反日はどこからくるの

反日を追っています。そして守るべき日本とは何か考えています。

タグ: 竹島

いつからか
「韓国を見習え」という言葉をよく目にするようになった

例)The Huffington Post 『「日本は韓国に学べ」とアメリカ紙 安倍首相の経済政策に苦言』2014.2.19
14
http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/17/south-korean-economy_n_4801803.html
(そもそもWSJがマードックなんですよ→シーシェパード中国黒幕説2 媚中ルパート・マードック

はじめはそう言うならそうなのだろうくらいにしか思っていなかったが
〇何をやってもgdgd
 例)→韓国が受注したUAEの原発 
   →石油がない韓国1 

〇崩れる建築物
KB

〇パクリばかり
サムスンiphoneパクリ

〇薄利多売で売っても利益は外資に吸い取られる

それらを知るにつれ「見習うって何を?( ゜Д゜)」と誰しも思うところであるが
段々分かってきた

このあたりのことを馬渕睦夫氏の著書から


第三章 日本「国難」の正体

分割統治の鉄則が戦後隣国との紛争関係の仕組みを作った
p178
 私たちは教科書で植民地統治の鉄則はdivide and ruleすなわち分割統治であったと習いました。しかし、この分割統治は何もいわゆる植民地時代だけの産物ではないのです。占領が終わって日本が独立した際、アメリカやイギリスは日本に隣国との紛争の種をしっかりと蒔いていったのです。
 現在日本は北方領土、竹島、尖閣を巡りロシア、韓国、中国とのいざこざに苦労していますが、日本に隣国と不和な状態を保たせるという英米の策略に嵌められているのです。

p182~186
◎竹島
 去る8月に李明博大統領が竹島に上陸したため、竹島問題がにわかに脚光を浴びました。日本政府の竹島が日本固有の領土であるとの立場は一貫していますし、竹島が日本領であることはアメリカも認めています。

 ではなぜ、アメリカは日本が竹島を巡り韓国と紛争を続けるように仕向けたのでしょうか。外務省のホームページに沿って敬意を見てみます。

 そもそもの発端は、日本とアメリカを中心とする連合国との講和条約交渉が大詰めを迎えていた1951年に、韓国政府が講和条約で日本が放棄する領土に竹島をい入れるよう米国政府に要請したことにあります。この韓国政府の要請に対し米国政府は、竹島は1905年ごろから島根県の管轄下にあり、竹島がかつて朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない(ラスク国務次官発梁(ヤン)駐米韓国大使宛書簡)と回答し、竹島講和条約において日本が放棄する対象にはならなかったのです。

 しかし、その後韓国は国際法に違反する李承晩ラインを設定し(1952年1月)、このラインの内側に竹島を一方的に取り込んでしまいます。

 その後、1954年に韓国を訪問したヴァン・フリート米国大使は帰国報告において、「竹島は日本領であるとの米国の立場は秘密裏に(confidentially)韓国政府に通報され、公にはされなかった。米国は竹島は日本の領土であると考えるが、この紛争に介入することは断った(Though the United States considers that the islands are Japanese territory,we have declined to interfere in the dispute)」と述べたのです(外務省HPではフリート外資の報告は英文のみですので日本語訳は筆者がつけました)。

 ここで注意して欲しいのは、もし、米国が竹島は日本領だと公にしていれば、竹島紛争はそもそも生じなかったということです。なぜ米国が公表しなかったのかの理由は説明がありませんが、米国のこの態度は、日韓両国が竹島の領有権を巡って紛争を続けるように仕向けたものであると解釈せざるを得ないのです。

 竹島の領有問題で韓国人のナショナリズムは盛り上がりましたが、韓国人の中にもアメリカの狡猾な意図を見抜いた人がいるのです。今日の日韓関係は戦後日本と韓国を支配してきたアメリカの意図によって作られた構図だと喝破したキム・ワンソプ氏です

 キム氏は親日的な書籍を出版したとして韓国では厳しい批判に晒されましたが、キム氏の指摘を私たち日本人は真摯に咀嚼する必要があります。キム氏の『親日派のための弁明』(草思社)から引用します。

 アメリカは日本を再興させてはならないという意志を持って、韓国において強力な反日洗脳教育を行うと同時に、産業面においては韓国を、日本をけん制するための基地として育てました。その結果、韓国にIT産業、造船、鉄鋼、半導体など日本をコピーしたこんにちの産業構造がつくられたといえます。そしてこうしたことの背景には、有色人種を分割したのちに征服するという「ディバイド・アンド・コンカー(divide and conquer)」の戦略があっとと思われます。私は戦後アメリカの東アジア政策は、さまざまな点で私たちに友好的とはいえなかったと考えています。反日感情を意図的につくりだすうえで基本となったのが、歪曲された、まちがった歴史認識です。・・・・韓国にこうした反日教育をおこなわせたアメリカは、韓国と日本の関係をユダヤ人とドイツの関係とおなじものにしたかったのだと考えられます。

 ちなみに、キム氏が言っているユダヤ人とドイツの関係とは、第二次大戦時期にナチス・ドイツがユダヤ人を絶滅しようとした「ホロコースト」の償いをドイツが行っていることを指します。つまり、ドイツを加害者ユダヤ人を被害者とする構図です。

 日韓併合を経た日本と韓国との関係を「ホロコースト」に象徴されるドイツとユダヤ人の関係と比較することは、歴史的事実を無視した暴論ですが、このようなアメリカの意図があることは、竹島問題を考える上でも、また経済をはじめ様々な分野の日韓関係を進める上でも、私たちは十分認識しておく必要があります。このことを認識していれば、昨今の韓国経済礼賛論者の魂胆を見抜くこのも出来ます。日本のメディアや財界は韓国のグローバル化モデルに学べと宣伝しています。

 また、フランス人のジャック・アタリ氏は『21世紀の歴史』(作品社)のなかで、韓国がアジアでもっとも発展するだろうと、不思議に韓国を持ち上げています。

 しかし、現在の韓国経済の実態を理解すれば、これらの宣伝が何の根拠もないばかりか、日本経済を一層空洞化しようとの狙いがあることが浮き彫りになってきます。

 韓国は徐々に韓国国民の国ではなくなりつつあります。

 韓国の主要産業は、いまやほぼ完全に外資の手に落ちたといっても過言ではないでしょう。たとえば、世界に冠たるサムソン電子と持て囃されていますが、サムソン電子の株は54パーセントが外国資本が所有しています。つまり、サムソン電子の配当金の54%は韓国には残らないのです。

 現代自動車もLG電子も株式の50%近くが外資です。銀行も似たような、場合によってはもっと悪い状況です。そして、いよいよ米韓FTAが施行されます。保険などのサービス分野を含め韓国経済は一層外資化されてゆくことになります。

 このような韓国はどこから見ても日本のモデルになりようがありません。

 韓国を見習え論は、要するに、外資が日本経済に食い込むことを後押しする宣伝なのです。ジャック・アタリはその代弁をしているに過ぎません。日本の一部のマスコミや経済人が外資の意向を受けて韓国礼賛を行っているとしたら、これは日本国民の利益を無視した売国的行為と断言せざるを得ません。

 私たちは絶対にだまされてはなりません。

 外資を排除するわけではありませんが、私たちの子孫のためにも、日本国民の利益を絶えず念頭において対処してゆく必要があります。


見習った先には
韓国現役世代に貧困の波 113万人リストラされ再就職率43% 
こんな未来が待っていますニダ


「韓国を見習え論」を発しているのは韓国人でもなければ親韓派でもないということです

続き
「韓国を見習え論」の正体2 

28
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140128-00000031-yonh-kr 

日本の独島領有明記 韓国団体が日本大使館前で抗議

【ソウル聯合ニュース】日本政府が教科書作成や教員による指導の指針となる中学校と高校の学習指導要領解説書を改定し、独島を「わが国固有の領土」と明記したことを受け、韓国の一部の保守団体の会員らが28日、ソウルの日本大使館前で抗議行動をした。
 同日午後2時15分ごろ、愛国国民運動大連合の代表が同大使館前で別所浩郎駐韓大使の公用車にめがけて塩やこしょう、玉ネギを投げつけようとしたが警察官らに制止された。
 同団体の代表は「独島を日本の領土と主張する教科書をつくるとは話にならない。慰安婦問題を否定するNHKの会長をはじめ日本人の妄言はむいてもむいても皮ばかりの玉ネギのようだ」と抗議した。聯合ニュース2014.1.28
 

こちらのスレッドから
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1390909046/ 
2 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:37:53.28 ID:Z310Vvky0
肉がないな

14 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:39:55.01 ID:RseQTpL80
食べ物を粗末にするな

18 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:40:29.63 ID:qA8tQymb0
お料理テロか

29 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:44:14.17 ID:+mPu9R1g0
キテレツ大百科スレだろ?
キテレツ大百科OPお料理大行進

65 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:50:20.77 ID:+/mJmxqv0
>>1 
コショウと玉ねぎ…… 

カレーでも作る気だったんだろうか

69 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:50:49.34 ID:oGeW9bZq0
キャベツはどうした?

110 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:58:42.62 ID:9l1+c4M7P
チャーハン?

170 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 21:07:19.05 ID:+ql9M1es0
剥いても剥いても韓国の欲しい歴史的事実など出てきませんよ。 
玉ねぎのように韓国の都合の悪いことしか出てきません。 

171 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 21:08:02.47 ID:Jc5Hd7qJ0
>>134 
中国で大使の丹羽の乗った車の日の丸をむしり取られたときは 
報じてたのに、これはだんまりで通すつもりなのかな。腹立つわ。

200 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 21:19:01.74 ID:fKwAlOlN0
急な呼び出しにも関わらずそんな物まで事前に用意して移動車をピンポイントで襲撃 

韓国政府主導じゃねえと不可能だろ

236 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 21:31:13.29 ID:+/mJmxqv0
>>31 
に、肉は大使に決まってるじゃないですか…(震え声)

249 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 21:35:56.40 ID:9S5YDy5s0
敵に塩を送るどころか、塩コショウと玉ねぎとは恐れいった(´・ω・`)

275 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 21:52:57.17 ID:62Xm3n6u0
韓国人が人肉を食うって本当だったんだな 

  ∧,,∧ 
 <;`∀´>  。・゚・⌒) チョッパリチャーハン作るニダ!! 
 /   o━ヽニニフ)) 
 しー-J


359 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 03:36:23.40 ID:hFlz228b0
この玉葱投げる人って前に日本のニュースで取り上げられてたな 
なんか意味があるんだよ確かww忘れたけどwww 
いわゆる新聞記事にするためのプロの活動家()だよこいつ


ぼやきくっくりさん
「Nキャス」韓国“反日”の正体!“反日”を使いすぎ誰も制御できぬモンスターを生み出した
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1470.html 
韓国反日デモタマネギ
この人のことかなあ

ある日、玉ネギが飛んできたら、
「ハッ、私は妄言吐きであった真実を明らかにせねば」と反省し心を入れかえる
ないわー玉ネギにそんなウリナラメッセージがあると思うとかないわー

まあそれはともかく
早く大使閣下を召還してあげて下さい

追記2014.2.1
活貧団タマネギ爺
http://www.dailyjn.com/news/articleView.html?idxno=17206
この人かなあ

参考
活貧団の素敵な皆さまによるテロ宣言キタ━(゚∀゚)━!! 
いちいち物にはウリナラメッセージがあるらしい
例)味噌玉麹 何度も嘘を言うので信じられない 
花言葉のようなものですかねえ 

追記2014.1.5
この味噌玉というのが何なのか謎だったのだが
たまたま朝鮮日報に画像があった
味噌玉
http://www.chosunonline.com/svc/view.html?contid=2014020501223&no=3
何これ!!!!Σ(・ω・ノ)ノ
こんなもん送りつけられて「ああ、私は嘘つきであった反省しよう」とか思うわけないだろーーー!!!

