2005年11月07日

家庭ごみから水素ガス=燃料電池に活用

家庭ごみから水素ガス=燃料電池に活用、実証研究開始−13年にも実用化・京都市
時事通信社
2005年11月06日15時04より

家庭から排出される生ごみから水素ガスを生成し、燃料電池による発電に利用する実証研究が7日、京都市で始まる。
同市によると、バイオマス(生物資源)を発電などに利用する事業は盛んに研究されているが、家庭ごみから水素ガスをつくる取り組みは全国で初めて。
2013年の発電開始を目指している。

 同市と京都大、環境省などの共同研究。
計画では、1日3トンの家庭ごみを旧西部クリーンセンター(西京区)に搬送。
特殊な機械でごみ袋を破り、プラスチックなどと水素の「原料」となる生ごみを分別する。

 生ごみはさらにバイオガス化技術実証研究プラント(伏見区)で発酵させ、メタンガスを主成分とするバイオガスを生成。
これを水素ガスに変換する。


とても興味深い試みです。

2013年の発電開始ですか
なんで
もっと
早く・・・???
まあ、
いろいろあるんでしょうね^^


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking

as_1980sekiko at 05:37|PermalinkComments(10)TrackBack(5)エネルギー | 環境

再生エネルギー発電4%に

福島民友新聞
(2005/11/06 18:18:02)
より

【ワシントン6日共同】太陽光や風力など「再生可能エネルギー」による発電容量が2004年に計1億6000万キロワットとなり、世界の発電容量の約4%に達したとする報告書を米環境シンクタンクのワールドウオッチ研究所が6日発表した。

同研究所は「再生可能エネルギーの力強い成長を裏付けるものだ」としている。

これに最も貢献した国は、小規模水力発電が盛んな中国。

太陽光発電に力を入れている日本は、ドイツ、米国、スペインに続き5位に入った。

 発電容量で上位を占めたのは小規模水力(38%)、風力(30%)、バイオマス(24%)など。

小規模水力やバイオマスは発展途上国で普及しており、発電容量の44%は途上国が占めた。


これに最も貢献した国は、小規模水力発電が盛んな中国。

え〜〜〜
努力してるんですね^^
ちょっと嬉しいです。

日本も
5位
がんばってます。


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking

as_1980sekiko at 03:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エネルギー 

鎌倉市でも禁止

アスベスト建材 鎌倉市でも禁止
14日発注分から

東京新聞>神奈川
2005年11月06日より

鎌倉市は、公共工事でのアスベストを含有する建築資材の使用禁止を決め、十一月十四日以降の発注工事から適用することになった。

 市契約検査課によると、アスベスト含有の建築資材の有無については、公共工事の発注の際、業者から提出される工事施工計画書と、さらに竣工(しゅんこう)検査時と二重にチェックして実施するという。

 ただ現実にはこれらの建築資材はメーカー側が製造中止しており、新たに使用される可能性はほとんどないとしている。
使用禁止の措置は県や横浜市などで既に実施している。


条例や法による
使用禁止は
最低限
必要なことでしょう。

JTのように法が認めているから
タバコを販売しているのだと
健康に害を及ぼす商品を
胸を張って
販売している
会社が
存在しているのですから。


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking

as_1980sekiko at 03:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アスベスト 

袋230個が不法投棄?アスベストか?

ポリ袋230個を不法投棄、アスベストか
TBS
2005年11月06日15:23より

230袋

5日夕方、埼玉県坂戸市の資材置場に茶色い繊維状の建築廃材が入ったポリ袋230個が捨てられているのが見つかりました。
廃材はアスベストか断熱材とみられています。

 5日午後5時30分頃、埼玉県坂戸市の資材置場に建築廃材が入ったポリ袋230個が捨てられているのを近所の住民が発見し、110番通報しました。

 警察の調べによりますと、建築廃材は茶色い繊維状で湿っていて、アスベストか断熱材とみられています。
1袋あたり1キロから3キロくらいの重さがあったということです。

 現場近くでは冷蔵庫や洗濯機などのゴミも捨てられていて、警察は廃棄物処理法違反の疑いで調べています。

VTR


建設廃材230袋が放置 アスベスト含む可能性 埼玉
asahi.comトップ > 社会 > 事件・事故
2005年11月06日18時46分より

埼玉県警は、同県坂戸市紺屋の資材置き場で、石綿(アスベスト)を含む可能性がある建設廃材がポリ袋230袋に入れられて放置されていたと、6日発表した。

県が現場で簡易判定したところ、アスベストを含む可能性があることが分かった。
西入間署は、解体工事などで排出された廃材が捨てられた可能性が高いとみて、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで調べている。

