メニューへ | 本文へ


本文へ | ページの先頭へ

オートサービスたかはし > ブログ : Mechanic Broadcast メカニック・ブロードキャスト


メニューへ | ページの先頭へ

スーパー耐久 RD1

 こんにちは!オートサービスたかはしの高橋幹尚です。今シーズンも、シンリョウレーシングのチーフメカニックとしてスーパー耐久に携わる事になりました!これまでの経験を活かし、チーム&マシンとして最良の結果を出せるよう頑張っていこうと思います。今シーズンのスーパー耐久は、富士スピードウェイからのスタートです。シリーズで一番長い4時間の耐久レースだけに、開幕戦という事もあり気合十分で富士入りしました。
 
 今回はレース2日前の金曜日に北海道を出発して静岡県御殿場市に入り、翌土曜日に富士スピードウェイ入り。土曜日は午前1時間、午後1時間のスーパー耐久占有走行枠が設けられており、その時間を使ってセットアップを行います。しかし午前中は雨模様…翌日の天気予報は晴れなので、とりあえず慣らし程度の走行&セッティングのみ行いました。その雨も午後には上がり、路面はドライに。ここから翌日に向けての本格的なセットアップを開始。今回の富士は4時間の耐久なので、エンジンは“燃費”と“速さ”のバランスを取るように、足回りやタイヤに関してはグリップ力と摩耗のバランスを取るよう、それぞれセットアップ。また、ブレーキに関してもキャリパー・ローター・パッドを数セット用意し、ドライバーのフィーリングに合わせてチョイスしました。
 ちなみにこの日、低気圧の影響で気圧が低くなっており、セットアップにも様々な弊害が出ていました。エンジンはブーストが上がりにくく、吸気温度が高くなりがちに(気圧が低いと空気が冷えにくいんです)。翌日は気圧も上がる事が予想されていたので、方向性だけ見ておいてセッティングしていましたが、午後の占有走行枠でのセッティング走行中に痛恨のタービンブロー!本番中じゃなくて良かった…。走行終了後にタービンを交換し、翌日への準備は整いました。
 
 そして迎えた決勝当日。天気予報の通りの晴れ模様で路面はドライ、気温は若干低めでしたが、絶好のスーパー耐久日和となりました。思っていた通り気圧が高くなり、交換したタービンの性能(タービンには個体差があるので)を、予選でブーストの上がり方等をチェックしながら走行してもらいます。セットアップの成果か、チェックしながらの走行ながらAドラがクラス2番手タイムをマーク!しかもBドラに至っては予選トップタイム、しかも2クラスの富士のコースレコードを樹立するというオマケ付き!結果、総合では6番手、クラスのポールポジションを獲得しました。
 結晶レースは、Bドラがスタートドライバーでポールスタート。レース序盤は、2番手スタートの20号車・RSオガワと1時間近く激しいバトルが繰り広げられます。しかし20号車に対してオレンジボールが出てしまい(バンパーのアンダーパネルが外れ掛かっていたため)、ここで我がシンリョウレーシングが単独トップに!その数周後に1回目のピットイン。この間に、59号車のインプレッサがトップに浮上。しかしシンリョウレーシングは、コースインしてからわずか10分で再びインプレッサを射程圏内に捕らえこれをパス。再びトップに返り咲きました。
 トップに立ったからといっても、手放しでは喜べません。というのも、我がチームのランサーと59号車インプレッサでは、給油タイミングの違いがあるからです。ランサーは満タンで1時間10分持つのですが、インプレッサは1時間20分燃料が持ちます。この10分の差が大きく、ランサーが3回給油になるのに対し、インプレッサは2回給油での完走が可能なのです。なので、インプレッサに対して1回分のピット所要時間分(約2分)引き離しておく必要があります。ここでドライバーが踏ん張りを魅せ、1周あたり2〜3秒の差を付けて周回を重ねます。その頑張りのおかげで、ピットストップ回数のハンデがありながら、最終的には逆に1周以上の差を付ける事に成功し、トップのままチェッカー!開幕戦で、トラブルもなくクラス優勝という最高の結果を出す事ができました!ちなみにシンリョウレーシングは、チーム創設11年目にして初のクラス優勝!この瞬間に立ち会えた事をとても嬉しく感じています。

スーパー耐久2011 茂木ロードコース

 こんにちは!オートサービスたかはしの高橋幹尚です。今回は、先月号の続きである最終戦・もてぎロードコースでのレースの模様をご紹介します。
 オーバルコースでのレースが開催された翌日である11月27日、スーパー耐久の最終戦がツインリンクもてぎのロードコースで開催されました。この日は練習走行が無く、予選と決勝のみというガチンコ勝負です。ただ、マシンの方は金曜日にセッティングしてありましたし、前日開催されたオーバルで使用したマシンとは別のマシンでのレースでしたので、マシンも気持ちも切り換えてのレースとなりました。
 
 迎えたスーパー耐久最終戦、まずは予選から始まります。我がシンリョウレーシング、予選ではAドラ・Bドラ共にクラス2番手タイムをマークし、総合6番手・クラス2番手という上々のスターティンググリッドを獲得しました。
 そして決勝、これが2011シーズン最後のレースです。スタートドライバーであるBドラは、スターティンググリッドであるクラス2番手をキープしながら周回を重ね、22周で1回目のピットイン。ここでドライバーチェンジとタイヤ交換・燃料補給を行いました。ピット作業により、Aドラがコースインした時は暫定5番手になっていましたが、そこから他のチームのピットインやAドラが巻き返しを図ったことで、順位は3番手にまで浮上!そのままチェッカーを受け、3位入賞を果たしました。
 しかしその後、2位のチームが優勝したチームのマシンに抗議を提出し、再車検の申請を出したのですが、優勝チームのマシンが再車検を拒否したために失格となり、我がシンリョウレーシングチームのランサーは繰り上がりでクラス2位に。結果、シンリョウレーシングチームはシリーズランキングでも3位に入賞することができました!
 
