之氏が書いていた

「敗北を抱きしめて」などいられない
『歴史通』 2015年1月号

高山正之(ジャーナリスト)
 1942年生まれ。65年、東京都立大学卒業後、産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長を歴任。98年より3年間、産経新聞夕刊の辛口時事コラム「異見自在」担当。著書に『「モンスター新聞」が日本を滅ぼす』(PHP研究所)、『変見自在 オバマ大統領は黒人か』(新潮社)、『白い人が仕掛けた黒い罠』(ワック)などがある。

 敗戦から10年経った昭和31年、「もはや戦後ではない」と誰かが言い、日本人もおしなべて頷いた。1年もすればもうみんな水に流してしまう日本人が10年も敗戦を引きずっていられるわけもない。実際、そのころ世界一高い東京タワーが立ち上がり、テレビでは悪い白人シャープ兄弟を力道山が空手チョップでやっつけていた。のちに力道山が朝鮮人と聞いて少し残念に思ったけれど。

 いずれにせよ、日本人はそのころあの戦争とは切れたつもりになっていたのに半世紀たった今も習近平は南京大虐殺がどうの、朴槿惠は慰安婦がこうの、駐日米大使まで靖國神社は建設的でないのと、まるでまだ終戦直後みたいな発言が繰り返される。先の戦争の日本を描いてピューリッツァー賞を取ったジョン・ダワーの著作になぞらえれば、日本は今も「敗北を抱かされたまま」に見える。おまけに支那人や朝鮮人の言う対日発言の貧しい文脈がまたダワーの著作に依拠している。今や日本を敗戦に縛りつける支柱となったダワー理論とは何か。戦後70年の節目に彼の意図を検証する必要がある。

「発狂した日本」
 マサチューセッツ工科大教授、日本史研究家の肩書を持つダワーは、その昔、金沢辺りで英語教師をやったりしていた。

 白人であることしか取り柄のないアメリカ人の定番コースを歩み、秘かに森鴎外を研究したというが、彼の著作にはそうした知性は感じられない。早い話、彼の近代日本史観は次の数行ですべて言い尽くしている。

日本が近代国家として興隆していった姿は目撃者を驚かせるものだった。それは誰が予測したよりも急速で、果敢で、順調であり、しかも最後には誰も予想しなかったような狂気に駆られ、残忍となり、自ら破滅していったのである
(『敗北を抱きしめて』の序)

 日本が急ぎ近代化する姿はエドワード・モースとかキプリングとか多くの白人目撃者が語っている。いずれも温和で礼儀正しく、その死生観に感動する者もいた。
黄禍論

 そんな日本がある日突然、発狂した。まるで「八つ墓村」の多治見要蔵のように斧を振り回し、そろって残忍になり「アジア各地で殺戮を重ねて」自滅したという。

 突拍子もない話だ。本当にそうなら集団発狂した理由を是非とも知りたい。しかしダワーの『人種偏見』は発狂最中の日本を描いている。『敗北を抱きしめて』では発狂の果て、自滅したあとの戦後から書き出している。この信じられない「国家発狂」の理由を彼はどこにも書いていない。

 わずかに『敗北を……』の中で発狂の原因として「日本は一等国になることばかりを考え、それが拒絶されたから西側に戦争を吹きかけた」(同書)というのだ。

 一等国とは白人キリスト教国家のことを指すようだが、日本人はそれほど白人にもキリスト教にも憧れてはいなかった。

 どころか、むしろ軽蔑していたことを歴史は示している。16世紀、日本は初めてキリスト教を知るが、すぐ胡散臭さを感じた。秀吉はコエリヨら宣教師がよさそうな福音を説きながら日本人女を奴隷に売っているのを知って、売った女たちを連れ戻せ、さもなければ布教をやめろと迫った。世にバテレン追放令として知られる。

 ローマを訪ねた少年使節団は、異国で裸にされ、売られる日本人女性の話を綴っている。だから家康も布教を禁じた。

 切支丹禁令は明治政府にも引き継がれ、五榜(ごぼう)の高札に明記された。明治6年、これに米政府が邪宗扱い廃止を迫ったが、結局、明治憲法発布まで邪宗門の禁令は残った。

 「白人」も日本人は嫌った。長崎の出島のオランダ人が黒人奴隷を酷使するのを見た日本人は「心から白人を嫌悪した」とスウェーデン人植物学者ツュンベリーが記録している。

 江戸に参府する出島のオランダ人を詠んだ戯れ句がある。

   登城する紅毛に蠅のついてきて
  
 風呂に入らない不潔な彼らに日本人が辟易していたことをよく示している。

「戦時の嘘」とまったく同じ
 19世紀初め、オランダと戦争中の英国の船フェートン号が長崎に来て暴れて行った。日本は英国人の危険さを察知し、対処するためにすぐ英国研究を始めた。日本初の英語辞書「諳厄利亜語林大成」はフェートン号事件の6年後の1814年に作られた。

 当然、日本は阿片戦争の末も知っている。英国はそれを「貿易戦争」と呼ばせるが、日本人は明治このかたずっと阿片戦争と呼んできた。

 長州藩は英仏と馬関で戦った。このとき軍艦がなかった米国は商船に小口径の砲をくくりつけて参加し、他国と同じに巨額の賠償金を取った。そういう狡く、さもしい白人国家の性格も知っていた。

 白人たちの品格は、国を開いてからも例えばハワイ王国乗っ取りとか三国干渉とかでよく知っている。

 日露戦争では大勝しながら賠償金ゼロという差別も受けた。そんな連中のクラブに入れないから日本は発狂したとダワーは言う。非白人の劣等民族ならきっとこう思った、それで発狂したに違いないと。

 歴史家の思索というより「日本女の髪を掴み股間に押し付ければイチコロさ」という白人ナンパ師ジュリアン・ブランクの発想に近い。

 彼は「日本人は残忍になった」という。なぜ日本人の性格がそろって残忍になったのかの病理解明もしていないが、いかに残忍だったかは『人種偏見』にやまと書いている。

 いわく「日本が敵国に撒き散らしたのは死と憎悪の種だった。例えば日本の新聞が大きく報じた、どちらが先に日本刀で百五十人の支那人を叩き斬るかを賭けた二人の将校の腕比べだ」「マレーでは拷問した英国人の口に切り取った性器を咥えさせたとか、宣教師を水責めにしたとか。一体日本軍の残虐行為の犠牲になったものがどのくらいか、わからない」。

 のっけは毎日新聞の浅海一男が書いた「百人斬り」の嘘だ。ダワーがきちんと取材していれば戦後の浅海一男の消息も知ることができただろう。彼は支那に招かれ、廖承志(りょうしょうし)に一家を面倒見るから北京に来いと誘われる。文化大革命の少し前のことだ。
(廖承志→抗日記念館・名誉議長のいとこ=日中友好協会会長

 廖は娘真理を北京大に入れて、今は北京市内に店1軒を与えている。その間、浅海は「日本軍は残虐だった」「向井、野田両少尉の百人斬り競争は事実だ」と北京政府のための発言を続けた。

 一方の毎日新聞社は『昭和史全記録』の中で「百人斬りは事実無根」と否定している。ダワーは両者とも取材できたはずだが、それもしていない。

 マレーでの英国人の話は知らない。だいたい日本軍はコタバルに上陸してシンガポールまで55日間の戦闘を続けたが、この間に戦ったのはインド兵とグルカ兵だった。

 日本軍は彼らを蹴散らしてジョホール水道に迫る。英軍はそれでも自分は戦わず、インドから第12インド人旅団を送らせた。

 彼らはスリムの丘に布陣し、その支援に初めて白人部隊がシンガポールから派遣されたが、着いたころにはもうインド旅団は粉砕されていた。白人たちは逃げ帰った。

 つまり日本軍はマレーでは英人に遭遇もしなかった。ダワーはそんな戦争経緯も調べていない。

 それに性器を切り取って口に咥えさせるのは支那人の十八番(おはこ)だ。本当の歴史学者ならそれくらいの知識は持っているだろうに。つまりこれも嘘だ。
アメリカ軍によるフィリピン人水責め

 「日本軍は水責めをした」とダワーは言う。彼の言う水責めは魔女狩りの審問から生まれた拷問だ。米軍がフィリピンを植民地にする戦いで抵抗するフィリピン人にそれをやった。

 米上院公聴会の記録では板に大の字に縛りつけ、5ガロンの海水や汚水をじょうごで呑ませる。自白しないと「膨れた腹の上に巨漢の米兵が飛び降り、土人は口から六フィートも水を噴き上げて死んだ」とある。

 日本人にそんな拷問方法の知識もそれを実行するほどの野蛮さも持ち合わせない。

 ダワーはさらに「非戦闘員の大規模な虐殺は南京が契機だった」という。「南京陥落以降、六週間にわたって処刑強姦、男女を問わない無差別殺人を繰り広げ……その死者数は二十万と見られる」「日本兵が赤ん坊を投げあげ、落ちてくるところを銃剣で刺した」「この銃剣はシンガポールでは医師、看護婦、入院患者に向けられた」と続く。

 のっけはお馴染みの南京大虐殺だ。彼の言が正しいとすれば日本軍は42日間、毎日休みなく5000人ずつ処刑したことになる。仮に10人一度に銃殺して、その遺体を運びだし……を1日に500回繰り返さねばならない。

 それを42日間、休みなく続けたという。師団規模の人員でも大忙しだろうが、南京の留守部隊は輜重兵(しちょうへい)など2、300人もいなかった。

 何より20万の死体はどこにあるのか。北京原人の骨だって出た。春秋時代の越王勾践の銅剣も湖北省で発掘されてニュースになった。しかし南京からは一体の遺骨も出ていないではないか。

 それに「大虐殺があった」というのはマギーやベイツやフィッチらすべて米人宣教師だ。それを報じたのもニューヨークタイムズにシカゴトリビューン。日本を敵視する米国の連中ばかりだ。

 彼らが「死屍累々の南京大路」と報じた同じ日付の日に日本軍が入城する写真があるが、そのどこにも死体は写っていない。それをダワーはどう説明するのか。

 それに続く「日本軍の赤ん坊殺し」と「病院での狼藉」は注目すべきだ。実は第一次大戦さなか、英米紙がドイツ軍の残虐行為として報じた中に「ドイツ兵は赤ん坊を放り上げて……」とか「病院を襲って看護婦を犯し、医師や入院患者を殺した」というくだりがある。そっくり同じ。

 米国はそれを口実に参戦した。大戦後、ドイツの批判材料として検証が行われた。その結果がアーサー・ポンソンビーの「戦時の嘘」にまとめられたが、すべてでっち上げの嘘だった。

 それと寸分違わない話が出て来たら、まともな歴史学者だったら検証するだろう。

 しかしダワーは検証もせずにこう続ける。

 「実際に起きた一連の日本軍によるショッキングな事件はほとんど疑う余地はない。第一次大戦中に反ドイツ感情をあおるために流布された残虐行為の噂を想起した懐疑派でさえ、日本軍の残虐行為についてなされた戦時中の報道は事実通りと認めている」

 誰が何を根拠に事実だとしたかを彼はここでも示していない。それで日本軍に関しての今度の「戦時の嘘」は「本当だ」という。

 かくて「日本はあるとき突然発狂し、残忍になった」ことの証明はできたとして『敗戦を抱きしめて』は書き出される。

転んだ朝日新聞
 彼は終戦直後の日本に立つ。彼は自分の祖父の代までインディアンを無慈悲に殺しまくり、奴隷を酷使し、黒人女を慰み物にしてきたことも、歯の悪いジョージ・ワシントンが健康な黒人奴隷の歯を抜いて入れ歯をつくってきたこともきれいに忘れ、慈悲の心をもち、民主主義の何かを弁える知的な白人キリスト教徒になりきって日本人を観察する。

 そこでまず「日本人は特別だ、ユニークだと言われるが、それは嘘だ」と断じる。

 例えば3・11のおりに世界は略奪もない、助け合う日本人に感動した。

 シアトルでWTO総会があったとき、デモった米国人は警備が手薄と見るとすぐ街中で略奪に走った。バグダードを攻略した米兵は博物館を荒らしシュメールの文化財を盗んだ。英軍が逃げた九龍は略奪する支那人で溢れ返った。

 そんな略奪行為が日本にはなかった。ないどころか阪神淡路大震災ではヤクザが炊き出しをしたとロサンゼルスタイムズ紙のサム・ジェムスンが書いている。

 それでもダワーは「日本人にユニークさはない」と断じ、その中に昭和天皇も入れる。「敗戦の詔勅は自分の戦争責任を免れるためだった。『五内為(ごないため)に裂く』と叫んで、国民の同情を買ったのは成功だった」と書く。

 米国の植民地戦争時代、仏軍に捕まったジョージ・ワシントンは仏軍捕虜を殺した罪を部下に擦りつけて生き延びた。そのレベルでしか人の行動を測れないダワーの下品さにちょっとたじろがされる。

 彼は天皇を軽んじた上で日本人も見下す。『敗北を……』では日本側が接待用に設けたRAA慰安婦施設の話や性病対策にペニシリンが持ち込まれた話やらを特筆する。

 「除隊した兵士が手ぶらで郷里に帰ったと責められた」と皇軍の落ちぶれた様も描かれる。どこが高潔でユニークだと。

 台湾の蔡焜燦(さいこんさん)『日本精神』に朝鮮人が軍の管理品を盗み出す描写がある。さもありなんとは思ったが、それを日本人の除隊兵がやった、そういう盗品を期待する郷里の家族がいたなどという話はあの時代を生きた者としてはっきり嘘だと言い切れる。

 彼は敗戦の日、皇居前に額ずいた「そんなに多くはいなかった」人たちを論ずる。電車も満足に通わない焼け野原の東京で、確かにメーデーほどの人波はなかった。

 それがどうしたと思うが、彼はこう続ける。「彼らがそこで流した涙は日本や天皇を想ってではない。不幸と死。騙されたという思いだった」「それは軍国主義者を憎み、戦争を嫌悪し、破壊された国土に呆然とたたずむ民衆の姿なのだ」とまた勝手に決めつける。

 さあ哀れな民をどう救うか。これは尋常な手段では民主化は望めない。「病気の木を直すには根も枝も切り落とさねばならない」つまり日本人を枯死させる大手術が必要になる。

 「戦争の勝者がそんな大胆な企てに乗りだすことは法的にも歴史的にも前例がなかった」が、マッカーサーは日本改造に乗りだしていく。

 この文言には明らかな嘘があるが、まず彼の「大胆な企て」を追う。

 彼はまずそれを言論の自由の封殺、検閲から始めた。民主主義がなぜ民主主義と一番遠い方法で行われたか、ダワーの説明はない。

 最初の標的は朝日新聞だった。今では信じられないが、この新聞は当時、進駐軍の目に余る略奪や強姦を厳しく非難し、さらに原爆の非人道性を告発する一文(昭和20年9月15日)を鳩山一郎に書かせた。

 GHQがバターン死の行進とか、無辜の民を焼き殺したとか、「赤ん坊を放り上げて銃剣で刺した」とか、フィリピンでの日本軍の残虐行為を新聞に書かせたときは「かかる暴虐は信じられぬ」「求めたい日本軍の釈明」(9月19日)とGHQにきちんとした検証を求めている。

 マッカーサーはすぐ朝日を発禁にし、GHQの批判も米兵や朝鮮人の犯罪報道も禁じるプレスコードを出した。

 朝日はこれを受けてすぐ転んだ。

 検閲は手紙や電話まで広げられた。北朝鮮だってそこまでやるかというGHQの横暴をダワーは積極的に評価し、逆に「検閲で言論を封じた日本の軍事政権」の暗黒から日本人を救ったと強調する。

