反日はどこからくるの

反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。

タグ: マリアンヌ・パール

関連記事はこちらから→【アンブロークン the unbelievable BROKEN story】

アンジェリーナ・ジョリー、卵巣と卵管を摘出 「もう子供は望めないけれど……」
アンジェリーナジョリー子宮摘出

アンジェリーナ・ジョリー(39)が先週、がんの兆候が見られた卵巣と卵管の摘出手術を受けていたことがわかった。

ジョリーは87%が乳がんに、50%が卵巣がんにかかるリスクをもたらすというBRCA1遺伝子を持っている。さらに、実母は乳がんを患った上、卵巣がんで亡くなった。がんの罹患率を少しでも下げるためにジョリーは2013年に両方の乳房を切除。今回は医師がごく初期の病変を卵巣と卵管に発見し、腫瘍マーカーでは陰性であったものの、即座に摘出することを決めたという。

ジョリーはニューヨークタイムズの特集ページに自身の決意を綴り、寄稿した。
(→http://www.nytimes.com/2013/05/14/opinion/my-medical-choice.html?_r=0)

「女性の血縁者にがんの最初期症状が出た年齢から10年は前倒しして予防手術を受けるべきだと医師に言われました。母が卵巣がんと診断されたとき、彼女は49歳でした。私は今39歳です。もうこれ以上子供は望めませんし、身体的な変化も起こるでしょう。でも、何が待っているとしても気持ちは軽くなりました。私が強いからではなく、これが人生だからです。恐れるものはありません」。

そして手記の最後をこう締めくくっている

「私の子供たちは、『ママは卵巣がんで死んだ』と言わなくてもよくなりました。知識は力です」。
女性自身2015.3.15
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150324-00010004-jisin-ent

ツイッターでアンジェリーナ・ジョリーはミュンヒハウゼン症候群ではないかと教えてもらって
あらためてwikiを見たところそうとしか思えなくなった

【wiki】ミュンヒハウゼン症候群

ミュンヒハウゼン症候群(ミュンヒハウゼンしょうこうぐん、英語: Munchausen syndrome)は虚偽性障害に分類される精神疾患の一種。症例として周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られる。1951年にイギリスの医師、リチャード・アッシャーによって発見され、「ほら吹き男爵」の異名を持ったドイツ貴族ミュンヒハウゼン男爵にちなんで命名された。

概要
ミュンヒハウゼン症候群には、虚偽の病気に罹患している対象が患者自身であるミュンヒハウゼン症候群と、近親者(母親の子供に対するケースが多いが、配偶者などのケースもある)を病気に仕立て上げる、代理ミュンヒハウゼン症候群の2種類が存在する。
厚生労働省の平成20年度の統計によれば、心中以外で虐待死した児童67人中4.5%にあたる3人の児童が代理によるミュンヒハウゼン症候群により死亡しており、決して無視できる数字ではない。

症状
一般的に虚偽性障害の中で身体的症状が優勢で、慢性的で重篤な症状のものをミュンヒハウゼン症候群と診断する。過去に心的外傷を負ったというような精神的な症状を訴えるケースも存在する。

患者は病気を創作もしくは既に罹患している病気を殊更に重症であるように誇張し、通院や入院を繰り返す。一つの病気の問題が解決したり、虚偽が見破られたり、小康状態に陥ると新たな病気を作り出す。重篤な患者と見せかける為に自傷行為や検査検体のすり替え、偽造工作などを繰り返し行うことがある。

患者は怪我や病気という口実を利用して周囲の人間関係を操作することを目的にして、同情をかったり、懸命に病気と闘っている姿を殊更にアピールする。また、病気そのものに関わる関わらないに関係なく独特の世界を作り上げるエピソードを創作する空想虚言癖を伴うことが多い。患者のエピソードによる病歴は多彩であり、多種多様な既往歴を話す事が多い。ただしそのエピソードや時期に関しては曖昧な事が多く、時期や内容も話す相手によって異なる事が多い。

また、ミュンヒハウゼン症候群の患者には手術の繰り返しによって作られた独特な手術痕が見られたり、繰り返し同じ場所に対して自傷行為を行ったために残った褥瘡などが確認されることがある。

