反日はどこからくるの

反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。

タグ: 内海愛子

ものすごい分厚い本なのに核心には触れず
一体誰が何のために読む本なのか

が、ちょっと気になる名前があったのでコピペ

新聞と「昭和」
朝日新聞「検証・昭和報道」取材班
朝日新聞出版
2010-06-04


p547
在日韓国・朝鮮人 ルポが行政動かす

 日本が独立した52年、初めて迎えたメーデーで騒乱事件が起きた。5月27日の朝日夕刊社会面トップは、事件に絡み、東京・江東の朝鮮人集落が捜索を受け、朝鮮人団体幹部ら21人が逮捕されたと伝えた。

 記事は、集落を「解放地区」と表現、「当局も・・・・ほとんど手の出ぬ形でパトロールも実施されず」と書く。当時、在日朝鮮人に関する記事は、警察担当記者による事件報道がほとんどだった。
(不逞鮮人が好き放題してたわけですね)

 日韓国交正常化交渉が大詰めを迎えた65年3~4月、朝日は社会面で「日本の中の朝鮮」を連載した。川崎区や大阪市生野区の朝鮮人集落に入り、貧困や差別の実態をルポ。新たな問題意識での取材だった。

 さらに朝日は76年2月27日から4月25日まで「65万人 在日韓国・朝鮮人」を50回掲載、高校入学や就職、融資、社会保障をめぐる差別、労働現場の実態などを伝えた。社会部デスクだった岩垂弘(74)は「朝日は前年、韓国に派遣された取材団が人々の生活などを連載した。今度は、内なる韓国・朝鮮に目をむけなければ、と考えた」と言う。

 川崎支局の前川恵司(63)は、79年10月から翌年9月まで神奈川版で「韓国・朝鮮人」を160回連載した。これまで在日を取り上げた記事は、仮名や匿名が多かった。前川は「本名を明かさないなら何でも書けるが、記事への信頼性は欠け、説得力もない」と本名にこだわった。
(前川恵司氏→週刊新潮・ならば青瓦台に「米軍慰安婦の像」を!

 韓国を支持する民団と北朝鮮支持の朝鮮総連が対立、記者も色分けされた。前川は組織に頼らず取材を進めた。「個々人に話を聞き、自分で判断しようと考えた」。大学生のとき、韓国に旅した前川は「独裁下、沈黙に支配された国」という報道と、エネルギッシュに生きる庶民という現実の落差を感じた。それも個人にこだわる素地となった。

 連載は在日の子らの悩み、1世の生活し、プロ野球や文学などで活する在日らを取り上げた。

 オモニ(母)の会の宋富子(69)は、本名を名乗る大切さを同胞に説いて回っていた。79年9月、青少年問題の討論会で県知事の長洲一二に在日の子の置かれた状況を訴え、学校の無理解を批判した。長洲は「真剣に取り組まねばならない」と答えた。連載の一コマだ。
(オモニ会:国連まで行って朝鮮学校無償化しないのは差別と訴える反日組織
人権侵害者達 朝鮮学校という侮日工作機関


 神奈川県は3年後、冊子「内なる民際外交 身近な国際理解のために」をつくり、在日外国人の人権問題を啓発した。宋は「朝日の連載は、見えなくされていた私たちの存在を見えるものにし、多くの教員や行政を動かした」と評価する。
(違憲です)

 82年秋、朝日は読者投稿の「歌壇」で「北鮮」という語を使った短歌2首を続けざまに掲載した(10月31日、11月28日)。教師らが抗議の声を上げた。朝日は当初、「言葉に文句をつけられたら短詩型文学は成り立たぬ」「地域名の略称だと思う」と対応(社内資料)、差別の意図はないことを主張した。

 抗議の加わった社会科教師の内海愛子(68)は、朝鮮史学者の梶村秀樹と明治の朝日新聞などを調べ、韓国併合(1910年8月)以降、「韓国人」「韓人」にかわって「鮮人」という言葉が急速に広く使われるようになったことを明らかにした。朝日は、差別語使用を反省し、社内研修を約束した。
(内海愛子→アンブロークンの裏の赤い人脈(改定復刻版)

 敗戦直後(47年)の在日外国人登録(法務省統計)は約64万人。94%は韓国・朝鮮で約60万人だった。08年の外国人登録は約222万人に達した。うち中国約66万人(30%)、韓国・朝鮮が約59万人(27%)だ。