 確かに戦前、検閲はあった。支那事変が続く中、軍の行動が分かる表記は墨が入った。当たり前だ。

 石川達三の『蒼氓(そうぼう)』にも筆が入ったが、その気になれば消された部分は「乙種合格」とか理解はできた。

 しかしGHQのそれは検閲の跡も残さなかった。だれも検閲されていることを知らなかった。

 彼らは情報を完全に絶ったうえで日本人に勝手な情報をインプットした。その道具にされたのが「転んだ朝日新聞」だった。

 朝日はGHQが望むまま、そしてダワーが書いたように「国民は軍事独裁主義者の犠牲にされ、無謀な戦争に投入された」という日本の中の対立構造を描き続けた。

 同時にGHQは「悪い日本」に対する「民主主義でいい国の米国」を朝日に書かせた。発禁を受けた2カ月後の11月11日付紙面には「京都、奈良、無傷の裏」と題して京都や奈良が空襲の標的から外され「人類の宝」が守られたのは「ハーバード大のラングドン・ウォーナーの献身的な努力があった」という記事が載った。

 ウォーナーのリストに載った文化財はおかげで守られたと。

 真っ赤な嘘だ。京都は原爆投下候補地の筆頭で、原爆の正確な被害を測るため、通常爆弾による空襲を禁じてきた。米公文書には投下地点は京都駅近くの梅小路操車場で、その上空500メートルで原爆は炸裂する予定だった。それで京都市民50万が死に、八坂神社も二条城も西山の金閣寺も消滅していたはずだった。

 広島、長崎に先に投下したのは、さすがに一瞬で古都を燃やし尽くし、50万も殺すのに躊躇(ためら)いがあったと想像できる。それが黄色い劣等人種だとしてでも、だ。

 そんな恥ずべき大虐殺計画を美談に変える。しかも根拠のウォーナーリストには明治神宮も名古屋城も、原爆で消滅させた広島の太田城も入っている。みな爆撃で燃やした。

 もっとましな嘘をつけと思うが、それでも日本人はころっと騙され、奈良には今もウォーナーに感謝する顕彰碑まで立った。徹底した検閲と忠臣、朝日新聞のおかげだ。 
http://ironna.jp/article/873

長いので続く
「敗北を抱きしめて」などいられない②

【wiki】ラングドン・ウォーナー
ラングドン・ウォーナー(Langdon Warner、1881年8月1日 - 1955年6月9日)は、アメリカの美術史家。ランドン・ウォーナーとも表記される。太平洋戦争中に日本の文化財を空襲の対象から外すよう進言した人物とされるが異論も多い。

略歴
マサチューセッツ州エセックス生まれ。1903年ハーバード大学卒業。卒業後日本を訪れる。帰国後東洋美術史を講義、ハーバード大学付属フォッグ美術館東洋部長を務めるなど、東洋美術の研究をした。1946年、米軍司令部の古美術管理の顧問として来日。朝河貫一とは親交が深く、数々の書簡を交わしたりウォーナーの著書に朝河が序文を寄せたりした。

ウォーナーリスト
太平洋戦争時、日本の多くの都市・地域に空爆があったが、京都は爆撃されなかった。この事実の理由として、ウォーナーが、空爆すべきでない地名のリスト(ウォーナーリスト)を作成して米政府に進言したから、という説がある。ウォーナーと親交があった美術研究家の矢代幸雄が、1945年11月の朝日新聞に談話を発表したことから広まり、以来広く一般に知れ渡っている。ウォーナーの知己である牧野伸顕の『回顧録』、近藤啓太郎の『日本画誕生』や岡倉覚三著村岡博訳の『茶の本』の解説(福原麟太郎)などにも、その旨の記述がある。
京都を救ったのはウォーナーであるという話に基づいて、1958年6月、法隆寺西円堂の近くに、供養塔、顕彰碑 ウォーナー塔(Warner Monument)が建立された。また、鎌倉にも同趣旨のプレートがある。さらに、ウォーナーへの感謝の胸像が作られ、米国の大学へ寄贈されたこともある。
「朝日新聞に談話を発表したことから広まり」

(´・ω・`)朝日が書いたならほぼデマ確定だろうな


参考
戦後占領政策に追従した売国的言論人たち 
米占領軍の日本洗脳工作「WGIP」文書、ついに発掘

動物愛護に関する客観的な資料は少ないです
それをいいことにメディアはいい加減な情報を撒いているようです
関心持った方は是非こちらのブログ
→『さんかくの野良猫餌やり被害報告』 http://eggmeg.blog.fc2.com/

世界の「暗黒リスト」、日本3位、韓国8位、米中や北朝鮮はランク外―中国メディア
中国listverse動物虐待

2014年12月27日、中国メディア・前沿網はこのほど、海外のランキングサイト・listverseが発表した「恐ろしいものナンバー1の10カ国」を紹介し、日本が3位(動物虐待)、韓国が8位(異常な美容整形ブーム)になった、と報じた。米国、中国や北朝鮮はなぜかランク外だ。

Listverseはホームページによると、「あまり知られていないトリビアに特化したリスト」を独自の視点から公開する英文サイト。最近のリストには「クリスマスに関する10の誤解」「10の一見愚かな伝統」などユニークなものが並んでいる。 

前沿網が報じたリストは、世界各国が抱える“暗黒”の部分に焦点を当てて分析し順位をつけた。1位は人身売買や強制労働が横行するバングラデシュで、2位は少年兵士が多いソマリア。 

日本が3位になった理由の「動物虐待」は、「世界で最も動物を殺している」ため。Listverseのサイトには捕鯨の写真が添えられており、欧米諸国で高まっている捕鯨やイルカ漁への反発が背景にある。ペットブームの陰で毎年、多数のイヌやネコが安楽死ではなく毒ガスの吸入という残酷な方法で殺処分されていることも指摘している。 

4位はカニバリズム(食人)の風習がある部族が存在するパプアニューギニア 
5位は売春が合法化されているドイツ 
6位は国民の平均寿命が50歳でしかないアフリカのチャド 
7位は貧困で貴重な森林資源を消費し続けているホンジュラス 
8位は異常な美容整形ブームの韓国 
9位はアルコール中毒者が多いベラルーシ 
10位は人口の36%が喫煙者という喫煙大国のオーストリア 
と続いている。(編集/KU)
レコードチャイナ2014.12.28
http://www.recordchina.co.jp/a99767.html

このlistverseというサイトを見に行ったら
ランキングが山のようにあってこの記事探すのに苦労した
(12.27で探したのに10.2だったという。何か意図でもあるのか)
なのでこのサイト内で特別日本だけがやり玉に上がってるとは感じなかったが

10 Countries That Are Number One For Terrible Things
MAX COONEY 
ランキングサイト日本動物虐待

(やっぱりあの『the Cove』のイメージなわけですね) 

There isn’t a single easy way to estimate which country has the worst record when it comes to animal cruelty, but Japan’s terrible track record compared to other developed countries certainly makes it a strong candidate. Infamously, Japan has continued to hunt whales and dolphins on an industrial scale, insisting its fleet is engaged in “scientific research” to get around international restrictions on whaling. Since demand for whale meat has plummetedid① over the last 50 years, the industry is unprofitable, yet the Japanese government continues to subsidize it to the tune of around $10 million a year. Excess whale meat is often fed to schoolchildren② under the guise of educating them “about the kind of school lunches Japan had in the past.” The annual Taiji dolphin hunt③ sees around 2,500 dolphins herded into a cove by noisemaking boats and trapped there overnight. In the morning, the dolphins are stabbed to death with harpoons, hooks, and knives, turning the water red with blood.

Things aren’t ideal on land either. The 1973 Welfare and Management of Animals Act states that if an owner doesn’t come to adopt a stray dog or cat, it must be “disposed of” properly. Unfortunately, this is usually carried out by gas, which can often take an excruciating 30 minutes to course through the animal’s body. But things aren’t hopeless—a pound in Japan is taking steps to save many pets’ lives. The Kumamoto City Animal Welfare Center is beginning to ask why people bring in their dogs and cats to be disposed of, and in many cases will try to talk them out of it④. Amazingly, most people will change their minds and decide to continue taking care of the animals. In 2002, the center was putting down almost 400 animals a year. In all of 2009, they put down a total of seven.
http://listverse.com/2014/10/02/10-countries-that-are-number-one-for-terrible-things/

著者MAX COONEYについては情報がない

青文字にした部分はリンクになっている
has plummetedid 
http://www.theepochtimes.com/n2/world/japanese-whaling-unprofitable-highly-subsidized-351029.html
②fed to schoolchildren
http://www.thedailybeast.com/articles/2013/02/05/i-ll-have-the-whale-please-japan-s-unsustainable-whale-hunts.html
(拙ブログではおなじみジェイク・エーデルスタイン氏の記事ですね)
③Taiji dolphin hunt
http://advocacy.britannica.com/blog/advocacy/2009/04/dolphin-slaughter-in-japan/
talk them out of it
http://en.rocketnews24.com/2013/08/01/500-cats-dogs-legally-killed-in-japan-per-day-but-one-organization-says-no-more/ 
問題はこれ

ロケットニュースが英文記事を配信してたとは知らなかった
ロケットニュースcara-cregg犬猫
熊本の動物愛護センターでの殺処分ゼロへの取り組みを紹介してるんだけど・・
ガスによる非人道的な方法で殺されてるとか
悪意ありますねぇ(ウンザリ

イルカ漁が非人道的だとかツイートした某駐日大使殿がいらっしゃいましたねぇ
不吉な使者 キャロライン・ケネディ

著者はこの人
実在してるんだか何だか分かりませんが
cara-clegg
こんな記事も書いてますね
cara-cleggアンブロークン
http://en.rocketnews24.com/2014/12/15/japanese-conservatives-call-for-ban-on-angelina-jolies-wwii-movie/

サウラビギタリストMIYAVIさん
【 #unbroken 】サウラビギタリストMIYAVIが赤いZE 

イルカ漁 『the Cove』
捕虜虐待 『unbroken』
犬猫    ?

やっぱり仕掛けてくるんじゃないかなぁ 
9条にノーベル平和賞プロ市民鷹栖直美 あれ、このパターンって・・・ 

追記2015.1.3
ロケットニュースの記事一番下に
source Naver matome
とリンクがあったので見に行った
『前人未到の「犬猫殺処分0」を目指す熊本市動物愛護センターが注目されている』 2013.7.24
http://matome.naver.jp/odai/2137448040786520801

熊本動物愛護センター太田匡彦AERANAVER

出典 NPO法人 横浜アニマルファミリー 殺処分ゼロ 熊本の挑戦 AERA記事
このリンク先は切れているのだが

これAERA太田匡彦記者の記事じゃーーーーん!
(なぜ分かるかというと著書『犬を殺すのは誰か』を読んだから)

またおまえかアカヒ

職員さんの画像は公明党・尼崎市議のブログから
(好きな映画「ビルマの竪琴」と書いてあるが、原作者竹山道雄氏の著作読んだことあるのかねぇ)
民主主義とは平時にのみ機能しうる贅沢品 

朝日新聞・守真弓記者がRTしていたNYTマーティン・ファクラー東京支局長のデマ記事
朝日新聞守真弓
国会事故調が気に入らない朝日新聞記者の方々

朝鮮人追悼碑「ネット右翼の圧力で中止になった」 NYタイムズ紙の日本批判報道が物議

 北海道猿払村で2013年11月、戦時中に労働力として動員された朝鮮半島出身者の追悼碑が建立されたが、村の申し入れで除幕式が中止になる騒ぎがあった。米ニューヨーク・タイムズ紙は、これをネット右翼の圧力でそうなったと批判的に報じて、物議を醸している。

「戦争犯罪を忘れさせようと、日本で圧力がかかった」

 ニューヨーク・タイムズ紙の2014年10月28日付サイト記事では、こんなセンセーショナルな見出しが躍っている。記事は、アジア版の1面にも掲載された。

記事の中で追悼碑が無許可だったことに触れず
 圧力がかかったとされた追悼碑の建立は、猿払村の共同墓地で進められていた。もともとは、地元の男性が朝鮮出身者を慰霊しようと発案したものだ。

 村では、旧陸軍が対ソ戦に備えて1942~44年に浅茅野飛行場を建設し、日本人も含めて多くの朝鮮出身者が過酷な環境で働いていたとされる。そんな中で、80人以上が栄養失調やチフスなどで亡くなったと伝えられ、飛行場近くの旧共同墓地などに埋葬されたという。

 そのことを知った地元男性の呼びかけで、市民団体「強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム」などが06~10年まで発掘調査を行い、39人の遺骨を見つけて近くの寺に安置した。その後、韓国政府機関「対日抗争期強制動員調査・支援委員会」も加わって追悼碑の建立が進められ、13年11月26日に除幕式が行われる予定になった。

 このことが韓国でも報じられると、日本のネット上で騒ぎになり、村には、「強制連行というが、根拠はあるのか」といった抗議が相次いだ。そんな中で、村有地の追悼碑建立に村への許可申請がなかったことが分かり、村は除幕式の中止を求めていた。12月8日には、追悼碑が自主的に撤去され、村の総務課によると、その後は改めて申請はないという。

 しかし、ニューヨーク・タイムズ紙は、記事の中で追悼碑が無許可だったことに触れず、ネット右翼の抗議が相次いで村が建立中止を命じたと書いている。

猿払村「記事は違う部分があると思います」
 記事では、その抗議について、「村の住民たちは国賊だ」「特産のホタテガイの不買運動をするぞ」といったものだったと指摘している。

 ニューヨーク・タイムズ紙の報道について、猿払村の総務課では、「ニュアンスについては、違う部分があると思います」と戸惑いがちに取材に答えた。「抗議の電話やメールが多数あったのは事実ですが、圧力があったので除幕式の中止を申し入れたわけではありません。あくまでも、手続き上の不備があったということです」と説明した。

 一方、追悼碑建立などを進めてきた「強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム」の共同代表は、取材に対し、村が話し合いの中でネット右翼の圧力に何か言及したかについてはコメントしなかった。しかし、村が手続き上の不備だけを挙げたことについては、「それが役場の見解でしょう」と含みを持たせた。

 別の場所に建てるかなど、今後については、「まだ何も決めていません」と取材に答えた。ただ、「抗議などは気にしないで追悼碑を建てるべきだ、という立場に立っています。近く何らかの主体的なアクションをする可能性はあります」と言っている。

 記事を書いたのは、ニューヨーク・タイムズ紙の東京支局長だった。そこで、支局に話を聞こうとすると、支局長は取材で外出しているとのことだった。
J-CASTニュース2014.10.31
http://www.j-cast.com/2014/10/31219859.html?p=all
(J-CASTも朝日のお友達ではあるんだけど)

NYTの件の記事
NYTマーティンファクラー北海道朝鮮人碑

http://www.nytimes.com/2014/10/29/world/asia/japanese-village-grappling-with-wartime-sins-comes-under-attack.html
(最後にHisako Ueno contributed reporting.って書いてあるのが気になるな・・)

NYT東京支局は朝日新聞社内にあるのは有名な話
そして今や
NYTを読んでいるとChina Dailyが紛れ込んでいるという体たらくであるらしい
NYTchinadaily
NYTchinadaily魚釣島は中国領
http://www.businessinsider.com/china-daily-ad-in-new-york-times-2012-9
魚釣島は中国領という広告

New York Times Publishes Spread From State-Owned Chinese Newspaper 2011.8.26
 http://observer.com/2011/08/new-york-times-publishes-spread-from-state-owned-chinese-newspaper/

70年前の戦争ガー言うてるヒマあったらバイオテロの釈明せんかい

エボラ出血熱国内初感染は確認されず
DAILY NOBORDER 10月28日(火)13時43分配信

 各社報道によると、27日午後、西アフリカのリベリアに滞在していた男性が羽田空港に到着し、発熱の症状を訴えたため、エボラ出血熱の疑いがあるとして国立国際医療研究センターに搬送された。