患者の行動原理
患者は、自らの診断と病院の診断が異なった場合、病院をすぐに変えるドクターショッピングを日常的に繰り返し、検査や手術などを繰り返す。また、様々な診療科を受診するなどの行動を行う場合がある。そのため、病院遍歴を調べなければミュンヒハウゼン症候群を見つける事は難しく、患者の発見は主に入院・検査時の自傷行為・検体のすり替えの目撃・発覚などによって、初めてミュンヒハウゼン症候群の疑いがもたれるケースが多い。大半の症例は精神科ではなく内科・外科と言った診療科で発見される。

この病気は境界例などのパーソナリティ障害との関わりが指摘されているが根本的な治療法は確立していない。ミュンヒハウゼン症候群に罹患するきっかけは小児期の手術の経験である事が多く、そのときの記憶から相手の同情や気を引くために手術や入院を要する病気を作り出す行為を繰り返す事が報告されている。

ミュンヒハウゼン症候群の患者は、虚偽の病気による手術や入院を繰り返すため治療による薬や手術の副作用、慢性的に病気を作り出す行為を繰り返し、それらの副作用が蓄積されていくため予後は良くない。

詐病との関係
似たような病気に詐病が存在するが、詐病とミュンヒハウゼン症候群の大きな違いはミュンヒハウゼン症候群が病気になることや、病気によって同情を引くといった精神的利益を目的としているため手術や検査といったリスクをいとわず、むしろ積極的に協力する点が大きな違いとして挙げられる。詐病の場合は、病気になることにより主として経済的利益の享受などを目的とするため大きなリスクを避ける傾向にある。


アンジェリーナ・ジョリーは虚偽による騒動を過去にも起している
創価学会員の友人マリアンヌ・パールと共にソマリー・マムという経歴が大嘘の人物で金集めをしたし
ソマリー・マム騒動になぜかあの人が
KONY2012という目的も怪しく多額の使途不明金を出した騒動にも積極的に関わっている
KONY2012・アンジェリーナ・ジョリー・国連 そして・・・ 
(誰かを敵視するキャンペーンを仕掛け、実際に国連軍が動いた。恐ろしいことです)

出演した映画も
『17才のカルテ』でアカデミー助演女優賞を受賞したが精神病棟の患者を描いた映画だし
その前の『ジーア/悲劇のスーパーモデル』はエイズとドラッグにより短い生涯を終えた実在のモデルの話
【wiki】 アンジェリーナ・ジョリー 

以前、夢野久作の短編『少女地獄』について書いたが
地獄の住人 
アンジェリーナ・ジョリーもまた地獄の住人だった

この先彼女が担ぎ上げる「何か」がろくでもないことなのは確かだろう

アンジェリーナジョリーmaleficent
 http://disney.wikia.com/wiki/File:Maleficent_Now_Playing_Banner.jpg

あなたの手は血に染まっている

参考
namadzuの羅針盤さん
『アンジェリーナ・ジョリーの精神疾患に関する専門家の見解』 
http://namadzu.hatenablog.com/entry/2015/03/31/001020
大変参考になります 

関連記事はこちらから→【アンブロークン the unbelievable BROKEN story】

ソマリー・マム騒動にアンジェリーナ・ジョリーが関わってたとコメントで教えてもらった

まずソマリー・マム騒動について

【ニコニコ動画】人権活動家ソマリー・マムの壮絶人生

ソマリー・マムアンジェリーナ・ジョリー

ソマリー・マム寄付
寄付金の多くが使途不明

ウートピ2014.6.9
『ヒラリー・クリントンも騙された…… 人権活動家ソマリー・マムの人助けは自作自演の行き過ぎた嘘だった』
http://wotopi.jp/archives/5817

『「人助けは快感である」 反人身取引運動の活動家ソマリー・マムの辞職騒動から“正しい社会運動”を考える』
http://wotopi.jp/archives/5824 
(ウートピの前後編の記事はおすすめ)

NEWSWEEK 2014.5.21
"Somaly Mam: The Holy Saint (and Sinner) of Sex Trafficking"
http://www.newsweek.com/2014/05/30/somaly-mam-holy-saint-and-sinner-sex-trafficking-251642.html