竹島と韓流 
こちらに要約したものがあるのだがこの時の下條教授の発言を何度も何度も検索して見返すことになっているのであらためて国会議事録よりコピペしておく
重複する部分もあるが、2011.4.27の議事録も併せて載せておく

177 - 参 - 外交防衛委員会 - 11号(2011.5.26)
〇参考人(下條正男君) 拓殖大学の下條でございます。よろしくお願いをいたします。
 先ほど六反田先生より御丁寧な説明をしていただきまして、非常によく分かりました。

 実は、これは朝鮮王室儀軌の種本というか、写本の写本ですね、それをまた印刷したものです。(資料提示)内容的に、こういうような絵もかかれて、こんなものです、こういうものです。
 それから、朝鮮王朝というのは、先ほどの六反田先生のお話にもございましたけれども、王朝文化です。ですから、日本でいうと平安時代と非常によく似ていまして、日本にも延喜式であるとか儀式とか、そういった本が残されています。江戸時代にはそういうことを研究する学問が有職故実というような形で行われていました。それは中国にも似たようなものが多分あると思います。
 そして、朝鮮王朝の場合、これは英祖の時代のものですけれども、英祖というのは非常に長い間、十七世紀後半、十八世紀の王朝にいまして、そのとき老臣たちを招いて宴会を開いたときの名簿ですね、これ。これが内賜本と言われているものですけれども、これは乾隆三十八年に、これたしか、私も韓国に引渡要求されるかもしれませんね。ですが、これは韓国で購入したものです。(発言する者あり)ええ、私個人のものですね、どうなるか分かりませんが。

 というのは、なぜこんなお話をするかというと、この朝鮮王室儀軌の問題というのは、王室儀軌だけの問題ではなくてもっと根が深いんですね。韓国側では、昨年の時点で日本側に、韓国の国立文化財研究所では朝鮮文化財が日本には六万一千四百九点あると、これをターゲットに今していますね、極端な言い方をしますと。そういった中の一つが朝鮮王室儀軌です。
 と同時に、今回、朝鮮王室儀軌は百六十七冊ですが、その他で千三十八冊が付録として付いているんですね。元々は朝鮮王室儀軌だけが問題だったのに、なぜほかの宮内庁に所蔵されている朝鮮関係の本が引き渡されなければならないのか。そういった背景もちょっと考えていかなければいけないのではないかなと思っております。

 そして、私自身、四月二十七日の衆議院の外交委員会の方にも呼ばれまして、そのとき幾つかお話をいたしました。この朝鮮王室儀軌にかかわって、ほかにも次があるというお話をしました。実際に、利川というところにあった五層の塔の返還要求運動が今始まっています。そして、その前回の衆議院の外務委員会でもお話をさせていただきましたけれども、朝鮮王室儀軌に関連して、何か韓国側から御招待される方がいらっしゃるということをお話ししました。それで、実際に五月十三日の時点でホテルオークラで、こういう写真もちゃんと載っているんですが、日本の国会議員の先生が韓国側から感謝状というかこういうものを、皆さんのお手元には名誉のためにお渡ししておりません。これは後で個人的に御入用の方は私に御連絡いただければ、ちゃんとこれを翻訳してお渡しします。そういうことですね。そして問題は、ホテルオークラでこの式典が行われました。そして、先ほどの、ここにも書いてありますが、利川の五層石塔は現在ホテルオークラにあるんですね。なかなか巧妙な手法を取るものだなと思います。

 そして、問題は、この朝鮮王室儀軌だけを問題にしてはいけないわけですね。なぜならば、既に、レジュメで見ていきますと、一番の一、朝鮮王朝実録が四十七冊、これ二〇〇六年七月十四日、東京大学にあったものがソウル大学に寄贈されています。これは学術的な面ですね。お互いがお互いに学問的な交流ということでやったわけですね。そして、二番目のところ、北関大捷碑というのが二〇〇五年十月にこれ引き渡されています。二〇〇五年六月、日韓の首脳会談でこういった議題が出て、十月に引渡しということが行われています。これは現在、北朝鮮に移っています。ですから、韓国側が北朝鮮との一つの融和政策の一つとしてこれをうまく使ったということですね。そして、今また利川の五層石塔の問題が新たに起こりつつあります。

 それは、これは例えば東亜日報が五月十四日の時点で報じているものですけれども、北朝鮮と韓国と中国の民間団体が、日本の教科書問題、竹島問題も含めて、略奪文化財を還収する、引き戻す、そういう委員会を設置しようということですね。つまり五月ですね、衆議院で一応可決して、その後を受けてこういう動きが続々と起こってくる。そういう意味では、この朝鮮王室儀軌をめぐっての日韓の関係というのは、本当にこの趣意書の最初の部分にある文化交流とか日韓の友好関係がうまくいくのかどうかという、そんなレベルの問題ではないということをまず御認識いただきたいと思います。

 というのは、こういった文化財の問題に関連しては、既に一九六五年の時点で日韓基本条約が締結された際に文化財及び文化協力に関する日本国と大韓民国との間の協定というものが結ばれていて、一応こういった文化財に対する問題というのは終わっているんですね。これを新たに返還を求めてくる背景として何があるのかということをやはり考えておかなければならないんですね。韓国側が常に使うのは過去の清算ということです。それから、未来志向の日韓関係、それから歴史の和解ですね。

 ということは、これ今、新たに韓国では韓国史という本ができました。これ、高等学校の今年から使われている教科書です。これは、今までは国史という教科書を使っていたんですけれども、これ韓国史ですね。檀君神話から始まりますから約四千五百年ぐらい前から今日までですけれども、そのうち、分量として見て、近世までの部分が三分の一です。それから、言ってみたら朝鮮後期から日本時代を含めて現代までが三分の二です。これ、考えてみてください。歴史の中で江戸時代までを三分の一にして、残り三分の二を日本時代に対する、言ってみたらどういう抵抗をしたとか何をやったということが書かれているんですね。これが韓国の歴史認識、歴史教科書です。こういう流れの中でこの問題をやはり考えていかなければならない。

 そういう点で見ていきますと、日韓関係というのは戦前と戦後で大きく変わっています。確かに日本は戦前、朝鮮半島を統治いたしました。戦後、日本はあの太平洋戦争に敗れて以降、国際的にも非常に孤立した状況でもあり、それからサンフランシスコ講和条約が発効する以前は国際的にも全く無力でした。韓国側は、そのサンフランシスコ条約が発効するのは一九五二年の四月二十八日ですが、その三か月ほど前の一月十八日に李承晩ラインを引いて、そこから実は竹島問題というものが起こってきます。そこから日韓の立場が逆転するんですね。つまり、日本は侵略された立場になるわけです。

 そういった問題が再度表面化してくるのが二〇〇五年の三月ですね。先ほどの朝鮮王朝実録にしても北関大捷碑にしても、これは二〇〇五年、二〇〇六年ですね。これは、韓国側が竹島問題を封印していくための一つの手段として、歴史認識問題、過去の歴史清算、歴史の和解です、そういう手段として取り上げているんだという基本的な認識をお持ちいただきたいと思います。

 日韓関係を考えていくとき、もう一度日韓の国交正常化交渉を考えていかなければならない。なぜならば、一九五二年の二月ごろから日韓の国交正常化交渉の本会談が始まっていきますが、そのときは日本国内には数万の韓国側、朝鮮半島からの密航者たちというのがいました。それが、朝鮮動乱直後あるいはさなかの韓国にとって、本国に戻られては困るんですね。何とか彼らの法的地位を与えて日本にいさせたい、その外交カードが一つ必要でした。

 それからもう一つ、日本は朝鮮半島に多くの資産を残してきました。しかし、それを持ち出されると朝鮮半島の経済が成り立たない。そういうことから、日本側の財産請求権を放棄する、そういった外交カードが必要でした。
 そのときに使われたのが、李承晩ラインと李承晩ラインの中に入れた竹島問題ということです。そういった形で見ていくと、日本側は、人質ではなくて島を取られた形の中で戦後の日韓関係、外交が始まっていくんだということですね。

 そして、二〇〇五年三月十六日、島根県が竹島の日の条例を制定をいたしました。そして、竹島問題が浮上しますと、韓国側は、日本は当時自民党政権でしたけれども、自民党政権は余り協力的ではありませんでした、島根県に対してですね。そのときに、韓国側は、竹島の日条例が制定する二週間ぐらい前に、もう既に竹島問題に関連して東北アジアの平和のための正しい歴史定立企画団というものを発足させています。そして、それが二〇〇六年九月の時点で東北アジア歴史財団というふうに名前を変えていきます。そして、李明博さんの時代になると、その中に独島研究所というものが設置されます。これはいずれも、過去の歴史問題を含め、竹島問題がメーンでした。そして、それの中心になったのが最初は盧武鉉大統領であり、潘基文、今国連の事務総長をやっておられる方が外相をやっておられました。そして、李明博大統領もそれを継承しております。

 そういった中で、東北アジア歴史財団が戦略的な研究テーマとして今取り上げているのが竹島問題、それから日本海の呼称問題ですね、日本海ではなく東海だと。なぜならば、竹島が日本海の中にあると日本の領海の中にあるようでいけないから自分たちの名前に変えなさいというのが東海問題です。東海というのは、韓国の、朝鮮半島の歴史でいうと、東シナ海、渤海も東海ですし、ですから東海が二つあるわけなんですね。

 それからあとは、東北工程、これは高句麗史問題です。
 今韓流ブームですけれども、あれは、あの中に朱蒙とか、それから太王四神記ですか、これは高句麗の関係です。これは日本を洗脳するための一つのドラマですね。そういう意味では、NHK辺りは国民から視聴料を取って韓国に協力しているということになりますね。大変なことです。

 というのは、これは一九〇九年に日本と清との間で間島問題、つまり今の中国東北部に朝鮮族の方がたくさん住んでいますが、十九世紀中ごろからあそこにみんな密航していくんですね。そこをめぐって朝鮮と清が領土問題を争っていました。そのとき日本が、ちょうど一九〇五年ですね、朝鮮半島を保護国にするに及んで外交権を持ちまして、その地域を中国に返しているんですね、歴史的にはそれが正しいわけですから。それを今引き戻そうとしているのが韓国なんですよ。

 それのドラマが朱蒙や太王四神記なんですね。それを日本の方々はお金を払って喜んで見ている、そして、そこに出演している人たちは、俳優たちは独島基金に寄附をしている、出演料をもらってですね。大変立派なことを日本はやっているわけですね、敵に塩を送っていると。しかし、韓国は傷口に塩を塗り込んでいるわけですね。そういう意味で、非常に厳しい状況ですね。

 それからあと、慰安婦問題ですね。このとき背後にあるのは東北アジア歴史財団で、アメリカとかカナダ、オランダの議会で日本に対する非難決議案を出しています。この背景にあるのは、言いましたように韓国政府です。
 それから、歴史教科書です。そして、自分たちは全く新しい歴史をつくっていると。
 それからあと、靖国参拝問題、白頭山問題です。

 そして、実は今回のこういった流れの中で一番大きな仕事をしているのは、歴史NGO世界大会というものを開いています。
 そういった中で、皆さんのお手元にある二枚目のところですね。これは、先ほどの東北アジア歴史財団の鄭在貞という理事長さんですね。その方が、今回の朝鮮王室儀軌の問題にも関連し、それから昨年八月十日の菅談話に関連して発言をしています。二ページ目の下のところ、ゴシック、アンダーラインを引いてあるところを読んでいきます。

 彼は、財団はどんな仕事をしたかということに対しての質問に答えて、菅直人日本政府が八月十日、声明を発表したことに一定の寄与をしたと自負していると。強制併合に関する談話の内容が十分ではないが、向こうが評価しているわけですね。談話が出たということ自体意味があると。当時、日本政府は衆議院選挙を前にして、支持率が下落していたし、政治的に相当難しいときであった。このような渦中に日本政府を説得し、結局、菅総理の談話を作り出したという、東北アジア歴史財団がですね。そして、菅直人談話の核心内容は、韓国人の意思に反して植民支配をした、これに対して痛切な反省と謝罪をするということを入れさせたということですね。それ以前になかったアクションプランも提示したが、その中の一つが、朝鮮総督府を経由して搬出された韓国の文化財を返還する、サハリン強制徴用同胞問題を支援する、日本の中に散在する朝鮮人遺骨を戻すであったと。