 県警や県によると、袋は透明で、1袋あたり1〜3キロの廃材が入っており、廃材の多くは、建築物に断熱材などとして使われていた吹きつけアスベストのようだという。
廃材は通りかかった男性(48)が5日午後5時30分ごろに見つけ、県警と県に届け出た。

 県は6日、「飛散するおそれがある」として、ポリ袋をシートに包んで撤去した。今後、X線検査などで成分を詳しく調べる。

 資材置き場を所有する建設業者は「いつ捨てられたか分からない」と話しているという。


これが、アスベストの不法投棄か否かは
現時点で定かでは無いですが
これから
この手の通報が
増えるでしょうね
アスベストに限らず
不法投棄の抑止効果として
期待します。


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking



as_1980sekiko at 03:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アスベスト 

就農相談受け付け 19日に札幌でフェア

農業法人、自治体が就農相談受け付け 19日に札幌でフェア
北海道新聞  
2005/11/06 23:12より


北海道農業担い手育成センターは十九日午前十一時から午後四時まで、道内の農業法人への就職や就農を希望する人のための「新・農業人フェア’05 in SAPPORO」を札幌市白石区東札幌の札幌コンベンションセンターで開く。

 従業員を募集している農業法人二十五社と新規就農者の支援態勢のある二十五市町村が集まり、就職や就農の相談に応じる。
正午からは、農業法人に就職したり、新規就農したりした人たちの体験談の発表、午後一時半からは、ラジオパーソナリティーのすずき一平さんのトークショーがある。

無料。
問い合わせは同センター(電)011・271・2255へ。

同センター開催
北海道新規就農・農業体験セミナー)
東京・大阪で開催します 参加費無料

会場
◎東京会場
  池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート 8階 808会議室
◎大阪会場
  梅田スカイビル タワーウエスト22階 D会議室


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking

as_1980sekiko at 02:38|PermalinkComments(0)TrackBack(1)食料問題 

西原町で親子農業体験

沖縄テレビ放送
05/11/06 (日) 11:43
より

植え付けから収穫まで野菜が育つ過程全てに関わることで、本当の収穫の喜びを知ってもらおうと、西原町で農業体験が始まりました。

 この2月の農業体験は西原町が企画したもので、今日の植え付け作業には、21組の親子が参加しました。
食生活について考えてもらおうと、育てる野菜はにんじん、たまねぎ、じゃがいもの3種類で、2月の収穫の際にはこれらの野菜を使ったカレー作りが予定されています。
子ども達は慣れない土の感触におぼつかない足取りで、真剣な表情で野菜を植えつけていました。


沖縄って
今、植え付けして
2月に収穫できるんですね^^
良い農業体験、食育体験につながるといいですね。


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking

as_1980sekiko at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1)食料問題 

長岡市で被害状況情報収集実験

衛星経由で被害状況を伝達/長岡市で情報収集実験
四国新聞
2005/11/06 15:59より

JAXA


衛星経由で被害状況を伝達
損壊状況を撮影する職員

建物の損壊状況を
つえの先についた
小型カメラで撮影する
JAXAの職員
6日午前、新潟県長岡市

新潟県長岡市は6日、防災訓練の一環として、身体に装着できる小型カメラで撮影した被災現場の映像を、人工衛星経由で災害対策本部に送信する情報収集実験を実施した。

 中越地震では道路が寸断され被災現場の状況把握に手間取った。
実験で使った装備は宇宙航空研究開発機構(JAXA、東京都調布市)が開発中のもので、実用化されれば車で行けない場所にも機器を搭載したバイクで入り、上空からでは分からない被害状況をリアルタイムで本部に伝えることができる。

 この日は、長岡市を震源とする震度6弱の地震が発生したとの想定で、JAXAの職員が旧山古志村(現長岡市)に入った。
職員はビデオカメラ付きのヘルメットや衛星利用測位システム(GPS)アンテナなどを身に着け、本部とIP電話で会話しながら歩き回って壊れた建物などを撮影。
約30キロ離れた本部では、森民夫市長らが鮮明に送られてくる現場の様子を確認した。


長岡で大地震想定の防災訓練
[新潟日報 11月06日(日)]
( 2005-11-06-9:26 ) より

長岡市の長岡赤十字病院で5日、大地震を想定した防災訓練が行われた。
中越地震の記憶も冷めやらぬ中、参加した同病院と長岡市消防本部の関係者約300人が連携を確認した。

 訓練は同市川西地区で震度6弱の地震が発生、同病院の看護学校の天井が落下し、50人ほどが下敷きになったという想定で実施。


防災訓練
やれるだけ
やっておいた方が
いいのですけど
関東・東海・東南海・南海地方
での防災訓練
充分なのでしょうか


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking

as_1980sekiko at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1)被災時、被災後の対処法 | 地震