簡単に要約
家族から切り離され売春宿に監禁されて売春を強要されているカンボジアの女性や少女を救出するため AFESIP(Acting for Women in Distressing Situations)という団体を立ち上げたソマリー・マム氏。2007年には、自らの名前を冠したソマリー・マム財団も設立。

2008年にローランド・バーガー財団から受け取った100万ユーロ(約1億4千万円)
欧米のキリスト教系団体や、ヒラリー・クリントン元米国国務長官、スペインのソフィア王妃、メグ・ライアン、 Facebook の COO シェリル・サンドバーグなど多くの著名人からの支持を受け、潘基文国連事務総長やローマ法王との面会も実現
タイム誌やガーディアン紙はマム氏を「世界のトップ○○100人」の1人として称える

がソマリー・マム氏の経歴は嘘だったとNewsweekの記事で判明
財団から離職

こんな人も関わっておりました
NYT 2008.9.24
"Fighting Sex Trafficking in Cambodia" 
ソマリー・マムニコラス・クリストフinterview1
ソマリー・マムニコラス・クリストフinterview
人食い日本兵のデタラメ記事でおなじみ
人食い日本兵の元ネタ、かも
ニコラス・クリストフ記者
http://www.nytimes.com/video/opinion/1194818192946/fighting-sex-trafficking-in-cambodia.html

そして
the Huffington Post 2014.5.29
"Activist Somaly Mam Quits US Foundation Amid Allegations She Was Never Sold Into Prostitution"
(抜粋)

The website of her New York-based Somaly Mam Foundation lists cosmetics company Estee Lauder, finance firm Goldman Sachs and Hilton hotels as corporate sponsors. Among the journalists who wrote about her efforts was New York Times columnist Nicholas Kristof.

In 2006, she was honored as one of Glamour magazine's women of the year.

Glamour magazine made her story more widely known through a September 2006 article by Mariane Pearl, widow of slain Wall Street Journal reporter Daniel Pearl.

"It's one thing to know theoretically that there is child prostitution and really dire conditions in those brothels, but it was shocking," said Pearl, who visited Mam in Phnom Penh. "The girls that Somaly introduced me to are babies. ... They needed an ambassador. They needed someone to say, 'OK, this is what's going on.' She has the courage to say that, and without her there's just no voice."

http://www.huffingtonpost.com/2014/05/29/somaly-mam-quits_n_5410135.html
 (2006年9月の『Glamour』誌のマリアンヌ・パール(ウォール・ストリート・ジャーナルのダニエル・パール記者の未亡人)によってより活動が知られるところとなった)

the Washington Post 2014.5.29
"Why would Somaly Mam quit her own sex-trafficking foundation?"
(抜粋)

Later that year, Pierre Legros – Mam's French ex-husband – came forward to describe another incident that had not occurred as Mam had described it. In 2006, Mam told Mariane Pearl, wife of Daniel Pearl, in an article for Glamour Magazine that her teenage daughter had been abducted by human traffickers as revenge for her activism. Mam mentioned the incident again in her U.N. speech, which prompted Legros to respond. His daughter had in fact run away with a boyfriend, he said, claiming that he wanted to protect her privacy and stop her being used as “marketing” for the Somaly Mam Foundation.
http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2014/05/29/why-would-somaly-mam-quit-her-own-sex-trafficking-foundation/
(2006年にダニエル・パールの妻で『Glamour』誌のマリアンヌ・パールにマムは、活動に対する復讐のため彼女の10代の娘をさらって売り飛ばしたと語った。が、後年フランス人の元夫ピエール・レグロスはそのようなことは起こっていないと語った。)

マリアンヌ・パール・・・・
 ソマリー・マムマリアンヌ・パール
http://www.zimbio.com/photos/Somaly+Mam/Mariane+Pearl

創価学会員のあのマリアンヌ・パールですか
アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピットが夫妻で本を映画化したあの
アンジェリーナ・ジョリーと創価学会の接点 

なるほどねぇ
同情をひくのに格好の語り部を捜してきて
対立する者を敵視するように扇動してお金集めるビジネスモデルなんでございますね
だって前科があるじゃないですか
KONY2012・アンジェリーナ・ジョリー・国連 そして・・・ 
その延長線上にアンブロークンもあるんでございますね