 厚生労働省によると、検査の結果、男性からエボラウィルスは検出されなかったということだが、念のため引き続き入院して経過を見るという。

 また、この男性については40代のジャーナリストと報道されていたが、ニューヨークタイムズの前東京支局長である日系カナダ人のオオニシノリミツ氏であることが、明らかになっている。現在サンフランシスコ支局長を務めるオオニシ氏は、今月にもリベリアにおけるエボラ出血熱の取材をし、記事を書いている。

 政府は28日、エボラ出血熱対策関係閣僚会議を開き、本格的な対策に乗り出している。
DAILY NOBORDER編集部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00010000-noborder-soci

たまたま陰性だったからといって許される話か?
朝日記者は「説明責任を果たす姿勢を示すつもりはないのか」と聞くべきだろう

参考
人食い日本兵の元ネタ、かも

週刊新潮2014.6.12号

p128~130
『ジャパンタイムズ会長の愛とケチケチ』
 立志伝中の人である。自動車部品製造大手のニフコ、英字新聞ジャパンタイムズ、高級ベッドメーカー・シモンズなどの総帥・小笠原敏水晶会長(83)は、戦後一代で財を成した。
 「若いころに英国に渡り、米プリンストン大学大学院で学んでいます。学問に頼らず、一匹狼的なところがある。リスクを背負いながら経営している人は取材しても魅力があるので、何回か登場してもらいました」
 こう語るのは経済誌『財界』主幹の村田博文氏だ。
 ニフコという会社は一般には馴染みがないが、売上高は1399億円(平成25年3月期)、従業員数は約8000名と、堂々たる企業なのである。
「工業用ファスナーのシェア70%の国内最大のメーカーですが、ファスナーといってもプラスチックのボルトやナットのような留め金のこと。車1台に100個から200個のファスナーが使われています」(同)
 創刊から100年以上の歴史を持つジャパンタイムズは、発行部数6万部の英字新聞だが、1983年に小笠原会長が買収した。
「赤字でしょう。でも手放さないと思います。米国大使館を始め各国の在日大使館が購読しているクオリティーペーパーで、海外に事業展開する時は、彼にとっての勲章になっています。米国でフットボールや大リーグのオーナーが尊敬されるのと同じです」(同)
 功成り名を遂げたそんな小笠原会長が最近、大々的に新聞を賑わせた。
(香港移住で税回避/樹脂部品会社会長/10億円申告漏れ/国税指摘)(読売新聞5月24日付朝刊)
 2008年頃に香港に転居して現地で納税していたが、国税当局は生活拠点は日本国内と認定。1憶数千万円の追徴課税を命じたという報道である。
 この記事を見て、呆れている女性がいる。98年から2010年まで、小笠原会長宅で家政婦を務めた松永由紀子さん(仮名)である。
「ちょっと違うんじゃないか、と思いました。税金が安いからといって香港に移住するという姿勢は何か筋が違う、と感じたんです。お金持ちで社会的な立場のある方は、日本で納税されるほうがためになります。でも、その一方で”彼ならそういうこともするだろうな”とも思いました」
 彼女が会長と最初に会ったのは、95年のこと。
「私たち夫婦は千葉県内で小料理屋を営んでいましたが、不景気で客足は遠のく一方でした。主人は有名なホテルで板前をしていましたから、腕は良くて味も評判だったんですけどね。ある日、求人情報誌を見ていると、住み込みの管理人の募集がありました。思い切って応募しましたが、それが会長との出会いです。神奈川の茅ヶ崎の別荘に来てくれ、というので夫婦で行ってきました。主人が料理を作ってお出ししたところ、会長は”金田中のようだ”とおっしゃってくれて。でも管理人になるのはお断りしたんです。」 
 が、その3年後、松永さん夫婦は小笠原邸で働き始める。
「ニフコの秘書室が”会長と奥様が別居した。もし良かったら働きませんか”と声をかけてくれ、お引き受けしたのです。私たちは、東京・田町のジャパンタイムズ・ニフコビルの12階に引っ越しました。久々にお目にかかった会長はやはり威厳があり、立派な経営者だなあ、という印象を持ちました」
 管理人の一日は朝6時半から始まる。
「まず主人が会長の朝食を作ります。私は14階の会長の部屋にお茶を持って上がるのですが、会長はだいたいリビングで体操をしている。その間に、私はその日会長の着る服をベッドの上に並べていきます。それが済むと13階の食堂に移り朝食となります。食後は、エレベーターまでお供して、”いってらっしゃいませ”とお見送りするんです」 

マンション買ってよ
 松永さんは、それから掃除。ご主人は昼食の準備に取り掛かる。
「とにかく部屋がだだっ広くて掃除が大変。洗濯物を持って上の階に上がり、クリーニングに出したりしていると、もう昼。今度は昼食のお世話をします。バタバタしていると、すぐに会食の時間です。平日の夜はほぼ毎日、会食をしていました。ゲストルームの左側にはバーがあり、そこでまずお客さまにビールなどをお出しします。右側にはイグランドピアノとカラオケが置いてあり、バーの隣には中庭があって、滝が流れています。中庭の厝がダイニングルームで、壁には横山大観と伊藤深見ずの絵が掛かっていましたね。和食が基本ですが、主人は洋食でもなんでも作れるんです。会食は大抵7時から9時まで、私たちは片づけをして11時にはくたくたに疲れ切って寝てしまいます。これで月給が2人で30万円。安いでしょう」
 会食の材料費は会社持ちだったが、朝食、昼食、クリーニング代は会長の懐から出る。
「1月に10万円。とても間に合わないこともありました。秘書に”お金がない”と言うと”ダメ”という返事。ある朝、会長をエレベーターまで見送る時、”すみません、生活費が”と懇願すると”朝っぱらから金の話をするんじゃない!”と一喝されました。とうとうお金が底をつき、”今5万円ほど立て替えているんですよ”と言うと”早く言ってくれればいいのに”ととぼけて、やっとお金を出すんです」
 住み込んだ当初は、会長邸に女性の影はなかった。
「当時はまだ奥さんと別れていませんでした。離婚が成立したのは、2000年代の半ば頃で、慰謝料が4、5億円だったと言います。その頃から20代半ばの若い女性が会食に現れるようになりました。ある朝、お部屋に伺ったら、彼女がベッドで裸で休んでいる。”なるほど、そういうことか”と思いました。そんな姿を見られても、彼女は堂々としていましたよ。”私が奥様よ”といった感じ。まるでデヴィ夫人のような感じでしたね」 
 彼女と会長はよく言い争いをしたという。
「部屋を掃除している時によく耳にしました。大抵こんな感じです。”ねえ、マンション買ってよ”と彼女が言えば、会長が”ここでいいじゃないか”とか”良い物件があったらな”とか言う。結局、彼女が”じゃあ、お金ちょうだい”などと口にして、言い合いになるんです。どうやら会長は^女性にもケチだったみたい。2年半ぐらいで彼女はいなくなりました」
 その後も、別の女性がしばしば部屋を訪れた。
芸能プロダクションの社長の紹介で来ました。ピアノの先生やマッサージ師として来ていましたが、だいたい半年か1年ぐらいで来なくなります。私が知っている最後の女性は、30代半ばの韓国人。女優の水野真紀似の美人で、すらっとしてロングヘアーでした。尽くすタイプで会長にぴったりだったんでしょう。最初は汐留のマンションに住んでいたようですが、往復が面倒だと14階で一緒に住むようになりました」
 松永さんは会長のこんな姿を目撃したという。
「お茶を運んでいくと、寝室で会長がパジャマ姿でベッドの脇に立ち、腕を組んでじっとベッドを眺めていたんです。視線の先を見ると、ベッドには1万円札の束がびっしりと敷きつめられていました。”おはようございます”と声をかけると気がついて、まるでゴミでもかき集めるように紙袋に札束を入れました」
 2010年2月、松永さん夫婦は小笠原邸を去った。会長から香港移住を告げられたからだ。別れ際、
「お世話になった」
 とねぎらいを言ったが、退職金は月給2か月分にも満たなかったという。

”あなたが作ってくれないか”
  「私なんて、退職する時はたった2万円分の商品券だったんです」
 と言うのは、茅ヶ崎の別邸で9年前までの15年間、夫婦で住み込みの管理人を務めた半田雅子さん(仮名)。「もともとは牛乳やでしたが、うまくいかず主人と一緒に働き始めました。別邸には^”仁不古庵”という名前で、敷地は3000平方メートルと広大。9ホールのゴルフ場や屋形船の浮かんでいる巨大な池があります。ボタン一つで水の流れる滝や噴水なども配されていました。建物は母屋の他に4,5棟あり、初めて行ったときは、”本当にこんな世界があるのか”と驚きました。母屋の中には25メートルプールや温泉旅館のような岩風呂まである。食器棚には古マイセンや古伊万里など高級食器がずらり。和室の壁には河合玉堂の掛け軸が飾ってあり、会長からは”火事になったら何はともあれ、この掛け軸を持って逃げなさい”と言われていました」
 会長は土日に滞在し、招待客も大勢訪れた。
「竹下登元総理、細川護熙元総理、王貞治さん、駐日米国大使のアマコストさん。経済界の重鎮もよく来ていました。パーティーをやるときは、東京のホテルにケータリングを頼むのですが、一人4万円で10人なら40万円。会長から”美味しくないからあなたが作ってくれないか”と言われました。料理を褒められることは嬉しいのですが、よく考えると経費節減の一環だったのでしょうね。とにかくケチでした。パーティーをやる時は記念写真を撮りますが、近くの店で現像すると、”どうしてそんなに高いところで焼き増しするんだ”とがっかりしていました。一枚たかだか10円か20円の差ですよ」
 いずれにせよ、空中庭園付の豪邸に住み、木々に囲まれた広大な別荘を持ち、若い女性に囲まれた人も羨むようなお大尽だが、今回、当局に申告漏れを指摘されてしまった。
「このたびは、皆様に御心配をおかけし、申し訳ございません。国税局の指摘に従って、税金の納付は済ませております」
 と小笠原会長ご本人は反省しきりだが、国税も家政婦もしっかり見ていたのである。

p128
12ジャパンタイムズ小笠原128
p129
12ジャパンタイムズ小笠原129
p130
12ジャパンタイムズ小笠原130

(´・ω・`)どこまで本当だか分からない記事だけど
(マンション買ってよとかベタすぎやしまいか)一文だけ気になるところが
芸能プロダクションの社長←誰

にしてもジャパンタイムズがクオリティーペーパーって悪い冗談ですこと(`ノ∇´)オホホホホ

参考
侮日新聞ジャパンタイムズ ニフコ会長10億円申告漏れ 海外転々

革命後の世界 続き

先日珍しくTVを見たら
チャウシェスク政権崩壊をやっていた

【wiki】ニコラエ・チャウシェスク
ニコラエ・チャウシェスク(ルーマニア語: Nicolae Ceaușescu、1918年1月26日 - 1989年12月25日)は、ルーマニアの政治家。ルーマニア社会主義共和国国家評議会議長(1967年 - 1974年)、初代大統領(1974年 - 1989年)、ルーマニア共産党書記長(1965年 - 1989年)。
1960年代から80年代にかけての24年間にわたり、ルーマニア共産党政権の頂点に立つ独裁的権力者として君臨した。

堕胎と離婚の禁止
1966年、チャウシェスク政権は国の人口を増やすため、人工妊娠中絶を法律で禁止とした。妊娠中絶は42歳以上の女性、もしくはすでに4人(のちに5人に変更)以上子どもを持つ母親のみ例外的に許された。ルーマニアでは5人以上子どもを産んだ女性は公的に優遇され、10人以上の子持ちともなると「英雄の母」の称号を与えられたが、殆どの女性は興味を示さず、せいぜい子ども2-3人程度がルーマニアの平均的な家庭であった(ルーマニアの人口統計(英語版)を参照)。また、秘密裏に行われた妊娠中絶の結果障害を負った女性、あるいは死亡する女性も少なくなかった。
チャウシェスクは上昇傾向にあった離婚率にも目を付け、離婚に大きな制約を設け、一部の例外を除いて禁止した。1960年代後半までにルーマニアの人口は増加に転じたが、今度は育児放棄によって孤児院に引き取られる子供が増えるという新たな問題が生じた。これらの子供は十分な栄養も与えられず病気がちとなり、さらに子供を死なせた場合にはその孤児院の職員の給与が減らされるため、無理な病気治療のひとつとして大人の血液を輸血され、エイズに感染する子どもが激増した。こうした人口政策で発生した孤児たちは「チャウシェスクの落とし子」と呼ばれ、ストリートチルドレン化するなど、後々までルーマニアの深刻な社会問題となった。

対外債務
1968年のチェコスロバキアのソ連からの政治的独立、ならびにソ連による同国への軍事侵攻(チェコ事件)に対するチャウシェスクによる抗議は西側主要国の称賛を呼んだ。西側主要国はチャウシェスクについて「反ソ連の一匹狼」と考えており、チャウシェスクに資金援助を行うことでワルシャワ条約機構の内部分裂を狙い、チャウシェスクは経済開発のために西側から130億ドル以上の融資を受けたが、この融資が最終的にルーマニアの国家財政を破綻させた。チャウシェスクは、莫大な対外債務を返済するために憲法を改正し、将来的にルーマニアが外国から融資を受けることを禁止した。1980年代、チャウシェスクは対外債務返済のため、あらゆる農産物や工業品の大量輸出を行い、国内では食糧の配給制が実施された。一連の強引な飢餓輸出により、ルーマニア国民は日々の食糧や冬の暖房用の燃料にも事欠くようになり、停電は当たり前になるなど、国民生活は次第に困窮の度合いを深めていった。1980年代のルーマニア国民の生活水準は着実に下がっていったにも関わらず、国民には「対外債務返済のための一時的なものであり、最終的には利益になる」と説明された。対外債務は1989年夏までに完済したが、大規模な輸出政策は同年12月に革命が勃発するまで続いた。 

飢餓輸出を横目に「国民の館」を建設 
国民の館チャウシェスクルーマニア
【wiki】国民の館
国民の館チャウシェスクルーマニアinside
中はこんな


【youtube】Elena Ceausescu - Cantec de urare
チャウシェスクを讃える歌かな
妻エレナはドレスに一度袖を通すと二度とそれを身につけることはなかったとか

history channel の動画

【youtube】History Channel Nicolae Ceausescu The Unrepentant Tyrant
38:00頃
演説の途中で湧き上がる民衆の声に戸惑うチャウシェスク

41:00
ヘリコプターで逃亡したチャウシェスクは結局捕らえられ銃殺される


それでまた映画『thrive』を思い出した
「反米の大統領が選出されるとするとすぐに行きます。
おめでとうございます。私は大統領とご家族を大金持ちにして差し上げることができます。私達の方法に従えばこのポケットの数億ドルは大統領のものです。
そうしないならもう一つのポケットにはあなたの名前入りの玉が入ったピストルが入っています。
選挙公約を守って我々を追い出そうとした時のためにね。
アメリカの石油会社に石油を安く売るか、次の国連投票でアメリカに賛同するか、イラクなど世界のどこかに米軍を支援する部隊を送って下さい。
このようにして世界帝国を築き上げたのですが、このことを実際に知っている人はほとんどいませんでした。」
誰も自由にならない金融「自由」化

ヘリコプターで逃げるとか
贅沢三昧な王宮と着飾る妻とか
日本では考えられない
何とあさましいことかと思ったが

都合が悪い政権なら革命を起こして首をすげかえればよいと考える人達がいるとしたら

15
その人達にとって「天皇」はこの上なく邪魔な存在ということになる
「天皇」を天皇たらしめているのは金でも力でもないし
なにせ日本で革命が起きたことはないからだ

パンキブン小和田恒
この画像はそういうことだろうな....
毎日新聞=創価チラシの火消しキタ(゚∀゚) 


外国籍欲しさに外国に行って出産したりホイホイ国を捨てたり
というのは日本人から見ると大変奇異に思えるが
国家元首や政府要人が海外に不正蓄財して国を捨てて逃げ出したりするような国では
自分の身を守るための手段でもあるし国を信じなくて当然といえる

苔むす巌のようにそこに「ある」ことが当然な国は実は世界から見ると奇異なのかもしれない 

みなさまのNHKにはNHKworldという国際放送がある

こんな動画が

【ニコニコ動画】Watch 青山繁晴「 NHK」海外放送で慰安婦問題捏造(拡散希望)

NHKworld 慰安婦
http://megalodon.jp/2014-0214-0716-59/www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/20140212_01.html
(魚拓とった方に感謝(ー人ー))

S.Korea wants UNESCO to register 'comfort women'
South Korea plans to ask UNESCO to include materials about the so-called "comfort women" in its Memory of the World Register to raise awareness of the issue.

