勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

今日のメンバー


             武蔵

    チャナ        ルーカス

菅                            中野

       宮澤    深井

  福森   ミンテ   進藤

           ソンユン



控え 菅野、直樹、早坂、金子、荒野、岩崎、ジェイ



 コンサのボールでキックオフ

 パスがなかなか通らない

 ボールを持たれている。


 福森から菅へ菅のシュートはキーパーに当たってコーナーに。惜しい。

 福森のコーナーははじかれる。

 ルーカスの落としに武蔵のシュートは枠の右

 福森のコーナーは相手にはじかれる。

 菅のクロスにルーカスのヘッドはキーパーに

 相手コーナーのカウンターから武蔵へは通らない。

 中野のシュートはDFにあたる。

 チャナが倒されて良い位置でFKのチャンス

 福森のFKは壁に当たってコーナーに。惜しい。

 ショートコーナーから菅のシュートは枠の上

 チャナのシュートはキーパーにはじかれる。惜しい。真ん中の高めだった。

 福森のコーナーははじかれる。

 武蔵のふりむきざまのシュートは枠の右

 ロスタイムは1分 最後宮澤が裏をとられてペナで倒すもPKをとられず。良かった。

 前半終了。序盤を除き圧倒的にボールを支配して攻撃するもシュートはいいところに入らず。決定的なシーンを何度もつくらないと。後半点をとって勝つぞ


  後半は相手のボールでキックオフ。交代はなし。

 FKのチャンス 福森のFKは相手にはじかれる。

 中野のドリブルはコーナーに

 福森のコーナーからルーカスのヘッドは枠の上

 福森のクロスから武蔵のヘッドはキーパー正面。惜しい。

 中野が倒され良い位置でFKのチャンス

 福森の鋭いFKはGKがはじき当たってGKがとる。

 1枚目の交代は宮澤に代えて荒野

 真ん中の深井からゴール前に斜めに中野が入って行ってGKと1対1になるもシュートは打てず。惜しい。

 コーナーのチャンス。福森のコーナーはGKにとられる。

 FKのチャンス 福森のFKはゴール左に外れる。

 ルーカスのシュートは枠の上

 FKのチャンス 2枚目の交代は菅に代えてジェイ

 中野が左、右にルーカス、武蔵がシャドー

 福森のFKから武蔵のヘッドはキーパーに

 3枚目の交代はチャナに代えて金子

 荒野にイエロー

 ロスタイムは3分

 カウンターから危ない場面もミンテがよくカバーした。

 福森のFKははじかれる。

 試合終了スコアレスドローだった。

 点がとれない。これで3試合連続無失点。

 引いた相手になかなか崩せなかった。決定的なシーンもあったがシュートが正直すぎてGKに防がれたり、決定的な場面が少なくもっと欲しかった。

 シュート18本打って決まらないのは困りもの。

 崩しのアイデアももっと出していきたい。

 そしてカウンターをもっと正確に。

 素早い攻撃を仕掛けたかった。

 ホームで引き分けは負けと同じ。
 幸い次もホームなのでここでなんとか勝って上位にいきたい。




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ
 

明日のホームG大阪戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー


            ジェイ        

                  

         チャナ        武蔵



菅                           ルーカス

        深井       宮澤            

  福森     ミンテ     進藤                  


            ソンユン  


 控え 菅野、直樹、金子、早坂、荒野、中野、岩崎

 システムは3-2-3-2
 
  ジェイが先発だろうか。


   前節はアウェイで後半ミスから失点、そしてカウンターから追加点をとられて0-2で敗戦。残念な試合だった。アウェイの2試合で勝ち点1は厳しい。ホームに戻って
 この試合は是が非でも勝ちたい試合。上に行くには勝つしかない。


  GKはソンユン。
  前節は2失点。2失点目はブラインドになっただろうか。しかし、この試合は数々ビックセーブを連発していた。G大阪もDFの裏を抜けるのがうまいチーム。ポジショニングに気をつけてしっかり守ろう。まずは前半で失点はしたくない。また、ロングボールに気をつけてやってほしい。


    CBは福森、ミンテ、進藤


  福森は 守備ではカウンターに気をつけて守りたい。無理な飛び出しをしないようにしたい。相手の攻撃はこちらに集中してくると思うので、しっかりブロックを敷いて守っていきたい。福森の上がったスペースを突かれたり、福森が交わされたりで、穴にならないように他の選手はしっかりカバーしたい。
  攻撃はいつものようにチャンスならば上がってサイドから良いパス、クロスを入れて行きたい。ロングボールやサイドチェンジのボールも積極的に蹴っていきたい。
 G大阪はカウンターが鋭いの攻守の切り替えを素早くやろう。
 CKは正確なボールを蹴ってチャンスを演出しよう。
 FKのチャンスがきたら必ず決めよう。
 ミドルシュートも打っていきたい。
   