TIMEソマリー・マムアンジェリーナ・ジョリー
http://content.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,1894410_1894289_1894268,00.html

次の語り部はこの方じゃないかしら
なぜかまた繋がっているISIL人質事件とアンブロークン 

あ、そうだ
ソマリー・マムc-rights子どもの権利https://twitter.com/c_rights/status/142237583110451201

認定 NPO 法人 国際子ども権利センター
ソマリー・マムc-rights子どもの権利HP
http://www.c-rights.org/ 
oxfamとか国際連帯税でおなじみの丸幸ビルでございますね
子宮頸がんワクチンと世界連邦運動 

参考
そういえばカンボジアには色々胡散臭いことがあった
後藤忠政氏は カンボジア人となって来賓席に座っていた 
マルハン、SBIがカンボジアで日本企業の銀行設立 

アンブロークン原作者ローラ・ヒレンブランドと
主人公ザンペリーニとに会っている徳留絹枝というジャーナリストの著作が潮出版社、月刊『潮』などから出ているので
どうも創価学会が関与しているらしいと書いたが
日本を貶めようとする悪意3 アンジェリーナ・ジョリー『 #unbroken 』
もう一つ接点を見つけた

アンジェリーナ・ジョリーが出演した映画『マイティ・ハート』

「マリアンヌは素晴らしい女性」アンジェリーナ・ジョリーが語る『マイティ・ハート』
マイティ・ハートアンジェリーナ・ジョリー

そもそもの始まりは、ブラッド・ピットが1冊の本を手に取ったことだった。「マイティ・ハート 新聞記者ダニエル・パールの勇気ある生と死」──アンジェリーナ・ジョリー主演の『マイティ・ハート/愛と絆』の原作である。私生活でもブラッドのパートナーであるアンジェリーナ・ジョリーが、その著者であり、パール氏の妻であるマリアンヌ・パールを演じている。

アンジェリーナは、本作への出演以前からマリアンヌと知り合いだった。

「初めは一緒に子供を遊ばせるだけだったの。数年前に出会ったんだけど、お互いシングルマザー同士だったから、『じゃあ、子供たちを連れてどこかに行きましょうよ』って。そういう関係から始まったし、これからもそれは変わりないわ。この作品は、私にとって非常に重要な作品で、しかもとても大切な友人を演じるってすごく不思議な感じ。まして、彼女の最も辛い時期を世間に伝え、私も愛して止まない小さな男の子(マリアンヌの息子・アダム)が将来この作品を観るのだから。でも、つまるところ私はこの映画をとても誇りに思うし、これが一番大事なことだけど、マリアンヌと友達になれてとても幸運だったと思っているわ」。

マリアンヌが妊娠5か月のときに、ダニエルが誘拐される。体調的にも心情的にも微妙な時期のマリアンヌを演じるにあたって、自身の妊娠・出産の経験が役立ったそうだ。

「もし妊娠の経験がなかったら、すごく大袈裟に演じてしまったり、妊婦がとらないような行動をとってしまうと思うの。妊婦である彼女がどうやってあの状況を切り抜けたかを思うと、それは想像を絶したわ。身重であるのは大変なことで、後半の数か月はストレスを減らし、睡眠とかもたくさんとらないといけないのに。でもマリアンヌは自分を哀れんだりしない。ダニエルが二度と家に戻らないかもしれないと考えることを自分自身に許さなかったに違いないわ」。

「何より、私はシャイロを出産したばかりで、特別な時期だったし、ブラッドとも特別な時期を過ごしていたから、役作りの過程でとても感情移入したの。赤ちゃんが産まれて、その子を飽きることなく眺めて、部屋の反対側にはその子の父親がいて…。そんな状況を誰かに取り上げられるとしたら、ものすごく頭に来るわ」。

「こんなことは初めてよ。仕事には真剣に取り組むけど、気張らない方なの。夜、眠れないなんて初めて」とマリアンヌを演じることに不安を感じていたと言う。

「撮影前夜はこんなことになったらどうしよう、あんなことになったらどうしようと焼きもきしっぱなし。とても尊敬しているマリアンヌを自分が演じられると考えているのが、申し訳なく思えたわ。人の心を動かすことなんてできないんじゃないかって。でも、彼女の誠意に大いに助けられたわ。それに、たとえ彼女を演じるのに私が相応しくなかったとしても、私自身の心に迷いがなく“やってみたい”と思ったから、運命の巡り合わせだと感じたの」。

