2005年09月16日

バラスト水の深刻な事態3

バラスト水とは
貨物船が空荷で航行する際、船体を安定させるために積み込む海水。到着した港で荷を積む際に捨てられ、中に含まれていた生物が本来の生息地でない環境中に拡散する。
生態系の破壊につながるほか、養殖魚類への害や、食用の貝類が人に有害なプランクトンを取り込んで起きる「貝毒」など、人への健康被害も問題になっている。
(西日本新聞社のワードBOX)より


私がこの言葉を初めて意識したのは、
テレビ朝日『素敵な宇宙船地球号』
[第386回] 6月12日 23:00〜23:30 放送
「外来種は警告する Vol.2」
〜マリンペストに襲われた町〜

というテレビ番組からでした。
(以下、番組サイトより抜粋)

南オーストラリアのタスマニア島。
北海道より一回り小さなタスマニア島の東海岸に、人口わずか900人のトライアブナという小さな町があります。

16年前、日本とタスマニア政府の共同事業ホタテ貝の養殖が始まりました。
日本人が養殖方法の指導を行い、街の主要産業の一つとなりました。
このホタテ貝の養殖が大打撃を受けています。

その原因は、ヒトデの大繁殖にありました。
無数のヒトデが海底を覆い、ヘドロの海と化しているのです。
もともとタスマニアの海にはいるはずのないヒトデがどうしてこんなにも増えてしまったのか。
地元研究者らがヒトデのサンプルを取ってDNA鑑定をしたところ、これらは、日本にいるマヒトデだということが判明したのです。
そして、日本からヒトデを運んできたのは、船のバラスト水だと思われます。

世界中から資源を輸入している日本は、バラスト水の輸出大国。
輸入国に戻った船は、バラスト水とともにその中に含まれる大量の微生物マリンペストを海に放出します。
その量は1年で3万トンにもおよびます。

皮肉な話ですね。

バラスト水に関しては下記サイトがおススメです。
国土交通省
「船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約」の採択について

の下方にある参考資料PDF
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/10/100216/01.pdf

人気blogランキングに参加しています。ご協力のポチッと一押し、よろしくお願いします。
ranking1

本日のおススメ品
記事と絡まなくて大変恐縮なのですが・・・

グッドデザイン賞受賞の
バイオレッタソーラーギア
乾電池の充電はモチロン
バイオレッタ本体と携帯充電ケーブルの組み合わせで、陽が差す所なら携帯をどこでも充電!



バイオレッタソーラーギア





as_1980sekiko at 09:57│Comments(2)TrackBack(2)環境 | 自然

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 太陽工房/バイオレッタ ソーラーギア  [ グッドデザイン賞主催者公式ウェブログ ]   2005年09月29日 09:30
2001年度グッドデザイン中小企業庁長官特別賞を受賞した「太陽工房/バイオレッタ
2. 太陽工房/バイオレッタ ソーラーギア  [ グッドデザイン賞主催者公式ウェブログ ]   2006年03月18日 22:47
2001年度グッドデザイン中小企業庁長官特別賞を受賞した「太陽工房/バイオレッタ

この記事へのコメント

1. Posted by MZK   2005年09月17日 20:20
TB、コメントありがとうございます。

確かに世界の環境問題はひどくなっていく一方で、なんら対策を考えていない人が多いという現状なんでしょうねで。。。

やはり地球防衛軍の結成が待ち望まれる!!
といったところでしょうか(゚゚;)

まずは身近なところからでも、少しずつ・・・。
2. Posted by エコエコ明日はグー   2005年09月22日 14:17
>やはり地球防衛軍の結成が待ち望まれる!!
といったところでしょうか(゚゚;)

地球防衛軍に志願しますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