Gender Equality and Family Minister Cho Yoon-sun① disclosed the plan in this year's project outline submitted on Tuesday to President Park Geun-hye.

The outline says the government will create a day to commemorate the women and organize events for South Koreans to learn more about the issue.

Many of the women were forced into prostitution to serve Japanese soldiers during World War Two.

The government is to conduct research and collect documents in the United States, China and elsewhere before applying.Earlier this year, the ministry organized an exhibition featuring drawings and manga comics about comfort women at an international manga fair in France.

The ministry says the exhibition generated huge responses.

South Korea is apparently trying to win international support for the issue and to step up pressure on Japan.
Feb. 11, 2014 - Updated 15:55 UTC

同様の記事がNHKnewswebにあった
11
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140211/k10015176221000.html

韓国 従軍慰安婦の資料を「記憶遺産」に
2月11日 22時23分

 韓国政府は、いわゆる従軍慰安婦の問題について、関係する記録のユネスコの「記憶遺産」への登録を目指すなど、国内外の関心を呼び起こす取り組みを強化すると発表し、韓国の立場に対する国際社会の共感を得ることで、日本への圧力を強める構えです。

 これは、韓国のチョ・ユンソン女性家族相①が11日、パク・クネ大統領にことし取り組む事業の計画として報告した中で明らかにしたものです。

 計画では、韓国国内で、いわゆる従軍慰安婦の問題に対する国民の意識を高めるため、記念日を設けて学生らが参加する文化祭を行うなどとしています。

 さらにこの問題を国際世論に訴えるため、アメリカや中国などで関連する資料を調査、収集したうえで、ユネスコの「記憶遺産」への登録を目指すとしています。

 女性家族省は、先にフランスで開かれた国際漫画祭で従軍慰安婦をテーマにした展示会を企画し、「大きな反響を巻き起こすことができた」と評価しており、今後、韓国の立場に対する国際社会の共感を得ることで、日本への圧力を強める構えです。

日本政府関係者「極めて遺憾だ」
 韓国政府の発表について、政府関係者は「この問題に関する日本政府の立場や、『アジア女性基金』の創設などの取り組みを軽視したもので、極めて遺憾だ。詳細を確認したうえで、政府内で今後の対応を協議したい」と話しています。

ほとんど同文なのにNHKworldの方だけ
Many of the women were forced into prostitution to serve Japanese soldiers during World War Two.
(第二次世界大戦中に多くの女性が日本兵のために性サービスを強制させられた)
の文言をわざわざ入れるってどういうことだ

Gender Equality and Family Minister Cho Yoon-sun
  韓国のチョ・ユンソン女性家族相
チョユンソン女性家族部長官
曹渓宗と女性家族部と従軍慰安婦 

NHKは女性戦犯法廷という侮日番組を放送しましたからねえ
安倍晋三私は北鮮に狙われた01-5
従軍慰安婦問題は北朝鮮の工作
 諸悪の根源「女たちの戦争と平和資料館」   

180 - 参 - 総務委員会 - 8号 
平成24年(2012)03月29日
〇加賀谷健君 
(前略)
 国際放送の関係についてちょっとお伺いをさせていただきます。
 これも平成十九年度の放送法の改正で、NHKの子会社として、民放とかいろいろなところから出資をして、株式会社の日本国際放送、JIBというのが設立をされました。これは、国連の公用語六か国語をカバーしている中国のCCTV、フランスが百億円を投資して開局をしたフランス24、カタールのアル・ジャジーラ等を意識したものだというふうに聞いております。
 しかしながら、日本の国際放送については、月刊誌のウェッジの最新号が、発足をしてから四年経過をしているけれども、今に至っても、週に一度、三十分枠の番組しか制作ができていないというような酷評をしているわけでありますけれども、こうした現状や国際放送の在り方についてのお考えを、会長、そしてできれば総務大臣からもお聞かせをいただければと思います。

〇参考人(松本正之君) 今お話のありました株式会社日本国際放送、JIBというふうに言っておりますが、放送法に基づきまして、NHKの外国人向けのテレビ国際放送、NHKワールドTVの業務を円滑に遂行するために設立された子会社でございます。
 このJIBの業務は、NHKからの委託を受けてNHKの外国人向け番組を制作することと、海外でNHKワールドTVが受信しやすい環境を整備する、例えば衛星を借りるとかですね、そういうようなことの二つが放送法で定められております。このうち、NHK番組の制作委託では、来年度も今年度同様四つの番組を委託して、引き続き内容の充実に努めていただくことにしております。また、受信環境整備では、JIBの取組もあり、目標どおり、世界の一億五千万世帯余りで一日二十四時間、NHKワールドTVの受信が可能になっております。
 NHKとしては、放送法の規定に基づいて業務を遂行していただいているというふうに考えております。
 その一方で、JIBはNHKの編集権以外で番組の制作を行います。これの番組は、NHKワールドTVと同じチャンネルの時間枠を使って、これはCM付き、広告付きで放送されるということになっております。ただ、昨今の厳しい経済状況から一般企業のスポンサーの確保に大変腐心されていると、こういう状況があります。一方で、国の第三次補正予算に盛り込まれた事業ということで、四十本余りの海外向けの番組の制作、放送というものを行っておりまして、二十四年度は毎週の定時放送枠が二枠に増えると、こういう計画になっております。
 NHKといたしましては、引き続きJIBに対する業務委託を適切に実施しつつ、NHKワールドTVの充実強化に向けて取り組んでまいりたいというふうに考えております。
(別法人で編集権は別だからNHKの責任ではないと言い逃れするのが目に見える)

(復興予算流用も)
181 - 衆 - 総務委員会 - 2号 
平成24年(2012)11月08日
〇斎藤(や)委員 
(前略)
 九月のNHKスペシャルの報道がきっかけでこれが出てきたわけでございますけれども、そのNHKの子会社にも復興予算が流れていたという事実がございます。
 行政事業レビューを見ていたら、二〇一一年度三次補正予算で、総務省の事業ですけれども、海外への情報発信強化八億円が計上されていて、子会社の復興番組をNHKワールドを活用して世界に放送した。番組枠の買い取りだとか海外のテレビ局と日本のテレビ局のマッチングというのが主な事業のようですが、これはよく見ると業務委託になっています。ですから、恐らく広告代理店に投げたということなんでしょう。
 これは樽床大臣が承認したことではないと思います。前大臣が判こを押したと思うんですが、番組の制作費が復興予算に流れている、この件について大臣はどういう見解をお持ちでしょうか。

 

p230~231
 日本にはない安全保障を担保するために不可欠の組織を挙げます。それは、海外放送です。日本版CNN,BBCです。この構想も、私が外務省に入省した頃から議論されていました。幾度となく検討されましたが、結局お蔵入りしています。現在の世界の情報戦争を勝ち抜く上で、海外放送は不可欠であるにもかかわらずです。
 私はウクライナのあるレストランに置かれていたテレビ画面に驚愕したことがあります。なんと中国の海外放送が流れており、日中戦争当時の日本軍の攻撃の酷さを報じる番組でした。親日のウクライナ人がこのような反日番組を毎日見せられていたら、尖閣諸問題にどう反応するか、答えは火を見るよりも明らかです。日本が海外放送機関をもてない理由も、情報機関と同じでしょう。予算や役所間の権限争いの問題ではなく、自前の情報発信をしようとの日本の政治意思が、何者かによって妨害されているからではないでしょうか。


参考
日本が嫌いな日本の放送局  
平和を愛する諸国民の公正と信義 
メディアキャンペーンに常に失敗する日本 

 
【youtube】Angouleme International Comic Festival altercation 

Angouleme International Comic Festival accepted Korean political comic.
Angouleme International Comic Festival banned Japanese comic.
This is called "double standard".
Nicolas Finet called comics "shit".
Is he an adequate person to organize comic festival if he think comic is "shit"?

Nicolas Finet is an auther of Seoul city guide.
It is very possible that  Nicolas Finet is bought by Korea Tourism Organization.

kimch money > egalité


korea times ソウル観光nicolas finet
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/biz/2014/01/382_148368.html

Korea Tourism Organization homepage.
"39ème festival international de la bande dessinée d’Angoulême"
韓国観光公社HP・アングレーム漫画祭
http://french.visitkorea.or.kr/fre/MA/MA_FR_9_2_1.jsp?cid=1556264

I tell you what.
イチャム韓国観光公社
李参
This man is former CEO of Korea Tourism Organization.
He is "moonie" a member of Korean cult Unification Church,
resigned for bying sex recently.

And more.
パリの解放女性丸刈り
Do you think we don't know how you treated French women after the WW2?

Watch this and never be rude to Japan.

【youtube】[Comfort Women Song] 韓国人慰安婦の歌 

Report No. 49: Japanese Prisoners of War Interrogation on Prostitution
http://www.exordio.com/1939-1945/codex/Documentos/report-49-USA-orig.html

LIVING AND WORKING CONDITIONS;
In Myitkyina the girls were usually quartered in a large two story house (usually a school building) with a separate room for each girl. There each girl lived, slept, and transacted business. In Myitkina their food was prepared by and purchased from the "house master" as they received no regular ration from the Japanese Army. They lived in near-luxury in Burma in comparison to other places. This was especially true of their second year in Burma. They lived well because their food and material was not heavily rationed and they had plenty of money with which to purchase desired articles. They were able to buy cloth, shoes, cigarettes, and cosmetics to supplement the many gifts given to them by soldiers who had received "comfort bags" from home.
While in Burma they amused themselves by participating in sports events with both officers and men, and attended picnics, entertainments, and social dinners. They had a phonograph and in the towns they were allowed to go shopping.

慰安婦ミッチナ


'One-stop shopping' drug and prostitution ring, Asian Wave Escorts, busted ahead of Super Bowl

http://www.nydailynews.com/new-york/nyc-crime/bust-takes-operators-multimillion-dollar-drug-prostitution-ring-article-1.1596332
30
Who forced these Korean women to be prostitutes?Japanese army?lol 

Remember,comfort woman is nothing more than prostitute. 


See also
E4AKorea: Several charged in city-wide Asian prostitution ring 
Japanese civic group offers apology over comfort women issue 
 Comfort woman issue is often connected with Unification Church activity.
Korean women abusing the visa program in Australia 


I had despaird that the truth is twisted by money from dirty will.



戦後の占領政策に追従した売国的言論人たち
p55~58
(前略)
 戦後マッカーサーが進駐するや、東大教授の中には保身のためマッカーサーにすりより、日本の文化伝統を蔑視し、欧米賛美の反日的、裏切り行為に走った人たちも多くいた。谷沢永一氏が『悪魔の思想』(クレスト社刊)で指摘した横田喜三郎、丸山眞男、大内兵衛などの法学部や経済学部の教授のみならず、林健太郎ら史学、人文系の学者にもこのタイプの人たちが多くみられることを、心ある日本人は早くから見抜いていたのである。

 戦後日本人が欧米諸国を全く批判できなくなった要因として、マッカーサーの占領政策の巧妙な締めつけもあった。大東亜戦争は三年半で終わったが、連合軍の追撃戦ともいうべき占領期間は、その二倍の7年にもわたった。つまり、米国は軍事力による力の侵略につづいて、今度は精神や文化の侵略に全力を尽くしたのである。

 その政策の一つが30項目に及ぶ検閲指針である。日本国に対しては憲法で言論統制や検閲をやってはいけないと規定したのに(憲法21条)、GHQは自ら堂々と厳しい検閲をしていたのである。

 この中で、GHQへの批判はもちろんのこと、東京裁判、GHQが憲法を押し付けたこと、検閲制度があることなどへの批判を禁止したほか、続いて連合国各国への一切の批判を禁止した。それは第5項の合衆国批判禁止、第6項のロシア、第7項の英国、第8項の朝鮮、第9項の中国と続いている。日本が戦った相手を一切批判してはいけないとは、この戦争の原因を分析してはいけないことで、そのことはすなわち、日本だけが悪いという東京裁判史観を批判してはならないということにつながる。

 さらに検閲では、神国日本の宣伝、軍国主義の宣伝、ナショナリズムの宣伝、大東亜共栄圏の宣伝を封じて、日本を称えることや戦争への言い訳、弁解を一切禁止してしまった。このような閉鎖的な言語空間の下では、当時の識者や文化人は、日本の悪い点を探し出して論ずるしかなかった。それはGHQにとっては大歓迎であった。ここから戦後日本の言論界が自責、反省の自虐史観に走ることになった。この傾向は保身のためもあって、言論界のみならず政界、教育界、社会一般の傾向になってしまった。
(後略)

マッカーサーによる30項目の検閲指針
1.SCAPー連合国最高司令官(司令部)に対する批判
2.極東軍事裁判(東京裁判)の批判
3.SCAPが憲法を起草したことについての言及と批判
4.検閲が行われていることに関する言及と批判
5.合衆国に対する批判
6.ロシア(ソ連邦)に対する批判
7.英国に対する批判
8.朝鮮人に対する批判
9.中国に対する批判
10.他の連合国に対する批判
11.連合国一般に対する批判
12.満州における日本人取り扱いについての(ソ連、中国への)批判
13.連合国の戦前の政策に対する批判
14.第3次世界大戦への言及
15.ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及
16.戦争擁護の宣伝
17.神国・日本の宣伝
18.軍国主義の宣伝
19.ナショナリズムの宣伝
20.大東亜共栄圏の宣伝
21.その他、以上で特記した以外のあらゆる宣伝
22.戦争犯罪人の正当化、および擁護
23.占領軍兵士と日本女性との交渉を取り扱うストーリー
24.闇市の状況についての言及
25.占領軍軍隊に対する批判
26.飢餓を誇張した記事
27.暴力と不穏な行動を扇動する記事
28.明白な虚偽の報道
29.SCAP、または地方軍政部に対する不適切な言及
30.解禁されていない報道の公表
(占領下にあっては、以上の報道、言論が禁止された)

参考:江藤淳『閉ざされた言語空間』文春文庫 

 おーい洗脳されてる自覚はあるか?→ (-@∀@)φ え、何?

憲法前文はパクリ!その目的は日本精神の破壊 
ベアテの赤い贈りもの 
捜神 
【wiki】プレスコード 

余談
この本には概ね賛同するのだが、時々ダジャレが混じって脱力してしまうので要注意である 

Do you know this book?
"The Rape of Nanking" written by Iris Chang

the rape of nanking google books
http://books.google.co.jp/books/about/The_rape_of_Nanking.html?id=QPrJB0r5i5MC 

Do you know who published this book?
It says "Basic Books".

basic booksマードック
http://www.nytimes.com/1989/07/19/books/book-notes-764989.html
"Basic Books is a subsidiary of Harper&Row,part of the News Corporation,which is owned by Rupert Murdoch."


Rupert Murdoch
His wife

is Chinese.

五星紅旗
マードックandウェンディ
(Recently he divorced.) 

Do you know what massacre is?
孤児
Is this?

孤児の撮影
I guess not.
【wiki】the Battle of China 

Is this?
The_Battle_of_China_2
left:Nationalist Party of China
right:Communist Party of China 
Nothing to do with Japan.

Is this?
hiroshima
【wiki】Atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki 
child
Yes,this is real massacre.