 こういった談話ができる背景として何を挙げているかというと、去る七月二十七日、両国の国会議員らが参席するシンポジウムをソウルで開いたと。我が方からは韓日議員連盟の李相得会長が、日本側から渡部恒三会長が参席したと。両国の議員連盟会長団が初めて会う席であった。ほかには話をしていないけれども、私たちがあっせんをしたんですね。そして、日本の教育機関である松下政経塾を通じてきっかけをつくったと。松下政経塾は右派だと。日本を動かす右派を攻略すべきだと見たと。政経塾の責任者である塾頭と接触したと。彼を韓国に招請して、財団で講演をするようにさせたわけですね。韓国に初めて来たとして、驚いたと打ち明けた。私たち、つまり松下政経塾も含めてですね、百周年に合わせて協力しようと提案したと。結局、松下政経塾出身の国会議員が数十人いるが、その人々を皆呼んで韓日議員の集いを持つことになった。韓日百年の歴史に対する省察と未来ビジョンを一緒に議論した。会長らの席で、菅直人総理談話の話も出てきたということだということですね。次も同じような内容ですね。

 要するに、日本の市民団体というものを利用したりしているということです。この談話もそうですけれども、朝鮮王室儀軌を担当したときの外務大臣は政経塾の出身の方ではないかなと拝察いたしますけれども、そういう形ですね。
 問題は、そこだけが問題ではなくて、こういった世界NGO大会が今年も行われる、毎年行われている。そして、全て韓国側が持ち出してやっていますね。

 そして、こういった動きの基になるのは、ちょっともう時間がなくなってきましたが、その次、カラー写真で載っているのがあります。これは鳩山さんと韓明淑という韓国側の総理ですが、この方たちが二〇〇六年の五月三日の日に会いまして、それで鳩山さん何言っているか。独島問題、竹島問題では、日本の外交的な失敗だということを言っているんですね。そして、彼自身によると、竹島問題が起こって、二〇〇六年ですね、韓国の人たちが日本からまた侵略を受けたように認識したというのは、これは日本の外交的な失敗だ、そして、過去の歴史に対する誤った認識は結果的に日本全体の国益を損なうことだ、そして、全ての領土問題は根本的に歴史から始まる、そして、日本側が歴史事実をより正確に理解するように努力する必要があるということを言っているんですが、彼に入れ知恵したのは、彼の政治顧問と言われる韓国人ですね。それが、二〇〇九年の月刊朝鮮の中で、鳩山政権になって、これは日本を牛耳りやすい状況になったと喜んで書いています。その中で、韓国側の意見を鳩山さんに伝えて、鳩山さんはそれによって竹島は韓国領だというふうに認識されて、そういう一つの流れがずっと続いてきています。

 そして、そういう意味では、竹島問題の封印というのが、根本的にはこの朝鮮王室儀軌を含めて文化財の引渡要求の中に入っているということです。これを一つ一つを韓国側から見たら、政治的な成果、外交的な成果としてとらえていきます。ですから、あと六万点ありますから、六万プラス二点かもしれませんけれども、どんどんそういう流れが出てくる可能性があるということですね。

 最後に、竹島は韓国領であったことは絶対ありません。それから、私は尖閣諸島の問題についても北方領土についてもやっておりますけれども、尖閣諸島も中国のものであったという歴史的根拠は全くございません。そういう意味では、やはり日本の外交というのがもう一度原点に立ち戻っていく必要があるのではないかなと思います。
 以上でございます。

日本を除鮮

177 - 衆 - 外務委員会 - 9号(2011.4.27)
○下條参考人 遅くなりまして申しわけございません。拓殖大学の下條と申します。

 今、田代先生の方から対馬家文書についてお話がありましたが、私は、朝鮮王室儀軌引き渡しの歴史的な背景について、つまり、対馬家文書をどうするかとか朝鮮王室儀軌をどうするかという問題ではなくて、その背後にある問題というものをお話をしておきたいと思います。

 お手元の資料を、十分で非常に限られていますので早口でお話ししますが、一番から四番に分かれております。朝鮮王室儀軌等の引き渡しの課題、どういう課題があるのか。二番目は、文化財の引き渡しの根底にあるのが実は竹島問題だという実態、このことをここにお集まりの議員の皆様がどれだけ認識されておるのかどうか、これが非常に大きな問題です。それから三番目が、歴史認識と歴史事実の違い、これがどのようなものかということをやはり理解していただきたい。それから四番目、日韓の和解。これは、こういった問題の原点は竹島問題にあるわけですから、竹島が返還されてからこういった話し合いをしても構わないのではないかというふうに私は考えております。

 その理由。まず一番、朝鮮王室儀軌、こういった引き渡しの前提として、既に二〇〇六年七月十四日、東京大学から朝鮮王朝実録というものがソウル大学に寄贈されております。それから、北関大捷碑、これは二〇〇五年十月に韓国を通じて、北朝鮮側に返されております。

 こういった問題は、本来、起こるべくして起こったものではなく、起こされたものだ。なぜなら、一九六五年の六月二十二日、日韓は基本条約を締結しておりまして、そのとき文化財及び文化協力に関する日本国及び大韓民国との間の協定が結ばれておりまして、一応こういった問題は解決していたということ、一応区切りがついていたということです。そして今、韓国側は新たに、過去の清算であるとか未来志向の日韓関係、歴史の和解というような言葉を使いながら、文化財の返還、引き渡しではなくて返還を求めております。

 なぜこのような状況になったのか。それは、二番目のところなんですね。一番目に、竹島の日条例というのが、二〇〇五年三月十六日に島根県議会によって制定されました。ここから竹島問題が浮上してまいります。顕在化してくるわけですね。

 これは、今までの日本の外交が、こういった国家主権にかかわる問題にほとんど目をつぶってきた。皆さんここにブルーのリボンなんかつけておられますが、実際に今動いていませんね。北方領土もそうですね。尖閣に関しても何も言えないですね。竹島についても、極端に言うと、奪われたにもかかわらず、何も言ってきませんでした。つまり、効果的なことは何もできなかった。それが、竹島の日条例というものがあることによって大きな変化が出てきます。こういった対応は、日本よりも韓国の方がはるかに早いです。

 というのは、竹島の日条例を制定するほぼ一週間前に、韓国側は、二番目のところ、二の二、対抗措置として、東北アジアの平和のための正しい歴史定立企画団というものがつくられます。これは後に、二〇〇六年九月に東北アジア歴史財団となり、李明博政権になってから独島研究所設置です。これは二〇〇八年の八月ですが、七月、日本の中学校の学習指導要領解説書に竹島問題が記載されたということに対する対抗措置ですね。
 そういった意味では、盧武鉉大統領、潘基文という外務大臣、彼と、李明博さん、すべて国策によってこういったことが行われているんです。そして、この文化財の引き渡し、返還もその運動の中の一つだということをまず御認識いただきたいと思います。

 そういった中で、二〇〇六年九月から、東北アジアの平和のための正しい歴史定立企画団というものが東北アジア歴史財団となりまして、戦略的テーマが変わります。竹島問題、それから日本海の呼称問題、これについては私はすべて論破してございます。それから東北工程、高句麗史問題ですね。

 この高句麗史問題というのは、実は韓流ドラマと極めて深いかかわりがあります。皆さんもファンがいらっしゃるかと思うんですけれども、「朱蒙」とか「太王四神記」というのは、これは日本人あるいは韓国人を洗脳するためのドラマだということですね。つまり、高句麗というのは、歴史的には、韓国の領土でもありませんし、中国の領土でもありません。それを、自国の領土だということを主張するために使った、つくったものが、「朱蒙」であり「太王四神記」だということですね。そういう意味では、日本は一生懸命今協力しているわけですね。

 この高句麗史問題というのは中国と韓国の間で盛んに、もう今はちょっと沈着していますけれども、中国側から見た日本側の動きは極めて不愉快な動きだと思います。

 そういうこと、これも中国側、韓国側の主張には全く根拠がないということは既に明らかにしております。それは、そこに「拙稿」と書いてありますけれども、拓大の「海外事情」という雑誌の中で既に述べております。そのとき、もう既にこういう問題が起こるということで、大体、二〇〇三年、二〇〇四年、五年ぐらいの間で明らかにしております。

 それから、慰安婦問題。これは、二〇〇七年、アメリカの下院とかカナダとかオランダで批判決議案が出されますね。この背後で動いていたのがやはり韓国側です。そして、東北アジア歴史財団もこういったところに深くかかわっています。歴史教科書問題、靖国参拝問題、白頭山問題、これはすべて韓国側、政府が行っているものです。

 そういった中で、韓国は歴史NGO世界大会というものを開くのです。これは、世界各国の歴史NGO団体に対して、旅費と滞在費全部韓国持ちですね。ですから、大々的に人を集めてどういうことをやるか。その成果を、皆さんのお手元の資料、次のページのところに、この財団の理事長、鄭在貞、鄭さんという方なんですが、この方は非常に正直な方で、財団はどんな仕事をしたか、一番下のところですね。

 その次には、政策をつくるのに一定部分の役割を果たしたと考えている、菅直人日本政府が八月十日、声明を出した、いわゆる談話ですね、一定の寄与をしたと。強制併合に関する談話の内容が十分ではないけれども、談話が出たということ自体は意味がある、当時日本政府は衆議院選挙を前にして支持率が下落していたし、政治的に相当難しいときであった、このようなときに日本政府を説得し、説得したんですよ、結局、菅総理の談話をつくり出したんだというふうに自負しています。

 その中で、菅談話の核心内容というのは、韓国人の意思に反して植民地支配をした、これに対して痛切な反省と謝罪をするということ、それ以前になかったアクションプランも提示したが、その中の一部が、朝鮮総督府を経由して搬出された韓国の文化財を返還するということ、それから、サハリン強制徴用同胞を支援する、日本の中に散在する朝鮮人遺骨を戻すと。このことを仕込んだわけですね。

 それがどうしてできたか。それが、去年の七月二十七日、両国の国会議員らが参席するシンポジウムをソウルで開いた、我が方からは日韓の議員代表、日本側からは渡部恒三さんが出て、そして両方が会ったんだ、でも、ほかには話していないんだと。私たちがあっせんしたものは、松下政経塾を通じてそのきっかけをつくった、政経塾というのは右派だ、日本を動かすには右派を攻略すべきだ、責任者を呼んできて講演をさせて、そしてついに百年、一緒に協力しようということにしたと。結局、松下政経塾出身の国会議員数十人いるが、その人々を皆呼んで、韓日の議員が集いを持つことになった、韓日百年の歴史に対する省察と未来ビジョンを一緒に議論した、こういったところから菅談話ができたと言っているんですね。

 そして、ほかにしたことは何があるかというと、事業の実行の側面では、日本の歴史教科書の是正、それから日韓の市民団体を集めて、国内六十、日本四十ぐらいのNGOを一つにまとめて、そして、昨年八月に出されましたけれども、韓国の強制併合市民共同委員会というものをつくって、そして共同宣言文をつくったということを言っています。

 つまり、こういった背景にあるんですね。ですから、この流れの中に朝鮮王室儀軌の問題が潜んでいるということになります。

 そして、こういったことに対して、今お坊さんたちもいらっしゃいますが、実は前回ここに参加された、朝鮮王室儀軌早ければ来月末に戻ってくる、聯合ニュース、四月二十五日の配信です。これをごらんになりますと、一番下だと思うんですが、これは、自民党を除いた方、自民党以外は全部賛成するだろうということを予測して、下の方、還収委員会は、参議院で協定が最終批准されれば、五月中旬、日本で朝鮮王室儀軌還収のために努力した日本関係者など二百人余りを招請し、歓迎レセプションを開くんだということですね。ですから、この中にもこれに参加される方が多分いらっしゃるかもしれませんね。