  ミンテはこのところよい守備をしている。
 カウンターに気をつけて、しっかり守ろう。
 相手の2トップは体が強いので1対1に負けないようにしたい。
 相手のスピードに乗ったプレーにはくれぐれも気をつけてファウルにならないように気をつけたい。
  また、サイドにスライドする場面もあるだろう。しっかりファウルなしで相手を止めたい。
 本当に危ないときにはプロフェショナルファウルはやむを得ないだろう。
 攻撃ではミンテの所から縦パス、ロングパスを入れていきたい。
  効果的なパスを入れて攻撃のスイッチを入れよう。


 進藤は、守備はしっかりブロックを作って守って相手のサイドからの侵入を防ごう。
  相手はサイドを狙ってくると思うのでサイド攻撃に気をつけよう
 最後は1対1では負けないようにしたい。
 プレスはさほどでもないと思うがしっかりパス回しをして素早く攻撃に移りたい。
 チャンスならば思い切って縦に勝負しよう。
 また攻撃時のケアを忘れずに。
 相手のカウンターには要注意だ。
 前掛りになっているときのケアをしっかりやりたい。
 相手のセットプレーに気をつけて。


 ボランチは深井と宮澤

 深井はこのところ調子がいいので、より集中して怪我のないようにやりたい。
  中盤でどれだけセカンドボールをとれるか。プレスをしっかりかけて中盤を制しよう。自陣でのパスミスは命取り、危険なシーンを作らないようにしたい。
 相手のカウンターにはくれぐれも注意したい。
 素早く戻ってカウンターに備えよう。
 厳しくいくところは厳しく行って危険な場面を作らないようにしたい。
 1対1で負けないようにしたい。
  危ないところでのファウルは気をつけなければいけない。
 ボールを奪われたなら素早く戻って態勢を整えよう。
  攻撃はチャンスならば積極的に前に出て欲しい。
 ミドルも狙っていきたい。

  
  宮澤は、前節直接失点につながるミスをした。しかし、1週間あいて疲労もとれただろうか。この試合は中盤での宮澤の働きが重要だ。
  ボールを持ったら、素早く持ち上がり味方に決定的なパスを出そう。
 ボールを持ってリズムを作り、サイドに散らして攻撃に移ろう。
   相手ボランチとのボールの拾いあいになると思う。また、相手ボランチに厳しくプレスをかけよう。持ち上がって前線の動く選手のところにパスを出したい。
 前線に勢いよく駆け上がってシュートまで持っていきたい。
 ボールを奪われないように1対1で負けないようにしよう。

  ウイングバックは菅とルーカス

  菅はとにかく相手のウイングバックに負けないで押し上げていこう。サイドを思い切って上がって行こう。スペースに走って相手を抜いてクロスを上げたい。
 アーリークロスもいいがサイドを深くえぐってマイナスのセンタリングを上げていこう。
 CBからのロングボールに素早く走り込みフリーになろう。
 良い位置で前を向いたら積極的に仕掛けていきたい。サイドから中に入って行ってシュートまで行こう。
 守備ではポジショニングに気をつけてマークする相手に振り切られないようにしたい。
 福森とチャナといっしょにしっかり守って、隙を見せないようにしたい。
 福森の上がったスペースをうまくカバーしよう。
  相手のカウンターに気をつけたい。
 危なくなったら体を張って止めよう。 


  ルーカスは疲労が心配だが、明日もサイドを動き回って相手をキリキリ舞いさせよう。 右サイドを積極的に上がって前を向いて行きたい。
 得意のドリブルで中に入ってシュートまで行こう。 
 サイドからどんどん縦に突破して相手陣地の深いところをえぐって行きたい。シュートはチャンスならばどんどん打って行こう。
 相手を釘付けにするくらいの迫力で行きたい。
 切り返しもいれて相手を翻弄したい。
 守備ではしっかり相手について行こう。体を張って止めることも必要だ。
 粘り強く守備にいきたい。