国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR) の親善大使を務めるなどチャリティ活動にも力を入れているアンジェリーナは本作の持つメッセージをこう語る。

「いまの世の中は人を簡単に判断しすぎるし、恐れを抱きすぎる。私たちは世界でいろいろなことが起こっているって理解するために、心を開く必要があるわ。急いで物事を判断すべきでない。人種や宗教で、人々を一様に判断すべきでは絶対にないの。ダニエル殺害を知ったほんの数日後に、マリアンヌはみんなの前でこう言うの。『私はパキスタンを愛しています。ダニエルのほかに10人の人が亡くなっているけれど、その人たちはみんなパキスタン人でした。つまりパキスタンの人たちも私たちと同様に苦しい思いをしているのです』。マリアンヌは本当に素晴らしい女性よ」。
cinemacafe.net 2007.11.22
http://www.cinemacafe.net/article/2007/11/22/2905.html


アンジェリーナ・ジョリーandマリアンヌ・パール
 http://celebritybabies.people.com/2008/04/08/angelina-joli-1-6/
アンジェリーナ・ジョリー and マリアンヌ・パール 2008.4.8

マリアンヌ・パール英語版wiki
【wiki】Mariane Pearl
マリアンヌ・パール英語wiki
Mariane Pearl is a practicing Nichiren Buddhist and a member of Soka Gakkai International
(マリアンヌ・パールは日蓮宗の仏教徒で創価学会インターナショナルのメンバー)

【amazon】マイティ・ハート―新聞記者ダニエル・パールの勇気ある生と死
マイティ・ハート潮出版社
著書が潮出版社から出ている

SEIKYOonline『アメリカ在住のジャーナリスト マリアンヌ・パールさんからSGI会長に新書『希望を求めて』』2008.4.6
SEIKYOonlineマリアンヌパール
http://www.seikyoonline.jp/news/headline/2008/04/1185610_2146.html

SGI Qurarterly ”A Strong Spirit An Interview with Mariane Pearl” 2005.4
SGIQuarterマリアンヌ・パール
http://www.sgiquarterly.org/feature2005Apr-4.html

映画『マイティ・ハート』の中でアンジェリーナ・ジョリーが「南無妙法蓮華経」と唱えるシーン
マイティハート仏壇

創価学会のシンボルマークもありますね
八葉蓮華
http://www.sokanet.jp/info/gaiyo.html

【まとめ】
▼アンジェリーナ・ジョリーが映画『マイティ・ハート』で演じた役・マリアンヌ・パール=原作者
 創価学会員
 アンジェリーナ・ジョリーとは映画出演以前からの知り合い
 映画製作は夫ブラッド・ピット(プランBエンタテイメント)
▼映画『マイティ・ハート』の中に「南無妙法蓮華経」と唱えるシーンがある
▼著書は潮出版社から出ている
▼マリアンヌ・パール氏は2005年来日した際に池田大作氏に会っている
▼SGIの機関紙にも出ている

参考
AFPBB『故ダニエル・パール記者の妻、夫殺害容疑者への心境を語る - 米国』 2007.3.17
http://www.afpbb.com/articles/-/2196513

the guardian"Pearl's murder deepens resolve, says grim Bush"2002.2.22
http://www.theguardian.com/media/2002/feb/22/pakistan.privacy 
サイモン・ウィーゼンタール・センターが「ダニエル・パール氏が狙われたのは単にアメリカ人でユダヤ人だからだろう」とコメントしている

【拡散希望】サイモン・ウィーゼンタール・センターと創価学会と中国共産党
国際交流基金・徳留絹枝 参議院予算委員会2003.3.6
国際交流基金・徳留絹枝 産経新聞の記事から
【 #unbroken 】サウラビギタリストMIYAVIが赤いZE 
【 #unbroken 】アンブロークンの裏の赤い人脈 
#アンブロークン で更なる芋が  

このページのトップヘ