 そして、最後に、文化財還収運動の価値と成果を共有しながら、これからも日本国内のほかの文化財返還運動の開始点となるだろうというふうに述べております。つまり、ここが出発ですね。

 しかし、問題は、竹島がなぜ韓国側によって奪われているのか。これは、日韓の国交正常化交渉のときに韓国側の外交カードとして使われたものです。歴史的根拠として見たときには、韓国側には竹島を領有する根拠というのは全くありません。にもかかわらず、日本側が何もしない間に韓国側がいろいろな手を打ってきているということ、そして、さまざまな歴史問題は、日本を封じ込めるための手段にすぎないということです。
 そういったことから見ていくと、李承晩ラインで、実は、拿捕、抑留された人、この人たちが人質となって、在日韓国人の法的地位を与えるということ、文化財返還ということ、それから朝鮮半島に残してきた日本人の資産、それを全部ゼロにするということ、外交カードですね。しかし、拿捕、抑留された三千名はいまだに救済されていません、謝罪もされていません。

 そういうことを考えていきますと、非常に大きな問題があるということを認識していただかなければならない。逆に言うと、下手なことをやると、つまり、竹島問題を解決しない状態でこれを続けていくということが、これから同じような問題が続々と出てくるということですね。そのことを御認識いただきたいと思います。
 済みません、十分では話が十分にできませんが、これで終わらせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

3929人日本人漁民を拘留44人死傷
「3929人の日本人漁民を拘留44人が死傷」
彼らが拘留後どういう目にあったのかこちらの本から抜粋して紹介したい
【Amazon】日本被害史 世界でこんなに殺された日本人 (オークラNEXT新書)

『知られざる釜山外国人収容所』若杉大
 
p164
刑期を満了した者は釜山の外国人収容所へ送られる。ここは帰国を前提としした待機施設であり、刑務所の劣悪な環境に苦しんだ漁民達は皆、これで多少は人間らしい暮らしができるものと淡い期待を抱くが、それはすぐ失望に変わる。コンクリ塀を鉄条網に囲まれ、木造平屋の掘っ立て小屋が並ぶそこは、ゲットーそのものだったのである。間仕切りもない20畳あまりの板敷きに、40人程度が押し込められる。

入浴は年に数回。井戸と便所は数メートルしか離れてなく衛生環境は最悪。漁民たちは目をつぶって糸虫が泳ぐその井戸水を飲むしかなかった。寒空に夜具といえるのは垢じみた軍隊払下げの毛布一枚。それはシラミ、南京虫の格好の巣だ。所内に腸チフスが流行ったこともあった。病気を訴えてもろくな治療はされず放置される。

p165
食事は1日2回。石ころや藁が混じった麦の粥に紙のような沢庵2切れ、それにナイロン汁(ナイロンストッキングのようにすけているという意味で漁師はそう呼んだ)。これだけではとても体がもたないので、月1回日本の家族から送ってくる差し入れの缶詰を開けたり、あるいは差し入れ品を換金し、所内の売店で市価の2,3倍する野菜やソーセージを買って自炊する。中でも喜ばれた差し入れ品は味の素とポマードだ。これはそのまま現金代わりになったし、いざというとき看守への袖の下にも使えるのだ。

収容所には漁師の他、別棟に600人近い母子が収容されていた。婦人たちは韓国人と結婚し、この地に残った日本人妻で、動乱で夫を失った者たちだ。日本への帰還を希望する彼女らを韓国政府はこの不衛生で非人間的なゲットーに留め置きにしたのだ。

p166
抑留漁師に最も恐れられ、かつ憎悪の対象であったのは1959年に西釜山署から収容所に出向してきた白相天(ペク・サンチョン)という刑事とその部下である。白は凶暴かつ残忍な男で、彼に目をつけられ理不尽なリンチにあった収容者はあとを絶たなかった。

白一味は「共産分子の不穏文書がまぎれてるのを監理する」という名目で、漁師たちが命の綱としている家族からの小包を勝手に開け中身(缶詰の他、韓国では貴重な薬品も)を着服した。漁師に小包を渡すときも「郵便局までタクシーで取りにいった」といって手数料まで巻き上げるという鬼畜ぶり。彼が赴任してから、日本の家族へ宛てた手紙もとんと届かなくなった。なんと、白一味は手紙から切手を剝ぎとり、小遣い銭にしていたのだ。売店で小包の中身と思われる日本製の缶詰と糊の剥がれた切手が売られているのを見て、漁師たちは唖然となった。それでもかれらは命を繋ぐため、愛する家族へ近況を伝えるため、それらを再び買うしかなかったのだ。

Web竹島問題研究所より
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima06/takeshima06_12.html
[悪夢]拿捕され3年、故郷を思う

橋野敬之助さん
 あと10日ほどで、新年を迎える1954年12月21日夜。対馬沖で操業中の底引き網漁船に機関長として乗っていた橋野敬之助さんの耳に突然、威圧的な声がとどろいた。「外に出てきたら撃つぞ」。流ちょうな日本語だったが、ただならぬ事態であることは、いやが上にも分かった。視線の先には、韓国・海洋警察隊の警備艇から乗り移ってきた警察官が、こちらに向けて構える銃があった。拿捕された瞬間だった。

 橋野さんが乗っていた浜田の漁船「第3平安丸」(10人乗り組み)は、主船の「第5平安丸」とタラ漁の網を引き揚げる最中。約1カ月前、浜田の漁船が島根県内で初めて拿捕され「気を付けていたが、この時は油断し、明かりをつけたまま操業していた。まさか捕まるとは思ってもみなかった」という。第5平安丸は逃げて無事だった。 釜山に連行された後は、警察官の監視の中、船中で1泊し、海洋警察隊の拘置所での1週間を経て刑務所へ。乗船者のうち、1人いた未成年者こそすぐに帰されたものの、裁判の結果は、船長が禁固1年、機関長と甲板長が同10カ月、船員が同8カ月の実刑だった。

 刑務所での厳しい生活は、体が覚えている。「6畳の板の間に30人がいて、夏は暑く、冬は寒くて大変。禁固刑だから、1日中部屋にいなければならず、つらかった」。しかも、当時の韓国は食糧が乏しく、食事は粗末。30人がおけ1杯の水で、1日を過ごさなければならないのもこたえた。

 刑を終えても、幾度となく思い浮かべた家族の待つ故郷に帰れず、釜山の外国人収容所へ移送。刑務所に比べ、制約は緩やかだったが、衛生状態や食糧事情は悪く、結核になる人もいた。見えない行く末が不安を増幅させた。

 そんな中、心のよりどころとなったのが、家族からの手紙や物資。浜田の缶詰工場で、魚と紙幣を入れて密封した缶詰を送ってもらい、食料などを買って、疲れた心身を癒やした。

 帰国が許されたのは58年1月。船で下関に向かう途中、迎えに来た巡視船のスピーカーから流れた「皆さん長い間ご苦労さまでした」という言葉が、凍てつくような寒さを和らげた。「帰ってこられたという実感がわき、涙が止まらなかった」。そして、念願の家族との3年ぶりの再開を果たした。

 「悪夢」を味わった海―。だが、橋野さんが再び船に乗り込み、対馬沖へとへさきを向けるまで、時間はかからなかった。船所有会社の出資者の1人でもあった。「漁師というのは、魚が豊富にいると、どうしてもそこへ行きたくなる。それに、日本として李承晩ラインを認めていなかったし…。しかし、正直に言って、また拿捕されるのではないかと、常に不安が頭にあった」

 船を下り、約20年の歳月が流れた今も、拿捕、拘置された苦しみの日々を忘れることはできない。「収容されていた3年余りは、本当に無駄な時間を費やした」―。

【wiki】李承晩ライン
李承晩ラインの問題を解決するにあたり、日本政府は韓国政府の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人を放免し、在留特別許可を与えた。一方、韓国政府は日本人抑留者の返還には同意したが、日本政府が摘発した韓国人密入国者、重大犯罪者、政治犯等の強制送還は拒絶し、日本国内に自由に解おる放するよう要求した。
(この時の472人の追跡調査をすべきでは)


若杉大氏は文章の最後をこう締めくくっている
前掲書p169
現在、李ラインは存在しない。しかし韓国は漁業協定をまもらず、相変わらず日本の漁船は「先祖代々の海」から締め出され、生活さえも脅かされている。その一方で、韓国漁船による密漁、漁具の不法投棄などやりたい放題だ。あの海のならず者ども(筆者はこれを”韓寇”と呼ぶ)に海保は1銃弾一発も撃てぬ現状に歯がみを覚えずにはいられない。今こそ竹島を取り返せ。日本の海を取り戻せ。それこそが、理不尽に撃ち殺された漁師さんたちの霊に報いることなのだ。日本人よ、怒りを忘れるな。

李明博大統領竹島訪問
竹島不法上陸する李明博元大統領
独島警備隊
独島警備隊
在日同胞母国研修1
在日同胞母国研修2
民団夏季母国研修で竹島不法上陸する在日朝鮮人
民団は犯罪組織であり彼らは再入国禁止にするべきだ
民団の工作活動と韓流 

参考 大津いじめ自殺事件と戦後の日本  


追記2014.2.23
あらためて読んで思ったが北朝鮮収容所にそっくり
【北朝鮮】拉致は「人道に対する罪」国連が認定 

ブログネタ
3.11 東日本大震災について話そう に参加中!
①日本沈没と報じてくれる
「日本沈没」と報じた韓国メディアに非難殺到、「なんという見出し…気は確かか?」
韓フルタイム2011.3.12
韓国新聞「日本沈没」
http://news.livedoor.com/article/detail/5409356/ 

②大震災をお祝いしてくれる
韓国サポーターからお祝い
全北現代、“横断幕問題”で謝罪文を掲載。しかし、韓国語のままの文章……
ゲキサカ 2011.9.29
http://web.gekisaka.jp/190408_86897_fl 

③記念Tシャツを販売してくれる
東日本大震災記念Tシャツ発売


j-crew Tshirts
J-CREWのTシャツ販売は妨害
【東日本大震災】アパレルブランドが作った「チャリティーTシャツ」に韓国人激怒
ロケットニュース2011.4.6 

④ネットで中傷してくれる
香港「韓国は世界一のゴミ!」自作自演で日本へ中傷をし続ける韓国人が批判される
ジェイニュース2011.7.16
http://blog.livedoor.jp/janews/archives/5313546.html 

⑤韓国の救助隊が心配だから撤退してと署名活動してくれる
韓国救助隊が仙台から撤収、国内の放射線被ばくへを懸念か
サーチナ2011.3.20
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0320&f=national_0320_048.shtml 

⑥震災募金を転用してくれる
竹島問題に抗議、韓国が震災募金を中止・返還・用途変更へ
サーチナ2011.4.7
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0407&f=politics_0407_002.shtml 

⑦竹島実効支配強化のためヘリポート改修、海洋科学基地建設などに着手してくれる

【youtube】領土に関する特命委員会~竹島実効支配強化で決議~(2011.4.12) 

⑧セブンイレブンで義援金をくれる
震災後の信頼度、「自衛隊」上昇、「政府」低下感謝したい外国は、米国・台湾が上位
moneyzine2011.9.30
http://moneyzine.jp/article/detail/199035 
金額は最下位だけどありがとう

⑨韓流イベントを開いてくれる
復興支援じゃなかった!? K-POPスター夢の競演イベントで番組収録
cyzo woman 2011. 6.25
http://www.cyzowoman.com/2011/06/post_3789.html 

⑩原発事故にしか見えないPVを作ってくれる
2ne1hateyou1キャプチャ
2ne1hateyou2キャプチャ
K-POPグループ2NE1、日本侮辱論議~映像監督「無分別なやつらhate you!独島は私たちの土地!」
スポーツ朝鮮2011.10.31
引用はこちらから
監督が火病ってくれてます
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1319987358/ 
BIGBANG lovesongPV
津波災害PVも作ってくれました

