蟻の蜜 の日常

みなさん、久々で…
ここ最近の僕のニュースをドバッと
お送りしたいと思います!
二月の13.14.15に
学校でスキーへ行ったのですが、 
とても楽しかったです。
場所は長野県の志賀高原 って
所まで行きました!
一人を除いてみんなわいわいと
楽しみました!
まぁその一人は、
熱出してまで来まして…
 みんなに迷惑をかけながらも
先生には『○島 来れただけ良かったやん』
と言われてましたよ(笑)
聞いてる方はなんとも言えない気持ち
でしたよ。
大した事件もなく終わりましたー!
とっ言いたいのですが…
帰りが殺す気かっ!
というぐらい時間がかかりました。
行は5時間でしたが、
帰りがね…
12時間もかかりました(笑)


僕がスキー合宿でわいわいしてた
二日目はバレンタインデーでしたね…
男子校の自分にとっては
気を紛らすのに丁度いいやと
思ってました。
しかし、次の日に
同じ塾で近くの女子校の人に
チョコを貰いました!
もう貰った時は
ガッツポーズでしたよ(笑)
ブラウニー的な?物を貰ったのですが
貰ったうれしさもあって
とても美味しかったです!


前のブログから始めているコーナー
というか、
まぁ僕の幼少期の話の続きを
したいと思います。
僕は
自分の生まれたテキサスの町には
二ヶ月しかいませんでした。
お父さんの仕事の関係で
ニューヨークへ移りました。
ニューヨークでは
二歳まで住んでました…

今日は以上です! 

今日からは僕の自己紹介と
僕の生まれてからのストーリーを紹介 
していきたいと思います。

僕はアメリカで生まれて
9歳の頃から日本に住んでいます。
お父さんはポルトガル系のアメリカ人で
お母さんが日本人です。


今日は、僕の血族関係などを話したいです お母さんは純粋な日本人ですが
お父さんのお母さん側が ネイティブアメリカン
(アメリカの原住民)
でタラウマラ族という 民族の人で
走る人という意味らしく平気で70キロ程 一日で走るそうです。
そして、おじいちゃんが純粋のポルトガル人です。
なので、僕のアメリカのパスポートだと苗字が
 サントスとなっています。

この話は以上です。

みなさん!
今日の1時25分からのアタック25見て下さいよ!
塾の先生が優勝しましたから。(笑)
網盛健先生です!
国語担当です!

以上ですm(_ _)m
 

今日は何かとピンチな日でした。
まず、何かと言うと、朝僕は自転車で学校へ行きますが
自転車の籠に荷物を乗せた途端ぷしゅーーっと音がなり 
自転車がパンクしてしまいました。(大汗)
登校時間まであと十分というのに…
仕方がないので猛ダッシュで走りました。
結果は…

遅刻ーーーーーー!
でした。
授業も、始まってました。
しかし、本当の試練はここからでした。
その日は漢字の直しを朝までにださなければ
行けませんでした。
自分は遅刻していたので
後からで良かったのですが開けてみれば
終わってない。
幸いあまり怖くないカバ男先生だったので(アンパンマンのカバ男君に似てるので…)
なんとか、見つからずに終わった。(安心  ホッ)
二時間目にちゃんと漢字の直しを出しました。
その次は幾何の授業だった。
幾何の先生はとても厳しく違う生徒を怒っていてもまるで自分を叱ってる様な先生です。
それで、今日は問題集の提出日だったのですが出していない生徒が六人程いて
その六人を案の定叱っていました。僕達は出したので怒られませんが
途中で僕はトイレにどうしても行きたくなりました。(大汗)
しかし、ここでトイレ行っていいですか?なんて聞くと
自分も怒られるというのは分かっていました。
ここで、手を挙げて…というのは自殺行為ですし…
僕は自分をその時始めて憎みました。(しょうもないことですが…笑)
なんで休み時間に行かなかったんだ…
しかし、自分を憎んでも仕方がないやーと思い僕は自殺行為に…
みなさん…
ここから先は聞かない方が身のためです。
こうやって書いているぐらいですし
そこらへんはご想像にお任せします。(笑)
一様ちゃんとトイレへは行けましたよ!


それと関係無い話ですか、
「アルジャーノンに花束を」
という本がありますが
とってもいい話なので是非是非読んで下さい
最後の方になると涙が止まりません…(涙)
うっそやーんって思う人は騙されたと思って読んで下さい。

以上ですm(_ _)m
 

このページのトップヘ