 2011年のシリーズを振り返ってみると、ほぼ全戦でポイントが取れたというのがやはり嬉しいですね。シリーズを考えた上でリタイヤ(0ポイント)を無くすというのは重要な作戦なんです。そう考えると2011シーズン、リタイヤが1回しかなかった(先月号で紹介したもてぎオーバルレースの2ヒート目のみ)というのは、いかにクルマを壊さずに堅実なレースが出来たかを象徴していると思います。ですが、反省点も多々あります。クルマを壊さずにレースするのも重要ですが、速さがなければ当然勝つことは出来ません。マシンが遅ければ壊れにくくなります。ですが速さを重要視すると耐久性に問題が生じてしまいます。来シーズンは、耐久性と速さという2つの事項を上手くバランスさせ、少しでも速さをGET出来るようにセットアップしていきたいと思います。
 DSCN1588
 最後に…。
当社では、現在モータースポーツを楽しんでいる人から、これからモータースポーツに挑戦してみたいという人まで、モータースポーツ好きな方を本気で応援しています。北海道内で開催されているレースや走行会に参加するのも楽しいですが、本州で開催されているレースにもっと目を向けても良いのではないでしょうか?地方に住んでいても全国を転戦するレースに参戦している方も全国には多数おります。特にスーパー耐久はプロとアマが混在しているレースなので、参入しやすいカテゴリーと言えます。平中克幸(札幌出身・GTドライバー)のようなドライバーがこの道南地区から育ってくれれば嬉しいですよね。本州のレースやサーキットに興味があるという方、まずはお気軽にご相談下さい。チームの斡旋や紹介等、出来る限りご協力させて頂きます。2012年は、もっとみんなでモータースポーツを楽しむ!そんな年にして行きましょう!

スーパー耐久2011 茂木オーバルコース

69fc7fce.jpgこんにちは!オートサービスたかはしの高橋幹尚です。去る11月26日&27日、スーパー耐久の最終戦が開催されました。最終戦の舞台となったのは、栃木県にあるツインリンクもてぎ。オーバルコースとロードコースという2つのコースから成り立っている、本格サーキットです。
 今回の最終戦は2DAYSで開催され、26日はオーバルコースを使った2ヒート制のレース、27日はロードコースを使った今シーズン最終戦という豪華2本立てのレースとなりました。今回は、26日に開催されたオーバルコースでのレースの模様を紹介します。
 
 僕は今回、レース2日前の木曜日に函館を出発しまし、その日のは栃木県宇都宮市で1泊。翌25日にツインリンクもてぎ入りしました。今回はオーバルコースとロードコースという、種類の違うコースでのレースでしたので、わがチームではオーバル用とロード用、計2台のランサーを用意しました。この日はスーパー耐久の占有走行日で、ロードコースは1時間×3本、オーバルコースは30分×2本の走行枠が設けられています。今回は2台のマシンをセットアップしなければならないので、朝から大忙しでした。
 ツインリンクもてぎのコースはストップ&ゴーが多いレイアウト。またアベレージスピードも高く、他のサーキットに比べてブレーキへの負担が多くなります。ちなみにオーバルコースの場合、1周2.4kmという短い距離ながら、アベレージスピードは180km/h。鈴鹿サーキットのアベレージが157km/hということを考えれば、どれだけブレーキに負担が掛かるか想像できますよね。そこで今回は、足回りとブレーキに重点を置き、ブレーキの効きとライフ・前後バランスを考えた上でセットアップを行いました。
 
 翌26日はオーバルコースでのレース本番。当日は気温が低めながらも好天に恵まれ、コースコンディションはドライ。前日、オーバルコース用にセッティングした状態で、まずは予選に挑みます。オーバルコースは文字通り“楕円形”で、シケインはありますが長い直線が2本あるのが特徴。しかし我がチームのランサーはコーナリングスピードを稼ぐための電子デバイスにより、ストレートスピードが他のマシンに比べて若干遅いんです。それでも、予選ではクラス4番手タイムをマークし、総合9番手からの決勝スタートとなりました。
 1ヒート50周×2ヒートで行われる決勝、1ヒート目はBドラがスタート直後に順位を1つあげ、3番手に。Aドラにチェンジしてからも、2番手を走行する20号車(RSオガワ)とテールtoノーズの大接戦!大きなトラブルもなく、1ヒート目は3位でチェッカーを受けました。
 続く2ヒート目、同じく4番手スタートながらすぐに3番手に浮上した我がチームのランサーは、1ヒート目のレースと同じく20号車とのバトル。しかし13周目、エンジントラブルが発生してしまい、結果エンジンストップ。無念のリタイヤとなってしまいました。
 
 2ヒート目はポイントを獲得することができませんでしたが、1ヒート目のポイントによりシリーズ争いも上位に食い込める感触を掴みました。次はいよいよ翌日に迫った最終戦・ロードコース!この模様は次回のブログで紹介しますのでお楽しみに! 
 
 

お問い合わせ先

電話番号
0138-48-1333
郵便番号
〒049-0111
所在地
北海道北斗市七重浜8丁目1-25
会社名
オートサービスたかはし
FAX番号
FAX: 0138-48-1357

レースサポート、函館市・北斗市の自動車整備・自動車修理・車検・板金・塗装などご相談ください。

スペシャルコンテンツ

  • レース スポンサー募集
検索
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ


ページの先頭へ

Copyright © 2009 Auto Service Takahashi.
All Rights Reserved.

メニューへ | 本文へ | ページの先頭へ