おまけ
大韓赤十字社、ハイチ大地震の募金のほとんどを送金せずなぜか定期預金に
朝鮮日報2010.10.14
引用はこちらから
http://desktop2ch.info/dqnplus/1286999141/ 

ありがとう韓国(笑)

参考
ぺ・ヨンジュン氏の義援金の行く先は 
孫正義氏の義援金1 
孫正義氏の義援金2 

村上春樹さん寄稿 領土巡る熱狂「安酒の酔いに似てる」

 作家の村上春樹さん(63)が、東アジアの領土をめぐる問題について、文化交流に影響を及ぼすことを憂慮するエッセーを朝日新聞に寄せた。村上さんは「国境を越えて魂が行き来する道筋」を塞いではならないと書いている。

 日本政府の尖閣諸島国有化で日中の対立が深刻化する中、北京市出版当局は今月17日、日本人作家の作品など日本関係書籍の出版について口頭で規制を指示。北京市内の大手書店で、日本関係書籍が売り場から姿を消す事態になっていた。

 エッセーはまず、この報道に触れ、ショックを感じていると明かす。この20年ほどで、東アジアの文化交流は豊かになっている。そうした文化圏の成熟が、尖閣や竹島をめぐる日中韓のあつれきで破壊されてしまうことを恐れている。

 村上作品の人気は中国、韓国、台湾でも高く、東アジア文化圏の地道な交流を担ってきた当事者の一人。中国と台湾で作品はほぼ全てが訳されており、簡体字と繁体字、両方の版が出ている。特に「ノルウェイの森」の人気が高く、中国では「絶対村上(ばっちりムラカミ)」、台湾では「非常村上(すっごくムラカミ)」という流行語が生まれたほどだ。韓国でもほぼ全作品が翻訳され、大学生を中心に人気が高い。東アジア圏内の若手作家に、広く影響を与えている。(村上さんの寄稿エッセー全文は以下)

     ◇

 尖閣諸島を巡る紛争が過熱化する中、中国の多くの書店から日本人の著者の書籍が姿を消したという報道に接して、一人の日本人著者としてもちろん少なからぬショックを感じている。それが政府主導による組織的排斥なのか、あるいは書店サイドでの自主的な引き揚げなのか、詳細はまだわからない。だからその是非について意見を述べることは、今の段階では差し控えたいと思う。

 この二十年ばかりの、東アジア地域における最も喜ばしい達成のひとつは、そこに固有の「文化圏」が形成されてきたことだ。そのような状況がもたらされた大きな原因として、中国や韓国や台湾のめざましい経済的発展があげられるだろう。各国の経済システムがより強く確立されることにより、文化の等価的交換が可能になり、多くの文化的成果(知的財産)が国境を越えて行き来するようになった。共通のルールが定められ、かつてこの地域で猛威をふるった海賊版も徐々に姿を消し(あるいは数を大幅に減じ)、アドバンス(前渡し金)や印税も多くの場合、正当に支払われるようになった。

 僕自身の経験に基づいて言わせていただければ、「ここに来るまでの道のりは長かったなあ」ということになる。以前の状況はそれほど劣悪だった。どれくらいひどかったか、ここでは具体的事実には触れないが(これ以上問題を紛糾させたくないから)、最近では環境は著しく改善され、この「東アジア文化圏」は豊かな、安定したマーケットとして着実に成熟を遂げつつある。まだいくつかの個別の問題は残されているものの、そのマーケット内では今では、音楽や文学や映画やテレビ番組が、基本的には自由に等価に交換され、多くの数の人々の手に取られ、楽しまれている。これはまことに素晴らしい成果というべきだ。

 たとえば韓国のテレビドラマがヒットしたことで、日本人は韓国の文化に対して以前よりずっと親しみを抱くようになったし、韓国語を学習する人の数も急激に増えた。それと交換的にというか、たとえば僕がアメリカの大学にいるときには、多くの韓国人・中国人留学生がオフィスを訪れてくれたものだ。彼らは驚くほど熱心に僕の本を読んでくれて、我々の間には多くの語り合うべきことがあった。

 このような好ましい状況を出現させるために、長い歳月にわたり多くの人々が心血を注いできた。僕も一人の当事者として、微力ではあるがそれなりに努力を続けてきたし、このような安定した交流が持続すれば、我々と東アジア近隣諸国との間に存在するいくつかの懸案も、時間はかかるかもしれないが、徐々に解決に向かって行くに違いないと期待を抱いていた。文化の交換は「我々はたとえ話す言葉が違っても、基本的には感情や感動を共有しあえる人間同士なのだ」という認識をもたらすことをひとつの重要な目的にしている。それはいわば、国境を越えて魂が行き来する道筋なのだ。

 今回の尖閣諸島問題や、あるいは竹島問題が、そのような地道な達成を大きく破壊してしまうことを、一人のアジアの作家として、また一人の日本人として、僕は恐れる。

 国境線というものが存在する以上、残念ながら(というべきだろう)領土問題は避けて通れないイシューである。しかしそれは実務的に解決可能な案件であるはずだし、また実務的に解決可能な案件でなくてはならないと考えている。領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは往々にして出口のない、危険な状況を出現させることになる。それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。人々の声は大きくなり、その行動は粗暴になる。論理は単純化され、自己反復的になる。しかし賑(にぎ)やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。

 そのような安酒を気前よく振る舞い、騒ぎを煽(あお)るタイプの政治家や論客に対して、我々は注意深くならなくてはならない。一九三〇年代にアドルフ・ヒトラーが政権の基礎を固めたのも、第一次大戦によって失われた領土の回復を一貫してその政策の根幹に置いたからだった。それがどのような結果をもたらしたか、我々は知っている。今回の尖閣諸島問題においても、状況がこのように深刻な段階まで推し進められた要因は、両方の側で後日冷静に検証されなくてはならないだろう。政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ。

 僕は『ねじまき鳥クロニクル』という小説の中で、一九三九年に満州国とモンゴルとの間で起こった「ノモンハン戦争」を取り上げたことがある。それは国境線の紛争がもたらした、短いけれど熾烈(しれつ)な戦争だった。日本軍とモンゴル=ソビエト軍との間に激しい戦闘が行われ、双方あわせて二万に近い数の兵士が命を失った。僕は小説を書いたあとでその地を訪れ、薬莢(やっきょう)や遺品がいまだに散らばる茫漠(ぼうばく)たる荒野の真ん中に立ち、「どうしてこんな何もない不毛な一片の土地を巡って、人々が意味もなく殺し合わなくてはならなかったのか?」と、激しい無力感に襲われたものだった。

 最初にも述べたように、中国の書店で日本人著者の書物が引き揚げられたことについて、僕は意見を述べる立場にはない。それはあくまで中国国内の問題である。一人の著者としてきわめて残念には思うが、それについてはどうすることもできない。僕に今ここではっきり言えるのは、そのような中国側の行動に対して、どうか報復的行動をとらないでいただきたいということだけだ。もしそんなことをすれば、それは我々の問題となって、我々自身に跳ね返ってくるだろう。逆に「我々は他国の文化に対し、たとえどのような事情があろうとしかるべき敬意を失うことはない」という静かな姿勢を示すことができれば、それは我々にとって大事な達成となるはずだ。それはまさに安酒の酔いの対極に位置するものとなるだろう。

 安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いでしまってはならない。その道筋を作るために、多くの人々が長い歳月をかけ、血の滲(にじ)むような努力を重ねてきたのだ。そしてそれはこれからも、何があろうと維持し続けなくてはならない大事な道筋なのだ。

     ◇

 むらかみ・はるき 1949年生まれ。早稲田大卒。著書に「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ノルウェイの森」「アンダーグラウンド」「1Q84」など。レイモンド・チャンドラー「リトル・シスター」など翻訳書も多数。読売文学賞、フランツ・カフカ賞、朝日賞、エルサレム賞など国内外の賞を受賞。朝日新聞2012.9.28
http://digital.asahi.com/articles/TKY201209270753.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201209270753 

韓流は文化侵略
現在のように領土問題が持ち上がった時にも韓国擁護するように仕向けることを最終目標としている
ファンを政治利用するための韓流 
民団の工作活動と韓流2 
このように領土問題より文化交流を大切にと言う良心的()文化人は韓国にとって実に都合のよい存在だ
故・電通成田豊氏のように韓国政府から勲章がもらえるかもしれない
フジテレビ日枝久会長のように高麗大学から名誉経済学博士号がもらえるかもしれない
日枝会長

案の定中央日報に記事が載っている
「このような進歩的()日本人もいる」とプロパガンダの正当づけに利用されている

村上春樹氏「日本の政治家、ヒトラーの結末を見よ」

 『ノルウェイの森』、『海辺のカフカ』 『1Q84』などで有名な日本の世界的作家、村上春樹氏(63)が28日、領有権をめぐるアジア国家間の葛藤を懸念するエッセーを朝日新聞に載せた。村上氏のエッセーはアジア全体に伝えるメッセージだ。しかしエッセーの内容は、最近の領土問題で急速に右傾化している日本国内に向けたものだ。 以下はエッセーの要約。

 東アジア地域における最も喜ばしい達成のひとつは、そこに固有の「文化圏」が形成されてきたことだ。私の経験に基づいて言えば、「ここに来るまでの道のりは長かった」ということになる。以前の状況はそれほど劣悪だった。どれくらいひどかったか、ここでは具体的事実には触れないが、最近では環境は著しく改善された。いま「東アジア文化圏」は豊かな、安定したマーケットとして着実に成熟を遂げつつある。音楽や文学や映画やテレビ番組が、基本的には自由に等価に交換され、多くの数の人々に楽しまれている。これはまことに素晴らしい成果というべきだ。

 たとえば韓国のテレビドラマがヒットし、日本人は韓国の文化に対して以前よりずっと親しみを抱くようになった。韓国語を学習する人の数も急激に増えた。それと交換的にというか、たとえば僕がアメリカの大学にいるときには、多くの韓国人・中国人留学生がオフィスを訪れてくれたものだ。彼らは驚くほど熱心に僕の本を読んでくれて、我々の間には多くの語り合うべきことがあった。このような好ましい状況を出現させるために、長い歳月にわたり多くの人々が心血を注いできた。

 今回の尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題や、あるいは竹島(独島の日本名)問題が、そのような地道な達成を大きく破壊してしまうことを、一人のアジアの作家として、また一人の日本人として、僕は恐れる。国境線というものが存在する以上、残念ながら領土問題は避けて通れないイシューである。しかしそれは実務的に解決可能な案件であるはずだし、また実務的に解決可能な案件でなくてはならないと考えている。領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは出口のない、危険な状況を出現させることになる。

 それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。人々の声は大きくなり、その行動は粗暴になる。論理は単純化され、自己反復的になる。しかし賑やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。そのような安酒を気前よく振る舞い、騒ぎを煽るタイプの政治家や論客に対して、我々は注意深くならなくてはならない。

 1930年代にアドルフ・ヒトラーが政権の基礎を固めたのも、第一次大戦によって失われた領土の回復を一貫してその政策の根幹に置いたからだった。それがどのような結果をもたらしたか、我々は知っている。政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた個々の人間なのだ。安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いでしまってはならない。その道筋を作るために、多くの人々が長い歳月をかけ、血の滲むような努力を重ねてきたのだ。そしてそれはこれからも、何があろうと維持し続けなくてはならない大事な道筋なのだ。中央日報2012.9.29
http://japanese.joins.com/article/459/160459.html?servcode=A00&sectcode=A10 
ダブるところも多いが全文掲載した

「右傾化する日本=ナチス」この図式は9条の会と同じ
マスコミ九条の会HP
マスコミ九条の会HP
旭日旗韓国国会議員
旭日旗とナチス旗を同一視し、非難する韓国国会議員