 様々な文化を背景とする外国人といかに共生するかが問われている。

デタラメ朝鮮人強制連行説をさんざん喧伝したことなどおくびにも出さず
何の検証にもなってない
同様に北朝鮮賛美して北朝鮮帰還事業を煽ったことも拉致問題報道についても
本全体こんな感じ
何なのこれは自画自賛&自己満足本なの?www

p579
あとがき
(部分抜粋)

 準備に1年、紙面展開にさらに1年をかけて、昭和を検証する。そんな贅沢で野心的な試みが動き出したのは、2008年4月19日だった。東京本社新館1階の会議室。船橋洋一主筆の呼びかけで、文化、社会、外交・国際など書くグループから十数人の記者が集まった。近現代史に関心の深いベテランぞろい。うち半数うは社内外で高い評価を得た長期連載「新聞と戦争」の経験者だ。その後、社内公募に応じた若手ら数人が加わり、取材班は編集委員6人を含め約20人に。私はそれを「ドリームチーム」と呼んだ。

ははっワロス船橋洋一氏ですか
災厄をもたらした「歴史の和解」

(売国)ドリームチームかな
ハラワタがいい具合に煮えくりかえりますね

ワケアリで記事が削除されてしまったので改定復刻版
関連記事はこちらから→【アンブロークン the unbelievable BROKEN story】 

「ザンペリーニ氏は嘘を語っていない」——
日本の専門家が日本軍による捕虜虐待の暴行は事実と表明


 【新華社東京12月23日】近頃、日本軍の第二次世界大戦中の捕虜虐待の暴行を暴露した米国ハリウッド映画『アンブロークン』が日本の右翼勢力から攻撃を受けている。原作のドキュメンタリー映画『アンブロークン:生存、抗争、救いに関する第二次世界大戦の物語』と映画の主人公のモデルとなったルイス・ザンペリーニ氏本人の回想録もその対象となっている。ある日本人のネットユーザーは、こういう作品はすべて捏造で、虚言に満ちている、と書き込んでいる。

 歴史の真相は果たしてどうなのだろうか。新華社記者はこの件について日本の戦争捕虜虐待研究会の2人の専門家を取材した。

 「ザンペリーニ氏は嘘を語っていない」研究会の笹本妙子秘書長はこのほど、記者の電話取材を受けた際に、このように明確に回答した。

 戦争捕虜に関する文献資料は、日本の敗戦時に日本軍に焼却され、日本政府も歴史的事実の追及に努めていないため、日本戦争捕虜研究会は終始、先の戦争捕虜などの関係者との交流に力を入れ、この時期の埋もれた歴史の真相を探求してきた。

 笹本氏は『アンブロークン』の作家、ローラ・ヒレンブランド氏に執筆の参考となる一部の素材を提供しており、『アンブロークン』と深い縁がある。

 笹本氏は、この作品の主人公のモデルとなったザンペリーニは氏が大船戦争捕虜収容所と東京の大森戦争捕虜収容所などで収容されたことがあり、「私は歴史資料などを通じて、これらの収容所の当時の実際の状況を知った。」、「私はザンペリーニは氏の回想録を読み、彼の人生の経歴を知った。回想録は事実とほぼ一致している」と述べた。

 笹本氏は既にいろんな経路を通じて、映画版『アンブロークン』の内容を聞き取った。ただ彼女はまた実際に見ていないため、評価しにくいと述べた。ただし、彼女は肯定できるのは第二次世界大戦の間日本軍では確実に厳重な捕虜虐待行為が存在している。

 戦争捕虜研究会の共同代表を務める内海愛子氏は記者の取材を受けた際に、日本軍は第二次世界大戦中に、欧米の白人捕虜約13万人を収容し、27%の高死亡率に達していた、と述べた。

 「『アンブロークン』をひたすら攻撃するのは、日本の国際的なイメージを汚すだけだ。日本の国益を損なうものは、まさにこういった右翼勢力だ」と内海氏は語る。

 映画『アンブロークン』はハリウッド女優のアンジェリーナ·ジョリーが監督し、11月にオーストラリア、シドニーで世界初公開された後、高い評価を得た。この作品は12月25日に米国で上映され、来年初めに中国で上映される。日本では公開上映する予定はない。
(新華網日本語)2014.12.23
http://jp.xinhuanet.com/2014-12/23/c_133871277.htm