Do you know why they insist "victims 300000"?
南京虐殺記念館30万人
【wiki】Nanking Massacre Memorial Hall

Because
     Hiroshima victims estimated 160000
+   Nagasaki  victims estimated 140000
-----------------------------------------------------
                                                 300000

You needed the reason for Hiroshima and Nagasaki massacre.
That's why you made up this ridiculous "Nanking Massacre".

We won't forgive what you did to us.
Not only for Hiroshima and Nagasaki,
but you disgraced our country by dirty lie.

You won the war,but it doesn't mean you didn't commit war crime.
Don't you ever think that you can hide away.  
Face the fact.
That's what you should do.


By the way,do you know what happened to Iris Chang?
Iris_Chang
【wiki】Iris Chang 
She commited suicide.Aged 36. 

2
Nanking 1938.2

"Nanking Massacre" didn't exist. 

海境・ニッポン:第13回 済州島/上 インタビュー 文京洙氏(立命館大学国際関係学部長)
◇日本とも深いかかわり−−文京洙氏(ムン・ギョンス)氏

−−「四・三事件」の被害は、なぜ深刻化したのでしょうか。
 事件が東アジア冷戦構造の「結節点」で起きたからだ。戦後、米国は朝鮮半島で、ソ連の影響力を防ぐ「とりで」を作るために南側単独の総選挙を実施し、大韓民国を成立させた。一方、北では金日成(キムイルソン)が作った臨時人民委員会が強引な社会主義改革を進め、そこから南に逃れた人々の恨みつらみが、事件の鎮圧過程で「アカ狩り」と称する島民弾圧となって表れた。

−−事件の真相解明は。
 1997年ぐらいから済州島で事件解決を目指す運動が高まり、一番進んだのは金大中政権(98〜03年)のとき。真相調査報告書で明確にされたのは、韓国政府の過剰鎮圧があったという点だ。「共産勢力の暴動」を主張する団体と「民族統一のための抵抗運動」と主張する団体が分裂していたが、「受難と和解」を基本に合同した。「誰の責任か」はひとまず棚上げし、被害者は「罪のない犠牲者」であり「韓国政府が責任を負わねばならない」という点で合意した。

 でも、歴史的意義付けの論議は100年たっても終わらないだろう。私自身は、右翼や警察による島民への虐待に対して立ち上がった若者たちによる「地域共同体を守るための自衛的な行動だった」という視点で捉える立場をとっている。これなら真相究明や犠牲者の名誉回復は可能ではないか。

−−日本とはどういう関わりが。
 鎮圧した軍や警察の首脳の多くは日本の植民地統治に関与した人物たちで、抵抗した側も最初の武装蜂起時の司令官、金達三(キムダルサム)は中央大学の卒業生だし、後任は立命館大学の卒業生①だった。済州島の南朝鮮労働党(南労党)の指導者の多くは、日本での労働運動や反日運動の流れをくむ人たちだった。その結果、多くの人が(事件後)日本に逃れた。検証が必要だが、逃れた抵抗勢力の指導者らが日本の左翼運動に大きな影響力を持った

−−日本と済州の社会運動は一体だったのですね。
 48年、大阪と神戸で朝鮮学校の閉鎖に反対する阪神教育闘争事件が起きた。神戸では連合国軍総司令部(GHQ)が戦後唯一の非常事態宣言を出し、1人が死んでいる。当時の資料を見るとGHQは明らかに「四・三事件」を意識し、「日本での在日の運動が、済州島で反乱を起こしている異端分子と結びついている」と考えていた。この頃の東アジアでの米国の最大の政策課題は、韓国建国のための単独・分断選挙だった。それに反対する動きが朝鮮半島だけでなく日本にもあったと捉えていたのは確かだ。

−−影響は今も残っていますか。
 韓国では87年の民主化宣言、金大中政権と盧武鉉(ノムヒョン)政権の成立で、社会に定着した冷戦的な反共意識を克服し、人権や民主主義が普通に守られる社会を作るという課題が、相当のレベルで達成されたと思った。だが、歴史は直線的に進まない。李明博(イミョンバク)政権で冷戦的な「排除の政治」が復活し、朴槿恵(パククネ)政権下でも続いている感じだ。

 日本も同じではないか。グローバル化が進み、外国人が日本にたくさん住むようになって、日本人の閉鎖的な国民意識がだいぶ解消された。95年の村山富市首相の談話発表の頃には加害者認識がそれなりに高まったが、最近は右傾化や90年代の到達点を消去する深刻な動きになっている。歴史の清算がきちんとできていなかったことが、大きいと思う。日韓が互いを学び合う関係を作ることが、歴史認識の溝を埋めるのに重要だ。 
毎日新聞2013.10.1
http://mainichi.jp/select/news/20131001ddm004070004000c.html 

   
【youtube】反日思想の源泉はコリア系左翼 
この動画をはじめて見た時は心から驚いたのだがまだ半信半疑だった
が今ではそれが本当だったと分かる....

吉田茂=マッカーサー往復書簡 
これら朝鮮人は犯罪を犯す割合がかなり高いのです。彼らはわが国の経済法規を破る常習犯です。かなりの数が、共産主義者かその同調者であり、もっとも悪質な政治的犯罪を犯しがちなのです。投獄されているものは、常に七千人をこえています。

①立命館大学
立命館大学といえば徐勝氏
 
【youtube】【三浦小太郎】北朝鮮の犯罪隠蔽に加担する日本の文化人[桜H22/5/24]  

【wiki】徐勝 
徐勝(ソ・スン、서승、1945年 - )は、米国・カリフォルニア大学バークレー校客員研究員などを経て、1998年から立命館大学コリア研究センター長、法学部教授を歴任し、2011年3月をもって定年、4月より特任教授。専門は、比較人権法、東アジアの法と人権、現代大韓民国の法と政治。元北朝鮮工作員

略歴
京都府生まれ。京都市立堀川高等学校を経て、1968年東京教育大学卒。韓国国立ソウル大学校大学院に留学中の1971年、スパイとして国家保安法違反容疑でKCIAに逮捕された(学園浸透スパイ団事件②)。取調べにおける拷問の途中、自殺を図って顔面に大火傷を負った。公判では火傷を負った顔で現れたため、日本のマスメディアの中には「韓国の官憲が火で顔を焼いた」など、誤報も含めスキャンダラスに報道し、日本で展開されていた救援運動はさらに高揚した。公判では、いわゆる北朝鮮の「工作船」に乗り込み、非合法な形で金日成と朝鮮労働党支配下にある北朝鮮に渡ったことを認めている。

以降、自分は非転向政治犯であると主張して、19年間を獄中で過ごす。1990年釈放。1994年に多田謡子反権力人権賞を受賞。2006年に小泉総理大臣の靖国参拝に反対するキャンドル行動「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」の共同代表③に就任。現在は立命館大学特任教授。当時、共に逮捕された人権運動家の徐俊植、作家で東京経済大学教授の徐京植は実弟。

朝鮮学校への高校無償化法適用が実現していないことについて「本質は朝鮮圧殺政策。植民地時代から冷戦時代、そして今日に至る朝鮮民族に対する主権の否定が根底にある」と非難している。

参政権を求め帰化を選択肢の一つとして肯定する主張は、本質において植民地時代の「皇民化政策」「同化政策」の延長線にあると主張している。

訳書
慧眞④著、『ナヌムの家のハルモニたち――元日本軍慰安婦の日々の生活』、人文書院、1998年、ISBN 440923028X。
駐韓米軍犯罪根絶のための運動本部編、『駐韓米軍犯罪白書』、青木書店、1999年、ISBN 425099001X 

②学園浸透スパイ事件
この中に拉致実行犯辛光洙がおり、菅直人らが釈放要望書に署名した
韓国民主化運動と辻元清美

③「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」の共同代表

反天皇制連絡会ですね
反天連は日本人の団体とか言った人誰でしたっけ
ゴー宣反天連2
パチンコマネーという毒を飲んだ小林よしのり 
安田浩一氏も参加していましたね

④慧眞
ナヌムの家の曹渓宗セクハラ僧侶
韓国の伝統を受け継ぐナヌムの家 
慧眞氏の著作を徐勝氏、方清子氏が訳していると
で、両名とも韓国の米軍基地反対運動をやっていると
(方清子氏→良い朝鮮人は存在するか? 南北ズブズブの在日朝鮮人


逃れた抵抗勢力の指導者らが日本の左翼運動に大きな影響力を持った
更に「韓国民主化運動」という名の韓国左傾化にも影響力を持った

ということではないだろうか
自分は冷戦構造の中で米国の後押しで作られた「韓国」という国に追いやられた人達によるクーデターという側面があるのではないかと思っている
それは韓国にとって幸せなこととはあまり思えないが....まあ大きなお世話だが

そして日本にとって韓国から逃れてきた人達が日本で反日・反米活動しているのはとんでもない迷惑(怒

例:通名強要裁判(イルム裁判)の金稔万氏 親が済州島からの密航者 

キムチ速報さんから
『【韓国】「日本の植民地支配はホロコースト並の魂への虐殺」“言論の知性”中央日報論説委員と若宮・前朝日新聞主筆が対談』
http://kimsoku.com/archives/8075607.html (記事本文は長いので引用省略)
コメント欄
81 : 名無しの(´・ω・`)さん 2013年09月27日 14:47
『アオテアロア・アイヌモシリ交流プログラム』講演会① 

第13回 2013多民族共生人権研究集会 
記念講演 
過激な言論がゆがめる友好 ~日中韓の過去・いま・未来~ 
講師:若宮啓文
前朝日新聞主筆。現「日本国際交流センター」シニアフェロー
日韓フォーラム」幹事、ソウル大学客委員研究員 

1部講演会 
表現の自由と「人を傷つけること」 ~京都朝鮮初級学校への攻撃を通して考える 
講師:金尚均(キムサンギュン) 龍谷大学法科大学院教授② 

2部講演会 
先住民族アイヌの現状 ~NZのマオリ族と比較して考える~ 
講師:島田 あけみ 生活館を求める首都圏アイヌの会代表 

何だこりゃ(書き込んで下さった方感謝(ー人ー))
第13回多民族共生人権研究集会
http://www.taminzoku.com/meeting/424
うわわわわわわ

①『アオテアロア・アイヌモシリ交流プログラム』講演会
よく分からないのでHPに行ったら....
アオテアロア・アイヌモシリ交流プログラム後援会マオリ
http://aaexchange.blogspot.jp/2013/08/blog-post.html
この人って....

顔に入れ墨で入浴拒否のマオリ女性「異なる伝統思いやって」
エラナ・ブレワートンさんNZマオリ
 北海道恵庭市の温泉施設で、顔の入れ墨を理由に入浴を断られたニュージーランドの先住民マオリのエラナ・ブレワートンさん(60)が12日、共同通信の電話取材に応じ「とても驚いた。東京五輪ではニュージーランドから同じような入れ墨をした選手がたくさん来る。日本人は自分たちと異なる伝統に思いやりを持ってほしい」と話した。

 ブレワートンさんは入れ墨について「母親や先祖を表す家紋のようなもの」と説明。「施設では、入れ墨はファッションだと言われた。そのことに怒りを感じている」とも語った。
 また「別の温泉施設では、日本人からとても親切にしてもらった」と述べた。産経新聞2013.9.12
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130912/trd13091221040010-n1.htm 
(やっぱり人権団体がわざと騒動にしたんじゃないか....怒) 

②若宮啓文 前朝日新聞主筆
「安倍叩きは朝日の社是」「安倍の葬式はうちが出す」でおなじみ若宮啓文氏ですね
日韓フォーラムに出ていたのは知っていたが
日韓WC共同開催の黒幕 
日本国際交流センター理事・評議員
http://www.jcie.or.jp/japan/intro/yaku.htm
日本国際交流センター シニアフェロー 若宮啓文 前朝日新聞主筆

金尚均(キムサンギュン) 龍谷大学法科大学院教授
14
ヘイトスピーチ反対でおなじみの方ですね
障害者差別解消法≒人権擁護法案キタ(゚Д゚;)!1 

拙ブログがずっと追っている西早稲田2-3-18界隈と
日韓フォーラム、日本国際交流センター界隈と
ぞろぞろっと繋がっているということでしょうか
まだまだパズルのピースが欲しいところです

日本版ニューズウィークがまた「嫌韓」特集 「反日韓国の妄想」に読者評価はヒートアップ?
1号
日韓関係の改善が進まないなか、国際情報を扱う週刊誌「ニューズウィーク日本版」が韓国の対日姿勢を批判する特集を相次いで組み、話題になっている。カバーする話題の範囲を広げ、内容も辛らつになっており、読者の評価も向上しているようだ。

前回特集は竹島問題を中心に扱っていた
2013年8月29日発売の9月5日号では「暴走する韓国」と題した特集を組んで日本のネット利用者から注目を集めたばかりだった。この号では、竹島(韓国名:独島)問題への執着ぶりを主に扱ったが、9月24日に発売された10月1日号では扱い分野も幅広く、論評の内容も辛らつになっている。
表紙では、「反日韓国の妄想」の主見出しに加えて、朴槿恵(パク・クネ)大統領が何やら想像している様子を表現。吹き出しの中には、安倍晋三首相が「731」の番号が入ったブルーインパルスに乗り込む写真が埋め込まれている①。見方によっては、朴大統領が日中戦争で人体実験を行ったとされる「731部隊」と安倍首相とを関連づけたがっている、とも読める内容だ。それ以外にも、表紙には
「荒唐無稽すぎる数々の反日ファンタジー」
「歴史問題をめぐるご都合主義の深層」
「世代交代で到来 『過激な反日新時代』」
といった見出しが並んだ。

韓国には憲法より優先される「国民情緒法」が…
特集は11ページにわたって掲載され、「過激化する韓国の反日心理」と題した記事では、韓国人の特徴として、1965年に締結された日韓請求協定では日韓間の請求権は「完全かつ最終的に解決された」とされているにもかかわらず、13年7月にはソウルと釜山の裁判後がこれを無視する形で、戦時徴用に対する賠償金の支払いを日本企業2社に対して命じたケースを取り上げた。同誌は、これを
「実は、時に司法までも呪縛する不可解な『法』が存在する。法律や条令はもちろん、憲法よりも国民感情を優先するという『国民情緒法』だ」と皮肉った。韓国の反日世論の過激化の背景には、日本のことを良く知り、配慮の必要性を理解していた世代が表舞台からいなくなり、急進的な比較的若い世代が社会の中核を占めつつあることを指摘している。

日本のネット利用者の反応も上々のようで、ウェブサイトの9月5日号の紹介ページででは、現時点でフェイスブックの「いいね!」が320ついているが、10月1日号は、すでに400を超えている。

韓国版の独自記事では日本の原発問題扱う
ただ、この「嫌韓」戦略には眉をひそめる向きもあるようだ。かつて同誌の編集長を務めた竹田圭吾氏は9月26日未明、
「(売れるのかもしれないけど、品が無い表紙だなあ…)」とツイート。ツイートされた時期からして、「品が無い表紙」が前出の10月1日号のことを指している可能性もある。
ニューズウィークは、韓国では「韓国版」が発売されており、最新号の特集は米国のシリアへの軍事攻撃をめぐるものだ。また、韓国版の独自記事として「原発が消えた夜」と題した記事を掲載。日本国内で唯一稼働を続けてきた関西電力大飯原発(福井県おおい町)4号機が定期検査のために停止する様子を紹介しながら、再稼働へのハードルの高さを解説している。当然ながら韓国版では、「反日韓国の妄想」という日本版での特集記事は見当たらない。J-CASTニュース2013.9.26
http://www.j-cast.com/2013/09/26184773.html?p=all 

安倍晋三首相が「731」の番号が入ったブルーインパルス
いい加減にし731 

「嫌韓」がマジョリティーになりつつある
夕刊フジが嫌韓記事を載せ出したし
西早稲田が記事に 夕刊フジがんばれ 
水面下で嫌韓が増えていたのが遂に表面化してきた感がある