ホロコーストなど無縁な日本とナチスを自ら同一視するような文を書くとは
東京大空襲・原爆・東京裁判を考えると日本の方がホロコースト被害者ではないだろうか

ナチスと日本を同一視する九条の会は北朝鮮とべったりの組織
九条の会おおさか呼びかけ人

平和フォーラムさようなら原発集会キャプチャ
△韓国の手先 ○北朝鮮の手先 鳥越俊太郎 


「あなたは被害者で絶対善 私は加害者で絶対悪」
この考えを利用したのが北朝鮮による日韓離反工作
反戦、平和と綺麗事を唱えている自分の手がどんなに汚れているか少しは自覚したらどうだろう
従軍慰安婦問題は北朝鮮の工作 
北朝鮮の日韓離反工作
北朝鮮の工作によって不当にバッシングされた安倍晋三議員をヒトラー再来とでも言いたいのだろうか
日本人は朝鮮人女性を性奴隷にした犯罪民族だから黙って拉致されてろとでも

九条の会呼びかけ人
http://www.9-jo.jp/profile.html 

「日本軍=悪」だと都合がよい国々の主張に迎合すればノーベル文学賞という御褒美がもらえる
御褒美欲しさに日本人は魂を売れと
自身の本の売れ行きのために日本人全員を加害者に仕立て上げてよいと


『アンダーグラウンド』『約束された場所で』はオウム真理教・地下鉄サリン事件を題材にしたノンフィクションだが
村上春樹の名は伏せて取材は他人がやり(笑)取材結果を元に再調査なり再インタビューして本にまとめたもので
これをノンフィクションとかルポルタージュと称していいのか私は個人的に疑問に思っていた
このような取材方法で本を書く人だからオウム真理教と北朝鮮との繋がりに気付かなかったのか(気付かないふりをしたのか)自身の主張が北朝鮮べったりの組織と同じでも平気でいられるのだろう

「国境をなくし魂が溶解した」地球市民は日本を守りたい日本人の害悪であり
「多くの人々が長い歳月をかけ、重ねてきた血の滲(にじ)むような努力」を敵国のプロパガンダに乗せられ無に帰す張本人である

このような「毒酒」に「安酒」などと言う資格はない 

ネトウヨを叩くお仕事1 
ネトウヨを叩くお仕事2 続き 

続きを書くつもりはなかったが「ネトウヨ」叩き記事や番組が多いので
それならVANKに触れないのはフェアではない
VANKに対して政府やマスコミが何かしてくれるならいわゆるネトウヨが生まれる余地はないからだ 

ソウルの真ん中に韓国内初の独島体験館…14日オープン

 独島(ドクト、日本名・竹島)領有権をめぐる日本の挑発が続く中、ソウルの真ん中に独島体験館が初めてオープンする。鬱陵島(ウルルンド)に民間が設立した独島博物館があるが、政府が予算23億ウォン(約1億6000万円)を投じて独島体験館を設置したのは初めて。

 東北アジア歴史財団と外交通商部によると、独島に行かなくても独島を五感で感じられる体験館が14日にオープンする。体験館はソウル中区義州路にある警察庁の隣のイムグァンビル地下1階。

 体験館は歴史未来館・自然館・4D映像館の3つに分かれている。歴史未来館は統一新羅時代から現在まで、『三国史記』 『高麗史』 『世宗実録地理志』など独島に関する1500年の歴史記録が集大成されている。大韓帝国が独島を自国の領土として統治していたことを表す勅令と官報は、日本の論理に反論する貴重な史料だ。さらに日本の江戸時代に鳥取藩が「鬱陵島と独島は日本の領土でないことを確認する」として送ってきた答弁書、1877年に「鬱陵島と独島が日本の領土でないことを銘記すべき」という日本の渡海禁止令が彫られた木版(複製本)も展示する。

 自然館では天然記念物336号の独島を120分の1で縮小した模型に会える。先端情報技術(IT)を応用したプロジェクトビームで東海(トンヘ、日本名・日本海)が独島を囲む姿を実感できるように具現している。独島だけに見られる火山岩に触れることもできる。

 4D映像館ではヘリコプターと潜水艇に乗った状況を仮定し、揺れる椅子に座った姿勢で独島を11分間遊覧できる。韓国海洋研究院が撮影した画面で、あたかもジェットコースターに乗ったように独島周囲を飛び回るような印象を与える。 独島研究所のチョン・ヨンミ研究委員は「異斯夫学会・VANK・独島義勇守備隊・韓国学中央研究院・国土地理情報院など、政府と民間が参加して体験館を設立した」とし「外国人でも45分間ほど見回れば独島がなぜ韓国の領土なのかを自然に共感できるように力を注いだ」と説明した。

 日曜日と法定公休日を除いた週6日間、午前9時から午後6時まで無料開放される。中央日報2012.9.6
http://japanese.joins.com/article/972/158972.html  


「東北アジア歴史財団」設立の中心になっていたのは盧武鉉前大統領、潘基文国連事務総長。李明博大統領はその方針を継承し財団の中に独島研究所を作った。 
 慰安婦問題の背後には「東北アジア歴史財団」がありアメリカ、カナダ、オランダの議会で非難決議を出すよう活動していた。他に歴史教科書問題、靖国参拝問題、白頭山問題などの活動をしている。
 VANKに対する支援の主体は2009年から北東アジア歴史財団の独島研究所。  
竹島と韓流 

東北アジア歴史財団HP
http://english.historyfoundation.or.kr/jpn/ 
北東アジアと全世界を不幸におとしいれた歪な歴史観と、それによって引き起こされた問題点を直視して、長期にわたる総合的な研究分析と体系的かつ戦略的な政策開発を成し遂げることによって、歴史に対する正しい理解を図り、北東アジアの平和と繁栄の基礎づくりを目的に設立されました。

=「日本が悪いニダ日本に謝罪と賠償をたかってウリが繁栄するニダ」

参考  胡散臭いワンコリアフェスティバル  


「東海」を世界に知らせた韓国のサイバー外交使節団「VANK」

 3%から30%に。1999年に活動を始めたVANK(=Voluntary Agency Network of Korea)の13年間の歳月を圧縮した数値だ。純粋民間団体のVANKの活動を起爆剤に、世界は「東海(トンヘ、日本名・日本海)」を認知し始めた。当時、世界の主要機関・地図制作会社・出版社の97%は、韓国の東海を「日本海」と表記していた。現在は30%が東海と日本海を併記している。 

 VANKの底力は世界各国で活躍する約10万人の会員から生まれる。会員は自発的に主要機関に韓国関連情報の訂正を要請する。99年に結成されて以来、会員数は毎年増加し、最近のように韓日関係が悪化すれば加入者はさらに増える。毎月、会員1000人が登録している。このうち約30%は加入費3万ウォン(約2000円)を出して活動する正会員だ。全国の小中高校に結成されたVANKサークルは440余り。青少年はほとんど正会員として加入し、韓国を知らせる活動をする。 

 会員活動に決められた形式や方法はない。最近は独島(ドクト、日本名・竹島)問題が浮上しただけに、多くの関連アイデアが入ってくる。VANK自由掲示板には現在、「歌手PSYの‘江南(カンナム)スタイル’米国版アルバムに独島案内文句を入れることを提案しよう」というアイデアが出ている。自分が英文で書いた韓国紹介文を載せた後、「表現を参照してほしい」と提案する会員のコメントもある。VANKはこうしたアイデアを集め、さまざまなキャンペーンをする。 

 VANKはインターネットを媒介に韓国広報を始めた最初の民間団体だ。その先鋒にパク・ギテ団長(38)がいる。14日と21日の2度、ソウル城北区普門洞(ポムンドン)VANK事務室でパク団長に会った。パク団長は印象は、まず‘度が過ぎる’と感じるほど明るい。常勤幹事の紹介、外国人(米国・台湾)インターン自慢で30分が過ぎた。「私は愛国者ではありません。日本の文化が大好きです」「独島を知らせて東海の表記を変えるのがVANKの目標ではありません」。期待を裏切る言葉が続いた。 

 パク団長によると、VANKの目標は「世界との交流」だ。パク団長はあえて分類するなら国際主義者だ。「VANK会員は10万人にもなりますが、私たちが国粋主義団体と想像してください…大変な社会の危険要素になるでしょう」。 

 VANKは世界の人々とさらに近づこうと、韓国に関する正確な情報を提供する団体というのが、パク団長の説明だ。「海外に出て行く機会がなかった大学生が外国人と対話をしたくて作った団体です。お互いに対する歪曲されていない情報をやり取りするのが重要ですが、それ自体が目標にはなりません」。

  VANKが有名になっただけに、パク団長も月に20回ほどオピニオンリーダーを対象に講演をする‘社会名士’に分類されている。とはいえ、派手な活動をするわけではなく、余裕があるわけでもない。1年間の事業費は6億ウォン程度だが、正会員の加入費と寄付金、企業の後援支援金で充当する。パク団長を含め、常勤者6人が住宅街にある家賃90万ウォンのみずぼらしい20坪の事務室で、会員10万人ができることを企画する。 

 VANKの成果のため、政界からのラブコールも少なくない。昨年冬、ハンナラ党(現セヌリ党)汝矣島(ヨイド)研究所で講義をしたところ、ツイッターで集中攻撃を受けた。「失望した」という電話が殺到した。「実際、2年前には民主党の招待で講義をしました。こういうことを経験して、気をつけなければいけないと思いました」。パク団長は最近、何を広報するべきかをよく多く、より徹底的に考えている。「独島と東海表記という妥協できないことで照明を受け、(VANKの)強硬なイメージが強い」というのがパク団長の話だ。「独島はVANKがいつも胸に抱いている問題であることには間違いありません。毎年、光復節(解放記念日)前後に3泊4日間、会員と独島で宣言式をする理由も、こうした情熱を再確認するためです」。パク団長は今年も優秀会員およそ70人と一緒に独島を訪問し、記念式を開いた。 

 パク団長は政府の政策に反するイシューを議題に決めないという原則も守っている。「韓国を広報するので、政府に反対することはできません。たとえばVANKが犬肉を広報することはできないでしょう。その代わり政権広報はしません。私はソウル市広報大使、韓食広報大使もしていますが、主要20カ国・地域(G20)首脳会議や韓米自由貿易協定(FTA)を広報してほしいという提案は断りました」。 

 パク団長が今後することは無限にある。独島と東海を知らせて浮上した団体だが、VANKがしていることは世間に知られているものよりもはるかに多様だ。パク団長は「韓国を世界に知らせることも重要だが、世界に対する韓国人の偏見を変えることも必要です」と述べた。特にアジア・アフリカに対するイメージがかなり歪曲されているというのがパク団長の説明だ。「国家広報の完成は国民だと思います。私たちがどれほど外の世界を理解するかによって、外の世界が韓国を見る目が変わってきます」。 

 VANKは最近、海外文化遺産紹介地図、韓食紹介ハガキなど、英語広報物およそ30種類を制作して配布している。年間に約20万部、10年間に計100万部が配布された。韓食の広報、直指心体要節などの韓国記録文化を知らせることにも力を注いでいる。韓国を広報する活動をしながら積み上げたノウハウを他国に伝授するプロジェクトも計画している。パク団長は京畿道(キョンギド)や江原道(カンウォンド)に「VANK学校」を設立する案も推進中だ。 

  「一種の放課後学校だが、なぜ勉強が必要で、どんなことができるかを悟ってもらうプログラムを運営する予定です。歴史を見れば、一国が革新的に発展する時代には、華麗なスタープレーヤーの役割をするリーダーとともに、そのリーダーのビジョンを後押しする世代がありました。私はそのような‘VANK世代’を育てる役割をしたいと思います」。 