 シャドーはチャナと武蔵


   チャナはいつものように前線で動き回ってボールを出し入れしてほしい。
 得意の運動量で前線をかき回してほしい。
 前線からプレスをかけて相手のパスを分断しよう。
 スペースに抜け出す動きを頻繁にして相手を混乱させよう。
 前線でボールをキープして、シュートコースが空けばシュートを打っていきたい。
 前後左右に動き回り、決定的なシーンをつくってゴールに迫ろう。
  味方はチャナを生かすためにスペースを作ってあげよう。
 武蔵との関係をうまくやってほしい。
 ゴール前でドリブルで仕掛けて、相手のミスを誘おう。
  シュートをどんどん打っていきたい。チャンスがあれば自分で決めよう。
 必ず点をとろう。

  もう一人のシャドーは武蔵
   武蔵は前節ゴールできなかった。
 もっと判断を速くしてシュートまでもっていこう。
 得意のスピードで相手DFの裏を狙ってほしい。相手が前掛かりになったらチャンスが訪れる。武蔵のスペースに抜ける動きで決定的なチャンスを演出して欲しい。
また、サイドからのクロスに反応して飛び込んでほしい。点で合わせれば得点は必ず得点がとれるはずだ。
  ジェイやチャナ、ルーカスとのコンビで相手を崩しシュートまでもっていきたい。
 ゴールを決めよう。


FWのジェイは約2ヶ月ぶりの出場
 まずは前線でボールを保持してタメを作ってほしい。
 周りを使ってシュートまでもっていきたい。
 チャンスは必ずある。必ずシュートを打とう。
 怪我の影響はあるかもしれないが頑張ってプレーしてほしい。
サイドからのクロスにあわせよう。
  シュートは枠に。
周りは決定的なシーンを演出しよう。
 ゴールをとってくれ。

 守りで入る場合には高さをいかして守ろう。
 攻撃するために入ったらシュートを打って必ず決めよう。

 
  
   控えの菅野はルヴァンカップでは2失点だった。この試合は出場の機会はないかもしれないが、いつものようにベンチでの盛り上げ、声出しをしてほしい。チームの盛り上げ役としていつものようにゴールになったときは真っ先にゴールした選手にかけよって行って選手をたたえて欲しい。なかなか出場の機会がないと思うがチームの盛り上げをお願いしたい。 


   直樹は怪我から復帰して久しぶりのベンチ。
 もしかしたら守備固めで出場するかもしれない。
 出場したら左サイドに蓋をしてしっかり守っていきたい。
  相手の右サイドは強力なのでブロックを敷いて隙のない守備をしたい。
 チャンスならば積極的に上がっていきたい。サイドを駆け上がって決定的な仕事をしよう。

  控えの金子はルヴァンカップでゴールを決めた。連戦で疲労が
心配だがなんとかやってほしい。持ち前の切れの良い動きをして相手を押し込みたい。
 ボランチかサイドかシャドーかはわからないが出場したら懸命に動き回って相手を混乱させよう。
 とにかく決定的な仕事をしてほしい。
 プロのスピードにも慣れたはず。思い切ってプレーして欲しい。


 控えの早坂はいいところで出場する可能性がある。
  どこのポジションで出場するかはわからないが、いつものようにミスの少ない動きをしてほしい。攻撃では積極的にボールに絡みチャンスを演出しよう。
 サイドからクロスを入れるのもいいし、自分でドリブルしてシュートまで持っていくのでもいい。
  守備ではスペースを埋めて堅く守りたい。
  相手はカウンターが得意なのでパスミスはできるだけしないようにしたい。
 攻撃ではスペースに果敢に前に出て行ってシュートまでもっていきたい。
 

 控えの荒野はシャドーで先発かもしれない。出場したら相手にプレスを厳しくかけてボールを刈り取りたい。
 守備はあまりスペースを空けないで守っていきたい。
 動き回るのもいいが、回りを考えたプレーを
 できるだけ、素早く頭を使ってパスをしよう。
 攻撃はワンタッチのパスやワンツーを使って相手のペナ内に侵入していきたい。
 シュートコースが空いたら必ず自分でシュートをしよう。
  シュートは枠に入れよう。


 控えの中野はルヴァンカップではキレの良い動きをしていた。出場したらどんどんサイドから切れ込んで相手をかわしてクロスまで持っていきたい。
 パスミスはしないように慎重にそして大胆にプレーしよう。
 得意のドリブルでどんどん仕掛けて行きたい。
 決定的なシーンを演出してほしい。


   控えの岩崎は出場したらDFの裏を徹底的に狙っていきたい。スピードを上げて突破していきたい。運動量で前線をかき回してほしい。サイドに流れるのもいいだろう。スペースをつくる動きをして外の選手をスペースに入り込ませよう。
パスは落ち着いて正確に出して、決定的な仕事をしよう。
 相手のペナに入っていきシュートで終わりたい。必ずゴールを決めよう。