こうなるとあとは反動で一気に嫌韓につき進むだろう
なのでここでどうしても書いておきたい

韓国の反日を煽ったのは誰かということ
それで得をするのは誰かということ

韓国の反日を煽ったのは日本のサヨクと北朝鮮と中共
従軍慰安婦問題は北朝鮮の工作
 韓国民主化運動と辻元清美 
 コミンテルンの陰謀 日韓離反工作
 反日ネットワークの正体 
 世界抗日戦争史実維護連合会(Global Alliance)  
自身の利権もあるだろうが保守系議員が親韓なのは韓国の左傾化を止めようとしたせいでもある

戦闘なしで38度線が朝鮮半島まで下がってしまった
敵ながらあっぱれとしか言いようがない
しかもその敵は何のお咎めもなくのうのうとしている

この現実を踏まえた上でどうするか考えなければいけない
ロードマップなしではいけない
思考停止ではいけない

「反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。」
このブログのサブタイトルはそういうことです

何とかの考え休むに似たり?
まあそうです
世間の片隅で小石を投げています 

靖国神社に放火未遂、逮捕の韓国男「日本の歴史歪曲に腹立った」
 東京都千代田区の靖国神社に不法に侵入したとして、日本の警察当局が韓国籍の男(23)を逮捕した。男は引火性の液体やライターを所持しており、警察は神社に放火する目的で侵入したとみている。複数の韓国メディアが報じた。

 男は22日午後21時ごろ、靖国神社の南門横のトイレの裏に隠れているのを警備員が見つけた。神社の外に連れ出そうとしたところ、男がリュックから2リットル入りのペットボトルを取り出し、ふたを開けて液体を拝殿に投げ付けたことから、警備員が取り押さえた。

 警察の調べで、男は液体がシンナーであることを認めた。韓国のパスポートを所持しており、21日に入国した後、東京のホテルに宿泊。22日午後5時ごろ、神社に侵入したという。

 韓国メディアによると、男は23日に韓国外務省関係者と面談した際、「日本が歴史を歪曲し、妄言を繰り返すので腹が立ち火を付けようとした」と靖国神社に侵入した動機について話した。(編集担当:新川悠)サーチナ2013.9.24
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130924-00000012-scn-kr  

靖国神社に韓国籍の男侵入 可燃性のトルエン所持、放火目的か
 靖国神社(東京都千代田区)に不正に侵入したとして、警視庁公安部が建造物侵入の現行犯で韓国籍の無職、カン・ヨンミン容疑者(23)を逮捕した。

 調べによると、カン容疑者は、22日午後5時ごろ、千代田区九段下北の同神社に不正に侵入。南門近くのトイレ裏に隠れていたところを、同9時ごろに見回りにきた神社の男性衛視によって発見された。

 カン容疑者は、敷地外に連れ出される際に、リュックから2リットル入りのボトルを取り出し、中身の液体を拝殿に投げかけようとした。

 液体は、引火性のトルエンとみられ、リュックサックの中からはライター2個が見つかったことから放火する目的があったもようだ。

 靖国神社は、過去にも一部の中国、韓国人の標的になってきた。2011年12月には中国籍の劉強容疑者=中国に帰国済み=が靖国神社に放火したことが明らかになっており、今年5月には、韓国のコミュニティーサイトに同神社の池に放尿したとする画像と書き込みが投稿された。zakzak2013.9.24
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130924/dms1309241207005-n1.htm

靖国放火犯カンヨンミン
画像は保守速報さんから
http://www.hoshusokuhou.com/archives/32434092.html  

文末にある劉強容疑者
日本大使館に火炎瓶投げた中国人「大韓民国万歳」
【ソウル聯合ニュース】ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げ込んだ中国人の男が拘束されているソウル・鍾路警察署は16日、男が少なくとも2度にわたり韓国語で「大韓民国万歳」と叫ぶなど奇異な言動をとっていると明らかにした。同署はきょうにも男を送検する予定。

 韓国語で日本の悪口を言ったり、留置場で韓国の国歌を歌ったりもするという。

 男は日本政府が慰安婦問題に対して無責任な態度をとっていることに不満を抱き、8日に日本大使館に火炎瓶4本を投げ込み、壁の一部を焦がした疑いで逮捕された。

 また、昨年末に東京・靖国神社に火をつけたと主張。朝鮮半島出身の祖母が旧日本軍の従軍慰安婦にされ、植民地時代の反日運動家だった曾祖父がソウルの西大門刑務所で拷問を受け死亡したと供述している①。

 警察は男の家族関係など、犯行動機の真偽を調査しているが、資料が乏しく確認は難しい状態だ。男と一緒に韓国入りした日本人女性は1日に出国したが、犯行を手伝ったかどうかについては確認できていないという。聯合ニュース2012.1.16
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/01/16/0200000000AJP20120116000400882.HTML 

朝鮮半島出身の祖母が旧日本軍の従軍慰安婦にされ、植民地時代の反日運動家だった曾祖父がソウルの西大門刑務所で拷問を受け死亡したと供述している
これはあり得ない
拷問を受けたことが本当だとしてそれは日本統治によるものではない
→ 朝鮮人+キリスト教= 

劉強2
http://big5.qianzhan.com/indynews/detail/256/121129-5861c738.html
劉強氏

劉強氏の画像を探していたらとんでもないことが判明
六丈記さん『靖国神社の放火犯は中国人? 続報7』
http://m8bolt.iza.ne.jp/blog/entry/2583093/ 
劉強氏は和歌山YMCAに滞在していた
YMCAは戦前から反日活動の拠点である
反日ネットワークの正体 
「独立宣言書」も神田YMCAに集まった留日朝鮮人学生たちで採択された(1919年)
【wiki】三・一運動 
劉強氏は和歌山から福島に向かったようだ

福島ボランティアの中国人が靖国に放火するまで=野田発言が怒りに火を着けた―中国紙
2013年1月5日、北京青年報は記事「彼は本来、福島救援のために日本に行った」を掲載した。 

3日、韓国・ソウル高裁は判決を下し、靖国神社に放火した中国人の劉強(リウ・チアン)容疑者を政治犯と認定した。これにより日韓犯罪人引き渡し条約の例外規定に相当し、劉容疑者は中国に強制送還処分を受けた。 

5日、北京青年報はソウル高裁での裁判に参加した韓国世宗弁護士事務所の鄭天妹弁護士のインタビューを掲載した。劉容疑者が日本を訪問したのは2011年10月のこと。福島でボランティアすることが目的だった。約2カ月にわたり、献血などさまざまなボランティアに従事したが12月に転機があった。 

11年12月18日に行われた日韓首脳会談で李明博(イ・ミョンバク)大統領が慰安婦問題に言及したが、野田佳彦首相は法的に決着済みとの姿勢を示した。劉容疑者の祖母は韓国人で従軍慰安婦として上海に連れてこられたという経歴を持つ。劉容疑者は野田首相の発言に怒り、11年12月に靖国神社、12年1月にソウルの日本大使館を放火したという。(翻訳・編集/KT)レコードチャイナ2013.1.6
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=68186

関東大震災・目標は御大典震災に乗じて
関東大震災で日本人10万人を虐殺した朝鮮人の黒幕  
同じように「目標は御大典(摂政宮=昭和天皇の御婚礼:筆者)だったが、大震災に乗じてことを起こした」と自白したテロリストはずいぶん多かったようです。

『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』(工藤美代子著)によると
反政府組織を弾圧してかえって御大典を危うくしてはならないと後藤新平が判断したので
それまで報じられていた朝鮮人暴動は一転して規制が敷かれ火消しの方向へ向かったとなっている
確かにそれも理由の一つだろうがどうにも釈然としない
被害者が大勢出ているにも関わらず事実を闇に葬ってまで規制したのは一体何に配慮してのことだろう

劉強氏が日本に引き渡されず中国送還になったのは何に配慮してのことだろう

何に....
人民統一戦線を理論的に支えたのが、当時アメリカ最大のアジア問題のシンクタンク「太平洋問題調査会(IPR)」だった。

IPRは、アジア太平洋沿岸国のYMCA(キリスト教青年会)の主事(教会の牧師にあたる)たちが国際理解を推進すると共にキリスト教布教を強化する目的で1925年、ハワイのホノルルで汎太平洋YMCA会議を開催した際に創設された。

ロックフェラー財団の資金援助を受けたIPRはアメリカ、日本、中国、カナダ、オーストラリアなどに支部を持ち、二年に一度の割合で国際会議を開催、1930年代には世界を代表するアジア問題についてのシンクタンクへと成長することになる。

このIPRを、アメリカ共産党は乗っ取ったのだ。 
劉強氏の事件当時は韓国人のなりすまし?ワケワカランと思っていたが
こうして見るとまるで

亡霊のように蘇った抗日パルチザンではないか....

【まとめ】
▼靖国神社放火未遂のカン・ヨンミン氏が使ったのはトルエン(旅行者は容易に入手出来ない)
▼2013.1月の在韓日本大使館放火未遂事件の劉強氏は和歌山YMCAに滞在→福島でボランティア
▼劉強氏曰く「祖母は従軍慰安婦、祖父は西台刑務所で拷問を受け死亡」
▼上海を拠点にしていた抗日運動家の一派は来日し御大典を潰そうとしていたが予期せず震災が起きたので乗じて騒乱を起こした 

米国にいる日本攻撃の主役
グレンデール慰安婦韓国人
 米国カリフォルニア州南部のグレンデール市に慰安婦像が設置されて1カ月が過ぎた。すぐ近くのブエナパーク市での同様の動きは地元在住の日本人たちの明確な反対もあって阻止されたようだ。だがこんどは同州北部のミルピタス市で似た動きがあるという。

 日本非難を露骨にしたこんな活動を米国内で一貫して進めるのは一体、だれなのか。日本側では単に「韓国ロビー」というだけで、その実態は伝えられない。

 すでに慰安婦碑を建てた東部のニュージャージー州などでの動きを含めて表面に出るのは、ごく少数の韓国系米国人の名と特定地域で旗揚げした「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム(KAFC)」というような新参の団体名だけなのだ。全米規模で機能する韓国系組織の存在は感じられない。

 そんなことをいぶかっていたら真の主役がやはり顔を出してきた。中国系在米反日組織の「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)①である。

 抗日連合会はカリフォルニアやニュージャージーでの慰安婦像などの設置を自己の活動の「最新の前進」として自サイトで公式に発表したのだ。米国各地での慰安婦像の設置を今後も推進すると宣言していた。

 しかも抗日連合会の創設者で現副会長のイグナシアス・ディン氏は、グレンデールの慰安婦像に関する中国共産党直轄の英字紙「チャイナ・デーリー」の長文記事で、設置運動の最高責任者のように描かれていた。

 この記事は抗日連合会の元会長、アイビー・リー氏の「慰安婦問題では中国も犠牲者なのだ」という言葉をも強調していた。だからグレンデールでもこの中国系組織が韓国系を背後から全面支援していたというのである。

 米国下院の2007年の慰安婦決議も抗日連合会が最初から最後まで最大の推進役だった。同連合会は1990年代からカリフォルニア州会議員だったマイク・ホンダ氏に慰安婦をはじめとする日本の「戦争での罪悪」を教示し、州議会で日本糾弾の決議を採択させた。

 ホンダ氏が2000年に連邦議会の下院選に立った時はディン氏、リー氏ら抗日連合会の幹部たちは選挙資金を集中的に寄付した。その後、ホンダ氏は下院に慰安婦決議案を4回も出したが、その内容は同連合会との完全な合作だった。

 抗日連合会は1994年に、中国政府と連携した中国系米人たちによりカリフォルニアを本部に設立された。「日本に戦争での残虐行為を謝罪させ、賠償させる」ことを主目的とし、南京、捕虜虐待、731部隊、慰安婦を挙げてきた。戦犯裁判や対日講和条約での日本の責任受け入れを一切、認めない点で明白な反日組織である。

 だから抗日連合会は米国での慰安婦問題での日本叩きはもう20年近くの超ベテランなのだ。ちなみにその活動の頂点に立つディン氏は今年6月、橋下徹大阪市長の慰安婦発言を非難するサンフランシスコ市議会の決議案も自分が起草したと述べている。

 グレンデールの実情に詳しい在米26年のビジネスマン、今森貞夫氏も「地元では、韓国系だけでは組織も活動も希薄で、抗日連合会に扇動され、指導された構図が明白だった」と語る。

 米国を利用してのこの慰安婦問題は日本への汚辱を世界に、そして日本の後世に、残そうとする意図が露骨である。そんな対日攻撃への備えでは主敵がだれなのかの認定がまず重要だろう。(ワシントン駐在客員特派員 古森義久)産経新聞2013.8.31
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130831/amr13083108510003-n1.htm  

【wiki】世界抗日戦争史実維護連合会 
世界抗日戦争史実維護連合会(せかいこうにちせんそうしじついごれんごうかい、簡体字表記は世界抗日战争史实维护联合会、英語表記はGlobal Alliance for Preserving the History of WW II in Asia)は、抗日・反日ロビー活動を主眼とする中国系アメリカ人による団体。本部はアメリカ合衆国カリフォルニア州。

対日集団訴訟などへのよびかけでも強い影響力を持っており、アイリス・チャンの著書『ザ・レイプ・オブ・南京』②の宣伝販売や、日本企業に強制労働を強いられたとする賠償請求運動、日本軍の慰安婦問題についての支援活動やロビー活動、2007年の日本軍慰安婦を性奴隷であり「20世紀最大の人身売買」と断定して日本に謝罪を要求したアメリカ合衆国下院121号決議が可決された際、中心的な役割を果たしたことでも知られる。

略称は抗日連合会(Global Alliance)、抗日戦争史実維護会など。本稿では以下、抗日連合会と称す。

これは以前書いた
反日ネットワークの正体 の中の「アジアにおける第二次大戦の歴史を保存する世界連盟」(以下「世界連盟」)と同じものである

世界抗日戦争史実維護連合会HP
globalallianceHP南京記念館
http://www.global-alliance.net/
今日、南京記念館で児童が想像も出来ないほどの虐殺に思いを巡らせます
(南京虐殺記念館設立には社会党・田辺誠が関与)
南北統一は日本のカネで

GlobalAllianceHP
http://www.global-alliance.net/progress.html
理解への歩みー最近の例ー
〇2010ニュージャージー州パリセイズパークの碑
〇2012ニューヨークウェブリーの碑
〇テキサス州ヒューストンの看板
〇NYTの誌面広告
〇議会決議
〇国連人権委員会決議
〇出版物
 the rape of nanking 他
〇映画
(映画の中に『Yasukuni』とあるが、これは『靖国ーYASUKUNI』のことであろう)

NYTの誌面広告
globalallianceの広告

アイリス・チャンの著書『ザ・レイプ・オブ・南京』
 "the Rape of Nanking"を出版したbasic booksはルパート・マードック系列
マードック・孫正義・フジテレビ

これらの動きは当然注視すべきことであるが、それよりも
日本国内にいて彼らに加担している人達にそろそろ首を括って頂かないといけないんじゃないでしょうかねえ

参考 視界に入るノイズ:SWC 
    Global Alliance と組んでいるのはサイモン・ウィーゼンタール・センター 

社説:はだしのゲン 戦争知る貴重な作品だ
 原爆や戦争を教育現場で学び、その悲惨さを知る機会を子供たちから奪うことになるのではないか。

 自らの被爆体験を基に描いた故中沢啓治さんの漫画「はだしのゲン」が松江市内の小中学校の図書室で自由に閲覧できなくなったことだ。

 市教委は昨年12月、過激な描写があるとして、書庫に収める閉架措置を取るよう校長会で求めた。旧日本軍のアジアでの行動などで暴力的な場面があり、子供が自由に読むのは不適切と判断したという。全10巻を保有する39校全てが応じた。