中越地震対応での行政の課題報告

人と防災未来センター、中越地震対応での行政の課題報告
NIKKEI NET
2005/11/06/18:55より

新潟県中越地震にスタッフを派遣した「人と防災未来センター」(神戸市中央区)は6日、行政の対応から浮かび上がった課題などを発表する報告会を同センターで開いた。

 報告によると、被災直後の混乱期には出先機関が多くある県の土木部関係からの情報が有効だったことが判明。
市町村から被害状況を県に連絡する際、県庁の代表番号に電話する以外手段がなかったことから「電話交換手も災害時の職員緊急招集の対象とすべきだ」と提言した。

 経済復興の問題点では「必要以上に救援物資やボランティアを受け入れると、かえって地元産業の立て直しを遅らせる要因にもなる」と指摘。
行政などは被災地内で調達できる物資を把握し、不要な救援物資は断る判断をすべきだと強調した。

 同センターは阪神大震災を機に設立された防災研究施設。
被災直後の昨年10月24日から約20日間で11人の研究員らを派遣。報告会では4人が調査結果を発表した。
最終報告を来年3月までにまとめる予定。

「必要以上に救援物資やボランティアを受け入れると、かえって地元産業の立て直しを遅らせる要因にもなる」と指摘。
行政などは被災地内で調達できる物資を把握し、不要な救援物資は断る判断をすべきだと強調した。



これは・・・デリケートな内容ですが
今後の救援物資やボランティア活動のあり方を
考えさせられますね。
被災地の早期復興あっての活動だけに


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking


as_1980sekiko at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)防災 | 地震

「電池を使い捨てない生活」を提案?

三洋電機、「電池を使い捨てない生活」を提案する次世代ニッケル水素電池「eneloop」を発売
NIKKEI NET
2005/11/01より

「Think GAIA」商品 第一弾

乾電池にかわる21世紀の新電池「eneloop」を11月14日から発売

名称・品名・品番・メーカー希望小売価格・発売日・月産数
  (※ 関連資料を参照してください。)

◆主な特長 

1.「買ってすぐ使える」新しい充電池 
2.電池から梱包まで、GAIA(ガイア)に配慮した設計 
3.乾電池よりもパワフルで長持ち。
  低温放電にも強い 
4.約1000回*2繰り返し使え経済的。
  メモリー効果を気にせず使用可能 


 三洋電機株式会社は、新ビジョン「Think GAIA」を具現化する商品の第一弾として、次世代ニッケル水素電池「eneloop(エネループ)」を11月14日より新発売します。

 「eneloop」は、「電池を使い捨てない生活」という新しいライフスタイルを提案する商品です。
充電すれば繰り返し使え、使い終わった後にはリサイクルする、そんな新しい電池生活を推進するために、三洋電機は世界で初めて*3、乾電池と同じように「買ってすぐ使える」充電池を市場に投入します。

 三洋電機の電池事業は、新ビジョン「Think GAIA」のもと、快適な暮らしと地球環境への配慮を両立させ、「グローバルエナジーソリューション」および「LOHASライフスタイルソリューション(健康で快適なライフスタイル)」を提案してまいります。


*1:三洋ブランドでの国内発売のみの数量
*2:JIS C8708 2004(4.4)の試験方法に基づく寿命の目安(寿命は使用条件、機器により異なります)
*3:2005年11月1日時点、市販用ニッケル水素電池において(三洋電機調べ)
 
  
■新ビジョン「Think GAIA」  未来の子供たちに美しい地球を還そう
 2005年7月1日、三洋電機は新ビジョン「Think GAIA」を掲げました。
GAIAとは、ひとつの生命体のように生きている惑星としての「地球」、そして地球に存在するひとつひとつの「いのち」と、ひとの集まりである「社会」をあらわしています。
三洋電機は、「地球はどう思うだろう」、「いのちや社会に喜ばれるだろうか」と常に問いかけながら、コア技術と将来技術を組み合わせて商品・サービスを提供してまいります。
 

◆同電池対応の充電器と「eneloop」がセットになった、急速充電器セットもあわせて発売します。 
  
 急速充電器セット 
  品 名:コンパクト急速充電器セット 
  品 番:N−MDR02S
      (単3形eneloop 2個付) 
  メーカー希望小売価格:オープン 
  発売日:2005年11月14日 

(※ 以下、詳細は添付資料を参照してください。)