笹本妙子氏著書
連合軍捕虜の墓碑銘 (Grass Roots 7)
笹本 妙子
草の根出版会
2004-08


笹本妙子プロフィール
笹本妙子プロフィールamazon
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
笹本/妙子
1948年宮城県生まれ。1971年東京女子大学卒業後、記録映画会社勤務を経て、フリーランスの放送ライターに。NHK、民放各局で主に教育、家庭、医療、社会教養系の番組制作に関わる。仕事の傍ら、1997年頃より英連邦戦死者墓地の調査に取り組み、1999年、『京浜地区の捕虜収容所・中間報告書』を自費出版。2002年3月、全国の調査仲間とともに「POW研究会」を発足。現在、同会の共同代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【wiki】内海愛子
内海 愛子(うつみ あいこ、1941年10月20日 - )は、日本の社会学者。恵泉女学園大学名誉教授。大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長。

略歴
1941年(昭和16年)に東京府で生まれる。1960年(昭和35年)に早稲田大学第一文学部へ入学し、一度は卒業して学校教員となるが、関東大震災における朝鮮人虐殺に関心を持ったことをきっかけに同学部社会学専修3年に学士入学する。1967年(昭和42年)に同学部卒業後、引き続き大学院に進み博士課程まで在日韓国・朝鮮人差別を研究テーマとする。大学院在学中から語学学習のため日本朝鮮研究所にも参加し、むくげの会を設立して1972年(昭和47年)に共著『身世打鈴―在日朝鮮女性の半生』を発表。大学院を出た後、日本語教員としてインドネシアのパジャジャラン大学(英語版)へ採用。インドネシア滞在中に太平洋戦争における捕虜についても関心を持ち、1977年(昭和52年)の日本帰国後に本格的な研究を始める。

1991年「韓国・朝鮮人BC級「戦犯」に対する謝罪要求」運動により、多田謡子反権力人権賞を受賞。

2002年には日本軍に拘束された連合国軍捕虜・捕虜に対する戦争犯罪等について研究するPOW研究会を設立。2005年(平成17年)、日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会の運動を支援する組織強制動員真相究明ネットワークの共同代表となる。

立教大学、恵泉女学園大学人文学部教授、早稲田大学大学院客員教授(日本アジア関係論)などを経て、現在、恵泉女学園大学名誉教授、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長、特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター理事、NPO法人ピースデボアドバイザー、POW研究会共同代表、公益財団法人朝鮮奨学会評議員。
夫は村井吉敬。

夫は村井吉敬
夫は村井吉敬
夫は村井吉敬
夫は村井吉敬

マジデ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!

PWJ大西健丞村井吉敬
http://www.onishi-kensuke.net/vision_history/
あの村井吉敬氏でしたか

村井吉敬氏の奥さんまでこんな香ばしい人だったとは
というか香ばし度は上か

内海愛子氏が朝鮮奨学会評議員というところから
エセ人権活動家 武者小路公秀 
チュチェ思想国際研究所の武者小路公秀氏にも繋がるわけですね

POW研究会 2002年の活動
POW研究会2002年PARC泰緬鉄道
http://www.powresearch.jp/jp/about/about_0902.pdf
2002.3.31 POW 研究会(略称P研)設立総会を、東京神田の「アジア太平洋資料センター」で開催。

そもそもがアジア太平洋資料センター(PARC)繋がりと

泰緬鉄道の永瀬隆氏の名前もありますね
タイでもやらかしてた吉田清治。そして宇都宮徳馬 

POW研究会武者小路公秀
2007.10.13 P研が大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター(武者小路公秀所長)の認定研究会となる

在日朝鮮人の参政権ガーとか
民団新聞在日参政権内海愛子
http://www.mindan.org/sidemenu/sm_sansei_view.php?newsid=3741&subpage=44

憲法9条ガーとか
社民党大分県連内海愛子
http://sdp-oita.org/publics/index/9/detail=1/c_id=30/page30=1/type014_30_limit=20/
護憲言うなら外国人参政権は違憲なんでそこんとこヨロシク

慰安婦ガーとか
内海愛子解説
わざわざアンネ・フランクを出すあたりがもうね

マケルナ会(「負けるな北星!の会」)呼びかけ人だったりするわけです
マケルナ会
【西早稲田ウリスト教】北星学園大学と従軍慰安婦

『アンブロークン』公開禁止にするのは(注:そんな事実はない)
映画『ザ・インタビュー』にサイバーアタックした北朝鮮と同じニダ!とか言う人がいるんだけど
資料渡したのが北朝鮮シンパ

ルイス・ザンペリーニ氏に「許し」を説いたRev.ビリー・グラハムも
北朝鮮で金日成を「偉大な抗日戦士」と讃えた
#アンブロークン と 金日成に会ったビリー・グラハム

どっちが北朝鮮なんですかねぇ

更にPOW研究会と西早稲田2-3-18も繋がってる
アンブロークンと西早稲田2-3-18

このページのトップヘ