 この措置が先週明らかになると、市教委に全国から抗議や苦情が多数寄せられた。現場の教員からも、子供の知る権利の侵害だという批判が相次いでいる。

 戦争の恐ろしさを知り、平和の尊さを学ぶことは教育の中でも非常に重要な要素だ。平和教育を推進すべき教育委員会がそれを閉ざす対応をとったことには問題があり、撤回すべきだ。また、今回の措置は教育委員が出席する会議には報告していないというが、学校現場の校長らも含めてしっかり議論すべきだろう。

 市教委がこのような判断をしたきっかけは、松江市議会に昨年8月、1人の市民から「誤った歴史認識を子供に植え付ける」と学校の図書室から撤去を求める陳情があったことだ。市議会は、過激な部分がある一方で、平和教育の参考書になっているとの意見があり、陳情を不採択にした。だが、独自に検討した市教委は「旧日本軍がアジアの人々の首を切るなど過激なシーンがある」として小中学生が自由に持ち出して読むのは適切ではないと判断した。

 1973年から少年漫画誌で連載された「はだしのゲン」は、戦争が人間性を奪う恐ろしさを描いた貴重な作品として高い評価を得てきた。約20カ国語に翻訳され、原爆被害の実相を広く世界に伝えている。松江市教委も、作品が平和教育の重要な教材であること自体は認め、教員の指導で授業に使うことに問題はないと説明している。

 作品に残酷な描写があるのは、戦争や原爆そのものが残酷であり、それを表現しているからだ。行き過ぎた規制は表現の自由を侵す恐れがあるだけでなく、子供たちが考える機会を奪うことにもなる。今回のような規制が前例となってはならない。

 中沢さんは生前、「戦争や原爆というテーマは奥が深い。ゲンを入り口にいろいろと読んで成長してくれれば作者冥利に尽きる」と話している。被爆者が高齢化する一方、戦争を知らない世代が増え、戦争や原爆被害の体験を語り継ぐことがますます重要な時代を迎えている。こうした継承を封じてはならない。毎日新聞2013.8.20
http://mainichi.jp/opinion/news/20130820k0000m070105000c.html


【youtube】8/20 毎日新聞社説「はだしのゲン」論点をすりかえるな

土屋たかゆき議員「天皇のバカヤローって言わせてるんですよ。子供に。そのシーンは何かと言うと、天皇がいたから広島長崎に原爆が投下されたと。戦争が終わるのが遅れて多くの人が亡くなったと。戦争の責任は天皇にあると。マンガの中にもね、天皇は殺人狂だって書いてある。極めて悪質なね、子供を利用したプロパガンダというものを植え付けるマンガだと思うんですね。教育委員会はどういう意味で閉閲ですかね、見られなくしたかわかりませんけれども、不適切だという中にはそういうものも入ってたと思うんですよ。

毎日新聞の記事を読むと戦争の残虐さを書いてるから閉閲、見られなくなったんだ、と。戦争の残虐さをきちっと子供たちに伝えなければいけないっていうね、物事の本質をすりかえられていますよね。で、本来は天皇のバカヤローと。天皇は殺人狂だと。これ学習指導要領に反してないんでしょうかね、毎日新聞のみなさん。学習指導要領①に反していることは例えば副教材であっても使えないんですね。校長の許可があっても使えないと。だからこれは学校から排除されなければならない。 街で売るのはいいですよ。学校に置いておくことは出来ないんです。毎日新聞の言うところの戦争の悲惨さを伝える書物というのはこの他にもいっぱいあるじゃないですか。何で天皇は殺人狂だと。天皇のバカヤローと。子供に叫ばせている書物を何で学校に置いとかなきゃいけないんですか。」

インタビュアー「はだしのゲン見たことない人はびっくりすると思うんですけど、天皇をアイツだとか、バカヤローだとか、米でも持ってこいだとか、そこのところを問題にして、小中学生に見せるのはおかしいよね、ということで閉架と決めたのに、この毎日新聞の社説は全く触れずに貴重な作品なんだから子供にも見せて子供にも判断させる機会を与えなきゃいけないでしょ、ということをもっともらしく書いてある。」

土屋議員「これはね、逆説的に言えば毎日新聞の言うところの貴重な現実っていうのはね、天皇のバカヤローってことですか。 天皇陛下をアイツって言うことなんですか。毎日新聞のみなさん、お答え頂きたいんですけどね。それが毎日新聞の実態ですよ。やってはいけないことっていくつかあると思うんですね。教育について。それはね、子供たちはマンガに偏重してますよね。活字離れと言われている。マンガというのは非常にわかりやすい。単純化しやすい。思考を単純化しやすい。ヒトラーと同じですよ。思考を単純化して子供たちを洗脳するというのはやってはいけないことじゃないですか。作者は亡くなったから作者には問えないけれども、これを推進している日教組の先生方、そういう先生方に私は問いたいですね。教育者の良心というのはみなさんにあるんですか。全国には1300くらいの自治体があるんですけど、松江市以外の自治体でもこういうものの総点検というのはすべきですね。東京都は私と古賀俊昭とでこういうものは好ましくないという答弁を頂きましたんで、今はそういうことはないと思いますが、是非よその自治体でもやって頂きたい。是非お願いしたい。ならんものはならん。ということです。」

自分ははだしのゲンを読んだことはないのだが
検索して出てくるページを見ただけでもうおなかいっぱい

「わしゃ日本が三光作戦という殺しつくし
 奪いつくし焼きつくすでありとあらゆる残酷なことを
 同じアジア人にやっていた事実を知った時はヘドが出たわい      
 その数千万人の命を平気でとることを許した
 天皇をわしゃ許さんわい」

「いまだに戦争責任をとらずにふんぞりかえっとる
 天皇をわしゃ許さんわい」 

「君が代なんか誰が歌うもんか
 クソクラエじゃ
 君が代なんか国歌じゃないわいっ!!」

三光作戦って....
というか数千万人はないさすがにその大ボラはヤメロ(原爆何個分なんだ

【wiki】燼滅作戦 
中国語の呼称は三光作戦であり、1941年の『解放日報』に初出が見られるという(尚、当時の『解放日報』は、中国共産党の博古が責任者を務めている)。三光とは、殺光・焼光・搶光をさし、それぞれ殺し尽くす・焼き尽くす・奪い尽くすことを意味する漢語である。(北方漢語で「~光」という接尾詞は「~しつくす」という意味になる。) 日本の資料には燼滅作戦等の名称で記されている。日本では撫順戦犯管理所等に収容され後に解放された中国帰還者連絡会が1957年に発行した『三光』からこの「三光作戦」という呼称が広がったとされる。

戦術としてよく知られた呼称が中国語であることなどから「三光作戦は中国側のプロパガンダだ」と言われ、また「三光作戦」に言及することが「左派系のプロパガンダ」とされることも多く、これらの行為の実態はその有無も含めて議論がある。「中国国内戦史でそのような作戦が行われていた事実がある」という説を唱える者もいる。その中には「中国側は清野作戦という家屋を全て焼払い、敵に隠れる場所を与えない作戦を採用しておりこれが日本軍の仕業にされた」という説もある。これに対して、それらは「三光作戦」と同視できないとする説も近年つくる会などから提唱されている。しかし、三光政策という呼称で歴史的事実という立場をとる説もある。

個人的に三光作戦が実際にあったとは思えないのだが、少なくとも事実として確定していることではない。
三光作戦はなかったという主張のマンガも置いて欲しい、費用も負担する、と陳情者は言っている。
がそれは理由も説明せず却下となったらしい。これは子供の知る権利の侵害にはあたらないのか。
(毎度毎度の詐翼のダブスタっぷりに反吐が出ます)



①学習指導要領
小学校学習指導要領解説 社会編 文部科学省 平成20年6月
pdf注意
学習指導要領h20天皇
 「天皇の地位」については、日本国憲法に定める天皇の国事に関する行為など児童に理解しやすい具体的な事項を取り上げ、歴史に関する学習との関連も図りながら、天皇についての理解と敬愛の念を深めるようにすること。

残酷なシーンがトラウマになることも
マンガを使ってまで植え付けた自虐史観によって「日本は極悪非道の国」と思いこむことも問題だが
それが事実でないと知った時
今まで受けて来た公教育とは何だったのか
それを一生懸命自分に植え付けようとしてきた国、学校、教師、親、それらは一体何なのか
それを日本に押しつけようとしている「世界」とは一体何なのか
自分を取り巻く世界がいかに悪意に満ち満ちているか

何も信じられない....

これがはだしのゲンの生む真のトラウマである

【まとめ】
▼争点は表現規制ではなく「学校の図書室に教材として置くことの妥当性」
▼学習指導要領に反するので妥当性はない

参考 毎日プロパガンダ新聞 

追記2013.9.4
【wiki】船橋市西図書館蔵書破棄事件 
船橋市西図書館蔵書破棄事件(ふなばししにしとしょかんぞうしょはきじけん、2001年8月10日 - 8月26日)は、船橋市西図書館の女性司書が、西部邁や新しい歴史教科書をつくる会会員らの著書計107冊を、自らの政治思想に基づき、廃棄基準に該当しないにもかかわらず除籍・廃棄した事件。

概要
この事件は翌2002年4月12日付けの産経新聞1面にて報道された。船橋市教育委員会が調査に動き、5月に関係者の処分が行われた。破棄された図書のうち103冊が破棄した司書ら5人によって寄付という形で弁償された。入手困難であった4冊は5人が同じ著者の書籍を寄付し問題解決を図った。

被害を受けた「新しい歴史教科書をつくる会」と井沢元彦ら7人は、表現の自由を侵害されたとして提訴。1審の東京地裁と2審の東京高裁は、破棄の違法性を認定したものの、蔵書の管理は市の自由裁量とし、著者の権利を侵害したとは言えないとして、請求をすべて棄却した。2005年7月14日、最高裁は廃棄は著者の人格的利益を侵害する違法行為と認定、2審判決を破棄し審理を同高裁に差し戻した。差戻し控訴審判決(同年11月24日)は、「廃棄されたのと同じ本が再び図書館に備えられている」などとして、賠償金は計2万4000円、一人あたり3000円とした。

「現代版焚書」として、また公立図書館に対する著者の権利が争われ、表現の自由・利用者の知る権利とも関連するケースである。

26嫌韓流閉架措置
「在特会へ寄せられた情報 図書館で『マンガ嫌韓流』が閉架措置を受けていたそうです。一方で嫌韓流の反論本は堂々と書棚にあったとか。日本を罵倒する自由はあっても日本を守ろうとする自由は認められない、これが自虐国家の現状です。何時の日かこの異常性に多くの国民が気が付くことを望みます。 」

パクってまじぇまじぇ
韓国の反日の裏にいる仏教団体・曹渓宗
韓国の伝統を受け継ぐナヌムの家 続き

「略奪文化財の原産国返還」は世界の大勢

「南北共助」の貴い結実
パリユネスコ本部に協力要請する慧門一行
パリのユネスコ本部に協力を要請した慧門師一行

 去る5月13日午後6時半から虎の門のホテル・オークラで、朝鮮王朝儀軌還収委員会主催による「朝鮮の宝物、王朝儀軌還収祝賀宴」が開かれた。
(※朝鮮王朝儀軌―王室の主要な儀式と行事の準備などを詳細に書き描いた文書。※還収―他人に渡っているものを取り戻すこと)

謝罪して返還すべき 
 東京朝鮮人強制連行真相調査団も招待された。宴では儀軌還収に協力したとして、金舜植弁護士と日本の国会議員を含む18人に青磁の皿型感謝牌が贈呈された。
日本帝国主義が大韓帝国を強制併合して100年目だった昨年の8月10日、日本政府は菅談話なるもので、朝鮮王朝儀軌を「引き渡す」とした。
 侵略を「進出」、無条件降伏を「終戦」と言い換える習性宜しく、元来盗んできたものだから心から詫びて「返還」すべきにもかかわらず…。
 これは、政権が自民党から民主党に代わっても、また100年経っても、日本が本質的には何ら変わっていない事を雄弁に物語るものである。

 今回の還収はソウルの青年僧が2004年、京都の古本屋で「李朝実録考略」(末松保和著)を偶然(中国人朝鮮人が札束持って古本屋をあさっていたのは有名な話:筆者)手にしたときから始まる。僧は慧門師、当時31歳だった。慧門師は東京大学が所蔵していた「朝鮮王朝実録」を2006年、93年ぶりに還収した立役者である。
 2006年9月14日、晴天の景福宮光化門で「朝鮮王朝実録還収委員会」を「朝鮮王朝儀軌還収委員会」(以下、還収委)と改称し、新しく出帆した。
 「実録」は国宝だったが、「儀軌」はさほど知られておらず所蔵者が日本の宮内庁という事で、当初は誰もが容易ならぬことと思っていた。

 還収委は、「韓日首脳会談」や「南北共助」を通じての還収など5プランを立てた。北南共助は、2005年の「北関大捷碑」と2006年の「朝鮮王朝実録」還収が、北と南の仏教界の合意により実現されたからである。
 朝鮮仏教徒連盟(以下、朝仏連)の提議により2007年2月8日、金剛山ホテルで還収委との会議が持たれた。双方は大捷碑と実録に続いて儀軌還収も共同で対処することで合意、3月27日合意書にサインした。

 2008年2月21日には双方が再び協議、共同声明を発表した。声明書は「…北と南の仏教徒たちは間違った過去を正すため、〝民族文化財の還収運動〟を共に進めてきた。(中略)もし日本政府が過去の植民地支配を心から謝罪し、わが民族との友好を願うのであれば、即刻、朝鮮王朝儀軌を返すべきである」とし、朝仏連書記長と慧門師がサインした。

 師と還収委の期待は裏切られた。2008年4月21日の首脳会談で、文化財返還問題は取り上げられなかった。むしろ大統領が〝未来指向の韓日新時代〟を唱え、過去史の言及を避けるのを目の当たりにした
 深く傷ついた師は体調を崩しながらも、中国仏教の四大聖地の一つである九華山を巡礼、戻った奉先寺に朝仏連からのファックスが届いていた。「朝鮮王朝儀軌還収問題を協議するため、平壌に招待する」。
 〝陸の涯から海が始まる〟と感じた師はすぐさま決意、同年8月5日から9日まで平壌を訪れ協議した。
 北南共助による〝民族文化財還収運動〟をよりいっそう強く展開することになった。滞在中、師は金正日総書記が直前の5月、咸北吉州市の北関大捷碑を訪れ、6・15共同宣言に基づいて民族文化財の還収を急ぐ様、現地指導したことを知った。勇気づけられた双方は、儀軌返還共同要請書を作成し9月4日、日本政府に提出した。

「平壌の石塔」返還も共同で」
 89年もかかったが、朝鮮王朝儀軌の還収は実に大きな意義がある。まず、1965年の韓日協定で「文化財返還についてのすべての問題は終結された」としたが、そうではないことが白日の下にさらされた。次に、「文化財は原産国へ返還すべし」としたユネスコ及び、ICOMOS(国際記念物遺跡会議)の協約と勧告が今や世界の大勢になったことである。
 宴があった当日の朝日新聞朝刊12面に、「平壌の石塔戻して」と題した記事が載った。会場の真ん前、大倉集古館裏庭にある高麗時代(10~14世紀)の8角5層石塔のことで、平壌郊外の栗里寺址から掠奪してきたものである。
 朝仏連の書記長が今年の3月28日付で、慧門師と大韓仏教曹渓宗信徒会事務総長の2人に委任状を渡した。師が委任状を持って東京真相調査団に、南北と在日同胞が中心になってやろうと申し入れられたこともあり、日本の広範な方々の支援を受けつつ合同で取り組もうと思っている。
 13日の祝賀宴で、本調査団は還収委共同議長の正念師と金元雄元国会議員および慧門師に、赤・白・黄3色のバラの花束を贈った。在日と南北の3者合同で今後も共に取り組む決意を込めて。