 パク団長が「VANK世代」という未来の世代は、世界を舞台にしようとする自信満々な世代だ。「私たちの時代までは、外国に出れば韓国がどこにある国かも知らない人がたくさんいました。しかしVANK世代は違います。韓国はすでに主要国家ですから。‘自分が世の中の中心’であることを知る希望の世代を育てることが、VANKが今後やるべきことのようです」(中央SUNDAY 第286号) 中央日報2012.9.6
http://japanese.joins.com/article/008/159008.html?servcode=A00&sectcode=A10 

図書館の地図にシール1図書館の地図にシール2
VANKの国際活動

眞露、「サイバー独島士官学校」設立 

眞露は社会貢献活動の一環として、三一節(訳注:1919年3月1日の三・一独立運動を 記念する祝日)を迎え、サイバー外交使節団VANKと共同でサイバー青年独島士官学校 を設立する。 

VANKと眞露はサイバー青年独島士官学校を通じて、オン/オフライン上で全国的な愛国 キャンペーンを多様に展開する計画だ。 

サイバー独島士官学校は、サイバー上で韓国の小・中・高校生および青年たちを一つに 集めて独島に関する体系的教育を行ない、世界の60億人へ大韓民国と独島を正しく知ら せる最精鋭の広報戦士として養成するものだ。 

「サイバー独島士官学校」はVANKホームページを通じて誰でも会員加入ができる。この サイトでは、VANKが過去10年間集めてきた歴史歪曲資料はもちろん、これに論理的に 反論した根拠も提供する。 

サイトに加入した士官学校生徒たちは、全世界の歪曲された「竹島」「日本海」表記を ネット上から素早く検索して、発見された資料を改めるための多様な活動を展開する。 

特に東海と独島に関する専門家たちのコラムや、国際社会に韓国の歴史・領土・文化を 平易に知らせるための厳選された教育プログラムを提供する。 

有名学者たちの独島に関する国際法、歴史的真実、韓国の文化・歴史・領土に関する 多様なサイバー講義も用意される。何よりも独島士官学校に加入した会員たちは、まず 国史について無料で学ぶことができる。 

VANKはまた、民族企業である眞露と共同で、サイバー上を脱して「グローバル愛国アカ デミー」を開設し、サイバー上の講義の限界を脱して直接現場で講義を受ける講座も開設 する計画だ。アジアトゥデイ2009.2.28
翻訳はこちらから引用
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1235827539/  

VANK活動支援

【youtube】【反日企業】 KT 「独島はわが領土」 CM 

韓国KT社とのデータセンター事業における協業とその推進について
~日本の産業復興を支援する特別支援プロジェクトを通じ、日本企業の事業継続をバックアップ~
2011年4月27日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社は、韓国最大の通信事業者KT Corporation(本社:ソウル、Chairman & CEO:李 錫采(イ・ソクチェ)、以下KT社)と、データセンターサービス事業において提携し、KT社の提供するデータセンターサービスを日本企業向けに提供するための協力関係を推進することといたしました。

今回ソフトバンクテレコムとKT社は、現在の日本企業が直面している事業継続、および産業復興への支援を目的に特別支援プロジェクト立ち上げ、このプロジェクトを通じて日本から最も近い海外である韓国KT社のデータセンターサービスを、日本と同等の高い品質で提供することで合意いたしました。すでに日韓間の回線を大幅に強化・増速する準備に着手し、今夏を目処にデータセンターサービスの提供を開始する予定です。

日本企業にとって今夏の電力使用量規制によるオフィス消費電力削減への取り組みや、災害発生時に備えた事業継続計画の見直しにおいて、特にシステムの停止による企業活動の停滞を防ぐための「システム復旧」と「非常事態に備えたITの準備」は喫緊の課題です。現在、その解決策として国内のデータセンター需要が高まる中、各事業者で用意できるリソースの枯渇が懸念されています。

このたびの協業の推進について、KT社の代表取締役社長の李 錫采氏は、「私は日本企業が団結することによって、この困難を早急に克服できると信じております。KT社は日本企業が安定かつ迅速に通常業務に戻れるように、データセンター事業を中心としたクラウドサービスを通じて積極的にサポートしてまいります。」と語っています。また、ソフトバンクグループ代表の孫 正義は、「日本にとって大変厳しい状況の中で、いち早くKT社が日本の産業復興へのご支援を表明していただいたことに感銘し、大変感謝しております。今後ソフトバンクテレコムはKT社との強力なパートナーシップのもと、この特別プロジェクトを通じて日本を元気にするための産業復興に大きく貢献できると確信しています」と語っています。ソフトバンクプレスリリース
http://www.softbanktelecom.co.jp/ja/news/press/2011/20110427_01/ 

データを韓国に売り脱原発と太陽光で更に儲けると
孫正義「日本は犯罪者になってしまった」
孫&あきひろ

【wiki】SBIホールディングス
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であった

フジサンケイグループとの関係
株式会社フジテレビジョン及び株式会社ニッポン放送と、完全子会社であるSBIベンチャーズ株式会社(現在のSBIインベストメント株式会社)を運用者として主にコンテンツ・メディア・ブロードバンド分野におけるベンチャー企業の発掘・育成を目的とするベンチャーキャピタルファンドを設立。
また、3社の相互の協力関係の強化の為、ニッポン放送が保有するフジテレビジョン株式35万3704株を2005年3月24日から借り受け、フジテレビジョンの筆頭株主となったが、同年6月30日に返還した。
尚、ニッポン放送は2006年4月1日(この日は休日につき登記はすべて4月3日に実施)に商号を株式会社ニッポン放送ホールディングスに変更、新会社株式会社ニッポン放送にラジオ放送事業を新設分割にて承継した後、同日フジテレビジョンに合併し解散した。

K-POP楽曲の著作権を大量に保有するフジパシフィック音楽出版(フジテレビ子会社)
フジパシフィック音楽出版

孫正義伝
me

小学館SAPIOさま
「ネトウヨ亡国論」の次はVANK特集を是非お願いします


【youtube】1/3【討論!】混乱日本!混乱メディア![桜H24/7/21] 
20:18頃から
大高未貴さん「単なるいじめだけの問題ではないような気がしていて、何だろうなと自分なりに考えて不遜な例えかもしれませんけれども、国際社会における今の日本の位置が重なる部分がありまして、例えばTPPとか増税とか言ってアメリカにカツアゲされる日本の姿、従軍慰安婦だの日韓協定無視して日本企業を訴える韓国、南京大虐殺含めてフィクションでありながらそういったものを押しつけられて精神的にも金銭的にもゆすられ、それに対して何の反撃も出来ない。
日本の国を大人の社会だとしたら、大人が殴られても殴られても黙ってる状況で刀も持てずにいる状況の中でいくら教育界が子供達にいじめはいけないんだとか不当なことをやられたらちゃんと対処しなさいだとか、何の説得力もない。すごくリンクしてるような気がする。」

僕の話 これを書いている時に大津いじめ自殺事件と重なると思った

 私はね、日本国憲法に何て書いてあるかもういっぺん考えなきゃいかんと思ってるんです「我々日本国民は正義と秩序を愛する諸国民の公正と信義に信頼して我らの平和と生存を保持しようと決意した」そう書いてあるからこの国は軍の規定もない。自衛隊の規定もないんです。もしそれが想定外だったらどうするんです。平和を愛好しない、公正に欠け、信義に欠ける国民がいたらどうするんだ。想定外でしたで済むのか。済むはずがない。そのようなものはもはや国家とは言わない。 
石破茂 菅首相に涙の訴え 

先生「仲良くしましょう」生徒「仲良く出来ない人がいたら?」先生「........」
憲法「仲良くしましょう」国民「仲良く出来ない国がいたら?」憲法「........」
全く同じ構図ではないだろうか

戦後日本は思考停止国家ということだ

なぜか反原発運動の方々は九条改憲反対の方が多いが
原発の想定外は許せないが憲法上の想定外はそのままでいいと
頭に何が詰まってるか本気で疑わしい
(何か真っ赤なもの...キムチ....?)

九条のおかげで日本は平和という人達は現実を見ていない
見えないフリをしている
特定失踪者288人のリスト
3929人日本人漁民を拘留44人死傷
独島警備隊
独島警備隊

島根出身の韓国抑留経験者が竹島研究顧問に証言「韓国軍艦に機関砲を連射された」

 韓国が一方的に李承晩ラインを設定して竹島(韓国名・独島)を自国領に含めた2年後の1954年、ライン内で漁労したとして韓国側に拿捕(だほ)され、3年半にわたって抑留された松江市島根町出身の元漁船長、伊達彪さん(80)=山口県下関市=が2日、島根県の杉原隆・竹島研究顧問に、韓国軍艦が機関砲を連射し日本漁船を威嚇する生々しい拿捕の様子を初めて証言した。

 竹島問題への関心をより高めるため、島根県へ証言を申し出た。

 伊達さんは54年7月19日早朝、ラインぎりぎりの対馬海峡で拿捕された。2隻1組で底引き網漁を操業中、霧の中をくぐり抜けるように韓国の軍艦が現れ、1隻に横付け。逃げることもできず、銃を持った2人の兵隊に促されて軍艦内へ移った。

 もう1隻は間隙(かんげき)を縫って逃げたが、軍艦は別の2隻の日本漁船に狙いを定め、機関砲を連射。その発射音以上に伊達さんの背筋を凍り付かせたのが、隣にいた軍艦機関長の「これは皆殺しになりますよ」という言葉。結局、犠牲者は出なかったが「韓国が本気になっているのが分かった」という。

 その後、釜山の刑務所に収監された際、取り調べの検事から「過去の例で、3カ月以上抑留された者はいない」という説明を受けたが、抑留生活は3年半に及んだ。

 「韓国側が『ラインを認めなければ抑留者を帰さない』と迫ったのに対し、日本政府が認めなかったため抑留機間が長引いたのだと、帰国後に聞いた。私たちはラインの人質に取られていた」と憤りを語る。

 ラインは65年に消滅したが、竹島周辺では現在も韓国側の実力支配が続くだけに「竹島問題の一端に、こうした悲劇があり、今も漁民が苦しんでいることを忘れないでほしい」と願う。山陰中央日報2007.7.5
記事リンク切れのためこちらから引用
http://mimizun.com/log/2ch/news/1183636715/ 

【wiki】第一大邦丸事件

想定外のことがあった場合はなかったことにされる

 私の父は日本を信じると言って死んで行きました。その日本とは日本国民が拉致され未だに取り戻せない弱い日本ではなかったはずです。父が信じた日本とは我々家族の命をすぐ救出することの出来る日本だと思います。姉たちにこの国はあなた達のおかげで生まれ変わることが出来た、あなた達の犠牲がこの国を目覚めさせた、決して無駄ではなかったと国民のみなさんが示せるような国づくりをしてもらいたいと思います。 
拉致被害家族増元さんの言葉 

天岩戸

参考  浸食される大津市

キム・ジャンフンと不愉快な反日仲間達 続き

キム・ジャンフン「独島問題を契機に南北統一を」
 歌手キム・ジャンフンが独島(トクト、日本名・竹島)問題を契機に南北統一が実現することをを祈願した。

 キム・ジャンフンは18日、自身のミートゥデー(韓国版ツイッター)に「泣きました。映画『コリア』を見て。本当に1人で見て1人で泣くほどばつの悪いことはないです。本当に統一になり一緒に良い暮らしをしたらいいですね。ふとした考えですが、独島問題を契機に南北が再び和合の場を開くこともできないだろうかという気がします。北朝鮮も歴史…特に独島に対しては考えを同じくしているから」という長文の書き込みを載せた。

 続けて「日本が大騒ぎをしたところで実際はすべて虚勢だが…作戦をしっかり立てれば意外に韓国が国際社会からも得るものが多そうです。いつも話しているが日本は失うものがないのでむやみに駆け寄るが…日本もまた今回のことで失うものは明確に多いでしょう。様子を見ましょう。またそのようにしなければなりません」という文と写真を上げた。

 写真のキム・ジャンフンはやつれた顔で頭の上に手をのせている。独島横断の疲労がまだすべて取れていないような姿だ。キム・ジャンフンは15日に光復節を迎え俳優ソン・イルグク、ロックグループのPia、ソ・ギョンドク教授、韓国体育大学水泳部の学生40人余りとともに約220キロメートルに達する距離を49時間のリレーで泳ぎ独島上陸に成功した。その後脱力とパニック障害の症状を見せ病院に緊急搬送された

 ネットユーザーらは「素敵な考えです」「独島に行ってくるやいなや統一映画を見に行くとは…本当に公益芸能人だ」などの反応を見せた。 中央日報2012.8.19
http://japanese.joins.com/article/759/157759.html?servcode=700&sectcode=700 

なぜか生簀で泳ぐ人達
キムジャンフン生簀スイミング1
キムジャンフン生簀スイミング2
キムジャンフン生簀後パニック障害

 本来の計画は、すべてのメンバーが竹島に上陸する予定だったが、荒波のため独島守備隊側から船舶の接岸許可を受けることができなかった。そのため、竹島までの距離500メートル付近から韓国体育大の学生2人が泳いで、竹島に上陸した。 
【asahi.com】竹島遠泳のキム・ジャンフン、脱力やパニック障害で病院搬送 
キム氏は竹島に上陸してないようですね
反日活動とはいえおつかれさまですとは言っておこうか....