 G大阪はバランスがとれたチームだ。
 パスもつなげるし、適度にロングボールも使ってくる。
 FW2人は強力でDFの裏を狙う動きが得意。
 この動きには気をつけなければいけないだろう。

  また、調子が良ければショートパスをつなげてワンタッチでボールを運んでくる。
 この動きにはしっかりとプレスをかけていかなければいけない。
 G大阪はこのところ3バックなので互いに引くとサイドが堅くなる。
いかに素早くサイドを攻撃するか、引かれた場合にはサイドをこじ開けるかがポイントとなる。

 攻撃ではいかに中盤でボールを持てるか。セカンドボールを拾って2次攻撃、3次攻撃を仕掛けることができるか。G大阪もボールを持つことができるチーム。こちらがより多くの時間でボールを持てればチャンスが広がるはず。
 ホームなのでとにかく積極的に行こう。ボールを持ってとにかく攻めることだ。
 ただ、カウンターには気をつけて、攻守の切り替えは速くしよう。
  とにかく3戦ぶりの勝利が見たい。ホームで勝利を
 
 
     
    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ
  

 昨日は引き分けだったが、グループステージを突破したのでスポーツ新聞を全紙買ってきた。


 タイトル


 日刊「金子突破弾弾ルーカス」

 道スポ「札幌2年ぶり突破金子プロ1号」

 報知「コンサ突破」

 スポニチ「金子弾 コンサ首位突破」


選手たちの言葉

 日刊

 ミシャ「昨年を上回る結果を残していきたいという目標のもと、トレーニングを積んできた。形にできえたことがチームの底上げ、全体が成長していることを示せた。」

 ルーカス「左(足)に切り替えてスペースを作ることができた。」

 福森「自分も今年はルヴァン杯も出るつもりだったし、キャンプで走り込んだ分、連戦もこなせた。」
「個人的には優勝を目標にしたい。」

 金子「出るからには爪痕を残さないと」


 道スポ

 金子「ゴール前で自分の特長を出すことができました。いいボールが来て狙ったところに打てました。」
「移動も含めてキツいですけど、呼んでもらっている。ありがたいこと。与えられたチャンスを生かしたかった。」

 ルーカス「チームに貢献するのが自分の役割。一番に貢献できるのはアシストやゴール。」


ミシャトーク
抜粋

(試合を振り返って)
「自分たちがグループステージを突破するという一番欲しい結果を得ることができた。若い選手が多く出た中、良い部分とそうでない部分が出た。2-0から3点目を取れるチャンスは多くあった。決めきれずきわどい試合となった。」
(昨季とチーム状況は異なるが、札幌を率いて2シーズン目。見事に1次リーグを突破した。)
「今年はチ-ムとしての底上げができている。成長していることも示した。でもまだまだ成長していかなきゃいけない。」


 報知
金子(パスミスが相手のカウンターになるなど、前半は不本意な時間となった。)「ハーフタイムにミシャが『ミスを恐れるな』と声をかけてくれて、気持ち的な部分で整理ができ、前向きにやろうと思った。」


 スポニチ
ルーカス「得点につながるプレーを意識していたので、非常に良かった。」



 勝って終わりたかった。最後はロスタイムに失点したが、ここがコンサらしいと言えばらしいか(笑)あくまでもさらに1点とりに言くので逆にカウンターからバタバタしてしまって最後は失点した。これがしっかり守れればよいとは思うが。
 得点は久しぶりだった。
 前半、なぜか湘南のバイタルがぽっかり空いて檀崎やルーカスがフリーになった。檀崎のシュートは惜しくも入らなかったが、ルーカスはボールを持って入り、1人かわして左足でゴールした。
2点目も素晴らしい点だった。
中野が狭いスペースの中ピンポイントでパスを金子にだし、金子が利き足の左でゴール右隅に蹴り込んだ。

 そこまでは良かったが、ミシャも言っていたが3点目をとれないとこうなってしまう。
 檀崎や中野の惜しいシュートがあったが決めきれず。相手が前線で高さを生かす攻撃にやられてしまった。

 反省点は追加点がとれなかったことと、相手の高さを使うプレーに対応できなかったことだろうか。しかし、グループステージ突破は良かった。

 これでサブや若手をまた使うチャンスが増えた。次も勝ってタイトルをとるつもりでやってほしい。




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ
  

↑このページのトップヘ