 昨年9月6日付の朝日歌壇を紹介する。
 「古文書の〝朝鮮王朝儀軌〟帰る 画かれた時の青空の下へ」(川崎市)金二順(李一満 東京朝鮮人強制連行真相調査団事務局長)朝鮮新報2011.5.26
http://jp.korea-np.co.jp/article.php?action=detail&pid=51503

慧門曹渓宗
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201006111316125
慧門師

朝鮮王室文化財 返還を
韓国市民団体 外務省に要請
笠井氏同席
笠井慧門金山本主席事務官@外務省
左から笠井亮議員・慧門師・金宜正会長・山本主席事務官

 韓国の市民団体「朝鮮王室儀軌還収委員会」の代表団が8日、外務省を訪問し、李朝時代(1392~1910年)の朝鮮王室儀軌の返還を要請しました。日本共産党の笠井亮衆院議員が同席。外務省北東アジア課の山本文土首席事務官が応対しました。

 還収委員会の議長で曹渓宗中央信徒会長の金宜正(キム・ウィジョン)氏は、「韓国併合100年の今年、儀軌が本来の場所に戻ればありがたい」と語りました。山本首席事務官は、「今年は日韓にとって重要な年であり、真に未来志向の日韓関係をつくっていきたい」と述べ、還収委員会の要請を岡田克也外相らに伝えることを約束しました。

 笠井議員は、「日韓の友好、信頼関係を発展させるために、鳩山政権下でも外務省が、解決に向けて誠意ある対応を」と述べました。

 要請には曹渓宗僧侶の慧門(ヘムン)還収委員会事務局長李相根(イ・サングン)曹渓宗中央信徒会事務総長らも参加しました。

 宮内庁が所蔵する儀軌は、日本による植民地支配期(1910~1945年)に朝鮮総督府を通じて持ち出されたものです。しんぶん赤旗2010.4.9
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-04-09/2010040902_02_1.html
(息を吐くように嘘を書いていますが、朝鮮総督府が正当な手段で買って、大切に保管していたものです)
朝鮮王室儀軌宮内庁書陵部
仏像はほんの始まり

何が売国なのか何が反日なのかその定義は曖昧ではあるが
笠井亮議員はあからさまな売国奴だろう
それをホルホルと赤旗に載せるのだからやはり日本共産党も売国政党なのだろう

日韓基本条約で賠償を全うした先人達を勝手に踏みにじることは許されない

【まとめ】
▼文化財返還運動に関わる僧侶はセクハラ・賭博の曹渓宗
▼朝鮮仏教徒連盟(北朝鮮)も関与
▼笠井亮議員:参議院比例区東京ブロック

韓国の反日の裏にいる仏教団体・曹渓宗 
この最後に日本の仏教界も汚鮮中と書いたが相当まずいレベルかもしれない

靖国参拝の自粛を要請 全日本仏教会、官邸に

 全日本仏教会の小林正道理事長は5日、世耕弘成官房副長官と官邸で会い、安倍晋三首相や閣僚に対し、靖国神社参拝を控えるよう求める要請文を手渡した。世耕氏は「首相に伝える」と応じた。

 要請文は靖国神社を「かつて国家神道の最重要拠点としての役割を果たした宗教施設」と指摘。「首相や閣僚はいかなる時も公人であり、政教分離の精神にのっとり参拝を控えるべきだ」と主張した。

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で、閣僚の靖国神社参拝に関し「国のために命をささげた人に手を合わせて冥福を祈るのはどこの国でも同じだ。閣僚が私人の立場で参拝するか、しないかについて官邸でどうこう言う問題ではない」と強調した。産経新聞2013.8.5
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130805/plc13080512200004-n1.htm 
(そこまで厳密な政教分離を求めるなら宗教法人法での優遇措置も私学助成金もとりやめよう)

靖国参拝自粛要請小林正道
要請書を渡す小林正道氏(左は世耕議員)
全日本仏教会小林正道靖国
http://www.jbf.ne.jp/news/newsrelease/548.html 
要請文

全日本仏教会都道府県仏教会代議員
http://www.jbf.ne.jp/about/about_JBF/512.html 
都道府県仏教会・仏教団体議員
日韓仏教交流協議会....

5月
http://www.jbf.ne.jp/activity/mag.html
機関紙「全仏」 (どこの部落解放同盟かと....)

<インタビュー>訪韓した日韓仏教交流協議会の宮林昭彦会長
訪韓した日韓仏教交流協議会の宮林昭彦会長
【驪州13日聯合ニュース】日韓仏教交流協議会が、韓国国民に苦痛を与えた過去を反省し、ざんげする内容を刻んだ「人類和合共生祈願碑」を京畿道・驪州の神勒寺にたてた。

 協議会の宮林昭彦会長は13日、韓日仏教文化交流30周年記念大会が開かれた同所で記者らと会い、韓日両国の発展と和合のためには「あなたとわたしが一つ」という精神が必要だと語った。韓日の問題は政治的理念では解決できず、もっぱら仏教徒の立場で努力してこそ解決の糸口をつかめると強調した。

以下は宮林会長との一問一答。

――日本仏教界が乗り出し過去史を反省する祈願碑をたてた契機は。
「1945年に戦争が終わり、遠かった両国関係が次第に近づくなか、仏教を通じ親善を図り始めて30年余りがすぎた。政治的には両国問題が解決したかもしれないが、両民族間のしこりはなくならなかった。そんな中、仏教界だけでも胸襟を開いて話し合い、仏様の教え通りに進むよう祈った。そんな心を集め、人類の和合と共生を祈願する碑をたてた」

――まだ韓日間で歴史的に解決すべき問題が多いが。
「日本植民地時代に強制連行され無残に犠牲になった韓国人の遺骨が東京に安置されている。10年前の話だが、韓日両国の僧侶らが日本の厚生省(当時)に犠牲者の遺骨に関する調査を依頼した。異国の地をさまよう魂の還国のため、両国仏教界が協力し努力している」

――両国の歴史的問題・葛藤(かっとう)をなくすには。
「政治的理念を持っていては解決できないと思っている。あくまでも仏者の立場で解決しようと努力してこそ解決の糸口を見出せる」

――両国の発展と葛藤解決のために実践すべき仏の教えとは。
「加害者と被害者という認識がある限り、絶対に解決できない。お互いが一つになり和合する精神を持たないと不可能だ。仏教が地球上の戦争を止めることはできないが、仏教精神、和合精神でうまく切り開いていく知恵を発揮することだけが最善の道だ」 聯合ニュース2009.5.14
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2009/0514/10057257.html

(別ソース)
日本仏教界「懺悔の念深く」、驪州に和合共生記念碑
【ソウル12日聯合ニュース】韓日仏教文化交流大会に出席するため訪韓する日韓仏教交流協議会が、韓国国民に苦痛を与えた過去を反省しざんげする文章を刻んだ碑を、京畿道・驪州の神勒寺にたてる。 韓日仏教文化交流協議会と日韓仏教交流協議会は13日に神勒寺で、日本側の僧120人余りを含め400人以上が出席するなか、第30回韓日仏教文化交流大会を開く。世界平和を祈願する大法会を執り行うとともに、日本側が提案した「人類和合共生祈願碑」の除幕式を行う。

 碑は座台を含め高さ3メートル、幅70センチメートルの黒曜石製で、表には曹渓宗総務院長の智冠法師の手により漢字で「人類和合共生祈願碑」と碑銘が刻まれる。裏には日韓仏教交流協議会の宮林昭彦会長が作成した文言がハングルと日本語で書かれる。碑文は、百済時代に日本に仏教を伝えた韓国の役割は大きく、両国親善の原点になるという点を強調した上で、「不幸なことが何度もあり、特に近世には日本が韓国民に多大な苦痛を及ぼした歴史的な事実に対し、反省とざんげの念を深くしている」との文章が記される。

 大会関係者によると、日本の仏教界はこれまでにも過去への遺憾の意を表明しざんげの言葉を繰り返してきたが、碑石にこのように刻むのは初めてだという。聯合ニュース2009.5.12
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/05/12/0200000000AJP20090512002400882.HTML 

出た曹渓宗
(結局北朝鮮とズブズブってことですよこの人達は)

韓日仏教文化交流協議会智冠会長 「対馬、沖縄も韓国領」 
(ニューシース)韓昇洙(ハン・スンス)国務総理が22日、曹渓宗総務院長である智冠(ジグァン)僧侶を訪問して「宗教偏向と関連、そんな事が絶対ないようにする」と明らかにしたが、智冠僧侶は「別に申し上げるお話はない」と短く返事して、李明博政府と仏教系の間の大きな間隙がそのまま現われた。 

韓総理はこの日午後5時頃、ソウル曹渓寺を尋ねて「これまでいろいろと政府が元老に心配をかけた。 我が国は宗教が多元化された国家で特定の宗教偏向や差別を絶対しない」と明らかにし「これから何か用事ができれば智冠僧侶が私に直接連絡してほしい」と語った。 

(中略) 

韓総理と智冠僧侶は独島(竹島)問題など懸案につても会話を交わした。智冠僧侶は「沖繩という島も私たちのもので、対馬島も太宗以前に私たちが占有した。独島は言うまでもないが、沖繩と対馬島も早く取り返えさなければならない」と語り、韓総理はこれに対して「対馬島がひとときうちの領土だった事があるが、その話を今することはむしろ…。」と言葉を濁した。news.chosen.com2008.7.22
記事期限切れのためこちらから引用 http://anago.2ch.net/test/read.cgi/asia/1216938513 

【まとめ】
▼首相靖国参拝自粛要請を出した全日本仏教会
▼全日本仏教会の機関紙は真っ赤
▼全日本仏教会の議員に日韓仏教交流協議会の人がいる
▼日韓仏教交流協議会の韓国側会長は仏像を返さないあの曹渓宗
 日本侵略のざんげの碑を建てたり、竹島どころか対馬沖縄まで領有権を主張 

参考  靖国参拝が騒ぎになる理由

読書感想文:白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの本当の理由 
一端は書き終えたのだが、どうしても書き足りないので続き

個人的に一番印象に残ったくじら漁の漁師さんのお言葉
(全部は書き写せないのでp124~p144を大まかに編集しています)

☆☆☆☆☆☆
子供の頃の食事は、漁師町だから、昆布や魚ばかり。もちろんイルカもゴンドウも食っていた。父親も漁師でゴウドウをついたりしていた。当時たんぱく源はほとんどゴンドウで、大人になるまで、すき焼きは牛肉ではなく、イルカの料理だと思っていた。

やがて南氷洋捕鯨が始まり、父もその船に乗った。当時は、捕獲頭数の制限は国別ではなく、全体の頭数で行われていたので、その制限の枠内で各国船団が一頭でも多く捕ることを競っていた。

「日本がナンバーワンになったころは、太地町出身者が500人ぐらいもいた。南氷洋捕鯨全体でも3000人もいすぐにもぐないころです。それが太地の誇りだった。」

当時は仕事がなかったので、南氷洋に太地の人がたくさん行ったのは自然の流れだった。太地の人は、捕鯨に関しては腕がよかったことも、増えた理由だ。しかし、戦後と昔ではまったく漁のやり方が違う。それでも、なぜ太地の人が上手なのか。

「それが不思議なんやけど、血なのか、親の話を自然に聞いてるからそうなのか、よくわからんが、そういわれる」
「クジラを撃つ瞬間っていうのは、言葉で言い表せるもんじゃない。まあ、ほとんどは勘です。波があって、生き物だから、それもずっと浮いとるわけにはいかないからね。すぐに潜っていくからね。その瞬間にぼっと撃つ。だから、僕も何年も乗っとるけど、あの瞬間っていうのは、やはり何年も経験して、体で覚えないとできない。それを太地の人は割合簡単にやってのけるんだな。」

南氷洋捕鯨の漁期は10月から翌年3月までの半年間。それ以外は太地町で熊野灘での漁に出た。小学生の時から漁に連れていかれ、ロープを引っ張ったり、網や船の手入れなどの作業からはじめ、高校生のときには一人前にクジラを突いていた。

その後アメリカに渡りサンフランシスコ湾でウニを採ったりクジラを捕ったりしていたが、国際捕鯨委員会(IWC)が商業捕鯨の一時停止を決議し、捕鯨が出来なくなりマグロ漁を経てガーデナー(庭師)の仕事につく。

庭師の仕事は嫌で嫌でしょうがなかった。漁師出ではどうにも馴染めなかった。そんなある日太地町から弟が遊びにやってくる。ビザの期間中庭師の仕事を手伝ったりしていたが、
「こんな仕事もうやめたら?太地に帰って漁師しようやないか」と切り出された。
「それもそやね。こんな仕事しよったら、はよ死んでしまうな」
そうして帰国し太地町で漁師をしている。

「日本は豊かな国になり、クジラに代わる牛肉や豚肉なんか、どこででも手に入る時代だから、どんどんすたれてしまうんではないか。太地では学校給食なんかでも、クジラはこんなにうまいもんだということをアピールしている。それは一つの方法だと思うんだけど、それでは追いつかないんじゃないかと心配で....」
「IWCや保護団体やシー・シェパードがどんなこというても、何が何でも守るんだと思っています。この職業を子供や孫に伝えるという、そういう意志のもとでやってるから」

☆☆☆☆☆☆
これを読んでやっと分かった
海佐知毘古にとって海から離れて暮らすのは不幸なことなのだと

【wiki】山幸彦と海幸彦 
わだつみのいろこの宮青木繁
青木繁『わだつみのいろこの宮』
山幸彦と豊玉毘売命の出会いを描く

海佐知毘古と山佐知毘古(古事記)
 古事記では火照命(ほでり)は海佐知毘古(うみさちびこ)(漁師)として大小の魚をとり、火遠理命(ほおり)は山佐知毘古(やまさちびこ)(猟師)として大小の獣をとっていた。火遠理命は兄の火照命に互いの道具の交換を提案した。火照命は三度断ったが、少しの間だけ交換することにした。火遠理命は兄の釣針(海佐知)で魚を釣ろうとしたが1匹も釣れず、しかもその釣針を海の中になくしてしまった。兄の火照命も獲物をとることができず、「山佐知も己が佐知さち、海佐知も己が佐知さち(山の幸も海の幸も、自分の道具でなくては得られない)」と言って自分の道具を返してもらおうとした。火遠理命が釣針をなくしたと告げると、火照命は火遠理命を責め取り立てた。火遠理命は自分の十拳劔から1000の釣針を作ったが、火照命は「やはり元の釣針が欲しい」として受け取らなかった。

火遠理命が海辺で泣き悲しんでいると、塩椎神(しおつちのかみ。潮流の神)がやって来た。火遠理命が事情を話すと、塩椎神は小船を作って火遠理命を乗せ、綿津見神(海神・わたつみ)の宮殿へ行くように言った。

(この後海佐知毘古はあまりよい目にあわず何だか理不尽な話にも感じる)

太地捕鯨絵巻
太地浦捕鯨絵巻
和歌山県情報館サイトより
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/guidebook/cities/taiji.html 

くじら捕りの歴史
 慶長11年(1606)、この地の豪族和田頼元が銛で鯨を捕殺する刺手組を作ったのが、組織的な捕鯨の始まりとされています。その後、延宝3年(1675)、三代目頼治が網掛突捕法を考案、捕鯨は急速に発達し、最盛期、和田家の下では約1,000人の人が捕鯨に従事していたとか。この古式捕鯨の様子や凱旋の喜びを表現した勇壮なくじら踊りは、日本の芸能史上でも非常にユニークなものの一つとされています。 

【wiki】オーストラリア
1606年にオーストラリア大陸に最初に到来した白人はオランダ人のWillem Janzであった。だが、赤道付近の熱帯の北部地域に上陸し、その周辺のみしか探索しなかったため、植民地には向かないと判断し、オランダ人は入植しなかった。
(オーストラリアという国の歴史ははじまってすらいない) 


日本の海にはわたつみのいろこの宮があり
海佐知毘古が漁をしている

このページのトップヘ