映画『コリア』については以前書いた
胡散臭いワンコリアフェスティバル 
卓球の南北統一チームを描いた実話ベースの映画だがチーム自体に統一協会が関与しているらしい
この映画はおそらく「早く統一出来るといいねホロリ」という映画なのだと思う
以前の記事に貼ったドキュメンタリの方の動画もそんな感じだった

しかし

済州島四・三事件(さいしゅうとうよんさんじけん)は、1948年4月3日に在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある南朝鮮(現在の大韓民国)の済州島で起こった島民の蜂起にともない、南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察、朝鮮半島本土の右翼青年団などが1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件を指す。
韓国政府側は事件に南朝鮮労働党が関与しているとして、政府軍・警察による粛清をおこない、島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺された。また、済州島の村々の70%が焼き尽くされた。また、この事件は麗水順天の抗争の背景にもなった。
【wiki】済州島四・三事件 

保導連盟事件(ほどうれんめいじけん)とは、1950年6月25日の朝鮮戦争勃発を受けて、李承晩大統領の命令によって韓国国軍や韓国警察が共産主義からの転向者やその家族を再教育するための統制組織「国民保導連盟」の加盟者や収監中の政治犯や民間人など、少なくとも20万人あまりを大量虐殺した事件。

 「朝鮮戦争前後民間人虐殺真相糾明と名誉回復のための汎国民委員会」の研究では60万人から120万人が虐殺されたとしている。李承晩大統領が失脚した1960年の四月革命直後に、全国血虐殺者遺族会が、遺族たちの申告をもとに報告書を作成したが、その報告書は虐殺された人数を114万人としている。韓国政府の「真実・和解のための過去史整理委員会(ko)」は朝鮮戦争の初期に韓国政府によって子供を含む少なくとも10万人以上の人々を殺害し、排水溝や炭鉱や海に遺棄したことを確認している。公開されたアメリカ軍の機密書類にはアメリカ軍将校の立会いと虐殺の承認などの詳細が記録されている。イギリス人やオーストラリア人の目撃もあり、アメリカ軍少佐はワシントンに虐殺の写真を報告しているが半世紀の間隠蔽され続けてきた。また、アメリカ軍司令官のダグラス・マッカーサーにも報告されていたが止めようとした形跡は見つかっていない。

 韓国では近年まで事件に触れることもタブー視されており、「虐殺は共産主義者によっておこなわれた」としていた。
【wiki】保導連盟事件 

日本が出て行った途端に凄惨な殺し合い
よくこれで「日帝ガー」と言えたものだ

南北統一が平和裏に進むとは到底思えない

統一協会だけではなくワンコリアフェスティバルに関与している団体によって
「従軍慰安婦問題」「靖国参拝問題」などの問題は韓国に持ちこまれ
韓国の反日を煽り日韓分断をもくろんでいる
そんな連中が「反戦」「平和」「環境」「人権」などと主張しているのはとんだお笑い草だ

李明博大統領の竹島訪問もその影響と思われる
韓国の反日の裏にいる統一協会、キリスト教会 


日韓関係はもう修復不能だろう
西早稲田2-3-18は韓国と何とか関係を繋ごうと努力してきた人達を踏みにじったといえる

"私たちは韓国人、独島は韓国の土地" 

 (アジアニュース通信)嶺南(ヨンナム)大学で母国研修中である在日同胞子供母国研修団90人余りが去る20日午後、独島を訪れた。彼らは浦項から船に乗って鬱陵島(ウルルンド)を経て五時間後に独島(ドクト、日本名:竹島)に入港した。

 初めて独島を訪れた子供たちは誰も暮らしていない小さば岩島に過ぎないという予想と異なり、小さくない規模と美しい風景に驚きを隠せなかった。「韓国の土地、独島」の姿をカメラに入れるため、シャッターを押し続ける子供たちの表情には単なる好奇心ではない誇らしい気持ちまで歴然だった。

 祖父の代から日本の大阪で暮らしてきた在日同胞3世のプ・ソングィ君(大阪経済大1年.18)は「実際、今回の研修前は独島について、これと言った関心はなかったがこのように直接独島の土地を踏んで見ると胸が熱くなる。やはり韓国人だという事実を新たに確認した」として独島の土地を初めて踏んだ感想を明らかにした。同君はまた「これから独島問題により一層関心を持ち、韓国人としての自負心を失わないようにします」と付け加えた。

 一方、16日から22日まで嶺南大では「ルーツ」を訪れた在日同胞3~5世94人の母国研修が行われた。日本の各地から選抜された子供たちは大部分、生まれて初めで母国を訪問したという。彼らは6泊7日間嶺南大生活館に留まりながら60周年をむかえた朝鮮戦争の特講および多富洞戦争記念館訪問、在外同胞参政権の特講、蔚山現代自動車訪問、独島特講および独島訪問等を通じて韓国人としてのアイデンティティと自負心を取り戻す時間を持った。

 嶺南大学生11人も6泊7日の間、子供たちと一緒に宿泊しながら通訳などガイドの役割はもちろん暖かい母国を感じさせるのに一助となった。

 キム・インギョ氏(嶺南大食品学部4年.25)は「短い時間だったが今回の研修が韓国人としての自負心を取り戻す契機になったら良いと思う。韓国人でもなく日本人でもないまま生きていく在日同胞らに我が国の政府はもちろん、私たちももう少し大きな関心と愛情を持って接すれば良いと思う」と話した。

 国立国際教育院の招請で来た在日同胞子供母国研修団は22日嶺南大天馬アートセンターで閉会式を行い来る23日出国する。  パク・ジョンニュル記者 アジアニュース通信(韓国語)2010.8.22
在日同胞母国研修1
在日同胞母国研修2
翻訳はこちらから引用 
【厳選!韓国情報】★在日の子供たち約90人が竹島を訪問「独島を踏んで胸が熱い」「やはり韓国人だという事実を確認した」
 

母国研修というのは民団主催 民団HPよりキャプチャ
大阪民団HP在日同胞次世代育成母国研修キャプチャ
最下段に韓流スターとの集い※予定と書いてある

大阪民団HP在日同胞次世代育成母国研修キャプチャ2
右に韓国観光公社公式サイトのバナーがある
韓国観光公社は韓流コンテンツを扱っているところで社長は統一協会信者
韓国観光公社に”青い目”社長=統一協会信者 

2011年には東方神起も参加したようだ
東方神起は親日(笑)
東方神起夏季母国研修
ちなみにこんな反日活動も
BoA、安重根義士記念事業会に5000万ウォンを寄付
 

民団繋がりで韓流スター()と言えば民団広報大使のこの方

鳩山幸さん、イ・ソジンの贈り物にマフラーでお返し

 鳩山由紀夫日本首相夫妻とドラマ「イ・サン」の主演俳優イ・ソジン氏の出会いが贈り物をやりとりし、お茶を飲む間柄に発展した。鳩山首相と幸夫人は28日、イ・ソジンと東京都内のホテルで2カ月ぶりに再会した。この日は、鳩山首相夫妻が、イ・ソジンが宿泊する東京・赤坂のリッツカールトンホテルを直接訪ねた。実は前日、イ・ソジンが幸夫人を訪問している。 

 イ・ソジンは27日、幸さんの個人事務所を訪れ、今年9月に初めて歓待されたことへの感謝の意として、母親が直接漬けた白菜キムチと金永哲(キム・ヨンチョル)画伯の鶴の絵、韓方(漢方)健康薬品「拱辰丹」(コンジンダン)をプレゼントした。イ・ソジンは「白菜キムチには母の真心を、鶴の絵と漢方薬には鳩山首相夫妻の“無病長寿と百年偕老”を祈る気持ちを込めた」と説明した。

 幸さんはこのキムチを当日夜、首相官邸で鳩山首相とともに味わい「今まで食べたキムチの中でいちばんおいしい」と称賛した。日本では、手作り料理は何より素晴らしいとされる。イ・ソジンの母親の真心に感動した2人は28日の土曜日、イ・ソジンが宿泊するホテルを直接訪れた。幸さんはこのホテルのコーヒーショップで1時間ほど談笑しながら「お母さまに伝えてほしい」と「感謝の手紙」を渡し、イ・ソジンにマフラーをプレゼントした。イ・ソジンは「若い人々が好む色にデザインだ」と感謝の意を示した。

 鳩山夫妻は朝鮮時代、正祖(チョンジョ)を扱ったドラマ「イ・サン」を見ながら自然にイ・ソジンのファンになった。鳩山首相は韓流ファンである幸さんのために民主党政権スタート直前の9月14日、イ・ソジンに会った。鳩山首相は当時「劇中の正祖の政治を見て学んでいる。正祖のように政治をしたい」と話した。「イ・サンは現在NHK衛星放送(BS2)で、毎週日曜日午後9時に放送されている。イ・ソジンは化粧品ブランド“カラーピンクマジックBBクリーム”の専属モデルイベントで日本を訪問した。中央日報2009. 11.30
http://japanese.joins.com/article/346/123346.html?sectcode=&servcode= 

イソジン
【wiki】イ・ソジン  
2010年2月、韓国民団広報大使となる。 

鳩山由紀夫夫妻との関係
鳩山由紀夫首相夫妻とたびたび会食を行っている。
2009年9月14日 - 総理就任を控えた鳩山由紀夫民主党代表・幸夫人を表敬訪問。幸夫人の手料理でもてなしを受ける。
2009年11月27日 - 幸夫人の個人事務所を訪問。
2009年11月28日 - 東京・赤坂のホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」内のカフェ「カフェ&デリ」で鳩山首相夫妻と会食。
2010年1月8日 - 東京・紀尾井町の「ホテルニューオータニ」内の日本料理店「なだ万」で鳩山首相夫妻と会食。
2010年3月17日 - 首相公邸での夕食会で鳩山首相夫妻と会食。

一日青森県知事
2010年1月7日、所属事務所関係者らと青森県庁の三村申吾知事を表敬訪問。知事が「次回本県を訪れた際には、一日知事を務めてほしい」と発言。
2010年2月4日、1月の知事の発言がもとで「一日青森県知事」に就任。青森県庁舎内で知事が「一日青森県知事」委嘱状を交付し、「青森県知事イ・ソジン」という名札を付けた机に座る。青森県観光物産館アスパムでPRイベントを開催。

鳩山由紀夫元首相が統一協会と繋がりがあると言われているのも頷ける
更に青森県知事三村氏まで繋がっていた青森県知事は何を売ったのか

韓流の正体がお分かり頂けただろうか →ファンを政治利用するための韓流  
ついで
韓流ブームは「朱蒙」、「大王四神記」など日本を洗脳するためのドラマでNHKは国民から視聴料を取って韓国に協力していることになる。 →竹島と韓流  

このページのトップヘ