● 関連リンク
三洋電機(株) ホームページ

● 関連資料
製品画像(1)
製品画像(2)
名称・品名・品番 など
詳細 PDF

「小学校ENERGY EVOLUTION PROJECT」をスタート

「小学校ENERGY EVOLUTION PROJECT」概要

【内  容】 <充電池寄贈>学校の規模および乾電池の使用状況により、充電池新商品(単三形タイプ100〜150個)と充電器(10個程度)を寄贈します。
現在使用している乾電池の容量がなくなり次第、充電池に切り替えていただきます。
<環境授業>講師(三洋電機社員・OB等)が充電池を導入する小学校に出向き、当社提供の環境教材を使って、充電池などを題材とした、環境問題についての授業をおこないます。
(1校につき1時間程度を予定)

【対 象 校】 「小学校ENERGY EVOLUTION PROJECT」に賛同いただける日本の小学校
【募集概要】 募集期間は11月14日〜3月31日
応募方法など詳細については11月14日開設予定の専用ホームページに掲載
http://www.sanyo.co.jp/eep


なかなか魅力的な商品ですし
「小学校ENERGY EVOLUTION PROJECT」もいいんじゃないでしょうか


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking

as_1980sekiko at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年11月06日

動物遺棄問題

捨てられた犬の行方を追う [1]/1平方メートル余のオリに16頭
八重山毎日新聞
2005-10-17 | 社会 より

“馬乗り”状態で石垣から 終着地はガス室
八重山犬
拡大表示石垣島で犬をめぐるトラブルが絶えない。
群れをなして子牛を襲うなど家畜被害も相次ぐ。
八重山福祉保健所などが捕獲に乗り出す。そうやって捕まえ、あるいは持ち込まれる犬は年間700頭余。
その8割は飼い主が現れなかったり、もらい手がみつからなかったりして本島に送られてくる。そう、殺処分されるために。
犬の受難。見捨てられた犬の行方を追った。
(比嘉盛友記者)

10月7日(金曜日)の那覇新港。
コンテナが立ち並ぶ貨物置き場に1メートル超四方の金網状のオリが置かれている。
中には16頭の犬。
首輪をつけたのも6頭。
黒、白、茶など毛色もさまざまだ。
立つスペースがないほどのぎゅうぎゅう詰めで、馬乗りのような姿勢の犬も。
すべて、前日の木曜日に石垣港を出港した貨物船で運ばれてきた犬たちだ。

10月だが、日差しは強い。
この日朝に陸揚げされた16頭はここで数時間の待機。
午後2時になって1台のトラックがやってきた。
オリはすかさずフォークリフトで持ち上げられ荷台に。
トラックが発車する。
揺られること40分。
大里村の県動物愛護センターに着いた。
他の保健所から持ち込まれた犬たちが収容されている最中で、しばらく待たされる。

オリに近づくと強烈な異臭が鼻をつく。
大型の犬は元気だが、小犬などは隅に追いやられ、金網に顔を押しつけられるようにして立ったまま動かない、座ったまま顔を上げない。
近寄っても、ウンともスンとも発しない。
伏し目がちだ。長旅で疲れ果てているのだろうか。

「外で待っていて下さい」。
積みおろし場のプラットホームはシャッターが下ろされ、厳重管理のもとトラックの荷台からおろす作業が始まった。
部外者の立ち会いは許されない。
逃げられたり襲われたりしたら大変だ。

16頭はオリの開閉口からそのまま鉄格子で仕切られた通路を通され、「5号成犬室」に収容された。

県動物愛護センターには犬を抑留するための部屋が1号から5号まである。
収容される犬が最初に入るのは1号。
翌日に2号、翌々日に3号と日を追って5号に近づいていく。

ここで5日間待機するが、この間に飼い主への返還や譲渡がない犬たちは5号からガス室に送られることに。

八重山福祉保健所からくる犬はすでに抑留期間(3日間だが実質1週間)を過ぎているため5号直行だ。
ここが見捨てられた犬の終着地。
これで16頭は週明けに殺処分を待つだけの身となった。


しっかり管理できない人は動物を飼ってはいけません。
犬、猫に限らず
噛み付き亀とか
サソリ
ワニ


昆虫
etc

参考
子牛13頭死傷/宮良や平得など犬の被害ひん発/“首輪”犬が襲う

これから犬を飼うひとへ

日本の侵略的外来種ワースト100

世界の侵略的外来種ワースト100について

外国からやってきた生き物たち

「外来種、逃がさないで」 クワガタ人気で小池環境相


環境問題・保護ブログ ランキングに参加しています。ご協力のクリック、よろしくお願いします。
ranking

as_1980sekiko at 12:55|PermalinkComments(2)TrackBack(1)環境