反日はどこからくるの

反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。

タグ: ナショナリズム

I am NOT ABE

ふふ
風刺画にしてまでこき下ろしたのに
実現しちゃったのね
どや顔の上人 


それではここでクーデンホーフ・カレルギー伯を書いた
『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』
を振り返ってみましょうwww

 国民国家というものが、排他的なナショナリズムによって正当化されている以上、それは国益の名のもとに、戦争の原動力となる役割のみを果たすー栄次郎がこのように説いたからこそ、国境なき国家連合こそが戦争を阻止する道であることを皆が理解したのである。

 現在のヨーロッパにおいては、国境の内側にいて、国防軍によって守りを固めることだけが安全な生活を保護する道でないことは、常識として定着しつつある。むしろ、パスポートを持たず、入国審査官や国境警備隊に出会うことなく、気ままに移動できる社会がよいのだと、皆が認識しはじめている。
何ゆえにこうも豪快に間違うのか?2 


イギリスがまさか離脱するとは!!
とは全然思わなかった
いずれ破綻は来るだろうと思っていた
(思ったより早かった)

パリ同時多発テロ
http://www.sankei.com/world/news/151116/wor1511160046-n1.html

ねぇ
「パスポートを持たず、入国審査官や国境警備隊に出会うことなく、気ままに移動できる社会」
は人類の進歩だったの?

そのリスクは想定外だったの?

参考
シェンゲン協定の危機 


【コメント下さってるみなさまへ】
今大変余裕がなくてお返事返してません。申し訳ありません。
現状以前のようなペースと内容では更新できませんがスキをみて更新しますm(__)m  

田原総一朗「朝日新聞批判記事にみるナショナリズムの影」

 朝日新聞が従軍慰安婦問題を巡る記事の誤りを認め、一部撤回した。大きな波紋を呼んだ今回の総括だが、ジャーナリスト田原総一朗は、さらに注文をつける。

*  *  *

 朝日新聞の8月5日の「慰安婦問題」に対する総括報道に対して、各週刊誌が次のような見出しを掲げ、一斉に激しい批判記事を掲載した。

「世界中に『日本の恥』を喧伝した『従軍慰安婦』大誤報 全国民をはずかしめた『朝日新聞』七つの大罪」(週刊新潮)

「朝日新聞よ、恥を知れ! 『慰安婦誤報』木村伊量社長が謝罪を拒んだ夜」(週刊文春)

「世界がこの大嘘を根拠に『日本を性奴隷国家』と決めつけた 朝日新聞『慰安婦虚報』の『本当の罪』を暴く」(週刊ポスト)

「『従軍慰安婦』記事を30年たって取り消し 日本人を貶めた朝日新聞の大罪」(週刊現代)

「『慰安婦誤報』32年間放置の果てに『大特集遺言』を残して逝った『国賊メディア』朝日新聞への弔辞」(アサヒ芸能)

 朝日新聞は総括報道を行った以上、こうした批判は当然、予測していたであろう。

 32年もたっての総括というのは、誰だって遅すぎると思うだろうし、また明らかに誤報だったことを認めながら謝罪の言葉がなかったのは違和感がある。「女子挺身(ていしん)隊」の記事を書いた植村隆記者に「意図的な事実のねじ曲げなどはなかった」としているのも納得しにくい。

 だが、こうした問題はありながら、今回の各週刊誌の朝日新聞たたきには、見逃すわけにはいかない共通点がある。

 それは、朝日新聞が「世界中に『日本の恥』を喧伝した」「国賊メディア」で、いわば「売国的」なメディアだと決めつけていることだ。言ってみれば、現在の朝日新聞批判は、いずれも強いナショナリズムがバネとなっているのである。

 私は、わずかではあるが第2次世界大戦中の世論を知っている。戦争への批判はもちろん、食べものが少なくなること、空襲が激しくなること、男の先生が出征して授業が埋まらないことなど、いかなる批判も許されなかった。ナショナリズムに裏打ちされた愛国心を散々強要されたあげくの敗戦であった。

 こうした体験を持ったがゆえの偏見なのかもしれないが、私はナショナリズムには拒否反応を覚えてしまう。そして、朝日新聞批判に強いナショナリズムを感じるがゆえに、「朝日新聞よ、頑張れ」と言いたくなるのである。
(国籍選択の自由は保証されている。ナショナリズム皆無で生きていける国籍を選択せよ)

 その朝日新聞に注文がある。

 私は朝日新聞が総括報道を行った翌日から、通常よりも熱心に紙面を読むようになった。

 あれだけ大々的に総括報道を行ったのだから、当然ながらさまざまな反応が生じるはずである。そして、そうした反応は電話やメールもあるだろうが、数多くの投書のかたちでも示されているはずである。私自身、テレビ番組をオンエアした後に、電話やツイッターなどの反応を細かく点検している。総括報道に対する週刊誌の反応は、いずれも大批判であったが、投書にはそうでない反応も数多くあるはずである。

 そうした投書が読みたいのだが、検証記事の掲載以後、それに対する投書というものが一通も掲載されていない。これはどういうことなのか。当然ながら大量の投書が来ているはずで、総括報道を行ったのだから、朝日新聞としては、できるかぎり多くの投書を掲載することが読者に対する責任だと思うのだが、この点はどうなっているのか。

※週刊朝日 2014年9月5日号
dot.2014.8.27
http://dot.asahi.com/wa/2014082700005.html

GHQプレスコードの存在が文書で確認された以上
米占領軍の日本洗脳工作「WGIP」文書、ついに発掘
プレスコードに依った論は見直して改めなければいけない
それをしないのは思想信条関係なく怠慢にして思考停止
戦後70年の長きにわたって同じことを繰り返し一歩も前に進まない脳死状態

日本国が国民国家である以上ナショナリズム全否定、まして悪とするのはあり得ない
ならば日本国がナショナリズム以外の何によって立っているのか提示する必要があろうね
あるいはナショナリズム皆無で成り立つ国を挙げてくれてもいい

提示はしないし、出来ないだろうけど。

田原総一朗氏はリベラル人脈のキーマンらしいので注意

orgハリス鈴木絵美駒崎乙武津田
日本語・天皇制はグローバル化の邪魔 桐島ローランド

このページのトップヘ